著者
二村 太郎 荒又 美陽 成瀬 厚 杉山 和明
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.225-249, 2012-12-31 (Released:2013-01-31)
参考文献数
67
被引用文献数
1

生理学・生物地理学の研究者であるジャレド・ダイアモンドが1997年に上梓したノンフィクション『銃・病原菌・鉄』は,一般書として英語圏で幅広い読者を獲得し,2000年に刊行された日本語版も売れ行きを大きく伸ばしていった.地理的条件の違いがヨーロッパ(ユーラシア)の社会経済的発展を優位にしたと主張する本書については,そのわかりやすさとダイナミックな内容ゆえに多くの書評が発表された.しかしながら,本書は英語圏では地理学者をはじめ学術界から数々の強い批判を受けてきたのに対し,日本では多方面から称賛されており,また地理学者による発信は皆無に近い.本稿は主に書評の検討を通して英語圏と日本における本書の受容過程を精査し,その差異と背景について明らかにする.また,これらの検討を通じて本稿では,諸外国からの地理学的研究成果の積極的な導入が必要であるとともに,より批判的な視点が求められることを論じていく.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (8 users, 8 posts)

面白かった。人の批判は本当に勉強になる。
[本] 2012年 via http://b.hatena.ne.jp/entry/s/ci.nii.ac.jp/naid/130003373688
『銃・病原菌・鉄』本書は英語圏では地理学者をはじめ学術界から数々の強い批判を受けてきたのに対し,日本では多方面から称賛されており,また地理学者による発信は皆無に近い.
[書籍][レビュー][人類学][地理]

Twitter (116 users, 141 posts, 113 favorites)

いまメルカリで『銃・病原菌・鉄』の上下巻セットが1500円で売れた。 E-journal GEOの論文(https://t.co/aX5CFS3lly)も読んでるので、高値で売りつけたことには後ろめたさを感じますね… https://t.co/PheyDBjpVT
x社会学者 o地理学者 https://t.co/mcMzzud6Tg 日本の四人の地理学者による書評 -- 本書は英語圏では地理学者をはじめ学術界から数々の強い批判を受けてきたのに対し,日本では多方面から称賛されており,…
『日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか ―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―』(二村 太郎・荒又 美陽・成瀬 厚・杉山 和明)https://t.co/IPAhWRVhDL 本書を読んだ後、専門知の応答を読む。
https://t.co/kiKeOUnFOe 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか ―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―
こういうの https://t.co/jaFniogNVx
J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/pL0YTnClD1
1件のコメント https://t.co/nSsUhvfe0j “[PDF] 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―” (2 users) https://t.co/GxqTIf4mhS
1件のコメント https://t.co/nSsUhvfe0j “[PDF] 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―” (2 users) https://t.co/GxqTIf4mhS
https://t.co/63KtgtsLTB
J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/qrn1dpHcZI
#sendaihiscafe 最近もジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』の批判論文を読んだ。地理学の、つまりあちらの専門の視点で大変助かる。 J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/FTig16B05X
しかしまあ、ジャレド批判論文で一番驚いたのは環境決定論が過去のものだったということ。”決定論”だから問題なのかもしれないが、あれが「消えた説」だったのは、門外漢には意外だった。 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのかhttps://t.co/FTig16B05X
@mandrill_terror 共有しておきます。『銃・病原菌・鉄』の批判論文です。これがマンドリルさんとどう関わるかですが(続) J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/FTig16B05X
ダイヤモンドをたどる。 J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/FTig16B05X
二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか-英語圏と日本における受容過程の比較検討から-」(『E-journal GEO』7-2、2012年) https://t.co/xCwDmI6DZa
面白かった。この本は英語圏でいろいろな批判がされているが、日本では(2012年時点で)手放しに称賛されていると指摘している。 J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/c0cY1IWfMD
https://t.co/OK7LWd6sY1
https://t.co/NAM1kg8blp 「「簡単な要約」によって世界史が理解可能なのか疑問に思う」 簡単な要約によって見えるようになるのは第一歩としてのアウトラインの把握であり、それは「理解」ではない、ってゆうね。にもかかわらず、要約を読んで「真理の体得」にまでつっこんでっちゃう人が多いのよね。
J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/cEw76id1GV せやで、『銃・病原菌・鉄』を無批判に受け入れるのよくないで #あなたはまず読みましょう
J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/ra4suMvBIM
[#291WS #武蔵美大学院M2 参考]日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― 二村太郎, 荒又美陽, 成瀬厚, 杉山和明 - J-STAGE https://t.co/GFhyCwjliQ / イラストでわかる『銃・病原菌・鉄』 - orangestarの雑記 https://t.co/I2DrabXNT4
「ジャレド・ダイアモンド…地理的条件の違いがヨーロッパの社会経済的発展を優位にしたと…しかしながら」>二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明:日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― E-journal GEO 2012 https://t.co/4KMUbaUHxn
https://t.co/xRe89KA2uh 面白い!
日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/0aAdgDL7D5
銃・病原菌・鉄(下)/ジャレドダイアモンド 倉骨彰訳 #読了 最後まで環境決定論が繰り返される印象。 この本への地理学者の批判が有用。違 和感が言語化されていた。 「歴史を単純化し全てを地理・環境要因に還元してしまっている」という指摘が的を射てる。 https://t.co/QXrC1X5waX
@zizo_marichan 「銃・病原菌・鉄 批判」でググったら色々出るのでは無いかと とりあえず目に入ったのは ・アマゾンレビュー https://t.co/CSiwb2jnSm ・批判論文 https://t.co/K1h2REXOmI ・山形浩生による一部訳 https://t.co/EjRA7nVe0c あとウィリアム・マクニール『疫病と世界史』から相当パクってる点だそうで
二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明 2012「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から」『E-journal GEO』日本地理学会 https://t.co/dvHOtvtcCT pdf 「「…植民地主義…や差別構造の構築など、人間社会…の影響力が…加味されてい」ない」226
面白かった。人の批判は本当に勉強になる。 / 2件のコメント https://t.co/wBU6KchV7T “日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―” https://t.co/oViOQtDxWc
面白かった。人の批判は本当に勉強になる。 / 2件のコメント https://t.co/wBU6KchV7T “日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―” https://t.co/oViOQtDxWc
日本国内の地理学者さんも批判してるので、こちらもどうぞ。 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/RwijDDjrG0 https://t.co/2fclaSoq5C
E-Journal Geo 7(2) 2012 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―https://t.co/jHhJVinNsC
J-STAGE Articles - 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/zakfAtmVs1 元ネタの『銃・病原菌・鉄』については、この論文が面白かったです。
@tapa46 https://t.co/mcMzzud6Tg 日本の四人の地理学者による書評論文です。ざっと読みましたが、ダイアモンド氏はマスコミ受けするズバッとものをいうタイプの学者という感じですね。 p233では過去の論文での具体的な批判を取り上げています。自説に適合するよう事実を捻じ曲げているという指摘です。↓
Google検索に引っかかったてきとうな書評論文。https://t.co/SViCUSQd3O
https://t.co/8FkUTAmSJ6
日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/cdvmBDFjlv
「銃・病原菌・鉄」批評。https://t.co/fyiVvJnWB4
んで、昨日読んだペーパー http://t.co/RwijDDjrG0 の骨子は、なぜ、日本ではこういった批判がなされずに、手放しで賞賛されているのかということだったんですけど、まぁ、メディアに顔を出している「知識人」が軽いということなんでしょう。(マジメな人はその暇がない)
日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― http://t.co/RwijDDjrG0 (※本文は添付のPDFファイル。やや長め) http://t.co/Yk57jfcsRS
日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/PwHc8NCbb0
https://t.co/YPdrorkfST 愛好家の無批判とは痛い所。
【E-journal GEO掲載論文】二村太郎・荒又美陽・成瀬 厚・杉山和明 2012.日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか-英語圏と日本における受容過程の比較検討から-,E-journal GEO 7: 225-249.http://t.co/GwJDYWraBV
日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から― https://t.co/YKT7yKN2BZ
[欹耳袋]二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明 2012. 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―. E-journal GEO, 7(2): 225-249 http://t.co/4pVrUjtZdm

収集済み URL リスト