著者
石榑 督和 初田 香成
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.79, no.705, pp.2589-2597, 2014-11-30 (Released:2014-11-30)
被引用文献数
1

By analyzing "Shinkou Ichiba map", this paper aims to grasp the “markets” in postwar Tokyo from the viewpoint of development approach, planning and store constitution. The map drawn 138 sheets intended for Tokyo's 23 wards, recorded the “markets” of 281 places in it. The results are given follows; 1) from the development approach, the “markets” were classified into types of detached shops and planned unit development, 2) typically, the markets has a passage in the longitudinal direction of the site, and in order to take passage and arranging two or more rows the row houses is required about 5.4 meters short dimension of the site, 3) Retail store is located on the front part of the markets, housing and pub is located in the back.
著者
初田 香成
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.76, no.667, pp.1729-1734, 2011-09-30 (Released:2012-01-13)
被引用文献数
1 1

This paper aims to grasp the “markets” in postwar Tokyo in diachronic perspective. The previous studies have tended to deal “markets” as extraordinary spaces only in immediate postwar years. But this paper will try to deal them as ordinary spaces by clarification of the basis of their existence. Especially, I found the censuses about the “markets” which have not been known so much, and consider the similar commercial spaces in previous or next era such as stalls, retail markets, tenant buildings. This paper will reconsider the significances of “markets” through these works and the consideration of my former paper.
著者
岩本 馨 松山 恵 岸 泰子 初田 香成
出版者
京都工芸繊維大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2016-04-01

平成29年度は前年度に議論した大方針をふまえて、より具体的なレベルでの項目検討を行った。計3回の研究会を開催したが、今年度は分担者の松山恵が在外研究で日本を離れていたので、研究会での議論は他の3人で行い、松山とは事前・事後のメールによって議論を共有し、意見交換を行うかたちをとった。まず第1回研究会は2017年7月4日に京都工芸繊維大学で開催した。この日は全員が図化のパイロット版を作成して持ち寄り、構成について議論を行った。図化にさいしては、都市史の通史的把握上基本となる図と、詳細・分析的な図を作成し、また時代や地域を横断するような分析も行うという方針を定めた。また基軸となる縮尺を定めることで、異なる項目間の図版の比較にも留意することとした。つづいて第2回研究会は9月26日に京都工芸繊維大学で開催した。この日は第1回の議論をふまえて、岸が古代・中世、岩本が近世、松山が近現代(前半)、初田が近現代(後半)を担当として、図化すべき項目案を作成し、持ち寄り議論を行った。このときの項目案はひとまず網羅的に列挙したものであったので、第3回研究会を12月15日に京都府立大学にて開催し、項目数の絞り込みと具体的な作図対象候補についてさらに詳細な議論を行った。ここでは、地方都市研究の成果の盛り込み、隣接他分野の視点の必要性について議論がなされた。今年度の議論により、図化の小方針も固まったので、最終年度はいよいよ個別の項目について、研究者を招いての議論と作図を進めていきたい。
著者
初田 香成
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.69, no.579, pp.105-110, 2004
被引用文献数
1 1

The purpose of this paper is to review the urban redevelopment history of postwar Tokyo from the view point of wooden barrack pub area. Wooden barrack pub area was rooted in postwar black market, and mainly transformed during postwar reconstruction and high growth. In former age it continued as same form, but in later age it changed in various elements such as trade style, institution of redevelopment, trend of business owners, and structure of land ownership. Consequently the urban space especially around the railroad station was transformed. Wooden barrack pub area functioned as an incubator through which newcomers assimilated into the big city, and walked ahead of new urban redevelopment and urban space.
著者
初田 香成 村上 しほり 石榑 督和
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.82, no.733, pp.805-815, 2017 (Released:2017-03-30)

This paper aims to describe the nationwide formation and spread of Yami-ichi (black market) after World War II and government's involvements in their processes. Then it tries to regard yami-ichi as a kind of universal activity of city more than extraordinary experiences through the grasp of nationwide cases and trace the various process of developments. We have overviewed the nationwide municipal histories of 100 cities which had a population of more than 45,000 people out of 210 municipalized cities in 1940 for this purpose. The existence of Yami-ichi can be identified at least 99 of 100 cities. Firstly, Yami-ichi existed at almost all of the cities with more than 45,000 people. They were very various in the point of name, location in the city and those organizers, and their spatial form could be marshaled as three-step model in chronological order. The time lags of the emergences of nationwide Yami-ichi shows the possibility of the indirect propagation more than natural generation in each cities. Though the famous cases of big cities have tended to be covered in previous study, this paper could trace the nationwide and various cases. Also though the violent cases around the terminal station in Tokyo have tended to be covered, this paper could trace familiar and common cases in every 23 wards including the suburbs. Secondly, various types of involvements made by GHQ and governments were clarified. They got involved with all of the process such as not only crackdown but also installation for their selves from the birth to death of Yami-ichi, and their types and level of involvements were very various. We are going to advance the research about the characteristic cases which were shown in this study in the future. Also expanding the survey to the cities which had a population of less than 45, 000 people could be found. The formation of Yami-ichi seemed to need a certain level of population and the hinterland. So we are thinking that we can clarify the forming conditions of Yami-ichi and their critical points by finding the city where Yami-ichi couldn't form and examining the conditions of them.
著者
中島 伸 田中 暁子 初田 香成
出版者
一般財団法人 住総研
雑誌
住総研研究論文集 (ISSN:21878188)
巻号頁・発行日
vol.41, pp.181-192, 2015 (Released:2017-08-10)

本研究は,城南住宅組合を対象に組合活動を通時的に分析し,住環境を下支えしてきた土地所有の状況など明らかにすることで,住環境の形成・維持へとつながる住民主体のまちづくりへの知見を得ることである。組合の活動記録の一次史料と土地所有形態の変遷を調べることで,理想的田園生活を目指した城南住宅組合は当初こそ別荘利用の形態で住宅地化が進まなかったものの,戦中,戦後より住宅地として居住実態が伴ってくると,当初より定めた規約による各住宅地での環境整備が進んだ。共同借地経営の住宅組合という組織ではあるが,土地所有など前提となる経営基盤が大きく変化する中で,住環境維持を目標にしつつも,居住者のコミュニティ活動を相互補完的に行う中で,組織活動を継続してきていることがわかった。
著者
佐賀 朝 塚田 孝 吉田 伸之 人見 佐知子 神田 由築 小野沢 あかね 松井 洋子 吉田 ゆり子 金 富子 浅野 秀剛 伊藤 毅 米谷 博 杉森 哲也 初田 香成 松田 法子 松本 良太 本康 宏史 横山 百合子
出版者
大阪市立大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011-04-01

本課題では、日本近世~近代における「遊廓社会」の形成・普及の歴史について、三都と中核とする列島各地や植民地の事例も視野に入れて、比較類型史論・都市社会=空間構造論の方法を用いて共同研究を実施した。その最大の成果は、『シリーズ遊廓社会』全2巻(吉川弘文館)であり、本課題の代表者・分担者・連携者・協力者21名による論稿を掲載することができた。列島各地で個別の現地調査や、調査と一体の研究会を開催し、遊廓研究のネットワーク化を図るとともに、府県別の遊廓・遊所の沿革と史料情報を内容とするデータベースWEBサイトを構築し、今後の遊廓・遊所研究の発展につながる基盤を構築した点も特筆すべき成果である。
著者
中島 伸 田中 暁子 初田 香成
出版者
一般財団法人 住総研
雑誌
住総研研究論文集 (ISSN:21878188)
巻号頁・発行日
vol.41, pp.181-192, 2015

本研究は,城南住宅組合を対象に組合活動を通時的に分析し,住環境を下支えしてきた土地所有の状況など明らかにすることで,住環境の形成・維持へとつながる住民主体のまちづくりへの知見を得ることである。組合の活動記録の一次史料と土地所有形態の変遷を調べることで,理想的田園生活を目指した城南住宅組合は当初こそ別荘利用の形態で住宅地化が進まなかったものの,戦中,戦後より住宅地として居住実態が伴ってくると,当初より定めた規約による各住宅地での環境整備が進んだ。共同借地経営の住宅組合という組織ではあるが,土地所有など前提となる経営基盤が大きく変化する中で,住環境維持を目標にしつつも,居住者のコミュニティ活動を相互補完的に行う中で,組織活動を継続してきていることがわかった。