著者
佐藤 郁哉 川嶋 太津夫 遠藤 貴宏
出版者
同志社大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

平成27年度は、予備調査で収集した文献や資料を通して、日英両国における研究評価およびそれにもとづく選択的資源配分の実態を把握するとともに、資料調査や海外での聞き取りを通して新たに入手した情報の検討を加味した上で、平成28年度以降におこなう本格的な国際比較研究のための分析枠組みの構築につとめた。特に注目したのは、英国の研究評価事業においては、回を重ねる毎に、評価対象として提出される研究業績の刊行種別の構成に大きな変化が見られる、という事実である。また、資料調査の結果、その変化のパターンには、学問分野別に顕著な違いが観察される場合が少なくないことが明らかになった。すなわち、英国においては、1986年以来ほぼ5~6年の周期で通算7回にわたって全国レベルでの研究評価がおこなわれてきたが、回を追う毎に提出業績の中でジャーナル論文の占める比率が高くなっているのである。実際、1996年の研究評価事業では、論文の割合は6割程度に過ぎなかった。これに対し、直近の評価事業である2014年におこなわれたResearch Excellence Framework(REF)の場合にはそれが8割以上にのぼっている。また、たとえば、経営学系の分野においては、6割以下であったものが約96%にまで達している。このような現象は、選択的資源配分と不可分に結びついた研究評価のあり方が、競争原理の強化を通して研究の質を高める、という当初の目的とは別に、研究の内容に対して甚大な影響を与え、ひいては質の低下という意図せざる結果をもたらす可能性を示唆するものである。平成27年度の研究においては、特にこの点に焦点をあてて、研究評価のパネルメンバーであった英国人研究者および研究資金管理団体の関係者等への聞き取りを通して、研究評価の政策効果と意図せざる結果に関する分析枠組みの構築につとめた。
著者
川嶋 太津夫
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

高等教育が量的に拡大し、経済や文化のグローバル化が進展するにつれて、日本のみならず世界各国で高等教育の質に関する関心が急激に高まっている。とりわけ、知識社会の到来は、政府や産業界を大学卒業生の質に関心を向けさせた。大学を卒業して、卒業生は、何を理解し、何ができ、どんな価値観を持つようになっているのか。つまり、ラーニング・アウトカム(学習成果)とそのアセスメントが大きな政策課題となり、OECDのAHELOプロジェクトに代表されるような、アウトカムを重視した高等教育改革が進行することとなった。
著者
川嶋 太津夫 山本 清 平田 光子 小方 直幸 白鳥 義彦 両角 亜希子 米澤 彰純 福留 東土
巻号頁・発行日
2012-10-31 (Released:2012-11-27)

本研究の最終年度であるため、以下の活動を行った。1.米・英・独・奥で行ったウェブによる大学管理者に対するアンケート調査、及び韓国の研究協力者によって実施されたアンケート調査の分析と整理を行うとともに、フォローアップとしてドイツの研究協力者を通じて平成28年2~3月にかけてドイツとオーストリアでアンケート調査を実施した。2.日本高等教育学会(早稲田大学)で成果を報告した。3.研究を総括する国際セミナーを東京大学と大阪大学で開催した。報告者として米国からはゼムスキー・ペンシルバニア大学教授、ドイツからはヒルガース・リンツ大学教授、韓国からはシン・ソウル大学教授、中国からは鮑・北京大学教授をそれぞれ招聘し、"The Professionalization of University Management", "Current Status and Future Outlook of University Senior Management International Survey", "Senior University Management in Germany and Austria", "Management Influence in Decision Making under Neoliberalism"などの 報告と討議を行った。最後に本研究の継続の可能性について意見交換を行った。4.平成26年度には国内調査の報告書を公表したが、それを含む最終的な報告書の編集と印刷を行った。。
著者
安部(小貫) 有紀子 川嶋 太津夫 山口 和也 南岡 宏樹 妹尾 純子 アベ(オヌキ) ユキコ カワシマ タツオ ヤマグチ カズヤ ミナミオカ ヒロキ セノ ジュンコ Abe(Onuki) Yukiko Kawashima Tastuo Yamaguchi Kazuya Minamioka Hiroki Seno Junko
出版者
大阪大学全学教育推進機構
雑誌
大阪大学高等教育研究 (ISSN:21876002)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.35-42, 2016-03-31

The purpose of this paper is to share information about context trends of student learning outcomes A general education assessment is focus on student learning outcomes. It is affected by demand from the federal government and an area accreditation association. An assessment process is a good opportunity for faculty development itself as discussing student learning and an educational philosophy for faculty members each other. The new trend is making a “Rubric” together as part of an assessment process in recent years. Because a “Rubric” is an one of good tools for creating a visualization of an internal assessment criterion in faculty themselves. and education reform in U.S. higher education. 5 members who are faculty and staffs at Osaka University conducted a field survey at 3 U.S. colleges and an association (Association of AmericanCollege & Universities) in March 9-13 2015. Surveyed 3 colleges (Carnegie Melon University (CMU),James Madison University (JMU), University of Maryland) are selected by variety backgrounds. Thispaper is constituted with focus on interviews with key persons at an association and colleges.The learner-centered philosophy since the mid-1980s leaded education reform powerfully in U.S. higher education. It is trends in provision of subject about “a scholarship in practice” in a general education curriculum. 3 colleges work on a student learning outcomes assessment in curriculums. Central management offices in colleges like an institutional research and development of teaching and learning, support assessment activities in each department and programs. It is called “a liaison model” and “a client model.” A general education assessment is focus on student learning outcomes. It is affected by demand from the federal government and an area accreditation association. An assessment process is a good opportunity for faculty development itself as discussing student learning and an educational philosophy for faculty members each other. The new trend is making a “Rubric” together as part of an assessment process in recent years. Because a “Rubric” is an one of good tools for creating a visualization of an internal assessment criterion in faculty themselves.
著者
川嶋 太津夫
出版者
日本教育社会学会
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.61-82, 1994-06-10 (Released:2011-03-18)
参考文献数
25
被引用文献数
1