著者
戸野塚 久紘 菅谷 啓之 高橋 憲正 河合 伸昭 中島 亮 寺谷 威 真鍋 博規 安藤 晃 森石 丈二
出版者
日本肩関節学会
雑誌
肩関節 (ISSN:09104461)
巻号頁・発行日
vol.35, no.3, pp.877-881, 2011 (Released:2011-12-21)
参考文献数
13
被引用文献数
1 or 0

The purpose of this study is to determine a target ROM (T-ROM) at 3 months after arthroscopic rotator cuff repair, by which patients can expect eventual full recovery. Subjects consist of 209 shoulders in 202 patients, including 116 males and 86 females with an average age of 61.5 years old, who underwent primary arthroscopic rotator cuff repair and were followed-up for a minimum of 2 years. There were 30 partial-thickness tears, 120 small to medium and 57 large to massive full-thickness tears. Anterior elevation (AE), external rotation at side (ER), and internal rotation (IR) ROM at 3 month after surgery (ROM-3M) were measured, and divided into five groups according to the values. The final ROM at 24 months after surgery was compared with each ROM-3M of these subgroups in order to determine the T-ROM. Then, according to the T-ROM, patients were also divided into two groups: less than the T-ROM (AE-, ER-, and IR-); and more than the T-ROM (AE+, ER+, and IR+), and average ROM in each group were compared with each other. The final ROM of AE was significantly better in the group of more than 120° than less than 120 degrees. Therefore, the T-ROM of AE was determined as 120°. Similarly, those of ER and IR were determined as 10° and L5 level. ROM at 6 and 9 months in the AE+ group was significantly better than those of the AE- group. Further, every ROM at 3 to 24 months in the ER+ group was significantly better than those of the ER- group. In conclusion, ROM at 3 months after surgery affects final shoulder function. Surgeons and therapists should pay attention to the T-ROM at 3 months after surgery described above in order to maximize patients's final shoulder function.
著者
山川 百合子 井出 政行 武島 玲子 河合 伸念 片野 綱大 松坂 尚
出版者
茨城県立医療大学
雑誌
茨城県立医療大学紀要 (ISSN:13420038)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.75-81, 2008-03

統合失調症の治療は、抗精神病薬による薬物療法が重要である。特に地域リハビリテーションでは薬物治療の維持の方策が重要である。今回、統合失調症の30歳女性がオランザピン口腔内崩壊錠の投与により長期の精神状態の安定化とともに就労が可能となった一例を報告した。これにより薬剤の形状の変化が社会復帰に貢献する可能性が示唆された。
著者
井上 博子 伊原 公一郎 後藤 能成 河合 伸也
出版者
中国・四国整形外科学会
雑誌
中国・四国整形外科学会雑誌 (ISSN:09152695)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.69-73, 2001-04-20 (Released:2009-03-31)
参考文献数
10

19 patients with intramuscular hemangioma (IMH) in the extremity have been treated at our institution over the last 15 years. The average age was 20 years (range, 1 to 70 years).Involved sites were the lower extremity in 12 patients, and the upper extremity in 7. The mean follow-up period was 5.1 years (range, 0.5 to 15 years). Longstanding pain and swelling were common symptoms. Plain X-ray showed phlebolith in 10 patients. Magnetic resonance imaging, 13 patients, delineated the extent of the lesions, and revealed characteristic structures within the tumors. These two imaging modalities were informative for diagnosis and surgical treatment planning. Angiography and compued tomography were less valuable, although they also showed the lesions to some extent. Diagnosis of IMH was obtained preoperatively in 8 patients, however, the remaining 11 patients needed open biopsy. Extirpation of the tumors was performed in 17 patients, one of whom also received radiotherapy. Of the remaining two patients, one receieved only radiotherapy. The other, tumor was left untreated, because it was too extensive to be excised without significant morbidity. These two patients, had no major disability at the latest follow-up. Local recurrence occurred in 2 of the 17 surgically-treated patients. Complete extripation is needed for local control of the disease, but feasibility of the surgery depends on the tumor's location and size. Low dose radiotherapy may be a useful alternative, when the lesion is extensive, and the symptoms warrants.
著者
廣明 慶一 河合 伸人 渡辺 昌宏
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.852, pp.17-00025-17-00025, 2017 (Released:2017-08-25)
参考文献数
20

This paper presents a three dimensional flutter analysis of slender webs under tension in cross flow. In the flutter analysis, Doublet-point method based on the unsteady lifting surface theory is used to calculate unsteady fluid force acting on the web surface. The equation of motion of the web under tension is derived by using the finite element method. Flutter velocity, frequency and mode are predicted through the root locus of the flutter determinant of the system with changing flow velocity. The theoretical results are compared to experimental results to confirm validity. Moreover, the local work done by the fluid force acting on the web surface is calculated, and instability mechanism is discussed. Lastly, unified empirical equation of flutter velocities for several parameters of webs is proposed.
著者
鈴木 謙一 河合 伸悟 岩月 勝美
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム
巻号頁・発行日
vol.96, no.264, pp.43-49, 1996-09-26

レシプロケーティング分散管理伝送路と光ソリトン断熱圧縮を用いた、断熱かつ位相安定な光ソリトン伝送法を新たに提案し、単一偏波40Gbit/sのビットレートにおいて4000kmストレートライン伝送実験に成功した。
著者
原 耕平 河野 茂 門田 淳一 朝野 和典 平潟 洋一 前崎 繁文 中富 昌夫 浅井 貞宏 水兼 隆介 奥野 一裕 福島 喜代康 伊藤 直美 井上 祐一 小池 隆夫 大西 勝憲 大道 光秀 山田 玄 平賀 洋明 渡辺 彰 貫和 敏博 武内 健一 新妻 一直 柳瀬 賢次 友池 仁暢 中村 秀範 加藤 修一 佐田 誠 池田 英樹 板坂 美代子 荒川 正昭 和田 光一 原口 通比古 星野 重幸 五十嵐 謙一 嶋津 芳典 近 幸吉 瀬賀 弘行 関根 理 鈴木 康稔 青木 信樹 滝沢 敬夫 兼村 俊範 竹村 尚志 長尾 光修 濱島 吉男 坂本 芳雄 坂田 憲史 豊田 丈夫 大角 光彦 小林 宏行 河合 伸 酒寄 享 杉浦 宏詩 押谷 浩 島田 馨 佐野 靖之 荒井 康男 北條 貴子 小川 忠平 柴 孝也 吉田 正樹 岡田 和久 佐藤 哲夫 古田島 太 林 泉 宍戸 春美 松本 文夫 桜井 磐 小田切 繁樹 鈴木 周雄 綿貫 祐司 高橋 健一 吉池 保博 山本 俊幸 鈴木 幹三 下方 薫 川端 原 長谷川 好規 齋藤 英彦 酒井 秀造 西脇 敬祐 山本 雅史 小笠原 智彦 岩田 全充 斉藤 博 三木 文雄 成田 亘啓 三笠 桂一 二木 芳人 河端 聡 松島 敏春 副島 林造 澤江 義郎 高木 宏治 大泉 耕太郎 木下 正治 光武 良幸 川原 正士 竹田 圭介 永正 毅 宇都宮 嘉明 秋山 盛登司 真崎 宏則 渡辺 浩 那須 勝 橋本 敦郎 後藤 純 河野 宏 松倉 茂 平谷 一人 松本 亮 斎藤 厚 健山 正男 新里 敬 伊志嶺 朝彦 上地 博之 比嘉 太 仲本 敦 我謝 道弘 中島 光好
雑誌
日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy (ISSN:13407007)
巻号頁・発行日
vol.45, no.11, pp.901-922, 1997-11-25
参考文献数
20
被引用文献数
19 or 0
著者
河合 伸昭
出版者
岡山市立岡山後楽館高等学校
雑誌
奨励研究
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

研究のねらい現在の高校生に対し、数学の学力養成は重要な課題である。ここでは、特に生徒が理解に困難を感じるベクトルについて幾何ソフトを用いた教材の開発を試みた。研究方法概念の発達をたどり、自然にベクトルを理解できるようにベクトル・微分的考えが自然的な現象の解明に鮮やかに用いられた歴史的なニュートンの「プリンキピア」、そしてそれを初等的な幾何を用いて解説したファインマンの「Lost Lecture」をもとに、幾何ソフトを活用した教材を作成した。それを、本校の数学倶楽部、市民講座の受講生の方に講義し、内容を改善を図った。研究の内容・成果まず、ベクトルの合成・分解、運動の記述の前提である慣性の法則の直感的理解のため、ガリレイの放物運動の研究を出発点とした。ガリレイは、慣性の法則をはっきりとうち立て、速度がベクトルとして合成・分解できるということを示した。これを幾何ソフトで視覚的に示した。ここから、ケプラーの三法則から万有引力め法則・惑星の運行の解明の過程をたどり、ベクトル的考え方・運動の解析における微分的考え方の有用性が実感できるよう構成を考えた。「面積速度一定の法則」は慣性の法則と三角形の等積変形・「運動の第二法則」とベクトルの合成から導ける。ベクトルや力学は高校生にとって理解するのが難しいのであるがこ幾何ソフトを用いることで、理解が容易になったようである。さらに、速度の変化をベクトルの差で表し、「ケプラーの第三法則」から引力が距離の二乗に反比例すること(万有引力の性質)も示すことができ、これもまたベクトル概念・微分的な考え方の正当性の「demonstration」となっており、生徒の理解を強力に後押ししたようである。最後の、万有引力による惑星の軌道が太陽を焦点とする楕円軌道を描くことは、まだ生徒に授業実践できていないが、日本数学教育学会全国大会では、発表予定である。
著者
小林 宏行 河合 伸 押谷 浩 酒寄 享 小池 隆夫 大西 勝憲 斎藤 玲 中山 一朗 富沢 磨須美 大道 光秀 平賀 洋明 渡辺 彰 貫和 敏博 青木 信樹 関根 理 鈴木 康稔 荒川 正昭 和田 光一 岡 慎一 稲松 孝思 増田 義重 島田 馨 柴 孝也 吉田 雅樹 佐藤 哲夫 林 泉 宍戸 春美 赤川 志のぶ 永井 英明 渡辺 尚 馬場 基男 松本 文夫 桜井 磐 嶋田 甚五郎 堀 誠治 小田切 繁樹 鈴木 周雄 高橋 健一 平居 義裕 石丸 百合子 山本 俊幸 鈴木 幹三 山本 俊信 下方 薫 齋藤 英彦 成田 亘啓 三笠 桂一 三木 文雄 二木 芳人 副島 林造 澤江 義郎 仁保 喜之 大泉 耕太郎 市川 洋一郎 徳永 尚登 原 耕平 河野 茂 門田 淳一 朝野 和典 平潟 洋一 前崎 繁文 伊藤 直美 松本 慶蔵 永武 毅 宇都宮 嘉明 力富 直人 那須 勝 山崎 透 斎藤 厚 普久原 浩 広瀬 崇興 佐藤 嘉一 熊本 悦明 河村 信夫 岡田 敬司 稲土 博右 守殿 貞夫 荒川 創一 宮崎 茂典 大森 弘之 公文 裕巳 小野 憲昭 渡辺 豊彦 村田 匡 熊澤 淨一 松本 哲朗 尾形 信雄 高橋 康一 天野 拓哉 中村 元信 山本 松男 清水 武昭 岩井 重富 国松 正彦 大塚 一秀 中川 良英 渡辺 哲弥 松山 秀樹 杉山 勇治 中山 一誠 品川 長夫 真下 啓二 真辺 忠夫 木下 博明 森本 健 久保 正二 藤本 幹夫 上田 隆美 岩佐 隆太郎 横山 隆 児玉 節 津村 裕昭 松田 静治 保田 仁介 山元 貴雄 岡田 弘二 遠藤 重厚 山田 裕彦 高桑 徹也 斎藤 和好 相川 直樹 田熊 清継 藤井 千穂 福田 充宏
雑誌
日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy (ISSN:13407007)
巻号頁・発行日
vol.45, no.10, pp.846-871, 1997-10-25
被引用文献数
7 or 0