こどもを過剰診断から守る医師の会 Save Ch (@MKoujyo)

投稿一覧(最新100件)

国内で出している論文で読みやすいのはこれです https://t.co/oGRwKRyJhi
関西で甲状腺専門病院で有名で、小さな癌は取らずに観察しましょうと世界に先駆けて提唱された隈病院さんから この甲状腺分化癌の分類の変更について論文がでています https://t.co/kQshASKq3I 1)年齢のカットオフが45歳から55歳へ変更された, 2)腫瘍径に基づくupstagingが変更された,
検査の過剰診断について発言しても 先日のリスク学会論文 https://t.co/oGRwKRyJhi 1000 億円の予算の巨大プロジェクトを進めたい行政 「早く見つかって良かったんだ」と思いたい被害者 超音波スクリーニングが悪いものであるのは納得しかねる医療者たち 反原発運動の人々 から 余計なことをするなと https://t.co/Spm5cd0gW4
昨日の論文より https://t.co/oGRwKRyJhi 特に注意しなければいけないのは高校生 高校生は学校検診が実施されているため受診率が高い 15歳以上では潜在がんの頻度が高いため,被害にあう確率が最も高い https://t.co/uNgjLbfFov
答えはアニメの第2話がメインです 1題目の画像のは主治医に聞いたので明日に 一部は https://t.co/oGRwKRyJhi あとは https://t.co/xXN04BSHE3
福島の甲状腺の検査に関する論文 https://t.co/tjRhcgAADW そのDiscussionに対して LETTER TO THE EDITORが出されました https://t.co/kspluy83gu 過剰治療の言葉の使い方 甲状腺がんスクリーニングに関する勧告の論文の引用の仕方に対するお尋ねです
福島の甲状腺の検査に関する論文 https://t.co/tjRhcgAADW そのDiscussionに対して LETTER TO THE EDITORが出されました https://t.co/kspluy83gu 過剰治療の言葉の使い方 甲状腺がんスクリーニングに関する勧告の論文の引用の仕方に対するお尋ねです
ここまで国会でも議論になっているのに 検査の見直しがおこなわれないのか わかりやく解説している論文 だれでも読むことができます 福島の甲状腺がんの過剰診断 ―なぜ発生し,なぜ拡大したか―* https://t.co/oGRwKRyJhi
SHAMISEN(Nuclear Emergency Situations-Improvement of Medical And Health Surveillance)プロジェクトについては 谷川 攻一先生の翻訳が一番わかりやすかったです https://t.co/Gcgix2MuKE #SHAMISEN
https://t.co/oGRwKRyJhi 超音波検査に替わりうるなんらかの受け皿は残し,通常の診療と同様に,まず丁寧な問診とインフォームド コンセントを実施した上で,医師の診察を受けてもらうこと。 診察の上、必要と判断された対象者のみに適切な検査を実施する。
データが一部の研究者しか使いにくい状態になっている がん登録のデータを有効に活 用することで,住民に明らかな影響を 与えるレベルでの健康被害の発生の検出は可能ではないか。ただし,必ず甲状腺超音 波検査の実施回数のデータも同時に取っておくことである。 https://t.co/oGRwKRyJhi https://t.co/nHIdP0tkyk
学校検査をやめ超音波検査に替わりうる受け皿を残す。 丁寧な問診とインフォームド コンセント,医師の診察を受け診察上,必要とされた対象者のみに適切な検査を実施すると変えるためには https://t.co/oGRwKRyJhi 政治的な判断が必要 福島県議員で県民のために働こうとされている方がおられます
福島の甲状腺がんの過剰診断 ―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 日本リスク研究学会誌 28(2): 67–76 (2019) https://t.co/oGRwKRyJhi
論文より https://t.co/oGRwKRyJhi 福島のガラパゴス化 検査は何のため?根本からの見直しが必要 だが 「福島には特別な事情がある」 「福島での過剰診断は過剰診断の定義に入らない」 「福島での手術では過剰診断の被害は発生しない」 科学的根拠に乏しい “ 福島特別論 ” が本来の議論を妨げている
甲状腺がんが見つかった子供さんももちろんですが、 リスク学会論文より https://t.co/oGRwKRyJhi 検査の最前線で子供と向き合っている医療者も傷ついていることを知ってほしい。 子供を傷つけてしまう可能性があることを知りながらそのような医療行為を続けざるを得ない無念さは想像して余りある。
リス学会論文より https://t.co/oGRwKRyJhi 不安の解消を目的として検査を繰り返すことが過剰診断の拡大につながる (Welch の著書『過剰診断』) 県民は不安だから検査を受ける 異常がなければ安心 でも安心は一時的なもので 甲状腺がんの罹患率は年齢とともに顕著に増加 https://t.co/6RukAsPnTu
一般の方には昨日いろいろご紹介した中で、 以下の日本語論文がわかりやすいかもしれません 論文ですが非常に読みやすく、理解しやすいです 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― https://t.co/oGRwKRyJhi
3mm以上のラテント癌は2.3%から6.4%の成人個体に発見されたと報告されている 非手術積極的経過観察の適応と注意点 https://t.co/l7cvNPKU9L
そのEndocrine Journal という雑誌に 福島の甲状腺の検査に関する論文が出されました https://t.co/tjRhcgAADW そのDiscussionに対して LETTER TO THE EDITORが出されました https://t.co/kspluy83gu 過剰治療の言葉の使い方 甲状腺がんスクリーニングに関する勧告の論文の引用方法に対するお尋ねです
そのEndocrine Journal という雑誌に 福島の甲状腺の検査に関する論文が出されました https://t.co/tjRhcgAADW そのDiscussionに対して LETTER TO THE EDITORが出されました https://t.co/kspluy83gu 過剰治療の言葉の使い方 甲状腺がんスクリーニングに関する勧告の論文の引用方法に対するお尋ねです

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(884ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(874ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)