竹中編集企画室(ホモ エーデンス) (@Takeridon)

投稿一覧(最新100件)

RT @2SC1815J: NDLデジコレ(内務省検閲発禁図書)今月の保護期間満了変更図書から、蔵書印をいくつか。左は、https://t.co/GtfR7zgHuA より「帝大セットルメント図書部之印」。右は、https://t.co/MQg6g25AFI より「東京帝国大学…
RT @2SC1815J: NDLデジコレ(内務省検閲発禁図書)今月の保護期間満了変更図書から、蔵書印をいくつか。左は、https://t.co/GtfR7zgHuA より「帝大セットルメント図書部之印」。右は、https://t.co/MQg6g25AFI より「東京帝国大学…
晩年を茅ヶ崎で過ごした、札幌農学校工学科の一期生で流水の科学者 岡崎文吉について札幌テレビの映像がある。《生きていた百年の夢 : 流水の科学者岡崎文吉 : 三浦友和・松たか子の大河ロマン紀行》 https://t.co/1ms4djtYMH
RT @zasetsushirazu: 金澤裕之「咸臨丸米国派遣の軍事史的意義」(『近代日本研究』26、2009年)は、海軍建設に関する勝海舟と木村喜毅の政治スタンスは正反対だが、2人ともサンフランシスコで見た米国海軍を目指すべき海軍像としていた点が共通していると指摘。 htt…

3 0 0 0 OA 表紙の顔

「表紙の顔 丸山眞男」by 渡辺浩 https://t.co/pjyFuezoz2
高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsRf3G

11 0 0 0 OA 火教大意

RT @khargush1969: 恐らく日本で最初期のゾロアスター教文献(翻訳)は、最初のムハンマド伝『馬哈黙伝』(1876)の訳者によるものであったと知り驚く(多作の翻訳家であり、驚くことではないかもだけど)。 林董訳(1883)『火教大意』干河岸貫一 https://t.…
RT @monogragh: 土山實男(2013)「国際政治理論から見た日本のリアリスト ―永井陽之助、高坂正堯、そして若泉敬―」https://t.co/oGgNs736nz
RT @masayachiba: 本日の基礎ゼミでは、竹内比呂也「大学紀要というメディア:限りなく透明に近いグレイ?」を読みます。とくに人文系において独特の存在感をもっている紀要について、その位置づけを考える論文。https://t.co/PnC1TRsjEA
RT @ryusukematsuo: 永井陽之助と戦後政治学 https://t.co/bqjpscMRAJ

1 0 0 0 OA 政治学

蠟山政道『政治学』(1936)。これは読みます。 https://t.co/LV0rtqogYQ #帝國圖書館 https://t.co/D9UOhVNIJ4

2 0 0 0 OA 良書百選

吉野作造の遺著『閑談の閑談』(書物展望社、1933)についての尾佐竹猛による紹介。 https://t.co/Wlr7cTgvac #帝國圖書館 https://t.co/wlaLef9Xpn
大塩平八郎蹶起の際の檄文。近代デジタルライブラリーより。木版刷2040字ほど。大塩は、板木の彫刻に当り、ばれることを避けるために、檄文を上から下にかけ四分割し、幾つかの板木屋に発注し、それらを取りまとめ自宅で印刷した。感動する。 https://t.co/jtOwsi2Inb

2 0 0 0 OA 日本霊異記

山岸徳平は日本古典文学大系第58巻附録の月報の「版本の話」で「版本」という熟語は日本製らしいとし、「摺衣」の技法から暗示を得たと推測。そして「我が国に始めて文字の印刷の出たのは天平宝字二年に出た大伴赤麿の懺悔文であった」という。 https://t.co/HcRWlmJJHk
RT @NDLJP: ◆「歴史的音源」新規インターネット公開音源◆ 『講演:道徳、経済合一論(一)Union of Morality of Economy』 http://t.co/8rxpgrUxNv 明冶・大正期の実業家、渋沢栄一による講演です。 http://t.co/V…
中江丑吉『支那の封建制度に就て』が全文読める。 http://t.co/qckzV1sarF #帝國圖書館 http://t.co/cLTlpQu8UZ
RT @nekonoizumi: あと、面白かったのが吉野作造「議事妨害論」。議事妨害に関して、否定的に論じている。先日の昭和4年の制小選挙区法案をめぐる混乱を受けてか書かれた文章でのことだけども。 ⇒『現代政局の展望』日本評論社1930 http://t.co/Mutqurm…
RT @zasetsushirazu: 藤井甚太郎は、『徳川慶喜公伝』や日本史籍協会叢書の編纂に携わり、吉野作造を初代会長とする明治文化研究会に参加した歴史家である。『法政史学』11(1958年)に、「藤井甚太郎先生追悼・略年譜・著作目録」が掲載されている。 http://t…
RT @machi82175302: 拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好 (日本研究所主催講演会 要旨) 」(『平成25年度神田外語大学日本研​究所紀要』6号)は、以下からご覧いただけます。 https://t.co/4aFWiVFAYN
RT @khargush1969: 鈴木董(2008)「後期イスラム世界における紙と書物」『アジア古籍保全講演会記録集 第1回~第3回』東洋文化研究所: 265-278. http://t.co/y1EU4fvKhs イスラーム圏の紙の歴史とオスマン朝期の書記文化。講演録で註が…
RT @kyotounivpress: 【京大新聞をKURENAIで】 京都大学新聞が京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)で読めるようになりました。現在、1925年の創刊第1号、第2号が公開中です。掲載号はこれから順次増えていきますので、ご期待ください!こちらから→ht…
メモ 井上琢智「小野梓を支えた土佐の人々」 http://t.co/Hl5yiwbS6N
メモ 市島謙吉「早大紀念録」1902年 http://t.co/yMSZw5X1wq
RT @NIJL_collectors: 幸徳秋水の処女出版『廿世紀之怪物/帝国主義』(明治34年刊)は、CiNiiで検索する限り現存少なしhttp://t.co/SpNYTAtfoH 近代画像DB http://t.co/VTvdI1g18d で、全文よめます! 書誌情報→ …

5 0 0 0 OA 東国通鑑

メモ 近代デジタルライブラリー - 東国通鑑. 巻之1 http://t.co/LsK08r7hoq
『西洋人の日本語研究』吉野作造 著 (1923) 読了。これは吉野作造選集の著作年表では触れられているが、未収録。キリシタン期のロドリゲスや幕末のホフマンに高い評価を与えているこの論考は、あまり言及されることのない貴重な文献のようだ。 http://t.co/ZuAPIjfhjg

37 0 0 0 OA 新編浮雲

『新編浮雲. 第3編』二葉亭四迷 著 (金港堂, 1891) #近デジリーダー http://t.co/fGs0PUgVGJ

2 0 0 0 OA 新編浮雲

『新編浮雲. 第2編』二葉亭四迷 著 (金港堂, 1891) #近デジリーダー http://t.co/iZjJPYVTHc

5 0 0 0 OA 新編浮雲

表紙には坪内逍遥著、小説冒頭には合作、実際には二葉亭四迷が著した作品です。 『新編浮雲. 第1編』二葉亭四迷 著 (金港堂, 1891) #近デジリーダー http://t.co/NBEPs4jjaK

2 0 0 0 OA 支那革命小史

この『支那革命小史』は、吉野作造のきょうだいが経営をしていた 万朶書房から刊行されている。この万朶書房についての情報を集めている。 『支那革命小史』(1917) #近デジリーダー http://t.co/uEoG8xVZ6J http://t.co/t7mAOIPXhn
このモダン芸者 花園歌子の本に、吉野作造が序文を寄せています。 『女から人間へ 』 (1931) #近デジリーダー http://t.co/ocAeKAlkiW http://t.co/ocAeKAlkiW http://t.co/8yHZxUXoKp
『支那の封建制度に就て』中江丑吉 著 (中江丑吉, [ ]) #近デジリーダー http://t.co/qckzV1azA7

1210 1 0 0 OA エロエロ草紙

これが話題の近デジ本なんですね。 『エロエロ草紙』(談奇群書 ; 第2輯) / 酒井潔 著 (竹酔書房, 1930) #近デジリーダー http://t.co/qvxFirJQ5R
『女から人間へ : 女性文化研究資料一覧』花園歌子 [著] (大沢直, 1931) #近デジリーダー http://t.co/ocAeKAlkiW http://t.co/5m9rjsKIj6

10 0 0 0 OA 芸妓通

『芸妓通』(通叢書 ; 第29巻) / 花園歌子 著 (四六書院, 1930) #近デジリーダー http://t.co/9O39eHuFuT http://t.co/YCSXTSgSWT

5 0 0 0 OA 支那革命史

『支那革命史』吉野作造, 加藤繁 共著 (内外出版, 1929) #近デジリーダー http://t.co/nkzA2XgT2E http://t.co/C3UBLABoSY
『西洋人の日本語研究』吉野作造 著 (宮城県仙台第一中学校学友会, 1923) #近デジリーダー http://t.co/ZuAPIjfhjg

3 0 0 0 OA 政治史

『政治史』吉野作造 著 (文信社, 1927) #近デジリーダー http://t.co/PoUxyO0IAt http://t.co/FinmzKOPgd

3 0 0 0 OA 政治学大綱

RT @monogragh: 小野塚喜平次『政治学大綱』(上・下)http://t.co/Qv0Z2Wy313 http://t.co/sFdD9NTwPZ 近デジで公開されている。

4 0 0 0 OA 政治学大綱

RT @monogragh: 小野塚喜平次『政治学大綱』(上・下)http://t.co/Qv0Z2Wy313 http://t.co/sFdD9NTwPZ 近デジで公開されている。
RT @monogragh: 南原繁(1950)「日本における政治學の課題――發刊の辭に代へて」https://t.co/I4Rjd1vnVm 蝋山政道・堀豊彦・岡義武・中村哲・辻清明・丸山眞男(1950)「討論 日本における政治學の過去と將來」https://t.co/PWa…
RT @monogragh: 南原繁(1950)「日本における政治學の課題――發刊の辭に代へて」https://t.co/I4Rjd1vnVm 蝋山政道・堀豊彦・岡義武・中村哲・辻清明・丸山眞男(1950)「討論 日本における政治學の過去と將來」https://t.co/PWa…
徳川家康が出版に力を入れて刊行した円光寺版(伏見版ともいう)。その中心にいたのが、閑室元佶。手沢本が国会図書館に所蔵されていて、その一本が「あの人の直筆」展で見ることが出来る。 参考:京都円光寺旧蔵 閑室元佶手沢本目録 http://t.co/bomU0oNXPS
RT @happymnt: 共著論文「桂川甫周訳并模犀図について」が機関レポジトリ http://t.co/ghQ6mIJGTOに掲載された。
平井一弘「福沢諭吉 『増訂華英通語』の 「音訳」と 「義訳」」を読む。当時の英和辞書と比較した丁寧な研究。教えられるところ多々あり。ただし私が関心を持つ『増訂和英通語』の出版経緯については触れられていない。 http://t.co/3hsomjedPC
メモ 吉田麻子「平田国学と気吹舎の書物」博士論文概要。 https://t.co/08SmKI307c
小林良彰先生による黒川和美教授追悼文。小林編『社会科学の理論とモデル』のシリーズの一巻としてお願いした黒川『官僚』は実現に至らなかった。中目黒にあった黒川オフィスに何度足を運んだろうか。 https://t.co/HL109r4h8x

3 0 0 0 OA 明治奇聞

半狂堂から大正14年刊行の外骨『明治奇聞第二篇』のさわりをお見せします。冒頭2ページ目が「社会主義的の論文」と題し、福澤諭吉の「農に告るの文」(明治7年2月発行の『民間雑誌』第一編)を取り上げている。 http://t.co/x76Dg1ag
RT @naoshiy: 知る人ぞ知る元釜石市長の鈴木東民(吉野作造の弟子)も岩手の生んだ重要な政治家であろう。鎌田慧氏の本で知られるようになったが、最近では東大の宇野重規氏が重厚な論文を書いている。→http://t.co/yjnpxFFY …

1 0 0 0 政治研究

http://t.co/2ShlH6nd 吉野作造編輯の「政治研究」シリーズが1920年~23年の間に7点刊行されている。奥付によれば、発行者は「政治研究会」で住所は吉野作造の住いがあったところ(発行所は内外出版)。~
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 若き小児神経科医へのメッセージ : ノーベル賞の歴史に学ぶ(鴨下 重彦),2004 http://t.co/9JjjsU8t
札幌叢書について:秋月俊幸の「校友会誌からみた札幌農学校の校風論」http://t.co/H9Fkv6ll によれば、札幌叢書は1898年から1903年までの5年間に30点刊行されたという。ただし「札幌叢書」とは銘打たれていないとのこと。~
現在ミュンヘンに留学中の今野勉さんの貴重な吉野作造論です。続編の(2)と(3)も紀要に発表されていますが、以下の(1)がオープンアクセスのようです。 CiNii 論文 - 吉野作造のドイツ留学(1) http://t.co/bFCgGSmb #CiNii
RT @ujikenorio: 吉野作造との関係が深い内藤湖南は既に忘れ去られた感がある東洋学の泰斗。定番ですがこういうのもあります。山根幸夫「日本人の中国観 : 内藤湖南と吉野作造の場合」、『東京女子大學論集』(19,1968)。pdf⇒ http://t.co/kHw ...
鈴木安蔵と吉野作造については、取り合えず原秀成さんの次のものを参照。http://t.co/KfJX5UJ1
http://t.co/bgXIiVSY 百万塔陀羅尼はじめ超級の古典籍がデジタル化されていて、感動的です。
http://t.co/rG2Qo5HV 国立国会図書館のサイトで手書きの石巻日日新聞を閲覧できますね。

お気に入り一覧(最新100件)

「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(二)」がアップされていた。 https://t.co/VExnFwyCyd
早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
中北浩爾先生、松下圭一論を出していたのですか。/中北浩爾(2012)「松下圭一と市民主義の成立」https://t.co/MOxUewTQSP
岩佐 壮四郎 -  木村錦花の喜劇 https://t.co/2qHUorzGPR
斎藤眞は、法学部長になる前の5年間(1967年11月~72年12月)、在日合衆国教育委員会(フルブライト委員会)の日本側理事だったとの由。https://t.co/M0lxKe0Kl0
CiNii 論文 -  矢内原忠雄の政治思想(2)―戦後の民主主義論と絶対的非戦論― https://t.co/lY4Y3HbFUT #CiNii
CiNii 論文 -  矢内原忠雄の政治思想(1)戦争・民族・天皇 https://t.co/24szh1y16Q #CiNii
CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉-高畠通敏と戦後日本 https://t.co/28dT3zUg9J #CiNii
堀豊彦(1966)「日本政治学会の成立とその周辺」 https://t.co/ltVBE0I4H8 のちに『デモクラシーと抵抗権』所収。https://t.co/Cef9iuvKSx
渡部純(2008)「構造論的日本政治研究の系譜――公私領域の制度的編制をめぐって」https://t.co/BqnABEbnAF
◆「歴史的音源」新規インターネット公開音源◆ 『講演:道徳、経済合一論(一)Union of Morality of Economy』 http://t.co/8rxpgrUxNv 明冶・大正期の実業家、渋沢栄一による講演です。 http://t.co/Vf54GiPM9h
拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好 (日本研究所主催講演会 要旨) 」(『平成25年度神田外語大学日本研​究所紀要』6号)は、以下からご覧いただけます。 https://t.co/4aFWiVFAYN
藤井甚太郎は、『徳川慶喜公伝』や日本史籍協会叢書の編纂に携わり、吉野作造を初代会長とする明治文化研究会に参加した歴史家である。『法政史学』11(1958年)に、「藤井甚太郎先生追悼・略年譜・著作目録」が掲載されている。 http://t.co/jVrrixTlyQ
米原・新藤・新川(1996)「『社会党的なるもの』の行方」http://t.co/ytDarb2Yf8 「社会党と社会党的なるもののねじれ」を指摘し、社会党を「反社会民主主義の政党」と呼ぶ新川先生。
幸徳秋水の処女出版『廿世紀之怪物/帝国主義』(明治34年刊)は、CiNiiで検索する限り現存少なしhttp://t.co/SpNYTAtfoH 近代画像DB http://t.co/VTvdI1g18d で、全文よめます! 書誌情報→ http://t.co/XUUwbKOv2N
藤本一美 [2014] 「戦後青森県政治史序説(1)1945年~1948年」『専修法学論集』120: 263-304 http://t.co/j1q005gys2 藤本先生が自身の退職記念号にこんな論文を書かれていた.青森県出身であることも初めて知った.DL可.

フォロー(78ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

新富康央「教育学の学問構造の一分析: T. S. クーンのパラダイム論に関する一考察」(1978) https://t.co/HgOWTquMaA 教育学の各サブディシプリンで、自分野からの引用数と、他分野からの引用数の割合を比べている。
RT @kyo_ju_: 「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(二)」がアップされていた。 https://t.co/VExnFwyCyd
RT @heero108: 今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治…

フォロワー(1086ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkayama: 横から失礼します。私は731部隊を研究する「『戦争と医の倫理』の検証を進める会」の世話人をしています。当会の松村高夫慶大名誉教授が、2011年に発見された同部隊の金子順一「ペスト蚤」散布の論文の検証を行うなど新資料が続々出てきていますhttps://t…
共著者のほかの本から考えて(千葉県で出た地方出版物がある)、この2冊の著者、遠藤晋は、天藤真の千葉敬愛短期大学の教員としての顔ではないかしらん?(未確認なので推測だが) https://t.co/l9dnpRqcY0 https://t.co/CfRnVMsiBb
共著者のほかの本から考えて(千葉県で出た地方出版物がある)、この2冊の著者、遠藤晋は、天藤真の千葉敬愛短期大学の教員としての顔ではないかしらん?(未確認なので推測だが) https://t.co/l9dnpRqcY0 https://t.co/CfRnVMsiBb
RT @washou3956: 未読だった。また、同誌の過去号に小山正文「鶴岡八幡宮の幕末古写真:F・ベアトのアルバムより」(『同朋大学仏教文化研究所紀要』23、2004年3月)という論文があり、やはりPDF公開している。同宮寺の神仏習合の姿が写されていて面白い。https:/…
RT @konamih: メモ 「総説:低線量放射線反復被ばくの発がんへの関与」大津山 彰 マウスでは,生涯低線量放射線被ばくを受け続けても生存中にがんが発生しない線量,つまりしきい値様線量が存在 https://t.co/JY3htms5TF
RT @miakiza20100906: 論文(無料,日本語): 自然環境下において放射性セシウム濃度が低いキノコの種類の推定 https://t.co/CqH7WikMe2  2017年、田上(放医研)ら。自然環境下で育てた43種類の野生キノコの137Cs濃度に着目し、放射性…
RT @zasetsushirazu: 藤田佳久「幕末期に上海を訪れた日本人青年藩士たちの行動空間」(『同文書院記念報』24、2016年)は、文久2年に幕府の千歳丸で上海に赴いた高杉晋作、中牟田倉之助、名倉予何人の3名の日記を手がかりに、彼らの上海に対する空間認識を分析。 ht…
RT @KeiYamamoto0905: これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https:…
RT @KeiYamamoto0905: これもネットで読めるのありがたい。河野勝「シュンペーターの民主主義理論--その現代性と課題 (20世紀の政治学) -- (民主主義論--二〇世紀政治学の焦点) https://t.co/mcUyQcYYOM #CiNii https:…
新富康央「教育学の学問構造の一分析: T. S. クーンのパラダイム論に関する一考察」(1978) https://t.co/HgOWTquMaA 教育学の各サブディシプリンで、自分野からの引用数と、他分野からの引用数の割合を比べている。
RT @khargush1969: 三代川正秀(2004)「簿記の技術転移 : 家計簿記の場合」『拓殖大学経営経理研究』72, 111-135. https://t.co/vQl7QqKFJL 近世日本の商家で発達した伝統的簿記術が近代西洋式複式簿記に置き換わっていくプロセス。…
RT @branchlog: 高橋洋『内閣官房の研究:‐副長官補室による政策の総合調整の実態‐』(年報行政研究 2010(45), 119-138, 2010) https://t.co/sPzzFMm9vz
CiNii 論文 -  寺尾紗穂著『南洋と私』 https://t.co/z0jMXpUPHL #CiNii
RT @odg1967: @okisayaka 以前も紹介したのですが、政治理論だと三島憲一さんのこのご論文が「ポスト構造主義」の積極的な意義を述べていて、大変勉強になりました。「ハーバーマスとデリダのヨーロッパ」 https://t.co/mbVJatFCC6
RT @ohtanilson: 赤平昌文. (2006). 統計的推定の高次漸近理論の構造. 数学, 58(1), 1-20. https://t.co/dLAzJeYNUr 地道にやってく
RT @branchlog: 高橋洋『内閣官房の研究:‐副長官補室による政策の総合調整の実態‐』(年報行政研究 2010(45), 119-138, 2010) https://t.co/sPzzFMm9vz
RT @kyo_ju_: 「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(二)」がアップされていた。 https://t.co/VExnFwyCyd
RT @kyo_ju_: 「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(二)」がアップされていた。 https://t.co/VExnFwyCyd
RT @heero108: 今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治…
CiNii 論文 -  一八世紀前半ロシア陸軍の特質 : 北方戦争期を中心に https://t.co/g5XCCdtisS イメージするロシア軍らしいところと、総司令官を戦闘の数週間前に神聖ローマ帝国から呼んじゃうようなびっくりな部分があって面白い。
インパール関係以外の、牟田口廉也の公刊された著作物として、とりあえずシンガポール攻撃関連らしいこれがひっかかってくるが、戦記もの関係の雑誌にはほかにも著作が掲載されてるのだろうかね。 https://t.co/4uqLp5t3AI
RT @zasetsushirazu: 明治3年7月20日(1870年8月16日)、小松帯刀が死去(死亡日には異説もある)。町田明広「慶応期政局における薩摩藩の動向」(『神田外語大学日本研究所紀要』9)曰く、小松は島津久光の「唯一の名代的存在」で、薩長同盟の薩摩側代表。 htt…
RT @zasetsushirazu: 明治3年7月20日(1870年8月16日)、小松帯刀が死去(死亡日には異説もある)。町田明広「慶応期政局における薩摩藩の動向」(『神田外語大学日本研究所紀要』9)曰く、小松は島津久光の「唯一の名代的存在」で、薩長同盟の薩摩側代表。 htt…
RT @Tensyofleet: 妙なグラフを持ち出してみる。これは浅間丸の試運転における、左舷内外軸の捩れ振動の振幅をグラフ化したもの。X軸に回転数、Y軸に振幅が取られている。実線が左舷外軸、破線が内軸で、25~40rpm前後に1次8節の危険速度があるのが分かる。 https…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 小笠原伯爵邸 民間の力で活用を図る (特集 岐路に立つ近代建築--保存・活用のカギを握るのは誰か) -- (残る建築),2003 https://t.co/luHGShdsgX
RT @ScriptOgawa: 「聾瞽指帰」の書については、既に文字の大きさの変化、余白の利用、文字と文字の対応など日本的書の特徴が見られることを指摘した、加藤誌乃氏の最近の論文が必読。その書は仏教の優位を問答体で論じた内容とも緊密関係があります。https://t.co/b…
@clarakeene WebCatplus https://t.co/U46GljpHKc は国会図書館のデジタルコレクションから書誌事項ひいてきてるぽいですね。CiNiibooksだと「無くてならぬもの」https://t.co/u6APa0KEs6
RT @quiriu_pino: 水林彪「マグナ・カルタと六角氏式目 : 日本国憲法の歴史的起源を訪ねて」(早稲田法学92(3), 2017) https://t.co/RTRqD2tvEQ pdfで本文公開中。家臣が当主に突きつけた六角氏式目なら確かに共通点はあるが…
RT @MValdegamas: 蔭山宏「ベルリン : 都市文化論の試み―いくつかの『回想録』への注釈」『甲南法学』57:3・4(2017) https://t.co/tX0ZzEsFSN こっちは確実におもしろいやつですね。
RT @MValdegamas: 滝口剛「満州事変後における自由通商運動の軌跡―『大東亜共栄圏』への道」『甲南法学』57:3・4(2017年) https://t.co/LwRwoSyUHj あとこれはおもしろそうです。
RT @MValdegamas: 松浦正孝「財界人たちの政治とアジア主義―村田省蔵・藤山愛一郎・水野成夫」『立教法学』95号(2017年)https://t.co/59F7d7XuCB やばい匂いがしていた論文がリポジトリ登録されていたのに気づきました。
蔭山宏「ベルリン : 都市文化論の試み―いくつかの『回想録』への注釈」『甲南法学』57:3・4(2017) https://t.co/tX0ZzEsFSN こっちは確実におもしろいやつですね。
滝口剛「満州事変後における自由通商運動の軌跡―『大東亜共栄圏』への道」『甲南法学』57:3・4(2017年) https://t.co/LwRwoSyUHj あとこれはおもしろそうです。
松浦正孝「財界人たちの政治とアジア主義―村田省蔵・藤山愛一郎・水野成夫」『立教法学』95号(2017年)https://t.co/59F7d7XuCB やばい匂いがしていた論文がリポジトリ登録されていたのに気づきました。
水林彪「マグナ・カルタと六角氏式目 : 日本国憲法の歴史的起源を訪ねて」(早稲田法学92(3), 2017) https://t.co/RTRqD2tvEQ pdfで本文公開中。家臣が当主に突きつけた六角氏式目なら確かに共通点はあるが…