yusaku_matsu (@yusaku_matsu)

投稿一覧(最新100件)

RT @tsysoba: 帝国図書館文書も、検閲関係とかコアなのはNDL内限定だけど、伊藤文庫購入に関する一件書類同評価書 https://t.co/CdRXYXCXJH とか、白井博士蒐書購入ノ為予算増額申請の件・白井文庫蔵書ノ一部購入二関スル一件書類 https://t.c…
RT @tsysoba: 帝国図書館文書も、検閲関係とかコアなのはNDL内限定だけど、伊藤文庫購入に関する一件書類同評価書 https://t.co/CdRXYXCXJH とか、白井博士蒐書購入ノ為予算増額申請の件・白井文庫蔵書ノ一部購入二関スル一件書類 https://t.c…
RT @nurieya2016: インターネットですぐに論文を読める良い世の中。 依田学海と付き合いがあったのか。 筆者は山口昌男から「うさぎ屋という面白い本屋がある」と言われて調べ始めたとのこと。 https://t.co/XQugKbsBbw
いまさらながらこれわかりやすかった。田中拓道「ヨーロッパ貧困史・福祉史研究の方法と課題 」https://t.co/Ko9gky31p4 #CiNii
とりあえず概要を知りたい方はこちらで。マーレン・エーラス「近世大野藩における貧困と救済 」https://t.co/r37yMiebhZ #CiNii
RT @shoemaker_levy: 三村昌司「近代日本における多数決の導入―明治初年地方民会を中心に―」『史潮』84、2018年。「全会一致」と、意見そのものが「至当であること」を重んじた近世政治文化の原則が、近代的議会における「多数決」にどのように取って代わるのかを論じた…
1888年福島県のつらみ関係法令集。『身代限褒賞恤救棄児行旅死亡人ニ関スル令達類集』https://t.co/UX54t0rP6n
これよく知らないんだけど、紙の配給の問題ってどのぐらい研究書出版の制約条件なんだろ。たとえば有賀のやつなんてあの厚さで4000部刷ってる。https://t.co/xUnYsTxzy0
ついでに宣伝すると、それによって混乱した研究史上のプチ論点を最終解決したのがこの共著研究ノートだよ! CiNii 論文 -  「本省事業ノ目的ヲ定ムルノ議」の別紙について https://t.co/AKnW9dGTmu
松方の字ってのは読みにくいと思っているのだが、そうでもないんだろうか。あんまり書簡つかわないからわからないけど。例。https://t.co/KPOUtKUe5S(長崎省吾関係文書)
教えていただいた「行政調査会の設置と高等試験制度改正審議」第二章第一節に「行財政制度の沿革略史」というのが書いてあって大変に助かりました。 行政調査会の設置と高等試験制度改正審議 https://t.co/BAfNtdC3lC #CiNii
CiNii 論文 -  水村 暁人「生徒とつくる歴史共同研究の試み--『麻布中学校々友会雑誌』を読む」 https://t.co/xdeWijbJcD #CiNii
便乗して。CiNii 論文 -  批判と反省 国民国家論と土地問題のあいだ : 牧原憲夫の近代史像・再考 https://t.co/sqyD3VBYO2
わたしと仲小路の関係。「史料紹介 仲小路廉関係文書」 https://t.co/4qVGyB5S6I
@shoemaker_levy9 あった…(余裕ではなくそういう研究が)。https://t.co/48Toy2qXx8
RT @negadaikon: 先日『国立国会図書館月報』に載ってた帝国図書館の「第四次図書地方疎開ニ関スル覚書」のデジタル画像が今日から公開されているぞォォォ https://t.co/breZrsDJHf
Brown Phiilip c. CiNii 論文 -  割地制度--外から見た面白さ、中から見た複雑さ (平成9年度共同研究 近世の農民・自然・年貢制度)  https://t.co/VraMfobTgF #CiNii
RT @quiriu_pino: こんな論文が出ていたもよう。#史学史 佐藤 大悟「明治太政官期の修史部局における記録管理 : 「修史局・修史館史料」の分析から」 国文学研究資料館紀要. アーカイブズ研究篇 (15), 53-70, 2019-03 https://t.co/…

58 0 0 0 OA かちかち山

RT @NIJL_collectors: 昭和の絵本 かちかち山https://t.co/X4hpZMoJhb 褌からシッポ…これはこれでw (海では褌派) https://t.co/sl34M1jxmu

63 0 0 0 OA カチカチ山

RT @NIJL_collectors: カチカチ山https://t.co/SRMg4192cx うさぎ氏ぎゃんかわw https://t.co/mYt2fPvkIl
RT @NIJL_collectors: >RT 国会デジコレのちりめん本 La montana Kachi-Kachi にも https://t.co/Wnbg0TrQ7F https://t.co/8pb6yCCrya

5 0 0 0 OA 討論のまとめ

尾上 雅信「 討論のまとめ」 https://t.co/eFSk4h0jZx
柏木 敦 歴史研究の「意義」の在処 https://t.co/TbUvT2y8RU
金 凡性「役に立たないもの」の存在価値 ―科学史の価値をめぐって―  https://t.co/4R2vtrQza7

5 0 0 0 OA 経済史の役割

山本 千映「経済史の役割」 https://t.co/cnMxD9MJA8
小田川大典「戦後日本における歴史的政治学の展開 」https://t.co/X4MGcJTxZz

1 0 0 0 OA 郡吏議員必携

『郡吏議員必携』ってのもあるんだぞ。https://t.co/yrvvhCpmCF

2 0 0 0 OA 戸長必携

そういやあ『戸長必携』って本があるんだぞ。単なる法令集だけど。https://t.co/0Vdd2mhjNd
@naoekmr あ、この論文とか面白いですよ。https://t.co/1LgEh6MzM8
備忘。CiNii 論文 -  近世から近代にいたる飴の変容 : 内国勧業博覧会を中心に https://t.co/maoERSjC9m #CiNii
(承前)「一週間の宴が終った時、 宿酔で重たい頭に浮ぶのは、 一番喜んでいるのは天国の福沢諭吉であるという重たい事実である」(坂野潤治2001) https://t.co/P84sDoZ0Ll
RT @shoemaker_levy: これなんですが、英語で読み通すのつらいという方はご本人がこちらで日本語で内容をダイジェストで紹介されていますのでぜひ。 エーラス マーレン「近世大野藩における貧困と救済」『部落問題研究』221号、2017年 https://t.co/Lv…
恒木健太郎・吉田雅明 CiNii 論文 -  経済学におけるリアリティの基底 : 経済学の全体像を捉えなおすために https://t.co/9mc5zJ1mfC #CiNii
これ院生のときに読んでるはずなんだけど、今読んだらそのときよりはるかに面白かった。私も多少賢くなったのではないか/ CiNii 論文 -  近世の関東畑作農村における雇傭労働の変質過程 : 武州平山村・斎藤家の年季・日雇奉公人を中… https://t.co/sD7PcNusH3
CiNii 論文 -  若月剛史「特集 日本における官僚制の歴史過程から見る公文書管理 」https://t.co/dDiIb3quGr #CiNii
CiNii 論文 -  若月剛史「日本における官僚制の歴史的展開と公文書管理 」https://t.co/Cb0MYorbAc #CiNii
あとこれね。CiNii 論文 -  「稿本井上馨伝」編纂事業についての基礎的考察--伝記資料の史料学的検討から https://t.co/sUgiH27VEH #CiNii
@quiriu_pino これもわりと衝撃を受けたけどね…。載った時点では同じ歳ではないかな。 https://t.co/Zpao97NhqS
@jurix1979 秋元信英氏がちょっと書いてた気がします。これとか。明治前期の修史事業と飯豊青尊即位説--修史館と宮内省の対峙を中心に https://t.co/YsLOQF2ROy #CiNii
これに書いたこととの関係で。CiNii 論文 -  明治中期の大字・行政村・町村組合 : 静岡県駿東郡金岡村の場合 (共通テーマ 市町村合併と村の再編 : その歴史的変化と連続性) https://t.co/2iJZDTfniQ #CiNii
CiNii 論文 -  1930-40年代の農村社会と人口問題 : 社会事業との関連において (特集 農村社会と社会事業の展開 : 地域史にみる戦前・戦中・戦後の生活) https://t.co/jBPgFUtXIC #CiNii

5 0 0 0 OA 東京帝国大学

アルバム掲載のものは これ https://t.co/JnrpJ7bzVo ですが、上記センター通信高橋敏子氏の解説によると、写っているのは右から田中義成、辻善之助。そして、アルバムだと左端に写っている三上参次がカットされていることが台紙付写真からは分かると。
『社会経済史学』は読めるんですな。2013拙稿です。 https://t.co/ECBTr8G2Q6
この建物、設計は東京帝大営繕課長、だそう。ということは、本当に三上参次つながりで、史料編纂掛書庫を参照した可能性があるということ?! https://t.co/0ie7t0Eu8c https://t.co/gqjRdg5gx3
@jurix1979 いま手元にないので詳しいことは忘れてしまいましたが、中元崇智さんの研究に詳しかったかと。これとかhttps://t.co/Il3HHiI2DC
拙稿「日本近代村落論の課題」(『三田学会雑誌』108-4)が機関リポジトリ公開となりました。 https://t.co/PiSJ7ng089 枠としては「解説」という欄に書いたもので、「学部生向けの解説」というカテゴリになっておりますが、最後の方は聊か逸脱しているかも。
これ、ガリ版刷の翻刻なんだけど、原本は熊本営林局所蔵って書いてあって、いまどこあるんだろう。公文書館の森林管理局文書には見当たらない。CiNii 図書 - 地理局山林課日誌摘録 https://t.co/KBVvz7tjJQ #CiNii
@ryojikaneko こちらでございます。まああまりきちんとした向き合い方ではないのですが。https://t.co/mDFjUOe5oB あと、丹羽さんの後期の仕事は『土地問題の起源』と『地租改正法』を合わせ考えなくては、とわたしは思っており…
CiNii 論文 -  明治前期秋田県庁文書群の内的秩序の復元 https://t.co/X08C5Qiax6 #CiNii
CiNii 論文 -  埼玉県における近代県庁文書の編纂と保存--知事官房文書編纂主任の起案から (小特集 公文書館専門職員養成課程修了研究論文) https://t.co/yTqbLS3uo0 #CiNii
CiNii 論文 -  福島県庁文書研究の課題と方法 https://t.co/1XrNDfW0Rd #CiNii
CiNii 論文 -  明治前期の栃木県庁文書とその保存 https://t.co/cnhoVC7TBp #CiNii
谷口裕信「『岩倉公実記』の編纂と公文書 」https://t.co/5PYQPGznZ7 写字生の仕事ぶりなどについて詳論。#史学史
岸本美緒「追悼 田中正俊先生」『史学雑誌』112-4 https://t.co/ZQ9h0mXQDW  にでてくる「私はこれから、漆の小箱をみがくような仕事をしたい」という田中正俊の言葉をときどき思い出す。
伊豆公夫「在野の歴史学に生きる-上-(私の歴史研究)」 https://t.co/r93ZMwIWjE #CiNii
博論で中田薫から始まる研究史の前で途方に暮れていたとき、石川一三夫「村落二重構造論の形成と展開 : 研究史に関する覚書」 に救われたのを思い出した。これはなにかとお役立ちなサーベイ論文。https://t.co/oC2TGlKmsg #CiNii (PDFあり)
RT @quiriu_pino: @yusaku_matsu 出典はこの論文でした。ただ、中井が河音に話したというのは著者の想像みたいです。すみません。 竹内 光浩「河音能平「天神信仰論」のめざしたもの--「国民的歴史学運動」から普遍的なるものへ」 https://t.co/S…
ちょっと前にTL上で話題になったことに関連して。CiNii 論文 -  崔在東「20世紀初頭ロシア農村社会における火事・放火と火災保険 : モスクワ県を中心として」 https://t.co/guTPYMxwhY #CiNii
なんとなくこれを思い出してしまう。CiNii 論文 -  『二十六世紀』事件と藩閥 http://t.co/sNKfyfcxgI #CiNii
“DSpace at Waseda University: 朝河貫一資料 : 早稲田大学・福島県立図書館・イェール大学他所蔵” http://t.co/M4qjHjDyUX

5 0 0 0 OA 東京帝国大学

同じ写真集から、「史料陳列室」 http://t.co/JnrpJ7bzVo サクラで写っているのは誰? 田中かな?

5 0 0 0 OA 東京帝国大学

史料編纂所が台紙付写真で所蔵している史料編纂掛執務写真、小川一真編の写真集『東京帝国大学』明37にも掲載されていることに気付いた。これで拡大すると左下机の上に明治36年の出勤簿が載っているのがわかる。 http://t.co/wiH32OY0bX
CiNii 論文 -  "労農牛乳"を軸に農協運動(わたしの農協経営論-17-) http://t.co/J8T47eJgW0 #CiNii
上野景範の子供、ロンドンで生まれた長女は「留志(るし)」、三男が「武利太(ぶりた)」(早世)。その後にうまれた二女は「春子」。http://t.co/uv3zQI0vaj
CiNii 図書 - 教育社歴史新書 http://t.co/1mkGpAPENZ
メモ・宮村治雄「作用観念としての<戦後>三谷太一郎『近代日本の戦争と政治』を読む」 http://t.co/1dPOy3JVK1 #CiNii
なんとなく流れ的にメモ。 小笠原 小枝・石田 千尋「紅毛船,唐船,琉球産物端物切本帳について」CiNii 論文 -  http://t.co/yN1vYfnSY8  #CiNii
主として砂川村役場文書の共同研究のようです。「近代地方公文書アーカイブズの構造と情報に関する学際的総合研究研究」(研究代表者 白井 哲哉 ) https://t.co/e2ssjWta8O

110 0 0 0 OA 法令全書

@okisayaka すいませんリンクを張り損ねました。http://t.co/YxAAiA4SkZ
な ん で す と? “@shima_mossa: 大日本維新史料原稿 : 史料集編纂の一過程(国立国会図書館の蔵書から )/ 藤田壮介 / “『国立国会図書館月報』 631(2013年10月)号” http://t.co/YsIXtKc5O2”
RT @shima_mossa: 大日本維新史料原稿 : 史料集編纂の一過程(国立国会図書館の蔵書から )/ 藤田壮介 / “『国立国会図書館月報』 631(2013年10月)号” http://t.co/uBPgXUYFUB
兎バブルは兎税によって終息したわけではない、という指摘。「明治の兎バブル」http://t.co/gCOnLXZUvL
講義準備で岩田さんの堀米家論文 http://t.co/IfkCrC7iqC を読んだので、もうつかれた。少し休む。
高嶋修一「明治の兎バブル」『青山經濟論集』64 ( 4 ) , pp.231 - 251。2013年3月 http://t.co/FdFHHtKBO1
CiNii 論文 - 白山 映子  明治初期の兎投機 : 「開化物」とメディアから見えてくるもの http://t.co/1kdslQ3Uyp #CiNii
以前に(というのは博論を書く時だけど)読もうとして当時の私ではまったく話にならず挫折したモッセの書簡集を恐る恐る開いている。  CiNii 論文 -  坂井雄吉 モッセ書簡集の刊行によせて : 出版にこぎつけるまで http://t.co/Q6nb5TJXMd

110 0 0 0 OA 法令全書

明治2年12月13太政官(布)第1153 「官用界紙ヲ定ム」てのが管見の限り初出。http://t.co/YxAAiA4SkZ
一般史、全体史、という話で、経済史サイドからだとこれを思い出す。この文脈では、「戦後歴史学」の位置が大きい。 石井寛治「戦後歴史学と世界史--基本法則論から世界システムへ」http://t.co/cmyAncCciB #CiNii
これ。なぜか奈良大学にだけある。CiNii 図書 - 2002年度史学会第100回大会記念シンポジウム http://t.co/XcO3OmzR #CiNii
ひさびさにこれを読もうかと。私のいた界隈では有名なのだが、余所では如何か。伊藤隆・佐藤誠三郎・高村直助・鳥海靖 CiNii 論文 -  日本近代史研究の二,三の問題--岩波講座「日本歴史」近代(1〜4)によせて http://t.co/qK864xJp #CiNii
オープンアクセス CiNii 論文 - 山口隼正「 田中義成日記と『大日本史料』創刊のことども」 http://t.co/kwj6IFYn #CiNii
三の丸尚蔵館の展示「明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」」の参考論文。CiNii 論文 -  まぼろしの大蔵省印刷局肖像写真--明治天皇への献上写真を中心に http://t.co/AxLehm5s #CiNii
CiNii 論文 -  文部省編「漢英仏独教育勅語訳纂」の成立をめぐる国際関係 http://t.co/JMeZL8pa #CiNii
RT @dt_reibunshu: 教育勅語のドイツ語訳(国立国会図書館 http://t.co/slKIUZGw の12頁)
こういう科研があったのね。「国立博物館の機能と役割の変遷に関する基礎的研究-館史資料の分析を中心に」 http://t.co/dK6an5RU
もう一人の受賞者が苦労した話をこんなクリシェで放送http://t.co/MbpLhU7jするくらいならば、円城氏の話をしないのはやはり変だと思う。http://t.co/XaKtuoHE

お気に入り一覧(最新100件)

仕事で書いた紀要論文がネットで公開されました。『日本帝国統計年鑑』の紹介や一部を電子化した際の苦労話、分析時の注意点などを簡単に書いてます。 https://t.co/bZiHXGBoGV
[きょうのPDF]青山由起子「明治維新における公文書書体の転換 ―藩士が見た「布達」類の書体と記録した「控」類の書体―」(書学書道史研究 2005(15), 71-87, 2005) https://t.co/o1Epp2m7J2
CiNii 論文 -  当事者研究の社会的秩序について : 経験の共同研究実践のエスノメソドロジーに向けて(浦野茂, 2016年) https://t.co/qhjHahKgEI 〈経験〉と〈経験を語ること〉の複雑な関係について丁寧に論じられており、勉強になった。
こんな書評出てたみたいです 桜井 英治「書評 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史1 中世 11世紀から16世紀後半』 」 国民経済雑誌 220(6), 97-102, 2019-12 https://t.co/yMmtwX0XkH
坂口太郎『大正・昭和戦前期における徳富蘇峰と平泉澄』(第19回松本清張研究奨励事業研究報告書、北九州市立松本清張記念館、2019年)読了。官学アカデミズムと民間史学が交錯した近代史学史の一断面を、平泉と徳富に注目して描き出す。圧巻… https://t.co/l3tDgPUb6G
酒井啓子(2017)「戦後のイラクで何が対立しているのか:関係性の結果としての宗派」『国際政治』189: 17-32. https://t.co/Y4Am3angzC 現在のイラク国内の対立構造はどのように形成されたのか,対IS政… https://t.co/htIhhIf5L2
メディア史を書くことと、メディアをデータにした歴史社会学を書くことの違いについては、「メディア史とメディアの歴史社会学」という論文をご参考下さい。https://t.co/mKBYhzB1Fv
今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心… https://t.co/906uVhKp4I
先日『国立国会図書館月報』に載ってた帝国図書館の「第四次図書地方疎開ニ関スル覚書」のデジタル画像が今日から公開されているぞォォォ https://t.co/breZrsDJHf
〈計量歴史社会学のレビュー論文〉 蘭信三・中里英樹, 1998, 「計量的歴史社会学の展開と可能性理論と方法」『理論と方法』 13(1), 41-57. https://t.co/ad8apV7h8C 数理社会学会 https://t.co/BmPN42AOD4
〈計量歴史社会学のレビュー論文〉 蘭信三・中里英樹, 1998, 「計量的歴史社会学の展開と可能性理論と方法」『理論と方法』 13(1), 41-57. https://t.co/ad8apV7h8C 数理社会学会 https://t.co/BmPN42AOD4
RTした渡邉論文、PDF公開されていた。渡邉剛「資料紹介 黒板勝美『虚心文集』内容見本」(『教育と研究:早稲田大学本庄高等学院研究紀要』37、2019年3月)https://t.co/ZXbcSusyws
藤田宗介「憲政資料室所蔵のオーラル・ヒストリー関連資料」参考書誌研究78号(2016年)、検索にとても便利です。/https://t.co/e7nU8RqoKM
『年報政治学2015-1 政治理論と実証研究の対話』に掲載の拙稿「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」を、ウェブ上で読むことができるようになりました。https://t.co/ksBg0xBkuQ
1946年に井上清が「ドンと」という表現を作り出したという。なかなか衝撃的 →茂木陽一「竹槍でドンと突き出す二分五厘」考 https://t.co/58AP2ntezS
ちなみに有斐閣ストゥディア『国際政治史』の近世部分は、かなりブルクハルトを参考にしております。来日講演を訳出した「近世ヨーロッパにおける戦争と平和」(鈴木直志訳)は、当時の図像をもとに最新の知見を分かりやすく解説しているので、マジ… https://t.co/2gRdEzXiSl
リポジトリで公開されていた。https://t.co/OcppnfWeZB 横山百合子「資料紹介「梅本記」: 嘉永二年新吉原梅本屋佐吉抱遊女付け火一件史料の紹介」『国立歴史民俗博物館研究報告』200号、2016年。
「時代」の章は、法制史学会の「シンポジウム 法学における歴史的思考の意味」( https://t.co/S8LLUzKoho )での樋口陽一さんのご報告と読み合わせると面白いのではないかと。 https://t.co/KxOxOtY7Xc
誰か読んどいて / “永田清(1936)「財政社会学の展開:現象学の財政学と知識社会学の財政学」 三田学会雑誌 30(2) - CiNii” https://t.co/gwGL8c7CVK
拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
『「自民党型政治」の形成・確率・展開』https://t.co/Q6ryOL3EHa 木鐸社から、笹部真理子さんの博論が出版されるのかな? https://t.co/BLi5IX14vv
高橋小百合「〈木戸孝允〉を支えた女」(『北海道大学大学院文学研究科研究論集』16、2016年)は、明治以降に木戸孝允の「偉大さ」を語る言説の中で、近代日本の男女交際論の流行を先取りする形で木戸と幾松の物語も歓迎されたと指摘。 https://t.co/bqEUSYS6hx
サンタクロースが日本に初めて現われたのは、幕末の町奉行所の与力だった原胤昭による、明治7年のクリスマス会と言われる。勝田彩香「明治大正期のクリスマス受容-クリスマス・サンタクロースの諸表象-」(『リテラシー史研究』6)が参考になる。 https://t.co/bZAKnDPt62
伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。
明治41年、北畠親房に従一位を贈位するので墓所に使節を送ることになったが、その墓所が間違ってると自称子孫の北畠治房男爵が県庁に抗議し、知事への意見をまとめた冊子。絶対めんどくせえジジイだな。 『北畠親房墓所在異見』 https://t.co/lCzbkNdDlX
『オックスフォード歴史叙述史』 https://t.co/zNNnsGr8hd 2巻でK. Hirschler https://t.co/4Il0Fmj8pw が「イスラーム:アラビア語とペルシア語の伝統11-15世紀」を担当。アラ語・ペ語歴史叙述が比較史的に概観できるかな?
CiNii 論文 -  明治前期における「研究」概念の変容と「研究所」の成立過程 https://t.co/53uEDNUKL7 …読んだ。「研究」「研究所」の用例を検討する内容。「学習」「ワザの習得」といった意味合いから、近代的な科学研究の意味が出てくるまでの経過をサーベイ。
勝田彩香「明治大正期のクリスマス受容」http://t.co/KIdJbREyNg 既知の情報ではあるが「日本的に裃を着し、老人の白髯を長くつけた仮面を冠って居つた」「大小を差し、大森カツラをかぶり、殿様風の身拵へ厳しき扮装」という日本最初のサンタクロースの風体が、やはり衝撃的。
(メモ)菊池城司「誰が中等学校に進学したか-近代日本における中等教育機会・再考ー」大阪大学教育学年報第2号(1997年)(pdf)http://t.co/rlpHqboYNG

14 0 0 0 OA 結社と民主政治

ウェブで読める早川誠先生の論文として,「結社と民主政治――アソシエーションから政治は生まれるのか」『年報政治学』2008(1): 61-81 https://t.co/aC3ngvC9T3

フォロー(223ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 - 佐々木博光  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/wGWT4wmUdh #CiNii
CiNii 論文 - 佐々木博光 ペストの創作 : ニュルンベルクのユダヤ人迫害、一三四九年一二月五日 https://t.co/gwjgC4KQtJ #CiNii
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1096「南海トラフ地震対策をめぐる経緯」(PDF:755KB)を掲載しました https://t.co/0b5OtHsdlI
RT @heero108: 授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能にしているディスクール…
授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能に… https://t.co/9cEIE4oLH3
研究会でのご教示による。/近藤和敬(2018)「金森修の科学思想史と哲学研究にとっての科学思想史の役割」 人文学科論集 鹿児島大学法文学部紀要 (85), 99-112, 2018-02 / “CiNii 論文 -  金森修の科学… https://t.co/La26FFUma3
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…

1253 124 65 1 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
RT @yamashitayu: 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」https://t.co/Do0P6Fq1Wl ざっと見たけどこれは興味深い。より多くの立場の人の考えを史料から理解しようとするドイツの教育を紹介し…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史… https://t.co/WyyKnFDXgs
メモ。橋本麿美『アメリカ連邦図書館立法の歴史―1956年図書館サービス法の成立から2010年図書館サービス技術法への変遷』創成社 https://t.co/tNQjOmmvBr 博士論文を元にした書籍化かな? https://t.co/pJrKxZsahO
J-STAGE Articles - 行動科学・社会科学的な災害の概念定義の整理 https://t.co/Aukf2tmx7q

1 1 1 0 OA 会議法

◆鳩山和夫『会議法』小笠原書房 https://t.co/mI5SVjGQz4
#こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019… https://t.co/XiPAPhvD5O
森下 翔(2014)「不可視の世界を畳み込む:固体地球物理学の実践における「観測」と「モデリング」」 文化人類学 78(4), 449-469, 日本文化人類学会 / “CiNii 論文 -  不可視の世界を畳み込む : 固体地球… https://t.co/QgWIE9JISX
平 英美(1994)「Reflexion on Woolger─SSK(科学的知識の社会学)のアリーナにて」大阪教育大学紀要 43(1), p1-12, 1994-09 https://t.co/1yQdRa7kbB / “CiN… https://t.co/UXJ5orNvaz
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
CiNiiで、拙稿「『自由民主主義を越えて』の多様性」『年報政治学』2019-II号(筑摩書房、2019年)のタイトルが、誤って「『新自由民主主義を越えて』の多様性」になっている。修正依頼を出したつもりなのだけど、反映されていない…。https://t.co/6Fr6NxoN9S
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1095「高等学校における情報科教育の現状」(PDF:422KB)を掲載しました https://t.co/Yal6j57bjD
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(… https://t.co/Mxq9UOo0CY

2 2 2 0 OA 諸用附会案文

同上資料より 「かつまた」! https://t.co/WHIjPmNlvn https://t.co/z1gQPK1ivI

フォロワー(1418ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2070 18 18 18 OA 大正震災志

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN h…
高木不二「黎明期の日本人米国留学生」(『近代日本研究』34、2017年)は、幕末維新期に米国留学した横井左平太と津田静一を紹介した講演録。前者は横井小楠の養子で、勝海舟と何礼之に師事。後者は「アジア・ヨーロッパ・アメリカによる世界… https://t.co/ZrplNHQ0UG
今検索したら、こんなレポートが見つかりました。 岡田珠江「広汎性発達障害児の心理療法」https://t.co/oeKCtHzvix 「鉄道という乗り物は、決まった道順で時刻表通りに運行するので、毎日の動きが予測できるという点で、… https://t.co/05aOTRwjws
天保2年2月18日(1831年3月31日)、オーストラリアの捕鯨船レディロウエナ号が蝦夷地に来航。2週間ほど滞在し、松前藩士と若干の銃撃戦もあった。村上雄一「オーストラリアの捕鯨船と日本」(『行政社会論集』11-4)曰く、船長ボー… https://t.co/ila2hukAAj
2019年冬、『幼児教育史研究』第14号に「研究ノート」として採択された「1941-1945年の国民学校放送における幼児向け放送童話台本の研究」https://t.co/onit5tZ8Y5 J-STAGEに上げていただきました。… https://t.co/uEbiHgMgIO
J-STAGE Articles - 檜枝岐歌舞伎における上演空間と存立基盤の変容 https://t.co/puOX2t88t0 中止になった春の地理学会の発表要旨 このタイトルを見て,何度か見に訪れた岡山県北の伝統芸能の場合はどうなんやろうと思ったり
@karyobinga @nozomi1950 でも「拙者ども」という言い方はないみたいです。 https://t.co/PgJwVwqxd3 「身共」が複数形でもあるらしいです。また、「こちとら」は「此方人等」なので複数形だとか… https://t.co/wC1Cjw27BR
RT @tweetingtakumi: 横国大都市イノベーション学府の紀要に論文が掲載・公開されました。ドゥルーズ『シネマ』におけるイメージ概念がどのようにして「映画が喚起する諸概念」の創造を可能にしているのかということをエリー・デューリングの映像論・ベルクソン論との比較を通し…
PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、… https://t.co/hCZZ48c9JM
RT @tweetingtakumi: 横国大都市イノベーション学府の紀要に論文が掲載・公開されました。ドゥルーズ『シネマ』におけるイメージ概念がどのようにして「映画が喚起する諸概念」の創造を可能にしているのかということをエリー・デューリングの映像論・ベルクソン論との比較を通し…
CiNii 論文 - 佐々木博光  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/wGWT4wmUdh #CiNii
CiNii 論文 - 佐々木博光 ペストの創作 : ニュルンベルクのユダヤ人迫害、一三四九年一二月五日 https://t.co/gwjgC4KQtJ #CiNii
RT @_SmallAnimal: ここから引用しました。 https://t.co/hDcI4U6YxF
RT @imaikuni: 馬部さんに初めてお会いしいたのは2007年。坂上田村麻呂の墓として京都の西野山古墓が注目された際、大阪にはアテルイの墓があると聞いて取材したところ、その市の嘱託職員だった馬部さんにきっぱり否定されました。最近、その墓を巡る議論についての論文も書かれて…
RT @heero108: 授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能にしているディスクール…
RT @hirokiarato: 深澤英司 (2015) 「格差と経済成長の関係についてどのように考えるか」,『レファレンス』,No.769,pp.55-73,国立国会図書館. https://t.co/FpSvxh9Sqt #経済論文
カーリルがまともに機能しないが CiNii 図書 - 極値統計学 : 極値の理論とその工学的応用 https://t.co/VxSILHRubz #CiNii
授業準備のため、柿本昭人「見市雅俊著『コレラの世界史』」『史学雑誌』104編1号(1995年)111-117頁(https://t.co/O8fM6TRjZj)を再読中。 「擬人化され、実体化された「コレラ」。この言挙げを可能に… https://t.co/9cEIE4oLH3
RT @washou3956: 渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月の日本宗教文献調…
RT @washou3956: 智積院聖教については『智積院聖教における典籍・文書の基礎的研究』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、課題番号20320067、研究代表者宇都宮啓吾、2011年)に詳しいので、一読を推奨したい。https://…
RT @washou3956: PDF公開。宇都宮啓吾「智積院聖教における「東山」関係資料について:智積院蔵『醍醐祖師聞書』を手がかりとして」(『智山学報』65、2016年)https://t.co/4KnQZdOw29
RT @washou3956: PDF公開。宇都宮啓吾「智積院蔵『醍醐祖師聞書』について:―意教上人頼賢とその周辺を巡って」(『智山学報』64、2015年)https://t.co/bODWJkK4jL #CiNii

5 5 5 0 OA 鎌倉仏教

RT @washou3956: PDF公開。永村眞「鎌倉仏教:密教「聖教」の視点から」(『智山学報』66、2017年)聖教を素材に、諸僧侶集団の修学活動から、鎌倉時代の仏教あるいは都市鎌倉の仏教の実態を考察。事例は真言密教が多い。個人的には氏が黒田俊雄の「顕密仏教」概念に言及し…
RT @washou3956: 渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月の日本宗教文献調…
智積院聖教については『智積院聖教における典籍・文書の基礎的研究』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、課題番号20320067、研究代表者宇都宮啓吾、2011年)に詳しいので、一読を推奨したい。https://t.co/G7G3iEydJf
PDF公開。宇都宮啓吾「智積院聖教における「東山」関係資料について:智積院蔵『醍醐祖師聞書』を手がかりとして」(『智山学報』65、2016年)https://t.co/4KnQZdOw29
PDF公開。宇都宮啓吾「智積院蔵『醍醐祖師聞書』について:―意教上人頼賢とその周辺を巡って」(『智山学報』64、2015年)https://t.co/bODWJkK4jL #CiNii
PDF公開。大谷由香「日宋交流と鎌倉期律宗義の形成」(『智山学報』67、2018年)https://t.co/RBSibxIt4M #CiNii

5 5 5 0 OA 鎌倉仏教

PDF公開。永村眞「鎌倉仏教:密教「聖教」の視点から」(『智山学報』66、2017年)聖教を素材に、諸僧侶集団の修学活動から、鎌倉時代の仏教あるいは都市鎌倉の仏教の実態を考察。事例は真言密教が多い。個人的には氏が黒田俊雄の「顕密仏… https://t.co/9W742zAusp
PDF公開。スウェン・ホルスト「近世における公家・宮門跡の家来衆:三宝院門跡の一例」(『国際社会研究:福岡女子大学国際文理学部紀要』8、2019年)近世の醍醐寺三宝院の家来衆(坊官家、諸大夫家など、家格によっていくつかの家にわかれ… https://t.co/WFIWmUhqE9
研究会でのご教示による。/近藤和敬(2018)「金森修の科学思想史と哲学研究にとっての科学思想史の役割」 人文学科論集 鹿児島大学法文学部紀要 (85), 99-112, 2018-02 / “CiNii 論文 -  金森修の科学… https://t.co/La26FFUma3

1253 124 65 1 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…

1253 124 65 1 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
RT @i_kaseki: 読んでる 公衆衛生政策と人権 : 私権制限を伴う政策の正当性評価の基準と手続き https://t.co/39ybcBCXjR

36 27 27 1 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @yamashitayu: 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」https://t.co/Do0P6Fq1Wl ざっと見たけどこれは興味深い。より多くの立場の人の考えを史料から理解しようとするドイツの教育を紹介し…
西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」https://t.co/Do0P6Fq1Wl ざっと見たけどこれは興味深い。より多くの立場の人の考えを史料から理解しようとするドイツ… https://t.co/X9GVIa2ldr
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
RT @takuya1975: 「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史の例から考える」…
「歴史総合」や「考える世界史」、ALでの史料の利用などに関心のあるすべての関係者(とくに高校教員・大学の西洋史研究者)に読んでいただきたい論文です。 西山暁義「外国史教育における複眼的史料集の可能性 : ドイツの歴史教育と近現代史… https://t.co/WyyKnFDXgs
メモ。橋本麿美『アメリカ連邦図書館立法の歴史―1956年図書館サービス法の成立から2010年図書館サービス技術法への変遷』創成社 https://t.co/tNQjOmmvBr 博士論文を元にした書籍化かな? https://t.co/pJrKxZsahO
CiNii 論文 -  戦国期武田家文書での「一統」の語義と機能 https://t.co/82eW4Dbk62 #CiNii
PDF公開。伊藤拓也「戦国期寺尾諏訪氏の基礎的分析」(『横浜商大論集』53-2、2020年3月)後北条氏の家臣で、武蔵国寺尾郷の領主だった諏訪氏。史料的制約が大きいことから、著者も断りつつ、近世地誌を用いての分析が多い。https://t.co/w9r7qYRZG5
RTした報道、薩摩入来町という単語に反応した(笑)。治癒祈願儀礼である疱瘡踊りの研究は多いらしく、ググったら、たとえば高橋京子「疱瘡治癒祈願としての舞踊」(『スポーツ人類学研究』6、2004年、PDF公開)などがあった。入来町の事… https://t.co/tn15DzJTHD
RT @shoemaker_levy: 同じ著者の研究で、大正期東京の伝統的システムを利用した屎尿処理が一定の成果をもたらしたことを示し、イギリス型の大規模インフラ整備だけが公衆衛生状況改善成功の「唯一の」モデルではないことを示したのが永島(2011)だったかと思います。 ht…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019-01-31…
脚本・大江健三郎のテレビドラマ「オタスの森 われらのなかのギリアーク人」、観たい! https://t.co/QRrvQdeyYg
RT @Basilio_II: “研究ノート 神が二度裁くとき” https://t.co/6dTvVAeS9V
J-STAGE Articles - 行動科学・社会科学的な災害の概念定義の整理 https://t.co/Aukf2tmx7q

1 1 1 0 OA 会議法

◆鳩山和夫『会議法』小笠原書房 https://t.co/mI5SVjGQz4
#こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019… https://t.co/XiPAPhvD5O
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…

34 34 7 2 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: @heibonshatoday 内務省衛生局編 1922『流行性感冒』 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/9ZbwV2ibL2 https://t.co/yandFrzfMm
RT @sakunary: 銭湯に週1回以上通う人は、通わない人より幸福感高めらしい。 「銭湯利用頻度と主観的幸福感の関連:インターネット・リサーチによる横断研究」 https://t.co/7UfnQGJCTJ
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
RT @PeaceMark51k: ちなみに『魔女の宅急便』については、 「宮崎駿『魔女の宅急便』の物語構造における「飛行」の意味について」 (『山形県立米沢女子短期大学紀要』第53号、pp.103-111) という論文も書いています。ご高覧いただければと存じます: 山形県公…
RT @Minemori_H: 今日公開された木場貴俊センセイの「<研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察」をほくほくしながら見ています。知らない妖怪がぞろぞろ出てくる!! https://t.co/6n…
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
森下 翔(2014)「不可視の世界を畳み込む:固体地球物理学の実践における「観測」と「モデリング」」 文化人類学 78(4), 449-469, 日本文化人類学会 / “CiNii 論文 -  不可視の世界を畳み込む : 固体地球… https://t.co/QgWIE9JISX
平 英美(1994)「Reflexion on Woolger─SSK(科学的知識の社会学)のアリーナにて」大阪教育大学紀要 43(1), p1-12, 1994-09 https://t.co/1yQdRa7kbB / “CiN… https://t.co/UXJ5orNvaz
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
これは読んだかな?/山本耕平(2009)「SSK (科学的知識の社会学)から結局何が帰結するのか:社会認識論との協働の可能性」 京都社会学年報 : KJS 17: 139-153 https://t.co/79pHCPI7XT /… https://t.co/wIFadrqDMy
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1094「町村議会議員のなり手不足」(PDF:463KB)を掲載しました https://t.co/rUQp7uVvTA
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
ミュージアムライブラリアンとして求められる資質についての文章あり。→ CiNii 論文 -  「守り伝える」を支える : 東京国立博物館資料館の役割 (特集 博物館・美術館の図書室をめぐって) https://t.co/kKNtZ8Usu9 #CiNii
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
CiNiiで、拙稿「『自由民主主義を越えて』の多様性」『年報政治学』2019-II号(筑摩書房、2019年)のタイトルが、誤って「『新自由民主主義を越えて』の多様性」になっている。修正依頼を出したつもりなのだけど、反映されていない…。https://t.co/6Fr6NxoN9S
大正12年3月26日、加藤恒忠(加藤拓川)が死去。幕末の伊予松山藩出身で、甥に正岡子規がいる。『坂の上の雲』の主人公・秋山好古と同郷で、親友。外交官としてベルギー公使などを歴任。正岡明・今村暢好「加藤拓川資料集」(『松山大学論集』… https://t.co/RO0Lc9nhIX
RT @micomico_big: 恩師から新著をお恵みいただきました。サイケデリックな装丁が目印!表紙の写真は、村上辰午郎『最新式実験催眠術講義』の「プランセット」の章の写真ですね。国会図書館のデジタルコレクションで見られます。 https://t.co/Wiok9Fu9rx…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
大正10年3月26日、沖野忠雄が死去。幕末の豊岡藩出身の土木技術者で、治水港湾工事の始祖と呼ばれる。松浦茂樹「沖野忠雄と明治改修」(『水利科学』 40-6)曰く、「事業の有利な進捗のためには法規一点張りの議論に耳を貸さず,内務省の… https://t.co/beax3v3OIz
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @ktowhata: 波平恵美子論文。医療人類学が発展した米国の1970年代は、公的医療費が削減されて医療が高額化する状況で、かつ消費者運動と合流して「医療とは何か」を今までと違った角度から問う気運があったとのこと。現代日本での医療人類学の切実さと当事者研究との相性の良さ…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(… https://t.co/Mxq9UOo0CY

2 2 2 0 OA 諸用附会案文

同上資料より 「かつまた」! https://t.co/WHIjPmNlvn https://t.co/z1gQPK1ivI
RT @saisenreiha: 小杉 泰・林 佳世子 編『イスラーム 書物の歴史』2014年 https://t.co/i6SnijoV0y 戸田聡による書評が大変参考になる。https://t.co/N7qjC2niXm