箸 (@monogragh)

投稿一覧(最新100件)

1 1 1 0 OA 編集後記

前にも呟いたけれど、大学紛争のころの資料を見ていると、大学教員名簿で名前にアンダーラインが引かれたり、○(マル)やレ点が付されていたり、独特の雰囲気を出している。(リンク先は1970年の『国際政治』誌)https://t.co/OJYw5DVlSE
飯田健「アメリカ政治学における数理モデルの衰退と実験の隆盛 : 因果効果の概念に着目して」(2017)https://t.co/e1RGDhoCF7 おもしろかった。数理モデルと実験の意義だけでなく、「結局のところ政治学研究における理論とは何か」についても示唆を与える。
…そういうことであったため、先輩の業績については全然勉強しなかったんです。」 https://t.co/VgZX1gyZpb
(参考)https://t.co/uqLplpfBNA https://t.co/RioXUWsWFL
新富康央「教育学の学問構造の一分析: T. S. クーンのパラダイム論に関する一考察」(1978) https://t.co/HgOWTquMaA 教育学の各サブディシプリンで、自分野からの引用数と、他分野からの引用数の割合を比べている。
三宅(1970)に言及のある「政治意識研究会」のことのもよう。メンバーに牧田稔、林知己夫、京極純一ら。https://t.co/Z8c2J3RgjI 「政治意識研究会」のことは、大嶽『高度成長期の政治学』120頁にも言及がある。
谷口哲一郎「電話調査事始め」(2011) https://t.co/Urw2x9smFf ・電話調査が積極的に使われるのは1980年代半ば以降 ・RDD法の研究のきっかけは田中愛治。「彼からアメリカではRDD方式という電話調査をやっていると聞いた」
菅原 琢「世論調査に詳しい学者と呼ばれて(新入会員紹介)」(2011)https://t.co/7W1mWbhqkP 「もともと選挙には子供のころから関心があり、高校時代にはBASICで議員定数を配分するプログラムを書いたりしていました。」
林知己夫インタビュー(2004)https://t.co/0fRE6XESXw 昭和20年代は「統計学全盛の時期」だったとある。社会学のSSM調査にも言及あり。
飯島 昇蔵「館長からのメッセージ 時代を越えて生きるために――著者, 読者および図書館の責任 」(『早稲田大学図書館年報』2012年)https://t.co/gMXWkW69Wd
1969年『年報政治学』に載ったテキストマイニング論文。/ 武者小路公秀「政治の言葉と緊張緩和――帝国議会における首相演説の価値内容分析」https://t.co/i0bNIrgD9i
堤孝晃・増田勝也・齋藤崇德「学会機関誌の内容からみる学問分野間関係とその変遷——社会学・教育社会学・教育学に着目したテキストマイニング分析——」(2014)https://t.co/FvjQVqTq7z
RT @KgPsysci: 【私の研究・成田健一】里見香奈・成田健一(2016).「自己」にかかわる心理学的研究の計量書誌学的分析―わが国の学会誌に掲載された実証論文のタイトル分析:1980年–2013年― https://t.co/ZOzzDpLCgW
「アメリカ行政学の歴史的叙述があって次に日本行政学の課題という順序は、もうききあきたという心証を否定しきれない」(赤木須留喜「書評 田口富久治『行政学要論』」1983年、352頁)https://t.co/6fy8DQAorT
「一般に、ある研究領域での成果の発展は、就職口の増加にある。」(三宅一郎「社会調査による政治学の消長」)https://t.co/vPmNAOIswT
足立忠夫の足跡を振り返る村松岐夫のリリカルな文章に胸を打たれている。「エネルギッシュな研究活動は、若い頃から還暦を過ぎ古希を過ぎても続き常に活動的であった。…足立はホームランも単打もよく打つ学者であった。」https://t.co/TiXnbjS89S
"かつて『日本の行政』を評して……日本の行政を構成する筋肉が動いているさまをはつらつと描いているが、日本の行政を構成する骨があまり見えないという気持ちで、「骨のない筋肉が動いている」と言って、先生にしかられたことがあります(笑)"https://t.co/1Y2p0JGYXn
『日本行政学会のあゆみ』という冊子が、2000年5月に作成・配布されたとの由。 https://t.co/zckh6wZzj4
村松岐夫の断想。留学地バークレーでシェルドン・ウォリンの講義を聴いたとき(1966年)のこと。https://t.co/d2kB66BGZ6 「ウォーリンは、ギリシャ哲学から近代の諸思想家を経て、当時アメリカで台頭しつつあった論理実証主義の批判まで論じた。…
「行政学を講ずる大学教師Aの研究室に、演習に参加している学生Xが訪れる」という一文から始まり、以後AとXの対話からなる書評。https://t.co/IDVEjzmVvN 「A:村松先生に惚れ込んだみたいだね。 X:ええ(頭をかく)。ただ、よくわからない所もありました。…」
1989年の東北大学紀要に載った村松『地方自治』の書評(https://t.co/04EaJWaJcT)、Ciniiでは執筆者は田辺国昭としか載っていないけれど、実物には「東北大学政治学研究会」と付記されている。 検索してみると2008-9年にも活動記録がある。息の長い会のよう。
児玉閲・小野寺夏生「引用傾向の経年変化とその雑誌インパクトファクターへの影響」(2015)https://t.co/unUY5ZIDrP
RT @stokizane: 藤田節子先生が調査したものがあります。特に後者。JSTに生データもありますが、見つかるか? https://t.co/xgRBtUGoKU https://t.co/yc87Zl6ePf https://t.co/2vd3COuMfF
RT @stokizane: 藤田節子先生が調査したものがあります。特に後者。JSTに生データもありますが、見つかるか? https://t.co/xgRBtUGoKU https://t.co/yc87Zl6ePf https://t.co/2vd3COuMfF
木鐸社のHPがリンク切れしてるのでCiNiiのリンクも。https://t.co/kAST8wPae5
計量書誌学辞典 ヴァージル・ディオダート https://t.co/zIlXHvr4Rq このようなニッチな辞典があったとは。書評もある。 https://t.co/V023YONW71
RT @heero108: 今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治…
岡本哲和(2016)「山川雄巳の政策学 : その特徴と意義」 https://t.co/Nuj4j1kzSl 公共政策学会2016年度研究大会で報告されたものですね。
升味準之輔"歴史を書くというのは、結局、史料を読んだ「追体験」を書くこと、単純ですね。追体験をしてそれを書く、それが読まれて、また追体験される。追体験が正しいかどうかは、分からない。"https://t.co/zMgwEj8bWb
升味準之輔「政治学界の動向」(1958)https://t.co/6SgDhTOhlj 戦後、政治言論はあったが「業績の蓄積があったかというと、それは疑わしい」と手厳しい。「業績をつみかさねることが政治学にできるかどうか、わたくしは疑っている。むしろ思想の軌跡のことか、と」。
RT @myamadakg: 小野耕二先生の最終講義,論文化されましたか。 “小野耕二(2016)「政治への新たな視座 : 政治の重層性の把握をめざして」名古屋大学法政論集 268. - NAGOYA Repository” https://t.co/L9MwgmQMPy #…
RT @myamadakg: 拙著にご言及頂き多謝。 “西山真司(2016)「政治学におけるエスノメソドロジーの寄与」 名古屋大学法政論集 268. - NAGOYA Repository” https://t.co/d1u8RVUKWD #政治学
藤原保信の自伝。69年秋の米国留学のとき、シカゴ大に到着するやすぐにイーストンの同年9月の「脱行動論革命」演説原稿が配布された、と。「そしてこの学期のイーストン教授の講義(演習)は、このペーパーの検討より始まったのである。」 https://t.co/M8Uwm6VLR1
升味準之輔(2007)「一九五五年体制、再考」https://t.co/swmNIHTRRV 1955年体制はいつ終わったか、という節で「高度成長が飽和点に達した1970年代初には『1955年体制』は終ったといってよい」と著者は考えているもよう。(多党化と与野党伯仲が念頭にある)
RT @camomille0206: 吉澤昇「1980年代 史哲研究室と過去の消化 市民社会論、社会史研究と私たち」(pdfファイル) https://t.co/SRRA7O8udD
大嶽秀夫『高度成長期の政治学』の中で参照されている文献で、唯一公刊されていないレア論文。/CiNii Dissertations - 自民党代議士の集票システム : 橋本登美三郎後援会、額賀福志郎後援会の事例研究 https://t.co/SmeflWFD51
小野寺夏生(2003)/CiNii 論文 -  引用文献数で研究を評価できるか? https://t.co/NqQMWQbZAl #CiNii
大塚桂(2005)「政治学教育について : 政治学原論の位置付け」https://t.co/JHjIybOvqU 大塚先生の面白そうな論文、まだ読んでないものがたくさんある。
「(山川雄巳)先生は最初、京都大学工学部で電気工学に志されましたが、研究室の抵抗器に慶応三年製作の銘があるのを発見して失望し、法学部に転じたと先生から直接お聞きしたことがあります。」/弔辞 (山川雄巳先生追悼文集) https://t.co/q1hnZ04DYH
藤原保信の逝去後に出版された自伝。/CiNii 図書 - 学問へのひとつの道 : 働くことと学ぶこと https://t.co/M8Uwm6VLR1
田口富久治が冨永健一『戦後日本の社会学』の書評のなかで、「なぜ戦後社会学史とは異なって、戦後政治学史ではリベラル政治学派とマルクス主義政治学派との深刻な対立は発生しなかったのか?」と問いを立てているのはおもしろい。 https://t.co/eZjxAo3wGp
田口富久治「日本政治学史の研究-戦後を中心に-」https://t.co/NRKVugZlOT 科研(1996-1998)の報告書。1996年度の実績報告書をみると、若干のインタビューも行っているようですね。
中北浩爾先生、松下圭一論を出していたのですか。/中北浩爾(2012)「松下圭一と市民主義の成立」https://t.co/MOxUewTQSP
…これら価値論理と事実論理に共通するのは《論理》である。論理は一定の公準から出発して、かくあらざるをえない結論を系として導出する道具である。" 山川雄巳「政策研究の課題と方法」(1983)https://t.co/HvsbXyCtcH
「山川雄巳先生追悼講演」によると、山川先生は「システム論ニューズ」なる媒体で幼少期の頃を書かれているらしい。/CiNii 論文 -  山川先生の学問と業績 (山川雄巳先生追悼講演) https://t.co/YfdtpMtQEF #CiNii
業績目録にあって気がついたけれど、大嶽秀夫がインタビュアーとのこと。福岡ともみ述。/CiNii 図書 - 部落解放運動、新左翼からフェミニズムへ https://t.co/V9M0vsrrlH #CiNii
こちらの研究成果の書籍化でしょうか。/国際関係理論の日本的特徴に関する再検討―「輸入」と「独創」の観点から―https://t.co/DJSfRn0Xqt
"本研究では,採録論文数と被引用回数という2つの尺度によって,社会科学分野における重要な雑誌群である「コア・ジャーナル」を特定する"/CiNii 論文 -  採録論文数と被引用回数による社会科学分野のコア・ジャーナルの特定について https://t.co/j6Ag4FpTyp
RT @MValdegamas: 『官僚たちの夏』のクライマックスといえば、風越らが一心取り組む「産業振興法案」ですが、高橋和宏「池田政権期における貿易自由化とナショナリズム」『国際政治』170号(2012年)https://t.co/9jzjwYyE8U は、いわば「実録・官…
メモがわりにツイートしておきましょう。/CiNii 図書 - 知は力なり : 佐藤誠三郎ゼミの25年 https://t.co/Jfwjg4Cp5J #CiNii
読みました。学史という捉え方は、社会学の方が盛んで議論が進んでいて羨ましい。 https://t.co/t1RWLE96CE 政治学の学史は、政治思想史というジャンルと融合することが多いので…。
RT @ryusukematsuo: 齋藤圭介 [2015] 「戦後日本の社会学者の専攻分野の変遷――日本社会学会を対象にした定量的手法に基づく社会学史の試み」『年報社会学論集』28: 172-183 https://t.co/OXV8OBxx5n
所属が「御所」(The Imperial Residence)だという難解な概念を前にして、「所属とは……」と悩まされている。/CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/Y2ZxkuIcZs #CiNii
『放送大学30年史』を読んでいて、専任教員数は80~90人程度で推移しているのに、客員教授は900~1000人くらいで推移していて、うへえとなっている。 https://t.co/uqDSF0nJaQ #CiNii
RT @tsutsuka00: 杣正夫(1975-76)「生物学と政治学(Ⅰ・Ⅱ)」 https://t.co/n9dnOaone2 https://t.co/XIa4Y1ICg5 この時代の日本人政治学者で社会生物学の政治学的インパクトを受け止めていた人が存在していた。
RT @tsutsuka00: 杣正夫(1975-76)「生物学と政治学(Ⅰ・Ⅱ)」 https://t.co/n9dnOaone2 https://t.co/XIa4Y1ICg5 この時代の日本人政治学者で社会生物学の政治学的インパクトを受け止めていた人が存在していた。
安 世舟(2006)/CiNii 論文 -  近代日本における政治学の変遷 : 政治学の制度化を中心として https://t.co/5oeKgeNs3H #CiNii
…いや、封書だったのかもしれません。しかし、そう長くはないですよ、あの先生。6行くらいで何か書いてこられたのですけれどね。」(西尾・村松・大森・武藤「辻行政学を語る」)https://t.co/1d5mGx6xu1
RT @ttya70: 前田健太郎「事例研究における根本的な原因の発見」『国家学会雑誌』第129巻第1・2号、2016年2月。https://t.co/fVR4HpX1NR 2015年の比較政治学会の報告ペーパーを元にしたものだと思われます。
<資料>戦時下の同志社と私 : 田畑忍先生に聞く(一) https://t.co/njuWBdWYjh <資料>法学部史「戦後民主主義」と同志社大学の復興 : 田畑忍先生に聞く(二) https://t.co/Lztu4U9VT9
<資料>戦時下の同志社と私 : 田畑忍先生に聞く(一) https://t.co/njuWBdWYjh <資料>法学部史「戦後民主主義」と同志社大学の復興 : 田畑忍先生に聞く(二) https://t.co/Lztu4U9VT9
京極純一・高坂正堯・楠田実「佐藤栄作をどう評価するか」『文芸春秋』1975年8月https://t.co/fd5XpwhYIn この三人のつながりで鼎談もしてますね。
(「特別記事 フルブライト事業による日米交流」『文部科学時報』1544号、2004年11月)https://t.co/hJMXDDrlLc
丹羽功(2003)「戦後政治学における圧力団体研究(1)」https://t.co/cl1WCrLqyi "概要:1950年代の日本の政治学における利益集団についての研究動向を調査し、その研究上の特徴について考察した。"
斎藤眞は、法学部長になる前の5年間(1967年11月~72年12月)、在日合衆国教育委員会(フルブライト委員会)の日本側理事だったとの由。https://t.co/M0lxKe0Kl0
『回想の辻清明』(1993) https://t.co/psQVDtDb6O 目次はこちらに。https://t.co/U1wCmSiBg1
荒邦啓介(2014)「戦中の辻清明―明治憲法の割拠性を考える上での一視角―」https://t.co/bDUlOnEDU1
欲しいけど入手は不可能でしょうね。/CiNii 図書 - 東京大学新聞研究所25年小史 https://t.co/DuG31d9fSB #CiNii
RT @ryusukematsuo: CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉-高畠通敏と戦後日本 https://t.co/28dT3zUg9J #CiNii
土山實男(2013)「国際政治理論から見た日本のリアリスト ―永井陽之助、高坂正堯、そして若泉敬―」https://t.co/oGgNs736nz
ジョン・ダワー「日本を測る(上)英語圏における日本研究の歴史叙述」 https://t.co/85bRtyFNwN "政治学者として広く英語圏の読者にしられているのは、丸山真男、升味準之輔、岡義武、坂本義和、高坂正顕、猪口孝、村松岐夫、公文俊平、袖井林二郎、五十嵐武士、京極純一"
堀豊彦(1966)「日本政治学会の成立とその周辺」 https://t.co/ltVBE0I4H8 のちに『デモクラシーと抵抗権』所収。https://t.co/Cef9iuvKSx
篠原一先生が2004年のインタビューで「ダールは競争型デモクラシーの主唱者だったが、近年はミニ・ポピュラスやデリバレーションと言っていてすごい。しかし100%賛成はできない」と言っているのを読んで興味ひかれる。https://t.co/HKajebtS3L
渡部純(2008)「構造論的日本政治研究の系譜――公私領域の制度的編制をめぐって」https://t.co/BqnABEbnAF
@ustht @detti_don 横から失礼します。京大百年史に当時の記述がありました。1937年に武道場(現在の西部講堂)を西部構内に建てたとあります。 p.861 https://t.co/uBeBTDcwcI p.1131 https://t.co/kgyhrciRHZ
@ustht @detti_don 横から失礼します。京大百年史に当時の記述がありました。1937年に武道場(現在の西部講堂)を西部構内に建てたとあります。 p.861 https://t.co/uBeBTDcwcI p.1131 https://t.co/kgyhrciRHZ
森 正(2006)「『制度改革』の政治学――日本政治の変化をめぐる日本政治研究の展開」https://t.co/onAZmouEel
小林良彰(2011)「現実社会と研究者の責任」https://t.co/xrKmmxUVVC
小林良彰先生の選挙制度改革に関する論考を片端から読んでますが、「政治改革に関する諸問題」(1992)https://t.co/TacJTbeRPe …から「政治改革再考」(2012)https://t.co/X6MFMWfNXj …に至るまでまったくブレていません。
小林良彰先生の選挙制度改革に関する論考を片端から読んでますが、「政治改革に関する諸問題」(1992)https://t.co/TacJTbeRPe …から「政治改革再考」(2012)https://t.co/X6MFMWfNXj …に至るまでまったくブレていません。
いわゆる「大店法」が大きく話題になったのは日米構造協議(1989~90)だと思うんですが、当時院生だった建林正彦先生の「小売流通政策の形成過程--大型店規制政策の変遷と政治」(1991)はすごいタイムリーな論文だったわけですね。https://t.co/GOfauUw2LT
「改革提言の理論的根拠が明らかでないのである。……改革の提言を学問的に行おうとする場合には、何らかの因果関係についての仮説を明示することが不可欠なのではないだろうか」https://t.co/iEj4HYAKm0
内田満(1994)「アメリカ政治学における政治資金論の提起」 https://t.co/zPMyePJFQR #CiNii
佐々木先生のいう「大きな政治と小さな政治」とは一体なんだろうと思っていたら、こういう論文があるんですね。https://t.co/WLTMW8t8XU #CiNii
河崎 健(2010) 「政党研究における「カルテル政党」概念形成の分析--共著者カッツとメアの視点より」 https://t.co/OvAaNSTrOg
田中拓道(2009)「現代福祉国家研究における「政治」概念 : 1970年代以降の方法の変遷」https://t.co/uGinGUuDpa
RT @sunaharay: 方法論的個人主義と違うタイプだと,『政治学の第一歩』検討会でコメント頂いた,田中拓道先生のこの論文とかベースにした教科書なんて面白い気がするけどどうだろう。/ 現代福祉国家研究における「政治」概念 : 1970年代以降の方法の変遷 https://…
足利 美智也(2003)日本人による海外留学の歴史的素描 https://t.co/OUKYIFFG0C
京極純一(2000)「私の来た道 (前編)単独行の政治学」 https://t.co/8u1gDDvGnp "今では笑い話になりますが、こんな経験がありました。あるとき…「〔東大法学部の〕政治コースの学生がいかにも少ない。本来ならもっと多いはずである。…"
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  比較政治学における歴史的制度論・比較歴史分析の着想の発展 : 科学哲学的基礎の模索から論理学的基礎の探求へ https://t.co/Npj1lFqHUw #CiNii
松本 昌子(1982)日本におけるドストエフスキー受容と「研究」https://t.co/DgRoyeFwoc 「素人」のドフトエフスキー「研究」を取り上げたもの。大学闘争期は、日本での何度目かのドフトエフスキー・ブームだったもよう。
北山俊哉「書評 武藤博己『道路行政』」、『年報行政研究』2010年。https://t.co/JQMMonjNmr 大嶽秀夫と対比的に論じられている。
京大法学部の歴史を追っていたらどうしても滝川事件の影響にぶつかるのだけど、あの事件、辞職した教員は立命館の移籍したり、後に京大に復帰したりしてたんだね。/松尾(2004)「滝川事件以後」https://t.co/69Mu0VOpi3
大嶽秀夫(1995)/CiNii 図書 - 戦後経済体制についての解釈の変遷 : 流通業と日本異質論 https://t.co/aOGWPTDShJ #CiNii
CiNii 論文 -  ストリートレベル官僚制論の見直し (野嶌一郎教授退職記念論文集) https://t.co/q7UoUgMSdD #CiNii
「第一線職員」というタームが大嶽の中で出てくるのは、「鳩山・岸時代における『小さい政府』論」(1991)https://t.co/U8EVsuPoHiが最初だと思う。ストリート官僚論の影響がここにも。
佐藤信(2012)http://t.co/eq46599Sjt "御厨研究室の先輩たちと「『朝日ジャーナル』を読む会」(朝ジャ会)という勉強会をやっていたんです。かつて朝日新聞社から発行されていた週刊誌「朝日ジャーナル」を読んで、60年代について考察するのがテーマでした。"渋い

お気に入り一覧(最新100件)

拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u

2 0 0 0 OA I 歴史研究

日本国際政治学会創立20周年記念事業である「戦後日本の国際政治学」(『国際政治』61・62合併号、1979年)の「歴史研究」の項を読んでいたら、「日英関係史専門の英国人研究者ニッシュの日英同盟の著作は邦訳中」(p.8)とありました。https://t.co/a3jzsZQV2P
加藤節 [2017] 「戦後日本の政治学と先住民問題――反省をこめて」『北大法学論集』67(6): 250-245 https://t.co/t1Q6OcE2JL
河野勝 [2016] 「政治学における実験研究」『早稻田政治經濟學雜誌』391: 7-16 https://t.co/sj7zoMQTjX リポジトリからDL可能.
これは面白そう。PDFだダウンロードできます。> 『19世紀の日本におけるナイチンゲール伝 : 明治期国定修身教科書におけるナイチンゲール像分析のための予備的考察』 https://t.co/EEyNuamUgx
Hamm-Brücher氏逝去。ご存命だったとは知らず。初代大統領ホイスの評伝が日本語訳されている。https://t.co/naFMWyrn21 https://t.co/2JTVQ4WuoH
いまこそこちらが参照されるべき。 森脇江介「科学研究費交付金制度と基礎研究振興論:科学振興調査会と帝国議会における議論を通じて」(特集 戦前・戦中期における学術支援体制の形成) https://t.co/UG9CdJlqyS
最近の憲法をめぐるあれこれというと、若干変化球ですが森田吉彦「高坂正堯の憲法観―積極的な改憲論への転回はいかになされたのか」『Voice』2016年7月号 https://t.co/Bkk2cllSxl がおもしろうございました。
渡辺雅男「書評:新川敏光著『福祉国家変革の理路』」『季刊社会保障研究』51巻1号、2015年、を読む。同書を読み直す時の手がかりを与えてくれる。https://t.co/GbGs76kaO1
CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉-高畠通敏と戦後日本 https://t.co/28dT3zUg9J #CiNii
こちらも同じ著者のもの。結構ストレートに政策規範として功利主義へのシンパシーを示している。 政策の基礎付けについて : 政策当局者のための倫理学序説(前編) https://t.co/D4Ifbjmq8K
面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
続きが刊行されたようですね。すでにWeb上でも読めるようです。本格的なグローバル正義&方法論論文で、完結まで楽しみですね。 CiNii 論文 -  グローバルな正義論における「現実」の意味(2) : 制度主義を中心に https://t.co/sEtm7KYpaF #CiNii
そうなのかと思っていたら、永井が『思想』の書評論文で京極『日本の政治』を激賞していたのを酒井哲哉先生の論文で知り、色々な接点を感じたものでした。https://t.co/3I7CbD0zGp
CiNii 論文 -  比較政治学における歴史的制度論・比較歴史分析の着想の発展 : 科学哲学的基礎の模索から論理学的基礎の探求へ https://t.co/Npj1lFqHUw #CiNii
ところでその大学紹介を書いた故内山先生は中国人留学生向けの私塾を晩年経営されていたことで知られますが、紀要でそのことを書いている人もいるのですね。https://t.co/nS04G7PHzt こんな記事もあります。https://t.co/pluEXn8MLB
あ、これ読んでみたいなと思ったら、PDFでてきた。 ⇒一瀬敏弘「警察官僚の昇進構造 : 警察庁のキャリアデータに基づく実証分析」『日本労働研究雑誌』55(8), 2013-08 http://t.co/eyzJvyMWcW PDF http://t.co/PkxtpUtVOa
【京大新聞をKURENAIで】 京都大学新聞が京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)で読めるようになりました。現在、1925年の創刊第1号、第2号が公開中です。掲載号はこれから順次増えていきますので、ご期待ください!こちらから→http://t.co/pxc7cJ0fVj
酒井哲哉「「9条=安保体制」の終焉」http://t.co/jDrSiLsJ8i は自分の戦後日本外交観を形作る意味で決定的な論文の一つだが初めて読んだ時から数年前までは、ここで触れられていることではたして「終焉」なのか引っかかっていたのだが、今は「終焉の始まり」だと思っている。
【フェミニズム】「「美」を論じるフェミニズムの課題 : 二元論的思考を超えて」F-GENSジャーナル 4巻 P.61-67 (2005) お茶の水女子大学21世紀COEプログラムジェンダー研究のフロンティア http://t.co/GX8v9bbzWq [PDFリポジトリ]
RTした原彬久・大嶽秀夫・御厨貴「オーラルヒストリー鼎談」『年報政治学2004』はJ-STAGEにPDFが上がっている→http://t.co/sOT8EP2z4L というわけでこれから久しぶりに読みます。
「軍事合理性信仰」という話でちょっとずれるのですが、この辺に関して自分の中で印象的なものとして、佐道明広『戦後日本の防衛と政治』(http://t.co/mEWMtJp2hp)の植村秀樹先生による書評があったりします。http://t.co/bbruKAnCBA
【TG/TV】水野 麗「「男の娘」好きの男の子についての考察 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5巻 P.31-45 (2011) 「少女」文化研究会 http://t.co/QIpsr3XyWq

フォロー(189ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
RT @Johannes0908: 温水洗浄便座のノズルで穿孔し経肛門的小腸脱出をきたした直腸脱の1例  https://t.co/AfOlEqJfHB マジかよ、わけわからん……お食事中の方はご注意ください
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/xbQ9MwoZzI
RT @takumi_itabashi: 高橋信行「ルドルフ・スメント:「統合理論」事始め」『書斎の窓』2013.5月号(No.624) https://t.co/Wc1TlXGnkO
高橋信行「ルドルフ・スメント:「統合理論」事始め」『書斎の窓』2013.5月号(No.624) https://t.co/Wc1TlXGnkO
「時代」の章は、法制史学会の「シンポジウム 法学における歴史的思考の意味」( https://t.co/S8LLUzKoho )での樋口陽一さんのご報告と読み合わせると面白いのではないかと。 https://t.co/KxOxOtY7Xc
RT @kasamashoinRS: 森本 浩雅 -  翻刻『法明童子虵害遁帝位ニ至物語』(1) https://t.co/TGLUvPR46L
RT @kasamashoinRS: ニホンザリガニの博物学的知見VIII―江戸時代の浮世絵に描かれたニホンザリガニ― https://t.co/agxxMrIuZN
この博論の書籍化だな。要旨PDFあり。 丸亀裕司「公職選挙に見るローマ帝政成立」(2015) https://t.co/HpPT0i1Y39
RT @Ayukawa_Reiji: こっちはハッピーサイエンスユニバーシティの学生(仮)だけだwwwwwwwwwwwwwwwwwww https://t.co/ClvJvxs72M
RT @Ayukawa_Reiji: J-STAGEにwwwwwwwwwwハッピーサイエンスユニバーシティのwwwwwwwwwwwww学生(仮)のwwwwwwwwwwwwww論文がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww載ってるwwwwwwwwwwwwwwww htt…

フォロワー(642ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【異性装/TG/TV】渡辺恒夫「454 異性装 : 300人の実態調査(1)」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.488-489 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/V1gGfHGGzf [PDF]
【GID/臨床】永井 敦「岡山大学医学部ジェンダークリニックにおける性同一性障害患者415名の解析」小児泌尿会誌 13巻 pp.32-36 (2004) https://t.co/Yj5lmz57Zc
井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co/WsnyLtcWAX
【ジェンダー】天羽大平ほか「337 男らしさ・女らしさと指運動の発達に関する研究 : 大脳の機能仮説を媒介として」日本教育心理学会総会発表論文集 26号 P.290-291 (1984-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/q72ATFRaK8 [PDF]
【GID/人権】「人権相談室(13) 性同一性障害に関する人権問題」人権のひろば 6巻5号 pp.28-30 (2004-01) 人権擁護協力会 https://t.co/ht3SPvE6CH
【性役割/性的ラベリング】小倉千加子「247 感情の性別ラベリングに現われた5オ児の性役割ステレオタイプ」日本教育心理学会総会発表論文集 26号 P.110-111 (1984-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/uvENyh0ZWA [PDF]
【GID】塚田 攻「性同一性障害 (性の相談--健康なセックスを求めて) -- (現代社会としての性の相談)」現代のエスプリ 438号 pp.159-167 (2004-01) 至文堂 https://t.co/KjUzzyT09Z
【性的ラベリング】増田公男ほか「313 幼児の遊び行動に及ぼす性的ラベリングの効果(III)」日本教育心理学会総会発表論文集 26号 P.242-243 (1984-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/hi4s0D7hR9 [PDF]
【GID/家族/ルポルタージュ】佐藤万作子「ルポ・「性同一性障害」に揺れた大熊さん一家 「父」はこうして「母」になった」婦人公論 89巻2号 pp.60-63 (2004-01-22) 中央公論新社 https://t.co/4havcVAkhY
【性役割】伊藤裕子「453 性役割期待にみる男性性・女性性の内容とその構造」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.486-487 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/1xHuXPae1e [PDF]
【GID】粟野仁雄「ダカーポ・ノンフィクション(10) 「男」になった競艇選手、「女」になったおとん…… カミングアウトしはじめた「性同一性障害」の人たち」ダカーポ 24巻3号 pp.102-113 (2004) マガジンハウス https://t.co/6pp3qBx8vB
【総合】佐々木 薫「507 偏見の形成過程に関する実験的研究」日本教育心理学会総会発表論文集 27号 P.502-503 (1985-08-20) 日本教育心理学会 https://t.co/B5H7CrfJnl [PDF]
【GID/性的交渉】北原みのり「とまどい、驚き、揺らぎ……性同一性障害の彼と探す新しい快感 (特集 心と体を満たすセックスって?)」婦人公論 89巻4号 pp.38-41 (2004-02-22) 中央公論新社 https://t.co/IV4xnVE5o6
【GID】中村美亜ほか「性のヘルスプロモーション(8)インタビュー 性同一性障害」公衆衛生 70巻6号 P.477-482 (2006-06) 医学書院 https://t.co/SFdOHXjVR1
【GID/法学/労働法/解雇】永野仁美「労働判例研究 第1004回(1084) 性同一性障害を持つ者に対する懲戒解雇の適法性 : S社事件」ジュリスト 1263号 pp.189-192 (2004-03-01) 有斐閣 https://t.co/P4TXvjzX1H
【gender/ヘテロセクシズム】堀江有里「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第56回)異性愛主義について考えること」ヒューマンライツ 287号 P.40-45 (2012-02) 部落解放・人権研究所 https://t.co/v81MyqnXoq
【GID/性別二元論/性教育】山内俊雄「性同一性障害から何を学ぶか : ジェンダー、性二分法への示唆 (特集 性教育はこれでよいか)」教育と医学 51巻8号 pp.759-766 (2003-08) 慶應義塾大学出版会 https://t.co/EYwQ98wNy5
【クィア/キリスト教】堀江有里「コミュニティ形成の困難と可能性 : キリスト教におけるクィア・アクティヴィズムの実践から」Cultures/critiques (臨増) P.119-138 (2012-03) 国際日本学研究会 https://t.co/OpZb9i8P1R
【GID/特例法】「話題レポート 「性同一性障害法」が成立でも残る課題 : 数千人が「疾患」に悩む中」月刊テーミス 12巻8号 pp.104-105 (2003-08) テーミス https://t.co/rOu4rMsEV4
【L/キリスト教】堀江有里「レズビアンの不可視性 : 日本基督教団を事例として」解放社会学研究 18号 P.39-60 (2004) 日本解放社会学会 https://t.co/EK6sYwp7LS
【GID/法学/労働法/裁判例】清水弥生「判例解説(2) 性同一性障害者による別性容姿での就労申出と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件」労働判例 849号 pp.14-22 (2003-08-01) 産労総合研究所 https://t.co/3CwjrMbD3Q
【GID/LGBT】堀江有里「性的少数者の身体と国家の承認 : 「性同一性障害・特例法」をめぐって」解放社会学研究 21号 P.43-61 (2007) 日本解放社会学会 https://t.co/oXReSMvWRT
【GID/法学】星野一正「民主化の法理 / 医療の場合(99) 性同一性障害者の性別取扱い特例の法制化に成功」時の法令 1696号 pp.60-65 (2003-08-30) 国立印刷局 https://t.co/LvIxPckJFE
【LG】堀江有里「「受容」を求める運動戦略への批判的考察 : カナダ合同教会における同性愛者の運動を手がかりに」女性学評論 24巻 P.75-98 (2010-03) 神戸女学院大学 https://t.co/HyJKOjj4DE [PDF]
【GID/特例法/法学】「ロー・フォーラム 立法の話題 戸籍の性別記載の変更が可能に : 性同一性障害者特例法の成立」法学セミナー 48巻9号 pp.125 (2003-09) 日本評論社 https://t.co/IDGVa93V7n
【Gender】吉田光宏「トランズナショナルなコンテクストで構築されるジェンダー・アイデンティティの力学」神田外語大学紀要 21巻 P.61-97 (2009-03) 神田外語大学 https://t.co/1ETcgecnZG [PDF]
【GID/特例法】「法律解説 司法・法務 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 平成15年7月16日法律第111号」法令解説資料総覧 260号 pp.61-63 (2003-09) 第一法規 https://t.co/S7ComhD1Bf
【GID】家庭問題情報センター「ファミリーカウンセラーの窓から(52) 性同一性障害の周辺を生きる苦しさ : 女生徒の制服はどうしてスカートだけ?」住民行政の窓 254号 pp.87-90 (2003-09) 日本加除出版 https://t.co/nQtdKmGNz6
【GID/特例法】針間克己「性同一性障害の現状と特例法」日本医師会雑誌 130巻5号 pp.754-758 (2003-09-01) 日本医師会 https://t.co/7Okxx5EImY
【gender/A/文学】本合 陽「Howard Overing SturgisのTimとBelchamberにおけるアセクシュアリティ」東京女子大学紀要論集 58巻1号 P.115-138 (2007) 東京女子大学 https://t.co/PA6DhrbzK7 [PDF]
【GID/特例法】田原 牧「リレー連載「逆風に立つ」(1) 見失ったプライドと寛容性 : 「性同一性障害特例法」批判」情況 第三期 4巻9号 pp.194-200 (2003-10) 情況出版 https://t.co/oEtEiC7EbJ
RT @hatano1113: 鳩山由紀夫元首相の1979年の論文。セイバーメトリクスへの貢献は大。四球は単打0.83本分,本塁打は単打2.25本分に相当などの興味深い知見も。鳩山(1979)「野球のOR」『オペレーションズ・リサーチ』24(4):203-212 https:/…
【A】柿沼賢治ほか「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)の概念の可能性 : Aセクシャル論文のレビュー」聖マリアンナ医学研究誌 11巻86号 P.21-25 (2011) 聖マリアンナ医学研究所 https://t.co/TFveAfVWqT
【GID/法学】大村 敦志「KEY WORD 性同一性障害」法学教室 278号 pp.2-3 (2003-11) 有斐閣 https://t.co/qdEfkL93zY
RT @KentSalvus: @mirailist リンクを貼るのを忘れていました。 杉山登志郎(2014)「発達障害から発達凸凹へ」,『小児耳鼻咽喉科』35(3), pp. 179-184, 日本小児耳鼻咽喉科学会 https://t.co/vuuKF5hK8b http…
【A】染谷泰代「女ふたりという関係 : 『子供の時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論」女性学年報 25号 P.1-19 (2004) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/NZdR5BzxbR
【資料】【GID】「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の公布等について(通知)」家庭裁判月報 55巻11号 pp.223-227 (2003-11) 最高裁判所 https://t.co/mBR0VOVMF6
【性自認/性成熟/教育】「性自認と性成熟 : 小学校における指導 (男女性成熟の学校保健<特集>)」学校保健研究 30巻10号 P.461-465 (1988-10) 日本学校保健学会 https://t.co/WTf1qsDFRK
【GID】木下勝之ほか「性同一性障害の取り扱い (特集 明日の卵巣機能の臨床を探る : TBM(理論)とEBM(実効)から)」産婦人科治療 87巻5号 pp.567-575 (2003-11) 永井書店 https://t.co/YF7iEPoxCW
【Gender/性教育】佐藤年明「思春期の性教育における男女別学習と男女合同学習の意味 : 日本とスウェーデンの実践事例にもとづいて」三重大学教育学部研究紀要 57巻 P.171-183 三重大学教育学部 https://t.co/XReUuSZ5dA [PDFリポジトリ]
【GID】岸本佳子ほか「性同一性障害(GID) 121症例の臨床解析(第117群 その他2)」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 (2003-02-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/o7hmbbfrzk [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における性自認のメカニズム(保育者・幼児間関係編) : 幼稚園3歳児クラスの観察から」日本性研究会議会報 18巻1号 P.21-39 (2006-11) 日本性教育協会 https://t.co/Kvv0rZYn20
【GID/TS/MtF】佐々木愛子ほか「Male to Female Transsexuals(性同一性障害)のホルモン療法の検討」日本産科婦人科學會雜誌 55巻2号 p.397 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/0gx3WdHlOa [PDF定額]
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する実証的研究 : 幼稚園における集団経験と幼児の性自認時期との関係」教育社会学研究 79巻 P.105-125 (2006-12-10) 日本教育社会学会 https://t.co/ceXwb1AVog [PDF]
【GID/臨床/症例】中塚幹也ほか「臨床研究 岡山大学ジェンダークリニックにおける性同一性障害121症例の検討」産科と婦人科 70巻3号 pp.368-373 (2003-03) 診断と治療社 https://t.co/Q8zw5T8SNx
【性自認】大滝世津子「幼児の「性自認時期」と「対人スタンス」との関係 : 幼稚園3歳児クラスの観察から」東京大学大学院教育学研究科紀要 46巻 P.131-144 (2007-03-10) 東京大学 https://t.co/MLBzYpF5iy [PDF]
【GID/労働法/解雇】小畑史子「最新労働基準判例解説(37) 性同一性障害と企業秩序 : S社(性同一性障害者解雇)事件(東京地決平成14.6.20)」労働基準 55巻3号 pp.18-23 (2003-03) 日本労務研究会 https://t.co/N1CsUnmwNb
【性自認】大滝世津子「2.幼児同士の集団と幼児の性自認メカニズムの関係」日本教育社会学会大会発表要旨集録 58号 P.263-264 (2006-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/sNrXUCbCwu [PDF]
【GID/女声】櫻庭京子ほか「女声と聴取された性同一性障害者(MtF)の音声の音響分析」日本音響学会研究発表会講演論文集 2003巻1号 pp.449-450 (2003-03-18) https://t.co/47L2lAx9XL
【性自認】大滝世津子「1.集団における「幼児の性自認メカニズム」と「男女間の上下関係形成過程」の関係に関する研究」日本教育社会学会大会発表要旨集録 60号 P.19-20 (2008-09-19) 日本教育社会学会 https://t.co/5vSor8LRX8 [PDF]
【GID】原科孝雄「性同一性障害」医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 52巻4号 p.289 (2003-04-25) https://t.co/KdvqGDmISI
【性自認】大滝世津子「集団における幼児の性自認メカニズムに関する研究 : 幼稚園3歳児クラスにおける総合的分析から」日本教育社会学会大会発表要旨集録 59号 P.91-92 (2007-09-22) 日本教育社会学会 https://t.co/SOTe40pij9 [PDF]
【GID/解雇/労働法/裁判例】新谷眞人「性同一性障害者に対する懲戒解雇の正当性--S社事件・東京地裁決定の研究(平成14.6.20)」労働法律旬報 1553号 pp.22-25 (2003-06) 旬報社 https://t.co/28H8rNGcYt
【Gender/BL】ジェシカ 杉本 バウエンス「アクション映画にみるドッペルゲンガーとマッチョの自己愛 : BL愛好家の視点から (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.65-72 「少女」文化研究会 https://t.co/I9as1zLFpm
【GID】長根裕介ほか「症例 性同一性障害による自己去勢」臨床泌尿器科 57巻7号 pp.529-531 (2003-06) 医学書院 https://t.co/74w98GL9Tu
RT @kotatsu_mi: CiNii 論文 -  自閉スペクトラム症の方言不使用についての解釈 : 言語習得から方言と共通語の使い分けまで https://t.co/VDqol8l1gM
【Gender】増田のぞみ「「少年」文化との遭遇 : 男女別遊・別玩具の謎 (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.23-30 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/zfimv2IdvT
【GID/戸籍/ルポルタージュ】石井政之「ルポ なぜ日本では「戸籍の性」を変えられないのか (性同一性障害--当事者たちの闘い)」 婦人公論 88巻12号 pp.136-139 (2003-06-22) 中央公論新社 https://t.co/JQxJQmlSBT
【Gender】大戸朋子「男性向け恋愛シミュレーションゲームと女性プレイヤー : 「ここ」と「そこ」をめぐって (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.8-13 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/khEnLehRLE
【GID/人権】虎井 まさ衛「希望と人権の海へ漕ぎ出そう : 性同一性障害への理解の輪を広めるために」部落解放 520号 pp.82-89 (2003-07) 解放出版社 https://t.co/IU1AzyofwN
RT @sake_hitsuji: なぜ靴べらがそんなところに? https://t.co/sn4ja6u7oy https://t.co/Gzl6proeAY
RT @uranus_2: 聴取者の性別や年齢にかかわらず,助詞や語尾のF0を下降させた発話がより「STとしての専門職らしさ」が高いと評定された⇒語尾上げ・助詞上げ発話の「STとしての専門職らしさ」の印象への影響 https://t.co/njtuKmHNti
【Gender】西原麻里「男の子の趣味で遊ぶわたし、だいじょうぶ? (特集 趣味のクロスジェンダー)」年報『少女』文化研究 5号 P.20-22 (2011) 「少女」文化研究会 https://t.co/ChxCB2KdsT
【GID】山内俊雄「性の多様性 : 性同一性障害から考える (特集 こころとからだのエコロジー)」談 68号 pp.47-70 (2003) たばこ総合研究センター https://t.co/YBhSp5AC2a
【L/Coming out】山本歩美「カミングアウトから見る思春期・青年期の女性同性愛者の葛藤」年報人間関係学 14号 P.45-68 (2011-12) 京都光華女子大学人間関係学会 https://t.co/7rfFzBWHpq
【GID/特例法】針間克己「時評 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」をめぐって」心と社会 34巻4号 pp.44-49 (2003) 日本精神衛生会 https://t.co/rQPGDlmAir
【LGB/人権】タン ルイ=ジョルジュ「ルイ=ジョルジュ・タン氏講演会 同性愛と人権の問い」異文化 13号 P.4-34 (2012) 法政大学国際文化学部 https://t.co/a9oXrx1Qx6 [PDFリポジトリ]
【GID/ジェンダー/特例法】筒井真樹子「消し去られたジェンダーの視点 : 「性同一性障害特例法」の問題点」インパクション 137号 pp.174-181 (2003) インパクト出版会 https://t.co/b6SOF6582m
【LGB/法】谷口洋幸「判例紹介 同性愛嫌悪と表現の自由 : Vejdeland対スウェーデン事件[ヨーロッパ人権裁判所2012.2.9判決]」国際人権 : 国際人権法学会報 23号 P.131-133 (2012) 国際人権法学会 https://t.co/FRgTtgh9XD
【GID】梅宮新偉「輪状甲状軟骨接近術による声の女性化がもたらすmale to female性同一性障害transsexualの心理面における経時的変化」研究紀要 35巻 pp.63-68 (2003) 福島学院大学 https://t.co/afnWCbb6Lj
【LGB】則武立樹「欧州人権裁判所における性的マイノリティ事例の現状と課題 : 同性愛者の家族関係の維持・形成の問題を中心に」阪大法学 61巻6号 P.1401-1430 (2012-03) 大阪大学大学院法学研究科 https://t.co/R4OiKHiUpt
【GID】石原 理「性同一性障害 : とくに思春期における問題点」臨婦産 57巻 pp.1206-1209 (2003) https://t.co/DsFs8mGigG
【LGB】宮腰辰男「セクシャルマイノリティを生きるということ : 同性愛者がセクシュアリティを受け入れるプロセス」大正大学カウンセリング研究所紀要 35号 P.63-77 (2012-03) 大正大学出版部 https://t.co/BgMzAoZy4L
【GID/医療費/ホルモン療法】赤堀洋一郎「性同一性障害症例の医療費の現状 : ホルモン療法を中心に」臨床婦人科産科 57巻10号 pp.1335-1341 (2003) https://t.co/Hs8yCJUFG2
【L】松葉志穂「近代日本における職業婦人同士の心中と同性愛 : 1920~30年代を中心に」大阪大学日本学報 31号 P.111-129 (2012-03) 大阪大学大学院文学研究科日本学研究室 https://t.co/uSNu7EA604
【GID】畑田倫宏「西日本における性同一性障害患者の現状」西日泌尿 65巻 p.146 (2003) https://t.co/1DFNaBr5aF
【LG】山本章加ほか「パーソナリティとイメージが同性愛者に対する態度に与える影響」徳島文理大学研究紀要 84巻 P.85-91 (2012-09) 徳島文理大学 https://t.co/gZQ3T1gkPl [PDF]
【GID/ホルモン療法】谷澤晶子「性同一性障害のホルモン療法」埼玉医会誌 37巻 pp.634-639 (2003) https://t.co/Uo87KQ2GBv
【LG】永野 靖「未だ、無理解、偏見に晒されている同性愛者 (特集 マイノリティとマジョリティの共生を目指して)」法と民主主義 473号 P.28-33 (2012-11) 日本民主法律家協会 https://t.co/P5W5cLludT
【LGB】吉田右子ほか「アメリカ図書館協会における同性愛差別法反対運動 : 図書館専門職の社会的責任」図書館界 64巻5号 P.328-340 (2013-01) 日本図書館研究会 https://t.co/UZlmNLIDjb
【GID/MtF/婚姻/家族/家族関係】梅宮新偉「性同一性障害と家族関係 : 特に既婚 Male to Female/GID(遅発中核群)の夫婦関係の考察」研究紀要 34巻 pp.111-124 (2002) 福島学院短期大学 https://t.co/Zf2R2a6yz4
【TG/Feminism】野宮亜紀「わたしとフェミニズムのあいだ・トランスジェンダーの視点とフェミニズム」インパクション 117号 P.70-73 (2000-01) インパクト出版会 https://t.co/t4SebZ5PUD
“労働市場の制度的調整及び市場的調整(…)がマクロ経済システムに対して安定的に作用するかどうかは,賃金主導型成長及び利潤主導型成長という成長レジームの違いによって異なることが明らかになった。” / “CiNii 論文 -  …” https://t.co/dqideAk0PT
【GID】日本精神神経学会「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第2版)」精神神経学雑誌 104巻7号 pp.618-632 (2002) 日本精神神経学会 https://t.co/cXfMEdUGJ1
【TG】森野ほのほ「手をつなぎはじめたトランスジェンダーたち」創 29巻10号 P.144-147 (1999-11) 創出版 https://t.co/is5LyHRNoL
【GID/TS/MtF/ホルモン療法】菊池由加子「Male to Female Transsexuals (性同一性障害) のホルモン療法の現状」臨床婦人科産科 56巻8号 pp.1030-1035 (2002) https://t.co/LNpD97bVPC
【Feminism/TG】ウィーンリーハ サスキア[著]ほか「〈研究会報告〉女性のエンパワーメントとトランスジェンダーの問題 : 理論的考察」環太平洋女性学研究会会報Rim 1巻1号 P.79-93 (1999-03) 城西大学 https://t.co/mBgI8MIvoK
【GID】福井 敏ほか「性同一性障害(G.I.D.)にみる依存性について」福岡大学医学紀要 29巻1号 pp.29-36 (2002-03) 福岡大学研究推進部 https://t.co/K3mqZwQr9F
【Gender-Free】國信潤子「<時の話題> ジェンダー・フリーな生き方 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.34-35 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/FzcOfdptC0
【GID】黒柳俊恭「思春期前後の性同一性障害の治療を中心に」思春期学 20巻2号 pp.235-241 (2002-06-25) https://t.co/3OwCqNSIBL
【Gender】黒木まり子「<時の話題> 女性だけの分野が危機 : 男性の美容・ファッションの傾向 (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.36-37 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/oI2SmD7ZaG
【GID/SRS】井口裕樹ほか「性同一性障害患者に対する性別適合手術」日本性機能学会雑誌 17巻2号 pp.178-179 (2002-08-02) https://t.co/tzXGMlJATT
RT @takumi_itabashi: 高橋信行「ルドルフ・スメント:「統合理論」事始め」『書斎の窓』2013.5月号(No.624) https://t.co/Wc1TlXGnkO
【ジェンダーバイアス】佐渡眞紀子「<時の話題> 犯罪報道におけるジェンダーバイアス (トランスジェンダー)」三田評論 999巻 P.38-39 (1998-02-01) 慶應義塾大学 https://t.co/jgon7w2PrD
【GID/生物学的性/MRI】河村洋子「性同一性障害者におけるホルモン療法がMRI正中矢状断の脳梁主軸方位に与える影響」生体・生理工学シンポジウム論文集 17巻 pp.323-324 (2002-09-09) https://t.co/KjNic0mq0L
RT @takumi_itabashi: 高橋信行「ルドルフ・スメント:「統合理論」事始め」『書斎の窓』2013.5月号(No.624) https://t.co/Wc1TlXGnkO