朝守飛阿弥 (@heero108)

投稿一覧(最新100件)

RT @takumi_itabashi: 【メモ】杵淵文夫(2017)「世紀転換期における中欧経済圏構想の思想的背景」『ヨーロッパ文化史研究(東北学院大学)』18: 159-180. ドイツの経済学者ヴァルタースハウゼンとヴォルフの構想を検討し、両者を比較した論文。 https…
RT @takumi_itabashi: 日本では5月8日が終わる頃かと思いますが、ここで昨年刊行された近藤潤三先生のご論考をどうぞ。最近の近藤先生の日独比較研究は要注目です。「戦後史のなかの5月8日と8月15日:日独比較の視点から」『愛知大学法学部法経論集』(207)http…
高野清弘「書評 ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳」『甲南法学』57巻1/2号(2016年)47-143頁。 https://t.co/9E6TFfA1yd結論で「ホッブズの政治学は人間の学であり、「野性の王国」の話ではない」(136頁)という、時宜にかなう一文が。
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
エルンスト・ノルテ(別所良美訳)「『歴史家論争』とはドイツだけの問題だろうか?」『名古屋市立大学人文社会学部研究紀要』4号(1998年)171-182頁。 https://t.co/ogadkmqkak ノルテが1997年10月18日に名古屋市立大学でおこなった講演の翻訳らしい。
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
RT @takumi_itabashi: イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義については、日本語だと高橋進先生の文献かな。たとえば、高橋進(2012)「イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義・人種主義(1)」『龍谷法学』44(4)。機関リポジトリからDL可能。https://t.co…
伊豆田俊輔「東ドイツの「文化同盟」(1945-1958):知識人たちの自発性をめぐって」博士論文(要約)東京大学、2014年。 https://t.co/ayi1QoO8kZ東独の「知識人たちは権力といかなる関係を結んだのか。また彼らは一体どのような理念に関与していたのだろうか」
西条昇/木内英太/植田康孝「アイドルが生息する「現実空間」と「仮想空間」の二重構造:「キャラクター」と「偶像」の合致と乖離」『江戸川大学紀要』26号(2016年)199-258頁。https://t.co/CRH5Y8ctiM総計269もの註に支えられた、完全にファン目線の結論。
上村直己「佐々友房と独逸学:熊本独学史より」『熊本学園大学論集『総合科学』』20巻2号(2015年)59-75頁。 https://t.co/ovfvhURE1K 「ベルリンでドイツ大学生の風習である決闘を実見し…決闘は野蛮なものではなく、武士道にも適うものと見て、讃美した。」
阿南大「ハプスブルク君主国における「中欧」地域概念の形成史(1648-1918):複合国家像と国制改革案における「二元的二元主義」の刻印」『東洋学園大学紀要』23号(2016年)55-69頁。 https://t.co/tUlpbf3SHW 「立場に応じた「中欧 」概念の多義性」
布施将夫「軍事と鉄道をめぐる思想的伝播:19世紀後半のドイツから日本へ」『研究論叢(国際言語平和研究所)』85号(2015年)115-130頁。 https://t.co/o092gRohXu 「明治期以降の日本陸軍がドイツの軍事学を本当に受容していったのかについて検討する。」
柳原伸洋「日本・ドイツの空襲と「ポピュラー・カルチャー」を考えるために:『君の名は』『ガラスのうさぎ』『ドレスデン』などを例に」『マス・コミュニケーション研究』88号(2016年)35-53頁。 https://t.co/AsNbdAOJlw 「空襲を識ることはできるのか」
今野元「エルンスト・ルドルフ・フーバーと「国制史」研究(1)」 『紀要 地域研究・国際学編(愛知県立大学)』48号(2016年)61-84頁。https://t.co/cMqxbyHlWx「フーバーの生涯を概観し、次いで彼のナショナリズム研究を概観し、最後にその学問的意義を診断」
大原俊一郎「ドイツ国際政治史学の歴史的文脈と思想:反覇権から秩序形成へ」『亜細亜法学』50巻2号(2016年)159-188頁。 https://t.co/cLoGU90BYe 「従来のドイツ語圏の国際政治にまつわる学術研究を「国際政治史学」として再構成」し、その意義を問う試み。
金ヨンロン「1929年、治安体制と文学テクスト:井伏鱒二『谷間』を中心に」『言語情報科学』14号(2016年)139-151頁。 https://t.co/63YDmIlwFv「二重の「私」を設定することで作中人物のみならず書き手をも統御する暴力そのものをテクスト上に現象させる」
西川先生がノルテの"Faschismus in seiner Epoche"を「正直の話、途中でほうり出したくなる程に難解」と評していた。「ファシズム研究の問題点:国際ファシズム研究の紹介を中心に」『史論』 18集(1967年)9頁。https://t.co/z6XS6m2AJL
RT @DeutschRussisch: 【研究動向:独露関係②】 「ハルビンのロシア・ドイツ人難民――マイノリティの生活と再移住 研究課題」(2016-19) https://t.co/szg552ymdQ
RT @DeutschRussisch: 【研究動向:独露関係②】 「両大戦間のドイツにおけるゲルマンとスラブの文化接触とその歴史的意義 研究課題」(2003-05) https://t.co/EUXJ5SqVqI
RT @DeutschRussisch: 【研究動向:独露関係①】 「戦間期ヨーロッパにおける内戦と義勇軍運動の経験史的研究:独露間の往還関係を中心に」(2014-17) https://t.co/vVzT8DzGMK
RT @tfuke: 小野寺拓也さんの書評はこちら。https://t.co/soPsA6DrDp また、本書に関する目次など詳細情報は共和国のサイトをご参照ください。https://t.co/MDU0XeZNrx
日高由貴「書評:名ざしと名づけのあわいで―あらたな関係性を紡ぐ場所としての言葉(茶園敏美『パンパンとは誰なのか―キャッチという占領期の性暴力とGIとの親密性』書評)」 『大阪大学日本学報』35号(2016年)267-274頁 https://t.co/PrsolmPHRm
足立芳宏「「静かな」農業・農村革命:戦後西ドイツ農業史研究の新動向から」『生物資源経済研究』21号(2016年)73-98頁 https://t.co/WFksoEjtqQ 「戦後農村の社会史的研究」「欧州共通農政史研究」「環境史視点からの農地整備事業史研究」の三つを整理検討。
畔上泰治「排外主義者の主張と対峙するための予備的考察:ドイツの移民問題に対するティロ・ザラツィンの姿勢を例に」『論叢 現代語・現代文化』16号(2016年)99-109頁 https://t.co/O3HnUR0TnF ティロ・ザラツィンの2010年の著作の内容を知る上で有益。
中川慎二「ドイツの「反イスラム化愛国者運動」とヘイトスピーチ」『関西学院大学人権研究』20号(2016年)11-23頁 https://t.co/JPTeiSObvx「ペギーダの街宣活動に参加する人たちと、日本の在特会…の街宣活動に参加する人たちには共通点があると考えられる」

2 0 0 0 OA 皇国女鑒

第二次大戦下に『皇國女鑒』(https://t.co/BeRlb8UArb)を記し、大日本婦人会本部理事として「母性愛」の重要性を唱えた前田若尾。かつて彼女の創立した大学で学んだ者が、今まさにその「賢母」像により苦境に立たされていることを考えると、歴史の皮肉としか言いようがない。
ちなみにCiNiiの論文検索で「声優」と打ち込むと、現時点での最古のエッセイとして、進歩的文化人・山本安英による「声の演技について:声優と舞台俳優」『放送文化』7巻3号(1952年)30-31頁(https://t.co/G3UfoGbLGW)が出てくるので、おおっとなる。
RT @hayakawa2600: 恐ろしくいいかげんなことを大学の研究紀要に書いておるのう。お前は武士かw:河田美惠子「礼法の歴史的一考察:いま求められる人間教育」武蔵野短期大学研究紀要 15, 2001年 https://t.co/YpE933Cdh0 https://t.…
四方田雅史「『両義的遺産』としての共産主義遺産:チェコ・ポーランドにおけるスターリン様式建築を中心に」『静岡文化芸術大学研究紀要』15号(2015年)45-56頁 https://t.co/g95o8dAYpT「現地国民から見ると…伝統との連続性に遺産の意義を見出す視点が登場」
プロイセン・クーデタ関連で、高橋愛子「『シュミット問題』が投げかけるもの:『歴史学』の一つとしての政治思想史研究をめぐる一考察」『社会科学ジャーナル(国際基督教大学)』53号(2004年)37-55頁(https://t.co/qPjGSKBcdE)を読んだ。久しぶりに感動した。
今野元「Japanische Kulturpolitik in Deutschland. Eine kritische Betrachtung」『紀要 地域研究・国際学編(愛知県立大)』47号(2015年)289-308頁。耳が痛い…https://t.co/VwFZKZfT3S
RT @schembart10: 〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t…
RT @schembart10: 〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t…
必要にかられて"Deutsche Geschichte im Osten Europas"の各巻(http://t.co/wwocgdcdgn)をチェック中。このシリーズ改めてすげえなと思う。
【ユンガーメモ③】稲葉瑛志「前線兵士の沈黙と虚構の要請:第一次世界大戦における前線兵士の語りとエルンスト・ユンガーの『鋼鉄の嵐のなかで』」『文明構造論』10号(2014年)141-179頁(http://t.co/pSCH6G7TY4)
RT @azusachka: これ前にもツイートした気がするけど、この論文おすすめ。海外の研究者が戦後の日本のマンガにおける第二次世界大戦像について分析してる。日本語だしオープンアクセスなので誰でも読めるよ。CiNii 論文 - http://t.co/Bp82BO5219
今野元「モナキウム・サクルム:「キリスト教国」バイエルンでのカトリシズム体験(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』15号(2014年)233-257頁(https://t.co/PeGaicS6PT)読了。今野先生によるカトリシズム体験の報告。読み物として大変面白い。
RT @cinii_jp: その他CiNii Articlesでは、論文詳細表示画面で論文本文へのリンクを「この論文にアクセスする」に目立つように表示することで、論文本文へのリンクがよりわかりやすくなりました。例:http://t.co/XW5vpe5IgB
RT @nzmtase: 矢野久「1950・60年代西ドイツ歴史学とフランス・アナール学派」 『三田学会雑誌』105(4)、2013年、649(127)-691(169)頁。 http://t.co/F0SE6hDYNH
【朗報】足立芳宏先生の名著『近代ドイツの農村社会と農業労働者:<土着>と<他所者>のあいだ』(京都大学学術出版会、1997年)が、京都大学学術情報リポジトリ"KURENAI"から全頁閲覧&ダウンロード可能に! http://t.co/ZF0oIN86Zq
RT @sat_osawa: 昭和9年のミッキーマウス。『ミツキーの手柄』(文英堂出版社、1934年)。ちょうど80年前。「近代デジタルライブラリー」で全文が読める。→http://t.co/JFSHUCxTPo http://t.co/YH8a5p5KMP
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  貧民への木材供与 : 16世紀アウクスブルクの事例から http://t.co/IKsroKUJId #CiNii
@hhasegawa ちなみに「これまでのロシア史研究では、もっぱら「陸の帝国ロシア」というイメージが先行してきた」らしいです。左近幸村「19世紀後半から20世紀初頭にかけてのロシアの茶貿易」『スラヴ研究』59号、2012年、64頁(http://t.co/cb7Ba834ry)
@hhasegawa この点については、内田雅克先生のご論考「少年雑誌が見せた「軍人的男性性」の復活:占領下のマスキュリニティーズ」『ジェンダー史学』8号(2012年)75-84頁(https://t.co/S8I2RgP25D)が非常に刺激的な問題提起と論証をおこなっています。
RT @takuya1975: 林田敏子著 『戦う女、戦えない女―第一次世界大戦期の ジェンダーとセクシュアリティ』 (人文書院、2013年)の拙書評が、ネット上にアップされたようです。http://t.co/jB7SennYCZ
これはかの先生と同一人物なのだろうか。だとしたら小6でジャーナルデビュー…すごい… http://t.co/GlZ6uenQyJ
今野元「ハンス=ウルリヒ・ヴェーラーと「批判的」ナショナリズム分析(1)(2)」『紀要 地域研究・国際学編(愛知県立大学)』40-41号(2008-2009年) http://t.co/SD3jqYZozY http://t.co/E7T1x99TNz
今野元「ハンス=ウルリヒ・ヴェーラーと「批判的」ナショナリズム分析(1)(2)」『紀要 地域研究・国際学編(愛知県立大学)』40-41号(2008-2009年) http://t.co/SD3jqYZozY http://t.co/E7T1x99TNz
【史学史用メモ⑭】石井規衛「比較史学史の可能性について(〈特集〉革命前後ロシア周辺諸国における歴史叙述)」『史苑』74巻2号(2014年)124-128頁。 https://t.co/7nfe1pQgpn
【史学史用メモ⑬】千葉功「歴史と政治:南北朝正閏問題を中心として(〈特集〉革命前後ロシア周辺諸国における歴史叙述)」『史苑』74巻2号(2014年)102-123頁。 https://t.co/4IyeHpUACB
【史学史用メモ⑫】藤波伸嘉「ギリシア東方の歴史地理:オスマン正教徒の小アジア・カフカース表象(〈特集〉革命前後ロシア周辺諸国における歴史叙述)」『史苑』74巻2号(2014年)67-101頁。 https://t.co/rbLNlcmGWD
【史学史用メモ⑪】石野裕子「独立フィンランドにおける自国史の「創造」(〈特集〉革命前後ロシア周辺諸国における歴史叙述)」『史苑』74巻2号(2014年)51-66頁。 https://t.co/qSm2anwpTd
【史学史用メモ⑩】小澤実「序(〈特集〉革命前後ロシア周辺諸国における歴史叙述)」『史苑』74巻2号(2014年)49-50頁。 https://t.co/eD5vBXzKPo
【論文メモ】今野元「ザラツィン論争:体制化した「六八年世代」への「異議申立」」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』14号(2013年)175-204頁 https://t.co/696jCcgiLn
【論文メモ】ラインハルト・メーリング(川合全弘訳)「ナチズム期における学問と政治:マルティン・ハイデッガーとカール・シュミットを例として」『京都産業大学世界問題研究所紀要』29巻(2014年)97-114頁 http://t.co/XzKSWonT54
【論文メモ】川合全弘「エルンスト・ユンガーの『労働者』:戦死者追悼論の視点から」『京都産業大学世界問題研究所紀要』28巻(2013年)227-240頁 http://t.co/fqTE3Hx2ku
【論文メモ】深井智朗「パウル・アルトハウスと保守革命」『金城学院大学論集 人文科学編』10巻1号(2013年)57-71頁 https://t.co/tMvZOivkQ8
【論文メモ】割田聖史「ビスマルクとミツキェヴィチ:ポズナンの記念碑と記憶」『人文社会科学論叢(宮城学院女子大学)』22号(2013年)15-33頁 http://t.co/WKn5O41jG5
黒岩幸子「アレクサンドル・ドゥーギン,『地政学の基礎 ロシアの地政学的未来/空間をもって思考する』, モスクワ, 1999年, 928ページ」 『総合政策(岩手県立大学)』 4巻1号(2002年)93-101頁 http://t.co/zz9xVfX9rI 日本でも紹介されてた。
RT @tfuke: 拙稿「一国社会主義から民主社会主義へ 佐野学・鍋山貞親の戦時と戦後」がリポジトリに登録されたとのことですのであげておきます。http://t.co/XJcU1WVQnh 「転向」後の一国社会主義運動を経て、戦後右派社会党や民社連結成に至る彼らの軌跡と思想を…
マーキュリー多才すぎ。 http://t.co/PXlCmWGo5V http://t.co/QaKxMhCyla http://t.co/aEYszKHvd7 http://t.co/isv8FUgSL0
マーキュリー多才すぎ。 http://t.co/PXlCmWGo5V http://t.co/QaKxMhCyla http://t.co/aEYszKHvd7 http://t.co/isv8FUgSL0
というわけで、ヴァイマル共和制末期におけるナチスおよびドイツ共産党の農村進出に関する熊野直樹先生の諸論考は、今こそ読まれるべきと思いまふ。http://t.co/2cq5SMfPBF http://t.co/yIG81iNQEq http://t.co/nzLnbd9Ikm
というわけで、ヴァイマル共和制末期におけるナチスおよびドイツ共産党の農村進出に関する熊野直樹先生の諸論考は、今こそ読まれるべきと思いまふ。http://t.co/2cq5SMfPBF http://t.co/yIG81iNQEq http://t.co/nzLnbd9Ikm
というわけで、ヴァイマル共和制末期におけるナチスおよびドイツ共産党の農村進出に関する熊野直樹先生の諸論考は、今こそ読まれるべきと思いまふ。http://t.co/2cq5SMfPBF http://t.co/yIG81iNQEq http://t.co/nzLnbd9Ikm
今野元先生の「教皇ベネディクトゥス一六世の闘争:キリスト教的ヨーロッパのための『二正面作戦』」『ドイツ研究』45号(2011年)177-192頁http://t.co/VmpjCRj2は今こそ拝読すべき論文なのだが、悲しきかなヴァイマル …吉野作造研究とともに書籍化が待たれる。
難波江和英「『容疑者Xの献身』:セクシュアリティの言説という罠」『女性学評論(神戸女学院大学)』26号,2012年,113-143頁(http://t.co/em5ziHKC)読了。東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋,2005年)の物語構造を登場人物らの性言説から解明している。
RT @kunisakamoto: CiNii 論文 -  池田、書評 遅塚忠躬『史学概論』(東京大学出版会、2010年) http://t.co/hlZOxHQC #CiNii
RT @kunisakamoto: CiNii 論文 -  桑名映子【歴史のひろば】大戦間期東欧への視座 http://t.co/wP3PbcA0 #CiNii
RT @hayakawa2600: 何が怖いって、自民党院外団が怖い。議会政治における公然暴力部隊だもの。高橋彦博氏が、聞き取り調査をもとにこんな「院外団史」を書いていた。 http://t.co/SottVvQS
@nakkhtak おせっかいで恐縮なのですが、長谷川貴彦先生の論文(http://t.co/rLFzuAb8)はすでにお読みになられたでしょうか。きっとnakkhtakさんの問題意識と「物語」への欲求は、今の歴史学全体に通ずるものだと思います。修論が本当に楽しみです。
田村和彦「クラウス・テーヴェライト『男たちの妄想』に寄せて」『エクス』(関西学院大学経済学部)4号(2006年)135-164頁 http://kgur.kwansei.ac.jp/dspace//handle/10236/5987 暴力と男性性の問題を改めて考えさせられた。
相馬保夫先生によるチェコスロヴァキア・ドイツ人社会民主労働者党研究「離散と抵抗」シリーズに最新号が!http://ci.nii.ac.jp/naid/120002647990 今年の学生報告の「ヨーロッパ統合」に関する報告では、たいへんお世話になった研究。完結後の書籍化を熱望。
熊野直樹先生の「ヨーロッパにおけるドイツの二〇世紀:ある反西欧的近代の政治社会史」http://ci.nii.ac.jp/naid/110006262736 西欧近代という概念を、価値規範を伴う「西欧」とプラグマティックな「近代」とに分けたうえで論じられている。流石の慧眼である。
芝先生によるニュルンベルク裁判と東京裁判の日独比較ですな。 @ronbuntter こんな論文どうですか? Nurnberger Prozesse und Tokioter Prozess : ein Vergleich,2001 http://id.CiNii.jp/eG0kL
やはり「暴力装置」といえば芝先生の名著。RT @ronbuntter こんな論文どうですか? 芝健介, 『武装SS-ナチスもう一つの暴力装置』, 講談社選書メチエ, 一九九五年二月, 四六判, 二七八頁(木畑 和子),1996 http://id.CiNii.jp/eDtpL

お気に入り一覧(最新100件)

【メモ】杵淵文夫(2017)「世紀転換期における中欧経済圏構想の思想的背景」『ヨーロッパ文化史研究(東北学院大学)』18: 159-180. ドイツの経済学者ヴァルタースハウゼンとヴォルフの構想を検討し、両者を比較した論文。 https://t.co/qZwQ4K9Gp8
日本では5月8日が終わる頃かと思いますが、ここで昨年刊行された近藤潤三先生のご論考をどうぞ。最近の近藤先生の日独比較研究は要注目です。「戦後史のなかの5月8日と8月15日:日独比較の視点から」『愛知大学法学部法経論集』(207)https://t.co/zsnM5B70mu
早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義については、日本語だと高橋進先生の文献かな。たとえば、高橋進(2012)「イタリア・ファシズムと反ユダヤ主義・人種主義(1)」『龍谷法学』44(4)。機関リポジトリからDL可能。https://t.co/bDEv2CiNeV
【読んだ】佐藤大輔「ゴールドハーゲン論争再考―アメリカにおける議論との比較から」『早稲田大学大学院教育学研究科紀要』https://t.co/SZB12gxj9f ゴールドハーゲンのその後の言説がまとまっているのが興味深い。それを論争自体に読み込むのは、やや危険な気もするが。
ああ、今は『寛政重修諸家譜』も国会図書館のデジタルアーカイブで見られるのだな
関東大震災への作家の反応をまとめた論文(PDFあり)。「ボルシェヴィツキと不逞朝鮮人との陰謀」のデマを戒める菊池寛を描写した芥川の文章がよい。もちろん、彼が創業した某社のその後の運命と併せて、である。 / “CiNii 論文 -…” https://t.co/DaoILmSQ2X
ちなみに、シュヴァンはコールの回顧録のゴーストライターであるとともに、公認の伝記作家でもあった。何冊か書いてるけど、ひとつは東西ドイツ統一後に日本語にも訳されている。『ヘルムート・コール:伝記と証言』(ダイヤモンド社、1993年)(https://t.co/SNzrnoOTwQ)
【研究動向:独露関係②】 「ハルビンのロシア・ドイツ人難民――マイノリティの生活と再移住 研究課題」(2016-19) https://t.co/szg552ymdQ
【研究動向:独露関係②】 「両大戦間のドイツにおけるゲルマンとスラブの文化接触とその歴史的意義 研究課題」(2003-05) https://t.co/EUXJ5SqVqI
【研究動向:独露関係①】 「戦間期ヨーロッパにおける内戦と義勇軍運動の経験史的研究:独露間の往還関係を中心に」(2014-17) https://t.co/vVzT8DzGMK
小野寺拓也さんの書評はこちら。https://t.co/soPsA6DrDp また、本書に関する目次など詳細情報は共和国のサイトをご参照ください。https://t.co/MDU0XeZNrx
もうひとつ、この論文はたいへん勉強になります。久保由美子「クロアチア承認問題とゲンシャー外相:ドイツ外交の転換点」(1)(2・完)『阪大法学』第58巻、2008年。機関リポジトリからDLできます(https://t.co/HTRVYrbmuk)。邦語のゲンシャー研究はこの2点かな
〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t.co/LKxfcFAxf6
〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t.co/LKxfcFAxf6
これ前にもツイートした気がするけど、この論文おすすめ。海外の研究者が戦後の日本のマンガにおける第二次世界大戦像について分析してる。日本語だしオープンアクセスなので誰でも読めるよ。CiNii 論文 - http://t.co/Bp82BO5219
矢野久「1950・60年代西ドイツ歴史学とフランス・アナール学派」 『三田学会雑誌』105(4)、2013年、649(127)-691(169)頁。 http://t.co/F0SE6hDYNH
例の容疑者が書いたとされるカント実践哲学に関する論文では、ほぼ英語二次文献のみに即して議論がなされており、ドイツ語を読まぬ哲学徒はロリコン性犯罪者になる可能性あり、と積極的に煽動していくことにしたい。 / “Osaka Unive…” http://t.co/pZIhwJCuvg
林田敏子著 『戦う女、戦えない女―第一次世界大戦期の ジェンダーとセクシュアリティ』 (人文書院、2013年)の拙書評が、ネット上にアップされたようです。http://t.co/jB7SennYCZ

フォロー(639ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こんな論文どうですか? 人物 敗軍の将、兵を語る 廣田守伸氏(洋菓子のヒロタ社長) 経営にも「甘さ」があった(廣田 守伸),2001 https://t.co/y2PB2Mpyva
こんな論文どうですか? 野外におけるタガメによるニホンマムシの捕食事例(大庭 伸也),2012 https://t.co/na8d6Im3ir
こんな論文どうですか? 私が考えるものづくり 甘利明 経済産業大臣 資源高騰,日本にカードあり(甘利 明),2007 https://t.co/gD9kad9PfV
こんな論文どうですか? ソロン(SU-88)とタガメットとの併用による胃潰瘍の治療および再発に対する臨床評価 - タガメット単独療法との比較試験 -.(三輪剛),1986 https://t.co/q80nsQeZ8t
こんな論文どうですか? 12.都市ガス施設における地震時リアルタイム被害推定システム : SIGNAL(清水 善久ほか),1996 https://t.co/7Tc7jKgH9U
https://t.co/ExjNkVSuIu 池上尚「水クサイの意味変化」の要旨 江戸が、上方語の「ミズクサイ」を味覚表現としては受容しなかった理由が考察されている。
こんな論文どうですか? 新製品・新サービス プロポーザルの受注を支援,2010 https://t.co/C21HH9hDnc ■支社を含めて社内全部署の業務や技術者情報を一元管理する。更新管理が容…
こんな論文どうですか? 函館港の軟弱地盤とその近傍地盤における地震動の比較(関 宝棋ほか),1997 https://t.co/qEI4vEWyQ2
こんな論文どうですか? 治水費用賦課からみた水害予防組合の解体過程 : 神奈川県鶴見川水害予防組合を例として(内田 和子),1989 https://t.co/WMA2eV8i67
こんな論文どうですか? MSK 震度と気象庁震度の比較(Hirono Takuzoほか),1971 https://t.co/rDeNU867sX MSK震度階が我が国に適した震度階であるかどうかを試験するために,106の気象官署…
こんな論文どうですか? 岩盤崩壊 地震動集中する「出尾根」 最深20mの土塊が橋を押し出しか (追跡 熊本地震 なぜ阿蘇は崩れたか? : 火山性地質や活断層が招いた複数の崩壊パターン),2016 https://t.co/XoRpsI66JF
こんな論文どうですか? 2011年東北地方太平洋沖地震時における東京大学生産技術研究所での緊急地震速報の活用状況(大原 美保ほか),2011 https://t.co/TYPQ9zqj5w
こんな論文どうですか? 技術 戸建てにも応用進む免振住宅 建物滑らせ揺れを緩和,課題は施行コストの低減,1998 https://t.co/QQM73Cg0le
こんな論文どうですか? 世界の頂点に向けて(スポーツ競技力の向上をサポートする,学際的シンポジウムI,大会組織委員会企画,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研(宮崎 義仁),2015 … https://t.co/iYPzcyHBlO
こんな論文どうですか? AKB 48 選抜総選挙におけるロングテール構造とメディア選択(植田 康孝), https://t.co/uVvWwApjyr
こんな論文どうですか? エリートアカデミー事業における競技団体の食事・栄養サポートについて(シンポジウム6:スポーツ栄養とジュニアスポーツの食育)(木村 典代),2009 https://t.co/qQDt900m7d
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…
こんな論文どうですか? 『ダウントン・アビー』 : 「邸」に託されたイギリスの未来(原口 治),2016 https://t.co/7bPMne873p
こんな論文どうですか? Wolff's law and the problem of muscle attachment on resorptive surfaces of bone.(HOYTE D. A. N.),1966 … https://t.co/m7CtfKP9rI
こんな論文どうですか? 組織酵素染色法・免疫酵素抗体法による各種皮膚疾患の浸潤細胞の解析(柳沢 宏実),1984 https://t.co/TFj8uanH27
こんな論文どうですか? 時期別の気温・水温処理が水稲の生育に及ぼす影響-2-昼夜別気温・水温および処理日数と出穂期との関係(柴田 和博ほか),1973 https://t.co/NNfiRsWiJl
こんな論文どうですか? 神戸事件 : 少年Aと母の「怖れ」(<小特集>日本における情報と「怖れ」,平成14年度 社会情報学部総合学科型プロジェクト研究報告)(山内 春光),2005 https://t.co/GA4wVPZH2u
こんな論文どうですか? 制作者研究<テレビの"青春時代"を駆け抜ける> : 第3回 磯野恭子(山口放送)〜人々の"痛み"と"尊厳"を記録する〜(水島 宏明),2014 https://t.co/i8F7L8c466
こんな論文どうですか? 肯定的コミュニケーションプログラム導入による自尊感情の変化 : みやぎジュニアトップアスリートアカデミー事業(菊池 直子/久能 和夫/内丸 仁/針生 弘/郡山 孝幸),2016 https://t.co/G2bUSb83h4
こんな論文どうですか? Induction and alternative splicing of delta isoform of Ca2+/calmodulin-dependent(Donai Hほか),2000 … https://t.co/g0zupB29Qk
RT @khargush1969: 小泉洋一(2008)「トルコの政教分離に関する憲法学的考察:国家の非宗教性と宗教的中立性の観点から」『甲南法学』48(4), 279-345. https://t.co/gsnN5cOZGt
こんな論文どうですか? 学校体育における民俗舞踊の取り扱いに関する研究(2) : 舞踊ビデオ視聴によるイメージを中心に(松尾 千秋),2005 https://t.co/wWxYugzwbU
こんな論文どうですか? 「ソーラン節」の櫓漕ぎにおける腰部動作の速度変化の数値化手法(郡 未来ほか),2009 https://t.co/sTdHO2bR2V
こんな論文どうですか? 日本伝統音楽のカリキュラム再創造と授業実践〔その1〕 : 21世紀音楽カリキュラムによる実践の成果と今後の課題(寺田 己保子ほか),2012 https://t.co/tgbLJ5kuul
こんな論文どうですか? エルドラ-ドと分裂病-3-(霜山 徳爾),1981 https://t.co/WjJdJoyBvp
こんな論文どうですか? 理想国家,「エルドラド」(阿部 律子ほか),2001 https://t.co/FO7lYRuPZz
こんな論文どうですか? 大学教育研究委員会第三部会(入試と選抜)発表 : 大学入試制度の教育学的考察(中内 敏夫),1972 https://t.co/mr1SAFsLJl
CiNii 論文 -  タイの王室と即位式 : その概要と特質 https://t.co/fjtzdYKlYX (アジア研究所紀要 13, 195-225, 1986 亜細亜大学)
こんな論文どうですか? Jリーグにおける高収益ビジネスモデルの研究(荒井 恵佑ほか),2009 https://t.co/k9KZZ1U5K3
こんな論文どうですか? 中国平凉での半乾燥地域に発達する雲の降水機構 : ビデオゾンデ観測(高橋 劭ほか),1995 https://t.co/fp2R5IzETN
こんな論文どうですか? タイヤシュレッズを用いたジオシンセティックス補強地盤と補強盛土(川上 聖ほか),2005 https://t.co/MJMzoj9USx
こんな論文どうですか? 番組研究「NHKスペシャル」(上原 清),2005 https://t.co/eJnjrDqnnA 「NHKスペシャル」<以下"Nスペ"と略す>は、1976年4月にはじまった「NHK特集」<以下"N特"…
こんな論文どうですか? 77°Kにおけるアセナフテンキノンの結晶性溶液中のリン光スペクトル(久保山 昭ほか),1973 https://t.co/Rap81zmsrT
こんな論文どうですか? MS^nスペクトルマッチングによる糖鎖解析(同定)(Deguchi Kisaburo),2008 https://t.co/iePOh3sG8n
こんな論文どうですか? キーパーソン インタビュー 「凡人の自分も1%は天才」その思い込みが成長の原動力 伊藤隆行 テレビ東京プロデューサー(39歳)(伊藤 隆行),2012 https://t.co/99JWKVBiwc
こんな論文どうですか? ジオグラフィー・コミュニケーターとアウトリーチ地理学の提案(長谷川 直子ほか),2015 https://t.co/sLf5kKKtgF
こんな論文どうですか? 建築 海/フィルター(山口県小野田市)穴空きレンガで景色を透かす,2001 https://t.co/syKiduAzVV
こんな論文どうですか? 人物 敗軍の将、兵を語る 水野誠一氏(前参院議員、元西武百貨店社長) 風向き変わり、手練れの現職に及ばず落選(水野 誠一),2001 https://t.co/Gr3gJHut5F
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…
こんな論文どうですか? 03心-24-ポ-79 アディショナルタイムをどう語るのか(体育心理学,ポスター発表,一般研究発表抄録)(冨永 哲志ほか),2012 https://t.co/vcaarBhP8C
こんな論文どうですか? 短鎖フラクトオリゴ糖による消化管免疫機能増進と結腸癌リスクの減少(BORNET Francis R. J.ほか),2002 https://t.co/N129wlJeXr
こんな論文どうですか? スワヒリ語に入った英語々彙の音節構造(五島 忠久),1967 https://t.co/sO3iJTvueF The formula of the syllabic st…
こんな論文どうですか? A君が安心・納得して行動の切りかえがスムーズにできるように : 見通しを持ちやすい環境作りを目指して(若生 麻弥ほか),2003 https://t.co/YcGOVJt2fG
こんな論文どうですか? ユネスコ「世界の記憶」プログラムの現状 : 2005年IFLAオスロ大会より(古賀 崇ほか),2005 https://t.co/mAzbjdk65Y
こんな論文どうですか? 05-12-15102-8 2008世界距離別スピードスケート選手権男子5000mにおける優れた技術的要因に関する研究(バイオメカニクス7,05.バイオメカニク(竹中 俊輔ほか),2008 … https://t.co/rzHbpyLuzx
こんな論文どうですか? 『源氏物語』六十四貼の名目を暗記せんとせば : 『物覚秘伝』と西洋世界の記憶術(足達 薫),2017 https://t.co/chPQhTmNWY
こんな論文どうですか? 05-28-K205-1 スピードスケート一流選手の男子5000mレース前半における優れた滑走動作の特徴(05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録,ひろしま発 (竹中 俊輔ほか),2009 … https://t.co/abp6EKYMnu
こんな論文どうですか? ワープロ初心者打鍵情報(河口 万由香ほか),1989 https://t.co/EvUIDjOVVR 近年,ヒューマンインタフェースの立場から,個人差を考慮したユーザモデル構築の必要性が…
こんな論文どうですか? 09方-27-ポ-52 スピードスケート男子5000m種目におけるレースパターン分析(09.体育方法,一般研究発表抄録)(竹中 俊輔ほか),2011 https://t.co/GJhlo8bdJ6
こんな論文どうですか? 敗軍の将、兵を語る 重松良典氏(湘南ベルマーレ平塚社長)--親会社の経営難が直撃、存続と闘った1年,2000 https://t.co/Jclp1Zu53Z
こんな論文どうですか? 隨筆 : ゲーム差と勝率(三木 五三郞),1951 https://t.co/Nl5dv5kRuF
こんな論文どうですか? 小児の皮膚〓痒性疾患患児に対するロラタジンドライシロップ1%の臨床効果およびコンプライアンスに関する検討(松尾 圭三ほか),2009 https://t.co/GGF3mB4OT1
こんな論文どうですか? 生およびゆでエダマメの遊離アミノ酸および糖含量の品種間差異(阿部 利徳ほか),2004 https://t.co/KyE8cccdr8
こんな論文どうですか? どうなる政権交代 : 選べる政党はあるのか (特集 ニッポン改造計画100),2012 https://t.co/y65KZ7Rz3H
こんな論文どうですか? 壊れた脳の修復は可能か(木山 博資),2001 https://t.co/dMUOrPJcVl 雑誌掲載版損傷した中枢神経系は再生しないと考えられていた。しかし、再生能を有する末梢神経系の研究から、…
こんな論文どうですか? 競馬とプロスペクト理論:微小確率の過大評価の実証分析(小幡 績ほか),2014 https://t.co/TnT3bcdGeC
こんな論文どうですか? 実用化に向けて歩み出したタンデムロータ型インテリジェント風力発電ユニット(牧田 和将ほか),2013 https://t.co/pO8IVdqwpY
こんな論文どうですか? 09方-24-ポ-99 水球アジア選手権2012における選手交代の分析(体育方法,ポスター発表,一般研究発表抄録)(洲 雅明ほか),2012 https://t.co/uEScQPLpjP
こんな論文どうですか? ライツアウトの数理 (2) : ライツアウトの解法・最短手順など(石原 孝臣),1997 https://t.co/K7gKomxyia
こんな論文どうですか? プロスタグランディン系点眼単独使用の正常眼圧緑内障に対する追加点眼としてのニプラジロール (特集 第55回日本臨床眼科学会講演集(3))(水谷 匡宏ほか),2002 https://t.co/ohf6juKagy
こんな論文どうですか? サッカーボールの低回転数飛翔の不思議な挙動の解析(溝田 武人ほか),2007 https://t.co/1QW3p84fgF
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 -  ソヴィエト・ロシアにおける史跡・文化財保護運動の展開 : 情熱家から「社会団体」VOOPIKに至るまで https://t.co/1bKZ2YM4hw
RT @nekonoizumi: 無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28…
RT @nekonoizumi: 無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28…
こんな論文どうですか? サッカーボールの低回転ミドルシュートの挙動解析(スポーツ流体,一般講演)(溝田 武人ほか),2007 https://t.co/EjXG6siJDn
こんな論文どうですか? ケーススタディー ヤマハ発動機、赤字のマリン事業を大幅縮小--創業者へのしがらみ断ち、リストラ断行,1999 https://t.co/l0fyLSWH3o
こんな論文どうですか? 群馬県高校野球メディカルサポートにおける筋痙攣対応状況(宇賀 大祐ほか),2015 https://t.co/z088xEZv3m
こんな論文どうですか? 渡良瀬川水系における底質,懸濁物質および河川水中における重金属等の汚染元素の挙動(森下 豊昭ほか),1996 https://t.co/DlLdHXHTFo
こんな論文どうですか? 野球選手にみられる荷重位での骨盤回旋運動制限の影響(藤川 博樹ほか),2007 https://t.co/lV9ozmCLU9
こんな論文どうですか? スタ-精密,本業回帰で復活 成功体験捨てプリンタ-事業を大幅縮小,1998 https://t.co/yXdMVI4rPs
こんな論文どうですか? 形式オントロジーに基づく遺伝子調節のための数値モデル(秋山 卓見ほか),2007 https://t.co/eWETHRMpGk
こんな論文どうですか? 留学生支援ボランティア・WAWAの活動を振り返って : その20年の総括(岡 益巳ほか),2013 https://t.co/Gbu8Ne54PW
こんな論文どうですか? 能登半島地震の余震域における自然ガンマ線分布と断裂系(<特集>2007年能登半島地震 その2)(伊藤 俊方ほか),2007 https://t.co/utVI8STWhx
こんな論文どうですか? 122.一流フィギュア・スケート選手のプログラム滑走の分析 : 1984年NHK杯国際競技大会の結果から : 運動生理学的研究II : 第40回日本体力医学会大(吉岡 伸彦ほか),1985 … https://t.co/op4nvLXt27
こんな論文どうですか? 1968SNA から1993SNA へ:ある回想(倉林 義正),2008 https://t.co/e9Pa16P9xh 小論は,かつて筆者が国連本部統計局(UNSO)に在勤し,1993SNA の初期段階におけ…
こんな論文どうですか? ペル-・クスコの子供たち--児童画交流と「国際化」(青木 芳夫),1991 https://t.co/KIHFo7IaB2
こんな論文どうですか? SNAにおけるI-O表:―SNA改訂の視点から―(倉林 義正),1991 https://t.co/uapqp6L2us  去る1990年11月,ニューヨークの国連本部は,現行の「新SN…
こんな論文どうですか? 第6次日本レポート審議 全記録:(2009年7月23日 国連本部第3会議室)(仁科由紀(テープ起こし・翻訳)),2009 https://t.co/gBrPujGMjG
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 小学校英語活動 児童と先生の評価の比較 Comparison of Evaluation between children and a Teacher(福智 佳代子),2013 https://t.co/PQWvlZ0YSG
こんな論文どうですか? 国連における基金間決済会計(河内 朗),1992 https://t.co/Cn8VdIMM9N 小論は国際連合本部財務局において筆者が発案,実際に施行された一会計サブルーチンの改変を扱うもので…
こんな論文どうですか? 中・四国地方の主要都市の魅力度に関する研究 : 中・四国の学生の視点を中心に(岡田 允),2008 https://t.co/7ffX9cRQSq
こんな論文どうですか? 母親の食生活に対する意識や生活充実感が幼稚園に通う子どもとのコミュニケーション頻度に与える影響(高畑 彩友美ほか),2006 https://t.co/yxTIPPp3kc
こんな論文どうですか? 熊本地震からの復興とボランティア支援(髙木 亨),2017 https://t.co/4Ik8lLh2HT 平成28年(2016年)熊本地震では、前震・本震で震度7を記録、震…
こんな論文どうですか? 防波護岸の地震時挙動に関する研究・その1:遠心力載荷模型実験による防波護岸の地震時挙動の検討(河井 正ほか),1997 https://t.co/2lXSfHRYd2
こんな論文どうですか? 緊急地震速報について(中村 浩二),2007 https://t.co/5L8XCbmhlo 緊急地震速報は,震源の近くの観測点のデータを用いて,震源とマグニチュードを高速で決定し,強震動の分布を推定し…
こんな論文どうですか? 2016年熊本地震災害の避難者の特徴:宇城市を事例として(岩船 昌起),2016 https://t.co/Gocv8wxHID
こんな論文どうですか? 災害想定に関わるメタ無知の実証的分析(羽鳥 剛史ほか),2015 https://t.co/DMQO3u7EeV 本研究では、自然災害に関わる想定の限界についての…
こんな論文どうですか? 伊豆半島東方沖群発地震を利用したため池堤体の動的応答特性の評価(森 伸一郎ほか),2010 https://t.co/1AlldddlXB
こんな論文どうですか? 鳥取県西部地震における液状化被害(藤村 尚ほか),2001 https://t.co/rqIgFIVXob 2000年10月6日午後1時30分頃, 鳥取県西部鎌倉山北西の地下…
こんな論文どうですか? 2204 地中梁を無くした場合の高架橋設計(構造解析)(小原 和宏ほか),1995 https://t.co/w7Pgs5DQEC
こんな論文どうですか? 2004年東海道沖地震における四国東部自治体の津波防災対応(中野 晋ほか),2005 https://t.co/y9Avq2fj2m
こんな論文どうですか? 1992年ニカラグア地震とその津波の調査(阿部 邦昭ほか),1993 https://t.co/bpgRHAOzxF 1992年9月2日に中米ニカラグア国太平洋側沖合い海…
こんな論文どうですか? 震災後の子どもたち(3) 『震度1、震度2、震度3…』(南 祐子),1995 https://t.co/dukUGRvJoD
こんな論文どうですか? 現代アメリカの大学における"アカデミック・フリーダム"と"テニュアー制"に関する研究(加澤 恒雄),2013 https://t.co/nICk3IZ8sb

フォロワー(1293ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/ExjNkVSuIu 池上尚「水クサイの意味変化」の要旨 江戸が、上方語の「ミズクサイ」を味覚表現としては受容しなかった理由が考察されている。
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…
RT @khargush1969: 小泉洋一(2008)「トルコの政教分離に関する憲法学的考察:国家の非宗教性と宗教的中立性の観点から」『甲南法学』48(4), 279-345. https://t.co/gsnN5cOZGt
RT @khargush1969: 小泉洋一(2008)「トルコの政教分離に関する憲法学的考察:国家の非宗教性と宗教的中立性の観点から」『甲南法学』48(4), 279-345. https://t.co/gsnN5cOZGt
CiNii 論文 -  タイの王室と即位式 : その概要と特質 https://t.co/fjtzdYKlYX (アジア研究所紀要 13, 195-225, 1986 亜細亜大学)
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 -  ソヴィエト・ロシアにおける史跡・文化財保護運動の展開 : 情熱家から「社会団体」VOOPIKに至るまで https://t.co/1bKZ2YM4hw
RT @nekonoizumi: 無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28…
RT @nekonoizumi: 無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28…
RT @kabutoyama_taro: あるいは、 “Independence” and “Dependence” in Contemporary Society https://t.co/Vr7411kFqQ こういった文章を「枯れ」で文字検索して、どういう評価をされて…
RT @kabutoyama_taro: ああ、せっかくだから例の「枯れたはエイジズムか?」論争について参考資料を示しておくと、例えば、 高齢者についての俗説と社会的認識に関する研究 - 関西福祉科学大学 https://t.co/r3pL7SDNH7
RT @Paul_Painleve: 謎の多いSaito理論 斎藤恭司が第1回の岡潔賞2016受賞 https://t.co/q3qmFno4XM 科研費・研究分担者 斉藤恭司 https://t.co/OxrGxpmK7U 日本数学会幾何学賞・齋藤恭司 https://t.c…
CiNii 論文 -  ソヴィエト・ロシアにおける史跡・文化財保護運動の展開 : 情熱家から「社会団体」VOOPIKに至るまで https://t.co/1bKZ2YM4hw
無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28knERgsm
無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28knERgsm
ウガンダ東部パドラにおける「災因論」の民族誌 : 死霊と憑依、毒そして呪詛の観念(1) https://t.co/Z7FjCMnBjo 酒に憑かれた男たち--ウガンダ・パドラにおける「問題飲酒」と妖術の民族誌 https://t.co/Q6zwpNQ7OA
ウガンダ東部パドラにおける「災因論」の民族誌 : 死霊と憑依、毒そして呪詛の観念(1) https://t.co/Z7FjCMnBjo 酒に憑かれた男たち--ウガンダ・パドラにおける「問題飲酒」と妖術の民族誌 https://t.co/Q6zwpNQ7OA
梅屋潔『福音を説くウィッチ』風響社 CiNii 論文 -  「伝統」を逆照射する : ウガンダ東部パドラにおける聖霊派キリスト教会の指導者たち https://t.co/hk3uAIizCw
CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
1950-1980年代の失踪表象と親密圏の変容 : 「家出」と「蒸発」の雑誌記事分析を中心に https://t.co/aSoZzpxg7c 失踪をめぐる多元的な生死の線引き : 失踪者の家族の語りから https://t.co/K1MOuUAYI4
1950-1980年代の失踪表象と親密圏の変容 : 「家出」と「蒸発」の雑誌記事分析を中心に https://t.co/aSoZzpxg7c 失踪をめぐる多元的な生死の線引き : 失踪者の家族の語りから https://t.co/K1MOuUAYI4
「…スムーズに相手が話せるような雰囲気を作り出す努力を惜しまない図書館員は,相手が本当に必要なものが何かをうまく聞きだし,自分に何をどこまでできるかを判断することができるため、リサーチの上達が格段に速いのである。」https://t.co/N10CXWmCXi
「リサーチ力アップには,実はコミュニケーション能力も重要である」「利用者の興味ある分野の動向,学修 内容、研究内容に常に関心を持ち,情報を収集し,スムーズに相手が話せるような雰囲気を作り出す努力を惜しまない図書館員は, https://t.co/N10CXWmCXi
藤井 康子. 法情報リサーチの習得術.(特集:インフォプロの自己研鑽). 情報の科学と技術. 63(4):2013. p.145-148. https://t.co/N10CXWmCXi …「技術的な側面ばかりを記述してきたが,リサーチ力アップには,実はコミュニケーション能力も
RT @khargush1969: 加賀谷寛(1991)「革命状況と説教者:イラン立憲革命の場合」『オリエント』33(2):53-64. https://t.co/kEsdr94XDx 古典的論文を今更だが、社会・政治を動かす要素としての「説教」の重要性。
RT @808cyatumi: @Erika_deutsch 源氏物語の伝来と享受の研究 https://t.co/V52FosKN0J
RT @808cyatumi: @Erika_deutsch 源氏物語の伝来と享受の研究 https://t.co/V52FosKN0J
PDFあり。 杤尾武「『山海経』における神鳥鳳凰 : 異鳥なれど異鳥にあらず 」『成城国文学』第33号 (2017.3) https://t.co/9X0eZUAEah
PDFあり。 南明希「『捜神記』における龍 : 古巣老姥譚をめぐって」『成城国文学』第33号 (2017.3) https://t.co/vHE06BMcnf
RT @chirashi_uraura: これ、味覚に関するスクリーニング検査方の構築についての論文。参考に置いておく。 https://t.co/Jm0Saukz17
RT @chirashi_uraura: これによると、月経による味覚変動は運動習慣がある層に限られてるが。運動習慣がない、過去にはあるが現在はない層は、月経周期による味覚変動はみられなかったと。 https://t.co/yAX4afgAAe https://t.co/iS…
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 市川海老蔵と風俗取締政策--天保改革期を中心として(木村 涼),2005 https://t.co/k2mTfeEf1v
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @tomatosukisuki1: @tcv2catnap それを言ったって 『なぜ満州にチョウセン人がいるの?』つうネトウヨが殆どだから 言説そのものが伝わらんのだよね!! https://t.co/rimDluRi5R「満州」における朝鮮人「安全農村」に関する一考察…
RT @kasamashoinRS: 菅近 晋平 -  〈稲生物怪〉譚の生成 : 原典・『今昔物語集』「三善清行宰相、家渡語第三十一」 https://t.co/Vv0lXnBDCL
PDFあり。 CiNii 論文 -  術から文化へ : 元米国大統領グラントの演武鑑賞と柔術 https://t.co/5zYZkQiNyr CiNii Articles 検索 -  中嶋哲也 https://t.co/5uSLdVPIl8
博論。概要と審査のPDFあり。 ⇒中嶋哲也「武道のスポーツ化言説とその系譜:近代日本の武道概念史」 : 早稲田大学審査学位論文博士(スポーツ科学) https://t.co/f6h9efDOoz
中嶋哲也「日中戦争以降における武道の戦技化の起源とその背景:武道振興委員会の審議過程の分析」『武道学研究』第49巻第2号、2016年)  https://t.co/malZ7Btp7s
・中嶋哲也「対抗文化としての古武道―松本学による古武道提唱と日本古武道振興会の活動を中心に―」(『スポーツ人類学研究』第12号、2010年) https://t.co/cGXyG1Hm6g

1 1 1 0 OA びぶろす

最近あまり更新していない? レファレンスサービスの技法に『びぶろす』75号特集「レファレンスインタビュー」 https://t.co/tIMel4fxFw も入れるとよいと思うのですが / “レファレンス協同データベース事業 レ…” https://t.co/YYfFNLwom7
RT @redqueenbee1: @hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は h…
RT @redqueenbee1: @hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は h…
RT @sosorasora3: 国会図書館デジコレから ●北海道紀行 明治二十五年 https://t.co/HatNKtZTR9 明治25(1892)年8月~10月、宮内大臣土方久元の北海道旅行に随行した秘書官長崎省吾(1852-1937)の紀行。現地での見聞を綴りながら、…
RT @redqueenbee1: @hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は h…
RT @yukin_done: 自分で探そうとせず相手にソースを求めるバカ左翼向けのリンク先 植民地教育を考える https://t.co/Mckv5Gm0HJ イギリス植民地教育の基本的性格  https://t.co/uPtpbCrNQ7 植民地時代の教育 https:/…
RT @khargush1969: 加賀谷寛(1991)「革命状況と説教者:イラン立憲革命の場合」『オリエント』33(2):53-64. https://t.co/kEsdr94XDx 古典的論文を今更だが、社会・政治を動かす要素としての「説教」の重要性。
RT @uemurag: 日哲の『哲學』に掲載された拙論「フッサールの反心理主義批判」がようやく電子版で公開された。これは自分の書いた論文のなかでもかなり思い入れがある。https://t.co/Bb6ZCjyqcE

13 13 13 0 OA 図書館研究

RT @uakira2: 図書館の「(番号日付入)蔵書印」はハンコ専門店や一般事務用品店じゃなく、図書館用品店で購求されたケースが多いのかしら… https://t.co/3bPDzwH1gl https://t.co/gcREz72v3u
車窓シークエンス景観と乗客が沿線地域に抱く印象との関わり https://t.co/nWpB3wJp2B より、以下の論文についての言及部分 樋口忠彦(1977):シークエンス景観.篠原修編:『景観論(土木工学体系13)』彰国社,pp.127-176. #参道研究会

10 4 4 0 OA 大日本地誌大系

RT @HisadomeK: また、『新編相模国風土記稿』の閑香明神社(小野神社)の条https://t.co/1OuszGlL2rには、「村の鎮守なり、 延喜式に載し小野神社(当国十三座の一)にて祭神下春命と云、神躰木像、本地薬師(長一尺七分、行基作)を安じ、阿羅波婆枳春日の…
RT @HisadomeK: 例えば、『新編武蔵風土記稿』の大宮氷川神社の条https://t.co/gCao74qdpqには、「門客人社 男体社の東にあり、祭神は豊磐窓命・櫛磐窓命の二座にて、古は荒脛巾神社と号せしを、氷川内記神職たりしとき、神祇伯吉田家へ告して、門客人と改号…

4 4 4 0 OA 歴史と文芸

RT @uakira2: #ndldigital では製本しなおされちゃってる資料が多いのと納本のため検印が無い場合が多く、いい資料が少ないようですが、西村真次『歴史と文芸』奥付検印紙に当該マークが見えるようですね。 https://t.co/OhjO7XlyoL https:…
「作曲家アラン・ブッシュとイギリス労働者音楽協会の設立―音楽の国際性と「人民戦線」」『横浜市立大学論叢 人文科学系列』60(3)、2009年 https://t.co/nGBwQLuame 前ツイートのリンク先は報告資料なので、論文を読むとすればこちらか。
(タイトルに「ジョン・モーリー」を含む日本語論文、CiNiiでヒットするのはこれだけ??・・) https://t.co/JcwcDxYlow
RT @jshiratori: 半年前の刊行なので遅ればせながらなのですが、宮下豊「リアリズムにおける慎慮(プルーデンス)の意味内容に関する考察:H・J・モーゲンソー、R・アロン、永井陽之助、高坂正堯を対象として」『年報政治学2016-Ⅱ』を読みました。https://t.co…
RT @nekonoizumi: 「小説をしばらく読み続けると,読者はボンドがスクランブルド・エッグを頻繁に食べることに気付く。」 ⇒武藤哲郎「ジェームズ・ボンドと朝食」『大妻女子大学紀要 文系』第49号(2017) https://t.co/l8lvBq21x6
RT @BaddieBeagle: 翻訳と解説 抄訳「ラフマニノフの思い出」(マリエッタ・シャギニャン) (特集 ロシア・中東欧) -- (ロシア文学から一歩踏み出す) 平野恵美子 https://t.co/lnJVOLCepP
半年前の刊行なので遅ればせながらなのですが、宮下豊「リアリズムにおける慎慮(プルーデンス)の意味内容に関する考察:H・J・モーゲンソー、R・アロン、永井陽之助、高坂正堯を対象として」『年報政治学2016-Ⅱ』を読みました。https://t.co/Cj6wWVPqTz
RT @uemurag: 日哲の『哲學』に掲載された拙論「フッサールの反心理主義批判」がようやく電子版で公開された。これは自分の書いた論文のなかでもかなり思い入れがある。https://t.co/Bb6ZCjyqcE

2 2 2 0 性の倫理学

RT @lgbtqa_bib: 【セクシュアリティ/倫理/倫理学/性道徳】伏見憲明『性の倫理学』朝日新聞社 (2000-06) ISBN:4022575115 https://t.co/Rkb8qroiYc
RT @washou3956: 【メモ】岡野友彦研究代表『皇學館大学所蔵の中世文書』(平成26年度~平成28年度科学研究費基盤研究(C) :古文書の料紙と様式の有機的関連性についての史料学的アプローチ研究成果報告書、2017年3月)https://t.co/Y16x0pGC4B
RT @kyamadabot: 東京音大の鈴木亜矢子氏でしょうか。同大の大学院紀要で山田耕筰の歌曲とアクセントに関する論文を発表されていますね。続編や博士論文は山田の理論を團伊玖磨、別宮貞雄にまで応用した意欲作。 https://t.co/LSBZ828FWc https://…
RT @quiriu_pino: 毛利豊史「源実朝試論 : 絶望としての自意識をめぐって」 専修人文論集 99, 2016-11-30 https://t.co/t4SP6G9T2k ちなみに公開論文ではこんなのも見つけました。思想史?国文?
RT @quiriu_pino: 山口道弘「制度としての傍輩 : 『吾妻鏡』頼朝挙兵記事に於ける佐々木氏伝承を中心に」 『千葉大学法学論集』 31(3-4), 2017-03-17 https://t.co/a7g7mb52cB pdfで本文公開中。去年法制史研例会で報告されて…
毛利豊史「源実朝試論 : 絶望としての自意識をめぐって」 専修人文論集 99, 2016-11-30 https://t.co/t4SP6G9T2k ちなみに公開論文ではこんなのも見つけました。思想史?国文?
山口道弘「制度としての傍輩 : 『吾妻鏡』頼朝挙兵記事に於ける佐々木氏伝承を中心に」 『千葉大学法学論集』 31(3-4), 2017-03-17 https://t.co/a7g7mb52cB pdfで本文公開中。去年法制史研例会で報告されてたヤツかな?もう活字化されてたとは…
RT @nekonoizumi: 堀口九萬一、随筆集『游心録』は国会図書館デジタルコレクションで読めるけど、外交官ならではの随筆でもあり中々面白いのだ。 https://t.co/JN4DJBxZIo
RT @tsukasafumio: ドイツ刑法では、ドイツに不利益を与える目的で国家機密を漏洩した場合は刑法94条「反逆罪」で処罰されるのか。 https://t.co/zfQANpysw2 報道の自由をめぐり、戦後ドイツでも政府機関と報道機関の対立が繰り返されていたわけだが。
RT @NDLJP_en: Not exactly what you might expect: a scrap book of business cards from the Edo period: https://t.co/0svnMXavK3 #ndldigital ht…
RT @nekonoizumi: 「小説をしばらく読み続けると,読者はボンドがスクランブルド・エッグを頻繁に食べることに気付く。」 ⇒武藤哲郎「ジェームズ・ボンドと朝食」『大妻女子大学紀要 文系』第49号(2017) https://t.co/l8lvBq21x6