町田 明広 (@machi82175302)

投稿一覧(最新100件)

RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…

11 8 8 0 OA 自由党史

RT @itaru_ohyama: @machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。
RT @zasetsushirazu: 柏原宏紀「明治零年代後半における洋行官僚に関する一考察」(『関西大学経済論集』67-4、2018年)は、洋行経験のある官僚たちが日本の近代化に果たした役割を分析。「明治10年段階では、外務、文部、工部、司法の4省において、その半数以上が洋…
RT @itaru_ohyama: @aoba_mandolin @T_urade1987 @machi82175302 関山村へ向かった館林藩兵の戦記です。9月3日、会津兵の待ち伏せに遭って大混乱に陥ったとあります。このとき、山田司が戦死しています。 https://t.co…

3 2 0 0 OA 薩藩出軍戦状

RT @itaru_ohyama: @T_urade1987 @aoba_mandolin @machi82175302 薩藩出軍戦状に私領三番隊 山田司「戦死」とありますね。 https://t.co/Zkdxl4DGe7
RT @zasetsushirazu: 昭和6年1月2日、斯波淳六郎が死去。幕末の加賀藩家老の家に生まれた。明治17年にドイツ留学する際、同じ船には橋本長勝(橋本左内の甥)らがいたらしい。帰国後、法制局参事官などを歴任。七戸克彦「現行民法典を創った人びと(24)」(『法学セミナ…
RT @zasetsushirazu: 宮永孝「琉球における英学発達小史」(『社会志林』59-1、2012年)曰く、 19世紀までの琉球は、主要な貿易相手が東アジアのみだったから、英語学習が発達する機会がなかった。近世後期〜幕末期に西洋の船が度々来るようになったことで、ようやく…
今からちょうど155年前、元治1年12月28日、「鹿児島藩討幕の意ありて、内大臣近衛忠煕之に同意すとの説、廷臣間に行はる」。本件については、拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(『神田外語大学日本研究所… https://t.co/jvzhoWtWtf
安政東海地震については、拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好」 (日本研究所主催講演会 要旨)で言及しています。以下でダウンロード可能です。https://t.co/4aFWiVFAYN
RT @zasetsushirazu: 山本志乃「旅日記にみる近世末期の女性の旅」(『国立歴史民俗博物館研究報告』155)は、清河八郎の母親や松尾多勢子など、女性たちの旅行を分析。幕末期にはすでに一般化していた無手形による違法の関所抜けが、流動人口の増加や宿場への経済効果をもた…
RT @zasetsushirazu: 明治25年12月14日、黒田麹廬が死去。膳所藩出身の洋学者で、緒方洪庵の適塾で学んだ。ペリー来航以前に、『ロビンソン・クルーソー』を『漂荒紀事』と題して翻訳した。松田清「黒田梁太郎寄贈図書について」(『静脩』27-2)は、麹廬の息子の寄贈…
拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(『神田外語大学日本研究所紀要8号』、2016年)は以下を参照下さい。https://t.co/bR9OnAxGwv
今からちょうど155年前、元治1年12月2日、「鹿児島藩討幕の意ありて、内大臣近衛忠煕之に同意すとの説、廷臣間に行はる」。拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(神田外語大学日本研究所紀要8号、2016.… https://t.co/sv0cZqj1Ha
RT @zasetsushirazu: 明治2年10月20日(1869年11月23日)、大村益次郎襲撃犯の神代直人について、斬首が決定された。処刑が執行された正確な日付は不明。下記リンクの論文、伊藤一晴「神代直人の捕縛-大村益次郎襲撃犯に対する山口藩の対応-」(『山口県文書館研…
RT @zasetsushirazu: 明治42年11月14日、山川二葉が死去。会津藩士・山川尚江の娘で、兄弟姉妹に山川浩と健次郎、大山捨松がいる。会津藩家老の梶原平馬と結婚。東京女子高等師範学校で教育に携わった。文献に、遠藤由紀子「会津藩家老梶原平馬をめぐる女性」(『女性文化…
RT @zasetsushirazu: 明治36年10月17日、松平頼聰が死去。幕末の高松藩主で、鳥羽・伏見の戦いで官位剥奪の「朝敵」処分を受けた。坂田充「学習院大学所蔵 高松松平家旧蔵書の概要とその伝来経緯」(『人文』6、2007年)は、頼聰の蔵書などが華族会館に寄贈された経…
RT @zasetsushirazu: 明治28年10月16日、石河確太郎(石河正竜)が死去。明治の紡績技術者で、幕末期には薩摩藩に招聘されて蒸気船建造や開成所での講義を担当するなど、重用された。堀江保蔵「近代日本の先駆的企業家」(『経済論叢』84-3、1959年)曰く、「紡績…
RT @zasetsushirazu: 安政6年9月14日(1859年10月9日)、梅田雲浜が死去。安政大獄で最初に逮捕され、獄死。中島嘉文「角田家本梅田雲浜安政大獄吟味関係資料について」(『福井県文書館研究紀要』13)は、雲浜の取り調べ調書を分析し、「尊攘運動の理論的支柱」と…
RT @zasetsushirazu: 文化5年8月17日(1808年10月6日)、長崎奉行・松平康英が死去。英国船フェートン号がオランダ国旗を掲げて長崎湾に侵入した事件の責任で、自刃した。長崎警備の問題について、梶原良則「寛政〜文化期の長崎警備とフェートン号事件」(『福岡大学…
続き)このあたり、拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩―西郷吉之助の動向を中心に― 」を参照ください。以下、ダウンロードも可能です。https://t.co/in1GB6YkW2
RT @zasetsushirazu: 明治26年9月1日、細川護久が死去。明治3年に熊本藩知事に就任して、弟・長岡護美と共に熊本藩の藩政改革を推進した。その際、横井小楠の門下生たちを多数登用した。三澤純「熊本藩明治三年藩政改革の再検討」(『文学部論叢』109、熊本大学、201…
RT @zasetsushirazu: 享和元年7月23日(1801年8月31日)、長久保赤水が死去。『大日本史』地理志の編纂に参加した地図製作者。周振鶴・鶴間和幸「長久保赤水と中国歴史地図の編纂」(『五浦論叢』1、1993年)曰く、「日本の地図史上見のがすことのできない重要人…
RT @zasetsushirazu: 天保12年7月14日(1841年8月30日)、林述斎が死去。松平定信に嘱望されて林家を嗣いだことは、林家の最大の画期とされる(小野将「近世後期の林家と朝幕関係」『史学雑誌』102-6)。朝鮮通信使との窓口役も務めた。幕末外交で活躍した林復…

10 0 0 0 IR 林研海の生涯

RT @zasetsushirazu: 明治15年8月30日、医師・林研海が死去。幕末の長崎でポンペに学んだ後、榎本武揚や沢太郎左衛門らと同じ船に乗ってオランダ留学。帰国後の明治期に、静岡病院長、陸軍軍医総監などを歴任。高橋慎司「林研海の生涯」(『早稲田大学大学院教育学研究科紀…
RT @zasetsushirazu: 明治32年8月19日、丸山作楽が死去(異説あり)。島原藩出身で、明治2年に外務大丞として樺太の領有権についてロシアと交渉。三ツ松誠「平田神学の遺産」(『宗教研究』92-2、2018年)曰く、明治政府の参議に就任する噂もあったぐらい、平田国…
RT @zasetsushirazu: 大正10年8月11日、前田正名が死去。薩摩藩出身で、大蔵省や農務省で活躍。多久島澄子「前田正名の「上州出張記憶書」と「卑見」」(『佐賀大学地域学歴史文化研究センター研究紀要』13)は、幕末の長崎で始まった大隈重信との関係を軸に、前田の国内…
RT @zasetsushirazu: 昭和2年7月30日、市川文吉が死去。慶応元年に幕府が派遣したロシア留学生で、明治6年に帰国。その後、再渡航して榎本武揚の樺太・千島交換条約交渉を通訳。宮永孝「幕末ロシア留学生市川文吉に関する一史料」(『社会労働研究』39-4)は、父・市川…
RT @zasetsushirazu: 竹ヶ原康佑「長州処分問題をめぐる仙台藩の動向」(『駿台史学』159、2017年)は、元治元年〜慶応期の仙台藩を分析。西国情勢の探索を通じて、中下級藩士層の中に長州藩への同情的意見が目立ってきたことを指摘。また、単独での行動よりも外部との連…
RT @yabattfit1962: 文久3年(1863年)7月24日 幕府の外艦攻撃詰問史の中根市之丞(一之允)らが朝陽丸で赤間関に到着。 #中根市之丞 #朝陽丸事件 https://t.co/aYLZr7h7up #町田明広 #赤間関 #長州藩 #長州
RT @yabattfit1962: 文久3年(1863年)7月24日 幕府の外艦攻撃詰問史・中根市之丞(一之允)らが朝陽丸で赤間関に到着。 #中根市之丞 #朝陽丸事件 https://t.co/aYLZr7h7up #町田明広 #赤間関 #長州藩 #長州
遅ればせながら、史学雑誌「回顧と展望」を拝読。「長州藩処分問題と薩摩藩―幕府・越前藩関係を中心に」(神田外語大学紀要11号)を紹介いただいていた。以下で、ダウンロード可能です。https://t.co/wcj78NFn9Z
RT @zasetsushirazu: 明治22年7月19日、杉田玄端が死去。蕃書調所教授、外国奉行支配翻訳御用頭取などを歴任。池田哲郎「江戸時代のオランダ系「地理」」(『福島大学学芸学部論集』12-1、1961年)は、杉田が翻訳した『地学正宗』を、「幕末において比較的まとまっ…
RT @zasetsushirazu: 明治7年7月12日、伊達慶邦が死去。幕末の仙台藩主で、東国最大の国持大名。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟の盟主。綿抜豊昭「伊達慶邦一座の七種連歌をめぐって」(『中央大学文学部紀要 言語・文学・文化』119、2017年)は、藩祖の伊達政宗以来行わ…
RT @yushisha: 明治学院大学国際平和研究所機関誌『PRIME』42号(2019年3月)に、「学術書編集と学問・著者・読者―中田英樹・高村竜平編『復興に抗する』をめぐって」という小文を書かせていただきましたが、それがリポジトリで公開されていました。ご笑覧いただければ幸…
RT @zasetsushirazu: 明治39年6月17日、矢野二郎が死去。文久3年、横浜鎖港談判使節に随行した幕臣。明治期、森有礼の推薦で駐米代理公使を務め、森が開設した商法講習所(一橋大学の起源)の初代所長に就任。小泉順也「東京高等商業学校と黒田清輝」(『言語社会』11)…
RT @zasetsushirazu: 平成28年5月24日、杉谷昭が死去。佐賀城本丸歴史館の初代館長で、著書に『江藤新平』(吉川弘文館)、『鍋島閑叟』(中公新書)、『鍋島直正』(佐賀城本丸歴史館)など。下記は、杉谷氏の論文「明治初年における府・藩・県三治制について」(『法制史…
続き)是日、佐次右衛門、帰藩の途に就き、慎太郎・楠左衛門、亦薩長二藩の連絡を図らんが為、西下す」。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」(『神田外語大学日本研究所紀要』9号、2017年)参照。https://t.co/nAmxbsCper

12 0 0 0 OA 平田神学の遺産

RT @zasetsushirazu: 明治20年5月19日、矢野玄道が死去。幕末維新期の著名な平田派国学者で、千人以上の門人がいたらしい。また、間接的な影響力という点で、三ツ松誠「平田神学の遺産」(『宗教研究』92-2、2018年)が、大隈重信・副島種臣らを指導した枝吉神陽が…
RT @AinuHateCounter: マーク・ウィンチェスター「分類学者-河野本道のアイヌ民族否定論(上)」神田外語大学日本研究所紀要:https://t.co/tsoWQXM4va #アイヌ #Ainu
今からちょうど154年前、慶應1年4月25日、「浪士坂本龍馬「直柔・元高知藩士」大坂を発し、鹿児島に向ふ。五月朔日鹿児島に著す」。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」(『神田外語大学日本研究所紀要』9号、… https://t.co/2K9n3k8V4w
RT @zasetsushirazu: 明治32年4月20日、遠藤允信(文七郎)が死去。幕末の仙台藩重臣で、政争に敗れて閉門。竹ヶ原康佑「文久期における仙台藩内政争の争点と「割拠」策への展開」(『駿台史学』162)が詳細。戊辰戦争の戦後処理を担当し、仙台藩の降伏を批判する榎本武…
続き)近藤長次郎は坂本龍馬とこの時点では同格であり、薩長融和に果たした役割を看過すべきではない」として、近藤長次郎を高く評価している。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」は、以下からダウンロードできます。https://t.co/A65OnLv6NI
RT @fzk06736: こういう論文が京大の紀要に載るのはたいへん結構だが、「現時点で、京都の神社仏閣を破壊したおそらく唯一の特撮作品が、テレビドラマ版『日本沈没』」と書かれてる。 沢水男規「『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999年)における京都 : 怪獣映画における都…
RT @zasetsushirazu: 昭和20年4月10日、文倉平次郎が死去。幕末期に太平洋を横断した咸臨丸に関する調査を行い、昭和13年に『幕末軍艦咸臨丸』を著した。中公文庫の上下巻などの形で何度か復刊された。『史学』17-2(1938年)所収の會田倉吉の書評は、文倉が咸臨…
RT @zasetsushirazu: 明治39年4月8日、長岡護美(雲海)が死去。熊本藩主・細川韶邦の弟で、幕末政局で「肥後の牛若」と称されたらしい。明治期にオランダ公使などを歴任。東京地学協会の設立主唱者の1人。石田龍次郎「『東京地学協会報告』(明治一二-三〇年) 」(『社…
RT @zasetsushirazu: 前田結城「明石市立文化博物館所蔵 黒田家文書「慶応四戊辰年日記」」(『リンク』9、2017年)は、明石藩の黒田久六による、元号が慶応から明治に変わる前後の日記を紹介。明治元年11月11日の部分には北越戦争関連の記述があり、例えば「越後表江…
RT @zasetsushirazu: 柏原宏紀「長州五傑と明治維新-「大阪と実学」に注目して-」(『法学研究』90-12、2017年)は、伊藤博文・井上馨・山尾庸三・井上勝・遠藤謹助の長州ファイブの概要を紹介。柏原氏は、『明治の技術官僚-近代日本をつくった長州五傑-』(中公新…
RT @zasetsushirazu: 元治2年2月28日(1865年3月25日)、西川升吉が死去。幕末の赤穂藩出身で、文久2年に家老の森主税および藩儒の村上真輔を暗殺(文久事件)。土佐藩の吉田東洋暗殺を参考にしたとする説がある。福永弘之「もう一つの「忠臣蔵」(I)」(『神戸文…
「ヘダ号の奇跡 日本とロシア 幕末交流秘」拝見。面白かった。ちなみに、拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好 」(日本研究所主催講演会 要旨)は以下でダウンロード可能です!https://t.co/4aFWiVFAYN
RT @zasetsushirazu: 明治33年2月26日、品川弥二郎が死去。長州藩出身で、慶応2〜3年、京都の薩摩藩邸内に長く滞在し、薩長提携の象徴のような役割を担った。齋藤伸郎「品川弥二郎 明治十四年懐中日記」(『獨協学園資料センター研究年報』8・9)曰く、明治14年の日…
拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
RT @zasetsushirazu: 大正11年2月8日、樺山資紀が死去。幕末の薩摩藩出身で、薩英戦争や戊辰戦争に従軍。西南戦争で熊本鎮台参謀長として、谷干城と共に熊本城に籠城した。海軍大臣、内務大臣などを歴任。齋藤伸郎「明治十四年 樺山資紀日記」(『国士舘史学』22)は、明…
佐々木克『幕末政治と薩摩藩』を久々に拝読。薩長同盟に関しては、だいぶ私の見解と異なっている。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月)を参照下さい。https://t.co/qtxOT4vv0S
今からちょうど153年前、慶応2年2月3日、「萩藩士木戸貫治「孝允・後準一郎」、鹿児島藩士黒田了介「清隆」を伴ひ、山口に帰る」。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要9号、2017… https://t.co/FF7laqw1C2
RT @zasetsushirazu: 慶応3年12月26日(1868年1月20日)、上山藩士・金子与三郎が死去。薩摩藩邸焼討事件で負った傷が死因。清河八郎暗殺に関与した疑惑がある。長南伸治「近代における旧上山藩士金子清邦像形成に関する一考察」(『国士舘史学』21)は、清河八郎…
RT @zasetsushirazu: 明治32年1月19日、勝海舟が死去。金澤裕之「咸臨丸米国派遣の軍事史的意義」(『近代日本研究』26)は、海舟の目指した海軍像がサンフランシスコで見た米国海軍で、そのイメージは木村芥舟も共通だったとする。金澤氏の著書『幕府海軍の興亡』(慶應…
今からちょうど154年前、元治1年12月28日、「鹿児島藩討幕の意ありて、内大臣近衛忠煕之に同意すとの説、廷臣間に行はる」。本件については、拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(『神田外語大学日本研究所… https://t.co/JxBIUlnWTu
安政東海地震については、拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好」 (日本研究所主催講演会 要旨)で言及しています。以下でダウンロード可能です。https://t.co/4aFWiVFAYN
RT @zasetsushirazu: 元治元年11月18日(1864年12月16日)、第1次長州征伐の総督・徳川慶勝が、自刃した長州藩の3家老(福原越後、国司信濃、益田右衛門介)の、首実検を行った。そこに至る過程は、町田明広「第一次長州征伐における薩摩藩」(『神田外語大学日本…
RT @zasetsushirazu: 明治34年12月13日、中江兆民が死去。幕末の土佐藩出身で、長崎で坂本龍馬と知り合ったらしい。幕末期の駐日フランス公使レオン・ロッシュの通訳を務めたこともある。村上興匡「中江兆民の死と葬儀」(『東京大学宗教学年報』19)などによれば、中江…
拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(『神田外語大学日本研究所紀要8号』、2016年)は以下を参照下さい。 https://t.co/bR9OnAxGwv
今からちょうど154年前、元治1年12月2日、「鹿児島藩討幕の意ありて、内大臣近衛忠煕之に同意すとの説、廷臣間に行はる」。拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩-西郷吉之助の動向を中心に-」(神田外語大学日本研究所紀要8号、2016.… https://t.co/8NFyBfuFUF
RT @zasetsushirazu: 明治18年11月27日、小曽根乾堂が死去。坂本龍馬の活動を支援した長崎の商人で、篆刻家・書家としても著名。明治4年、勅命で御璽と国璽を刻した。神野雄二「日本印人研究-小曽根乾堂の生涯とその系譜-」(『熊本大学教育学部紀要. 人文科学』55…
RT @rekinavi: 【史実】先ほど紹介した、坂本龍馬の新説に関する記事に出てきた、町田明広氏(神田外語大学准教授)の論文「慶応期政局における薩摩藩の動向 : 薩長同盟を中心として」は、KUIS学術リポジトリでpdf(72p)が公開されています。興味深い論述されています。…
RT @tsysoba: 図書館史的には宇喜田小十郎輯『開化節用集』明治8年 の京都集書院の彩色図版が印象的。 https://t.co/Lvnb3b3MR2 の右図と構図は同じだが、展示資料は勿論色付き。あと見開き左側。展示会チラシ裏に図版があるのでご参照を。 https:/…
RT @zasetsushirazu: 昭和32年11月2日、徳富蘇峰(猪一郎)が死去。『近世日本国民史』全100巻など多数の著作があり、言論界で影響力を持った。大島明秀「明治二十年代における「鎖国論」の多様性」(『日本文藝研究』59・3/4)は、蘇峰が『国民之友』に発表した「…
RT @zasetsushirazu: 安政6年9月24日(1859年10月19日)、儒者・佐藤一斎が死去。林述斎(岩瀬忠震の祖父)の門人で、昌平黌の教授を務めた。表向きは朱子学を講じたが、実際は陽明学を奉じていた。下記PDFは、中村安宏「林述斎と佐藤一斎の皇統意識について」(…
RT @zasetsushirazu: 明治10年10月10日、手塚良仙(良庵)が死去。緒方洪庵の適塾で学んだ蘭医で、お玉が池種痘所を設立。幕府の歩兵屯所附医師を務めた。漫画『陽だまりの樹』に登場する、手塚治虫の曽祖父。湯川敏治「関西大学創立者手塚太郎と漫画家手塚治虫」(『関西…
RT @zasetsushirazu: 明治32年9月26日、大木喬任が死去。幕末の佐賀藩出身で、明治期に東京府知事、文部大臣、司法大臣などを歴任。湯川文彦「明治初年の民政改革における〈教育〉の台頭」(『日本の教育史学』58)は、学制公布時の文部卿・大木の、民政経験を活かした教…
RT @zasetsushirazu: 渡邊忠司「王政復古期の京都警固体制」(『鷹陵史学』40、2014年)は、慶応3年12月の王政復古で旧幕府の京都市中の治安維持組織が解体し、早急な対応を必要とした新政府の思惑と、「主君」を失った元与力・同心たちの求職意識が合致したことによる…
続き)このあたり、拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩―西郷吉之助の動向を中心に― 」を参照ください。以下、ダウンロードも可能です。https://t.co/in1GB6YkW2
RT @zasetsushirazu: 森田朋子「「不平等」条約と領事裁判権-開港直後の日英交渉を中心として-」(『史学雑誌』105-4)は、万延元年、英国商人モスが禁止の遊猟を行い、逮捕しようとした役人を銃で撃った事件を題材に、領事裁判権を分析。森田氏の著書『開国と治外法権』…
拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩―西郷吉之助の動向を中心に―」(『日本研究所紀要』8号、2016年)は、以下からダウンロード可能です。https://t.co/in1GB6YkW2
RT @zasetsushirazu: 文久2年7月20日(1862年8月15日)、九条家の家士・島田左近が死去。天誅で暗殺された第1号。笹部昌利「「人斬り」と幕末政治」(『鷹陵史学』31)曰く、安政の大獄の際に井伊直弼の腹心・長野主膳と連携したことで、京都の町衆からも「「正義…
その後、「三月二日御沙汰書」(薩摩藩が企図した参勤交代・諸侯妻子在府の復旧および毛利父子・五卿の東行の中止)が幕府側に渡された。拙稿「慶応元年中央政局における薩摩藩の動向―将軍進発と条約勅許を中心に―」参照。https://t.co/e1wRWgUnqy  #西郷どん
その後、「三月二日御沙汰書」(薩摩藩が企図した参勤交代・諸侯妻子在府の復旧および毛利父子・五卿の東行の中止)が幕府側に渡されることになるが、ちょっと先走り過ぎた。拙稿「慶応元年中央政局における薩摩藩の動向―将軍進発と条約勅許を中心… https://t.co/9auTzZOT1a
書評と紹介 高村直助著『小松帯刀』(人物叢書269)https://t.co/oc75XpgTBx #西郷どん

16 0 0 0 OA 防長近世史談

RT @busyo3: 昨今、桐野作人さんや町田明広さんが使用されている「廃幕」という用語であるが、1927年刊行の村田峯次郎『防長近世史談』に「排幕」が使用されていることを確認(大小社、261頁)。以下➡https://t.co/9kaiO3OciR
RT @kagopic: この中の「元治元年前半の薩摩藩の諸問題―小松帯刀の動向を中心に」に、西郷隆盛が沖永良部島から召還された経緯が記されています。 無料でDL・閲覧できるので、是非。 #西郷どん https://t.co/hm7apkpySE https://t.co/…
RT @zasetsushirazu: 木村直也「日朝関係の近代的変容と境界領域」(『史苑』77-2、2017年)は、明治維新の対馬を分析。「ポサドニック号事件により、日本国の周縁にある対馬の防衛問題は全国的な関心となった」と指摘。大島友之允らの朝鮮進出論なども分析。 htt…
RT @zasetsushirazu: 明治14年5月26日、斎藤利行(渡辺弥久馬)が死去。幕末の土佐藩重臣で、坂本龍馬が最後に帰郷した慶応3年に、コンタクトした人物。明治政府の参議を務めた。坂本保富「明治初期における教育近代化の問題状況」(『教職教育』2)は、明治期の小林虎三…
続き)是日、佐次右衛門、帰藩の途に就き、慎太郎・楠左衛門、亦薩長二藩の連絡を図らんが為、西下す」。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」(『神田外語大学日本研究所紀要』9号、2017年)参照。https://t.co/nAmxbsCper
今からちょうど153年前、慶應1年4月25日、「浪士坂本龍馬「直柔・元高知藩士」大坂を発し、鹿児島に向ふ。五月朔日鹿児島に著す」。このあたり、拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」(『神田外語大学日本研究所… https://t.co/1YHHwgLYjS
RT @T_urade1987: @machi82175302 笹部さん論考によれば、元々は朝議改革を望んでいた三条実美が、別勅使に選ばれたことで人望を得、また勅書に添えられた別紙の元案となったのが長州藩だったことなどから結びつきを強め、京都で長州が親兵政策を推し進める中で協動…
拙稿「慶応元年中央政局における薩摩藩の動向―将軍進発と条約勅許を中心に-」(『神田外語大学日本研究所紀要』10号、2018.3)がリポジトリで公開されました。ダウンロードも可能です。よろしければ、ご覧ください。https://t.co/e1wRWgUnqy

12 0 0 0 OA 七年史

RT @T_urade1987: 『七年史』には面白い史料が引用されていますね。清河八郎の仙台藩、あるいは会津藩士宛てと推測される書簡など、とても興味深い。久光の大原勅使との東下を当初清河は快く思っていなかったこと、「関東にては会津奮起致すべくとも思い候」と考えていたことなどが…

4 0 0 0 OA 北潜日抄

RT @siturakutei: @machi82175302 町田様、いきなり何ですが、私としては安井息軒の『北潜日抄 巻二』のこの記述(https://t.co/AbdK2WjpX0)がどうにも気になるのですが・・・。
続き)近藤長次郎は坂本龍馬とこの時点では同格であり、薩長融和に果たした役割を看過すべきではない」として、近藤長次郎を高く評価している。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として―」は、以下からダウンロードできます。https://t.co/A65OnLMHFg
RT @archerknewsmit: 神田外語大学日本研究所紀要第10号に私の論文「分類学者(ルビ:タクソノミスト):河野本道のアイヌ民族否定論(上)」が掲載されました。PDF無料ダウンロード出来るようになりましたので、ぜひ。 https://t.co/2Pk1l8oUKO
@lalan1858 そうでしたね。拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好」 (日本研究所主催講演会 要旨)があります。小論ですが。https://t.co/4aFWiVFAYN
京都民報で中村武生さん連載中の「龍馬、新発見」で、拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月)を続けて大きく取り上げていただいている。多謝!https://t.co/qtxOT4vv0S
RT @zasetsushirazu: 堅田智子「アレクサンダー・フォン・シーボルト『欧州国際法への日本の加入』」(『紀尾井論叢』1、2013年)は、有名なフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの息子で、幕末の英国公使館通訳を務め、明治政府にお雇い外国人として雇用されたアレク…
RT @zasetsushirazu: 明治6年3月14日、国際結婚を認める太政官布告103号が出された。旧幕府時代から、英国などから問い合わせを受けていたことに対応し、フランスのナポレオン法典を参考に制定したものだという。嘉本伊都子「「国際結婚」の歴史社会学的類型」(『社会学…
拙稿「第一次長州征伐における薩摩藩―西郷吉之助の動向を中心に―」(『日本研究所紀要』8号、2016年)は、以下からダウンロード可能です。https://t.co/in1GB6YkW2
続き)残念ながら、部数もなく、また販売するものでもないため、以下からダウンロードをお願いしました。年度内に拙著内で言及できるかと存じます。その際は、どうかよろしくお願いいたします。https://t.co/A65OnLMHFg
RT @rekinavi: 【史実】先ほど紹介した、坂本龍馬の新説に関する記事に出てきた、町田明広氏(神田外語大学准教授)の論文「慶応期政局における薩摩藩の動向 : 薩長同盟を中心として」は、KUIS学術リポジトリでpdf(72p)が公開されています。興味深い論述されています。…
RT @zasetsushirazu: 明治36年2月21日、市来四郎が死去。幕末の薩摩藩士で、明治期は島津家の修史事業に尽力。また、西郷隆盛と互いに批判し合っていた。大久保利謙「王政復古史観と旧藩史観・藩閥史観」(『法政史学』12、1959年)は、市来が奔走して史談会を創設さ…
拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月予定)。幕末期の黒田清隆を、ここまで扱った論文を知らない。https://t.co/qtxOT4vv0S
RT @nagisanoyuki: 「田宮如雲は尾張藩主徳川慶勝と幕末浮沈の運命を共にし、その藩主への捨て身の忠誠心は岩倉具視や西郷隆盛らも一目置いたと言われる実力者」如雲のことは前から気になってるんですが、まつさんにも「慶勝と如雲は春嶽と雪江みたいな関係」と言われ、ますます興…
佐々木克『幕末政治と薩摩藩』を久々に拝読。薩長同盟に関しては、だいぶ私の見解と異なっている。拙稿「慶応期政局における薩摩藩の動向―薩長同盟を中心として」(神田外語大学日本研究所紀要、2017年3月)を参照下さい。https://t.co/qtxOT4vv0S

お気に入り一覧(最新100件)

上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された… https://t.co/vMCDfwuCAm
1894年1月22日、モンブラン(ベルギー貴族)が死去。五代友厚と頻繁に交流するなど薩摩藩と関係が深く、パリ万博への薩摩藩の参加に協力。一時期、明治政府からパリ総領事に任命された。文献に、宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」… https://t.co/Dgpv78vIxH
三好彰「アメリカ人が見た川﨑道民-万延元年遣米使節団のアメリカ最新医療体験-」(『佐賀大学地域学歴史文化研究センター研究紀要』13、2018年)は、万延元年の遣米使節団や文久遣欧使節団に随行した佐賀藩の医師・川崎道民に関して、米国… https://t.co/CHKFmu9JEq
王一兵「幕府天文方における蘭学の展開-蘭学の公学化を中心に-」(『文化』82、2019年)は、18世紀〜19世紀にかけて対外関係の緊張が高まる中、蘭学者たちは、海外情報の収集における蘭学の有用性を発信していくことで権力者の支持を調… https://t.co/DKUv8JbanQ
石井耕「日本の人事政策の起源-江戸幕府後期御家人の人材登用と昇進-」(『北海学園大学学園論集』156)は、日本企業の人事政策の構成要素「学問→試験→登用」の起源が、幕末の幕府にあったと指摘。田辺太一、中村正直など昌平坂学問所の学問… https://t.co/EKrv0J2xcT
岩田高明「「福田作太郎筆記」の「欧州探索」にみる西洋教育制度受容過程の分析」(『日本の教育史学』49、2006年)は、文久遣欧使節団に参加した福田作太郎の記録のうち、『西洋見聞集』(岩波書店)に未収録で、先行研究でも未紹介の、西洋… https://t.co/pUcYyk2hG3
明治28年10月16日、石河確太郎(石河正竜)が死去。明治の紡績技術者で、幕末期には薩摩藩に招聘されて蒸気船建造や開成所での講義を担当するなど、重用された。堀江保蔵「近代日本の先駆的企業家」(『経済論叢』84-3、1959年)曰く… https://t.co/mGYGI3I9Ns
明治20年10月16日、真田喜平太(幸歓)が死去。幕末の仙台藩士で、真田信繁の子孫と言われる。高島流砲術を学んだ砲術家で、竹ヶ原康佑「嘉永期における仙台藩重臣・中嶋恒康の海防政策と砲術攻究」(『明治大学博物館研究報告』20)は、中… https://t.co/wZ4Z5UC6lD
明治17年10月12日、川路高子が死去。幕末の幕臣・川路聖謨の妻で、慶応4年に夫が自殺した後も明治の世を生きた。揖斐高ほか「国立国会図書館蔵『川路高子日記』-翻刻と解題および人名索引-」(『成蹊人文研究』19)は、夫が奈良奉行を務… https://t.co/6KtnV0tj8D
安政6年9月14日(1859年10月9日)、梅田雲浜が死去。安政大獄で最初に逮捕され、獄死。中島嘉文「角田家本梅田雲浜安政大獄吟味関係資料について」(『福井県文書館研究紀要』13)は、雲浜の取り調べ調書を分析し、「尊攘運動の理論的… https://t.co/MrpiZxn7Nd
文化5年8月17日(1808年10月6日)、長崎奉行・松平康英が死去。英国船フェートン号がオランダ国旗を掲げて長崎湾に侵入した事件の責任で、自刃した。長崎警備の問題について、梶原良則「寛政〜文化期の長崎警備とフェートン号事件」(『… https://t.co/7LHTvr85J5
明治18年9月27日、都築温(都築荘蔵)が死去。慶応3年10月、大政奉還の趣旨が二条城で諸藩重臣に説明された際、宇和島藩代表として出席。将軍・徳川慶喜にも謁見。大政奉還が勅許されたことを帰国して報告(三好昌文「幕末期宇和島藩の動向… https://t.co/a9217rVV44
明治2年8月13日(1869年9月18日)、土肥典膳が死去。岡山藩重臣で、文久2年に京都で国事周旋を開始。中川和明「平田塾と地方国学の展開」(『書物・出版と社会変容』11)曰く、「岡山藩の幕末維新史を語るうえでたいへん重要な人物」… https://t.co/QNZGKoWETi
安政2年7月26日(1855年9月7日)、井戸弘道が死去。幕末の幕臣で、嘉永6年のペリー来航の際に浦賀奉行。後年、永井尚志は、学識はあるが、「決断之乏敷は、其短なる所」と評した。河内八郎「伊達宗城とその周辺(続)」(『茨城大学人文… https://t.co/A6p6N7VUiZ
明治40年9月6日、名村泰蔵が死去。幕末のオランダ通詞で、英語・フランス語・ドイツ語も習得し、慶応3年にパリ万博に赴く徳川昭武に随行。明治期には司法官僚の道を歩み、ボアソナード招聘に尽力した。石原千里「名村五八郎と名村泰蔵」(『英… https://t.co/dTLKNNMmBj
明治26年9月1日、細川護久が死去。明治3年に熊本藩知事に就任して、弟・長岡護美と共に熊本藩の藩政改革を推進した。その際、横井小楠の門下生たちを多数登用した。三澤純「熊本藩明治三年藩政改革の再検討」(『文学部論叢』109、熊本大学… https://t.co/0ZNqZ8w8ih
天保12年7月14日(1841年8月30日)、林述斎が死去。松平定信に嘱望されて林家を嗣いだことは、林家の最大の画期とされる(小野将「近世後期の林家と朝幕関係」『史学雑誌』102-6)。朝鮮通信使との窓口役も務めた。幕末外交で活躍… https://t.co/x5JpIXP6Ch

10 0 0 0 IR 林研海の生涯

明治15年8月30日、医師・林研海が死去。幕末の長崎でポンペに学んだ後、榎本武揚や沢太郎左衛門らと同じ船に乗ってオランダ留学。帰国後の明治期に、静岡病院長、陸軍軍医総監などを歴任。高橋慎司「林研海の生涯」(『早稲田大学大学院教育学… https://t.co/DG93tqnjpH
奈良勝司「社会文化史」(『日本研究』57、2018年)は、奈良勝司『明治維新と世界認識体系』(有志舎)、渡辺京二『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー)、笠谷和比古『近世武家社会の政治構造』(吉川弘文館)、渡辺尚志『近世百姓の底力… https://t.co/o0GtPGl1xQ
慶応4年6月27日(1868年8月15日)、英学者・嵯峨根良吉が死去。幕末の宮津藩出身で、薩摩藩の開成所に雇用された。竹内力雄「山本覚馬覚え書(5)「管見」を中心に」(『同志社談叢』34)は、慶応3年に、赤松小三郎と同一内容の政体… https://t.co/QCHscfvKUC
慶応元年6月24日(1865年8月15日)、喜多岡勇平が死去。幕末の福岡藩士で、黒田長溥に信任され、長州征伐や五卿移転問題の解決に奔走した。梶原良則「長州出兵をめぐる政治情況」(『史淵』129)は、喜多岡の周旋が薩長和解の端緒にな… https://t.co/o2UzY0AH9S
大島明秀「十九世紀国学者における志筑忠雄訳『鎖国論』の受容と平田国学」(『日本文藝研究』57-1)は、平田篤胤以降の国学者が志筑忠雄の『鎖国論』を「西洋人ケンペルによる日本讃美論」として読み解き、その後の国内で日本の優秀さを説く古… https://t.co/7ufMqRgHzK
昭和2年7月30日、市川文吉が死去。慶応元年に幕府が派遣したロシア留学生で、明治6年に帰国。その後、再渡航して榎本武揚の樺太・千島交換条約交渉を通訳。宮永孝「幕末ロシア留学生市川文吉に関する一史料」(『社会労働研究』39-4)は、… https://t.co/oTYWfZRW2w
竹ヶ原康佑「長州処分問題をめぐる仙台藩の動向」(『駿台史学』159、2017年)は、元治元年〜慶応期の仙台藩を分析。西国情勢の探索を通じて、中下級藩士層の中に長州藩への同情的意見が目立ってきたことを指摘。また、単独での行動よりも外… https://t.co/OAqzSz9800
明治2年6月6日(1869年7月14日)、鵜殿鳩翁(長鋭)が死去。幕臣で、日米和親条約交渉に携わり、文久3年に浪士組取扱。永井尚志は、「人材登庸を重んし、職掌を辱めす」と評した(河内八郎「伊達宗城とその周辺(続)」『茨城大学人文学… https://t.co/Xm5slYzUve
明治7年7月12日、伊達慶邦が死去。幕末の仙台藩主で、東国最大の国持大名。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟の盟主。綿抜豊昭「伊達慶邦一座の七種連歌をめぐって」(『中央大学文学部紀要 言語・文学・文化』119、2017年)は、藩祖の伊達政宗… https://t.co/4lKvXaygaN
奈倉哲三「史料蒐集の醍醐味-戊辰戦争期の江戸民衆意識解明を目指して-」(『跡見学園女子大学人文学フォーラム』15、2017年)は、慶応4年閏4月に大村益次郎が江戸府民の「民心朝廷離叛」を把握したことや、民心掌握に天皇の東幸が有効と… https://t.co/E10G0QpKVx
安政5年4月23日(1858年6月4日)、彦根藩主・井伊直弼が大老に就任した。井上勲「大老 井伊直弼」(『学習院史学』35、1997年)は、「大老に期待された役割とは、将軍代替りにともなって発生が予測される危機を管理することである… https://t.co/QmXm04byUO
井上泰至「文禄・慶長の役を記憶する-「復古」/「維新」の前提としての武家説話-」(『日本文学』59-10、2010年)は、同氏の著書『秀吉の対外戦争』(笠間書院、2015年)第9章の元論文。幕末期に洋学者や幕府の外交担当者を含めて… https://t.co/KaPsEkOxsB
岩田みゆき「戸張伝右衛門『慶応日記帳』にみる御料兵の実態について-慶応四年四月脱走前の動向-」(『青山史学』36、2018年)は、幕領で御料兵として徴発された戸張伝右衛門の日記を分析。戊辰戦争で会津まで赴いて新政府軍と戦った人物で… https://t.co/6P2JDpZ1nx
昭和9年4月12日、田島応親(田島金太郎)が死去。幕末の幕臣で、横浜仏語伝習所に入り、戊辰戦争の際には通訳として箱館まで赴き、ブリュネら榎本武揚に協力したフランス人を手引き。澤 護「箱館戦争に荷担した10人のフランス人」(『千葉敬… https://t.co/JupKyFGvze
元治2年2月28日(1865年3月25日)、西川升吉が死去。幕末の赤穂藩出身で、文久2年に家老の森主税および藩儒の村上真輔を暗殺(文久事件)。土佐藩の吉田東洋暗殺を参考にしたとする説がある。福永弘之「もう一つの「忠臣蔵」(I)」(… https://t.co/9fBGaBQdnW
本庄栄治郎「幕末の上海貿易」(『經濟論叢』46-5、1938年)は、経済史研究の先駆者による戦前の論文。文久期に幕府が上海に派遣した千歳丸と健順丸による貿易について、幕府自らが出貿易を試みた事例として重要で、海外見聞や大洋航海の経… https://t.co/lqeYxK3a7H
昭和9年3月1日、長沢鼎が死去。幕末の薩摩藩英国留学生の最年少メンバー。帰国せず、カリフォルニアでブドウ王になった。森孝晴「長沢鼎の手紙の下書きとそこに込められた思いと精神」(『国際文化学部論集』13-1、2012年)は、留学生仲… https://t.co/w5N7CdzNuW
須賀博樹「因州鳥取藩と大坂両替商-文久三年~慶応元年の大名貸-」(『経済史研究』21、2018年)は、幕末の鳥取藩主・池田慶徳による国事周旋と京都警衛に関して、その財政状況を分析。鳥取藩が、慶徳の兄・徳川慶篤が藩主を務める水戸藩に… https://t.co/N1pngmLjem
明治41年2月16日、建野郷三が死去。幕末の小倉藩士で、幕長戦争で長州藩と交戦。小倉城の落城後も抗戦を主張し、赤心隊を結成した。明治期に大阪府知事、駐米公使などを歴任。片岡正彦「明治18年の淀川洪水と北河内」(『京都歴史災害研究』… https://t.co/11ZMoAhIr7
柳澤京子「長州戦争と労働者」(『お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター研究年報』13、2017年)は、幕末の長州戦争(長州征伐、幕長戦争)において、いわゆる諸隊に参加した賃銀労働者集団を分析。諸隊の内部や周辺には、「稼ぎ」を求… https://t.co/pBcRyoISil
明治33年1月5日、秋月悌次郎(秋月韋軒)が死去。幕末の会津藩士で、文久3年8月18日の政変で重要な役割を果たした。中西達治「秋月悌次郎の公用局復帰」(『金城学院大学論集 人文科学編』15-1、2018年)は、慶応2年に勤務してい… https://t.co/ILgDKG6RtP
明治29年1月4日、伊江朝直(伊江王子、尚建)が死去。琉球の政治家で、明治5年に維新政府慶賀使として上京し、琉球国王を琉球藩王とする勅語を受理。川畑恵「琉球国から琉球藩へ」(『沖縄文化研究』34)曰く、天皇への拝謁は、「明治国家の… https://t.co/uzbmUjoZOg
明治16年12月28日、嶺田楓江が死去。幕末の田辺藩士。嘉永2年にアヘン戦争を題材にした『海外新話』を著したが、海外事情を書いた内容が幕府に問題視されて投獄された。奥田尚「嶺田楓江『海外新話』の一部分の紹介」(『アジア観光学年報』… https://t.co/8RX4HeMcWR
嘉永元年11月8日(1848年12月3日)、坪井信道が死去。蘭方医で、門下に緒方洪庵や黒川良安(佐久間象山に蘭学を教えた)がいた。村田清風の依頼などにより、長州毛利家に仕えた。森川潤「萩藩医坪井信道」(『広島修大論集』51-2、2… https://t.co/MzLm0wxa2D
明治18年11月27日、小曽根乾堂が死去。坂本龍馬の活動を支援した長崎の商人で、篆刻家・書家としても著名。明治4年、勅命で御璽と国璽を刻した。神野雄二「日本印人研究-小曽根乾堂の生涯とその系譜-」(『熊本大学教育学部紀要. 人文科… https://t.co/ybiJDsCtSC
明治4年10月8日(1871年11月20日)、安藤信正(信睦)が死去。井伊直弼の横死後、久世広周と共に幕政を切り盛り。坂下門外の変で襲撃された。菊地久「維新の変革と幕臣の系譜(4)」(『北大法学論集』31-2)曰く、「外交に関して… https://t.co/rKoup3WAPz
明治21年11月18日、日向延岡藩の第7代藩主だった内藤政義(井伊直弼の弟)が死去。大賀郁夫「隠居大名の幕末・維新」(『宮崎公立大学人文学部紀要』25-1、2018年)は、譜代小藩の隠居が幕末をどのように生きていたのか、政義の元治… https://t.co/zh2fs2W2qL
昭和32年11月2日、徳富蘇峰(猪一郎)が死去。『近世日本国民史』全100巻など多数の著作があり、言論界で影響力を持った。大島明秀「明治二十年代における「鎖国論」の多様性」(『日本文藝研究』59・3/4)は、蘇峰が『国民之友』に発… https://t.co/BKTXOTT7F5
安政6年10月6日(1859年10月31日)、三条実万(三条実美の父親)が死去。幕末の公家社会で影響力のあった人物。佐竹朋子「三条実万の思想形成について」(『京都女子大学大学院文学研究科研究紀要 史学編』4、2005年)は、実万の… https://t.co/3z8FPnSLST
安政6年9月24日(1859年10月19日)、儒者・佐藤一斎が死去。林述斎(岩瀬忠震の祖父)の門人で、昌平黌の教授を務めた。表向きは朱子学を講じたが、実際は陽明学を奉じていた。下記PDFは、中村安宏「林述斎と佐藤一斎の皇統意識につ… https://t.co/cq4rc6kNHE
明治23年10月17日、岩倉具経が死去。岩倉具視の子で、戊辰戦争の際に東山道鎮撫副総督に就任。英語を学んだフルベッキの世話で、米国のラトガース大学に留学。その頃、「龍 小二郎」と名乗っていたらしい(加島巧「近代日本の夜明け」『長崎… https://t.co/ulb6MSiqTX
明治28年10月16日、石河確太郎(正竜)が死去。杉田成卿に蘭学を学んだ後、幕末の薩摩藩に招聘され、蒸気船の建造や開成所での講義などを担当。薩摩藩英国留学生の人選にも関与。田村省三「薩摩藩における蘭学受容とその変遷」(『国立歴史民… https://t.co/1WE9HqN7ZJ
山下太郎「維新前夜の日本におけるイギリスとフランス」(『イギリス哲学研究』12-0、2018年)は、幕末〜明治にかけて、フランス思想よりもイギリス思想の方が最終的に日本に受容されていったと言う。その経緯や理由を解説し、その際に旧幕… https://t.co/8uAKRV7P06
慶応3年7月29日(1867年8月28日)、中岡慎太郎らが土佐藩の白川邸に居を定めた。ここが、陸援隊の屯所とされる。笹川尚紀「土佐藩白川邸・尾張藩吉田邸にまつわる覚書」(『京都大学構内遺跡調査研究年報』2016年度)は、中岡が白川… https://t.co/Q32KTnJCNi
明治10年8月24日、柴田剛中が死去。幕末の幕臣として外国奉行を務め、海外渡航も経験するなど外交畑を歩んだ。上安祥子「幕末維新期におけるパブリックなるものの受容」(『白鴎大学論集』31-1)は、柴田と福沢諭吉に関して、日本になかっ… https://t.co/ryVtzmAHd4
大島明秀『「鎖国」という言説-ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史-』(ミネルヴァ書房、2009年)は、「鎖国」という言葉が日本語に定着する様相を分析。関連論文に、大島明秀「『「鎖国」という言説』補遺(1)「鎖国祖法」という呼… https://t.co/JYetrfHsxN
本庄栄治郎「幕末に於ける幕府有司の開國思想」(『經濟論叢』42-2、1936年)は、日米和親条約や通商条約など、重要な外交局面ごとの幕臣たちの意見を分析した戦前の研究成果。積極的・消極的の違いはあれども、幕臣たちの多くは早い時期か… https://t.co/xVjiP19Spj
元治元年6月25日(1864年7月28日)、久世広周が死去。井伊直弼の死後、安藤信正と共に幕政を主導した。菊地久「維新の変革と幕臣の系譜(4)」(『北大法学論集』31-2、1980年)曰く、久世と安藤の政策が、幕府内部の「開明分子… https://t.co/hYocLETGQE
CiNii 論文 -  会津藩家老山川家の明治期以降の足跡 ―次女ミワの婚家・桜井家の記録から ― https://t.co/P8YrhJwn3E #CiNii
この論文も紹介。 「むしろ海軍力を沿岸海軍の枠外で活用しようとする動きは軍艦方以外から起きる。」と、小笠原島回収の話が登場。 CiNii 論文 -  文久期における幕府の海軍運用構想 (『史学』文学部創設一二五年記念号第一分冊(… https://t.co/xt6JpEmFH7
明治35年5月25日、宗義達(宗重正)が死去。幕末の対馬藩主で、明治期に外務大丞を務めた。勝田政治「大久保政権の朝鮮政策」(『国士舘史学』18、2014年)は、征韓論争後の大久保利通や外務卿の寺島宗則が、日朝交渉の打開策として、宗… https://t.co/VuyIfvNA37
明治43年3月17日、いわゆる草莽の志士・佐藤清臣が死去。大垣新田藩出身で、佐藤信淵や平田銕胤に師事。相楽総三らと交流し、赤報隊に参加した。明治期には地方教育に携わった。大濱徹也「佐藤清臣小伝-ある草莽の生涯をめぐって-」(『中京… https://t.co/c1yA6OpVNG
明治36年2月21日、市来四郎が死去。幕末の薩摩藩士で、明治期は島津家の修史事業に尽力。また、西郷隆盛と互いに批判し合っていた。大久保利謙「王政復古史観と旧藩史観・藩閥史観」(『法政史学』12、1959年)は、市来が奔走して史談会… https://t.co/KGAoTmatvh
鍵RT CiNii 論文 - 伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/BF5Dj1Wul3 #CiNii ( https://t.co/OWXsviUwFb )
明治33年2月4日、歌人・税所敦子が死去。薩摩藩士の夫と死別後、近衛家に仕え、さらに高崎正風の推挙で明治8年から宮中に出仕し、昭憲皇太后の歌の相手ととなった。「明治の紫式部」と呼ばれる。長福香菜「御歌所派歌人税所敦子」(『国文学攷… https://t.co/djj43jJ6XZ
明治28年2月2日、林洞海が死去。幕末の蘭方医で、幕府奥医師。明治政府にも出仕。同門の先輩・佐藤泰然(順天堂創始者)の娘と結婚。樋口雄彦「静岡藩の医療と医学教育」(『国立歴史民俗博物館研究報告』153、2009年)は、林の静岡藩時… https://t.co/Iln1VSbk9v
後藤乾一「ジョン万次郎・平野廉蔵と小笠原諸島」(『アジア太平洋討究』29、2017年)は、幕末の水野忠徳らによる小笠原の調査について、幕府が「回収」と同時に領有権の裏付けとなる「開拓」を重視したと指摘。「開拓」の重要な柱となったジ… https://t.co/bXlnTAWmIL
大正3年1月15日、中原尚雄が死去。西郷隆盛殺害の密命を帯びて鹿児島に帰郷したと疑われ、西南戦争のきっかけを作った。秋山博志「中原尚雄の官歴再考」(『佛教大学大学院紀要 文学研究科篇』45、2017年)は、中原が到達した警部長とい… https://t.co/IDmRHZenRz
高久智広「出世双六にみる幕臣の出世」(『国立歴史民俗博物館研究報告』182、2014年)は、武士の出世を題材にした双六を題材に、江戸幕府の幕臣たちの出世観などを分析。上司や同僚との間の贈答儀礼が、昇進と不可分の関係にあったと指摘。 https://t.co/lNltbiCRYX
佐藤理恵「維新期佐賀藩海軍とその終焉」(『佐賀大学地域学歴史文化研究センター研究紀要』12、2017年)は、長崎警備のため早くから西洋技術を導入して整備された佐賀藩海軍が、廃藩置県に向かう中央集権化の過程でどのように終焉したか分析。 https://t.co/aWJVu8VAFQ
渡邊ゆきの「戊辰戦争戦没者の墓石の劣化状態」(『奈良大学大学院研究年報』22、2017年)は、函館、松前、会津若松、白河、柏崎など全国各地の戊辰戦争戦没者の墓(明治元年〜2年頃に建立されたもの)の状態を調査し、保存対策の必要を提言。 https://t.co/wbrUTwtE0p
文久3年9月2日(1863年10月14日)、仏陸軍のカミュ少尉が横浜で浪士に殺された(井土ヶ谷事件)。澤 護「井土ヶ谷事件と遺仏使節池田筑後守」(『千葉敬愛経済大学研究論集』29)は、事件と池田長発の横浜鎖港談判使節の関連を紹介。 https://t.co/Oy5zal8eJz
金澤裕之「文久期における幕府の海軍運用構想」(『史学』84)によれば、小野友五郎や勝海舟ら軍艦方は、海軍を台場の補助戦力と見なす傾向が強かった。むしろ、軍艦の外洋への積極的展開を求めたのは、水野忠徳など外国奉行や大小目付だった。 https://t.co/rSKsO5E7B6
熊野秀一「公現法親王の奥羽越列藩同盟における役割について」(『大正大学大学院研究論集』37、2013年)は、輪王寺宮公現法親王が、奥羽越列藩同盟に対して、軍事的象徴、仏法的権威を持つ皇族としての役割を果たしていたとする。 https://t.co/NC4ThImJvC
奈倉哲三「『復古記』不採録の諸記録から探る江戸情勢(3)-「薩摩藩邸焼き討ち事件」の史料的解明(その2)-」(『跡見学園女子大学文学部紀要』50、2015年)は、従来の研究で未活用だった史料も駆使して、慶応3年末の江戸を分析。 https://t.co/PftHWod9up
佐々木克「明治6年政変と大久保利通」(『奈良史学』28、2010年)は、征韓論政変に関して、岩倉具視が西郷隆盛を政府から排除するつもりがなかったことから、権力闘争と捉える見方に否定的。また、西郷辞職を悔いる黒田清隆の言葉などを紹介。 https://t.co/f0Fs02nAep
金澤裕之「咸臨丸米国派遣の軍事史的意義」(『近代日本研究』26、2009年)は、海軍建設に関する勝海舟と木村喜毅の政治スタンスは正反対だが、2人ともサンフランシスコで見た米国海軍を目指すべき海軍像としていた点が共通していると指摘。 https://t.co/PHnK3QZ5ij
明治21年4月11日、上野景範が死去。上野は幕末の薩摩出身で、英学を学び、開成所に勤務。明治期は外交官として条約改正交渉などに尽力。門田明「日本近代化と上野景範」(『鹿児島県立短期大学研究年報』19)は、上野の事績についての講演録。 https://t.co/FbmXJMZiGL
小泉雅弘「史料紹介 戊辰内乱期の秋田藩と新政権」(『駒澤史学』86、2016年)は、戊辰戦争期の秋田藩が奥羽列藩同盟に加わりながらも新政府との関係性を保持しようとしたとして、その実態分析に役立つと思われる史料「公務控」の一部を紹介。 https://t.co/RedL6Z10Dy
高橋小百合「〈木戸孝允〉を支えた女」(『北海道大学大学院文学研究科研究論集』16、2016年)は、明治以降に木戸孝允の「偉大さ」を語る言説の中で、近代日本の男女交際論の流行を先取りする形で木戸と幾松の物語も歓迎されたと指摘。 https://t.co/bqEUSYS6hx
大島明秀「馬琴と「鎖国論」」(『文彩』10、2014年)は、『南総里見八犬伝』などの著者として知られる曲亭馬琴(滝沢馬琴)が所持した志筑忠雄の『鎖国論』の写本を素材に、近世後期における『鎖国論』の受容のされ方の問題などを分析する。 https://t.co/OokVAMatD8
友田昌宏ほか「岩出山伊達家の戊辰戦争」(『東北アジア研究叢書』53、2016年)は、岩出山伊達家(仙台藩家臣の家)の家臣だった吾妻家に伝わる史料「奉宿若御用留」を紹介。慶応4年の仙台屋敷について記載されている。解題を友田氏が執筆。 https://t.co/pO9GJMu0xu
中村萬里「江戸幕末期の薩摩アクセント-安政3年生まれ岩山トク氏の談話録音テープをもとに-」(『筑紫女学園大学紀要』16、2004年)は、鹿児島市の維新ふるさと館に保存されている、安政3年生まれの女性の昭和27年の談話録音を分析。 https://t.co/gjuNKCRIbF
安政6年10月7日(1859年11月1日)、松平慶永の腹心として活躍した橋本左内が処刑された。高木不二「グリフィスと橋本左内」(『福井県文書館研究紀要』13、2016年)は、米国ラトガース大学が所蔵する『橋本左内略伝』について考察。 https://t.co/N1ABrHua1B
CiNii 論文 -  <研究ノート>大久保政権の成立をめぐる一考察 https://t.co/McgC1tVFvY #CiNii 木戸さんの御機嫌取りする大久保さんと二人の間で苦労している伊藤さん・岩倉さんの図
薩長商社計画についての論文をご紹介致します。商社計画に坂本龍馬は関与していたのか検証する内容です。「龍馬伝説」を考える上でも重要です。 松下祐三「薩長商社計画と坂本龍馬:坂崎紫瀾の叙述をめぐって」(『駒澤史学』59号、2002年)。 https://t.co/45rLOJGBD0
藤野保『近世国家解体過程の研究-幕藩制と明治維新-』前編と後編(どちらも吉川弘文館)という研究書がある。合計で1500ページを超える大著で、近世全般を見通す。下記リンクから、家近良樹氏による、幕末維新期を中心とする書評を読める。 https://t.co/IJIXrPZyiP
菊地久「維新の変革と幕臣の系譜:改革派勢力を中心に(三)-国家形成と忠誠の転移相克-」(『北大法学論集』31-1、1980年)は、幕末の幕臣を研究した一連の論文の3本目。川路聖謨、水野忠徳、岩瀬忠震らの忠誠の問題などを論じる。 https://t.co/nNJQBwrMik
沢 護「箱館戦争に荷担した10人のフランス人」(『千葉敬愛経済大学研究論集』31、1987年)は、榎本武揚の軍に加わり、「わざわざ蝦夷地まで向って官軍と戦ったフランス人」の、維新期の日本での動向を分析する試み。 https://t.co/ThWLZutMC0
CiNii 論文 -  長州藩尊攘派の形成及び抬頭に関する一考察 https://t.co/rVlSjeus9W #CiNii ↓の文久元年の産物方関連で探していた論文見つけたので #メモ https://t.co/An6ekfPWRt
井上勝也「山本覚馬と新島襄 1」(『新島研究』101、2010年)は、明治8年に出会った山本覚馬と新島襄が、なぜ短期間に理解し合い、晩年まで関係性が継続したのか、覚馬の会津藩時代の生い立ちや慶応4年の建白書「管見」から考察する。 https://t.co/2OoxFDhnAf
内山幹生「第一次長州征討にみる熊本藩の兵站-民間人が担った兵站活動の事例-」(『熊本史学』92、2010年)は、日本史における近代以前の兵站に関する研究が手薄と見て、表題のテーマを分析。近世末期の兵站事情を戦国期と同レベルと見る。 https://t.co/nFqIkri1r8
CiNii 論文 -  広沢眞臣暗殺事件の政治的背景(四・五) https://t.co/CEhZwcoKxH #CiNii #後で読む
吉田幸弘「「我友山本覚馬」-廣澤安任の遺した資料-」(『同志社談叢』34、2014年)は、青森県三沢市先人記念館の所蔵資料の多くが、幕末の会津藩士だった広沢安任の家から寄贈されたものであるとし、特に山本覚馬との交友を示す史料を紹介。 https://t.co/H0gOjL84Pb
菊地久「維新の変革と幕臣の系譜:改革派勢力を中心に(二)」(『北大法学論集』30-4、1980年)は、幕末の幕臣を大きく取り上げた、菊地氏の先駆的研究論文の2本目。1本目の完全な続きで、全体の中の第1章第2節を構成している。 https://t.co/JI58JaQGQV
荒野泰典「幕末維新期日米条約の原本調査-米国々立文書館での調査とその成果-」(『史苑』73-1、2013年)は、日米和親条約と日米修好通商条約の史料原本が、日本には研究に利用可能な状態では残っていないことを踏まえた調査の結果報告。 https://t.co/UZmR8h5rxa
五代くんと渡辺昇の接点ぐぐってたらこのようなものに行き当たった。五代くんが持ちかけた商社計画に関して、木戸さんが昇をパシッている/CiNii 論文-薩長商社計画と坂本龍馬:坂崎紫瀾の叙述をめぐって(<小特集>江戸・幕末、近代の日本) https://t.co/YwOaOalKLK
落合弘樹「幕末政局と木戸孝允」(『明治大学人文科学研究所紀要』76、2015年)は、木戸孝允が、幕末期に政治家としての資質や立場を確立させていく過程を分析。長井雅楽の航海遠略策や島津久光の率兵上京などの動向を見据えて論じる。 https://t.co/iMTeMjJYxq
中西達治「手代木勝任について-戊辰戦争後の幽囚時代を中心に-」(『金城学院大学論集 人文科学編』6-2、2010年)は、幕末の会津藩士・手代木勝任(直右衛門)が、戊辰戦争後に美濃高須藩にお預けとなっていた時期の動静を考察する。 http://t.co/6btNgwR4TM
上白石実「筒井政憲〜開港前後の幕臣の危機意識について」『史苑』54巻1号、1993年。 長期にわたって幕政の中心にいた筒井政憲の上申書を紹介し、彼の内憂外患への危機意識の変化を分析することで、幕末の幕臣一般の危機意識や幕政を考察。 http://t.co/VYpAvx3XcS
安岡昭男「井上馨論」(『国際政治』33、1969年)は、明治12年から20年まで外務卿・外務大臣を務めた井上馨の、外交の特質などを論じる。古い論文なので、安岡氏の著書に再録されているかもしれないが、未確認。 http://t.co/XqE25lDPjm
高埜俊彦「江戸時代の宗教と朝廷の役割」(『学習院史学』53、2015年)は、江戸時代の宗教について概観する講演録。徳川政権が朝廷や天皇の持つ伝統的機能(主要なものが宗教的役割)を独占掌握し、幕府の国家統治に用いたとする。示唆に富む。 http://t.co/ZZp6Ui18pZ
荒野泰典「近世の日本において外国人犯罪者はどのように裁かれていたか?-明治時代における領事裁判権の歴史的前提の素描-」(『史苑』69)は、幕府が欧米との条約で領事裁判権を認めたことは、伝統的な紛争処理方法に則したものだったとする。 http://t.co/llsgm4uJSi

フォロー(308ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 5 5 5 IR 破婚の深層

RT @zasetsushirazu: 明治33年1月28日、赤松登志子が死去。森鴎外の最初の妻で、旧幕臣・赤松則良の娘。結婚披露宴には榎本武揚なども出席した。蓮沼啓介「破婚の深層」(『神戸法学雑誌』69-2、2019年)は、離婚の要因を「幕末維新の旧世代と文明開化の新世代の間…
RT @shibawankok2: CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd… https://t.co/02vysXf3Y3
PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd… https://t.co/02vysXf3Y3
PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd… https://t.co/02vysXf3Y3
CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使… https://t.co/tZNtuLO9fL
RT @negadaikon: 検証記事があった。小ネタだな https://t.co/g7zmvM50R2

5 5 5 5 IR 破婚の深層

明治33年1月28日、赤松登志子が死去。森鴎外の最初の妻で、旧幕臣・赤松則良の娘。結婚披露宴には榎本武揚なども出席した。蓮沼啓介「破婚の深層」(『神戸法学雑誌』69-2、2019年)は、離婚の要因を「幕末維新の旧世代と文明開化の新… https://t.co/piFBwOaAHF
『金の風に乗って』https://t.co/fArjsnOm5v https://t.co/hY2XKn19nB #アイヌ #Ainu

6 3 3 1 OA 本草綱目草稿

RT @BungakuReport: カバーの背景に使用したのは、小野蘭山『本草綱目草稿』第4冊より。「蘭山の知の源泉」。姑獲鳥の項。 https://t.co/KFu8lTAFGj
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…

1 1 1 0 OA 山県郡志

https://t.co/N23bf8ZAl6 大正期の『山県郡志』にソレジャデと共にソレジャニヨッテが記述されてるから驚いたけど、山田敏弘「美濃方言の原因・理由表現」に明治後半生まれの話者の資料にニヨッテが登場すると記述されてた… https://t.co/t4UldgqDke
「三好文夫と「アイヌ」・「和人」表象 : 「人間同士に候えば」における「見る」ことの放棄と再獲得」 https://t.co/mJtDxhOZiE #アイヌ #Ainu

11 8 8 0 OA 自由党史

RT @itaru_ohyama: @machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…
上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された… https://t.co/vMCDfwuCAm

11 8 8 0 OA 自由党史

@machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。
なお、根岸武香とその交友関係については、次の記事もぜひ参照を。読んでから行くとますます楽しめるかと。大沼宜規「ある好古家のコレクション 根岸武香と冑山文庫―「国立国会図書館デジタル化資料」搭載を契機として―」国立国会図書館月報 6… https://t.co/zRkeml9RSK
さらに遡ると、きっかけは平成21年に静嘉堂文庫で松浦武四郎収集の古物が再確認されたこととのこと。これをきっかけに行われたのが科研費の「博物館における人文資料形成史の研究 静嘉堂文庫所蔵松浦武四郎旧蔵資料の研究と公開」… https://t.co/uGel9sCHGM
今回の展示は科研費の「好古家ネットワークの形成と近代博物館創設に関する学際的研究」 https://t.co/DlBs7NMbnM の研究成果の公開・普及の一環とのこと。プロジェクトでは、好古家ネットワーク以外に、欧州におけるハイ… https://t.co/oDgorLtnFa
RT @BungakuReportRS: 磯崎 康彦 -  読本の葛飾北斎と曲亭馬琴 (一) https://t.co/ezRoLoHKqU
RT @BungakuReportRS: 柿本真代 -  近代日本におけるキリスト教児童文学の受容 : Peep of Dayシリーズの翻訳をめぐって https://t.co/uHsaKCLQch
RT @lalan1858: <ちょっと自分用のメモ> 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xhCt66lkkC 維新前後の政争と小栗上野 続 蜷川新 著  日本書院出版部  昭和6 二八 水野筑後守と佐賀鍋島侯との應接/185
「北海道旧土人保護法とドーズ法 : ジョン・バチュラー,白仁 武,パラピタ,サンロッテー」:https://t.co/76RI2M7Xdk #アイヌ #Ainu
<ちょっと自分用のメモ> 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xhCt66lkkC 維新前後の政争と小栗上野 続 蜷川新 著  日本書院出版部  昭和6 二八 水野筑後守と佐賀鍋島侯との應接/185

11 8 8 0 OA 自由党史

親本はデジコレにあるけど、西郷隆盛の口絵、真っ黒につぶれていて全くわからない……スキャン状態が悪すぎる。 自由党史. 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/ILsVP3mFfq
RT @kimi_aya_: 森村泰昌の「三島由紀夫」としての身体 https://t.co/hNkKXQTPHd 初めての論文。しかも初めてかいた長文なので今よりさらに稚拙ですが、書いていて楽しかった思い出があります。 マリリン モンローの背後の東大生のお一人が宗教学の西…
RT @mo_kusa_: KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
マーク・ウィンチェスター「分類学者-河野本道のアイヌ民族否定論(上)」神田外語大学日本研究所紀要:https://t.co/tsoWQXM4va #アイヌ #Ainu
「自治体広報写真の情報資源化に関する基礎的考察」 佐藤 忠文 社会情報学 Online ISSN : 2432-2148 https://t.co/KG48TjBO22
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
PDFあり。 ⇒枝木妙子 「非常服としてのモンペの〈流行〉 : 第二次世界大戦期の新聞や婦人雑誌の記事に着目して」 『立命館大学アート・リサーチセンターアート・リサーチ』19 (2019.3) https://t.co/zZ8QC9kHKa
RT @BungakuReportRS: 井實 充史 -  『懐風藻』紀末茂「臨水観魚」について : 楽府詩の実験的改作という観点から https://t.co/sYUctW3uZ0
RT @BungakuReportRS: 斉藤 みか-  かぐや姫の表現 ―奈良絵本・絵巻『竹取物語』と 現代版「かぐや姫」との乖離― https://t.co/hTa1mWsZaW
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
@suu_hoo 誰でもアクセスできても、面白いと感じることができるほど内容を理解できるかどうかは別です。 https://t.co/wkrOq236XC

11 3 3 0 OA 生きている歴史

RT @muta_torara: @mia66sa_ga ご存知かもしれませんが佐賀の乱参加者最後の人のお話があります。江藤さんの事も語られてます。 https://t.co/wVn4JgkPLQ
千島列島のアイヌ民族先住に関する資料(北海道ウタリ協会, 1983.5)https://t.co/1FB55SsB1b #アイヌ #Ainu
RT @zasetsushirazu: 1894年1月22日、モンブラン(ベルギー貴族)が死去。五代友厚と頻繁に交流するなど薩摩藩と関係が深く、パリ万博への薩摩藩の参加に協力。一時期、明治政府からパリ総領事に任命された。文献に、宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」(『社会…
RT @zasetsushirazu: 1894年1月22日、モンブラン(ベルギー貴族)が死去。五代友厚と頻繁に交流するなど薩摩藩と関係が深く、パリ万博への薩摩藩の参加に協力。一時期、明治政府からパリ総領事に任命された。文献に、宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」(『社会…
「「人間と呼ばれるものへの抗排であるように」 : 佐々木昌雄とアイヌ近現代思想史における贖いの政治」https://t.co/kWcQ02xQ8h #アイヌ #Ainu
マーク・ウィンチェスター「分類学者-河野本道のアイヌ民族否定論(上)」神田外語大学日本研究所紀要:https://t.co/tsoWQXM4va #アイヌ #Ainu
1894年1月22日、モンブラン(ベルギー貴族)が死去。五代友厚と頻繁に交流するなど薩摩藩と関係が深く、パリ万博への薩摩藩の参加に協力。一時期、明治政府からパリ総領事に任命された。文献に、宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」… https://t.co/Dgpv78vIxH
RT @zasetsushirazu: 三好彰「アメリカ人が見た川﨑道民-万延元年遣米使節団のアメリカ最新医療体験-」(『佐賀大学地域学歴史文化研究センター研究紀要』13、2018年)は、万延元年の遣米使節団や文久遣欧使節団に随行した佐賀藩の医師・川崎道民に関して、米国の新聞と…

フォロワー(5679ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shibawankok2: CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
RT @konamih: @yjo おお,それは知りませんでした。このあたりですね。 >一般に大きな仕事関数を持つ金属(例えば,Cu, Ag, Au, Ptなど)上に小さな仕事関数を持つ金属(例えば,Bi, Pb, Sn,Znなど)のイオンがUPDする https:/…

5 5 5 5 IR 破婚の深層

RT @zasetsushirazu: 明治33年1月28日、赤松登志子が死去。森鴎外の最初の妻で、旧幕臣・赤松則良の娘。結婚披露宴には榎本武揚なども出席した。蓮沼啓介「破婚の深層」(『神戸法学雑誌』69-2、2019年)は、離婚の要因を「幕末維新の旧世代と文明開化の新世代の間…
RT @shoemaker_levy: こういう博論も。 尾崎智子「20世紀日本の生活改善運動」 https://t.co/rRxIXIbF3N 一部はこの論文で既発表の模様。 「日中戦時下の女性運動 : 日本婦人団体連盟による「白米食廃止運動」」『社会科学』45(3), 10…
RT @shibawankok2: CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
PDF公開。間瀬久美子「近世後期の朝廷と幕府の災害祈禱」(『千葉経済論叢』61、2019年12月)天皇の宗教的機能を災害祈禱にしぼり、光格天皇の時代を中心に公武の災害祈禱に対する対処のありかたと特色を分析し、ひいては当該期の近世国… https://t.co/CoQvWPuKCy
メモ。『深草教学』30(2019年)長谷川浩文「金剛峯寺彼岸廻向道俗結縁過去帳」、同「法然と明遍の面謁:室町時代の史料より」など(https://t.co/JYfoYcytvV)。前者の史料は、長谷川「和泉阿闍梨源空」(『印度學佛… https://t.co/OwshWtEAHQ
生瀬克己「近代日本スラム関係文献所在目録 戦前篇(草稿)」 総合研究所報7(1), 49-67, 1981 https://t.co/46TDU03Mjx 極めて有用 https://t.co/mawx4HY4Fu
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd 「軍政下アルゼ…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd 「軍政下アルゼ…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 石田智恵「日本人の不在証明と不在の日系人」 https://t.co/PAxZLNBThx 「「失踪」と「死」のあいだ:アルゼンチンにおける「失踪者」親族の語りから」 https://t.co/0S6Drf4vwd 「軍政下アルゼ…
RT @shibawankok2: CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
CiNii 論文 -  <論説>箱館戦争に荷担した10人のフランス人(人文科学編) https://t.co/qVEeiASimk #CiNii
「今昔マップ旧版地形図配信・閲覧サービス」における収録地域および機能の拡張 https://t.co/YPW3J3nejI >戦時改描図は,図郭外の定価欄が( )で括られているとされており... >定価欄が( )で括られている図面… https://t.co/D9QzVXvsV3
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
RT @zasetsushirazu: 大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使時代の三…
大正15年1月28日、三浦梧楼が死去。幕末の長州藩出身で、奇兵隊に所属した。明治14年政変の際に谷干城らと共に政府批判の意見書を提出。李修京・朴仁植「朝鮮王妃殺害事件の再考」(『東京学芸大学紀要 人文社会科学系』58)は、朝鮮公使… https://t.co/tZNtuLO9fL

8 8 8 8 OA 革命の印度

RT @a24isobe: 奈良女高師報国会図書調査の一環で、女高師旧蔵『革命の印度』を借り出したら、著者ボースよりの寄贈図書だった。 本人の住所入り贈呈印、押捺。昭和8年3月6日、登録。 これ、アンカット本だったんだね。 【参考】NDLデジコレ公開『革命の印度』 http…
RT @negadaikon: 検証記事があった。小ネタだな https://t.co/g7zmvM50R2

5 5 5 5 IR 破婚の深層

明治33年1月28日、赤松登志子が死去。森鴎外の最初の妻で、旧幕臣・赤松則良の娘。結婚披露宴には榎本武揚なども出席した。蓮沼啓介「破婚の深層」(『神戸法学雑誌』69-2、2019年)は、離婚の要因を「幕末維新の旧世代と文明開化の新… https://t.co/piFBwOaAHF
『金の風に乗って』https://t.co/fArjsnOm5v https://t.co/hY2XKn19nB #アイヌ #Ainu
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…
検証記事があった。小ネタだな https://t.co/g7zmvM50R2
RT @matsurishinri: 福間 裕爾 2004 「ウツス」ということ--北海道芦別健夏山笠の博多祇園山笠受容の過程 (共同研究 「つくり物」の総合的研究) . https://t.co/LxCR80QajH 芦別健夏山笠の博多祇園山笠受容の過程について,心理面につい…
RT @nknatane: 中世高野山一心院における文芸生成に関する総合的研究https://t.co/u88LRPrlal 「従来出典が指摘されてこなかった『太平記』巻三十五「北野通夜物語」の説話が、実は弘法大師伝の一つ『高野山大師行状図画』を典拠としていることを明らかにした」
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @nob_de: 久しぶりにドイツで1月27日を過ごすと、10年ほど前に比べて「国際ホロコースト記念日」の意味が大きくなっているのが分かる。この論文と合わせて考えたい>飯田収治「ナチ史研究と「ホロコースト記憶のヨーロッパ化」」 https://t.co/lRXRcObS…
RT @nknatane: 中世高野山一心院における文芸生成に関する総合的研究https://t.co/u88LRPrlal 「従来出典が指摘されてこなかった『太平記』巻三十五「北野通夜物語」の説話が、実は弘法大師伝の一つ『高野山大師行状図画』を典拠としていることを明らかにした」
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @BB45_Colorado: 全電源喪失について 東京大学 岡本 孝司 日本原子力学会誌 https://t.co/Ozir7kAsER Vol. 54, No. 1(2012)
RT @raizou5th: 昨夜の #麒麟がくる の茶の湯のシーン。何が良いって茶筅ですよ!穂先は現在のように丸まっておらず、割り裂いた部分も太くてササラ状になっているだけ。根元は糸で編んでいない。これは愛知県の岩倉城跡を発掘した時に出土した茶筅を参考に再現されたものではない…
RT @Magio1976: @minesoh 少し検索しただけで、しっかりと記載されてるのが見つかりますね。 うーん…これも確証バイアスの延長みたいな感じなんでしょうかね…。自分の中で「よしこれはもう決まり」と思ったら、それが本当かどうか検証しようとは思わないのでしょうかね…

1 1 1 0 OA 山県郡志

https://t.co/N23bf8ZAl6 大正期の『山県郡志』にソレジャデと共にソレジャニヨッテが記述されてるから驚いたけど、山田敏弘「美濃方言の原因・理由表現」に明治後半生まれの話者の資料にニヨッテが登場すると記述されてた… https://t.co/t4UldgqDke
「三好文夫と「アイヌ」・「和人」表象 : 「人間同士に候えば」における「見る」ことの放棄と再獲得」 https://t.co/mJtDxhOZiE #アイヌ #Ainu
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…

134 1 1 0 OA きしゃでんしゃ

RT @mataaari25: そのスジには有名な絵本だったりするのかな? 昭和28年出版「きしゃでんしゃ」 国立国会図書館デジタルコレクションより https://t.co/wvTmFRbViC 日光鋼索鉄道(日光登山鉄道)や明智平ロープウェイが登場していたり カラー写…
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…

11 8 8 0 OA 自由党史

RT @itaru_ohyama: @machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。
そういえば以前に「六平」がなぜ「むさか」って読むのか不思議で調べたことあったんだけど、ググったら面白い論文出てきた。 https://t.co/ztiLf2Z4VB
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…
RT @zasetsushirazu: 上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された存在であ…
RT @quiriu_pino: 中尾 七重「「九間」を持つ関東平野の民家と古河公方の関連について」 建築史学 (72) 2019-03 p.2-33 こんな論文が。 https://t.co/eEefngLPnO
RT @quiriu_pino: 同じ著者による別の論文。これはpdf 公開。 中尾七重「平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について」 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49, 29-38, 2018-01 https://t.co/…
上田純子「安政五年萩藩における「会議」と政治機構」(『史学雑誌』107-6)は、「藩政改革派と称された人物の出身階層が一〇〇石前後の大組士であった事実」や、「三〇〇石以上の比較的上級家臣団が、政治的意思決定からは実質的に阻害された… https://t.co/vMCDfwuCAm

11 8 8 0 OA 自由党史

RT @itaru_ohyama: @machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。

11 8 8 0 OA 自由党史

@machi82175302 該当の頁 https://t.co/WnBpb6zRpH 黒潰れしちゃってますね。黒紋付の羽織みたいです。
なお、根岸武香とその交友関係については、次の記事もぜひ参照を。読んでから行くとますます楽しめるかと。大沼宜規「ある好古家のコレクション 根岸武香と冑山文庫―「国立国会図書館デジタル化資料」搭載を契機として―」国立国会図書館月報 6… https://t.co/zRkeml9RSK
さらに遡ると、きっかけは平成21年に静嘉堂文庫で松浦武四郎収集の古物が再確認されたこととのこと。これをきっかけに行われたのが科研費の「博物館における人文資料形成史の研究 静嘉堂文庫所蔵松浦武四郎旧蔵資料の研究と公開」… https://t.co/uGel9sCHGM
今回の展示は科研費の「好古家ネットワークの形成と近代博物館創設に関する学際的研究」 https://t.co/DlBs7NMbnM の研究成果の公開・普及の一環とのこと。プロジェクトでは、好古家ネットワーク以外に、欧州におけるハイ… https://t.co/oDgorLtnFa
RT @ktowhata: 堀江先生の「予言が当たったとき」論文、初めて読んだのだけど面白い。フェスティンガーの「予言がはずれるとき」のパロディというかオマージュなのだけど、確かにスピリチュアルの人たちの災害に対する意味づけのポジティブさは特徴的。以下のリンクから。 http…
RT @lalan1858: <ちょっと自分用のメモ> 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xhCt66lkkC 維新前後の政争と小栗上野 続 蜷川新 著  日本書院出版部  昭和6 二八 水野筑後守と佐賀鍋島侯との應接/185
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
「北海道旧土人保護法とドーズ法 : ジョン・バチュラー,白仁 武,パラピタ,サンロッテー」:https://t.co/76RI2M7Xdk #アイヌ #Ainu
RT @mamesiba195: この論文を読みました。 『史記』の歴史観は司馬談と司馬遷で、父子でも違います。司馬談は、舜からの歴史観としていましたが、司馬遷は時代の変化もあって黄帝からの歴史観でした。 『史記』の歴史観と叙述 https://t.co/pPcGnXyKEt
RT @zasetsushirazu: 佐藤雄基「新刊紹介 松田敬之『〈華族爵位〉請願人名辞典』(吉川弘文館、二〇一五年)」(『史苑』78-2、2018年)は、松田敬之の著書『〈華族爵位〉請願人名辞典』を紹介。同書は、佐藤氏曰く、華族になれた人だけではなく、華族になれなかった人…
<ちょっと自分用のメモ> 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xhCt66lkkC 維新前後の政争と小栗上野 続 蜷川新 著  日本書院出版部  昭和6 二八 水野筑後守と佐賀鍋島侯との應接/185
RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.…
RT @Remmei: @tsujita_aya https://t.co/6JSLFUwPtQ 昭和3年にもあったみたいですね。この時代で既に「大抵の食料品店で売ってをります」だそうで… https://t.co/nASIlGA3AL

1 1 1 0 OA 黒甜瑣語

@Mock_Hatter ご参考までに https://t.co/RqNKyEM6DZ
渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月… https://t.co/r289CvlESw
RT @kimi_aya_: 森村泰昌の「三島由紀夫」としての身体 https://t.co/hNkKXQTPHd 初めての論文。しかも初めてかいた長文なので今よりさらに稚拙ですが、書いていて楽しかった思い出があります。 マリリン モンローの背後の東大生のお一人が宗教学の西…
なお、日本語で書かれたものは、下記の文献が詳しいです。 ドイツ ボードゲームの伝播が、しっかりと載っているので、これが分かりやすくて良いかな… https://t.co/rvLRvR51G8 高橋 浩徳 : ボードゲームの近… https://t.co/XfC3rHqtwI
RT @genmaysan: → 閑話休題。 元に戻って美川秀信さん話の続き。 実は大正12年の一覧が無かったので、 いきなり大正13年:1924年です。 星製薬株式会社。 ん?? → #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧.自大正12年至1…
RT @genmaysan: → 美川秀信さん。 大正11年:1922年 中華●業株式会社技師(青島) はい、これで「中国の青島」という事が確定しました。 けど●が読めませーん(;´Д`) #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧. 大正11年 -…
RT @genmaysan: 美川秀信さん。 大正10年:1921年 中村水産研究所(在青島) ってなに?「青島」ってこれ、もしかして中国?!? マジか、マジか。 #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧. 大正10年 - 国立国会図書館デジタルコ…
RT @genmaysan: → 美川秀信さん。 大正9年:1920年 この年も中村水産研究所でした。 そして、 → #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧. 大正9年 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/YsJJq2W…
RT @genmaysan: → 美川秀信さん。 大正8年:1919年 中村水産研究所。 お、研究畑に行ったぞ。 #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧. 自大正7年至8年 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/Vt5…
RT @genmaysan: → 美川秀信さん。 大正7年:1918年 日本醸造株式会社。 おお、民間に行ったよ。 公務員だけじゃなかったんですな。 #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧. 自大正6年至7年 - 国立国会図書館デジタルコレクシ…
RT @genmaysan: → 美川秀信さん。 大正6年:1917年 水産講習所助手。 その翌年も助手をやってて、 → #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧.自大正5年至6年-国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/p0p…
RT @genmaysan: → というわけで美川秀信さんの大正5年からの動きを見ていきます。 大正5年:1916年 水産講習所助手。 卒業後は助手になってたんですね。 #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧.自大正4年至5年-国立国会図書館デジ…
RT @genmaysan: → で、ここに美川秀信さんが載っていたので、美川さんがここの学生だったのが最終的に証明出来たと。 そして卒業生のところを見たら「当時の所属先」が載っていた、と。 #いだてん #いだてん史料噺 #美川さんを探せ 水産講習所一覧.自大正3年至4年…
RT @ebelastin: 宗良親王 : 御遺蹟の研究 市村咸人 著 昭和18年 https://t.co/4Hu8gHDfj6 コマ番号68に千頭峯城と宇津山城は昔地元人でさえごっちゃだったが、沼館愛三さんご本人が千頭峯城の遺構を発見して別々であると明らかにしたとの記載が!…
「『新千載和歌集』神祇歌の配列考(一)」は深津睦夫の説を承けて『新千載集』の神祇歌の配列から後醍醐への鎮魂の意図を見いだそうとしている論文。 https://t.co/VXr0HaElKW
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @mo_kusa_: KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28
RT @zasetsushirazu: 三好彰「アメリカ人が見た川﨑道民-万延元年遣米使節団のアメリカ最新医療体験-」(『佐賀大学地域学歴史文化研究センター研究紀要』13、2018年)は、万延元年の遣米使節団や文久遣欧使節団に随行した佐賀藩の医師・川崎道民に関して、米国の新聞と…
RT @zasetsushirazu: 1894年1月22日、モンブラン(ベルギー貴族)が死去。五代友厚と頻繁に交流するなど薩摩藩と関係が深く、パリ万博への薩摩藩の参加に協力。一時期、明治政府からパリ総領事に任命された。文献に、宮永孝「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」(『社会…
RT @Fizz_DI: 空間除菌を謳う低濃度二酸化塩素は、冬の日本の室内環境下(湿度30%以下)では、そのウイルス不活化効果をほとんど望めない。 日本環境感染学会誌.32(5):243-9,(2017) https://t.co/dHW4JtZJTg ・・・感染管理が目的…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @_sotanaka: また、語単位の自国語読みである「訓読み」は、文単位の自国語読みである「訓読(くんどく)」とは区別されるものですが、この「訓読み」も日本語以外の例が幾つも指摘されています。これについてまとめたものに、次の労作があります。 春田晴郎「世界の訓読み表記…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
マーク・ウィンチェスター「分類学者-河野本道のアイヌ民族否定論(上)」神田外語大学日本研究所紀要:https://t.co/tsoWQXM4va #アイヌ #Ainu
「自治体広報写真の情報資源化に関する基礎的考察」 佐藤 忠文 社会情報学 Online ISSN : 2432-2148 https://t.co/KG48TjBO22
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…