ゲジ姉モード (@uc_thirdly)

投稿一覧(最新100件)

@kggkmuntari すばらしい剤です こんなんとか https://t.co/cCWNsl8BbS こんなんとか https://t.co/jvb7xt9lMD シロオビノメイガいなければ出荷はオルトランに負けるかもしれませんが... ちなみに今回は無散布の方が発生多すぎなので普通ここまで差ないかもです 9/20時点で左がカスケード1回、右が無散布です https://t.co/NdtYVx5wxT
@kggkmuntari すばらしい剤です こんなんとか https://t.co/cCWNsl8BbS こんなんとか https://t.co/jvb7xt9lMD シロオビノメイガいなければ出荷はオルトランに負けるかもしれませんが... ちなみに今回は無散布の方が発生多すぎなので普通ここまで差ないかもです 9/20時点で左がカスケード1回、右が無散布です https://t.co/NdtYVx5wxT
@asuparalovelove 気門封鎖でも乾くと効かないのでやっぱり夕方ですね ちなみに化学農薬は散布する時刻で効きが変わったりしますが、そこまで考えると大変かもしれません... https://t.co/WazqU1CADo
大事に育ててきたシロオビノメイガを薬剤検定にぶっ込んでみる回ですが、なんか普通にオルトランで死にそう そら10年あれば感受性も変わるわな おそらくこの↓報告で有機リンとピレは甜菜登録諦めたんでしょう https://t.co/LXXVBLY5M8
ブロフラニリドの最近減ってきたオールドファッションなQSAR論文が出ていた https://t.co/xajJiIOqJz やっぱりフルベンジアミドがリード そしてウマ活性のついてこなさが泣ける 鱗翅とウマってスペクトラム近いけどなぜか一定以上のところでトレードオフになりやすいんよな...
さらに(試し吸いは知らんが)本域の吸汁時には多くのアブラムシが口針を気孔や細胞間を通して師管に到達させ、導管や表層組織の破壊は限定的なようだ https://t.co/zpkfXepR2Y
色々と認識が間違っていた まずアブラムシもウンカも導管吸汁をする 師管吸汁の代替だったり水分補給だったりするようだ https://t.co/s49kXBQNWs https://t.co/6hRUFMiNCS
薬液側の性質と付着量の関係は何となく理解したので、作物の茎葉と付着量の関係を考えている ワックスとかの化学的に決まる撥水性はひとまず置いといて、葉面の凹凸と付着量の関係は凹凸の粗さと水滴の大きさの兼ね合いで決まりそう https://t.co/Ecil9Czps5
昨日人に紹介して喜ばれたので貼っておきます 基本は原体粒子径です 農薬製剤のエビデンス ー農薬製剤剤型の解説一 原体の物理的特性からの最適剤型選抜について https://t.co/OxphmP74dp
@tfy0411 すいません しれっと変なこと書きました "付着性"はムラのなさ、保持、耐雨性とかを総合的に私の感覚で表した曖昧な言い方で、表面付着は水和剤、内部(クチクラなどの表層)浸透はフロアブル、耐雨性はフロアブルが一般に優ります 下記の1ページ目の一覧表がわかりやすいです https://t.co/OxphmPoFBZ
カスケードに限らずBPU系のキチン合成阻害剤には囲食膜をボロボロにする作用が知られています https://t.co/7cdScskBiI 破壊の明確なメカニズムは明らかになっていません BPU系の標的遺伝子はCHS1と言われておりマダニなどでは囲食膜の形成にCHS2が関与するという報告があったと思います 果たして...
何もできないという文献 まさかの腸管内部を検鏡している https://t.co/qJVuklTXNC
@damnedsparviero 紹介してなかった... https://t.co/FP9atE3Fye
@YamamuroMasumi ありがとうございます 宍道湖で濃度を測定されたというのは、この文献で報告されているものと同一でしょうか https://t.co/aXk9DVgben 今回新たに測定されたのでしょうか (土日の間に元文献を確認する手段がなくお手数をおかけしますことをお許しください...)
RT @harukiymmt: @uc_thirdly 宍道湖水におけるネオニコチノイド濃度報告ありましたhttps://t.co/sSjhh6I8JC はたして壊滅的な減少につながる数値なのかな?という感じですが、どうでしょう
RT @yasainiki: で自分の分野に少し近づけて話をすると、土壌燻蒸の代替方法として、ごく最近ではアブラナ科、特にカラシナの前作・すき込みを利用した萎凋病の防除方法についての研究が国内外で行われてます ・https://t.co/3vP0JTi2rz ・https:…

お気に入り一覧(最新100件)

スベリヒユの生態に関する研究https://t.co/euiNi3ywyv

フォロー(420ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hhayakawa: 新たに文化功労者になった大石進一さんの「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか −私の研究の原点−」 https://t.co/tAF1lSjVYa ある程度成果を挙げたソリトン理論を捨てて、次の宝の山を探す件が興味深い。
RT @Moorea_Partula: 保全対象種は偏りがあるのではないか?ということを主張した論文。 対象種の分類群や分布に偏りがあるほか保全種のいる地域は著者の所属先から近い場所が多いらしい。 とても興味深かった。 https://t.co/sXVu0FFX29

フォロワー(484ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)