ゲジ姉モード (@uc_thirdly)

投稿一覧(最新100件)

@tubuyakunoumin 室内で窒息時間を厳密に求めた試験は私は知りません... 降雨の影響は溺死の他にも流亡が大きいと言われていますね 野外で毎日〜3日おきくらいに散水すると密度を半分くらいに減らしたという試験はあります https://t.co/AICLVn7G6j
RT @UG18353762: 対多年生雑草で除草剤選択の参考になりそう https://t.co/pPV9ob5eOu
RT @shimana7: プレスリリースの元になった論文はこちらです。オープンアクセスです。 Nagai et al (2022) Temporal and regional variability of cumulative ecological risks of pes…
@xeno92 情報ありがとうございます、ありました...! 訪花するんですね...なんのために... タマネギの育種における交配媒介昆虫としてのイエバエの増殖,貯蔵および利用法 https://t.co/yPE4GCFCbJ
@Alien_Evolve ケーススタディが多そうですね 果樹は長期間作物そのものが残るので影響大かもです https://t.co/63VJzb2qoH 虫の場合はトラップの誘殺数を色んな場所の放棄地と近隣ほ場で記録して、地理データとつきあわせて解析、最終的には被害許容水準との兼ね合いで評価、とある程度道筋はつけやすそう...?
2枚目はカメムシではないかも... 草刈りはご指摘通り乳熟期までですね... https://t.co/RtigRhmxg7.… https://t.co/PDObHK4yMO
RT @uc_thirdly: これ虫と菌の体サイズと行動範囲=薬剤との接触機会を考えたら自明のように思えるんだけど実は逆のことを言ってる昔の論文がある https://t.co/z2hECKUqf4 理由はこの報告の殺虫剤は乳剤が、殺菌剤は水和剤が多いから 乳剤は表面張力低く…
私の大先輩のこういう文献があるます 捕虫網による水稲害虫のすくい取り効率に関する知見 https://t.co/7yat8ZSv3f
過去の知見だとモンシロは抑えるみたいなんですが再現ならず... ヘイオーツが悪いのかしら... https://t.co/N85r7nTPz4 https://t.co/bdeDkGCZKl
過去の知見だとモンシロは抑えるみたいなんですが再現ならず... ヘイオーツが悪いのかしら... https://t.co/N85r7nTPz4 https://t.co/bdeDkGCZKl
@CorporationMat そうでしたか... 実はエトキサゾールについては上市前から抵抗性がいたのです... https://t.co/NmaBWniApE 今となってはですが、同じ作用点の先行剤ヘキシチアゾクスによって抵抗性個体群が予備的に選抜されていたのではないかと推測しています(当時は作用機作も抵抗性機作も不明でした)
@oxs1587 試験されたことがおありなのですね 私も実用上意味のある差とは思いませんが... 私の試験は社外に出てないので科学的議論の俎上にないですが、公式(https://t.co/yYd8fdtXUg)で種や系統を変えて再現されてるのである程度信じてよいかなと思います
@saki06113 @kggkmuntari 見せていただいた資料だとこれから散布適期に入りそうに思いますが、成虫が混じるなら合ピレ打った方がよいかもですね... 北海道の事例ですが、ご参考まで私の先輩の仕事をリンクします https://t.co/CNxXhDsyzx ほ場と雑草で回っているようでなかなか手強そうですね...
その先輩の報告 極度勉強(しなさい) https://t.co/2Oet23qoY6
当地の有機ダイズのマメシンクイガ対策においては小粒品種を栽培することが一つ大きな対策になっている 粒大と幼虫の死亡率にいかなる理屈で関係があるのかは誰も知らないが、とにかく小粒では被害が小さい いい試験すぎる https://t.co/7kpXHrahd2
例えばメトフルトリンだとLC50がオオミジンコで0.001ppmとかになる ヌマエビは合ピレの感受性がミジンコと同じかちょっと高い(https://t.co/730W9UwwwP)から、10L水槽でも原液?で0.01μl入ればきついことになる? けっこう厳しいね
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon すみません、繁茂や栽植密度の影響はちゃんと立証した例を知りません... 圃場では結果的にそうなったという報告はわりとあります(例えばhttps://t.co/IkbfCUABdJやhttps://t.co/2F28LRV1yv)
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon こういうエビデンスを積んだ上で圃場レベルで実証できてる報告はほぼウンカくらいです(例えばhttps://t.co/JCkl9TrR1y) 有機に置き換えてどうかという試験もいくつかありますが、本質的には施肥変えたときとほぼ同じでつまらないです
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon ニカメイガではリンカリも調べてますが影響は小さいです ただ茎に食入するためケイ酸は影響あるようです(https://t.co/fVFySS0JCe)
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon 窒素の多寡が害虫与える影響をよく調べられたのは水稲のニカメイガとウンカで、ニカメイガは石井象二郎さん(https://t.co/y6oSZ0zkWO)、ウンカは寒川さん(https://t.co/HWIhWOTIMy)による一連の研究です ウンカは糖が豊富で窒素が取りづらい篩管液を吸うため影響もクリティカルです
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon 窒素の多寡が害虫与える影響をよく調べられたのは水稲のニカメイガとウンカで、ニカメイガは石井象二郎さん(https://t.co/y6oSZ0zkWO)、ウンカは寒川さん(https://t.co/HWIhWOTIMy)による一連の研究です ウンカは糖が豊富で窒素が取りづらい篩管液を吸うため影響もクリティカルです
@7L33cmed7Whk3zT @soilchemooon 広く影響あるとわかってるのは窒素だけで、餌質=窒素が多いと害虫が利用する各種アミノ酸増えて餌として好適という意味です アミノ酸てなんだよと聞かれると私はあんまり詳しくないですが、虫の栄養生理学的な研究は意外と多いです(例えばhttps://t.co/mTWSTt6KbD) ご指摘の通り品種間差もあります
ちなみに虫の光に対する反応は誘引、忌避、明順応、体内時計、光周性、傷害、視覚遮断、背光、エッジで9種類が提唱されている https://t.co/VvhhNSXm1d
@JsnJcg 光周性と温度反応両方あるかんじです 適温であれば明るくなってから飛翔や産卵を始めるようです https://t.co/QTpWuVf45b
府県では若齢越冬が報告されていてもはや1周回っている https://t.co/hhGkxI6cJ4
ヒメトビウンカは3、4齢で主に越冬するが5齢越冬もわずかに認められるという報告が1983年時点で既にある https://t.co/8q5j6KceTB 実は近年は積算気温による予測では5齢越冬を仮定しないと成虫の初発を当てられない 温暖化で日長の臨界期までに進む齢が上がっているのだと思われる
残効は変わると思われ 残留は雨よけやUVカットで変わる試験例はある 変わる程度に対して基準値のマージンが大きいから超えることはないのだろう もちろん施設で作るのが普通の作物は施設で残留試験している 雨よけ栽培ホウレンソウにおける農薬の適正使用と安全性について https://t.co/2q6t8c6qWU
@hito_tyan3 勉強になります ちなみにヨトウに特効があるのはベンゾイル尿素系のIGRで、かかった葉を1ヶ月近く守ります 産卵が見えたタイミングでIGRをまければその世代は封殺できます ↓はてん菜の成績ですがIGRのヨトウに対する強烈な残効が示されています https://t.co/2Oet23qoY6
竹内・広津(1978)によればカテゴリに自然な順序がある多項分布の比較では「点数法」はよく使われる近似であって検出力もそんなに悪くない 病理界隈での発病度の扱いはもう逆転できそうにないが害虫界隈では被害程度指数を守っていきたいよ https://t.co/mO7ej30pd1 https://t.co/4phlVaWNNd
この国内害虫サンプリング理論界隈で非常に有名な式の導出の最初(式1)で長らく躓いてけど多分わかった 茎被害が期待値λのポアソン分布に従って起きる事象でかつ実際の被害茎数のカウントは幾何分布に従う場合の累積密度関数をn→∞で積分した形ぽい 説明少なっ https://t.co/ZO1x3VAzAD
一方で抵抗性が発達するほど亜致死濃度曝露時に卵サイズの低下はすることもわかっている(続く) https://t.co/tv39OvZd38
「homoligosisにより産卵数が増加するが卵サイズが低下する」ことがわかっている(続く) https://t.co/8SS5OPbCth
フェンバレレートでも同様の現象が知られるが、付随する重要な性質として「抵抗性が発達してもhomoligosisは強化されない」ことや(続く) https://t.co/rgcsS0atp1
きちんと整理された例としてコナガのメソミルに対する応答がある https://t.co/03keNSozuB
鉄コは北海道で流行ってない 調べたら低温での発芽が遅く歩留まりも恐ろしく悪い ただでさえ本州の倍量を播種してる地域なのにこれでは流行らないな https://t.co/SqP0mz1KqP
Differential metabolism of neonicotinoids by Myzus persicae CYP6CY3 stably expressed in Drosophila S2 cells https://t.co/lmIHpGqxcb
悩むけどやっぱりジノテフランです 構造活性相関から骨格に大胆にフランを導入し第三世代以降のネオニコ開発の口火を切りました 2020年には他ネオニコと作用点と代謝経路が僅かに異なるため交差抵抗性を示さないことも示しました https://t.co/lZ6Icj466y https://t.co/2phmZQJCrO
この場合、利用している習性は忌避ではなく雌雄間コミュニケーションに用いられる周波数に近い振動を利用した交尾阻害かなと思います https://t.co/iaOFzFhMXD https://t.co/MuqVDzlMNp
ちなみに要防除水準というのも後から追加されたが、これは脅威の新規食痕数1 ただしこれでもシーズンや発生量によっては週1散布よりは3割くらい回数を減らせるようだ https://t.co/n4H6UB4Erl
キャベツの食葉性鱗翅目被害は結球後は秀品率に直に響くが、前半も重量ベース10%減収ラインだと被害許容水準は結球始で指数35までという報告がある この報告だけじゃ意味わからんが、35というと全ての株に1齧りくらいされて半分くらいは目立つ食害があるが酷くはない感じ https://t.co/5IfM596axh
チャノコカクモンハマキに対するBt製剤の殺虫活性に及ぼす寄主植物の影響とそれに関与するポリフェノール https://t.co/FqrZfmfxEj チャの摘採時期別のチャノコカクモンハマキに対するBt製剤の殺虫活性とチャに含まれるカテキン類の影響 https://t.co/rjsCKnimQx
チャノコカクモンハマキに対するBt製剤の殺虫活性に及ぼす寄主植物の影響とそれに関与するポリフェノール https://t.co/FqrZfmfxEj チャの摘採時期別のチャノコカクモンハマキに対するBt製剤の殺虫活性とチャに含まれるカテキン類の影響 https://t.co/rjsCKnimQx
@aka_maru_k よーいドンでコピー数に優る方が勝つのは理解するんですが、ミトコンの標的ある場合ない場合で核(ユニバーサル)の増幅バンドの濃さが変わってくるんです(fig.1) 基質違っても競合するイメージがあまり湧かなくて... RFLPからマルチに変えたんですがその辺りモヤモヤ... https://t.co/PeVyeyoXt8
@tsuru_chans 一方、日本ではコガネムシ特化のjaponensisが見出されてブイハンターだかの製剤でクボタが売り出して住友が引き継いだと思いますが今は製造してないと思います 土中で超長期残効だとか bt全般原体コスト高でなかなか利益にならない事業なようです https://t.co/26x7JRCsol
@asahi_yama1 しかし色々勉強する機会になりました ありがとうございます 参考 カブトエビによる水田雑草の防除 https://t.co/IjuPuUn3Da https://t.co/Tc7vM6Hu7k
@asahi_yama1 しかし色々勉強する機会になりました ありがとうございます 参考 カブトエビによる水田雑草の防除 https://t.co/IjuPuUn3Da https://t.co/Tc7vM6Hu7k
除草剤使用時にカブトエビが増えた例についてこの文献に若干の記述があるがあまり要領を得ない オキサジアゾンは負の影響が小さく多発するらしいが、ベンチオ・CNPは負の影響大であるにも関わらず翌年大発生とある...なんらかのリサージェンスなのかしら https://t.co/wVBERzknpf https://t.co/CRimMqLVo2
密度推定である時期やたらと引用された河野・杉野の式 気になって原典読んでみたがわからん ポアソン分布仮定から真の密度=1-e(-観測密度)がいきなり出る 指数分布の累積分布関数の形だからポアソン過程を空間分布に適用してるのか?と思ってたらその後の怒涛の謎変形に続く https://t.co/ZO1x3VAzAD
ストロビルリン系殺菌剤の開発経緯と作用機構 https://t.co/vQKyUlWk6P カルタップ:その開発経緯と殺虫作用特性 https://t.co/FpocLDq6JV
年1回発生の羽化時期は後半にかけて著しくバラつき1回目をしこたま叩いても2回目が出る可能性はあるし、気象的な解析もできない 一方で年2回発生の個体群については当地でもよく調べられていて、例えば2回目の発生量や産卵期間は夏期間の高温との間に相関があるとされている https://t.co/RrWAsYMgXW
@TTT_Farm 短い夢でした...タイプ3の開発が待たれます 構造活性相関はまさに農薬研究の最高に楽しい(苦しい)ところです 苦しいとこは書いてませんが、原体名&開発(創製)とかで調べると、それ系の文献が出てきます トレボンはこちらです↓ https://t.co/BezIBTvIEC
@TTT_Farm フェンバレレート(タイプ2)だめでした(文献貼ります) しかし素の活性高いですね トレボン良いですよね シクロプロパンなくてもいけるのはフェンバレレートで分かってましたがエステル→エーテルの改変が良い 魚毒絡みだったのかハロゲンを使わない拘りも痺れます https://t.co/y5CuXidcOV
現地からの情報で夏作ダイコン、キスジ多発条件では粒剤と茎葉散布の体系でも崩壊するようなのでいろいろ調べていた 有機リンは効果が高いが残効がない 茎葉散布の開始時期、散布間隔の見直しで対応できるようだ https://t.co/65fTOBsQvE
水面施用では田面水に溶けた成分の葉鞘からの直接浸達とガス化成分の再付着が、土壌施用では根から吸った成分の浸透移行とガス化成分の再付着がそれぞれごっちゃになっていたようだ 例えばこれ https://t.co/OVnG8SQALJ
バッタなどは神経伝達で左右の肢を同期させるが高速化に限界がある そこいくとウンカは...という話らしい すごい https://t.co/YJk0iSHUeh
今日はこれを読んでいた 予察でも前年の発生量を加味する害虫としない害虫がいる 加味するかどうか生態に関する知見と経験から決まっている 長期的なトレンドを除いても正しいのか正しいとしてどれほど影響するのか 温暖化とかの話する前に真面目に検討する必要はありそう https://t.co/U8A8OV4cSe
八谷さんで1番好きな研究はもちろんヒメトビ発生シミュレーションだけど、これもかなりイケている 水稲の初期害虫の被害が減収に影響する程度を見るために移植後の株の葉先を切ってみたという報告 応用動物昆虫学会でタイトルに虫の名前が入ってない報告も珍しい https://t.co/dRXTW8hutn
1頭でこんだけは盛った ナタネを餌とした時、ヨトウガ1頭による羽化までの摂食量合計は約7.3g(内6齢で約6.3g)という報告がある てん菜の茎葉生重は少なめに見ても500gはあるから、いくらてん菜が好適な餌と言ってもホウキにしたのはせいぜい上位の若い10葉くらいだろう https://t.co/EZhDTo8UmE
@gonta_seed 家に入れたくないですね...笑 ネキリムシの生態については↓が詳しくて、P.113に幼虫の食草と好適具合が分かるデータがあります https://t.co/zAaiDSz1cP スベリヒユ、ツユクサ、クローバーなど普通の畑地雑草がよいようです 繁茂したスベリヒユはネキリやヨトウが集まりがちであまり触りたくないです
浸透移行性剤と土壌といえば最近おもしろかったのはこれです シンプルでわかりやすい 農薬の土壌吸着特性と植物移行性に関する研究 https://t.co/fHuXA1lA20
ハイマダラノメイガの越冬生態 https://t.co/nsdd6TVEix 北海道にいつ来るかと恐れていたが0℃下回ると生存率がガクッと下がるらしい まあ雪の下とか微気象とか色々あるだろうがなんかしばらく大丈夫そう
@JsnJcg おそらく苗で来てるので海峡は意味を成さなかったと推測します... ごめんなさいわかりません... 正直に言うと糸状菌の低温耐性を考えたことがなかったのですが、遺伝資源として彼らを保存するときには凍結保存が普通なので相当強いと思います (この文献に基腐はないですが) https://t.co/Llg8yQkcfU
@EijiroTanaka 被害なくてよかったです ここは発生予察用の無防除畑なので酷いですが現地では大丈夫そうですね 2010年の大発生要因はヨトウ防除で主役だった有機リン、ピレの抵抗性だったようですから薬剤が変わった近年ではなかなか増えないのかもしれません(と、糖業さんが言ってました) https://t.co/LXXVBLY5M8
さびもうどんこも絶対寄生菌で比較的乾燥した条件で発病する 発芽には水分がいるはずなのになぜか このからくりは寄主に胞子が接触した際になんか液体が出現してそれが発芽を促してるかららしい https://t.co/v7C6nTWrNP
ザ・それみたいな報告あった...しかも北海道やし 北農なら全巻持ってるから明日探すか... 水稲採種ほの野良生え発生に関する試験 https://t.co/pI49mYpEKa
フタオビコヤガは長らく収穫後の稲わらで蛹越冬すると言われていたが、そんな時期に水田に幼虫は少ないし、実際に蛹化直前の稲は餌として劣化するため畦畔のイネ科雑草で育つという説が2019に出ている https://t.co/87rf6cScCW
ウンカの長翅(移動特化)と短翅(繁殖特化)の比率は密度と寄主の栄養状態両方の影響を受けるという報告がある サツマイモの場合、ウンカの長翅型のように空間的な移動ではなく時間的な移動に特化したのが地下部への資源配分、今を生きる短翅型=地上部への資源配分...的な https://t.co/AulNC0TUas https://t.co/u7paoUB9Gr
また八谷さんの報告を読んでしまっている 同じプロット内でライフサイクル以内の時間内に繰り返し捕獲した場合の捕獲数減少を直線近似して元の密度や捕獲効率を推定するとか思いつかなかったな 標識再捕が全てかと思っていた おもしろいな 野生動物とかでは一般的なのかしら https://t.co/7yat8ZSv3f
@mutselbalance @Alien_Evolve 横からすみません... ここでの淘汰圧というか選抜基準は加工適性かと思います 例えばばれいしょでは言うなら目が深いと皮を剥くときの作業効率や歩留まりの悪さに繋がるので育種に係る形質となっているようです https://t.co/chYvHVoniX
作物の濡れ性との兼ね合いもあって、一定以上濡れやすい場合は表面張力上げた方が付着量が増える とはいえ殺菌剤の場合はおそらく最初に書いた接触機会とのトレードオフにより防除効果と付着量はパラレルにならない例もあり、話は単純でない https://t.co/Ed6GaW8rlc
これ虫と菌の体サイズと行動範囲=薬剤との接触機会を考えたら自明のように思えるんだけど実は逆のことを言ってる昔の論文がある https://t.co/z2hECKUqf4 理由はこの報告の殺虫剤は乳剤が、殺菌剤は水和剤が多いから 乳剤は表面張力低く薄く均一でキレ重視 水和剤は表面張力高く濃くまばらで残効重視 https://t.co/b13GTxBSpr
@nakashimans ソースここらへんです 生態と水に弱い云々 https://t.co/TJhITxjtUh ひまわり油が菌糸成長を阻害云々 https://t.co/BKn2yS1z9G
アオミドロや表層剥離は堆肥やリン酸多いと発生しやすいという話はまあ聞くしこの機会なのでエビデンス探してたらここら辺に知りたいことがそれなりに書いてあった https://t.co/lCC7meA3Cm https://t.co/8AoSenz4B9
アオミドロや表層剥離は堆肥やリン酸多いと発生しやすいという話はまあ聞くしこの機会なのでエビデンス探してたらここら辺に知りたいことがそれなりに書いてあった https://t.co/lCC7meA3Cm https://t.co/8AoSenz4B9
嫁さんからテントウムシダマシって何を騙してるんという質問が来たので、ヒトかな......と回答した ニジュウヤホシテントウは反射出血で不味物質出せるからミュラー型擬態のはずだよな... https://t.co/SPdrhbGkuz
@j_n_system 既存の株には土中の蛹と株の幼成虫と両方効きそうですね すいません、栽培に疎くていまいちイメージできてませんが、定植前の灌注って苗ポット?にやるものですか? これ見てると収穫期の灌注いいみたいですね 平米あたり3Lですが... https://t.co/sr5xcogsVy
こちらも併せて読むと味わい深い 「葉ネギのネギハモグリバエに対する殺虫剤の効果と各種展着剤を加用したときのネギハモグリバエ・ネギアザミウマに対する殺虫剤の効果」土井ら, 2017 https://t.co/Az7lGrrSqT こちらは貴重なハウスの結果 展着剤使ってないベネビアが1番強いという出オチはご愛嬌
川島展着剤本のハモグリの表の元ネタこと「小ネギのネギハモグリバエに対する有効薬剤および展着剤との組み合わせ」武政&繁田, 2009 https://t.co/V0GV2U4R0N タイトルに反してタイミング>展着剤を示したなかなかすばらしい文献
ばか苗は胞子の飛散距離が100mくらいというのと、苗箱とか消毒槽とかビニールシートとかあらゆるところに偏在しているというのとでなんともならん感がある https://t.co/Wq7B4f5CVS
@AgbioBangladesh 死虫率3割くらいですから安し病気のついでで僅かでも効けば嬉しいかんじではないでしょうか... これの第3図にデータあります https://t.co/WazqU1CADo
回転式予察灯を開発した報告(1966) タイムマシンがあったら1965年に行ってこれの査読をする そして回転機構を消灯じゃなく点灯に連動させなさいと指摘する 前日の晩のやつ欲しかったら1週間分手動で回転させないといけないのは面倒くさいからね 今でもそうだからね... https://t.co/Wvy1FWb7kG
発生予察事業の調査法ではすくい取りは天気のいい風のない日の11時頃となっているが、風のなさがいちばん大事だよという報告 八谷さんは試験場の研究者としてレベルを99まで上げてから大学に行かれた感じがして本当に推せる https://t.co/7yat8ZSv3f
これはいじわる問題 ライフサイクルは気温で変わるし系統間差があるね... https://t.co/Erk38bpgUp 抵抗性問題は本当に知りたいよ... その仕事いまやってますし
@zfarm5 @kggkmuntari 谷島さんのお話聞く限り確実に例外がありそうですね https://t.co/Y06j3Qy7e1 勉強になりました もし犯人見かけましたらブチ殺し前に写真見せてくださると嬉しいです 種までは無理ですがメイガ、ノメイガ系か他ねかくらいは分かりますので...
RT @yatsume_project: 遅くなりましたが、 https://t.co/8khfVwm8Ip 銚子市で見つけた新ダニはチョウシハマベダニ(Ameronothrus twitter) となりました。 学名に twitter の名を頂いた生物としては2種目だったかと…
チラッと調べたらこの報告内容とほぼ合致していてビビった 施肥と雑草種てかなりビビッドに相関出るのね https://t.co/LSeoHUm5Rn 農家さんの観察すばらです そしてこの研究もいかつい https://t.co/T68mNkGkFE
日農ベンズピリモキサンのQSAR論文出てました 残効のQSAR載せてくれてるの珍しい ただ写真撮って症状違うから作用機序違うかも?は、私みたいなマニアには謎の写真でも嬉しいが、この書きぶりだと有意な差かも分からんし査読で来たら項ごと削除しませんか?と言うかも... https://t.co/RkFc06C9Gz

2 0 0 0 OA 天敵の育種

トバテンがそうか...失礼しました https://t.co/2fxG4d703Y
@damnedsparviero @harukiymmt 確実に発芽阻害と別に休眠胞子を殺菌と書いてますね... 一応発芽能を永久的に失った休眠胞子は即ち死なせたと言える気がするので、そういうことなんでしょうか... 古い文献ですが、これには薬剤処理した休眠胞子は作物を与えても発芽しなかったと書いてます https://t.co/2OZb3QrJhf
@yumi03040304 昔調べたことあったのでご参考まで... https://t.co/1rHuYN38Gj なんとなくこれで満足して、これ以上見てませぬが
これを読み直している 農薬の残留性と残効性 https://t.co/uDR0mrsAgg 最初読んだときは土壌吸着は肝心のところが測定値で理論示せやと思っていたが、なるほど化合物pkaと土壌phである程度推測できるな あとは有機物量
@kggkmuntari すばらしい剤です こんなんとか https://t.co/cCWNsl8BbS こんなんとか https://t.co/jvb7xt9lMD シロオビノメイガいなければ出荷はオルトランに負けるかもしれませんが... ちなみに今回は無散布の方が発生多すぎなので普通ここまで差ないかもです 9/20時点で左がカスケード1回、右が無散布です https://t.co/NdtYVx5wxT
@kggkmuntari すばらしい剤です こんなんとか https://t.co/cCWNsl8BbS こんなんとか https://t.co/jvb7xt9lMD シロオビノメイガいなければ出荷はオルトランに負けるかもしれませんが... ちなみに今回は無散布の方が発生多すぎなので普通ここまで差ないかもです 9/20時点で左がカスケード1回、右が無散布です https://t.co/NdtYVx5wxT
@asuparalovelove 気門封鎖でも乾くと効かないのでやっぱり夕方ですね ちなみに化学農薬は散布する時刻で効きが変わったりしますが、そこまで考えると大変かもしれません... https://t.co/WazqU1CADo
大事に育ててきたシロオビノメイガを薬剤検定にぶっ込んでみる回ですが、なんか普通にオルトランで死にそう そら10年あれば感受性も変わるわな おそらくこの↓報告で有機リンとピレは甜菜登録諦めたんでしょう https://t.co/LXXVBLY5M8
ブロフラニリドの最近減ってきたオールドファッションなQSAR論文が出ていた https://t.co/xajJiIOqJz やっぱりフルベンジアミドがリード そしてウマ活性のついてこなさが泣ける 鱗翅とウマってスペクトラム近いけどなぜか一定以上のところでトレードオフになりやすいんよな...
さらに(試し吸いは知らんが)本域の吸汁時には多くのアブラムシが口針を気孔や細胞間を通して師管に到達させ、導管や表層組織の破壊は限定的なようだ https://t.co/zpkfXepR2Y

お気に入り一覧(最新100件)

レモン/クエン酸の摂取によって、運動後の乳酸濃度のみが有意に低下する(n=6)日本栄養・食糧学会誌 (2001) https://t.co/gPjJWPtZTe クエン酸の摂取で主観的疲労度のみ有意に低下する(n=6)J Clin Biochem Nutr (2007) https://t.co/ztipsRONCA これくらい?後者は統計解析がやや不適切に思う
レモン/クエン酸の摂取によって、運動後の乳酸濃度のみが有意に低下する(n=6)日本栄養・食糧学会誌 (2001) https://t.co/gPjJWPtZTe クエン酸の摂取で主観的疲労度のみ有意に低下する(n=6)J Clin Biochem Nutr (2007) https://t.co/ztipsRONCA これくらい?後者は統計解析がやや不適切に思う
これ読むにたぶん三重県かなあ。じゃあミナミアオカメムシがターゲットだ。たしかにうちでもおとり&バンカーごまは例年おろか生えがほとんど見られなかったけど、ミナミアオがなかなか発生しなかった去年はおろか生えした。斑点米以上の被害を受けるのは実感してる。https://t.co/J1tj3A1T0f
雑草学会和文誌「雑草研究」最新号に掲載された共著の資料「河川環境に自生するアブラナ属植物の識別について」がJ-STAGEでも公開されました。 https://t.co/85s3G7sVfA
J-STAGE Articles - 「上農は草を見ずして草をとる」ということわざの解釈の変遷 https://t.co/nycpy0s4PC
誰でも読めるようになってたので、ご紹介。 「硬盤」「耕盤」「すき床」は異なる意味の単語であり、「有効土層」と「作土層」も同様に異なる意味の単語ですよというお話。 「土壌調査から土壌物理性を診断する際の用語の整理—水田および水田転換畑を対象に—」 https://t.co/wnWHIcxFZS
@uc_thirdly もうリプにも届いてますが、どうやら脂肪酸グリセリドが良い仕事をしてるみたいですね! トアローも試験されていた文献のせときます! トアローは孵化直後幼虫死亡率0%に対してサブリナは72.1%のようです。(3ページ目の結果2) 勉強になりました…。 https://t.co/lgoCcOfa6I
それこそ小野塚さんの説明を聞いてそういう理解に至ったんだった https://t.co/GToO7ZnlC5 「国内で分離された系統の塊茎伝搬率を比較した結果、NTN 系統は、他の系統に比べ、品種に依存せずに塊茎伝搬率が高いことがほ場で優先している要因であることが示唆された。」 https://t.co/5UK7H7FV8J
@uc_thirdly このへんの情報が最新なのかなぁと思っています。 (北海道の露地アスパラは茎枯病を何とかしないと壊滅しそうで、そっち優先ですよね) https://t.co/JFfROp60wG https://t.co/AacNDJsjzt https://t.co/0CkNwjvP3Q https://t.co/nonO7NOFn9
@Vita_nyanko @uc_thirdly 何回か検討はされてて、普及してないとこを見ると、環境を選ぶのかもね。 https://t.co/a3tdKH1uTu https://t.co/KGAxF6FA7o
@taichi1754 はじめまして。 同じ疑問を抱いて、綾町で研究したことがあります。 2005年の論文なので少し古いですが、お役に立てたらうれしいです。   「有機農業の展開と農家の受容 ―有機農産物産地・宮崎県綾町の事例」 https://t.co/2vhhskUIPH
@uc_thirdly こっちのURLの方が、当時の他の文献見れて面白いかも https://t.co/5lKkd1CtFk
@uc_thirdly https://t.co/s9KclU1Axo 前の蒸散法は↑に出てくる蒸気吸引同伴くん煙機と同じだと思います。 (続く
バイオ系博士が無職から転職を重ねて外資戦士になる話 絶望した会社(左)と嬉しかった会社(右) https://t.co/5pz8ml9Plm 生物工学会誌 第99巻 第6号 307–309.2021 https://t.co/RccksfEK83
あった。期待せざるを得ない…なんやこれぇ…? 「川村登他:防除用高圧スプ リンクラの―配管方法に ついて,農機講演要旨,1975,61」 https://t.co/YiLCzrV3OM
@uc_thirdly リンク先は、こっちかな? https://t.co/BvtVKlYTSB
遅くなりましたが、 https://t.co/8khfVwm8Ip 銚子市で見つけた新ダニはチョウシハマベダニ(Ameronothrus twitter) となりました。 学名に twitter の名を頂いた生物としては2種目だったかと思います。
@uc_thirdly すみません,同じ著者によるシリーズ論文のよく引用される方(1. 雑草草種の適応酸度について)と勘違いしてました。 https://t.co/XnQXl7PDAo これは原野〜熟畑の比較で,管理パターンの違いと土壌条件の影響が分離されてません。
数十倍からことによると千倍は速くなっている。しかし、集めた文献を読み解いて理解し、特徴を抽出して適切に引用する人的な作業の時間はほとんど短縮されていない。ところが2019年一冊の画期的な本が出版された。 表題は"Lithium-Ion Batteries"と言う。解説はこちらに譲る。 https://t.co/9jZ5AC7gLu
@uc_thirdly 一応こういうのがあったので… 多分カラシナの効果と還元消毒の効果は別で機能していて、多少イソチオシアネートの効果が落ちたとしても還元消毒の威力がカバーして余る場合もあるのではないかなぁと思います。正直な所わざわざカラシナを栽培するかなぁ?と思いますが笑 https://t.co/bKlL0fMAes
https://t.co/702gXsDyfR 赤線の部分でファッてなった あとでぱそこんでよく読む https://t.co/I7hEKgi7Vy
https://t.co/PTJVssCtoD はくさいのゴマ症 葉重の増加速度が速いほど多くなる傾向にあり、 早生品種では葉枚数が増えるのは速いが一枚ずつの大きさはそれほどでもないので比較的程度が軽く、晩生品種ではその逆になりやすいという事か
スベリヒユの生態に関する研究https://t.co/euiNi3ywyv

フォロー(608ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

17世紀のロシア人探検家が見たカムチャツカの先住民族 : アトラソフの『第二の話』に基づいて https://t.co/KEWonBecP8
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
ハクサイダニにグルホシネート効くのか、大発生したら最悪死なば諸共 https://t.co/iUjffhM3mV
RT @TsukubaNiwaLab: 今参加しているオンライン研究会にて、はじめて得た知識。なんと、酒を主食にする民族があるとは。常識的知識だったのならお恥ずかしい。 J-STAGE Articles - エチオピア南部デラシェ社会における主食としての醸造酒パルショータ h…
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の絶滅寸前までいくのか...。
ツールは公開されてないのか。 こういうのできるのかはみそさんに聞いたほうが早そう。 https://t.co/wCJTkBzeDi
"統計解析の方法の中には因果関係を前提にしたものとそうでないものがある.一般に回帰分析,分散分析等は前者に属し,相関分析,主成分分析,時系列解析等は後者に属する." マ? https://t.co/mSeq43UgJi
特にワイのコメ愛が爆発した86-87ページの「新しい稲病原菌の発見と検出法の開発に挑んだ論文への講評」はぶっとんでるお! chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://t.co/jFjN0RNLom
迸る怒り! 憤る愛憎! 響き渡る八つ当たり! 溢れ出るやるせなさ! 諸君、そんな感情に任せて編集した講評を読みたまへ。 chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://t.co/jFjN0RNLom
ヤマモトマサさんによる先日の電気合成微生物の培養にも関係する日本語総説が無料で読めるなんて日本微生物生態学会誌ってすごいなあ。いかしてるぅ〜。 chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://t.co/e08hZQWJVT

フォロワー(1292ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @toriyamazine: @mentallillness 確認していますが、案の定、民族を集団的権利対象として考えるという、「例の概念」を根拠にしていますね(萎) https://t.co/hnhnhic945
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
ハクサイダニにグルホシネート効くのか、大発生したら最悪死なば諸共 https://t.co/iUjffhM3mV
RT @831245leg: 下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の…
下地幸夫(2009)商業的大量捕獲によって絶滅寸前に追い込まれたヨナグニマルバネクワガタ.Wildlife Conservation Japan, 12, 1 :21-26. https://t.co/DwhgCzkrlN こんな短期間で個体群の絶滅寸前までいくのか...。
ツールは公開されてないのか。 こういうのできるのかはみそさんに聞いたほうが早そう。 https://t.co/wCJTkBzeDi
"統計解析の方法の中には因果関係を前提にしたものとそうでないものがある.一般に回帰分析,分散分析等は前者に属し,相関分析,主成分分析,時系列解析等は後者に属する." マ? https://t.co/mSeq43UgJi