著者
谷口 勇一
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.559-576, 2014 (Released:2014-12-20)
参考文献数
37
被引用文献数
3

With the enforcement of various sport policies with a focus on strategic and comprehensive community sport clubs promotion, debate over the management form of extracurricular activities in Japan has been more focused on the trend of relationship-building both inside and outside of school. In this study, we discuss the validity of the club management form that is centered on activities inside the school, in an attempt to critically consider relationship-building trends. For this, we examine cases where a relationship has been initially formed, but then dissolved, by means of an interview survey with some teachers involved.   The relationships formed in comprehensive community sport clubs and extracurricular activities were achieved through the aggressive behavior of a single health and physical education teacher. Many school teachers in Japan feel responsible for the day-to-day club guidance. Therefore, cooperation with school sport activities outside the school is also open to other teachers. However, with regard to relationships with out-of-school activities, the consciousness of teachers began to change. In this study I confirmed the occupational culture of teachers, which involved “complicated efforts to build up relationships with local residents”, “a sense of extracurricular activities in school education,” and “indifference to out-of-school activities”. In fact, building relationships between comprehensive community sport clubs and extracurricular activities ended in failure.   Thus study has highlighted a drawback of current sports policy content in Japan. Current sport aims at the creation of a sports environment in all regions, including schools. However, no consideration seems to be given to the viewpoint of teachers who have supported sport in school. As long as there is no form of club management where teachers are indispensable, the situation in Japan would appear to be difficult.
著者
谷口 勇仁
出版者
北海道大学
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.179-187, 2009-12-10
被引用文献数
1

2000年6月に発生した雪印乳業株式会社の集団食中毒事件は社会的に大きな注目を浴び,製品の安全性に関するエポックメイキングな事件として位置づけられている。また,学術的にも,雪印乳業集団食中毒事件は様々な観点から検討がなされている。特に,食中毒事件の発生原因について,直接の原因や組織的原因等,様々な要因が検討されている。 本稿では,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察された研究を検討し,その発生原因として指摘されている様々な要因について整理・検討を行うことを目的とする。まず,雪印乳業集団食中毒事件について概観し,雪印乳業集団食中毒事件に関する公式見解とメディアの見解を検討する。その後,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察している先行研究を整理し,(1)競争環境の激化,(2)事故経験の忘却,(3)利益優先主義の企業風土,(4)安全意識の欠落という要因を抽出した。
著者
平本 健太 小島 廣光 岩田 智 谷口 勇仁 岡田 美弥子 坂川 裕司 相原 基大 宇田 忠司 横山 恵子
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2007

本研究によって解明された戦略的協働を通じた価値創造は,21世紀の社会の課題に挑むための方法の1つである.この戦略的協働は,今日,世界中で急速に増加しつつあり,多元的な社会的価値の創造に対して大きな潜在力を秘めている.3年間の研究プロジェクトの結果,戦略的協働を通じた価値創造に関する7つの協働プロジェクトの詳細な事例研究を通じて,戦略的協働の本質が明らかにされた.われわれの研究成果は,18の命題として提示されている.これら18命題は,(1)参加者の特定化と協働の設定に関する命題,(2)アジェンダの設定を解決策の特定化に関する命題,(3)組織のやる気と活動に関する命題,(4)協働の決定・正当化と協働の展開に関する命題の4つに区分されて整理された.本研究の意義は,大きく次の3点である.第1に,戦略的協働を通じた価値創造を分析するための理論的枠組である協働の窓モデルが導出された.第2に,戦略的協働を通じた価値創造の実態が正確に解明された.第3に,戦略的協働を通じた価値創造に関する実践的指針が提示された.
著者
谷口 勇仁
出版者
北海道大学大学院経済学研究科
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.179-187, 2009-12-10

2000年6月に発生した雪印乳業株式会社の集団食中毒事件は社会的に大きな注目を浴び,製品の安全性に関するエポックメイキングな事件として位置づけられている。また,学術的にも,雪印乳業集団食中毒事件は様々な観点から検討がなされている。特に,食中毒事件の発生原因について,直接の原因や組織的原因等,様々な要因が検討されている。 本稿では,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察された研究を検討し,その発生原因として指摘されている様々な要因について整理・検討を行うことを目的とする。まず,雪印乳業集団食中毒事件について概観し,雪印乳業集団食中毒事件に関する公式見解とメディアの見解を検討する。その後,雪印乳業集団食中毒事件の発生原因について考察している先行研究を整理し,(1)競争環境の激化,(2)事故経験の忘却,(3)利益優先主義の企業風土,(4)安全意識の欠落という要因を抽出した。
著者
谷口 勇一
出版者
大分大学教育福祉科学部
雑誌
大分大学教育福祉科学部研究紀要 (ISSN:13450875)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.137-151, 2013-10

わが国のスポーツ振興は,総合型地域スポーツクラブ育成を###中心として展開されている。学校,企業を中心としてきたこれまでのスポーツ振興の形態は限界を迎え,代わって,地域を中心としたスポーツ振興が叫ばれ始めている。以上のような,地域を中心としたスポーツ振興の動向の中で,学校部活動の存続形態も過渡期を迎えようとしている。すなわち,教師と生徒のみで実施されてきた学校部活動の運営形態は,地域住民との積極的な関係づくりが期待され始めている。###そこで本研究では,すでに,学校部活動と総合型地域スポーツクラブの関係を構築してきた先駆的な事例をもとに,両者の関係構築をめぐる課題と可能性について検討した。当該事例からみえてきた課題と可能性は以下に集約できる。1学校外地域とのスポーツ交流を促進するためには,積極的な交流意欲を有する教師の存在が不可欠であること,2しかしながら,学校全体としての交流意欲の高まりをみることは大変困難であること,3学校部活動と総合型地域スポーツクラブの関係構築にあたっては,学校単位ではなく,教育制度全般の見直しの中で検討されることが必要であること,等である。###A steady advance of sports in Japan has been made through centering on the promotion of comprehensive community sports clubs. The###traditional type of sports promotion which has centered on schools and enterprises has now almost reached the limit, and what is called for is the promotion of community sport. The fact is, the continuance of###extracurricular sports activities is now entering a transition period. The system of school sports clubs which hither to only teachers and students have joined is now expected to be also joined by community inhabitants.###The author has discussed the problems and possibilities of combining sports club activities with community sports club activities, reviewing the pioneering examples where school sports clubs and community clubs have been successfully combined.###The conclusion is as follows: (1) Teachers are needed who are aggressively eager to interact with community sports activities. (2)However, it is very difficult to obtain increasing enthusiasm for this kind of###interchange across schools as a whole. (3) It is necessary to review the whole educational system, not the system in individual schools, in order to build a promising relationship between school sports club activities and comprehensive community sports club activities.
著者
谷口 勇仁 小田 寛貴
出版者
北海道大学大学院経済学研究科
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.13-22, 2016-06-09

本稿は,大学院の理系研究室の運営を「ラボラトリーマネジメント」と位置付け,効果的なラボラトリーマネジメントを探求するために,ラボラトリーマネジメントの課題を明らかにすることを目的としている。まず,ラボラトリーマネジメントに関連する先行研究を概観した上で,先行研究では民間研究組織との比較検討の視点が欠けていることを指摘した。次に,大学院理系研究室と民間研究組織との比較検討から①小規模な組織,②高い流動性,③PIの大きな自由裁量度,④多面的な成果評価という4つの特徴を導出し,大学院研究室の運営責任者であるPI(Principal Investigator,主任研究員)は,「小規模で流動性が高い組織において,大きな裁量のもとに,多様な成果を達成することを求められている」ことを明らかにした。最後に,上記の特徴を検討し,ラボラトリーマネジメンの課題として,①先輩と後輩の経験格差が非常に小さいことを前提としたOJTの運用と,②実験研修・研究打合せ・研究発表等の制度の構築と維持を指摘した。
著者
谷口 勇
出版者
イタリア学会
雑誌
イタリア学会誌 (ISSN:03872947)
巻号頁・発行日
no.16, pp.8-22, 1968-01-20

L'autore si e proposto di studiare il saggio critico di Luigi Pirandello sulla Poesia di Dante(1920)pubblicato nell'Idea Nazionale(il 14 settembre 1921), e quindi correggere alcune idee erronee su Croce, diffusesi nel Giappone. Dopo aver trovato la dualita o le opposizioni tra 'poesia' e 'non poesia', tra 'poesia' e 'struttura' nella Divina Commedia, Benedetto Croce ha cercato di aggiustare questa contradizione, <<ponendole in istretta relazione filosofica ed etica>>e<<guardandosi dal pensare tra loro qualsiasi relazione di natura propriamente poetica>>. Cosi, Croce considera la 'poesia' come assoluta, e tutto cio che era concezionalmente o drammaticamente significato in Dante si e fatto appartenere alla categoria di 'non poesia'. Contro questa discussione di Croce, L.Pirandello esercito la critica severa dal principio alla fine :<<Dante, tutt' intero e uno ha il grave torto di non potere entrare nella teoria estetica di B. Croce...>>; Pirandello mostro l'inconsistenza, contenuta nel Croce, e ha assistito l'unita e inseparabilita e nella<<Commedia>>e nella personita del Dante. Ma Croce, non si sa perche, passo sotto silenzio questa critica 'anticrociana.' Secondo G.Giudice, pare che, questa volta, Croce avesse creduto opportuno di non ne parlare. L'opera di Croce, incontrata la critica cosi aspra in Italia, non era approvata anche all'estero. Per esempio, E.H.Wilkins scrisse, <<la meno sodisfacente fra le opere [di Croce], forse, e La Poesia di Dante...>>. Nel Giappone, all'opposto di queste valutazioni, l'opera di Croce, qui sopra, ha ricevuto altissima approvazione. L'autore del presente articolo, il quale crede che questa valutazione si tratta in fondo di un malinteso, ha tentato di correggere questa approvazione esagerata.
著者
谷口 勇一
出版者
大分大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、九州内の中学校ならびに高等学校の部活動顧問教師を対象に質問紙調査とインタビューを実施し、総合型地域スポーツクラブに対する各種意識の把握を試みた。得られた知見は以下のとおりである。1)部活動顧問教師の総合型地域スポーツクラブに対する認知度は31.0%に留まっていた、2)部活動と総合型地域スポーツクラブの連携協力関係については、80.4%が肯定的であることがわかった、3)総合型地域スポーツクラブとの連携協力関係に肯定する者の意識は「自分自身の負担軽減に対する期待感」が強いことがわかった。逆に、連携協力関係に否定的な者は「部活動の教育的意味が薄れてしまう」との意識が強いことがわかった。
著者
谷口 勇仁
出版者
北海道大学
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.54, no.4, pp.67-74, 2005-03-10

本稿の目的は、既存のCSR(Corporate Social Responsibility)に関する議論を検討し、「企業の論理」と「社会の論理」という2つの論理の存在を明らかにすることにある。従来、不祥事を起こした企業に対して、「CSR を果たすという当たり前のことがなぜできないのか」という意識に基づいた批判が数多くなされてきた。しかしながら、企業にとってCSR 活動を行うことは必ずしも当たり前ではない可能性もある。このような場合、批判の根底にある前提と、現実のCSR活動の根底にある前提が異なることになるため、不祥事を起こした企業に対する批判は机上の空論となる恐れがある。本稿は、このような状況を「企業の論理」と「社会の論理」のギャップとして捉えることを試みたものである。まず、既存のCSR に関する研究を「企業経営に対する提言」という観点から、「規範的アプローチ」と「手段的アプローチ」という2つのアプローチに分類して整理した。次に、この2つのアプローチを比較検討した結果、それぞれ「社会の論理」、「企業の論理」という観点からの整理であることを明らかにし、両論理の存在を導出した。さらに、2つの論理を検討した結果、「企業の論理」と「社会の論理」の間にCSR に関する解釈のギャップが存在する可能性を指摘した。