著者
三上 隆三
出版者
和歌山大学
雑誌
経済理論 (ISSN:04516222)
巻号頁・発行日
vol.327, pp.45-64, 2005-09
著者
奥 忍
出版者
和歌山大学
雑誌
和歌山大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 (ISSN:09182683)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.123-127, 1996-08-24

本稿は日本の合唱教育の現状を、西洋音楽の影響という視点からグローバルにとらえようとするものである。日本民謡「斎太郎節」に焦点をあて、伝統的な日本民謡の様式と西洋様式による合唱のかけ声の音響的相異を明らかにするとともに、それらがいかに知覚・認知されるかという2側面から合唱における西洋音楽の影響を論じた。
著者
森下 正康
出版者
和歌山大学
雑誌
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 (ISSN:13468421)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.87-100, 2001

今日のいじめや不登校,学級崩壊などの問題行動の背景に,自己制御機能の発達や思いやり,攻撃性の問題が関与していると考えられる。これまで子どもに対する母親の影響について検討してきた。今回は,主として父親の態度がどのような影響を与えるか,さらに父親の態度と母親の態度の組合せパターンが子どもの自己制御機能等の発達にどのような影響を与えるかを検討した。和歌山県下の市部と郡部の計5つの幼稚園と保育園から3,4,5歳児を対象に,担任教師と母親,父親に評定を求めた。子どもについては,自己抑制,自己主張,思いやり,攻撃性の4特性に関して担任教師に評定を求め,養育態度については,受容,統制,矛盾,実権について,母親父親それぞれに自己評定を求めた。すべてのデータがそろった489名について分析した。主要な結果は次の通りであった。(1)男子について,母親が愛情豊かな場合あるいは父親が愛情豊かで統制がゆるやかな場合,思いやりが形成される。女子について,愛情豊かで統制がゆるやかな父親の場合は自己抑制が発達する。それに対して,冷たくて厳しい母親の場合は女子の自己抑制が育たず攻撃性が高くなる。また,冷たくて厳しい父親の場合は女子の思いやりが育たず攻撃性が高くなる可能性がある。(2)母父の態度の組合せパターンについてまとめると次のようになる。両親の暖かい受容的な態度は女子の自己抑制の発達にとって重要である。それに対して,両親の冷たく拒否的な態度は子どもの攻撃性を高める。(3)両親共に統制がゆるやかな場合,女子の自己抑制の発達にプラスの影響を与えるが,男子の自己主張の発達にマイナスの影響を与える。また,母親だけが厳しく統制的な場合は子どもに高い攻撃性を形成させる。(4)両親共に矛盾しない一貫した態度をもっている場合は,男子の自己抑制や自己主張の発達にプラスの影響を与える。(5)自己主張は,男子の場合は父親が,女子の場合は母親が子育ての実権を持っている方が発達する。両親が実権を持っている場合には,男子の自己制御や思いやりの発達に対してマイナスの影響を与える可能性がある。
著者
今井 敏博
出版者
和歌山大学
雑誌
和歌山大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 (ISSN:09182683)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.1-8, 1994-08-20

小学校教員志望学生の,乗法の意味の拡張特に乗数が整数から有理数になることについての算数としての意味づけに関する調査を行い,その結果を分析した。乗数が小数の場合も累加の考えがあてはまると反応した被験者が3割近くもあり,予想を上回った。しかし,それらの被験者は,割合としての考えをもち備えており,累加の形で拡張できないかの模索の中での葛藤の状態にあると思われる。
著者
山神 達也
出版者
和歌山大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

日本社会が人口減少期に突入することを踏まえ、本研究では、人口分布の変動過程と地域人口の動向を検証した。その結果、日本全体と地方単位の二つの空間スケールで、人口が成長ないし停滞する大都市圏と人口減少が進む大都市圏外という対比の鮮明化、及び高齢化の進展による自然減少の地域差の拡大を明らかにした。また、京都府と京都府舞鶴市を対象とした分析から、地域人口の変化では、地域経済と住宅供給の歴史と現況、それらの結果としての年齢構成が相互に作用してきたことを示した。
著者
今井 敏博
出版者
和歌山大学
雑誌
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 (ISSN:13468421)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.97-103, 2002

本研究では,小学校教員免許取得志望学生である大学生を対象として,小学校,中学校,高等学校での,算数・数学への好き・嫌い,算数・数学の成績の良い・悪いについての意識とその理由を問い,回答の状況を調べることを目的とした。算数・数学の好き嫌いと成績について,好き-良い,嫌い-悪いが統計的にも有意に多かった。人数的には少ないが,嫌い-良いや好き-悪いと回答した人の理由には,算数・数学教育実践上留意すべき点が含められていた。