著者
山極 寿一 バサボセ カニュニ
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.46, 2005 (Released:2005-06-07)

これまで、ゴリラの食性をめぐって典型的な葉食者(マウンテンゴリラ)と季節的な果実食者(ニシローランドゴリラ)という二つの異なる特徴が知られている。この食性の相違は環境条件(山地林と低地熱帯雨林)を反映しているので、どちらがゴリラにとって主要な特性なのか、なかなか見極めることが難しい。私たちがここ10数年にわたって継続調査をしているコンゴ民主共和国カフジ・ビエガ国立公園のヒガシローランドゴリラは、ちょうど両植生帯の中間に当たり、1年のうちの短い期間果実が豊富に実る。ゴリラは好む果実が得られる時期は果実をよく食べ、少なくなると葉や樹皮など繊維質の食物を多く食べる。しかし、毎日寝場所から次の寝場所までゴリラ1集団の新しい通跡をたどってみると、果実の有無に関係なく年間を通して摂取している葉と樹皮が数種類あることがわかった。さらに、1日に集団で採食する食物の種類数にはほとんど月間変化が認められなかった。また、ゴリラは果実期になると遊動距離を伸ばして多くの果樹を渡り歩く傾向があった。これは、特定の果樹を繰り返し利用するチンパンジーとは対照的な特徴であり、主要な葉や樹皮を摂取する必要性から生じていると考えられる。これらの観察から、ゴリラは「果実を好む葉食者」と見なすべきである。
著者
竹下 毅
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.228, 2013 (Released:2014-02-14)

日本各地で野生動物による農林業被害や生活被害が発生し,野生動物と人間との軋轢が社会問題となっている.これまで多くの地方自治体は野生動物問題の対応を地元猟友会に頼ってきたが,猟友会員の高齢化・会員数減少により猟友会員の負担は年々増加しており,従来行われてきた「猟友会に頼った野生鳥獣問題対策」が成り立たない地域や地方自治体も現れてきている.長野県小諸市も例に漏れず,平成 19年に 95人いた猟友会員数は平成 24年には 57人(年齢平均値 62歳,中央値 65歳)にまで減少・高齢化し,今後も減少していくことが予想される.このため,猟友会の負担を減らしつつ被害も減少させる「新たな野生鳥獣問題対策」を構築する必要があった. このような状況の中,長野県小諸市では野生動物問題を専門職とするガバメントハンター(鳥獣専門員)を地方上級公務員として正規雇用すると共に,行政職員に狩猟免許を取得させ,ガバメントハンターをリーダーとする有害鳥獣対策実施隊(以下,実施隊)を結成した. 銃器を必要とする大型獣(クマ・イノシシ)は猟友会員から構成される小諸市有害鳥獣駆除班(以下,駆除班)が主に対策を行い,小・中型獣は実施隊が主に対策を行うという分業体制を敷いた.この取り組みによって駆除班の負担を減少させると共に,被害を減少させることに成功した. 現在のガバメントハンターの活動内容は,1)有害鳥獣の捕獲・駆除,2)ニホンジカの個体数管理のための捕獲,3)野生鳥獣のモニタリング,3)猟友会と行政との連絡,4)市民への野生動物問題の普及啓発,5)捕獲動物の科学的利用である. 本発表では,小諸市にガバメントハンターが正規雇用される経緯と活動内容について報告するとともに,今後の課題について議論したい.
著者
清野 紘典 中川 恒祐 宇野 壮春
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.226, 2013 (Released:2014-02-14)

全国的なサルの捕獲数は増加傾向で近年 2万頭 /年に達するが,被害問題は減少傾向になく,分布が拡大する地域もみられる.一方,過去の乱獲によって個体群が分断・消滅している地域があり,無計画な捕獲による個体群への不可逆的な影響が懸念されている.そのため,サルの個体数コントロールでは,群れ単位の総合的な被害管理を推進するとともに,適切なモニタリングに基づき保全を担保したうえで,効果的な被害軽減につながる方法論の検討が求められている. 保全に配慮した捕獲方法として,サル絶滅危惧個体群では問題個体の選択的捕獲の実践例がある (森光・鈴木,2013).また,効果的な捕獲方法はシカ等で専門家によるシャープシューティングの技術開発が進められている(鈴木 ,2013など).これらの考え方をふまえ,群れの安定的存続を確保しつつ,効率良く被害を減少させ,総合的被害対策を支援する個体数管理の手法を検討して実践した. 特定計画に則り立案された捕獲計画において,滋賀県の安定的個体群に位置する高レベル加害群 1群 (76頭 )を麻酔銃にて約 35%,25頭を短期間で捕獲した.捕獲対象は,人や集落環境に慣れ警戒心が低く・農作物への依存性が高い,高レベル加害個体とし,該当する個体を群れ内で特定して選択的に捕獲した.捕獲効率の低下を避けるため,捕獲者の存在を認知されないよう工夫し,かつ亜成獣以下の個体および周辺オス,劣位の成獣個体から順に捕獲するよう捕獲管理した.なお,群れ内の社会性を撹乱し分裂を誘発しないよう成獣メスの捕獲は最低限とした. 捕獲実施後,対象群は分裂せず,群れの加害レベルを低下させることに成功したことから,本法が保全への配慮と効果的な被害軽減の双方に機能する個体数管理の一手法となることが示唆された.本法の適用に必要な条件の検討,捕獲に必要な技術・技能的要件の吟味および実施体制の整備が今後の課題である.
著者
上野 将敬
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
pp.34.002, (Released:2018-06-27)
参考文献数
75

Group-living primates often perform complex social behaviors. Traditionally, observational and experimental studies have provided important insights into the social behaviors of primates; however, these studies have limitations regarding unambiguous causality. The use of artificial stimuli can aid in understanding the mechanisms of animal behavior. A robot, which can perform some behavior sequences automatically or by remote control, serves as a new method to study the response of an animal to the stimulus of the same or other species. One of the advantages of using a robot is that researchers can change the appearance and behavior in line with their purpose. In addition, using a robot can help investigate the influence of more than one individual on another individual's behaviors. Although it is advantageous to use robots in the study of animal behaviors, it entails various challenges. This paper reviews the studies on animal behavior that used robots as stimuli and discusses the contribution of using robots in primate behavior study in the future.
著者
横山 真弓 阿部 豪 斉田 栄里奈 西牧 正美
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 Supplement
巻号頁・発行日
vol.29, 2013

&nbsp;兵庫県では,特定外来生物アライグマによる深刻な被害が発生しており,年間約 4000頭が捕獲されている.2008年頃までは主に猟友会等による捕獲が中心であったが,2009年に篠山市は特定外来生物防除計画に基づき,住民を対象とした「捕獲従事者講習会」を実施したところ,約 800人が受講し,捕獲従事者制度による捕獲が開始された.現在でも約 650人が捕獲従事者として登録している.さらに現在までに,三田市,神戸市等が同様の取り組みを行い,被害住民自らが捕獲に取り組む活動が浸透しつつある.しかし,捕獲従事者制度はワナの貸し出しの有無や捕獲活動支援などの仕組みは,市町により大きく異なっている.一方で篠山市大山地区では,住民により「NPO法人大山捕獲隊」が結成され,住民参画によるアライグマの集中的な捕獲が行われるようになった地域もある.今後著しく増加するアライグマに対しては,住民主体の捕獲従事者による捕獲を効果的に進め,地域からのアライグマ排除を進める必要がある.<br>&nbsp;本研究では,効果的な住民参画型の捕獲を推進するため,上記に挙げた3市におけるアライグマ捕獲従事者の捕獲努力量の実態と,捕獲圧の効果を明らかにする.また,捕獲従事者による効果的な捕獲を推進するために求められる今後の体制について考察する."
著者
平松 千尋
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.85-98, 2010-12-20 (Released:2011-02-01)
参考文献数
65
被引用文献数
4 1

Primates are unique among placental mammals in having trichromatic color vision, while most mammals possess dichromatic color vision. It has been hypothesized that the adaptive significance of trichromacy in primates is to detect reddish ripe fruits against a dappled foliage background. However, a behavioral advantage of trichromacy for fruit foraging has not been demonstrated in wild populations. The present paper reviews color vision status and utility of color vision in various primate species and describes recent advances in examining the significance of trichromacy. New World monkeys, which express high intraspecific color vision diversity due to an allelic polymorphism of the X-linked opsin gene, provide the excellent model to explore the significance of trichromacy for frugivory. The comparison of fruit foraging efficiency between dichromatic and trichromatic individuals in free-ranging black-handed spider monkeys (Ateles geoffroyi) inhabiting a Costa Rican dry forest did not reveal any trichromat advantage. This result is explained via the luminance contrast between fruits and background leaves, which cues the detection and selection of edible ripe fruits when fruits are viewed from close distances. In addition, sniffing behavior toward fruits was negatively correlated with luminance and blue-yellow contrasts, suggesting that monkeys use olfactory cues when vision alone is insufficient to select edible fruits. These results suggest that an advantage of trichromacy is not salient under natural conditions where many sensory cues are available. To understand the significance of trichromacy, it is necessary to evaluate how trichromacy benefits fruit detection over long distances. It is also important to observe various social feeding behaviors to examine alternate hypotheses, such as mutual benefit of association.
著者
辻 大和
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.28, no.2, pp.109-126, 2012-12-20 (Released:2013-01-24)
参考文献数
130
被引用文献数
4 3

In this review I introduce the literature concerning variations in the feeding ecology of wild Japanese macaques (Macaca fuscata), for which many Japanese primatologists have collected data for more than 60 years. Specifically, I review 1) temporal, 2) spatial, and 3) inter-individual variations in the feeding ecology of the macaques. Food resources of the macaques in habitats exhibit temporal shifts (in short-term, seasonal change, and inter-annual change), which consequently affect feeding-related behavior, such as ranging patterns, activity budgets, and degree of crop-raiding. On the other hand, temporal changes in feeding sometimes affect inter-specific relationships. Food environment differs regionally, which is attributed to forest productivity and flora, and/or physical conditions such as temperature and snowfall. The feeding ecology differs even between neighboring troops inhabiting different forest structures. A troop of macaques consists of males and females of different ages and social ranks whose nutritional demands vary. Such inter-individual variation within group affects their feeding ecology, which consequently affects population parameters through competition over food resources. Variation in food habits would affect other ecological phenomena, such as seed dispersal and plant community structure. Finally, I discuss several challenges facing future studies of the feeding ecology of Japanese macaques.
著者
上野 将敬
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.33, no.1, pp.21-34, 2017-06-20 (Released:2017-07-27)
参考文献数
105

Group-living primates are likely to spend a substantial amount of time grooming and resting with a small number of other group members. Such close and enduring relationships are regarded as affiliative. The properties of affiliative relationships are not fully understood and no consensus exists on how to quantitatively describe them. In this review, I explain the primate behaviors that are related to affiliative relationships and examine the means for using these behaviors to measure the relationship. Traditionally, affiliative relationships are defined by the frequency of proximity and grooming. Individuals with frequent proximity and grooming tend to perform altruistic behaviors for their partners without immediate return from them, groom each other in a reciprocal manner in the long-term, show distress and reconcile after agonistic interactions, and synchronize their behaviors with those of their partners. Thus, in addition to measuring the frequencies of proximity and grooming, these behavioral tendencies might be used as indices of affiliative relationships. Similarly, other questions concerning affiliative relationships remain unexplained. Some studies show that affiliative relationships increase reproductive success, but the mechanisms leading to fitness outcomes remain unclear. Although typically in primates, related individuals tend to form affiliative relationships, such relationships are also formed with unrelated individuals. Affiliative relationships could mitigate the negative effects of competition among individuals in large social groups and ensure that the individuals that form the relationship receive benefits from each other (e.g., agonistic support and collective mobbing). It is also unclear whether the affiliated relationships of nonhuman primates are equivalent to those of humans. Further research is necessary to elucidate similarities or differences in affiliative relationships between human and nonhuman primates.
著者
船橋 新太郎
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.85-96, 2006 (Released:2007-03-13)
参考文献数
38

ADHD is one of the most prevalent childhood psychiatric disorders and could be explained as a prefrontal dysfunction. Studies suggest that ADHD is related to deficits of dopamine-related functions, because methylphenidate, which is a dopamine transporter inhibitor, is the most effective medication for the treatment of ADHD. The prefrontal cortex is the cortical area where the most strong dopamine innervation is observed. Local acute injection of dopamine-related drugs to the prefrontal cortex produces modulation of task-related activity and behavioral deficits in cognitive task performances. Thus, the dysfunction of dopamine-related modulation in the prefrontal cortex could be a possible candidate of biological causes of ADHD. To prove this idea, in the future we are going to inject 6-OHDA into infant monkeys' prefrontal cortex to disturb dopamine functions chronically and compare its behavior with normal monkeys.
著者
堀田 裕子 松崎 那奈子 萩原 孝泰 井上 康子 小川 博
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 Supplement
巻号頁・発行日
vol.33, pp.64, 2017

<p>スマトラオランウータンはIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類に指定される希少動物である。また,国内個体数が少ないことから,種の保存のために動物園で計画的に飼育下繁殖を進めていくことは重要である。そのために園間同士での個体の移動は必要なことである。一方で,動物の輸送には身体的および精神的ストレスが伴う。動物はストレス因子が極度の場合生理学的機能が激しく損なわれ死亡することがある。コルチゾールはストレスの指標となりうるホルモンであることから,尿を用いて非侵襲的にそれを測定した。昨年スマトラオランウータンの園内での新獣舎への移動,および園間またいでの移動が行われた。この際のストレスについて検証すべく,スマトラオランウータン雌1頭雄1頭を対象として,尿中コルチゾール濃度をEIA法を用いて測定し,その動態を追った。またそれと同時に行動観察を行い,行動と生理の面からそのストレスについて調べた。雌雄また園内と園間それぞれ,コルチゾール濃度および行動に変化がみられた。その結果からストレス要因およびストレス軽減要因について考察し報告する。</p>
著者
松下 裕香 太田 博樹 WELKER Barbara PAVELKA Mary 河村 正二
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.36-36, 2011 (Released:2011-10-08)

L-Mオプシンの対立遺伝子分化による種内色覚多型が一般的に存在する新世界ザルの中で、唯一ホエザル属は狭鼻猿類と同様にL-Mオプシンの遺伝子重複によって、種内で一様な3色型色覚を有していると考えられてきた。そのためホエザルは霊長類の3色型色覚進化を論じる上で重要な存在となっている。しかしこれまでに野生集団を対象にその色覚多型性を検証した例はなく、実際に集団内で一様な3色型色覚を有しているかは不明だった。そこで本研究ではホエザル野生集団に対し、L-Mオプシン遺伝子の多型性を検証することを目的とした。 そのために、まずコスタリカ共和国グアナカステ保護区サンタロサ地区で採集されたマントホエザル(Alouatta palliata)3群33サンプル及びベリーズ国モンキーリバー地区で採集されたグアテマラホエザル(A. pigra)5群44サンプルの糞試料からDNAを抽出した。次にLまたはMオプシン遺伝子の欠失した個体を探索するため、L及びMオプシンの最大吸収波長に大きく関与するアミノ酸サイトの存在するexon 5の塩基配列解析を行った。各サンプルについてexon 5のPCRを行ったところ、マントホエザル11サンプル、グアテマラホエザル7サンプルでexon 5配列の増幅に成功し、それらにつきダイレクトシークエンシングとクローニングによる塩基配列の確認を行った。 その結果、LまたはMオプシンの欠失した個体は存在しなかったが、マントホエザルの1個体及びグアテマラホエザルの3個体でexon 5がLとMのhybridになっていることを発見した。このうち、視物質の最大吸収波長に関わる変異をマントホエザル1個体、グアテマラホエザル2個体に検出した。今後さらにサンプル規模を増やし、また、検出されたhybridオプシンがホエザルのL及びMオプシンの最大吸収波長からどの程度シフトするのかをin vitroでの視物質の再構成による吸収波長測定を行うことで検証していく必要はある。しかし塩基配列解析に用いたものがわずか18サンプルにも関わらず、4個体のhybridオプシン遺伝子を持つ個体が検出されたことから、ホエザルがこれまで考えられていたように種内で一様な3色型色覚を有しているのではなく、種内に高頻度で色覚多型が存在する可能性が高いことが考えられる。
著者
伊谷 原一 松沢 哲郎 山極 壽一
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.31-35, 2016-06-20 (Released:2016-08-05)
参考文献数
6
被引用文献数
2
著者
友永 雅己
出版者
日本霊長類学会
雑誌
霊長類研究 (ISSN:09124047)
巻号頁・発行日
vol.24, no.3, pp.265-272, 2009-03-31 (Released:2010-06-17)
参考文献数
61
被引用文献数
1 1