著者
佐藤 達哉 望月 昭 滝野 功 松見 淳子 下山 晴彦 小林 亮 松原 洋子
出版者
立命館大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2004 (Released:2004-04-01)

平成19年度は最終年度にあたるため、これまでのまとめを行った。日本心理学会第71回大会においてワークショップ「欧米諸国における臨床心理学資格の実際とその歴史」(2007年9月18日)を開催し、その記録を『ヒューマンサービスリサーチ』NO 10「心理学の歴史に学ぶ」として刊行した。このワークショップは欧米における臨床心理学関連の資格について英仏独米の現地調査に基づいた結果をもとに議論したものであり、企画趣旨は以下の通りである。「資格は学問と社会をつなぐメディア(媒介)の一つである。日本の臨床心理学関連資格のあり方を相対化して考えるためには歴史研究と比較研究が必要である。このワークショップでは企画者が日本の臨床心理学史を簡単に紹介した後、欧米のいくつかの国を例にとって臨床心理学の資格の内容や成立の過程や訓練のカリキュラムについて検討していく。イギリスについて下山が、ドイツについて小林が、フランスについて滝野が、それぞれの国における現地調査をふまえて報告を行う。これらの報告を受け松見が、アメリカの資格の状況もふまえて、文化的視点に配慮し討論を行う。各国の歴史的文化的な背景が資格制度の成立にどのように影響しているのか、資格付与機関のあり方は社会によって異なっているのか、費用は誰が負担するのか、資格は社会に対してどのような機能を持っているのか、などについて差異と共通点を考えていく」。公刊した論文の執筆者とタイトルは下記の通り。小林亮「ドイツにおける心理療法士-資格制度とその活動状況」下山晴彦「イギリスの臨床心理学の歴史-日本との比較を通して」滝野功久「独自な主張をするフランス臨床心理学の歩み」松見淳子「欧米諸国における臨床心理学資格の実際とその歴史」。
著者
下山 晴彦
出版者
東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター
雑誌
年報
巻号頁・発行日
vol.2011, pp.20-29, 2012-03-31

学校教育高度化センター主催シンポジウム 社会に生きる学力形成をめざしたカリキュラム・イノベーション : 理念と方向性
著者
藤原 勝紀 田畑 治 岡田 康伸 皆藤 章 一丸 藤太郎 下山 晴彦
巻号頁・発行日
2001 (Released:2001-04-01)

こころの問題が複雑化・深刻化している現代において、臨床心理士をはじめとする専門家、心理臨床家には、高度な専門性が求められている。心理臨床家の養成の難しさは、内面的な心と心の使い方、あるいは全人格に関わる生き方について、いわゆる教育指導が可能かという本質的な課題を提起する点にある。直接の人間関係による臨床実践をつうじて生成する学問、学問を基盤に臨床実践を行う心理臨床家、という学問と臨床実践の相互不可分な専門性の中で、従来の知識伝授型の教育過程とは異なる「臨床実践指導」の在り方に焦点を当てることになった。そこで、臨床心理士の養成と資格取得後の教育研修、ならびに臨床実践指導者の養成に関する教育訓練、教育研修の仕組みや在り方と、その指導内容や方法について検討がなされ、大学院附属心理教育相談室など臨床実践指導機関の役割や位置づけ、大学院教育カリキュラムにおける臨床実践指導の位置と在り方を討議する中、新しい臨床実践指導のパラダイム(従来の「講義-演習-実習」から「実習-演習-講義」への変換)が示された。これは、高度専門職業人として不可欠な倫理教育も含んでおり、臨床実践に根ざしたボトムアップ型の重要性が認識されることになった。このような技術だけではない臨床実践技能の質をどう担保し高めるかという点が、心理臨床家の養成において焦点であり、かつ臨床心理士有資格者にとっては生涯学習的なテーマである。本研究を通して、臨床実践指導の本質が問い直され、その特徴として、指導を受ける側と指導者側との双方向的な視点の重要性も明らかにされた。なお、京都大学大学院教育学研究科では、平成16年度から「臨床実践指導者養成コース」という独立した博士課程が設置され、「臨床実践指導学講座」が新設される運びとなっている。
著者
瀬戸 瑠夏 下山 晴彦
出版者
東京大学大学院教育学研究科
雑誌
東京大学大学院教育学研究科紀要 (ISSN:13421050)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.133-145, 2004-03-10

The purpose of this paper is to review the books and papers about school counseling in Japan, and to discuss (a) what a new model of helping in school is, and (b) what skill school counselors have to acquire. For (a), we especially focused on the ideas, the purposes, and the means of school counseling in the review. As a result, it became clear that they were different depending on the researchers and the counselors, and that there is not an integrative model on school counseling in Japan. For (b), we clarified knowledge and skill school counselors were expected to have. As a result, we realized that school counselors should have to acquire skill to enter the school, and to unite the way of helping an individual and the way of intervening the system of the school. Through this review, we thought it would be important that school counselors help the school as a whole, and treat an individual as a part of the school system. Therefore, we should explore the way of helping students within the space specific to the school, for example, "Jiyuu-Raishitsu-Katsudou" or preventive counseling in a classroom.
著者
下山 晴彦
出版者
東京大学
雑誌
東京大学大学院教育学研究科紀要 (ISSN:13421050)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.121-131, 2004-03-10
被引用文献数
1 or 0

In response to the social demands, clinical psychologists have to improve training systems for the future. British clinical psychology and Japanese clinical psychology started almost at the same time, but the ways in which they have developed are very different in terms of the attitudes towards science. Therefore, a comparative study between the two countries is very helpful in considering some factors of the development of clinical psychology as a profession and in constructing a training model. On the one hand, British clinical psychology has continued to assume that clinical psychology is itself scientific. On the other hand, Japanese clinical psychology has not assumed this. In this paper, I introduce a metaphorically experimental design to confirm a hypothesis that a scientific approach would make a contribution towards clinical psychology growing into a profession. As a result of the comparative experimental study, I conclude that assuming a scientific approach is very important in the development of clinical psychology in the modern world, but it is not a developmental task common to every development. It would be more correct to say that assuming a scientific approach is very helpful only in getting clinical psychology out of the pre-modern sectionalism, into integration and into proposing social accountability in the modern society. However, since assuming a scientific approach is not directly related to clinical practice, it is not necessarily helpful in developing clinical psychologists from the training viewpoint and the post-modern viewpoint. Consequently, I suggest a comprehensive model of clinical psychology, which can fit into the Japanese situation and the post-modern world.
著者
下山 晴彦 屋嘉比 光子 西村 詩織 平林 恵美 林 潤一郎
出版者
東京大学大学院教育学研究科
雑誌
東京大学大学院教育学研究科紀要 (ISSN:13421050)
巻号頁・発行日
vol.48, pp.163-184, 2009-03-10

The purpose of this study was to develop and to evaluate psychological education programmes in school setting. They were made in terms of cognitive behavioural group treatment in children and adolescents. At first, 4 sessions programme for elementary school children was developed and carried out and the result was evaluated. Next, 11 sessions programme which was revised in the light of the evaluation was implemented at a reformatory and the result suggested that it could promote the control of anger. Finally, 6 sessions programme on changing negative mood was developed and was examined in 199 junior high school students. The result showed the psychological education program significantly promoted the skill of changing negative mood.