著者
宮永 健史 石塚 亙 藤田 利光 中村 文子
出版者
和歌山大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2005

1、実験工作キャラバン隊ボランティア団体「実験工作キャラバン隊」を組織し、地域の小中学校、教育委員会、子ども会等の要請に応じて出かけていき、実験工作教室を開いた。平成17〜18年度中の開催回数は51回、参加学生は延べ352人、教職員は延べ87人で、参加した児童生徒は1849人であった。この児童生徒数には、科学まつりや大学祭等、大きな催しの中の1つの出し物として参加した場合に指導した児童生徒数を含めていないので、学生達が実際に指導した児童生徒数は更に2000人程度増加すると思われる。活動の様子はホームページに公開した。また、レーザープリンタを使って実験工作の説明資料を作り参加児童生徒に配布した。参加した児童生徒の95%が「大変おもしろかった」または「おもしろかった」と答えており、子ども達に科学に親しむ場を提供する上で大きな成果があった。参加学生達も自分たちの「子どもを指導する力」、「子ども達との接し方」が向上したと感じており、教員養成の面でも大きな成果があった。また、いくつかの実験テーマを選び、その学問的基礎、実験方法、実験装置の作成方法、授業展開例、等をまとめたパンフレットを作り学生教育の充実を図った。2、サイエンス・ものづくり指導実習実験工作キャラバン隊の活動を、正規の教員養成カリキュラムに取り入れるため、平成17年度から「教科または教職」科目の1つとして「サイエンス・ものづくり指導実習」(通年集中、2単位)を開設している。平成17、18年度に携わった教員9人、受講生は合計27人であった。学生達は4月から7月の問に「実験工作キャラバン隊」の出向に参加し、実験工作教室を体験した。そして、11月から12月の間に小学校、中学校に出かけていき、各人5時間以上の理科実験やものづくりに関する授業を行った。学生達は、授業する力、子ども達と接する力、実験ものづくりの授業を企画する力等が向上したと評価している。最後に協力校の教諭とのシンポジウムを開き、この授業が学生の実践的指導力を付ける上で大変有効であることが分かった。
著者
中村 文子
出版者
JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS
雑誌
国際政治 (ISSN:04542215)
巻号頁・発行日
no.152, pp.132-152,L15, 2008

This paper attempts to develop a new model for analyzing the reasons behind trafficking in persons. Trafficking in persons in the form of sexual exploitation therefore is caused by differentials in power between sex, the rich and the poor, and citizen and non-citizen. From power differentials evolves discrimination, and discrimination is justified by power. Moreover, the paper suggests possibilities for constructing a social structure that is able to address the problem of discrimination.<br>By analyzing the trafficking of victims' throughout the world, based on the information provided by the United Nations Office for Drugs and Crime (UNODC), we recognize specific geographic aspects of human trafficking. Mostly, victims come from developing countries such as those in Eastern Europe or Asia, and their final destinations are developed countries such as Japan, the USA, or Italy. By scrutinizing the conditions for human trafficking based on the modern world-system theory we learn that "core" areas exploit "semi-periphery" areas. This finding applied to the problem of trafficking in persons then means that the "core" exploits the "periphery" <i>physically.</i>.<br>However, modern world-system theory's explanation for the causes of this crime is insufficient. The existing deep discrimination between men and women or the rich, the poor, and citizen and non-citizen brings to light the relation of power between those who discriminate and those discriminated. In this sense, sex discrimination is caused by "nation states" politics, which is strongly patriarchal. Therefore, this politics forces women to be "peripheral", i. e. to serve as assistants for men in society. Further, discrimination against foreigners is also strongly related with "nation states'" politics, which excludes "others". Carrying this explanation further, we can argue that economic discrimination promotes people with power while discriminating "others". The modern world-system structure ties agents' action, thus it is hard to solve the problem of discrimination. On the other hand, there are certain possibilities that agents' action can influence the structure of this world system.<br>The victims of trafficking in persons are forced to the bottom of the hierarchy structured by power differentials with discrimination and thus to fate of being the slave, whose human dignity is ravished by sexual exploitation. Thus it is essential to remove the consciousness of discrimination, which justifies power differentials between sex, the rich and the poor, and citizen and non-citizen. It is here, where cooperation with international organizations and NGOs serves our purpose.<br>Firstly, it is necessary to raise consciousness among those who 'buy' women, that their action is a "crime". Secondly, it is important to enhance women's consciousness of being a victim. And finally, it is essential to bring the issue of trafficking in persons to the consciousness of the ordinary people, and encourage them to help the victims.
著者
中村 文子
出版者
長崎純心大学・長崎純心大学短期大学部
雑誌
人間文化研究
巻号頁・発行日
vol.4, pp.94-84, 2006-03-01

「今昔物語集」は平安時代末期、院政期に成立したとされる我が国最大の仏教説話集である。説話の中には、恩をかけ恩に報いる話が収録されており、「恩」という語が散見できる。「今昔物語集」全三十一巻 (巻八・一八・二一は欠巻)は、天竺部・震旦部・本朝仏法部・本朝世俗部と四つの部立てで構成されており、収められている説話には依拠した文献の存在が明らかなものも多い。本稿では、「今昔物語集」の「恩」という語が依拠文献の表現を受け継いでいるのかどうか、依拠文献本文と比較・対照する。その結果を検討することにより、「今昔物語集」の恩についての考察の第一歩とするものである。「恩」という語を一例ずつ検討してみると、「恩」に関しては「今昔物語集」の本文と依拠文献との関係は複雑である。「今昔物語集」が、依拠文献の「恩」を踏襲していると考えられる例や、「恩」の複合語を使用している例、依拠文献にはないが「恩」という語を使っている例、対応する文がない例など、それぞれの依拠文献に「恩」という語がそのままあるものから、文そのものがないものまで多様である。依拠文献は、漢訳仏典・漢籍・本邦説話集など様々であるが、「今昔物語集」本文との関係については、特別な様相をみせる文献は、内外のいずれにも見出せなかった。結論的に「今昔物語集」の文章においては、依拠文献の文章をそのまま踏襲しているとはいえない。
著者
中村 文子
出版者
財団法人 日本国際政治学会
雑誌
国際政治 (ISSN:04542215)
巻号頁・発行日
vol.2008, no.152, pp.132-152,L15, 2008-03-15 (Released:2010-09-01)
参考文献数
36

This paper attempts to develop a new model for analyzing the reasons behind trafficking in persons. Trafficking in persons in the form of sexual exploitation therefore is caused by differentials in power between sex, the rich and the poor, and citizen and non-citizen. From power differentials evolves discrimination, and discrimination is justified by power. Moreover, the paper suggests possibilities for constructing a social structure that is able to address the problem of discrimination.By analyzing the trafficking of victims' throughout the world, based on the information provided by the United Nations Office for Drugs and Crime (UNODC), we recognize specific geographic aspects of human trafficking. Mostly, victims come from developing countries such as those in Eastern Europe or Asia, and their final destinations are developed countries such as Japan, the USA, or Italy. By scrutinizing the conditions for human trafficking based on the modern world-system theory we learn that “core” areas exploit “semi-periphery” areas. This finding applied to the problem of trafficking in persons then means that the “core” exploits the “periphery” physically..However, modern world-system theory's explanation for the causes of this crime is insufficient. The existing deep discrimination between men and women or the rich, the poor, and citizen and non-citizen brings to light the relation of power between those who discriminate and those discriminated. In this sense, sex discrimination is caused by “nation states” politics, which is strongly patriarchal. Therefore, this politics forces women to be “peripheral”, i. e. to serve as assistants for men in society. Further, discrimination against foreigners is also strongly related with “nation states'” politics, which excludes “others”. Carrying this explanation further, we can argue that economic discrimination promotes people with power while discriminating “others”. The modern world-system structure ties agents' action, thus it is hard to solve the problem of discrimination. On the other hand, there are certain possibilities that agents' action can influence the structure of this world system.The victims of trafficking in persons are forced to the bottom of the hierarchy structured by power differentials with discrimination and thus to fate of being the slave, whose human dignity is ravished by sexual exploitation. Thus it is essential to remove the consciousness of discrimination, which justifies power differentials between sex, the rich and the poor, and citizen and non-citizen. It is here, where cooperation with international organizations and NGOs serves our purpose.Firstly, it is necessary to raise consciousness among those who ‘buy’ women, that their action is a “crime”. Secondly, it is important to enhance women's consciousness of being a victim. And finally, it is essential to bring the issue of trafficking in persons to the consciousness of the ordinary people, and encourage them to help the victims.
著者
村上 圭一 中村 文子 後藤 逸男
出版者
一般社団法人日本土壌肥料学会
雑誌
日本土壌肥料學雜誌 (ISSN:00290610)
巻号頁・発行日
vol.75, no.4, pp.453-457, 2004-08-05
被引用文献数
10

全国の根こぶ病発生地域では土壌中の可給態リン酸の過剰が進んでいたことから,土壌中のリン酸と根こぶ病発生との因果関係について検討した.根こぶ病の発病抑止土壌である黒ボク下層土に0〜50g kg^<-1>のリン酸を添加して,可給態リン酸が0.01〜3.57g kg^<-1>に及ぶ5段階のリン酸添加土壌を調整した.これらの土壌に0〜10^7 g^<-1>(8段階)の休眠胞子を加えた人工汚染土壌を作り,リン酸の増加に伴う土壌への休眠胞子吸着率,ハクサイの根毛感染率,ポット栽培によるチンゲンサイ根こぶ病の発病を調査した.その結果,土壌リン酸の増加に伴い,土壌への休眠胞子吸着率が低下するとともに,根毛感染率が上昇し,根こぶ病の発病度が高まった.以上の結果より,大量の陽電荷を有ずる黒ボク下層土は陰電荷を有する休眠胞子を吸着してその動きを抑制するため根こぶ病の発病を抑止する.しかし,その土壌にリン酸を施用すると,土壌コロイドの陽電荷が減少して休眠胞子の吸着率が低下するため休眠胞子が遊離し,アブラナ科野菜の根毛への感染確率が高まり根こぶ病の発病を助長する.すなわち,土壌へのリン酸過剰施用が根こぶ病の発病を助長することが明らかになった.
著者
石塚 亙 木村 憲喜 中村 文子 横山 正樹
出版者
和歌山大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

本研究の目的は、「実験工作キャラバン隊」の活動を通じて、児童生徒に科学に触れて科学に夢を感じる機会を提供し、体験型学習の効果を検証するとともに、大学院生・学部学生が実験工作教室の実践を通じて得る理科教育の能力の向上を評価し、実験工作教室のテーマに宇宙に関わる体験学習のコンテンツを加えてひとつの特色とし宇宙を通じて科学的な感動や夢を与えることを目標としながら、体験学習の科学的内容の高度化・教材化と科学コミュニケーション能力を持った学生の養成を行うことである。実験工作教室に参加した子どもの数は、以前からの取り組みを含めて10,000人に達し、平成25年度のアジア・太平洋物理学会議で発表した。
著者
菅原 敬 中村 文子 神林 真理 星 秀章 三上 美代子
出版者
日本植物分類学会
雑誌
植物分類・地理 (ISSN:00016799)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.23-31, 1994-09-30
被引用文献数
2

エゾカワラナデシコ(ナデシコ科)には両性花をつける株に混じって雌花のみをつける株が見られることが知られている。しかし, このような雌雄性の分化(雌性両全性異株性)にともなって, この植物の両性花と雌花との間で花の形態や開花習性, 送粉や交配にかかわる特性にどのような差異が生じているのか, また野外での種子や果実の形成, 花粉媒介者はどのようなものか, などについてはほとんど知られていない。そこで, 性型の異なる二つの花の基本的特性を明らかし, 野外での送粉や繁殖の様子を探ることを目的に, 青森県内の2つの集団を用いて調査を進めてきた。両性花と雌花との間には, 花の付属器官(花弁やがくなど)における大きさの違いが認められるが, 開花習性の上でもいくつかの興味深い違いが認められた。その一つは, 花柱発達時期(雌性期)のずれである。雌花では, 開花時にすでに花柱を高く伸ばして柱頭組織を発達させ, 受粉可能な状態にあるが, 両性花では雌性期が開花から2,3日後であった。もう一つは, 開花期間における雌性期の長さで, 雌花では両性花よりもかなり長い雌性期をもっていることが明らかになった。これらは, 雌花の受粉の機会を高めているように思われる。しかし, 野外での果実あたりの種子の生産数は必ずしも両性花より高くなく, 同様な性型を示す他の植物とはやや異なる状況であった。
著者
竹中 千春 網谷 龍介 磯崎 典世 戸田 真紀子 田村 慶子 小川 有美 中田 瑞穂 津田 由美子 合場 敬子 森本 泉 小嶋 華津子 柄谷 利恵子 勝間 靖 浪岡 新太郎 中村 文子 河本 和子 木村 真希子 中村 唯 小倉 清子 サンギータ ラマ アニー ダンダヴァティ ウルバシ ブタリア パメラ フィリポーズ
出版者
立教大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

ジェンダー研究の提起した概念や理論を導入し、国際政治学・国際関係論の再構築をめざすプロジェクトである。グローバリゼーションの波を被る国家や社会、および「国際体制(International Regime)」の変動について、成熟社会・成長社会・危機社会における政治過程と政治現象の事例分析をもとに、現代世界における「ジェンダー・ダイナミクス(gender dynamics)」を分析した。
著者
中村 文子 佐藤 弥 吉川 左紀子 松村 道一
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.102, no.470, pp.7-12, 2002-11-14

近年、いくつかの研究から、視線方向の知覚によって喚起されるような自動的な注意シフトが、シンボルやジェスチャーによっても喚起されるという知見が報告されている。しかし、報告例は少なく実験手続きも統一されていないため、明確な結論は出されていない。今回我々は、視線・シンボル・ジェスチャーを手がかりとする3つの手がかりパラダイム実験を行い、この問題を検討した。手がかりは画面中央にランダムに呈示され、被験者はその後手がかりの左右いずれかに出現するターデットの位置をボタン押しで反応した。その結果、被験者は手がかりが確率的に有効でないことを認識していたにもかかわらず、それらが示す方向へターゲットが呈示された時、異なる方向に呈示された場合に比べ反応時間が有意に短縮された。実験1・2からは、いずれの手がかりによっても、課題遂行の促進が早い段階で起こり、復帰抑制は起こらないことが示された。また実験3からは、手がかり方向へ被験者の注意が移動していることが確かめられた。全ての実験において、質的交互作用は示されなかった。これより、視線・シンボル・ジェスチャー方向が、いずれも知覚者の注意を自動的にシフトさせると結論できる。