著者
安藤 彰男 今井 亨 小林 彰夫 本間 真一 後藤 淳 清山 信正 三島 剛 小早川 健 佐藤 庄衛 尾上 和穂 世木 寛之 今井 篤 松井 淳 中村 章 田中 英輝 都木 徹 宮坂 栄一 磯野 春雄
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 (ISSN:09151923)
巻号頁・発行日
vol.84, no.6, pp.877-887, 2001-06-01
被引用文献数
57

テレビニュース番組に対する字幕放送を実現するためには, リアルタイムで字幕原稿を作成する必要がある.欧米では特殊なキーボード入力により, ニュースの字幕原稿が作成されているが, 日本語の場合には, 仮名漢字変換などに時間がかかるため, アナウンサーの声に追従して字幕原稿を入力することは難しい.そこで, 音声認識を利用した, 放送ニュース番組用の字幕制作システムを開発した.このシステムは, アナウンサーの音声をリアルタイムで認識し, 認識結果中の認識誤りを即座に人手で修正して, 字幕原稿を作成するシステムである.NHKでは, 本システムを利用して, 平成12年3月27日から, ニュース番組「ニュース7」の字幕放送を開始した.
著者
末廣 健児 後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.21-24, 2011 (Released:2012-01-06)
参考文献数
4
被引用文献数
1

In physical therapy, we often encounter situations in which sensory disorders impede normal movement. Sensory information always accompanies movement, and normal movement cannot be achieved without sensory information. In this report, we describe the changes in movement caused by proprioceptive input in healthy persons and a post-stroke patient.
著者
中西 康裕 三宅 好子 川田 耕平 久保 友美子 今中 淳二 廣田 雅彦 後藤 淳宏 今村 知明
出版者
一般社団法人 日本医療情報学会
雑誌
医療情報学 (ISSN:02898055)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.123-134, 2016 (Released:2017-09-11)
参考文献数
29

本研究では,800床規模の高機能を持つ平均的な大病院をモデルケースとして,まず薬剤収益を求める収益計算の一般的な線形式を作成した.その線形式を基に,後発医薬品導入率,院外処方率および薬剤値引き率等を変数として,変数の増減による薬剤収益の変動を分析した.後発医薬品導入率が0%から100%へ増加することで,収益は約2億1,143万円上昇した.DPCに包括される薬剤が後発医薬品に置き換えられることによって入院薬剤経費が削減され,さらに後発医薬品係数の上昇により診療報酬が増加した.しかし,院外処方率が10%から90%へ増加することで,後発品導入による収益増と同程度の約2億442万円の収益が減少した.院内処方を堅持している病院は,院外処方に切り替えた病院と比較してより多くの薬剤収益を上げていることが本分析によって示された.国の政策として,後発医薬品の推進は経済的インセンティブが有効に機能していると言える.だが,院外処方の推進については,すでに院外処方が主流であるものの経済的インセンティブが働いているとは言い難い状況であろう.
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.21-31, 2003 (Released:2005-04-12)
参考文献数
12
被引用文献数
4

Many diseases present extraordinary muscle tonus and the therapeutic approach for spasticity which is seen in disorders of the upper motor neurons is difficult to treat. This study describes muscle tonus from the viewpoint of neurophysiology, and control of muscle tonus of the hemiparesis due to cerebrovascular disease demonstrated in the field of physical therapy.
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.5-14, 2010 (Released:2011-01-13)
参考文献数
5
被引用文献数
2

Generally, activities of daily living are performed smoothly at a subconscious level. However, in order to perform these activities smoothly, input and integration of information from each sensory stimulus and checking of the information with motion memory is necessary. In this paper, we discuss the role of sensory inputs, such as visual, somatic, and vestibular stimuli, in maintaining postural control. We also present information regarding postural changes that occur as a result of receiving somatic stimuli.
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.15-25, 2004 (Released:2005-03-11)
参考文献数
7
被引用文献数
2

We describe the estimation of problems in ataxia, presenting the clinical view and the treatment of ataxia. It is possible to classify ataxia into cerebellar ataxia, labyrinthine ataxia, spinal ataxia, cerebral ataxia and others. Each type of ataxia has characteristic symptoms, but compensatory methods for ataxia have many common parts. To understand ataxia, it is necessary to understand the following items:1:The characteristic symptoms of each type of ataxia2:The site of ataxic symptoms and the compensatory methods for ataxiai) The position of the head and neckii) Compensatory methods using the trunk movementiii) The relationship between the distal and the proximal parts of the limbsWe can often observe compensation for ataxia by excessive fixation, especially excessive extension of the trunk. Generally, the treatment for ataxia tends to stabilize only the unstable parts only by actual training (sitting or standing or walking…). It is very important that physiotherapists understand the true problems of the patient by copying the patient's posture and movement, then estimating the patient's activities of daily living. Then their actions will be better coordinated with appropriate treatment (smooth operation).
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.19-26, 2016 (Released:2016-12-29)
参考文献数
8

The head and neck have a very important function in the control of posture. The head and neck often unconsciously compensate if there is an abnormality in posture. However, that compensation movement becomes a habit for the patients who have an abnormality in posture, and when the compensatory movement of the head and neck is large it may become a problem. Here, we report the results of dorsal electromyography of what kind of compensation actually occurs by when changing the position of the head and neck in sitting, and in rising from sitting. We also describe an approach that paid attention to excessive compensation of the head and neck. It is difficult to define the right alignment of the head and neck. It is important in alignment of the head and neck that the head and neck do not cause a problem for posture, or movement. In other words, it is important that the head and neck should be in the right alignment which over muscle activities are not required. If the head and neck are in the right alignment, it is easy to get up or look around naturally.
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.1-9, 2014 (Released:2014-12-27)
参考文献数
10

Various motor centers reaching the spinal cord from the cerebrum are involved in smooth movement. We do not have smooth movement even if impaired wherever of this course. The cerebellum takes various parts and communication in the central nerve thickly, and the cerebellum function is important at all in conducting smooth movement. First we describe the classification of ataxia. Then, we describe rehabilitation for ataxia from the viewpoint of cerebellum function.

3 0 0 0 OA 1.脳動脈解離

著者
後藤 淳
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.98, no.6, pp.1311-1318, 2009 (Released:2012-08-02)
参考文献数
20
被引用文献数
1

脳動脈解離は,脳梗塞や解離性動脈瘤破綻によるくも膜下出血など,虚血性・出血性脳卒中のいずれの原因にもなる注意すべき脳血管障害である.画像診断の進歩や認識の高まりから診断される機会が増えている.近年,本邦では複数の多施設共同研究で,頭蓋内椎骨動脈解離が多い実態が明らかにされつつある.頭痛や頸部痛を伴う虚血性脳卒中では必ず本疾患を疑い,慎重な問診,診察とともに血管壁を経時的に評価する画像検査が重要である.
著者
後藤 淳 高田 毅 末廣 健児
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.25-40, 2002 (Released:2005-05-21)
参考文献数
2
被引用文献数
7

There are various movements in our daily life. In this chapter, we considered standing-up from the following viewpoints: 1) Consideration of the literature: We consider normal "standing-up" from the kinematical viewpoint as mentioned in the each literature. 2) Consider the analysis of "standing-up" with the emphasizes on movement (the accent): We understand the influence of the other parts on the body with the emphasis on "standing-up", and we understand the difference between the normal "standing-up" and emphasized "standing-up". 3) Consideration from the "standing-up" analysis of each disease: After analyzing "standing-up" ralated to each disease, we compared it with emphasized movements and considered each relationship (similarity, common points, points of difference). There are various movements in our daily life. If we can understand "standing-up" which is common in our daily life. we can predict the other normal movements and the movements of patients with various diseases, and we can treat diseases early. Although "standing-up" is the basic movement in locomotion, we must not limit understanding to this. Because we can understand whole movements in more detail by considering the abovementioned viwepoints.
著者
後藤 淳
出版者
新潟大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

福島原発事故被災地における効率的な除染に資する事を目的に、指向性があるガンマ線自動車走行サーベイシステムを開発した。開発したシステムは、異なる6方向(自動車の進行方向の前後左右及び上下)に向けて設置した6台の鉛遮蔽体付検出器で構成され、それぞれの方向から入射するγ線の計数率を個別に測定できる。被災地での実測結果より、開発したシステムが、指向性があるガンマ線自動車走行サーベイシステムとして機能する事を示した。
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.47-53, 2017 (Released:2017-12-29)
参考文献数
3

In a clinical setting, we observed the patterns of muscle activity which change with awareness and the muscular activity which increases in order to relieve pain. Using electromyography, we observed the change in calf raise movement and the increase in movement in the perineal position when the gluteal muscle was forced to contract. We were able to inhibit excessive compensation by the erector spinae muscle group. In addition, the trunk muscles and the leg muscles became involved at the same time and contributed to correct postural alignment.
著者
西園 昌久 高橋 流里子 対馬 節子 松永 智子 福屋 靖子 土屋 滋 大貫 稔 高橋 美智 浅野 ふみぢ 小松崎 房枝 鈴木 小津江 平山 清武 中田 福市 鈴木 信 壁島 あや子 名嘉 幸一 鵜飼 照喜 福永 康継 浪川 昭子 高田 みつ子 岩渕 勉 森脇 浩一 加藤 謙二 早川 邦弘 森岡 信行 津田 司 平野 寛 渡辺 洋一郎 伴 信太郎 木戸 友幸 木下 清二 山田 寛保 福原 俊一 北井 暁子 小泉 俊三 今中 孝信 柏原 貞夫 渡辺 晃 俣野 一郎 村上 穆 柴崎 信吾 加畑 治 西崎 統 大宮 彬男 岩崎 徹也 奥宮 暁子 鈴木 妙 貝森 則子 大橋 ミツ 川井 浩 石川 友衛 加世田 正和 宮澤 多恵子 古賀 知行 西川 眞八 桜井 勇 三宅 史郎 北野 周作 竹洞 勝 北郷 朝衛 橋本 信也 斉藤 宣彦 石田 清 畑尾 正彦 平川 顕名 山本 浩司 庄村 東洋 島田 恒治 前川 喜平 久保 浩一 鈴木 勝 今中 雄一 木内 貴弘 朝倉 由加利 荻原 典和 若松 弘之 石崎 達郎 後藤 敏 田中 智之 小林 泰一郎 宮下 政子 飯田 年保 奥山 尚 中川 米造 永田 勝太郎 池見 酉次郎 村山 良介 河野 友信 Wagner G. S. 伊藤 幸郎 中村 多恵子 内田 玲子 永留 てる子 石原 敏子 河原 照子 石原 満子 平山 正実 中野 康平 鴨下 重彦 大道 久 中村 晃 倉光 秀麿 織畑 秀夫 鈴木 忠 馬渕 原吾 木村 恒人 大地 哲郎 宮崎 保 松嶋 喬 桜田 恵右 西尾 利一 森 忠三 宮森 正 奥野 正孝 江尻 崇 前沢 政次 大川 藤夫 関口 忠司 吉新 通康 岡田 正資 池田 博 釜野 安昭 高畠 由隆 高山 千史 吉村 望 小田 利通 川崎 孝一 堀 原一 山根 至二 小森 亮 小林 建一 田中 直樹 国府田 守雄 高橋 宣胖 島田 甚五郎 丸地 信弘 松田 正己 永井 友二郎 向平 淳 中嶌 義麿 鎮西 忠信 岡田 究 赤澤 淳平 大西 勝也 後藤 淳郎 下浦 範輔 上田 武 川西 正広 山室 隆夫 岡部 保 鳥居 有人 日向野 晃一 田宮 幸一 菅野 二郎 黒川 一郎 恩村 雄太 青木 高志 宮田 亮 高野 純一 藤井 正三 武内 恵輔 南須原 浩一 佐々木 亨 浜向 賢司 本田 麺康 中川 昌一 小松 作蔵 東 匡伸 小野寺 壮吉 土谷 茂樹 岡 国臣 那須 郁夫 有田 清三郎 斎藤 泰一 清水 強 真島 英信 村岡 亮 梅田 典嗣 下条 ゑみ 松枝 啓 林 茂樹 森 一博 星野 恵津夫 正田 良介 黒沢 進 大和 滋 丸山 稔之 織田 敏次 千先 康二 田中 勧 瓜生田 曜造 尾形 利郎 細田 四郎 上田 智 尾島 昭次 大鐘 稔彦 小倉 脩 林 博史 島 澄夫 小池 晃 笹岡 俊邦 磯村 孝二 岩崎 栄 鈴木 荘一 吉崎 正義 平田 耕造
出版者
Japan Society for Medical Education
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.15, no.3, pp.145-173, 1984
著者
後藤 淳
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.11-21, 2005 (Released:2006-01-26)
参考文献数
12
被引用文献数
6

In this chapter, we describe the kind of senses and the central nervous system from the viewpoint of sensory inputs. There is a close relation between the sense and movement, and the memory of movement is very important in activating movement. We should use sensory evaluation as accurate proof of the problems that we expect from postural-movement analysis. We memorize the sense of movement appropriately on moving, and we can create new movement smoothly on the basis of this information. If a patient can cause each movement consciously, it means that he can memorize the sense of movement and that we can treat him appropriately.
著者
後藤 淳
出版者
東亜大学
雑誌
総合人間科学 (ISSN:13461850)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.49-61, 2003-03

人間は、あたかも一人の個人が成長の段階で行なうように、自らの知を量的にも質的にも変化させてきた。その成果は特に技術知に関する領域において顕著であるが、決してそれに留まるものではなく、人間自身を眺めるという内的省察においてもその痕跡を窺うことができる。本稿の目的は、古代ギリシア思想史の中に、人間知への眼差しが変化した具体的言説を求めることであり、またその時期を確定することにある。従来の思想史では、現代的批判に耐えうるだけの自己をギリシア人が獲得したのは、ソクラテスにおいてであるとされてきた。なるほど彼の思想には、問答法により既得の知を検証するという明確な方法論と、アポリアに陥ることを了解したうえで、それでも人間全体に知を探求する途が可能性として了承されている。しかし、彼に先行するいわゆる前ソクラテス期の思想家たちの断片を検証すると、なるほど言表の形式は異なるにしても、ソクラテスと同様の自己発見の過程を見いだすことができると思われる。人間知の発展形式が、その最初に知の対象を自分の外側に求めることは自然なことである。この意味では、知はまず量的な変化を蒙ることになる。しかし、量的知の集積に留まることに満足せず、獲得した個別知の関連を問うことを通してそれらの背後にある共通の根拠へと遡行する時期が訪れる。本稿に取り挙げたクセノファネスとヘラクレイトスは、近い時期を生きながらも対象的な思想を展開した。われわれは、前者の中に量的知の保証にもかかわらず相対論的地点に留まる危惧を、それに対して、後者には知の質的深化を保証する思想を見ることができる。彼らの複数の断片を手掛かりにすることによって、本稿の目的である知の深化に関する過程を検証するとともに、ソクラテス的自己の発見を、すなわち思弁的自己への覚醒を、ヘラクレイトスの思想の中に見ることができることを論証する : It's said human beings has improved the content of his wisdom quantitatively and qualitatively, just like a man does in the process of his growth. The traces are especially evident in the field of science and technology. But those kinds of traces are to be confirmed even in the self-reflection toward our inner world. The purposes of this article are 1) to seek for the concrete sayings that testify the change of human wisdom, and 2) to settle its time in the history of Greek philosophy. The history of Greek philosophy tells us the Greeks didn't attain the concept of self which could hold back the mordern critical view until Socrates. In the thought of Socrates it's true that there is the clear methodology certificating the gotten wisdom by means of dialectic, and that there is possibility which searches the wisdom for all the human beings, but the same kind of speculation can be found in the thoughts of pre-Socratics. We are probably able to come across the process of struggle which aims at self-research in some extant fragments of theirs apart from the differences of vocabu-laries and contexts. It's natural our recognition should extend itself toward the outer world as the first step. In this point, our knowledge or wisdom comes to be suffered from the quantitative change. But as the second, the time surely comes when we go up the rivers of some knowledge toward their common origin. Xenophanes and Heraclitus individually developed the characteristic thoughts. We can see in the former the crisis of the relative point of view, in the latter the possibility of the deepening of the human wisdom. By checking their extant fragments, we can put forward the time when human beings become conscious of the concept of self from Socrates to Heraclitus.
著者
後藤 淳
出版者
東亜大学
雑誌
東亜大学紀要 (ISSN:13488414)
巻号頁・発行日
no.18, pp.1-19, 2013-09

本稿では,ヘラクレイトスにおける認識論について論ずる。議論の前提として,彼の認識論は自然学的宇宙論から切り離して考えることができず,あくまでも,後者の枠内での議論であることを了解しておかねばならない。 ヘラクレイトスは「魂(ψυχή)」を人間の認識主体とした。「魂」はアルケーである「火」と同様の質料的性質を持つことから,その変化に相応して人間の認識も恒常的に変化を蒙る。このような制約下にありながら,しかし「魂」には「自己成長するロゴスを持つ」(断片115)とされることから,能力の伸長可能性が人間に保証されている。 「認識すること」自体については,σοκέω → γιγνώσκω → φρονέω というように,認識対象に関してその「何であるか」をどのように自覚しているかに応じて,その内容が深化する。このことは,対象の皮相を「受取り思う」だけの状態から,「万物が一である」ことを覚知するという点までの認識活動における変化相を意味するものである。 彼による「万物が一である」という人間「知」の内容については,万物の「多」と「知」の「一」を接合させるものであり,「一と多の問題」という認識論が持つ課題に先鞭をつけるものである。彼によれば,「多」として顕現する事象があくまでも「火」の変化諸位相に過ぎない以上,「多」と「一」は同じものである。人間の質料的「魂」がその性質において最も「火」に近似した状態に保つとき,すなわち,その能力としてφρονέω を発揮するとき,人間は対立的事象の中に「万物が一である」という「知」を見抜くことになるのである。彼の断片101を彼自身の「知」への到達宣言であると理解することにより,断片中において複数形で批判される人間たちの「知」との相違が明らかとなる。