著者
石田 鉄光
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.39, no.5, pp.939-947, 1995-10-01 (Released:2010-08-10)
参考文献数
25
被引用文献数
1

At present, immersion in anantiseptic solution is the most common method of sterilizing an impression. However, it is known that immersion in an antiseptic solution would have adverse effects on the accuracy and surface property of the impression. Thus it has been demanded that a sterilization method having no adverse effects on impressions be devised. In this study, the effects of impression materials on ultraviolet irradiation and those of ultraviolet irradiation on impressionswere evaluated using ultraviolet rays ith a wave length of 253.7 nm.The results were as follows:1. Irradiation at 7, 000μW/cm2 showed a more stable sterilization ffect than that at 1, 000 μ/W/cm2.2. In ultraviolet irradiation at 1, 000μW/cm2 for 30 seconds, viable cells of the indicator strain were significantly less on the silicone ubber impression than on the alginate impression (p<0.01).3. In ultraviolet irradiation at 7, 000μW/cm2 for 5, 10, 15 and 20 seconds, viable cells of the indicator strain were significantly less on the silicone rubber impression than on the alginate impression (p<0.01).4. On observation of the impression surface after ultraviolet irradiation under scanning electron microscopy, the number of cells of the indicator strain were found to have decreased.
著者
山本 鉄雄 小林 文隆
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.39, no.4, pp.696-703, 1995-08-01
被引用文献数
16

マウスプロテクターはボクシング,アメリカンフットボール,アイスホッケーなど様々なスポーツの選手に装着されている.その目的とするところは,選手どうしの衝突などによって引き起こされる偶発症の予防あるいは軽減にあるが,もう1つ,筋力の向上を目指すことがある.しかし,この点に関する見解は,マウスプロテクターが有効であるとするものと,そうでないとするものがあり一定しない.本研究ではこの点を明らかにするため,安定した筋力を発揮できる被験者を選別し,マウスプロテクター装着前後の筋力を測定した.その結果,上肢より下肢の筋肉で効果がでやすいなど興味深い知見が得られている.
著者
吉田 圭一 舟木 和紀 棚川 美佳 松村 英雄 田中 卓男 熱田 充
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.39, no.1, pp.35-40, 1995-02-01
被引用文献数
32 9

歯冠修復の最終補綴処置として使用する合着用セメントは,100年以上にわたってリン酸亜鉛セメントが王座を占めてきた.その後,カルボキシレートセメントとグラスアイオノマーセメントが相次いで開発され,さらに歯質や金属と接着性を有するレジンセメントが登場して,接着ブリッジ以外にもキャスタプルセラミックスクラウンやラミネートベニアなどのポーセレンとの接着にも利用され,それらの用途が急速に広がりつつある.そこで本論文は,従来の合着用セメントとレジンセメントの機械的性質と吸水・溶解量,金銀パラジウム合金に対する接着強さを測定し,材料学的見地からこれらのセメントを比較検討したものである.
著者
井上 昌幸
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.37, no.6, pp.1127-1138, 1993-12-01 (Released:2010-08-10)
参考文献数
32
被引用文献数
11 5

Sensitization and allergic lesions resulting from metals in our living environment have often been reported. However, dentists have paid little attention so far on sensitization or dermal or mucosal lesions caused by metal restorations. We have established a team of 14 research institutions to perform patch tests with 18 kinds of dental metals and to conduct and epidemiological survey on the patch test positive subjects.Prior to the study, application of the testing solutions and reading of the skin reactions were standardized. Patch tests were done on volunteers and patients with the total of 1, 728 subjects. On those patients who showed positive reactions to the patch tests, metal analysis for the intraoral restorations was done by the method developed by Inoue et al. The analysis results were then compared to the patch test results to investigate the relation between the two.The following data was collected and discussions were made:(1) patch test posit ive/negative rates for the total subjects, (2) their differences regarding sex, age, or a kind of metal, (3) regional dfference, (4) relation between an individual with patch test positive result and his/her intraoral metal restoration (s), (5) types and locations of the lesions, (6) patch test positive rate (overall and of the each metal) for the patient group, (7) difference in the patch test positive rate between the volunteer group and the patient group, (8) comparison between the patch test positive rates among the M-9, M-11 or M-13 series, and among the different concentrations of the testing solutions, (9) comparison of the results between patch tests and their confirmation tests, (10) changes in the patch test reaction during the testing period.From these results, it is considered that careful and adequate measures against the metal allergy should be taken, when the dentist starts the prosthodontic treatment.
著者
河相 安彦 矢崎 貴啓 松丸 悠一 先崎 孝三郎 浅井 秀明 今道 康夫 伊藤 允人 杉村 華織 竹尾 藍 朱 一慶 伊澤 武志 大野 洋介 山本 史朗 小平 真倫亜 宗 邦雄 島 由樹 林 幸男 桑原 克久 小林 喜平
出版者
Japan Prosthodontic Society
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.51, no.3, pp.572-581, 2007-07-10
被引用文献数
3 5

目的: 本研究の目的は総義歯学の授業で講義型学習 (以下LBL) と問題解決型学習 (以下PBL) 双方を経験した学生の自己学習および臨床推理能力に関する教育効果と授業・教員に対する評価の両教育形式間での比較検討である.<BR>方法: 総義歯学の授業を平成15年度入学の学生に, 平成17年度3年次前期にLBL, 平成18年度4年次前期にPBLにて行った. PBLは5回にわたり, 毎回1症例についてグループディスカッションを行い, グループによるまとめを2回, 個人レポートを2回および全体発表を1回という予定で進行した. 全体発表終了後, 教育効果および授業・教員に関する27項目のアンケートを行った.因子分析により質問項目の類型を行い, 各質問項目についてLBLおよびPBLの比較を行った (Paired-t).<BR>結果: 因子分析より質問項目は4因子に類型された. LBLとPBLとの間で「学習態度」について7項目中4項目, 「臨床推理能力」について全項目, 「授業内容」について7項目中5項目, 「教員評価・そのほか」について6項目中2項目, 合計27項目中18項目 (66.6%) でPBLが有意に高い値を示した.<BR>結論: PBLはLBLに比べ自己学習および臨床推理能力の教育効果の向上に極めて有効で, 授業に関する評価も有意に高かった. 一方, 同様の授業を受けることに学生は後向きで, 消極性解消法の検討が必要であると示唆された.
著者
沖山 誠司 吉田 実 山本 誠 森井 まどか 野首 孝祠
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.710-717, 1996-08-01
参考文献数
22
被引用文献数
27 5

当講座では,形状と物性が規定された試験用グミゼリーを開発し,義歯装着者の咀咽能率の評価に用いている.一方,咀咽能力が義歯装着者より一般的に優れている有歯顎者に対しては,より硬さの増したグミゼリーを用いた咀咽能率の評価が必要と考えられる.本論文では,硬さの異なる試験用グミゼリーを用い,硬さの違いおよび被験者の咬合接触状態が,咀咽能率診査結果に及ぼす影響について検討し,本診査法が被験者や目的に応じて広く応用できることが示された.今後,この種々の硬さのグミゼリーを用いた咀瞑能率診査法により,被験者の食品咬断能力,補綴治療にょる咀喉機能の回復度の詳細な評価が可能になるものと期待される.
著者
山田 欣伯
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.46, no.4, pp.511-520, 2002-08-10 (Released:2010-08-10)
参考文献数
32

目的: 失活歯の多くは, 支台築造が行われ全部被覆冠で修復される. しかし, 長期的な経過は常によい結果を示しているわけでなく, しばしば脱落や歯根破折のような臨床的なトラブルにみまわれる. 本研究の目的は, 失活臼歯に対する部分被覆での修復の可能性を明らかにすることである.方法: 一定の基準で選択した140本のヒト抜去小臼歯を用い, 各10試料の14条件とした. 2種類のMOD窩洞を形成し, 種々の方法で修復した. すなわち, 条件1は無形成歯, 条件2~4, 10は窩洞形成のみ, 条件5, 6, 11は光重合型コンポジットレジンによる修復, 条件7, 8, 12は鋳造インレーによる修復, 条件9, 13, 14は, 鋳造アンレーによる修復である. 各試料に対し荷重試験を行い, 破折強度および破折様相を求め, 相互に比較した.結果: すべての条件のなかで, 接着性レジンセメントで合着した鋳造アンレーが最も高い破折強度を示した. ただし, 破折様相は再修復が困難であった. 次に高い強度を示したのは鋳造インレーであった. コンポジットレジン修復は, 有意に低い破折強度を示したが, 破折様相は容易に再修復できるものだった.結論: 鋳造アンレーによる修復の破折強度は, 無形成歯よりも高い値を示し, 失活臼歯を部分被覆タイプの修復物で修復が可能であることが示された. また, コンポジットレジン修復におけるボンディング剤や鋳造修復における接着性レジンセメントの有効性が示された.
著者
横山 雄一
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.90-101, 1998-02-01 (Released:2010-08-10)
参考文献数
50
被引用文献数
5 7 1

Involuntary clenching is common during physical exercise; therefore, the purposeof this study was to elucidate the relationship between stomatognathic function and physical exercise as well as role and mechanism of involuntary teeth clenching during physical exercise.In 15 healthy, fully dentate males (mean age 26.5±2.1), electromyographic activities from jaw closing (JM), sternocleidomastoid, biceps brachial (BB), and rectus femoral (RF) muscles; mandibular positions; and muscle strength during both isometric elbow flexion and knee extensionexercises were recorded and analyzed.From the analysis of electromyographic activities and mandibular position, the subjects were divided into two groups, Clenching group (n=9) and Non-clenching group (n=6). The subjects in the Clenching group showed involuntary clenching during the exercise and their mandibular positions were located at the inter-cuspal position. The onset of electromyographic activity of JM was earlier than that of the agonist (BB, RF) in the 7 subjectsof the Clenching group. In the Clenching group, both elbow flexion and knee extension strength with involuntary clenching were lowered when voluntary mouth opening was directed during the exercise.These results suggested that stomatognathic function and physical exercise had an interdependent relationship and involuntary clenching during physical exercise could be explained by a so-called feedforward mechanism.
著者
松下 恭之 佐々木 健一 郡 英寛 江崎 大輔 春田 明日香 古谷野 潔
出版者
Japan Prosthodontic Society
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.1-9, 2008-01-10
参考文献数
41
被引用文献数
7 1

オッセオインテグレーションインプラントは, 表面性状の改善や埋入システムの確立により, 5年程度の中期経過では100%に近い生存率も報告されている. しかし一方で長期の使用に伴い, 破折などの機械的偶発症と支持骨の吸収などの生物学的偶発症が増加することが報告されている. この原因は多様だが, インプラントに付与した咬合から生じたオーバーロードが偶発症の主な因子のひとつとして上げられている。<br>インプラントの咬合において, オーバーロードを引き起こすと考えられるリスクファクターについて疫学研究と基礎的研究のレビューを通して, 現状を整理した.<br>天然歯とインプラントが混在する場合の咬合については, 当初被圧変位量の差を考慮すべきとされたが, 現在これを積極的に肯定する研究は少なく, むしろ被圧変位量の分だけ低くした咬合を付与した場合に, 顎関節や隣在歯などへの影響を危惧する報告も散見される. 現状では, 天然歯と同様の接触を与えても臨床的な問題は少ないと考えられる.<br>側方ガイドや咬合力の側方成分, カンチレバー, 広すぎる咬合面幅によるオフセットローディングなどの非軸方向荷重については, 曲げモーメントとして作用するため, 軸方向荷重よりもその影響は強いと思われる. しかしながら生物学的に影響ありとした疫学データは見られない.<br>天然歯とインプラントの連結については, メタ解析の結果により骨吸収へのリスクが示唆されている.
著者
高山 慈子 三浦 英司 細井 紀雄 前田 伸子 渋谷 耕司 石川 正夫
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.208-220, 2000-04-10 (Released:2010-08-10)
参考文献数
23
被引用文献数
2 1

This study was conducted to investigate the principal factors involved in the discoloration of 12 Wt% Au-Ag-Pt alloy. Luminance of cast clasps, oral conditions, the presence cariogenic microbes such as Streptococcus mutans and Lactobacillus in saliva, Candida on the tongue and the amount of volatile sulfur compounds (VSC: H2S and CH3SH) produced by the tongue coating were evaluated in 70 subjects (VSC: 45 subjects). The surfaces of cast clasps were observed using an electron probe X-ray microanalyzer and changes in the surface were evaluated in relation to the degree of discoloration.The results were as follows:1. The Mann-Whitney U-test revealed statistically significant differences (p<0.05) between the production of CH3SH and VSC (CH3SH+H2S) and luminance.2. Examinations of the cross section of markedly discolored casts revealed a very rough surface. A distinct peak of S was also indicated by linear analysis.The results demonstrated that among the many different factors such as oral conditions and oral flora, the production of CH3SH was the most significantly related to the discoloration of 12 Wt% Au-Ag-Pt alloy. The potential for discoloration tended to be higher in subjects who had a high production of CH3SH.
著者
Harukazu Kanehira Akinori Agariguchi Hisashi Kato Shigeki Yoshimine Hiroshi Inoue
出版者
Japan Prosthodontic Society
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.52, no.3, pp.375-380, 2008-07-10 (Released:2008-10-10)
参考文献数
49
被引用文献数
17 25

Purpose: To evaluate the causes of temporomandibular disorder (TMD) by examining the relationships between 3 major TMD symptoms, parafunction, and stress, a questionnaire survey was performed during dental examinations in corporations.Methods: The survey was performed using 6 questions on the following topics: 1. Trismus; 2. Joint noise; 3. Pain; 4. Clenching in the daytime; 5. Nocturnal bruxism; and 6. Stress.There were 3,225 subjects, 2,809 males and 416 females and the mean age of the subjects was 40.12 years. The relationships between questions 1 to 5 and question 6 were examined by the chi-square test.Results: There were significant correlations (question 1, p=0.001; questions 2-5, p<0.001).Conclusion: Clearly, there was an influence of psychological factors, such as stress, on TMD, and such factors were considered to play important roles in its etiology, progression, and treatment. The results of this study suggest that well-controlled studies of TMD are necessary.
著者
高橋 英和
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.47, no.3, pp.474-483, 2003-06-10 (Released:2010-08-10)
参考文献数
5
被引用文献数
4 6

義歯安定剤には, 義歯粘着材と呼ぶべき粘着性の強い製品群と, 義歯床と口腔粘膜の間隙を補填して, 適合性を改善することで吸着性を向上させる家庭用裏装材 (ホームリライナー) の製品群に分類できる. 義歯粘着材では, さらに製品形状により粉末タイプ, クリームタイプ, テープタイプに分類できる. 義歯粘着材の主要成分は, 天然ゴムもしくは水溶性高分子であり, 口腔内や義歯の水分を吸収して膨潤し, 粘着性の高い液体となり, 義歯の維持力を増加させる. それに対しホームリライナーの主成分はポリ酢酸ビニル樹脂であり, 義歯と粘膜面の間隙を閉鎖することで維持力を発揮させる. 使用時にゴム弾性を示すのでクッションタイプとも呼ばれる. 義歯安定剤の接合力を測定したところ, 義歯粘着材は被着材の種類にかかわらずある程度の接合力を発揮するが, ホームリライナーはアクリル板でのみで大きな接合力を発揮する. また, 義歯安定剤には厚みがあるため, 咬合関係を誤った位置に導くことが懸念される. 実際にこれらを口腔内で使用したところ, 義歯粘着材は義歯の吸着を改善するが, 粘膜面からの除去が難しく, 不潔になりやすい. ホームリライナーではあまり義歯の吸着を改善しなかった. このように, 義歯安定剤は義歯粘着材とホームリライナーで大きく性質が異なり, 区別して考える必要がある.
著者
田中 義博 酒井 靖彦 近江谷 尚紀 清野 晃孝 池田 光男 早坂 正博 高橋 健二 田島 篤治
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.29, no.5, pp.991-1009, 1985-10-01
被引用文献数
8

医療の向上,社会福祉の増強とともに高齢化社会が出現しdenture wearerが非常に増える傾向にあるこのなかにあって,高齢者の適切な摂食作業を呼び起こすために,食品の物理的な性質の研究は重要な課題である。特に老人特有の無気力化の防止に咀嚼,いわゆる食行動,摂食作業は日常生活のなかで大きな役割をはたしているものと考える。このような考えから,われわれは,摂食時における総合的な咀嚼研究の展開をめざしているが,今回は基礎的研究として多極食品の咬合破断時の状態を口腔外装置を使用して荷重量-変位量によって捕捉した。
著者
柿本 和俊
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.31, no.5, pp.1143-1156, 1987-10-01
被引用文献数
9 4

レーザ溶接はろう着に比べ作業時間が非常に短い接合方法である. さらに, 共金溶接ができることや作業者によるばらつきが少ないことなどの利点を持っている. したがって, 歯科補綴物の接合方法としてレーザ溶接は有効であるといえる. 歯科でのレーザ溶接に関する研究はこれまでにもいくつか発表されている. これらの研究ではレーザ溶接した歯科補綴物が優れた機械的性質や精度を示したと述べるにとどまり, レーザ溶接条件や溶接部の機械的性質に影響を与える因子については不明な点が多い. そこで, これらの点に関し系統的な実験を行った. 本報ではレーザ照射条件と試料表面状態が溶込み深さと溶融径に及ぼす影響について検討した.
著者
平井 敏博 石島 勉 越野 寿 池田 和博 小西 洋次 昆 邦彦 広瀬 哲也 金子 寛 雪野 英一郎 家城 信良 植木 和宏 岡部 靖
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.39, no.1, pp.114-122, 1995-02-01
参考文献数
11
被引用文献数
11 1

平成5年7月12日に「北海道南西沖地震」が発生し,長期間にわたる避難生活を送る島民の中には,緊急避難時に義歯を紛失した者が多く,不自由な食生活を余儀なくされていた.本研究は,これら被災者に対する義歯補綴処置を中心とした歯科救援活動から,アンケート調査をもとに,災害時における義歯紛失者への対処や緊急援助食料などに関する歯科的問題点および災害発生時の歯科救援活動のあり方について考察した.さらに,3カ月後の予後調査結果をもとに,その使用状況ならびに咀咽機能の回復程度について検討を加えたものである.
著者
早川 巌 今井 基泰 高山 義明 辻 喜之 守沢 正幸 安藤 秀二 米田 豊
出版者
社団法人日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.28, no.1, pp.19-25, 1984-02-01

上顎全部床義歯の装着間と維持安定とは相反する要素も含まれており, 両方を満足させるような義歯を製作することはなかなか困難である. 当教室でも上顎義歯口蓋部を薄床化する試みはいくつか行ってきた. 今回は, 圧印金属床義歯の製作法を改良することで装着感を向上させようと試みた. その結果, 近年実用化された接着性レジンの導入, それに伴う床材料としてのステンレス鋼の再選択, 圧印形成法の改良などにより, 義歯の維持安定を低下させることなく装着感を向上させ, しかもその製作過程を簡素化させるシステムを開発し, 実用化することができた.
著者
原田 美紀 猪子 芳美 清水 公夫 森田 修己
出版者
Japan Prosthodontic Society
雑誌
日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.48, no.5, pp.733-740, 2004-10-10
被引用文献数
5 5

目的: 本研究は, 閉塞型睡眠時無呼吸症候群 (OSAS) 患者に下顎前方位型口腔内装置 (PMA) を用い, 切歯点の移動と口腔咽頭腔前後径が直接関係するという仮説を検証し, PMAの治療効果を示す睡眠時の動脈血酸素飽和度を検討することである.<BR>方法: OSAS患者19名にPMAを適用し, PMA装着前と装着時における側方頭部X線規格写真撮影と動脈血酸素飽和度測定を行い, 側方頭部X線規格写真より, 口腔咽頭腔前後径 (PNS-AS, SPAS, MAS, IAS) と切歯点の移動量を計測し, 動脈血酸素飽和度より動脈血酸素飽和度低下指数 (ODI) 4%値および晦中飽和酸素濃度90%未満低下時間比 (CT<SUB>90</SUB>) を算出した.分析は, 切歯点移動量と咽頭腔前後径変化量についてはSpearmanの順位相関を, PMA装着前と装着時のODI4%値, CT<SUB>90</SUB>, 咽頭腔前後径についてはWilcoxonの符号付順位検定を用いて検討した.<BR>結果: 切歯点の前方移動量と口腔咽頭腔前後径のIAS部増加量との間に相関が認められた (r=0.61, p=0.01).PMA装着時のODI4%値とCT<SUB>90</SUB>は有意に減少し (p<0.01), 咽頭腔前後径のSPAS, MAS, IASは, 有意に増加した (P<0.01).<BR>結論: OSAS患者に対するPMA装着による下顎前方移動は, 口腔咽頭腔前後径を拡大させ, 動脈血酸素飽和度の改善に寄与することが示された.
著者
河野 亘
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.178-192, 1991-02-01 (Released:2010-08-10)
参考文献数
55

This study was made to investigate the influence of gum texture on the chewing motion. The textures of chewed gum (Green gum, LOTTE Co.), the hardness, the cohesiveness, the gumminess, the stickiness and the adhesiveness, were quantified by a texturometer (Zenken Co.), and also the weight measured for 10, 20, 30, 60, 90, 120, 180, 240, 300 and 600 sec in 8 normal subjects and 2 patients with craniomandibular disorders (CMD). Using a kinesiograph (Model K 6, Myo-tronics Co.), the jaw movement of mandible was recorded three-dimensionally during 10min. habitual gum chewing. Multiple regression analysis was applied for investigating the effects of the change of gum texture and weight on chewing motion (criterion variables: chewing movement parameters, explanatory variables: texture and weight factors).The results obtained were as follows:1. In normal subjects, the closing and the occluding phases were observed high correlations with the hardness and the cohesiveness. On the other hand, the opening phase and the cycle time were not observed correlations with any texture and weight factors.2. In CMD patients, all parameters of chewing movement were observed high correlations with texture and weight factors.In conclusion, a central pattern generator (CPG), somewhere in the brain stem, is suggested to be responsible for rhythmical jaw movement in normal subjects. In CMD patients, however, jaw movement was easy to be affected by peripheral factors such as gum texture and weight.
著者
三浦 英司 高山 慈子 細井 紀雄
出版者
社団法人 日本補綴歯科学会
雑誌
日本補綴歯科学会雑誌 (ISSN:03895386)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.212-221, 2004-04-10 (Released:2010-08-10)
参考文献数
19

目的: 日常臨床において, 金銀パラジウム合金による鋳造鉤の変色がしばしば観察される. 本研究は, 溶体化処理後, 急冷あるいは空冷を行った金銀パラジウム合金製鋳造鉤を用いた部分床義歯を患者に装着し, 変色の経時変化を測定し, 溶体化処理の効果について明らかにすることを目的としたものである.方法: 装着中の義歯の鋳造鉤が, 高度の変色を示している10名を被験者として選択した. 12%金銀パラジウム合金を用いて, 1) 800℃1時間係留後水中で急冷, 2) 800℃1時間係留後, 室温で空冷, 3) 熱処理なし, の3条件の鋳造鉤を用いた部分床義歯を装着し, 装着時, 6ヵ月後, 1年後に鋳造鉤の輝度の測定を行った.結果: 義歯装着時の鋳造鉤の平均輝度は, 3種とも1, 000cd/m2以上の高い平均輝度を示した. 6ヵ月後の鋳造鉤は, 各条件とも装着時の約1/5-1/8と急激な輝度の低下が認められた. 1年後ではさらに輝度は低下し, 装着時の約1/7-1/12となった. 6ヵ月, 1年後ともに急冷を行ったほうが熱処理なし, 空冷に比べ輝度が高く有意差が認められた.結論: 熱処理の方法により鋳造鉤の輝度に有意差が認められたが, いずれも輝度は大幅に低下しており, 口腔内における金銀パラジウム合金の腐食性の高い患者では, 今回行った溶体化処理では耐変色性が十分でないことが示唆された.