著者
川田 侃
出版者
上智大学
雑誌
アメリカ・カナダ研究 (ISSN:09148035)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.1-32, 1990-08-30

一国の世界市場での国際競争力が強くなり, その国の世界における産業的・経済的優越性が顕在化して, 経済的覇権の樹立がみられるようなときには, 当該覇権国の経済のためにも世界経済全体のためにも, それに見合った適切な政策転換が不可欠の要請となる。もし適切な政策転換がなされない場合には, 世界経済全体のバランスが崩れて, 結局のところ, 覇権国の経済も大きな痛手をこうむることになる。しかし, 歴史上そうした政策転換はとかく後手にまわって遅れがちとなり, そのため世界経済に容易ならぬ諸困難をもたらすおそれもある。そのことは, 近年とみに世界市場における国際競争力を増大させつつあるにもかかわらず, 自国市場の開放等に関してこれまで概して受動的, 消極的で, そのことのためにアメリカをはじめとして世界諸国からの批判を受けている日本の事例についてみても, 当てはまるようにみえる。いま1980年代の中葉にあって, 日本は世界のあらゆる国のなかで飛びぬけて高い貿易収支, および経常収支の黒字を抱えている。このことは直ちに欧米の経済的諸列強に対する日本の産業上, 商業上, 金融上等の経済的優越がすでに定着したことを物語るものではないとはいえ, 日本の貿易収支や経常収支の黒字は, かつて世界のどの国も経験したことのないほどの巨額のものに上っており, この状態そのものが世界経済に対する深刻な脅威となっている。そのためこの巨額の黒字を取り除くために, 市場の開放をはじめとして多くのことが日本に求められてきたが, 日本の対応は必ずしも適切かつ素早いものではなかった。確かに, 1985年9月のアメリカのレーガン政権による新通商政策の発表や五カ国蔵相会議(G5)を契機に, 日本は市場開放行動計画(85年7月)の実行繰り上げ, ドル高是正のための協調介入など, 一連の経済政策を積極的に開始したが, こうした行動は本来もっと早い時期にとられるべきであったろう。この小論は, 最近のこうした日本の経済政策の推移変転を念頭に置きながら, 一国の世界市場における国際競争力が強化され, その世界に対する産業的・経済的優越が顕在化するようなとき, それにともない要請されるべき政策転換の問題を取り上げようとするものであるが, ここではさしあたり、その歴史的先例を19世紀のイギリス, および第1次世界大戦後のアメリカに求め, かつての世界経済舞台において, こうした政策転換に関連していかなる諸問題が起きたかを, 第一の課題として取り上げたい。次に, 第2次大戦後確立されたアメリカの経済的覇権が60年代末葉以降, 次第に動揺するにしたがい, それにともなっていかなる政策転換ないしは政策調整の必要が生じ, その屈折点はどこに見出されるか等を, 第二の課題として取り上げたい。また最後に, この過程を通じてアメリカとは逆に, 漸次, 産業的・経済的優位に向けて接近の度を増しつつあった日本の諸政策についても, 一応の検討を試み, それらについての問題点を探ることを, 第三の課題として取り上げたい。
著者
春原 昭彦
出版者
上智大学
雑誌
ソフィア : 西洋文化ならびに東西文化交流の研究 (ISSN:04896432)
巻号頁・発行日
vol.42, no.3, pp.125-128, 1993-09-30
著者
加藤 恭子
出版者
上智大学
雑誌
上智大学仏語・仏文学論集 (ISSN:02881934)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.19-37, 1991-03-20

12世紀の作家クレチアン・ド・トロワは, アーサー王と円卓の騎士を主題とする5つの作品の中で, 6組の男女の愛を世界を描いた。彼の描く「愛」の世界は彼の時代の反映であったのか, G.Parisの言うように, 聴衆に気に入るため, つまり聴衆の好みの方向を示すものだったのであろうか?もしクレチアンの作品が独創的なものであったとするならば, その前提として, 彼の同時代人たちの作品の傾向を知らなくてはならない。本稿は, ごく皮相的にではあるが, 同時代人たちの描いた「愛」を主題的特徴の面から一瞥することを目的としている。
著者
鈴木 陽一
出版者
上智大学
雑誌
上智アジア学 (ISSN:02891417)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.151-169, 1998-12-26

It was often said that the movement towards Malaysia was dated from the Tunku Abdul Rahman's almost casual address in Singapore in 1961. Some scholars, however, insisted before the advocacy of the Malaysia Plan there were a British plan towards a nation-state in the British South-East Asia. This paper's aim is to clarify the origins of the Malaysia Plan, focusing on the rivalries among the Federation of Malaya, Singapore and Britain, by using some documents and memoirs which were recently released. In chapter I, we will review Britain's dominion plan and its frustration. In chapter II, we will see the rivalry between the Federation and the British on this issue. In concluding chapter, we will sum up this paper as follows, although the Federation had its plan for a new state, Singapore and the British also had their own but different motives for it and played pivotal roles towards the advocacy of Malaysia Plan.
著者
近藤 信彰
出版者
上智大学
雑誌
上智アジア学 (ISSN:02891417)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.21-38, 1998-12-26

〈特集〉イラン研究動向(Trends in Iranian Studies)
著者
安西 徹雄
出版者
上智大学
雑誌
ソフィア (ISSN:04896432)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.p475-482, 1988
著者
竹内 修一
出版者
上智大学
雑誌
カトリック研究 (ISSN:03873005)
巻号頁・発行日
vol.73, pp.51-88, 2004-08-01

It is natural for us to be required to act rightly, but to be good is even more important. No matter how right an actis, if one has a bad intention or motivation, that act is not worthy of being ca11ed good. It might be the intentio recta that is required for the rightness of the act. "Every good tree bears good fruit" (Mt 7 : 17). A good act follows a good disposition of one's heart and mind. It is virtue that makes a human being good. Virtue must be considered in reference to good ; more specifically, virtue refers to the good of the human person. Therefore, virtues are indispensable for the formation of the human person. Confucianism which is basically "virtue ethics" can contribute greatly to an inculturation of Christianity in Japan. Since Mencius, through the tradition of Confucianism, conscience, ryoshin in Japanese, has played a significant role in Japanese morality. The main role of ryoshin is to determine how to cultivate oneself, how to become one's authentic self. In particular, in the Japanese context, the primary quality of ryoshin is makoto or sincerity. Makoto, interpreted not metaphysically, but rather morally and anthropologically, became a cardinal virtue for the Japanese ethical/moral ethos in the lin eo ryoshin. Mencius is the first person who used the term liang hsin/ryoshin. According to him, liang hsin springs from one's heart and mind, which is good by nature. This is the origin of all his thought : a "theory of the original goodness of human nature." According to him, liang hsin/ryoshin is given as the "sprouts" of four virtues : humanity, righteousness, propriety, and wisdom. These four virtues are the embodiment of liang hsin in real life. The understanding of liang hsin is developed in the concept of ch'eng (sincerity). Ch'eng is largely discussed and developed as a moral and philosophical or metaphysical concept in the Chung-yung (The Doctrine of the Mean). Ch'eng should be embodied in one's life. According to Wang Yang-ming, making the mind sincere is indispensable for one to be a fully human person. Though there are several meanings of ch'eng, he stresses sincerity as the meaning of ch'eng. Sincerity is not merely a psychological or ethical concept, but rather an existential and anthropological presupposition. Wang's teachings had a great influence on Japanese thought, especially with regard to ethics. We can also find a possibility of inculturation of Christianity in Japan in and through ryoshin. It is inadequate and inappropriate that we unconditionally transfer Christianity cultivated in the Western cultural climate into the Japanese cultural climate. Rather, we have to accept and interpret Christianity in the context of the Japanese cultural climate and express it through Japanese concepts. The problem is how to embody the Good News in Japan. This is challenging to us, but at the same time, it is the basic task of inculturation as the embodiment of evangelization. Evangelization requires us to discover and cultivate the seeds of the Word embedded in the local culture. As God's Word became man, the Words of Jesus can and should be embodied in the Japanese cultural climate.