Kotani Eisuke (@kotani_eisuke)

投稿一覧(最新100件)

同じく将棋と文学研究会に参加していた学部生の卒論を元にした雑誌掲載論文では、稲本力信さんの「北條秀司「王将」論―坂田三吉表象の諸問題」(『富大比較文学』2018.3)https://t.co/eamtlNlJ14 もお勧めです。こ… https://t.co/TxL1auUx4N
文学研究の枠内ではどういう風に論じられるかに関心をお持ちの方には一例として小谷瑛輔「〈子どもたちの時間〉の現代 : 山内マリコ論序説」 https://t.co/McJbFnOKG3 あくまで序論レベルの雑駁な論ですが、地域格差を… https://t.co/1EWTgdZ3Kp
ジュネットの「語り手」概念が人格的かどうかについては、青柳悦子「小説的思考における人称=人物概念の突破」https://t.co/FWVQn72fzz では明確に人格的だとしているのに対して、『ナラトロジー入門』は人格的でないとさ… https://t.co/v9M3bnkvet
担当した(と言っても毎週進捗を聞いて応援してただけですが)学生の研究成果が第一線の研究で参照されるというのは嬉しいですね。ちなみにこれです。この論文については先日も富山に講演に来て下さった先生からお褒めの言葉を頂いたところでした。 https://t.co/yko1MWBVJY
ちなみに、CiNii・国文学研究論文目録データベースによれば綿矢りさ「勝手にふるえてろ」を主題とした現在のところ唯一の論文がこれになりますが、 https://t.co/OPyWYryeQb この論文の趣旨からいっても今回のは正しい方向の映画化だと思いますね。 #勝手にふるえてろ

お気に入り一覧(最新100件)

【富山大学学術情報リポジトリ公開 富山大学日本文学研究】〔書評〕西田谷洋著『村上春樹のフィクション』/中村, 三春 https://t.co/u9swWIsXnG
小谷野敦先生に「紀要レベル」とご叱正いただいた『比較文学』掲載の論文がJSTAGEで読めるようになりました(「カノンを輸入する」)。https://t.co/2U9Y5rwuqh

3 0 0 0 OA 官報

時事新報の謎PN"ABC合作" 文体が石山賢吉とほぼ同一であるが、詳細不明 https://t.co/7s9zCX1jHn 官報を読むと石山賢吉は10/15に公職追放が決まっていて、その後の観戦記から石山賢吉がいなくなっている 公… https://t.co/ARz8dEaASv
木下宏一『近代日本の政治的文学者と国文学的ナショナリズムの諸相 : 沼波瓊音、三井甲之、久松潜一の学問と思想』博士論文、九州大学、2017年3月24日。https://t.co/A6F7wqlbsm
⚫︎橘昭成「芥川龍之介の文芸観 : クローチェ美学からの影響関係を中心に」『待兼山論叢』47、2013年。https://t.co/uidAsGvlNv ⚫︎李慧珏「芥川龍之介の晩年の文学観 : 大正末期における「小説の筋」論争」… https://t.co/UznPgO5fRg
⚫︎橘昭成「芥川龍之介の文芸観 : クローチェ美学からの影響関係を中心に」『待兼山論叢』47、2013年。https://t.co/uidAsGvlNv ⚫︎李慧珏「芥川龍之介の晩年の文学観 : 大正末期における「小説の筋」論争」… https://t.co/UznPgO5fRg
⚫︎石阪幹将「私小説批評の誕生 : 芥川・谷崎の<小説の筋>論争について」『東海大学文明研究所紀要』15、1995年3月。https://t.co/ukpbUcW8sn ⚫︎石阪幹将「私小説論の制度(1)大正期 : スタイルとして… https://t.co/ZSDw54HQ25
⚫︎石阪幹将「私小説批評の誕生 : 芥川・谷崎の<小説の筋>論争について」『東海大学文明研究所紀要』15、1995年3月。https://t.co/ukpbUcW8sn ⚫︎石阪幹将「私小説論の制度(1)大正期 : スタイルとして… https://t.co/ZSDw54HQ25

フォロー(1413ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
この論文は9月に読んだのですが、私が外出していたため放送できませんでした。鶴見俊輔と吉本隆明の思想の違いが分かりやすくまとめらrwているため今回再読という形で本ノ猪さん@honnoinosisi555と放送します。普段考えている鶴… https://t.co/gEkKR0vO58
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @uocham: 個人主義はちょっと今回(厄介だから触れたくないが)言及しないといけないので邦語でないかな、と探したらよいのが。『ロールズを読む』の経済学からの応答二編を読む上でも参考になりそう。https://t.co/XSNeqV6Awu
明日22:00~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はぜひご視聴ください。 https://t.co/BSjTsYz9F1 粟谷佳司『鶴見俊輔から「ひとびと」の社会学へ : 戦後日本の文化研究に向けて』 https://t.co/8NZbgYfYAw
RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.…
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/ibe10YMSR2 h…
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
[出版流通] 論文海賊サイトSci-Hubを巡る動向と日本における利用実態 https://t.co/qQd3bDC9Fo
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
RT @oikawamaru: 最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheilognathus…
RT @MiraiMangaLabo: 戦時下、国民学校で子供の音感教育と称して敵機の爆音を聞き分ける教育が行われた様子が手塚の「勝利の日まで」に描かれている。冗談みたいな聴音装置も学術誌に発表されていた。爆音識別の練習用レコードもあった。https://t.co/E0EygZ…
RT @keibunkanshoten: 【バタイユ『太陽肛門』 ご購読者さま各位】 「太陽肛門」解題で、レフ・シェストフとバタイユへの言及がありました。 両者の関係については、酒井健先生の以下の紀要にも詳しいところです。 バタイユとシェストフの教え ―「星の友情」の軌跡…
参考資料 ※少々古いので定数等の変更に注意。 https://t.co/Ntf6JtyhFs
RT @hayashiyus: 最適輸送問題を変分原理で決定される確率力学の問題とみなす.こういう見方ができると Wasserstein 計量に手触り感がでてくるので有難い.三上敏夫先生の講演資料. 確率最適輸送問題 https://t.co/0GDgdsLyzj 確率力学…
@shira10ri 小沢佳史君といいます。博士論文が読めますhttps://t.co/T2pACIglvZ件の副題は、今度出る私の編著『支配の政治理論』に収録されるミル論のものです。
【バタイユ『太陽肛門』 ご購読者さま各位】 「太陽肛門」解題で、レフ・シェストフとバタイユへの言及がありました。 両者の関係については、酒井健先生の以下の紀要にも詳しいところです。 バタイユとシェストフの教え ―「星の友情」の… https://t.co/NuXrCWcT7m
RT @_pilate: 以上、「新しい庭は人間なしでつくられるのか──ジル・クレマンの庭とその思考──」山内朋樹 を読んで考えたこと。 http://t.co/QgfNpyYM
RT @aruma_zirou: 医師の武器といえば 外科医はメス 内科医はハリソン内科学 病理医は顕微鏡 そして、麻酔科医は注射針という新たな知見を得たんだがエビデンスあるのか麻酔科医による検証求む。 根拠の論文>https://t.co/ENu7pdFAXv
RT @aruma_zirou: 医師の武器といえば 外科医はメス 内科医はハリソン内科学 病理医は顕微鏡 そして、麻酔科医は注射針という新たな知見を得たんだがエビデンスあるのか麻酔科医による検証求む。 根拠の論文>https://t.co/ENu7pdFAXv
多少まんがの私学を視野にいれた新書判の本がある。宗教系公立学校てのはできんから自然と私学の分析になるわけで、聖ミカエルもワンカット使われている https://t.co/0bpAeOhSKj
ラノベの主人公並みの経歴で、武術クラスタには謎の随変流の使い手として知られる中村天風。実弟浦路耕之助が彼をモデルに小説『世界密偵秘話』を書き、そして昭和7年に新国劇の芝居をやったのが大変流行ったことを知る。そして原作読んだが、結構… https://t.co/tCNgelnNuu
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @demauyo_tadaimo: 慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/oc7bjjBAKy h…
RT @demauyo_tadaimo: 慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/oc7bjjBAKy h…
RT @demauyo_tadaimo: 従軍慰安婦が高給取りなんて嘘!実態は悲惨で、支払いを前借金返済で強制徴収されたり、後の戦局悪化の物資不足でハイパーインフレを招いて紙屑同然になる軍票を支給されてたりしたのよ、お兄ちゃん https://t.co/8whpW4TuPc h…
↓こういう、「いつの間にかこの業界ではみんな使ってるけど起源を追うとさぁ」的な論文好きだわ。二宮祐さんの「社会人基礎力」についての論文( https://t.co/oPIbYIO403 https://t.co/v1S5K89bqr )もいいと思う。
というわけで、野川公園まで行くのは諦めて小金井の滄浪泉園を見て、長崎手延べうどんを食べてきました。 「戦前の武蔵野における別荘の立地とその成立背景に関する研究」という論文を見つけましたので、メモしておきます。… https://t.co/YfDOjQugSx
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @kuri_kurita: 「なんだこれは?」感たっぷりのものを見つけた。 https://t.co/Ufwt7Jg6O1 https://t.co/rxu8FbnYj9
RT @demauyo_tadaimo: 家永裁判知ってる?南京大虐殺の語を用いた教科書「新日本史」の検定不合格を争った裁判で、最高裁は大虐殺と日本軍婦女暴行、731部隊の記述の検定不合格を裁量権の逸脱とし、教科書にそれらを記述し、学校で教えてもよいという司法判断を下したの h…
RT @kzhr: 東京音楽大学リポジトリ-トップページ 寮歌の形成過程と文化的背景 : 「花は櫻木」から「都ぞ弥生」へ https://t.co/E2T3sTW4Mm
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
RT @nekonoizumi: 芦田裕介『農業機械の社会学』、これは大いに気になるなあ。 こちらはPDFあった。→芦田裕介「農業技術普及の推進者としての農業機械メーカー販売員:岡山県津山市の事例から」『村落社会研究ジャーナル』18-1(2011) https://t.co/…
辻浩和「第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』」を読んで興味を持ったので結局書籍も買ってしまった。。。 https://t.co/zzlnvuJxIZ
RT @odg1967: 解説論文:寺田俊郎「あるアメリカ人哲学者の原子爆弾投下批判」( https://t.co/fGi209kjSM )
解説論文:寺田俊郎「あるアメリカ人哲学者の原子爆弾投下批判」( https://t.co/fGi209kjSM )
RT @odg1967: ロールズ「原爆投下はなぜ不正なのか?」( https://t.co/V61qKu1wvF )という論説がありまして。
ロールズ「原爆投下はなぜ不正なのか?」( https://t.co/V61qKu1wvF )という論説がありまして。
辻浩和「第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』」を皆様も読もう! https://t.co/zzlnvv197z
ツイキャスをご視聴頂いた方々長時間、また夜分遅くまでご視聴頂きありがとうございました。ぜひ論文も読んでみて下さい! https://t.co/J1tNw9Cysx https://t.co/zzlnvv197z
これ読まねば。鎌倉幸光「漱石文献目録稿」も掲載されてるのか。 夏目漱石研究特輯 (浪漫古典, 第6輯(第1巻第6号)) 昭和書房, 1934.9 https://t.co/zBRzb2qYm4
竹鼻圭子「観光フォーラム Japan and the Culture of the Four Seasons "Introduction : Secondary Nature, Climate, and Landscape"の翻訳… https://t.co/JEtjF5qYHw
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @shiinama: 廣橋容子・李相済(2009)「これからの高齢者福祉施設のあり方 ~フィンランドとの比較から~」https://t.co/2CVj3gWvj9 これだけ見るとフィンランドさんマジぱねぇってなるけど、どこまでが税金でどこからが自己負担なのか明記してないの…
RT @BungakuReport: 学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
RT @ChikumaShinsho: ゲームAI開発者の三宅陽一郎さんが、ちくま新書『身体が生み出すクリエイティブ』(諏訪正樹著)の書評を書いてくださいました。「この本は人間のクリエイティブな活動の源泉を探求した名著である」(『人工知能学会』2018年11月)です。ぜひ、手に…
RT @tatswi: かなり控えめにいって、この論文の立場を参考にしていただいたと思います。 CiNii 論文 -  医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か (林美月子教授退職記念) https://t.co/pPc9ZBzRNQ #CiNii
RT @JSSunofficial: #社会学評論 書評 酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根編『概念分析の社会学2 : 実践の社会的論理』 https://t.co/GQOqymXVE5
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
RT @NakanishiyaSh: CiNii Articles -  書評 酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根編『概念分析の社会学2 : 実践の社会的論理』 https://t.co/yxG2OQe2Tn #CiNii
RT @NakanishiyaSh: CiNii Articles -  書評 酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根編『概念分析の社会学2 : 実践の社会的論理』 https://t.co/yxG2OQe2Tn #CiNii
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @Theopotamos: 明日21:30~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はご視聴ください。 辻洋和 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
国⽴国会図書館 調査と情報1024:賃金から見た外国人労働者問題【韓国の一般雇用許可制では、外国人労働者の受入れを政府が管理することにより、ブローカーの問題を改善したことが評価されている】… https://t.co/G0GwtktA9G
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
明日21:30~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はご視聴ください。 辻洋和 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
RT @JSSunofficial: 書評 轡田竜蔵著『地方暮らしの幸福と若者』 https://t.co/EUrsMWcprT
スレッドの続きみたら、仮名垣魯文/歌川芳虎の『童絵解万国噺』か。国父話聖東(わしんとん)の当て字すごい…w 紹介されてる早稲田の誌面画像のほか、国会図書館のデジタルコレクションにもありますね。>RT https://t.co/rDpsMJBS7p
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @kameiasami: 徳田秋聲『草は蔓る』(文藝日本社、大正14年10月)「再生」二より、関東大地震の具体的描写(8-9頁)。 https://t.co/UuNTL8MYkU
CiNii 論文 -  現代ドイツにおける種を超えた恋愛とセックス https://t.co/An0aplmKdf #CiNii
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
RT @lIfhebnaks: CiNii 論文 -  現代詩における言葉 : 塊の現象学の観点とジャック・ラカンの観点より https://t.co/06s6yQAhpa #CiNii

フォロワー(1463ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
この論文は9月に読んだのですが、私が外出していたため放送できませんでした。鶴見俊輔と吉本隆明の思想の違いが分かりやすくまとめらrwているため今回再読という形で本ノ猪さん@honnoinosisi555と放送します。普段考えている鶴… https://t.co/gEkKR0vO58
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
明日22:00~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はぜひご視聴ください。 https://t.co/BSjTsYz9F1 粟谷佳司『鶴見俊輔から「ひとびと」の社会学へ : 戦後日本の文化研究に向けて』 https://t.co/8NZbgYfYAw
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
[出版流通] 論文海賊サイトSci-Hubを巡る動向と日本における利用実態 https://t.co/qQd3bDC9Fo
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
RT @oikawamaru: 最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheilognathus…
RT @MiraiMangaLabo: 戦時下、国民学校で子供の音感教育と称して敵機の爆音を聞き分ける教育が行われた様子が手塚の「勝利の日まで」に描かれている。冗談みたいな聴音装置も学術誌に発表されていた。爆音識別の練習用レコードもあった。https://t.co/E0EygZ…
RT @keibunkanshoten: 【バタイユ『太陽肛門』 ご購読者さま各位】 「太陽肛門」解題で、レフ・シェストフとバタイユへの言及がありました。 両者の関係については、酒井健先生の以下の紀要にも詳しいところです。 バタイユとシェストフの教え ―「星の友情」の軌跡…
参考資料 ※少々古いので定数等の変更に注意。 https://t.co/Ntf6JtyhFs
RT @hayashiyus: 最適輸送問題を変分原理で決定される確率力学の問題とみなす.こういう見方ができると Wasserstein 計量に手触り感がでてくるので有難い.三上敏夫先生の講演資料. 確率最適輸送問題 https://t.co/0GDgdsLyzj 確率力学…
@shira10ri 小沢佳史君といいます。博士論文が読めますhttps://t.co/T2pACIglvZ件の副題は、今度出る私の編著『支配の政治理論』に収録されるミル論のものです。
RT @zasetsushirazu: 明治21年11月18日、日向延岡藩の第7代藩主だった内藤政義(井伊直弼の弟)が死去。大賀郁夫「隠居大名の幕末・維新」(『宮崎公立大学人文学部紀要』25-1、2018年)は、譜代小藩の隠居が幕末をどのように生きていたのか、政義の元治元年〜慶…
【バタイユ『太陽肛門』 ご購読者さま各位】 「太陽肛門」解題で、レフ・シェストフとバタイユへの言及がありました。 両者の関係については、酒井健先生の以下の紀要にも詳しいところです。 バタイユとシェストフの教え ―「星の友情」の… https://t.co/NuXrCWcT7m
RT @_pilate: 以上、「新しい庭は人間なしでつくられるのか──ジル・クレマンの庭とその思考──」山内朋樹 を読んで考えたこと。 http://t.co/QgfNpyYM
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
↓こういう、「いつの間にかこの業界ではみんな使ってるけど起源を追うとさぁ」的な論文好きだわ。二宮祐さんの「社会人基礎力」についての論文( https://t.co/oPIbYIO403 https://t.co/v1S5K89bqr )もいいと思う。
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @kzhr: 東京音楽大学リポジトリ-トップページ 寮歌の形成過程と文化的背景 : 「花は櫻木」から「都ぞ弥生」へ https://t.co/E2T3sTW4Mm
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
辻浩和「第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』」を読んで興味を持ったので結局書籍も買ってしまった。。。 https://t.co/zzlnvuJxIZ
RT @odg1967: 解説論文:寺田俊郎「あるアメリカ人哲学者の原子爆弾投下批判」( https://t.co/fGi209kjSM )
RT @odg1967: ロールズ「原爆投下はなぜ不正なのか?」( https://t.co/V61qKu1wvF )という論説がありまして。
辻浩和「第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』」を皆様も読もう! https://t.co/zzlnvv197z
ツイキャスをご視聴頂いた方々長時間、また夜分遅くまでご視聴頂きありがとうございました。ぜひ論文も読んでみて下さい! https://t.co/J1tNw9Cysx https://t.co/zzlnvv197z
これ読まねば。鎌倉幸光「漱石文献目録稿」も掲載されてるのか。 夏目漱石研究特輯 (浪漫古典, 第6輯(第1巻第6号)) 昭和書房, 1934.9 https://t.co/zBRzb2qYm4
竹鼻圭子「観光フォーラム Japan and the Culture of the Four Seasons "Introduction : Secondary Nature, Climate, and Landscape"の翻訳… https://t.co/JEtjF5qYHw
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @BungakuReport: 学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
RT @ChikumaShinsho: ゲームAI開発者の三宅陽一郎さんが、ちくま新書『身体が生み出すクリエイティブ』(諏訪正樹著)の書評を書いてくださいました。「この本は人間のクリエイティブな活動の源泉を探求した名著である」(『人工知能学会』2018年11月)です。ぜひ、手に…
RT @tatswi: かなり控えめにいって、この論文の立場を参考にしていただいたと思います。 CiNii 論文 -  医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か (林美月子教授退職記念) https://t.co/pPc9ZBzRNQ #CiNii
CiNii 論文 -  医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か (林美月子教授退職記念) https://t.co/yVEv0OC8sV
RT @tatswi: かなり控えめにいって、この論文の立場を参考にしていただいたと思います。 CiNii 論文 -  医行為概念の検討 : タトゥーを彫る行為は医行為か (林美月子教授退職記念) https://t.co/pPc9ZBzRNQ #CiNii
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @Theopotamos: 明日21:30~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はご視聴ください。 辻洋和 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
国⽴国会図書館 調査と情報1024:賃金から見た外国人労働者問題【韓国の一般雇用許可制では、外国人労働者の受入れを政府が管理することにより、ブローカーの問題を改善したことが評価されている】… https://t.co/G0GwtktA9G
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
明日21:30~ツイキャスで下記論文を読みます。お時間がある方はご視聴ください。 辻洋和 第12回女性史学賞受賞のご挨拶:受賞作『中世の<遊女>-生業と身分について』 https://t.co/zzlnvuJxIZ
スレッドの続きみたら、仮名垣魯文/歌川芳虎の『童絵解万国噺』か。国父話聖東(わしんとん)の当て字すごい…w 紹介されてる早稲田の誌面画像のほか、国会図書館のデジタルコレクションにもありますね。>RT https://t.co/rDpsMJBS7p
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @kameiasami: 徳田秋聲『草は蔓る』(文藝日本社、大正14年10月)「再生」二より、関東大地震の具体的描写(8-9頁)。 https://t.co/UuNTL8MYkU
CiNii 論文 -  現代ドイツにおける種を超えた恋愛とセックス https://t.co/An0aplmKdf #CiNii
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
RT @lIfhebnaks: CiNii 論文 -  現代詩における言葉 : 塊の現象学の観点とジャック・ラカンの観点より https://t.co/06s6yQAhpa #CiNii