著者
小杉 泰 足立 明 東長 靖 田辺 明生 藤倉 達郎 岡本 正明 仁子 寿晴 山根 聡 子島 進
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、環インド洋地域を構成する南アジア、東南アジア、西アジア/中東について、イスラーム、ヒンドゥー教、仏教が20世紀後半から宗教復興を遂げている状況を調査し、社会と宗教がともに現代的なテクノロジーによって変容している実態を解明した。特に先端医療の発展によって、宗教的な生命倫理が再構築されていることが明らかとなった。
著者
山根 聡
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター
雑誌
イスラーム世界研究 (ISSN:18818323)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.143-151, 2014-03

The project of Islamic Area Studies, Kyoto University has been promoting the preservation of the intellectual heritage of Islamic culture and the compilation of a database of this heritage. In this regard, Kyoto University decided to house the huge collection of books on Islamic culture in South Asia collected by Dr. Mu'inuddin Aqeel in 2012, which contains almost 27, 000 items, including both rare books and magazines. This paper overviews the characteristics of the Aqeel Collection with a introduction to Dr. Aqeel who has had a deep attachment to the Japanese academic community. There are many private libraries in South Asia but most of them specialize in a particular subject such as Islamic studies, Urdu literature, art, and so on. The most distinguished characteristic of the Aqeel Collection is that since Dr. Aqeel has wide-ranging interests concerning Islamic culture in South Asia, his collection includes many books on different subjects such as tazkiras, books on religions, history, or literature. Because he tried to collect as many books on one particular subject as he could, his collection includes rare tazkiras of many Sufis of different cities of the Indo-Subcontinent and the regional history of many cities, even small towns of the sub-continent. Besides, Dr. Aqeel adopted his own method of classification for the books. For example, for books on history, Dr. Aqeel classified books according to regions and historical events, such as Pre-Mughal period, Mughal period, Sikh era, British era, Independent movement, and after the independence of India and Pakistan. He even put some literary magazines on a particular subject on the same shelf as the books on the same subject. This method of classification has provided scholars with easy to access all the literature on a particular subject. Thus, the study of these books must inevitably provide multidimensional perspectives about Islam in South Asia.
著者
東長 靖 山根 聡
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター
雑誌
イスラーム世界研究 (ISSN:18818323)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.113-117, 2016-03

After it received funding from the university-wide fund (provision of a large collection) in 2012, the Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, purchased Dr. Moinuddin Aqeel's Collection of Urdu Literature (hereunder, "Aqeel Collection"). Since then, the school has been continually working on registering the collection. It expects to have inputted almost all of the content onto OPAC by March, 2016. The collection represents a treasure trove for the field of South Asian Islam, which still has not made sufficient headway in Japan. The collection has been utilized in an inter-regional joint research promotion undertaking by NIHU [National Institutes for the Humanities] "South Asia and Islam" and the Grant-in-Aid Research project (Kakenhi) "General Research on the Publication and Transmission of Islamic Books in the South Asian Languages" (research representative: Tonaga Yasushi; Co-researchers: Kosugi Yasushi, Tanabe Akio, Matsumura Takamitsu, Yamane So, Inoue Aeka, and Imamatsu Yasushi). One outcome of this research is the opening of a comprehensive database on the collection http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/ kias/aqeel_db/. In the process of the research, we invited the original owner of the collection, Dr. Moinuddin Aqeel (former Professor at the University of Karachi), in the framework of the Kyoto University Asian Studies Unit (KUASU) a couple of times, received suggestions from him, and conducted joint research in connection with its research project "Forming an Educational Research Base for the World Leading Contemporary Asian and Japanese Studies: Kyoto University Asian Studies Cluster and International Affiliated Graduate School Program."
著者
水野 善文 藤井 守男 萩田 博 太田 信宏 坂田 貞二 臼田 雅之 石田 英明 宮本 久義 高橋 孝信 橋本 泰元 高橋 明 松村 耕光 横地 優子 山根 聡 萬宮 健策 長崎 広子 井坂 理穂
出版者
東京外国語大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009-04-01

インドの多言語状況は、時代を通して地域的な多様性だけではなく社会的にも幾つかの層をなしていた。言語の差異を超えて愛好・伝承され続けてきた文学・文芸を対象に、古代から現代まで、多くの言語の各々を扱うことのできる総勢30名以上のインド研究者が共同して研究を進めた。その結果、民衆が自らの日常語による創作から発した抒情詩や説話、職業的吟遊詩人が担った叙事詩、それらをサンスクリット語で昇華させた宮廷詩人、さらには詩の美的表現法が現代の映画作りにも至っている、といったインドの人々の精神史の流れを解明できた。
著者
山根 聡 長縄 宣博 王 柯 岡 奈津子 古谷 大輔 山口 昭彦 大石 高志 シンジルト 吉村 貴之 小松 久恵
出版者
大阪大学
雑誌
新学術領域研究(研究領域提案型)
巻号頁・発行日
2008

本研究課題では、地域大国の比較研究を中心軸に捉えつつ、異なるディシプリンながらも、地域大国の周縁的存在を研究する点で一致する研究者によって、地域大国のマイノリティとしてのムスリム、移住者、特定の一族など、周縁に置かれるがゆえに中心(大国)を意識する事例を取り上げた。この中で国際シンポジウム主催を1回、共催を2回行った。また国際会議を3回、研究会を25回以上開催し、この期間内に発表した論文も60点を超えた。2013年度には成果を公刊する予定であり、異なる地域を研究対象とする研究者の交流が、研究分野での未開拓分野を明らかにし、今後の研究の深化に大きく貢献することができた。
著者
萬宮 健策 堀 一成 松本 健二 石島 悌 平松 初珠 片桐 真子 米田 信子 藤家 洋昭 山根 聡 宮本 マラシー 竹原 新 竹村 景子 高橋 明 近藤 久美子 長谷川 信弥
出版者
東京外国語大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

言語横断的な会話文および語彙データベース作成が、本研究の最大の目的であった。言語によってデータベースの大きさにばらつきは出たものの、多言語間での語彙や短文の簡易検索や、一部の言語における映像資料との連携などが可能となった。日本では商業ベースで注目されることが少ない、いわゆるLCTL(LessCommonlyTaughtLanguages)の外国語教育への応用も含め、これまでにあまり例を見ない使用に耐えるデータベースが構築され、当初の目的は概ね達成できたと考える。