著者
加野 芳正 矢野 智司 湯川 嘉津美 鳶野 克己 村上 光朗 古賀 正義 越智 康詞 松田 恵示 毛利 猛 櫻井 佳樹 西本 佳代
出版者
香川大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

マナーに関する理論研究と実証的研究を平行して進めてきた。その結果、以下のような知見が得られた。(1)法律や道徳と比較したときにマナーは独自の領域を構成している。(2)マナー(あるいは礼儀作法)は人と人を結びつけ、公共的な社会に参加していく上で不可欠なものである。(3)マナーは文明化や社会の近代化とともに私たちの社会に出現してきた。(4)日常生活におけるマナーとしては挨拶を重視する人が多い、また、家庭でのマナー教育に焦点を絞れば、食事の場面を重視する人が多い。(5)どのようなマナーが求められるかは、文化によって規定されている。
著者
越智 康詞
出版者
東京大学教育学部
雑誌
東京大学教育学部紀要 (ISSN:04957849)
巻号頁・発行日
vol.28, pp.253-261, 1989-03-30

Many sociologists of education have been researching school organization from various standpoints. However, there are some problems; for example, current organizational studies are so separated or unrelated that integrative and comprehensive theory has been lacked. In addition, many researchers are seemd to see "education" mere functional matter. The aim of this paper is to introduce a new perspective about school organizations, seeing them as <total institution>. Then we will we able to see school as auto-power-productive-device which govem children who are not yet inside social systems. We will find that "education" is not only a pure functional matter, but also a strategical device by which school justifies its inner process.
著者
油布 佐和子 越智 康詞 紅林 伸幸 中澤 渉 川村 光 山田 真紀
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

本研究は、今世紀に入って加速的に進行した新自由主義的な教育改革が教職に及ぼす影響を分析することを目的としている。15年間の時系列調査を分析した結果、教職観や役割認識などに変容が見られ、教師が「組織の一員としての教師」への志向性を強めていることが明らかになった。しかしながらこれを、新自由主義的な理念への賛同と解釈するのは妥当ではない。そうではなくて、外部に見えにくく理解されがたい<教師という仕事>を、新自由主義的教育改革が可視化する側面を持っていることによるものではないかと推測された。
著者
越智 康詞 菊地 栄治 加藤 隆雄 吉原 惠子
出版者
東京大学教育学部
雑誌
東京大学教育学部紀要 (ISSN:04957849)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.119-146, 1993-03-30

Many gender studies are based on the concept of patriarchy which stresses the dichotomous distinction between women and men and which focuses on men's domination over women. But, in reality, women cannot be understood by the single category of "women" which is implicitly presupposed in the theory of patriarchy. They consist of multiple and differentiated layers. And the mechanisms through which femininity and domesticity are produced and reproduced should be reconsidered from the point of both feminine culture and the pratique or strategic actions of women. In this paper, the data from the survey of the women undergraduate students (for details, see Section I) are analyzed both quantitatively and qualitatively. In Section II, quantitative data are analyzed from the viewpoints of feminine socialization and housework practices (chapter A), feminine culture of consumption, domesticity and object-favoritism (chapter B), relationships between marital and professional perspectives (chapter C) and "conservatization" by two types of feminine strategic actions (chapter D). In Section III, the qualitative data (free description) are analyzed concerning the future expectation (chapter A), advantageous and disadvantageous experiences of being women (chapter B), and transformation of notions about males and marriage (chapter C). The perspective of "differentiation and ambivalence of femininity" is effective to analyze the (post-) modern gender relations.