著者
須藤 春佳 Haruka SUDO
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.58, no.2, pp.87-102, 2011-12-20

In this thesis, we discuss two aspects of close friendship. First, the positive aspects- in other words, the light of friendship. Second, we focus on the problems and difficulties of friendship- that is, the shadow of friendship- and discuss the reason why such problems occur. It seems that problems with friendship are more complicated for girls than for boys, so we discuss friendships among girls in a later part of the theses. At the same time, we examine gender differences in friendship. Sullivan(1953) pointed out the positive aspects of close friendships. According to him, around the time of pre-adolescence, close friendships develop between two children of the same sex and age; Sullivan called this "chum-ship." He explained that such close friendships heal any distortion within the child's former development and promote the child's psychological development. Many researchers suggest that an individual's experience of chum-ship is associated with subsequent positive aspects of psychological adjustment. There are a number of reasons why close friendships become important at this time. First, they play a role of psychological protection during a time of transition, Second, a close friend can act as a model or mirror for the child- someone the child can identify with. Finally , a close friends can act as a mediator between the child's internal and external words. To ciscuss the shadow aspects of close friendship, we focused on a number of phenomena, namely bullying school refusal, and the occurrence of traunatic encounters between two girls. We discuss how bullying occurs according to peer pressure, which demands sameness within peer groups. Next, we introduce cases in which girls have refused to go to school because of trouble among friends, and we examine the background problems in these cases. Finally, we discuss traumatic encounters between two girls who were previously friends, in referece to the mirror stage theory(Lacan,1949). In such cases, the function of mirroring in the friendship is considered to have worked negatively.
著者
栗山 圭子
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.65, no.1, pp.1-13, 2018-06-20

二条天皇の皇子である六条天皇 (1164~1176) の乳母は、藤原邦子という女性である。本稿は、邦子がなぜ六条天皇の乳母に抜擢されたのかという点を考察することにより、当該期の政局について論じるものである。父親である後白河院と対立した二条天皇を後援したのは、摂関家と二条天皇乳母の家系 (葉室流) である。藤原邦子は、摂関家家司をつとめた藤原邦綱の娘であり、葉室流藤原成頼の妻である。「乳父」邦綱と「乳夫」成頼が、「乳母」邦子を介して六条天皇の補佐を行った。六条乳母邦子は二条親政下の体制を象徴しているのである。
著者
萩原 康子 西田 昌司 Yasuko HAGIHARA Masashi NISHIDA
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.33-50, 2013-06-20

女性ホルモンのエストロゲンの増減が引き起こす皮膚の変化として、表皮の再生能力(ターンオーバー)の変化が挙げられる。従来、エストロゲンが増加すると皮膚細胞の増殖が促進し、ターンオーバーが早まると考えられてきた。しかし、皮膚のターンオーバーは、基底層での細胞増殖、有棘層でのケラチン(K10)合成、顆粒層での細胞死(アポトーシスとネクローシス)、角質層での蛋白分解酵素(KLK8)による切断というように、表皮を作る各細胞層に特徴的な分子機構が存在しているにもかかわらず、細胞増殖以外に及ぼすエストロゲンの効果については解明されていなかった。そこで、エストロゲンが表皮ターンオーバーにどのように関与するかを調べるため、胎児ラット表皮由来細胞株で作成した培養モデルにおいて、代表的なエストロゲンである17βエストラジオールが、ターンオーバーの各過程にどのような影響を及ぼすかを検討した。17βエストラジオールは、培養表皮細胞の細胞増殖とK10合成、細胞死、KLK8活性の何れをも促進した。またエストロゲン受容体阻害剤ICI182780を添加すると、17βエストラジオールによって促進した細胞増殖とアポトーシス、KLK8活性が抑制されたことより、これらの過程は細胞内のエストロゲン受容体を介して起こって居ることが明らかとなった。さらには植物エストロゲンであるイソフラボン類のダイゼインを用いて同様の検討を行ったところ、細胞増殖とアポトーシス、KLK8活性が促進されることも確認できた。これらの知見を総合すると、女性ホルモンが表皮細胞の生成、成熟、剥離のいずれにおいても重要な役割を果たし、表皮ターンオーバーの促進に関与していることが明らかになった。また、ダイゼインがエストロゲンと類似の効果を示したことにより、イソフラボンを含む食事を摂取することによって、閉経時における女性ホルモンの減少を補充することが出来る可能性が示唆された。
著者
小松 秀雄 Hideo KOMATSU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.54, no.2, pp.153-164, 2008-01-20

In the eighties of the 20th Michel Gallon, John Law and Bruno Latour have constructed the theory of actor-network in the field of science and technology studies. Then in the nineties Jean Lave and Etienne Wenger have proposed the theory of situated learning and community of practice. In the first chapter of this paper I intend to consider the theory of 'hybrid collectives (communities)' and the concept of 'translation' which M.Gallon (French sociologist) has developed in his theory of actor-network. Gallon has criticized traditional sociologists for 'social constructionism'. And in the second chapter I investigate the situational approach and theory of community of practice while I take up the literatures such as "Situated Learning" (1991.) and "Communities of Practice" (2002.). In the final chapter I attempt to apply the theory of actor-network and the concept of community of practice to the downtown area (Yamabokocho) of the Gion Festival (Gion Matsuri) of Kyoto in the modem society.
著者
小松 秀雄 Hideo KOMATSU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.67, no.2, pp.49-64, 2020-12-20

高知県では大きな芝居絵屏風を飾る夏祭りが行われ、土佐の夏の風物詩として地域の人びとに親しまれている。芝居絵屏風は大きな二曲一隻の屏風であり、幕末の絵師・金藏(1812-1876)、通称、絵金が芝居絵屏風を描き始めた。日本の近代化の過程で娯楽の多様化にともない、夏祭りで芝居絵屏風を飾ることは少なくなったが、1960年代の時代背景の下で再び注目されるようになった。それから間もなく、高知県赤岡町では、1977年に絵金没後100年を記念するコメモレイションとして絵金祭りが行われた。赤岡町では1993年に土佐絵金歌舞伎伝承会が結成され、さらに、2005年には絵金の作品を展示する絵金蔵も造られた。高知県立美術館では、2012年に、絵金生誕200年を記念するコメモレイション「大絵金展 極彩の闇」が開催された。本稿では、集合的記憶の社会学の視点から、絵金のコメモレイションに関する多様な資料を分析し論述してみる。
著者
三宅 志穂 井内 希 木戸 彩也香 熊田 愛 大山 紗絵子 佐々木 晶子 Shiho MIYAKE Nozomi IUCHI Sayaka KIDO Mana KUMATA Saeko OOYAMA Akiko SASAKI
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.125-132, 2010-06-30

According a research in the brain science research field. it was suggested that foreign people recognized the sound of insects as noise. However, Lafcadio Hearn from Greek admired the sound of the cicada. Therefore, it is supposed that some other nations as well as the Japanese can sympathize with the sound of insects. In this research, a pilot survey about the impression of "like" or "dislike" on the sound of insects was conducted for the Japanese and other nations. Field interview to the Japanese and foreign visitors to Japan was carried out in Kyoto from July to November, 2009. Answers by "like" or "dislike" of the impression from 450 foreigners and 100 Japanese people were obtained on the sound of five sorts of insects: Teleogryllus emma, Oncotympana maculaticollis, ampsocleis buergeri, Homoeogryllus japonicus, Tanna japonensis. People in the total of 35 nations cooperated in this research. As a result, it was suggested that the impression on the sound of five insects between foreign people and Japanese people had similarity. On the other hand, the ratio of the number of people, who answered "like" or "dislike", was defferent between foreign countries and Japan. Furthemore, the following issues were understood by the result from nine foreign nations, where the samples of ten or more people were collected. 1) The impression of "like" or "dislike" on the sound of insects would be different from each nation. It cannot be caught only by a framework of Jspsnrdr people and foreign people. 2) Distinction of "like" or "dislike" cannot be relevant to the sound by one concept of "insects". That is, impression of the sound may depend on the kind of the insect.
著者
小松 秀雄 Hideo KOMATSU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.1-16, 2019-12-20

高知県(昔の土佐の国)では大きな芝居絵屏風を飾る夏祭りが行われ、土佐の夏の風物詩として地域の人びとに親しまれていた。芝居絵屏風は大きな(180 cm×180 cm)二曲一隻の屏風であり、弘瀬金藏(1812-1876)、通称、絵金が芝居絵屏風を描き始めた。江戸時代後期から明治時代まで土佐の国では、農村舞台で歌舞伎や人形浄瑠璃などの地芝居が上演された。人びとは芝居絵屏風を絵金に描いてもらい、夏祭りの機会に神社やお堂に奉納した。しかしながら、日本の近代化の過程で映画が普及し、娯楽が多様化するにともない、夏祭りに芝居絵屏風を飾ることも少なくなった。絵金の死から約90年後、1960年代における対抗文化の時代背景の下で絵金と彼の芝居絵屏風などの作品が再び注目されるようになった。絵金の画集などの本が出版されたり、絵金の映画が全国の映画館で上映されたり、東京、大阪、京都、神戸の有名な百貨店で絵金展が開催された。新聞や雑誌などのマスメディアによって名づけられた「絵金ブーム」が到来した。本論文では、歴史社会学的視点から、「絵金ブーム」に関する多様な資料を分析し論述してみる。
著者
譚 仁岸 Renan TAN
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.79-93, 2019-12-20

本稿は有島武郎が一九二二年に発表した「宣言一つ」及び関連テキストを再読することを通して、「知識階級」と「第四階級」の階級移動の問題を再検討し、新たな理論的資源を援用して知識人の持っている「文化資本」の権力性と階級性を大正時代の文脈に沿いながら論じたものである。知識階級の啓蒙的暴力を反省することにおいても、過度な政治化と過度な脱政治化との間の選択においても、複数の価値的衝突と正義のアポリアに面する際の政治的実践においても、有島武郎にはまだ批判的可能性が内蔵されている。それは今日において政治思想の視点からも思考し続けるに値するものである。
著者
小松 秀雄 Hideo KOMATSU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.93-108, 2013-06-20

日本原子力発電(株)と9つの電力会社は、日本の原子力政策に即して全国各地に原子力発電所を建設し営業運転してきた。ちなみに、関西電力は、立地条件の良い、福井県の嶺南と呼ばれる若狭湾沿岸に美浜、高浜、大飯原子力発電所を建設し営業運転してきた。若狭湾沿岸の原子力発電所は、関西地区で使用される電力量のおよそ半分くらいを供給している。しかしながら、日本原電や9つの電力会社が原子力発電所を計画した全国の多くの場所で厳しい反原発の講義と運動が起こった。原発の建設計画には大きな経済的効果が期待されていたけれども、各地域における住民や議会の投票の結果、原発計画は白紙撤回されたり中止されたりした。本稿では、具体的な事例として1975年に提示された久美浜原子力発電所の建設計画を取り上げ、なぜ2006年に白紙撤回されたのか、その理由や事情について再検討してみたい。久美浜町は丹後半島の、京都府北部の沿岸にある。「平成の大合併」の時に、峰山、網野、丹後、大宮、弥栄および久美浜の6町が2004年4月1日に合併して京丹後市が誕生した。
著者
藏中 さやか Sayaka KURANAKA
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.1-14, 2018-12-20

花山天皇(安和元年(九六ハ)生)は永観二年(九八四)十月の即位から、わずか二年足らずで引退、出家し、これに伴う政変は世に「寛和の変」と称される。花山天皇は、春宮時代から歌会を催したことが知られ、在位中に開催した歌合は二回確認される。本稿では花山天皇の歌合事績の最初とされる、寛和元年(九八五)八月十日に開催された六題六番一二首からなる内裏歌合を対象とする。当該歌合は主催者と開催場所から内裏歌合となるが、その仮名日記から正式の晴儀歌合ではなく天皇とわずかの臣下によって即興に開催された華やかな物合も遊宴も伴わない小規模で私的な歌合であったことがわかる。参加歌人の一人である藤原公任の私家集である『公任集』は当該歌合の和歌を「花山院の御歌あはせのやうなる事せさせ給ひけるに」という詞書とともに収める。当該歌合は遊戯性を排除した卒爾の歌合ではあったが、天皇出御の座で、判者を定め、歌題、勝負付けを備える。『公任集』詞書は何故「御歌合」と断言することを避け「やうなる事」を付加するのであろうか。本稿では、開催前月に寵愛の忯子(藤原為光女)女御が世を去った事実を前提に、個々の歌を番という観点から、また左右歌解釈の視点からとらえ直し、この歌合の場の特質について炙り出しつつ、その理由を考察した。当該歌合には、花山天皇の悲傷を共有し、その心を慰めるための場という特殊な一面があった。御製には哀切な調べを読み取ることができ、そしてその御製に番われる右歌には天皇を慰撫し支えようとする配慮が見える。そこには君臣が相和す「座」が創造されていた。形式面に加え、この特殊性から、『公任集』詞書は「御歌合のやうなる事」という朧化表現をとったのではないかと考える。Emperor Kazan was born in 968, crowned in October 984, and abdicated after roughly two years during the time of political change called Kannanohen. Emperor Kazan loved Japanese Waka poetry, and held a special poetry contest called an Uta-awase in the Imperial Palace twice during his brief reign. This paper discusses the uniqueness of the first Uta-awase held on August 10, 985. The record indicates that this Uta-awase consisted of 12 Japanese Waka poems divided into six sets of two each. Furthermore, it was suddenly held as a small private meeting with the participants consisting of only the Emperor and his aides and there was no banquet. However, this contest followed the typical style of Uta-awase, in which judges presented a topic and decided winners in front of the emperor. The collection of poems called "Kintoushuu" by FUJIWARA Kintou, one of the participants in attendance, however, describes this gathering as something like Uta-awase. Strangely, he did not affirm that it was an official Uta-awase. The fact that the Emperor's beloved mistress died in the month prior to this Uta-awase could be an important factor as to why this Uta-awase is not considered official. After examining the poems sung at this Uta-awase, it became clear that this Uta-awase had a special purpose to comfort the young Emperor. The poem be made was full of sorrow and, as a consequence, every participant wrote poems to comfort him on the spot. In this sense, it was a very unique and unusual Uta-awase, which, I conclude, is the reason why Kintou avoided naming the Uta-awase as official and close the euphemistic expression instead.
著者
徐 磊 Lei XU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.64, no.2, pp.105-121, 2017-12-20

本稿は、漢訳仏典における「龍」の由来を論じ、仏教龍女物語に関して、これまであまり論述されてこなかった複雑な龍女イメージを踏まえ、その底に潜んでいる仏教女性観と独特な歴史的文化的意味を明らかにする試みである。龍女は卑しい畜生や英知敬虔な信者、艶めかしい美女等のイメージとして仏典物語に登場する。そういう龍女イメージから、インドのナーガ信仰の仏教に対する影響、大乗仏教と小乗仏教の思想の相違及び両者の共有する男性本位の文化的背景が読み取れる。漢訳仏典における複雑な龍女のイメージには独特な歴史文化的意味が潜んでおり、複雑な仏教女性観を充分に表していると言える。This paper discusses the origin of "Dragon" and examines the complex image of dragon girl in the Chinese translation of Buddhist scriptures to understand the Buddhist view of women as well as its unique historical and cultural connotations. In Buddhist stories, a dragon girl is sometimes a low and humble half-human and half-beast, sometimes a wise and noble Buddhist believer, and sometimes an alluring and seductive stunning beauty. This series of complex images of dragon girl reflects not only the influence of the Indian folk Naga beliefs on Buddhism and the need to promote the dissemination of Buddhism, but also the completely different doctrines of Mahayana Buddhism and Hinayana Buddhism as well as the male-centred cultural background shared by the two doctrines. It indicates that the complex images of dragon girl in the Chinese translation of Buddhist scriptures contain unique historical and cultural connotations and reflect the complex Buddhist view of women.
著者
石黒 晶 SAYAKA ISHIGURO
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.109-119, 2003-07-20

著者より、「当該作品の著作権管理を日本音楽著作権協会に全信託している」との理由による削除希望がだされたため
著者
小松 秀雄 Hideo KOMATSU
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.67, no.2, pp.49-64, 2020-12-20

高知県では大きな芝居絵屏風を飾る夏祭りが行われ、土佐の夏の風物詩として地域の人びとに親しまれている。芝居絵屏風は大きな二曲一隻の屏風であり、幕末の絵師・金藏(1812-1876)、通称、絵金が芝居絵屏風を描き始めた。日本の近代化の過程で娯楽の多様化にともない、夏祭りで芝居絵屏風を飾ることは少なくなったが、1960年代の時代背景の下で再び注目されるようになった。それから間もなく、高知県赤岡町では、1977年に絵金没後100年を記念するコメモレイションとして絵金祭りが行われた。赤岡町では1993年に土佐絵金歌舞伎伝承会が結成され、さらに、2005年には絵金の作品を展示する絵金蔵も造られた。高知県立美術館では、2012年に、絵金生誕200年を記念するコメモレイション「大絵金展 極彩の闇」が開催された。本稿では、集合的記憶の社会学の視点から、絵金のコメモレイションに関する多様な資料を分析し論述してみる。