kohske (@kohske)

投稿一覧(最新100件)

2 0 0 0 OA 意味を運ぶ器

これは必読っぽい。認知科学戸田特集の齋藤先生の論文に、渡辺慧と戸田先生の物語が描かれている https://t.co/saJct1TRRU https://t.co/VwUN1i5azD
こちらこそ大変有意義な議論をありがとうです。認知科学最新号の伊藤亜紗先生「身体の個別性に向き合う」 https://t.co/9xUWr9nm0T を題材に、障害、多様性、そこにおける基礎心理学・認知心理学の意義を考えていきました。 https://t.co/FtPScnWScJ
今日のFEP授業、まずはベイズ知覚に慣れようということで神谷さんのASCONEの柴田さんによる解説資料を使って進めた。https://t.co/nM8YWMyvhM こういうの残ってるの非常にありがたいです。Weiss2002のFlashデモが例のごとく動かなくなっていたので、 https://t.co/HKSVfT5QW8 作っておいた。 https://t.co/EaSEYF4SzA
これはまさに戸田先生の野生合理性につながる話ですね https://t.co/U3FB00QhEy https://t.co/tEYsfCLqcG
前提抜きに有意性検定を説明してるとソウルジェムが濁るのでたまにこれ読んで清める https://t.co/lVyPZmpjxY https://t.co/edf4PU7sYC
@asarin @ryomakom いやいや私は注目してるだけで、専門家とはとても・・・最近心理学研究で https://t.co/o66REKPlwP こういうの出てましたね。
多様性のことを考えたり色々発信したり(例えば中京心理の紀要特集 https://t.co/ln0xHLUMNr https://t.co/paii3DgXGoとか、立命の新ウェブ教員紹介とか https://t.co/x1eckHQokz )、一方で自分自身の言葉を後で思い起こして、全然あかんわ・・・と思うことも多々ある。この矛盾は結構しんどい。
多様性のことを考えたり色々発信したり(例えば中京心理の紀要特集 https://t.co/ln0xHLUMNr https://t.co/paii3DgXGoとか、立命の新ウェブ教員紹介とか https://t.co/x1eckHQokz )、一方で自分自身の言葉を後で思い起こして、全然あかんわ・・・と思うことも多々ある。この矛盾は結構しんどい。
@ykamit @KijimaTaizo @Quantum_Zen 直接因果性知覚の話については、こちらでも解説されています https://t.co/y5lS8I6VOk 現在長いこと執筆中の手元の原稿にもこの辺りの話がありますが、これはいつになったら完成するのか・・・
@kosukesa 第2類で副作用もあるみたいなので、そこそこ効く可能性はあるのではないかと思われます。 https://t.co/ZOD2CC131w 細かく見てませんが主成分の防風通聖散RCTレビューかな https://t.co/bvq7NNWvOo
@rmaruy まさにこれですね https://t.co/fBCpMhMrKO 私はこの言葉を胸に刻み込んで生きてます。関連する文献(?)> https://t.co/m7oLosiIf5
RT @Mushi_Kurotowa: RT>「対称性知覚」ですね。おそらくエサ(高栄養の動物)を見つけるときに有用な視覚システムでしょう。先に輪郭線を見つけ、左右対称検出が並列で行われてるので高速とか長軸より対称軸が優先とか、コレ虫を見つけるための視覚機能じゃないかと勝手に感…
RT @t_oishi: 『霊長類研究』電子版(早期公開)で『#犬からみた人類史』の書評が公開されています。評者は、上智大学の斎藤慈子さん。ネコ目線でのユニークな評を書いてくださっています。 https://t.co/NBiV79yhDp
RT @momentumyy: しかしこっちの方が面白いな 気軽に始めるサイコミュ ~TODA RADIOの実際~ https://t.co/3wPZnl4yXp
分断の前提には、カテゴリ化というものがある。自か他か、善か悪か、嘘か誠か。この間にあるものをエイヤとどちらかにせずに、そのままの形で受け止めることは、利根川先生も言ってるように、人間には苦しい。そういうことをちょっと書いたもの→「野島久雄賞受賞によせて」 https://t.co/m7oLos16Qv https://t.co/yB8MP4eie9
両眼の間隔以上に離れたステレオグラムペアを平行法で融合できるか? https://t.co/EDDevhijvZ
アニマシー知覚に関連してよく引き合いに出されるMichotteの直接的因果性、最近では錯視コンテスト常連の中村先生の論考 https://t.co/43JeMcKnr7 これ凄い。紀要はたまにこういうのが眠ってるから侮れない。ほんとすごい勉強になります。ありがとうございます。

24 0 0 0 OA 錯視と圏論

0655ひとこと錯視解説、今日はチェッカーシャード錯視でした。「錯視と圏論」でも触れています。 https://t.co/wHsWz2ywGe オリジナルはこちら。 https://t.co/DGPMGTack0 8歳の子供に色の恒常性と明るさの恒常性見せたら、色の方は錯視が起こらなかった。
植田先生の会長就任挨拶: 「認知科学研究の質を高めることに向けて」 https://t.co/Pp9B6HOlGv https://t.co/erMjMmXKtS
なお、内容は「圏論バンザイ」というわけではなく、具体的な批判も多く挙げられています。そのあたりは扉の論文を読んでもらえれば、雰囲気がわかると思います。 https://t.co/93wkONSJfE
圏論濫用反対派数学者の丸山さん「Category Theory of Consciousness」 https://t.co/p82K97uTif 最後に日高の「意識は圏とみなせるのか」 https://t.co/7oPCGbuXjY 豪華な誌上討論になりました。
圏論濫用反対派数学者の丸山さん「Category Theory of Consciousness」 https://t.co/p82K97uTif 最後に日高の「意識は圏とみなせるのか」 https://t.co/7oPCGbuXjY 豪華な誌上討論になりました。
高橋「錯視と圏論」https://t.co/v3IqfDzFxa こころの哲学の新川さん「意識を定義するとはどういうことか」 https://t.co/QeeemMwo4L ミクロより(?)神経科学の平さん「圏論による意識のモデル化と定義」https://t.co/dvtVUOs0OJ
高橋「錯視と圏論」https://t.co/v3IqfDzFxa こころの哲学の新川さん「意識を定義するとはどういうことか」 https://t.co/QeeemMwo4L ミクロより(?)神経科学の平さん「圏論による意識のモデル化と定義」https://t.co/dvtVUOs0OJ
高橋「錯視と圏論」https://t.co/v3IqfDzFxa こころの哲学の新川さん「意識を定義するとはどういうことか」 https://t.co/QeeemMwo4L ミクロより(?)神経科学の平さん「圏論による意識のモデル化と定義」https://t.co/dvtVUOs0OJ
扉が「誌上討論:圏論的アプローチで意識は理解できるか」 編集にあたって(JAIST日高) https://t.co/93wkONSJfE ターゲット論文の「圏論による意識の理解」https://t.co/yYiSlWIG37 土谷さんと西郷さん。各論で布山さんの「土谷・西郷「圏論による意識の理解」へのコメント」
扉が「誌上討論:圏論的アプローチで意識は理解できるか」 編集にあたって(JAIST日高) https://t.co/93wkONSJfE ターゲット論文の「圏論による意識の理解」https://t.co/yYiSlWIG37 土谷さんと西郷さん。各論で布山さんの「土谷・西郷「圏論による意識の理解」へのコメント」

24 0 0 0 OA 錯視と圏論

認知科学の最新号がオンライン公開されたみたいで、 https://t.co/qpHLfCArbQ 誌上討論の圏論の話が上がってます。「錯視と圏論」 https://t.co/PqgtlaGSeZ) 野島賞の受賞コメントも https://t.co/cHIAk4m9VD 。
認知科学の最新号がオンライン公開されたみたいで、 https://t.co/qpHLfCArbQ 誌上討論の圏論の話が上がってます。「錯視と圏論」 https://t.co/PqgtlaGSeZ) 野島賞の受賞コメントも https://t.co/cHIAk4m9VD 。
ちょっと調べ物をしていたら全然目的とは違うものだけどこういう論文を発見した。 小野 茂, 心理学における数学的モデル, 科学基礎論研究, 1960 年 5 巻 1 号 p. 40-45 https://t.co/mH0WomOILv https://t.co/GVZBBen6Qr
iPhone関連で #集合体恐怖症 がトレンドに入ってたので、ガチで気になる勢は天才心理学者、佐々木キョウシロウ先生によるレビュー(認知科学ホモクオリタス特集号)をぜひ読んでみてください https://t.co/dfN8whxjvF トライポフォビア―過去から未来へ―
こういうの見かけるとついオリジナル調べてしまうんだけど、今回はこれっぽい。 https://t.co/suKlC3Y7yU これはなあ・・・。 https://t.co/jOYFYHvu3x https://t.co/lkDtLqQckw
p値の扱いは難しいけど、これには目を通しておくべきだと思う。 https://t.co/lVyPZmpjxY "科学的知識を深める研究はいくつ もの段階からなっており,統計的検定は,その中の一つに適用される方法にすぎない."
RT @kizm_naoya: J-STAGE Articles - 「クロスモーダル/マルチモーダル2」特集号刊行にあたって https://t.co/u8q038nf9j 編集委員をやった論文誌特集号がでました!みんな読んでね!
RT @tmrjn: 「質的研究とは何か」が学術的に位置付けられている論文。特に、人文系ではなく理科学系の研究者がまとめているところが意義深い。 https://t.co/0XPuuet4K0
@takkawabe ロバストかどうかは微妙ですが、類似のものがいくつかあります。 https://t.co/9lAw8fnfMF このイントロの中盤ぐらいにまとまってれびゅーされてます。
RT @asarin: 前世紀から心理学やってて出演の二人の現所属を知ってる人ならわかると思うけど,TODAってのは戸田正直先生だから.https://t.co/QnnPlIOade
日本モンキーセンターの再生 https://t.co/7fxJH5v2tR 読んだ。状況はなんとなくわかった。自分にできることがなにかあるのか考えてみよう。
受賞抄録 https://t.co/NEtpQzkndz がまだアクセスできなかったのでインタラクション2015のやつ(PDF) https://t.co/UoSYiFdSW3 見たけど、脳波IF部分の記述はそもそもよくわからなかった。 https://t.co/sYZYVHOWbn
「昆虫と自然」なる専門誌の存在を知った。 1966年創刊。ちーにぃにもある。 https://t.co/h4Yscd5O0r 北隆館/ニュー・サイエンス社 https://t.co/FYkWo3NZBo
すごい面白いなこれ。曜日別に出生数に偏りがある、90年代まで閏日と4月1日生まれが異常に少ない、等々。 日別出生数からみた社会的要因による出生日選好傾向の現状 https://t.co/sB3wpGSvg4
「火星居住のための昆虫を考慮した宇宙食の構想」 Biological Sciences in Space 2006 (PDF) https://t.co/gaio9KPBCX 未来を具体的に見据えた研究。JAXAってこういうこともやってるんだ。
たまった水に吸水性ポリマーはどうなんだろうと思ったら、結構そういう提案がされていた。実際どうなるんだろう。ちょっと前に藻ですげー吸水するやつが発見されてた気がするんだけど、これかな http://t.co/WYgmJ3l まだ開発段階か。藻は心情的に無理か。

お気に入り一覧(最新100件)

実験の事前登録(プレレジ)については、下の解説論文を参照。OSFのインターフェースを用いて作成 長谷川 龍樹, 多田 奏恵, 米満 文哉, 池田 鮎美, 山田 祐樹, 高橋 康介, & 近藤 洋史. 実証的研究の事前登録の現状と実践. 心理学研究 92, 188–196 (2021). https://t.co/m2oupszSRt
シンクロする人々(以下略) @syunta525 個体間同期に関する日本語レビュー論文。良かったです。みんながこのくらいちゃんと考えて研究してくれれば(以下略) https://t.co/lzAEaarN1D
This paper, published in a Japanese local journal (but written in English!), attempted to develop a scale with Madagascar farmers. It nicely demonstrates weiredness of Likert scale for non-WEIRD ppl. Likert assume lots of things for responders. https://t.co/LQgFKRpC7h
早期公開されていた傾向スコアのチュートリアル論文、校正を経て綺麗な完全体になって公開された模様
日本の大学生が動物の知能をどう考えているかについて調べた1992年の研究。Figure1に知覚された「知能」が順番に表示されていて面白い。/ 動物の「知能 」に対する一般学生の評定 https://t.co/eXXJCjWq0A
日本視覚学会のVisionに「色のふしぎと不思議な社会 2020年代の色覚原論」の書評が掲載。評してくださったのは視覚研究者の四本裕子さん(東京大学大学院総合文化研究科) @yukoyy です。ありがとうございます! アカデミックなところからの評価ありがたい限りです。https://t.co/h0T4edEnAQ https://t.co/iSiz33ieWD
とても勉強になった。自分も徹底的行動主義かも CiNii 論文 -  徹底的行動主義について (特集 坂上貴之教授 退職記念号) https://t.co/scvfa41WAY #CiNii
ベイズ流決定理論を用いる臨床試験:効用とサンプルサイズ設計.坂巻 顕太郎, 兼清 道雄, 大和田 章一, 松浦 健太郎, 柿爪 智行, 高橋 文博, 高沢 翔, 萩原 駿祐, 森田 智視.計量生物学. https://t.co/MiC5YQWaQU
『社会心理学研究』書評 高田明(著)『相互行為の人類学:「心」と「文化」が出会う場所』(評者・増田貴彦)https://t.co/80Qo17gl1T ★書誌情報https://t.co/LWFLk1vjAd
『基礎心理学研究』解説論文「心理学研究法としてのウェブ調査」が早期公開されました. https://t.co/KXxZ43kN5C 調査(特にウェブ調査)について「研究法として着手したことがほとんどない」方向けに特徴・利点・問題点を解説しました.
今年スタートした科研費基盤A「意識変容の現象学──哲学・数学・神経科学・ロボティクスによる学際的アプローチ」 https://t.co/vfrFAvJhbF こちらも結構圏論が大活躍しつつある。まずは現象学的時間意識を圏論を使って再定式化する試みで先週は盛り上がった。
年始の注意喚起として再掲します。 フィールドは楽しいものですが、危険もあります。特に生き物屋は目的に集中するあまり危ない目に遭いがちなので、野外へ出る方はぜひご一読を。特に若い方々。 フィールド調査における安全管理マニュアル https://t.co/fOQYIFozn5 pdfで読めます。 https://t.co/9R4t1Bx7CK
この座談会、おもしろい。「感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究」 https://t.co/VukEEcVqbT 「ルドゥ博士なんてもろに影響を受けていますね。彼は,素朴な人だと思います。これまで,感情とは何 かについて本質的なことを考えたことはあまりな かったのかもしれません。…
うぉぉ、これは良い | 量子論と代数 思考と表現の進化論 | ⁦@tani6s⁩ | cc ⁦@rmaruy⁩ https://t.co/wdAbDgiH6a
J-STAGEに公開された!共著論文です。>J-STAGE Articles - 自由選択課題におけるポストディクションの再検討 https://t.co/fZoD5De227
J-STAGE Articles - 福島宏器 内受容感覚と感情の複雑な関係 心理学評論(特集:感情と身体) https://t.co/wf2uY2rj4U
J-STAGE Articles - 寺澤 悠理, 梅田 聡 内受容感覚と感情をつなぐ心理・神経メカニズム 心理学評論(特集:感情と身体) https://t.co/FGv8RCDSHD
5年くらい前に利き手の尺度を翻訳したんですよ。日本語でキチンと論文化されてる利き手尺度はこれだけです。だから「これは引用されるぞ、ふっふっふ」とか思ってたのに、まるで引用されません。一切断らないでも良いのでガンガン使ってください。プリーズ。https://t.co/YuYm2YJu2R
Nicholas Guttenberg @nguttenの日本語インタヴュー記事を発見。普段は早口でいろんな学問分野のアイデアを縦横無尽に話しまくるニコラスの話をゆっくり日本語で読むという状況がとても新鮮で面白い。いろんな人にニコラスみたいな人がいるってことを知ってほしい。 https://t.co/PqGZerQL2V
ボウルス+ギンタス『協力する種 制度と心の共進化』 書誌情報:https://t.co/CVKdfL8Z2h リレー書評:https://t.co/nShlzB9NZn
精密工学会誌 VR/AR/MRの産業分野への応用展開 星 貴之, 檜山 敦, 稲見 昌彦 https://t.co/WJ9AEWMhzI
道田泰司(2012). 中学生に対する心理学教育の試み : 錯視を題材として 琉球大学教育学部紀要, 80, 169-181. http://t.co/3PNRDg2nCO

フォロー(433ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】鷹阪・山田(2019) 「公募型Web調査におけるTIPI-Jの利用可能性の検討」 https://t.co/XdkegeJvEQ
【社会心理学研究・掲載論文】鷹阪・山田(2019) 「公募型Web調査におけるTIPI-Jの利用可能性の検討」 https://t.co/XdkegeJvEQ
RT @hiraiyasushi1: 藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
<論文の紹介(bot)> 実験心理学でおなじみの課題を題材とした,ベイズ統計モデリングの解説論文です(分析スクリプト付き)。>実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門─RとStanによるチュートリアル─(2021年・OA・和文)https://t.co/Un2BlULT7N
@winecology 「別種」って軽々しく言っていいんですか、そもそも「種」って何ですかという疑問は深く共有しますが、自然状態でも雑種が生じている動物の個体群はいろいろあります。マントヒヒとアヌビスヒヒとゲラダヒヒとか。 https://t.co/IPIjBiGicT
RT @ceptree: ちなみに > 過去20年間のノーベル物理学賞受賞者のh-indexを 算出したところレンジは22〜79となり,平均値は 41,メジアンは35であった(5 研究活動に対する客観的かつ定量的な評価指標 https://t.co/LMFzdnbETp
RT @oshio_at: 何かに使えそう → J-STAGE Articles - 対人的好奇心尺度の開発 https://t.co/GAklmbgxzX
早期公開されました ↓ J-STAGE Articles - パーソナリティ特性語の望ましさの時代変化 https://t.co/pusfe7wamn
何かに使えそう → J-STAGE Articles - 対人的好奇心尺度の開発 https://t.co/GAklmbgxzX
面白い → J-STAGE Articles - 名前の好みは潜在自尊心の指標となりうるか? https://t.co/tFmBSmmE5c
@marxindo @myamadakg 私は普通に自然実験と呼びましたが従属変数を調査で取得したので倫理審査は通しました. https://t.co/WF26kMuHfp

3 3 3 0 OA ASCONE2009体験記

RT @shuxnys: 私もASCONE childrenです! 2回参加させていただきましたが、いずれの会も、とても強い刺激を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 https://t.co/aoEztPh0M6
個人的にはASDの社会的カモフラージュ行動というのが面白かった.短期的には普通のように振る舞ってやり過ごせそうだけど,長期的にはメンタルヘルスを悪化させる,というのが深いなと思った https://t.co/WNpk0JbCyi
[蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoWzWHLgjP | pdf https://t.co/yS5wtzxXWn [open access].
[蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoWzWHLgjP | pdf https://t.co/yS5wtzxXWn [open access].
社交不安症における心的視点尺度の開発 https://t.co/eKMeRoRsEF
面白そう!! 名前の好みは潜在自尊心の指標となりうるか? https://t.co/zIEFJ5oFEU
RT @HalfGoldfish: 自分の名前を好きかどうか尋ねる方法で自尊心を測定する方法は、日本では適切ではないかもという研究。心理学研究の早期公開。 https://t.co/VDfhvsuWkJ
RT @kenken_kaneko: @TakaMuto_Kyoto 体罰声明はこちらです、ご参考まで。 https://t.co/GcXRySpBmp
RT @asarin: 田渕恵(画伯)の最新論文刊行 若年・中年・高齢期の母娘における制御焦点の類似性 心理学研究 https://t.co/142qKGlPAF
田渕恵(画伯)の最新論文刊行 若年・中年・高齢期の母娘における制御焦点の類似性 心理学研究 https://t.co/142qKGlPAF
【社会心理学研究・掲載論文】中越・稲増(2019) 「メディアフレームと情報の立場性が生活保護の責任帰属に及ぼす影響:「責任がある」のは政府か受給者か」 https://t.co/7BcOqgl06h
依存症の低減をロボットで行う科研費プロジェクトに加えて頂いているのだけど(明日からの学会もそのメンバーでシンポをする)、依存症の低減は自分の興味の根っことつながっている気がしていて面白い アバターと自律エージェントによる行動嗜癖の治療とその神経基盤の解明 https://t.co/RqkMQX7tfX https://t.co/sLZWT7mKGa
【社会心理学研究・掲載論文】渡邊・城間(2019) 「NHK連続テレビ小説に表れる男性役割:時代的な変遷、登場人物の年代、女性主人公との関係性による差異」 https://t.co/Oc6P015IVV
RT @MK_cogn: 電子版も公開されています。どうぞよろしくお願いします。 J-STAGE Articles - エピソード科学:記憶研究の新たな視点 https://t.co/mzEKstSZ2q
RT @MK_cogn: 電子版も公開されています。どうぞよろしくお願いします。 J-STAGE Articles - エピソード科学:記憶研究の新たな視点 https://t.co/mzEKstSZ2q
RT @HeathRossie: 迫力があった。「わが国心理学界への行動主義の受容 ――今田恵と関西学院大学心理学研究室を中心に――」 https://t.co/noqzdovRDN
RT @jabcttest22: 【掲載論文】大島 郁葉, 成人期の高機能自閉スペクトラム症者に対するスキーマ療法—ASDの自己理解、トラウマへの対処、自閉特性に対する機能的な対処方略の構築までを行った一事例—, 認知行動療法研究, 2019, 45 巻, 3 号, p. 15…
RT @HeathRossie: 迫力があった。「わが国心理学界への行動主義の受容 ――今田恵と関西学院大学心理学研究室を中心に――」 https://t.co/noqzdovRDN

フォロワー(1631ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】鷹阪・山田(2019) 「公募型Web調査におけるTIPI-Jの利用可能性の検討」 https://t.co/XdkegeJvEQ
RT @hiraiyasushi1: 藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
RT @hiraiyasushi1: 藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
<論文の紹介(bot)> 実験心理学でおなじみの課題を題材とした,ベイズ統計モデリングの解説論文です(分析スクリプト付き)。>実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門─RとStanによるチュートリアル─(2021年・OA・和文)https://t.co/Un2BlULT7N
藤田尚志「講義の時間——ベルクソンのコレージュ・ド・フランス講義録を読む」 無料で読めます。 https://t.co/y2vX7EQrrz
RT @sugargroove: CiNiiのリンク切れてました。下のリンクで読めます。 教えてくださった方、ありがとうございます。 https://t.co/esGpdVfDXZ
RT @oshio_at: 何かに使えそう → J-STAGE Articles - 対人的好奇心尺度の開発 https://t.co/GAklmbgxzX
早期公開されました ↓ J-STAGE Articles - パーソナリティ特性語の望ましさの時代変化 https://t.co/pusfe7wamn
何かに使えそう → J-STAGE Articles - 対人的好奇心尺度の開発 https://t.co/GAklmbgxzX
面白い → J-STAGE Articles - 名前の好みは潜在自尊心の指標となりうるか? https://t.co/tFmBSmmE5c
@marxindo @myamadakg 私は普通に自然実験と呼びましたが従属変数を調査で取得したので倫理審査は通しました. https://t.co/WF26kMuHfp
RT @monogragh: 篠原舟吾・小林悠太・白取耕一郎「行政学における方法論の厳密化と多元的共存」(『年報行政研究』56巻、2021年) https://t.co/qrV67JI25c これは……
@Take4_Fuchiga3 高草木先生のハイブリッドモデル 総説 大脳基底核による運動の制御 https://t.co/iLgY6HOwa3 #JSNPT2022
@Take4_Fuchiga3 熊本先生の多関節筋制御の解説論文 二関節筋と運動制御 熊本 水頼 https://t.co/96m0IDF9g8 #JSNPT2022
RT @mukose3: @ttn8kss2ec 当時の原子力安全委員会、住田健二さんほか原子力工学会の報告です。 当初、臨界事故で熱が発生し、溶液が飛散して臨界は終了したと思われていたが、中性子線などが継続して検出され、収束作業の決死隊が組織された。 救急隊や役場職員など、日…

3 3 3 0 OA ASCONE2009体験記

RT @shuxnys: 私もASCONE childrenです! 2回参加させていただきましたが、いずれの会も、とても強い刺激を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 https://t.co/aoEztPh0M6

3 3 3 0 OA ASCONE2009体験記

RT @shuxnys: 私もASCONE childrenです! 2回参加させていただきましたが、いずれの会も、とても強い刺激を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 https://t.co/aoEztPh0M6
RT @takehikohayashi: 良記事。_Morgan and Winship (2014)を踏まえた_社会学における量的分析の議論に関心がある方には強くオススメ J-STAGE Articles - 教育社会学における因果推論 https://t.co/1GxbC…
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
RT @leeswijzer: [蒐書日誌]日本応用数理学会の和文誌総説記事がオープンアクセスになりました —— 三中信宏 2022. 統計学と哲学:データ解析の行間を読む.応用数理, 32(2): 80-86(2022.6) abstract https://t.co/uoW…
個人的にはASDの社会的カモフラージュ行動というのが面白かった.短期的には普通のように振る舞ってやり過ごせそうだけど,長期的にはメンタルヘルスを悪化させる,というのが深いなと思った https://t.co/WNpk0JbCyi
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @TsukubaNiwaLab: 今参加しているオンライン研究会にて、はじめて得た知識。なんと、酒を主食にする民族があるとは。常識的知識だったのならお恥ずかしい。 J-STAGE Articles - エチオピア南部デラシェ社会における主食としての醸造酒パルショータ h…
社交不安症における心的視点尺度の開発 https://t.co/eKMeRoRsEF
RT @Yusuke196: 事後ツイートですが、昨日のNL研で発表しました 論文(制限あり): https://t.co/SukRso02DG スライド: https://t.co/O3hOD4ytyh 仕上がり切った研究でなくても全国から集まった豪華な先生方に見てもら…
RT @HalfGoldfish: 自分の名前を好きかどうか尋ねる方法で自尊心を測定する方法は、日本では適切ではないかもという研究。心理学研究の早期公開。 https://t.co/VDfhvsuWkJ
RT @HalfGoldfish: 自分の名前を好きかどうか尋ねる方法で自尊心を測定する方法は、日本では適切ではないかもという研究。心理学研究の早期公開。 https://t.co/VDfhvsuWkJ
面白そう!! 名前の好みは潜在自尊心の指標となりうるか? https://t.co/zIEFJ5oFEU
RT @HalfGoldfish: 自分の名前を好きかどうか尋ねる方法で自尊心を測定する方法は、日本では適切ではないかもという研究。心理学研究の早期公開。 https://t.co/VDfhvsuWkJ
RT @takehikohayashi: 良記事。_Morgan and Winship (2014)を踏まえた_社会学における量的分析の議論に関心がある方には強くオススメ J-STAGE Articles - 教育社会学における因果推論 https://t.co/1GxbC…
良記事。_Morgan and Winship (2014)を踏まえた_社会学における量的分析の議論に関心がある方には強くオススメ J-STAGE Articles - 教育社会学における因果推論 https://t.co/1GxbC5aBa2
RT @kenken_kaneko: @TakaMuto_Kyoto 体罰声明はこちらです、ご参考まで。 https://t.co/GcXRySpBmp
自分の名前を好きかどうか尋ねる方法で自尊心を測定する方法は、日本では適切ではないかもという研究。心理学研究の早期公開。 https://t.co/VDfhvsuWkJ
RT @asarin: 田渕恵(画伯)の最新論文刊行 若年・中年・高齢期の母娘における制御焦点の類似性 心理学研究 https://t.co/142qKGlPAF
田渕恵(画伯)の最新論文刊行 若年・中年・高齢期の母娘における制御焦点の類似性 心理学研究 https://t.co/142qKGlPAF
RT @shirakawa_love: 面白い。こうして並べてみるとやはりページ数がそれなりにある教科書のほうがしっかり書いてある。井堀マクロ、福田&照山は陳腐化に触れていれば完璧だった。 マクロ経済学の入門書における「固定資本減耗」の説明のあり方を考える https://t…
RT @skato_jcm: 微生物生態学会の和文誌に、「ナノアーキア研究の現状と展望」というタイトルの記事を寄稿いたしました。オープンアクセスです。 https://t.co/18gwnQ3rxF
依存症の低減をロボットで行う科研費プロジェクトに加えて頂いているのだけど(明日からの学会もそのメンバーでシンポをする)、依存症の低減は自分の興味の根っことつながっている気がしていて面白い アバターと自律エージェントによる行動嗜癖の治療とその神経基盤の解明 https://t.co/RqkMQX7tfX https://t.co/sLZWT7mKGa
RT @Atsumi_Research: 日心大会にて公募シンポジウム 『進化・発達からみた感覚の多様性』が公開されております。 渥美が企画・司会を務め、早川卓志先生、平松千尋先生、生形咲奈先生にも話題提供を頂きました。 明和政子先生、井手正和先生には指定討論を頂いております。…

18 6 6 0 OA 新漫画の描き方

RT @nue213: 岡本一平は『新漫画の描き方』(1928)で「連續漫畫は説明文を附けずに畫中の人物の口から細線の輪圖を吐かせその中に極く簡潔要領を得た臺詞を片仮名で入れて筋を運ばせる。」と書いてるから、このころはまだ一般的では無かったっぽい? https://t.co/5…
RT @sawaru126: こちらの資料にADHDと読み書きの問題の併存について、詳しくまとまっています。(私の今までの臨床実感とも合います) −ADHD併存の限局性学習症− https://t.co/KbsDamronH 少し専門家向けですが、是非、読んでみてください。
RT @MK_cogn: 電子版も公開されています。どうぞよろしくお願いします。 J-STAGE Articles - エピソード科学:記憶研究の新たな視点 https://t.co/mzEKstSZ2q
RT @MK_cogn: 電子版も公開されています。どうぞよろしくお願いします。 J-STAGE Articles - エピソード科学:記憶研究の新たな視点 https://t.co/mzEKstSZ2q
RT @HeathRossie: 迫力があった。「わが国心理学界への行動主義の受容 ――今田恵と関西学院大学心理学研究室を中心に――」 https://t.co/noqzdovRDN
マッチングアプリという,わたしの時代になかったものを使いこなす若い人の実態を少しでも知ろうとしています https://t.co/hiChGUXrNE
「軸外し4枚鏡光学系」…反射望遠鏡の光学系のことなんですね。 すごいです→ "先進光学衛星に搭載される光学センサ(広域・高分 解能センサ)は,(中略) 広い観測幅(70km)を維 持しつつ,さらに高い地上分解能(0.8m)を実現する。" https://t.co/CREpyVm1wn https://t.co/xXV7hFStFW
RT @HeathRossie: 迫力があった。「わが国心理学界への行動主義の受容 ――今田恵と関西学院大学心理学研究室を中心に――」 https://t.co/noqzdovRDN
RT @jabcttest22: 【掲載論文】大島 郁葉, 成人期の高機能自閉スペクトラム症者に対するスキーマ療法—ASDの自己理解、トラウマへの対処、自閉特性に対する機能的な対処方略の構築までを行った一事例—, 認知行動療法研究, 2019, 45 巻, 3 号, p. 15…
強すぎるJSAI論文を見つけた…ZDDの湊先生と項目反応理論の植野先生が共著に入ってる… https://t.co/eo8hZ2oqHp
RT @doctorK1991: このアンケート結果、ご存知でしょうか? まつ毛エクステ経験者の 26.8% が何らかの健康トラブルを生じていて、22.9% の方が接着剤による目の充血や痛みで困っていました。 まつ毛エクステ後に目の充血や痛みがあれば眼科を受診ください。ht…
RT @HeathRossie: 迫力があった。「わが国心理学界への行動主義の受容 ――今田恵と関西学院大学心理学研究室を中心に――」 https://t.co/noqzdovRDN