Triad sou. (@triadsou)

投稿一覧(最新100件)

イベント予測モデルの評価指標.篠崎 智大, 横田 勲, 大庭 幸治, 上妻 佳代子, 坂巻 顕太郎.計量生物学. https://t.co/ffeZLLvm4I
ベイズ流決定理論を用いる臨床試験:効用とサンプルサイズ設計.坂巻 顕太郎, 兼清 道雄, 大和田 章一, 松浦 健太郎, 柿爪 智行, 高橋 文博, 高沢 翔, 萩原 駿祐, 森田 智視.計量生物学. https://t.co/MiC5YQWaQU
臨床試験におけるランダム化の意義と限界.手良向 聡.計量生物学. https://t.co/OBg1p041V8
Reproducibility of statistical test results based on p-value. Takashi Yanagawa. Japanese Journal of Biometrics. https://t.co/EyzgodLFHr
反事実モデルに基づく直接効果と間接効果の推定. 矢田真城, 魚住龍史, 田栗正隆. 計量生物学. https://t.co/7uKLWuiJJ2
医学のための因果推論の基礎概念. 田中司朗. 計量生物学. https://t.co/wcitaKdwhn
Cochran WG. Some Methods for Strengthening the Common χ2 Tests. Biometrics 1954. https://t.co/HuMnZogU4O 岩崎学. mid-P value:その考え方と特性. 応用統計学 1993 . https://t.co/ceaxylsbYg
マスタープロトコルに基づくがん臨床試験.平川晃弘,浅野淳一,佐藤宏征,手良向聡.計量生物学. https://t.co/r7v0yUtNdj
これもまとまっていて参考になります。 生存時間解析における競合リスクモデル.西川正子.計量生物学 2008. https://t.co/8IPca1iP95
J-STAGE Articles - 構造的因果モデルについて https://t.co/TugprIgXIA
J-STAGE Articles - <i>p</i>値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである https://t.co/6VdS6SarBa
これ。 応用数理の遊歩道(26) : 情報幾何の生い立ち https://t.co/paAHXoMAFi
正確であっても小標本下での特性が良いかどうかは別問題だけど・・・ Cox DR,竹内啓.条件付推測について. https://t.co/Bohexg6rtw
@dichika 私もあまり詳しくはないですが、日本語の文献はそう見かけないです... ちょっと検索してみましたが、このレビューは良かったですよhttps://t.co/BfdUlZYTj8

お気に入り一覧(最新100件)

制御理論における数学 第8回: 微分幾何-接続- https://t.co/d8HVZryRgX
AICの赤池先生の誕生日か.赤池先生の講演を拝聴したのは1回だけ.2000年春の数学会@早稲田大学.「統計的思考と統計モデルの利用」というタイトルだが,ゴルフスイングの話をしていた記憶しかない.予稿集が公開されていて,後半がゴルフ.前半を覚えていないよ. https://t.co/dqlGDOUJh5
Our new pedagogic paper with a fresh numerical example for longitudinal causal inference is published as a part of “Pitfalls and Tips” series in Journal of Epidemiology Understanding marginal structural models for time-varying exposures: pitfalls and tips https://t.co/UNX3L7l5VP
FYI / 大学で学ぶ数学は実社会で必要か ー測度論的確率論を例にとってー https://t.co/eU8Ab60pym
1st piece of new methodological review series in Journal of Epidemiology. Rather than providing introductory tutorial for causal DAGs, we reviewed technical difficulties often overlooked when learning them. Suzuki et al. Causal diagrams: pitfalls and tips https://t.co/RRcyD2Yd5A
鈴木大慈先生 @btreetaiji によるガウス過程回帰の汎化誤差解析の解説.ガウス過程の性質はそれに対応する再生核ヒルベルト空間(RKHS)の構造が定めることを紹介.RKHSの複雑さ(単位球の「被覆数」で測る)がガウス過程回帰の汎化誤差を決定する.『システム制御情報学会誌』 https://t.co/GJ41kS87au https://t.co/7KtIAS3K58
ブラックホールがスパースモデリングによって見えるようになった原理が書かれている。非常にわかりやすい。(池田思朗, 本間希樹, 植村誠、スパースモデリングと天文学、応用数理、25、15-19、2015) https://t.co/atcY7QxRSc
グローバルアイ〔第41 回〕「短い勤務時間で優れた研究成果を数多く出すには」 https://t.co/OMi1jj0KHx
「AI 分野のディープラーニングにおける難題「次元の呪い」を克服する新技術を開発」https://t.co/KhrODiVwaD これ,投稿先がおかしい,投稿先の評価がおかしい,https://t.co/cHSAXfuSVR 等の文章がおかしい.https://t.co/nm3PwupDPZ ,でアウトと判断するべきでは……
#統計 「頻度主義 vs. ベイズ主義」という対立図式でベイズ統計に関する講義をしてしまった人が、赤池さんの論説を読んだら、顔が真っ青になるんじゃないかと思いました。 https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度
数学的にきちんとしたモデル選択の話としては 柴田里程氏の昔のこれ https://t.co/n4QYJLwkHl がよくまとまっているのでは(個人的には数学的にきちんとしていることに特に興味はないけど)特異モデルとかは出てこないけど,それはいいでしょう.

フォロー(1231ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @takuizum: 項目反応理論の連続型モデルの改良と推定方法に関する論文のオンライン版が公開されました。 実装はJulia言語でやってます。 https://t.co/e4QtShLERW
1995年の日本数学会によるアンケート調査 https://t.co/z4jOyAk7YM
AIC (an information criterion(笑))については赤池さん本人により解説が名調子でわかり易いです。数学抜きで理解不可能な話になっていることにも注意。 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 赤池弘次 1980 これを読めば対数尤度の概念の統計力学的な位置付けもわかります。 https://t.co/HsIWElgiwL https://t.co/DCyW9m6O1M
RT @asas_mimi: うーん、7章だけ読みたい気分、、、高いなー、でも、朝倉書店は信頼できるからいいのかなー、 コロナじゃなかったら図書館行ってから判断できたのに、、、。 > 「投資戦略の数理モデル: リアルオプションの基礎と理論」 (確率工学シリーズ) https…
@UUsY3RhCFhworHT @mask_passenger 同じところにたどりついた人を見つけてしまった。。。 https://t.co/Byno3JsL5L
@j8x2c9fW5cficYj 僕もバングラデシュの避難民キャンプに支援に行った事がありまして、まさに同じ事を感じました。 https://t.co/OOmak3h73f
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害被害放置の諸要因――イタイイタイ病発見の遅れと現在に続く被害―― https://t.co/GuXiC6cbkT #CiNii 御用学者の台頭は本邦の場合、公害被害の極小化による財政負担低減が主目的か利益相反だったが…
RT @hiroco2003: 縄文海進 「約19000年前以降に氷床が急激に融解した原因は、太陽と地球との天文学的な位置関係によって、 北半球高緯度地域にもたらされる夏期の日射量が次第に増大したためと考えられています。」   https://t.co/kP97yOOkz5…
@SaltyDog_wow https://t.co/QQLx7Hz8Ye こちらになります
RT @Benzene53917133: 今日付けで活動報告がJ-STAGEに早期公開されていたよ…!わあ学会誌に載っていそうな感じになっている!(当たり前) 感動~~めでたい~~

フォロワー(791ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @takuizum: 項目反応理論の連続型モデルの改良と推定方法に関する論文のオンライン版が公開されました。 実装はJulia言語でやってます。 https://t.co/e4QtShLERW
RT @asas_mimi: うーん、7章だけ読みたい気分、、、高いなー、でも、朝倉書店は信頼できるからいいのかなー、 コロナじゃなかったら図書館行ってから判断できたのに、、、。 > 「投資戦略の数理モデル: リアルオプションの基礎と理論」 (確率工学シリーズ) https…
@j8x2c9fW5cficYj 僕もバングラデシュの避難民キャンプに支援に行った事がありまして、まさに同じ事を感じました。 https://t.co/OOmak3h73f
RT @pooneil: さらに調べてみたら、乾先生の「光覚の生理学的基礎」 (1981)というのを見つけた。今日はここまで。 https://t.co/khqxJhxasI
@SaltyDog_wow https://t.co/QQLx7Hz8Ye こちらになります
RT @Benzene53917133: 今日付けで活動報告がJ-STAGEに早期公開されていたよ…!わあ学会誌に載っていそうな感じになっている!(当たり前) 感動~~めでたい~~