子猫侍@ワルフラーン1世 (@kuronekosamura1)

投稿一覧(最新100件)

RT @shunsukekosaka: 機関リポジトリよりダウンロード可能。CiNii 論文 -  ギリシア世界における権力者崇拝(1)ブラシダス,リュサンドロス,フィリポス2世 https://t.co/FxVnHmWByD #CiNii
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  リベラルアーツ教育の基礎としての作文教育 : 古代ギリシア・ローマ時代の「プロギュムナスマタ」について https://t.co/JHhJFoXCdh #CiNii
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ローマ期ティレニア海沿岸の港湾インフラの発達と海上輸送費の低下 https://t.co/Ep7MBaaPKB #CiNii
RT @khargush1969: 保坂修司(2019)「ジハード主義と十字軍・モンゴル軍」『Global Risk Research Report』23: 1-2. https://t.co/JXTpbLwL7t イラク戦争後のジハード主義者による,モンゴル侵攻のアナロジーを…
RT @HarutaSeiro: 渡辺和子先生の「『ギルガメシュ叙事詩』の新文書―フンババの森と人間」『死生学年報2016 生と死に寄り添う』リトン、東洋英和のリポジトリにあるんだ(印刷直前の校正稿のよう)。これは必読。 https://t.co/V4ZWLGtfZE
後はやっぱりこれw 『シャルルマーニュの食卓にて : カロリング期ヨーロッパにおける飲食』 https://t.co/Un2Q5TnHh6
『史苑』最新号がリポジトリに。まずはこれを読むか。 「天文学から見たユーラシアの一三世紀―一四世紀 : 文化の軸としてのナスィール・アッディーン・トゥースィー」 https://t.co/3MQEcCpL1W
これは読んでみたくなるな。 https://t.co/KSfRhn8IMU
RT @shunsukekosaka: キケロの弁論術理解を共和政ローマの政治史的背景に絡めて理解しようとする論考。続編ではサッルスティウスらラテン語歴史叙述が扱われる。CiNii 論文 -  レトリックと共和政(1) https://t.co/9ylPLYsipy #CiNii
RT @nyaoex: CiNii 論文 -  クレオパトラの表象 ― その死のパブリック・イメージ ― https://t.co/RqrFmoQB39 #CiNii CiNii に載るの早かったな!?
RT @khargush1969: 居阪僚子・村田光司・仲田公輔訳(2017)「コンスタンティノス7世ポルフュロゲネトス『帝国統治論』第9章 : 研究動向と訳註」『史苑』77(2): 228-199. https://t.co/lKUPZcHr7w コンスタンティノス 7 世(…
RT @khargush1969: →リポジトリ公開になってた! 柳谷あゆみ(2017)「イブン・アルアスィール著『アターベク王朝モスルの諸王の歴史』写本(仏国立図書館蔵ARABE1898 旧番号ARAB. 818)再考」『東洋学報』99(1):91-118. https://…
RT @odg1967: 浜林正夫「なぜ歴史を学ぶのか:一橋歴史学の方法的反省」 https://t.co/FEo0YQciNZ 上原専禄「歴史の研究法について」 https://t.co/mY0UlBcJ1J
RT @kasamashoinRS: 池田節子 -  「紫式部日記」における容姿描写 : 「源氏物語」と比較して https://t.co/rBAW90woGV

1362 0 0 0 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
RT @shunsukekosaka: こちら、日本での古代末期ローマ史研究では大変貴重かつ重要な訳業です。なお原著に対する研究者の書評は無料で読めます(https://t.co/K5xLkba2aS)手前味噌ですが私も学術誌に紹介文を掲載していただいたことがあります(http…
RT @shunsukekosaka: こちら、日本での古代末期ローマ史研究では大変貴重かつ重要な訳業です。なお原著に対する研究者の書評は無料で読めます(https://t.co/K5xLkba2aS)手前味噌ですが私も学術誌に紹介文を掲載していただいたことがあります(http…
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ビザンツ文学余滴 : プセロス「まだ幼い孫のために」 https://t.co/QV5vjwLhRe #CiNii
RT @tkmasher: CiNii 論文 -  書評 佐原徹哉『中東民族問題の起源 : オスマン帝国とアルメニア人』 https://t.co/OOD7VJbBDI #CiNii
コンスタンティノス7世ポルフュロゲネトス『帝国統治論』第9章 : 研究動向と訳註。立教大学学術リポジトリにアップされました。 https://t.co/4EqGtafNwl
@shunju_mei そう言えば先日PDFがUPされたオリエント誌のバックナンバーに、オスマン朝初期の宰相の小論がありますね。 https://t.co/05ssezEAu5
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…

14 0 0 0 OA 論語讖について

RT @kawai_kanyu: トンデモ論語は歴史が古いよ   「論語讖について」中村璋八 https://t.co/SgHfLQHVUx
などと柳谷先生の論考を読んで思った。 東洋史研究 75(2) 柳谷あゆみ「ザンギー朝ヌール・アッディーン政権における有力アミールの配置と移動」 https://t.co/SHakl9ft2k
RT @trinh_JP: 「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
RT @morita11: "CiNii 論文 -  キョンを形作るもの : 『涼宮ハルヒの憂鬱』を中心に" https://t.co/oDldR7w1Y2 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「刑事ドラマ」に表れる義務(dharma)の遂行の一考察 : ドラマ『相棒』と『踊る大捜査線』を事例として" https://t.co/KkVzVdR3No ※本文リンクあり
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ディオン・クリュソストモス『トロイア陥落せず』 : 弁論術から歴史フィクションへ https://t.co/crj7A4kgHH #CiNii
RT @201yos1: 我が国のトマス研究を半世紀にわたって牽引し、『神学大全』邦訳の四割以上を担当した稲垣良典先生が、邦訳の完成を機に執筆した『神学大全』についてのエッセイがウェブ上で読めます。「護教論的なスコラ学の集大成」という偏見から解放してくれます。https://t…
RT @khargush1969: ビザンツ史家アクロポリテス(1217-1282)『Annals』の英訳(trans. Macrides, R., 2007) http://t.co/XOrd4B97M0 1203-1261年(第4回十字軍コンスタンティノープル征服~ミカエル…
RT @khargush1969: ビザンツ史家グレゴラスNicephorus Gregoras『ローマ史Romaike Historia』全37巻(1204ー1359年)独語訳(von van Dieten,J. L. , 6 vols., 1973-1994) http:/…
RT @khargush1969: 稲葉隆政訳注解(1987)「毒物とテリアカに関するシャーナークの書(一)」『史学』56(4), 539-550. http://t.co/gkKCPl1CSf インドの言語から翻訳されバルマク家ヤフヤーに献呈された毒物学の書。シャーナーク=チ…
RT @khargush1969: 後藤明(1988)「Patricia CRONE, Meccan Trade and the Rise of Islam」『オリエント』31(1), 206-211 https://t.co/V93pNEuidi ハディースの信憑性を否定する…
RT @khargush1969: 櫻井康人(2015)「十字軍国家の社会構造に関する一考察:医者」『ヨーロッパ文化史研究』16, 79-98. https://t.co/kYXyI7Z1mT 11-12世紀十字軍国家諸史料に登場する医師の活動から十字軍国家の社会構造や現地社会…
RT @khargush1969: 佐藤『マムルーク』(1991)で紹介されているイスラーム奴隷廃止論の事例はインドの改革思想家サイイド・アフマド・ハーンのものだが、その著作「奴隷制廃止Ibtal-i Ghulami」(1893)は以下のpp. 28-29.に紹介。 http:…
RT @khargush1969: Costello, E.J. (tr.) (1969) Arab historians of the Crusades http://t.co/5RS1N4cZUt http://t.co/SR6lHF2NB0 十字軍時代アラビア語史料翻訳集…
RT @khargush1969: 井上あえか(2003)「パキスタン政治におけるイスラーム」『アジア研究』49(1): 5-18. https://t.co/Cum5YwueQ2 イスラームの政治利用やイスラーム主義運動との関係など、パキスタンが抱えてきたイスラームをめぐる…
RT @getoiletten: おおいに学んだ。(竹下政孝「[書評]中西竜也著『中華と対話するイスラーム:17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会、2013 年」『宗教研究』88 (2014) 190-95 http://t.co/u6w2ghyq3F)
RT @Jimnybb: →典型的なホモフォビックな言説ですね(閲覧注意)。池谷和子「 アメリカにおける同性婚の合法化傾向とその問題点」『東洋法学』第56巻第3号(2013年3月)https://t.co/AreHhXmeH0
RT @khargush1969: 『プリンストン・イスラーム政治思想百科事典』 http://t.co/x3cP4vv8TL 「イルハン朝」はCh. Melville、「モンゴル」はM. Melvin-Koushkiが書いてるのね。 出版社サイトに項目一覧PDFあり。 htt…
RT @mmktn: ジュディス・ヘリン先生がなにかお書きかもしれない。→Judith Herrin, Unrivalled influence: women and empire in Byzantium, Princeton UP, 2013 http://t.co/A6…
RT @kunisakamoto: なんぞこれは。 「中東・北アフリカ地域のイスラーム圏の少数派と弱者に関する総合的研究」(基盤B、代表者 高橋英海)https://t.co/X5SZYvHui8
RT @mmktn: Emperor and author : the writings of Julian the Apostate http://t.co/QeZxy2q85D を読んだ。良書。序文にしっかり英語圏で読まれているユリアヌスを主題とするフィクションへの言及もあ…
おお、こんな論文がこれ読んで寝よう。 『ミール・アリーシールの家系について : ティムール朝における近臣・乳兄弟・譜代の隷臣・アミール』http://t.co/HD61Y5Nhc9
アッティラと言えば、こんな論文が…。 http://t.co/9xRkiCipQl

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  [書評] ロルフ・シュトロートマン (2014) 『ヘレニズム帝国における宮廷とエリート : アカイメネス朝以後(前330-30年)の近東』エディンバラ https://t.co/tiqWuuJGk9 #CiNii
CiNii 論文 -  リベラルアーツ教育の基礎としての作文教育 : 古代ギリシア・ローマ時代の「プロギュムナスマタ」について https://t.co/JHhJFoXCdh #CiNii
機関リポジトリよりダウンロード可能。CiNii 論文 -  ギリシア世界における権力者崇拝(1)ブラシダス,リュサンドロス,フィリポス2世 https://t.co/FxVnHmWByD #CiNii
CiNii 論文 -  ローマ期ティレニア海沿岸の港湾インフラの発達と海上輸送費の低下 https://t.co/Ep7MBaaPKB #CiNii
保坂修司(2019)「ジハード主義と十字軍・モンゴル軍」『Global Risk Research Report』23: 1-2. https://t.co/JXTpbLwL7t イラク戦争後のジハード主義者による,モンゴル侵攻の… https://t.co/463LmS8CUj
諫早庸一(2019)「天文学から見たユーラシアの一三世紀―一四世紀 : 文化の軸としてのナスィール・アッディーン・トゥースィー(一二〇一―一二七四年)」『史苑』79 (2): 88-114.… https://t.co/5cK50NwOkA
キケロの弁論術理解を共和政ローマの政治史的背景に絡めて理解しようとする論考。続編ではサッルスティウスらラテン語歴史叙述が扱われる。CiNii 論文 -  レトリックと共和政(1) https://t.co/9ylPLYsipy #CiNii
こっちも:近藤洋平「東方イバード派における人間の宗教的分類と忘恩・偽信概念の展開」『宗教研究』85-1, 2011. https://t.co/hdk0qJsOh2
斉会君(2018)「唐のキルギス宛国書の発給順と撰文過程:ウイグル・キルギス交替期を中心に」『東洋学報』100(1):1-31. https://t.co/iYvRaJXWKD (完全門外漢だが)唐代国書研究史,国書の構成,キルギ… https://t.co/vsXJBLeMKn
CiNii 論文 -  クレオパトラの表象 ― その死のパブリック・イメージ ― https://t.co/RqrFmoQB39 #CiNii CiNii に載るの早かったな!?
渡辺金一先生の井上浩一先生の『ビザンツ帝国』への書評ははっきり言ってボロクソです https://t.co/IQiGaHVGaj
居阪僚子・村田光司・仲田公輔訳(2017)「コンスタンティノス7世ポルフュロゲネトス『帝国統治論』第9章 : 研究動向と訳註」『史苑』77(2): 228-199. https://t.co/lKUPZcHr7w コンスタンティノ… https://t.co/yOxsO9uIh6
ウィキペディアーヤズド・アタベク朝 https://t.co/cGw8MH6AvP なんと,今年に入ってからの新項目。EIrに基づく英語版の翻訳をベースに,リポジトリ公開されている北川誠一先生の論文… https://t.co/zky9QSAY1z
Daftary, F. 2017: Ismaili history and intellectual traditions https://t.co/dB08lWrzFM イスマーイール派史研究の第一人者Daftaryの既刊論文集… https://t.co/dp9u1WfJ2L
チェッリ アンドレア/山内 功一郎訳(2018)「翻訳における愛 : イスラーム=スペインが生んだアラビア語の恋愛論『鳩の首飾り』の現代スペイン語訳」『翻訳の文化/文化の翻訳』13, 151-160. https://t.co/jjxHnGL4qf
木村伸子(2015)「サフィー・アッディーンの音楽理論書における音組織:十七不等分音階と協和音程」『史観』173, 50-70. https://t.co/g10lvjB6dy アッバース朝末期バグダードで活躍したウード奏者サフィーウッディーン・ウルマウィーの音楽理論の分析。
ヘロドトスからの典拠を調べるときには岩波文庫ではなくまず藤縄先生の大著をみてしまう。CiNii 図書 - 歴史の父ヘロドトス https://t.co/kzWMh994Sk #CiNii
「初期ビザンツの男装女性聖人」このテーマが来るとは。 足立先生のは同志社の紀要にあったな。 CiNii 論文 -  初期ビザンツの女性聖人たち--男装モチ-フをめぐっての新しい解釈 https://t.co/hs8DF8DhB0
山中良子(2013)「ビザンティン中期の錦:オーセールとブレッサノーネの事例から」『エクフラシス:ヨーロッパ文化研究』3: 30-39. https://t.co/1q9ZCufRzy イスラーム圏でも名声高かったビザンツ錦の歴史。サーサーン朝ほか周辺勢力との関係が反映し興味深い
高田峰夫(2006)『バングラデシュ民衆社会のムスリム意識の変動:デシュとイスラーム』明石書店 https://t.co/sLvY05cryn バングラデシュ・ムスリムのアイデンティティを研究する論争的な著作であるよう。 詳細な書評 https://t.co/g6NqdkORgh
@fushunia @Archer12521163 『穆天子伝』の地名比定については手前味噌ですが、この論考に諸説が一覧できるようになっています。 https://t.co/ZCGOyxv7Lw みなさん割と好き勝手に比定して統一見解を定めるのが難しい状況です。
どれもPDFあり。 赤阪俊一「カール禿頭王は本当に禿げていたか」 https://t.co/tG4ok43kRx CiNii Articles 検索 -  異性装から見た男と女 https://t.co/aMMr9Uus8s
岡﨑桂二(2014)「イスラーム神秘主義詩の道程:ズフディーヤ、ガザル、ハムリーヤ」『四天王寺大学紀要』59: 9-38. https://t.co/RhulOB1EMv アラブ神秘主義思想詩の発展を禁欲詩、叙情詩、酒賛詩の3類型を通し紹介。美しい詩の訳が読めるのがまず嬉しい。
中世ヨーロッパ軍隊の移動手段の選択における技術的・文化的背景 : 1494年のシャルル八世によるイタリア侵攻を実例に http://t.co/V66y6ixRbX 1949年の「電撃戦」は仏軍のカノン砲の威力と馬による牽引によるという説を検証してる。とても面白い♪
おおいに学んだ。(竹下政孝「[書評]中西竜也著『中華と対話するイスラーム:17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会、2013 年」『宗教研究』88 (2014) 190-95 http://t.co/u6w2ghyq3F)
岡﨑桂二(2012)「イブン・ブトゥラーン『医師たちの宴会』 : 解題・翻訳・注釈」『四天王寺大学紀要』54: 587-614. http://t.co/1eK8EkaRXR バグダードのネストリウス派司祭・医師イブン・ブトゥラーン(d.1066)によるマカーマート作品

フォロー(910ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
これの書籍化かな。 KAKEN — 研究課題をさがす | 「議会運営における時間」に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-17H02453) https://t.co/itWVqRBTXT
@ysawat 生活綴り方運動と鶴見さんは私も関心があります。すでにご存知でしたら恐縮ですが谷川嘉浩さんがこの論文で生活綴り方運動に関して論じておられます。 https://t.co/n0cLcTNTnL

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたっ… https://t.co/JqisQe54m0
【本日掲載】 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1087「OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観―」 ①制定年、②改正状況、③新しい人権等、④議会と選挙、⑤安全保障、緊急事態、⑥違憲審査制の規定状況を一… https://t.co/nFlN6fzdma
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 与那国島のジオサイト―台湾島を望む露頭が語る地形形成環境― https://t.co/5gH2QmvwCJ
RT @tk_sskmt: 入試の小論文は論文ではなくてエッセイだからあれでいいんだという意見がありましたが、米国式簡略版エッセイの劣化版としてもあれはひどい。文芸としてのエッセイなら復活したモンテーニュに殴られるレベル。渡邉雅子「ディセルタシオンとエッセイ」は必読文献。 ht…
RT @quiriu_pino: こんな書評出てたみたいです 桜井 英治「書評 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座日本経済の歴史1 中世 11世紀から16世紀後半』 」 国民経済雑誌 220(6), 97-102, 2019-12 https://t.co/yMmtwX…
RT @BungakuReportRS: 三舟 隆之 -  貧窮する女性たち : 『日本霊異記』の説話から https://t.co/oWbiUUiI6R
RT @BungakuReportRS: 瀧音 能之 -  記・紀と『出雲国風土記』の相克 : 黄泉国の記載をめぐって https://t.co/QcLm5H99Eg
RT @BungakuReportRS: 久保田 昌子 -  『常陸国風土記』における土蜘蛛伝承の検討 https://t.co/SmHBTI55OK
RT @BungakuReportRS: 髙橋 裕次 -  デジタルマイクロスコープからみた日本の料紙の特色 https://t.co/ugMaeAOx2H
RT @khargush1969: 20世紀初のアルダビール・サフィー廟の状況については,F・サーレが必読なのだな。 Sarre, Friedrich 1924: Ardabil : Grabmoschee des Schech Safi : Denkmäler persisc…
RT @khargush1969: Daftary, F. 2017: Ismaili history and intellectual traditions https://t.co/dB08lWrzFM イスマーイール派史研究の第一人者Daftaryの既刊論文集成。シリア,…
RT @khargush1969: →3月に来日予定のS.Blair先生が,バラ水撒き器の論文を書いていた。 Blair 2014: Perfuming the Air: A Rosewater Sprinkler from Herat https://t.co/xODGv70…
20世紀初のアルダビール・サフィー廟の状況については,F・サーレが必読なのだな。 Sarre, Friedrich 1924: Ardabil : Grabmoschee des Schech Safi : Denkmäler p… https://t.co/hz8iIC8Ma6
→3月に来日予定のS.Blair先生が,バラ水撒き器の論文を書いていた。 Blair 2014: Perfuming the Air: A Rosewater Sprinkler from Herat… https://t.co/y4HcDY3CWo
RT @Archer12521163: この他にも六朝期の人物の年齢についてのツイートを目にしたけど、南北朝期にはサバを読む(年齢を繰り上げる)ことがしばしば確認されるという指摘がある https://t.co/HZcctt4Pfs
この他にも六朝期の人物の年齢についてのツイートを目にしたけど、南北朝期にはサバを読む(年齢を繰り上げる)ことがしばしば確認されるという指摘がある https://t.co/HZcctt4Pfs
RT @BungakuReportRS: 寺島 徹 -  芭蕉百回忌追善集『風羅念仏 みちのく』について https://t.co/BdOaGMlbVn
RT @BungakuReportRS: 髙橋 裕次 -  デジタルマイクロスコープからみた日本の料紙の特色 https://t.co/ugMaeAOx2H
RT @BungakuReportRS: 髙城弘一 -  藤原興風の歌三首 : 藤原興風の古画にそえて https://t.co/cFz4k06ILO
ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持… https://t.co/AE1DlDMHah
RT @dgk_nkym: 『南鐐』のお話が載っているとされるのはこちらです CiNii 図書 - 石川正西聞見集 https://t.co/zCARSC5MRe #CiNii
RT @momni_now: @Mossie633 放射線や紫外線等のほか、低軌道では原子状酸素の影響で浸食が進むそうです。戦闘を行うとデブリやガスが大量に発生するでしょうし、あっという間にボロボロになりそうですね。 https://t.co/Y9xMRrepOK https:…
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
六朝期の口語が『五経正義』に混入していて、唐代以降は使われなくなったので以後わかりにくい言葉になった、という話は面白かった https://t.co/n8nYykdOeI >>文語文と白話TL
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
この論文に頭をひねってる。先行研究によると日常の食生活による「自然摂取量はそれ[=GABAの有効摂取量]をはるかに上回っている」というのが結論のはずなのに、摂取量と効果が線形の関連だという文献は一つも参照されてないのに、「多量摂取… https://t.co/ky2sRsxsLG
https://t.co/cbXI2ug2Ay →これは,大塚修先生が宮紀子先生の大著の書評で指摘しておられた,「”縦軸”の重要性」とも通じるのではないか。 https://t.co/TE9fgj3e0W 一人でやることはもとより… https://t.co/Ltmw1OOCoZ
RT @quiriu_pino: こんな論文が出てたようです 渡邉 裕美子「宇都宮泰綱の和歌活動」 和歌文学研究 (119), 28-43, 2019-12 https://t.co/T38aNPoSIw
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
RT @mixingale: 日本の大学での研究活動のインプット・アウトプットの分析ではNISTEPのこのあたりの報告書がいちばん参考になる気がする。1https://t.co/c129LQA0GP 2https://t.co/i6ufYFbA6X 3https://t.co/…
根津由喜夫『ロマノス3世アルギュロスの蹉跌 : 11世紀前半のビザンツ皇帝権と政治体制』 https://t.co/bfN72KugHt
RT @medieval_oota: @Byzantine_Club そうだったのですか! ロマノス三世のこと、ほとんど知らないのでぐぐったら、こんな論文が!勉強してみようと思います。ありがとうございます。 https://t.co/qrLxRplqxn

6 6 6 0 OA 放送史料探訪

RT @BungakuReportRS: 放送史料探訪 『外地放送史資料・満州編』 「外地」放送史料から(4) 宮川 大介 https://t.co/cSBBVkWkyl
RT @lm700j: ドクターヘリの歴史を見てると、自衛隊のヘリ救難体制を構築した軍医が消防に移って始めたとのことで、乗り物を持ってる組織の部内の医師じゃないと始められないのが分かる。 https://t.co/wff9b026Pw

フォロワー(483ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@ysawat 生活綴り方運動と鶴見さんは私も関心があります。すでにご存知でしたら恐縮ですが谷川嘉浩さんがこの論文で生活綴り方運動に関して論じておられます。 https://t.co/n0cLcTNTnL

250 250 248 248 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…

250 250 248 248 OA ジャムシード王

この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたっ… https://t.co/JqisQe54m0
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 与那国島のジオサイト―台湾島を望む露頭が語る地形形成環境― https://t.co/5gH2QmvwCJ
RT @tk_sskmt: 入試の小論文は論文ではなくてエッセイだからあれでいいんだという意見がありましたが、米国式簡略版エッセイの劣化版としてもあれはひどい。文芸としてのエッセイなら復活したモンテーニュに殴られるレベル。渡邉雅子「ディセルタシオンとエッセイ」は必読文献。 ht…
RT @BungakuReportRS: 三舟 隆之 -  貧窮する女性たち : 『日本霊異記』の説話から https://t.co/oWbiUUiI6R
RT @BungakuReportRS: 瀧音 能之 -  記・紀と『出雲国風土記』の相克 : 黄泉国の記載をめぐって https://t.co/QcLm5H99Eg
RT @BungakuReportRS: 久保田 昌子 -  『常陸国風土記』における土蜘蛛伝承の検討 https://t.co/SmHBTI55OK
RT @BungakuReportRS: 髙橋 裕次 -  デジタルマイクロスコープからみた日本の料紙の特色 https://t.co/ugMaeAOx2H
RT @Archer12521163: この他にも六朝期の人物の年齢についてのツイートを目にしたけど、南北朝期にはサバを読む(年齢を繰り上げる)ことがしばしば確認されるという指摘がある https://t.co/HZcctt4Pfs
RT @dgk_nkym: 『南鐐』のお話が載っているとされるのはこちらです CiNii 図書 - 石川正西聞見集 https://t.co/zCARSC5MRe #CiNii
RT @Cristoforou: こんなものがリポジトリに。教科書や地政学本の地図間違いについての発表で有名な先生の論文。『防衛白書』の地図がめちゃ間違ってるそうな。/近藤暁夫「掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛…
パックス・ブリタニカの崩壊と大土地所有貴族の後退 -フアーニスにおけるCavendish家の場合- https://t.co/7xQBnmec2y
RT @mori_arch_econo: @zkhr ここにダイヤモンドプリンセス号の空調設計資料がるんだけれども、空調というのは温度調整の効率を考えて、一部空気をレタンさせて使うのが普通だから、部屋から出た空気が通路をチャンバーとして機能し還気ダクトを経て、還流されている。空…