伸びしろあるたきたき (@taki__taki__)

投稿一覧(最新100件)

パックマンの仕様書を見てみようと思い,家に届いていた人工知能学会の会誌を読んだ.PDFもオープンアクセスらしい. https://t.co/DBrABNk9hE
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
RT @KaitoSSS_: CiNii 論文 -  宇宙連合と人類のアウェイクニング(目覚め) (真我への目覚め! : 女性の直観に始まる) https://t.co/2aAokrOTIK #CiNii CiNiiでここまでヤバそうなのは初めて見た。
RT @tweeting_drtaka: じゃあ科学記者の書く科学記事とは、どういうものなのかな?と改めて思い、ググってみたら、興味深い論文を見つけました。「一般紙に掲載された科学記事の日米比較」読売新聞の科学部次長が、日本の科学記事はレベルが低いのでは?と自ら調べた論考。 h…
RT @kotatsu_mi: "CiNii 論文 -  OCamlによるOSの実装": http://t.co/Ko1APEnF9R
“CiNii 論文 -  制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 : 第1報 ” http://t.co/7UkOF2PcP5
RT @Ryofuwi: この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが…
RT @ceekz: 有益な研究だ。 / 恋人の有無が中学生の意識に与える影響 : 「恋人のできやすさ」に着目して http://t.co/ULmAaed818
RT @ynil: 陛下が書かれた論文の引用の仕方例 http://t.co/BV8VhWS2Og http://t.co/myCQNnCUBv http://t.co/lHxLQk6bnE

739 1 0 0 野球のOR

鳩山由紀夫の野球のORはたしかに面白い http://t.co/7NOoQYy5

お気に入り一覧(最新100件)

96 96 96 0 OA 知識を書こう

研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.52… https://t.co/ewVmU1vmsx
Generative Adversarial Networksの基礎と応用 https://t.co/yxpZddToJJ
エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さ… https://t.co/pORZWSL67M
日本で初めて数理論理学で博士の学位を取得した女性は、八杉満利子先生かなあ。未確認、というか、確認のしかたがわかりません。https://t.co/SwF4GS9Jdk
今月出版の正式版らしい / もじぴったんのNP完全性 https://t.co/MVd8QhlxT0
"ほめ手"、"ほめパフォーマンス"などのパワーのある表現が無限に出てくる上に最後に被験者の浮気が発覚して終わるという驚異の論文だった(最高) https://t.co/4743owWa62
#数楽 https://t.co/wGEOzKXDIk 渡辺澄夫、特異モデルとベイズ学習 (2003) これ読みものとしてとても面白い。添付画像はこれより。渡辺澄夫さんが佐藤のb函数とゼータ函数を「発見」したときの感動の話。 https://t.co/3EWg17HyoW
CiNii 論文 -  宇宙連合と人類のアウェイクニング(目覚め) (真我への目覚め! : 女性の直観に始まる) https://t.co/2aAokrOTIK #CiNii CiNiiでここまでヤバそうなのは初めて見た。
こんな論文があるのね。ダーツ01ゲーム最適戦略 Optimal Strategies for 301 Darts Game https://t.co/bySQ9vurzv
アーカイブについて http://t.co/GWaKRon0fD 実質上の資金はこの科研費ですか。 https://t.co/9FkXLbv8jn (あまりにも少額で、、、)
京大さんが大変だった件について。 / “Title Office365 Educationの真実:カイゼンの裏にあるもの Author(s) 上田, 浩; 石井, 良和; 外村, 孝一郎; 植木, 徹 Citation 情報処理学…” http://t.co/geV4HSWsR7
じゃあ科学記者の書く科学記事とは、どういうものなのかな?と改めて思い、ググってみたら、興味深い論文を見つけました。「一般紙に掲載された科学記事の日米比較」読売新聞の科学部次長が、日本の科学記事はレベルが低いのでは?と自ら調べた論考。 http://t.co/kxjXTccsfU
CGMにおける炎上の分析とその応用-人工知能学会論文誌 https://t.co/9dSiUTTsKO Twitter炎上についての論文
さすがのしましま先生。読んでる。 / データマイニング分野のクラスタリング手法 http://t.co/EJvSbRWmHL http://t.co/13PBV6Sbta
さすがのしましま先生。読んでる。 / データマイニング分野のクラスタリング手法 http://t.co/EJvSbRWmHL http://t.co/13PBV6Sbta
今日のセミナーで紹介した大阪ガスの情報ソリューションチーム様の論文はこちらです。データサイエンティストでなくても、業務でデータに関わる全ての人にお勧めしたい。 http://t.co/QVBxZug6
[統計] / “我が国の博士課程修了者の大学院における修学と経済状況に関する調査研究 - 文部科学省 科学技術政策研究所 第1調査研究グループ” http://t.co/imJVPW4Z
今号の情報処理に羽生善治さんのコラムが。最後の段落、発表されず研究室の中で埋もれていく予備実験に通じるところが。 http://t.co/t9Jn5HCI
円城氏が物理学会誌に書いた記事「ポスドクからポストポスドクへ」 http://t.co/SBufonAn 専門は法螺吹きだって!
@taki__taki__ ぷるむるじゃなくて別の資料(http://t.co/vfsMXqpK)で勉強してる.変分とか,もう訳が分からないよ
こんな研究ありました:大規模構造データに対する確率モデル推定に基づく知識の創出と活用(江口 浩二) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/23300039
僕の研究とモチベーションが同じで、引用もされている。ドメインとアプローチは違うから単純に比較できないけど。 jsai2011:2F3-1 商品カテゴリ情報に着目した教師データ収集による商品名抽出手法 http://t.co/wonwajv #jsai2011

フォロー(1247ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @takusansu: #超算数 「算数科指導に関する一考察 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/ElGqC7Ihp3 以下の文献を見た雑感です。 https://t.co/8wBvkilkco 著者情報 笛木 茂雄 常葉大学 教育学部…
RT @bamboo4031: なぜ「かぐや」の MLI がゴミ袋のように黒いのかを知りたいという奇特なかたは、こちらをどうぞ: https://t.co/iNF5fo3Qyu
RT @ryu_software: Unscented Kalman Filterの名前の由来が書いてる論文があった https://t.co/ZKVIx5bvKc
RT @tamtam2222: 気になったので調べてみたら、日本気象協会の勤続30年超の大ベテランだった 平成の災害を振り返ったり、気象と美肌の関係を論文にまとめたり かなりの実力派とお見受けしました https://t.co/mZXkHl8VKV https://t.c…
お,JSTAGE上で公開されてるのでオンラインでオープンに読めるようです. 「学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影響:結婚相談サービスに内包されたメカニズム」 https://t.co/UwrFLeol9P
RT @N3502E13544: 拙稿の論点は地図リテラシーとか地理的知識の面に集中していたけど、正直甘かったかと思っている。イージスアショアのあれは、地理とか以前に基礎的な科学リテラシーとか倫理の問題で、そこまで十分に論究することができなかった。 ちなみに拙稿はこちらで見られ…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @yam_cpp: 渡邉先生追悼記事.涙なしには読めない….本当に惜しい人をなくしてしまったhttps://t.co/dk0rxlMdsh

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @akira_you: 一応実例を1992年のこの博士論文には、最近はやってる勾配によるニューラルネットの判断根拠の可視化(偏相関係数)、Lasso(再構築学習法)、reluっぽいサチらない活性化関数の必要性(シグモイドへの線形性動作の導入)が言及されてるけど、、、しらん…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…

フォロワー(1253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @alicheska: 中村邦光. (2016). 江戸時代の日本における円周率の値の逆行現象. 計量史研究, 38(1), 42-48. https://t.co/mJcvQEkYRk 江戸時代中期の数学書では円周率は3.14…と近似されていたのに後期に執筆された数学…
RT @ryu_software: Unscented Kalman Filterの名前の由来が書いてる論文があった https://t.co/ZKVIx5bvKc
お,JSTAGE上で公開されてるのでオンラインでオープンに読めるようです. 「学歴・収入・容姿が成婚と配偶者選択行動に与える影響:結婚相談サービスに内包されたメカニズム」 https://t.co/UwrFLeol9P
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @akira_you: 一応実例を1992年のこの博士論文には、最近はやってる勾配によるニューラルネットの判断根拠の可視化(偏相関係数)、Lasso(再構築学習法)、reluっぽいサチらない活性化関数の必要性(シグモイドへの線形性動作の導入)が言及されてるけど、、、しらん…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…