著者
白岩 祐子 小林 麻衣子 唐沢 かおり
出版者
日本犯罪心理学会
雑誌
犯罪心理学研究 (ISSN:00177547)
巻号頁・発行日
vol.56, no.1, pp.105-116, 2018-08-27 (Released:2018-09-19)
参考文献数
23

本研究は2000年に始まった意見陳述制度と2008年に始まった被害者参加制度に着目し,両制度を実際に行使した犯罪被害者遺族がこれらの制度をどのように評価し,またその意義や問題点をどのように理解しているのかを検討した。交通事犯や殺人などの遺族97名から協力を得て制度に対する評価を求めたほか,「制度の意義」「制度の問題点」「行使するとき留意した点」につき自由記述を求めた。その結果,両制度はいずれも遺族から高く評価されており,とくに「心情・意見を直接被告人や裁判官に伝えられる」「思考や気持ちの整理ができる」点が肯定的な制度評価につながっていること,逆に,「自分の話を被告人や裁判官がどのように受け止めたか分からない」「専門家や経験者による支援があればよかった」という点が否定的な制度評価につながっていることが明らかになった。
著者
白岩 祐子 小林 麻衣子 唐沢 かおり
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.41-51, 2016-08-25 (Released:2016-08-25)
参考文献数
44

In desperation to learn the details of their case and to achieve the right to know, the families of crime victims in Japan have been taking action to implement the victim participant system in criminal trials. Focusing on the victim participant system, which began in 2008, the present study examined whether or not family members of victims who actually participated in criminal trials felt that their demands to know were fulfilled through the process. We administered a survey targeting 173 individuals whose family member has been the victim of a crime such as murder. The results revealed that their demands were fulfilled as they had expected only when they participated in the trial. Furthermore, we found that such sufficiency level led to their satisfaction with the justice system, while insufficient fulfillment of demands led to an increase in people’s willingness to act toward changing the system. We discussed the social consequences of judicially guaranteeing a victim’s right to know.
著者
小林 麻衣子
出版者
慶應義塾大学アート・センター
雑誌
Booklet (ISSN:13420607)
巻号頁・発行日
no.18, pp.36-50, 2010

はじめに1.大陸旅行の起源 : 16世紀後半から17世紀にかけて2.18 世紀のグランドツアー : フランス編3.18 世紀のグランドツアー : イタリア編4.グランドツアーの危険性と批判おわりにCultural Tourism 2 : 一部図版削除