著者
井坂 理穂
出版者
日本南アジア学会
雑誌
南アジア研究 (ISSN:09155643)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.22, pp.313-326, 2010-12-15 (Released:2011-09-06)
参考文献数
40
著者
三尾 稔 杉本 良男 高田 峰夫 八木 祐子 外川 昌彦 森本 泉 小牧 幸代 押川 文子 高田 峰夫 八木 祐子 井坂 理穂 太田 信宏 外川 昌彦 森本 泉 小牧 幸代 中島 岳志 中谷 哲弥 池亀 彩 小磯 千尋 金谷 美和 中谷 純江 松尾 瑞穂
出版者
国立民族学博物館
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2006

文化人類学とその関連分野の研究者が、南アジアのさまざまな規模の20都市でのべ50回以上のフィールド調査を実施し、91本の論文や27回の学会発表などでその結果を発表した。これまで不足していた南アジアの都市の民族誌の積み重ねは、将来の研究の推進の基礎となる。また、(1)南アジアの伝統的都市の形成には聖性やそれと密接に関係する王権が非常に重要な機能を果たしてきたこと、(2)伝統的な都市の性格が消費社会化のなかで消滅し、都市社会の伝統的な社会関係が変質していること、(3)これに対処するネイバーフッドの再構築のなかで再び宗教が大きな役割を果たしていること、などが明らかとなった。
著者
井坂 理穂
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
雑誌
アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies (ISSN:13462466)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.281-291, 2002-11

A central purpose of this research note is to examine the way in which recent studies of the Partition of India have begun to focus on people's experiences and perceptions of this event and, in particular, the massive violence that surrounded it. It shows how, in this process of reconsidering Partition, some historians have begun to criticise the existing history-writings based on the nationalist discourse, which analysed only political developments among parties and politicians. To understand this new approach to Partition, it is necessary to look at the development of South Asian historiography from the 1980s, and more especially, important debates presented by the scholars of the so-called subaltern studies group on the 'fragments', 'oppressed voice' and 'silence' in history-writings. Some of these scholars, in order to discover where 'silence' lies, began to explore how memory of events was constructed and reconstructed by different groups of people, by interviewing them and comparing their narratives with each other and with other narratives in official documents and history books. This method is adopted by scholars such as Gyanendra Pandey and Urvashi Butalia in their works on Partition and violence. Another source that has played an important role in drawing scholars' attention to popular perceptions of Partition and violence is a wide range of literary texts and films which depict this event. They have highlighted the hidden stories of violence and the 'silence' in official histories, and recently begun to attract increasing attention from historians. Here I introduce mainly Amitav Ghosh's novel The Shadow Lines (1988) as an example. Taking a hint from it, at the end of this paper I suggest a few important aspects of Partition that still need to be explored.
著者
長崎 暢子 篠田 隆 田辺 明生 石井 一也 油井 大三郎 酒井 啓子 清水 耕介 井坂 理穂
出版者
龍谷大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究は、近年再評価されつつあるガーンディーに関する文献購読、史資料調査、および現地調査(インドのアフメダーバード、ワルダー、イギリスの大英博物館、南アフリカのダーバンなど)を行い、ガーンディーの歴史的役割の重要な一端(非暴力的な紛争解決)の詳細とその影響を明らかにすることが出来た。具体的には、彼は、当時の南アフリカに存在した紛争(人種差別)を非暴力的に解決する「方法としての非暴力」をこの時代に編み出し、それによって有色人種(インド人 & 中国人)に対する白人の人種差別の一角を崩すことに成功したのである。のみならず、この方法は、北欧、中東(イラン)の紛争解決、米国の人種差別反対運動にも影響を与えた。
著者
井坂 理穂
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
雑誌
アジア・アフリカ地域研究 (ISSN:13462466)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.281-291, 2002

A central purpose of this research note is to examine the way in which recent studies of the Partition of India have begun to focus on people's experiences and perceptions of this event and, in particular, the massive violence that surrounded it. It shows how, in this process of reconsidering Partition, some historians have begun to criticise the existing history-writings based on the nationalist discourse, which analysed only political developments among parties and politicians. To understand this new approach to Partition, it is necessary to look at the development of South Asian historiography from the 1980s, and more especially, important debates presented by the scholars of the so-called subaltern studies group on the 'fragments', 'oppressed voice' and 'silence' in history-writings. Some of these scholars, in order to discover where 'silence' lies, began to explore how memory of events was constructed and reconstructed by different groups of people, by interviewing them and comparing their narratives with each other and with other narratives in official documents and history books. This method is adopted by scholars such as Gyanendra Pandey and Urvashi Butalia in their works on Partition and violence. Another source that has played an important role in drawing scholars' attention to popular perceptions of Partition and violence is a wide range of literary texts and films which depict this event. They have highlighted the hidden stories of violence and the 'silence' in official histories, and recently begun to attract increasing attention from historians. Here I introduce mainly Amitav Ghosh's novel The Shadow Lines (1988) as an example. Taking a hint from it, at the end of this paper I suggest a few important aspects of Partition that still need to be explored.
著者
井坂 理穂
出版者
人間文化研究機構地域研究推進事業「現代インド地域研究」
雑誌
現代インド研究 (ISSN:21859833)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.171-189, 2013-02

本稿は「スィクとは誰か」をめぐる議論の変遷を、植民地期から独立後にかけての政治・社会的背景とあわせて概観したものである。現在、スィクのシンボルとして広く認識されている諸要素や、スィク・コミュニティの間で大きな影響力をもつ規範・教義は、植民地期以前のスィクの歴史のなかで形成されたものを引き継ぐと同時に、植民地期に展開した「スィク」を明確に規定しようとする動きによって再構築された側面をもつ。本稿では、相対的に多くの蓄積をもつスィク・アイデンティティについての先行研究をまとめながら、19 世紀半ば以降の宗教・社会改革運動や政治運動のなかで、スィクの統一化や他コミュニティからの差異化を求める動きが台頭した過程や、こうした動きがスィクを特定の言語・地域と結びつける言説を促した過程を概観した。そのうえで、他地域の事例も念頭におきながら、近現代インドにおけるコミュニティの再構築過程に関する研究の分野で、今後どのような方向性がありうるのかを検討している。
著者
水野 善文 藤井 守男 萩田 博 太田 信宏 坂田 貞二 臼田 雅之 石田 英明 宮本 久義 高橋 孝信 橋本 泰元 高橋 明 松村 耕光 横地 優子 山根 聡 萬宮 健策 長崎 広子 井坂 理穂
出版者
東京外国語大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009-04-01

インドの多言語状況は、時代を通して地域的な多様性だけではなく社会的にも幾つかの層をなしていた。言語の差異を超えて愛好・伝承され続けてきた文学・文芸を対象に、古代から現代まで、多くの言語の各々を扱うことのできる総勢30名以上のインド研究者が共同して研究を進めた。その結果、民衆が自らの日常語による創作から発した抒情詩や説話、職業的吟遊詩人が担った叙事詩、それらをサンスクリット語で昇華させた宮廷詩人、さらには詩の美的表現法が現代の映画作りにも至っている、といったインドの人々の精神史の流れを解明できた。