著者
山岸 恵理子 榎本 隆 廣瀬 圭子 田口 孝行
出版者
公益社団法人 埼玉県理学療法士会
雑誌
理学療法 - 臨床・研究・教育 (ISSN:1880893X)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.22-26, 2010 (Released:2010-03-12)
参考文献数
16

本研究ではトレーニング方法の相違による体幹伸展筋群の筋活動を比較し,体幹伸展筋群のトレーニング方法における筋活動量の段階付けを行うことを目的とした。被験者には①腹臥位で最大筋力発揮,②腹臥位で対角上下肢挙上,③徒手筋力検査(MMT)5,④四つ這いで対角上下肢挙上,⑤MMT3,⑥逆ブリッジ,⑦ブリッジ,⑧座位で重錘挙上,⑨座位で上肢挙上・頭部伸展を行わせ,その肢位を3秒間保持させた。その際,胸部傍脊柱筋(T9),腰部傍脊柱筋(L3)から表面筋電図(EMG)を導出し,積分筋電図(IEMG)を求めた。その後①のIEMGを基準とし②~⑨の最大随意収縮に対する割合(%MVC)を求め,T9・L3における②~⑨の筋活動量を比較,分類した。その結果,T9ではA②・③・④,B⑤・⑥,C⑦・⑧・⑨に,L3ではD②・③・⑤・⑥・⑦,E④,F⑧・⑨に分類することができた。T9ではA,Bは最大筋力の増強,Cは筋持久力増強に適していることが推測された。L3ではDは最大筋力の増強,Eは筋持久力増強,Fは筋力増強効果が期待できないことが推測された。
著者
柴田 翔平 鳴尾 丈司 加瀬 悠人 稲毛 正也 山本 道治 森 正樹 浦川 一雄 廣瀬 圭 神事 努
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2018 (ISSN:24329509)
巻号頁・発行日
pp.A-18, 2018 (Released:2019-05-25)

The purpose of this study is to examine the accuracy of the system analyzing pitching data using baseball-type sensor (MAQ) and to measure kinematic parameter (ball velocity, spin rate, and spin axis) of baseball pitches by various pitchers. The accuracy of the developed system using a 3D motion analysis system and the high-speed cameras were examined. The spin axis of pitched ball was calculated from data of 12-axis sensor using the sensor fusion by extended Kalman Filter. The ball velocity and spin rate calculated by MAQ and the 3D motion analysis system showed similar values (ball velocity: r = 0.95 spin rate: r = 0.90). In several data, it was indicated that the spin axis calculated by MAQ, the 3D motion analysis system, and the high-speed camera showed similar values. In addition, there was a correlation between ball velocity and spin rate over the velocity range from 6.7 m/s to 41.0 m/s (n=188). From these results, the developed system can be used to evaluate baseball pitching skill with high accuracy.
著者
近藤 亜希子 土岐 仁 廣瀬 圭
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集C編 (ISSN:18848354)
巻号頁・発行日
vol.79, no.803, pp.2351-2361, 2013 (Released:2013-07-25)
参考文献数
13
被引用文献数
1 3

This paper proposes the measurement method of 3D posture using inertial sensors. The proposed method estimates the 3D posture (Roll-Pitch-Yaw angles in local coordinate) using the 3-axis angular velocity and the 3-axis acceleration. The 3D posture is compensated for the drift error of gyro sensor output by the translational and gravity accelerations of accelerometer output. The nonlinear state equation and the nonlinear measurement equation were established to estimate 3D posture. The Extended Kalman filter and the Unscented Kalman filter are applied to these equations. The measurement experiment was conducted to clarify the accuracy of proposed method using the experimental setup installing the rotary encoders. The results of the Unscented Kalman filter indicated higher than those by the Extended Kalman filter. In addition, the proposed method estimated the 3D posture compensating the drift error of gyro sensor in the measurement experiment generating the translational acceleration. Therefore, the proposed method can be used for the measurement of body motion.
著者
津村 哲史 村井 秀幸 廣瀬 圭一 山崎 幹夫
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. EE, 電子通信エネルギー技術 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.109, no.156, pp.53-58, 2009-07-23

近年,高度情報化社会が急速に進展しており,その社会インフラを支えるIT機器の役割が重要視されている.そのIT機器への電力供給は無停電・無瞬断が要求されており,地域毎に異なる電力系統の品質把握及びそのバックアップ電源として設置される非常用発電装置・無停電電源装置等の故障リスク分析は非常に重要である.このような理由から,全国約8,000の通信ビルにおける停電情報や,それらビル内に設置された約20万の電源装置から収集した装置の故障・復旧時間のフィールドデータを基に,給電信頼度データベースを構築した.このデータベースを用いることで,停電事故に関する年次,季節毎の傾向や地域特性の把握,及び装置の種類・容量規模等ごとの給電システムの信頼度評価を可能するシステムを開発したので,それらの概要について報告する.
著者
北野 敬祐 竹田 正樹 友野 一希 近藤 亜希子 辻内 伸好 廣瀬 圭
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2020 (ISSN:24329509)
巻号頁・発行日
pp.A-4-5, 2020 (Released:2021-06-01)

This paper proposes the estimation method of rotational axis in figure skating jump using inertial sensors. The estimation method of rotational axis consists of components centrifugal, tangential and gravity accelerations and relationship between angular velocity and combining angular velocity, and this method estimates the pitch and yaw angles to the sensor coordinate system from the axis coordinate system and the roll and pitch angles to global coordinate system from the sensor coordinate system. We conducted the measurement experiment the triple flip jumps and the quadruple salchow jumps by the high-level figure skater using inertial sensors, and we estimated the rotational axis in the triple flip and quadruple salchow jumps. These results indicated the change of rotational axis during jump, and we indicated the difference of characteristics by the difference in success of jump.
著者
廣瀬 圭 友野 一希 近藤 亜希子 辻内 伸好 北野 敬祐 竹田 正樹
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2020 (ISSN:24329509)
巻号頁・発行日
pp.B-8-3, 2020 (Released:2021-06-01)

This paper proposes the estimation method of three-dimensional rotational axis in figure skating jump by iterated Extended Kalman filter and quaternion using inertial and magnetic field sensors. This method estimates the posture information to global coordinate system from the sensor coordinate system and the posture information to rotational axis coordinate system from the sensor coordinate system using the iterated Extended Kalman filter, and the direction component represented by quaternion was estimated by using inertial and magnetic field sensors. We conducted the measurement experiment the triple flip jumps and the quadruple salchow jumps by the high-level figure skater using inertial and magnetic field sensors, and we estimated the three-dimensional rotational axis in the triple flip and quadruple salchow jumps. These results indicated the change of rotational axis during jump by the normalized vector and the projection drawing calculated by the estimated three-dimensional rotational axis, and we indicated the high reproducibility in the triple flip jumps and the difference of characteristics by the difference in success of jump in the quadruple salchow jumps.
著者
近藤 亜希子 友野 一希 北野 敬祐 廣瀬 圭 竹田 正樹
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2020 (ISSN:24329509)
巻号頁・発行日
pp.A-1-4, 2020 (Released:2021-06-01)

In this study, we conducted the 3-axis acceleration analysis of figure skating jump using inertial sensors. In the motion measurement of figure skating jump, the measurement area is wide, and the figure skater conducts high speed rotational motion. Therefore, we used the inertial sensor system as simply motion measurement device. We conducted the measurement experiment of the figure skating jump by a high-level figure skater, we obtained the 3-axis measurement information of inertial sensors in the triple flip jumps and the quadruple salchow jumps. The results of combining angular velocity and acceleration indicated the high repeatability. Furthermore, we conducted the 3-axis acceleration analysis in quadruple salchow jumps using the sensor outputs and the self-assessment. The result of high point in self-assessment indicated the high acceleration, and the effect by composite axis component in centrifugal acceleration was indicated. These results indicated the importance of body inclination during the jump motion.
著者
廣瀬 圭
出版者
秋田大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2011

本研究では,スキー・ターンの運動を明らかにするための解析法の開発と実際の雪面を滑走するスキーヤーによる計測実験を行い,これまで示されていなかった新しい運動情報を示した.計測システムは,慣性センサ・地磁気センサを搭載した運動計測システムとGPSレシーバを搭載した滑走軌跡計測システムを開発し,得られた計測情報からスキーヤーの関節角度,滑走速度を推定する方法を構築した.計測実験は,カービングターンとスキッディングターンについて行い,運動解析を行うことによりターンの違いによる運動の違いを定量的に示した.
著者
木戸 聡史 須永 康代 廣瀬 圭子 宮坂 智哉 田中 敏明 清水 孝雄 佐賀 匠史 髙柳 清美 丸岡 弘 鈴木 陽介 荒木 智子
出版者
公益社団法人 日本理学療法士協会
雑誌
理学療法学Supplement
巻号頁・発行日
vol.2009, pp.E4P1197, 2010

【目的】本研究目的は、トイレ内の転倒者の検出による迅速な発見と保護を可能とするため、トイレでの転倒状態をより正確に検出するための解析アルゴリズムを構築することである。そのため、我々は静止画熱画像パターンを用いて健常被験者を対象に、正常なトイレ動作と、模擬的に再現したトイレでの転倒姿勢を16パターンのアルゴリズムで判別分析した。各アルゴリズムにおいて求めた判別率を検証し、より有効な転倒検出方法を検討した。<BR>【方法】被験者は歩行及びトイレ動作が自立できる健常成人男性5名とした。身体特性は、身長172.5±5.5cm、座高93.1±2.2cm、胸囲91.2±3.9 cmだった。熱画像センサはTP-L0260EN (株式会社チノー製)を用いた。熱画像センサの特性は解像度0.5 &deg;C、視野角60°、frame time 3 Hz、data point 2256 (47×48)で、地上から2.5mの高さに設置した。被験者が腰掛けるADL(日常生活動作)練習用便座の高さは0.4mとし、便座から0.4m離れた床面5か所に、印をつけた。被験者は模擬的な正常トイレ動作(NA)を1回実施した。NAは、トイレへの入室、便座への着座 、便座からの立ち上がり、トイレからの退室からなる動作とした。その次に、転倒を想定した姿勢変換(FA)を1回実施した。FAは、あらかじめ印をつけた5箇所の位置で、長座位(開脚・閉脚)、仰臥位(開脚・閉脚)となり、便座に対して着座する方向を変更して実施した。それらの動作および姿勢変換を熱画像センサで記録した。記録した熱画像のデータは47×48=2256 pointの温度データで、3Hzの間隔で取得した。被験者1人あたり、NAから20個、FAから60個の熱画像データを任意に抽出した。抽出した熱画像データは、熱画像のエリアを4、9、16、25、36、49、64、81エリアに分割し、分割した各エリアの分割内平均温度(Avg)と分割内最高温度(Max)を求めた。8×2=16個のデータ処理パターンごとに、被験者5名分のNAの100データとFAの300データを用い、判別分析を実施して、正常/転倒の判別率を求めた。統計解析ソフトウェアはSPSS Ver.17.0を用いた。<BR>【説明と同意】対象者に対して、ヘルシンキ宣言に基づき研究の趣旨と内容について口頭および書面で説明し同意を得た後に研究を開始した。なお本実験は、植草学園大学倫理委員会の承認を受けて行った。<BR>【結果】実験時の周囲温度は24.8±0.2&deg;Cで、被験者がいない状態の熱画像パターンの温度は最低23.9&deg;C、最高26.9&deg;C、25.1±0.3&deg;Cだった。NAの100データの温度は最低24.2&deg;C、最高31.5&deg;C、26.0±1.1&deg;Cだった。FAの300データの温度は最低24.2&deg;C、最高31.8&deg;C、26.0±1.0&deg;Cだった。熱画像パターンから被験者の表情は判別できなかった。4分割でMax(4Max)の判別率は75.0%、4Avgは88.0%、9Maxは90.8%、9Avgは90.5%、16Maxは94.0%、16Avgは94.3%、25Maxは96.8%、25Avgは96.0%、36Maxは96.3%、36Avgは95.5%、49Maxは95.0%、49Avgは96.3%、64Maxは96.8%、64Avgは97.3%、81Maxは96.3%、81Avgは97.8%で最大だった。81Avgでは判別分析で用いた81分割エリアのうち、判別率を導くための判別式の係数となった領域は21箇所だった。判別分析に使用したNA+FAの400データのうち、誤検出した数は、NAをFAと判別したものが1個、FAをNAと判別したものが9個だった。NAをFAと判別したものは判別式に使用しない領域に被験者の最高温度の領域があった。またFAをNAと検出した例は、便座に近接した領域で被験者の最高温度の領域がある場合が多く、便座に着座したパターンとの判別が困難だった。<BR>【考察】本研究は健常者をモデルとして、転倒を検出するためのアルゴリズムを検証した結果、熱画像センサのデータを81分割して各エリア内平均値を判別分析すると、トイレ動作の転倒を97.8%の判別率で検出した。誤検出した2.2%をさらに減らすためには動作や姿勢変換の加速度などの変化を転倒の判定に加えることが有効と考えられた。現状では、誤検出の部分を有人による看視で補助すれば転倒の判定は可能と考えられる。また本実験では、被験者の最高表面温度は約32&deg;Cで熱画像センサの温度分解能は0.5&deg;Cのため、室温31&deg;C以下で使用する条件下であれば、1秒以内に転倒が判別できる、被験者のプライバシーに配慮できる特性が得られた。今後は転倒判別に時系列的な要素を加えてより実用的な転倒判定を目指す。並行して病院や施設のトイレに熱画像センサを設置し、フィールドによる試験を実施する。<BR>【理学療法学研究としての意義】本研究では、高齢者・障害者のADL支援に関するニーズを理学療法士として見極め、現場に必要なシステム開発への発想・着眼とシステムの検証を実施した。研究結果は病院および介護老人保健施設に必要な機器開発のための重要な基礎的データである。
著者
塩澤 和人 廣瀬 圭子 田口 孝行 原 和彦
出版者
公益社団法人 埼玉県理学療法士会
雑誌
理学療法 - 臨床・研究・教育 (ISSN:1880893X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.21-26, 2014 (Released:2014-02-05)
参考文献数
10

【目的】本研究では,退院後生活空間に影響を及ぼす要因を退院直前の歩行能力,ADL能力,家屋整備状況,介護サービス整備状況,ADLおよび外出自己効力感の観点から明らかにすることを目的とした。【方法】分析対象は,回復期リハビリテーション病棟から自宅退院した患者のうち,HDS-Rが19点以上であり,移動手段が屋内歩行自立の者43名とした。退院直前に最大5 m歩行時間(直線歩行能力),TUG(応用的歩行能力),FIMの各運動項目得点(ADL能力),家屋整備状況,介護サービス整備状況,ADL自己効力感得点,退院1か月後にLife-Space Assessment(LSA),外出自己効力感得点を評価した。【結果】高活動群と低活動群間の最大5 m歩行時間,TUG,FIM移動得点,ADLおよび外出自己効力感得点に有意差を認めた。LSAを従属変数,LSAと相関がある項目を独立変数として回帰分析を行った結果,TUG,FIM移動得点,ADLおよび外出自己効力感得点でいずれも有意な標準偏回帰係数が得られた。【結論】退院後生活空間に影響を及ぼす要因は,応用的歩行能力,ADL移動能力,ADLおよび外出自己効力感であることが示された。
著者
藤縄 理 近藤 公則 立川 厚太郎 地神 裕史 廣瀬 圭子 松永 秀俊
出版者
JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION
雑誌
日本理学療法学術大会
巻号頁・発行日
vol.2009, pp.C3O3043-C3O3043, 2010

【目的】<BR>水泳飛び込み選手で肩関節脱臼による腱板損傷受傷後4週で競技復帰を果たし、国体高飛び込みで準優勝した症例を経験した。そのアスレチックリハビリテーション(リハ)における理学療法(PT)経過を分析して報告する。<BR>【方法】<BR>選手の記録を元に損傷と機能異常についてのPT評価とプログラムを後視的に分析した。損傷はMRIにより確認され、整形外科的治療と病院でのPT経過およびプールサイド(PS)でのPT経過を検討した。<BR>【説明と同意】<BR>本研究は埼玉県立大学倫理委員会に承認され、対象者には研究の内容を口頭ならびに文章で説明し書面にて同意を得た。<BR>【結果】<BR>(1)受傷状況:8/16入水時に左上肢が外側に離れて受傷。直後腫脹と疼痛が強く、三角巾で吊ろうと肩甲帯部を保持して体幹を起こしたら自然に整復された。(2)診断と病院でのPT経過:MRIにて左棘上筋の大結節停止部の損傷が確認された。8/22よりPT開始、9/8まで15回実施。(3)病院での治療方針:1)バストバンド固定中は安静重視、2)固定中は、頸部、体幹、両股関節、両足関節の可動性拡大と筋力向上を中心とする、3)固定中の左肩関節筋力維持は右上肢の筋力トレ-ニング(筋トレ)での同時収縮を実施、4)固定解除後はできるだけ無痛の範囲で、左肩関節の可動域(ROM)拡大を重点的に実施、5)左肩関節のROM拡大と痛みの軽減に応じて骨運動を伴う筋トレを実施。(4)PT経過:8/22~バストバンド固定。左肩関節以外のROM訓練、筋トレを中心に行う。8/29バストバンド終了、他動ROM訓練が許可。左肩関節ROM屈曲120°、外転90°、外旋20°、内旋35°。棘上筋、三角筋中部に痛み。筋トレは左肩関節を固定して左肩甲骨の内外転を実施。9/1国体合宿開始。プール内歩行練習許可。左肩関節ROM屈曲145°、外旋30°、内旋30°。筋トレはセラバンド(黄色)でのinner muscle運動を開始。9/3プール内で水泳練習開始。左肩関節ROM屈曲170°、外転140°。練習後プールサイド(PS)初回:肩前方に痛み、時々自発痛あり、自動運動ROM外転 90°で痛み(P)、外旋30°P、内旋 80°P、水平内転60°P、他動運動ROM外転90°P・120°で筋性防御(+)、関節副運動検査は筋性防御のため不可、触診で棘上筋、棘下筋、肩甲下筋スパズム・過敏、Mulligan 法の運動併用モビライゼーション(MWM)により外転全ROM無痛で可能。プログラム-MWM、テープ、自己治療(セラバンド運動継続)。9/4左肩が挙げやすい、平泳ぎ可能とのこと。筋トレは左肩関節各方向に軽い徒手抵抗を加え実施。PS2回目:プログラム-自己MWM追加。9/7コーチの判断で7.5Mからの飛び込みを実施。PS3回目:前方からの飛び込み無痛、後方からは痛み。プログラム追加-PNF、MWM(300gの重りを持ち)。9/8コーチの希望で病院でのリハ終了。左肩関節ROM屈曲170°、外転170°、外旋60°、内旋70°。左肩周囲筋MMTは3~4。9/9PS4回目:速い外転-外旋運動で痛み、プログラム追加-深部マッサージ、機能的マッサージ、PNF、MWM (500gの重りを持ち)。9/11PS5回目、試合前日:プログラム継続。9/12PS6回目、試合当日:肩の痛み無し、腰痛出現、プログラム追加-腰部Mulligan手技。<BR>【考察】<BR>症例は入水時両手が離れ、肩が外転し強力な水圧が加わって脱臼と腱板損傷を起こしたと考えられる。受傷2週後よりプールで泳ぎの練習を開始し、練習後のPS初回評価では、時々自発痛があり、外転でインピンジメント、筋スパズムにより運動を防御していたため、亜急性期と考えられた。しかしMulliganのMWMで上腕骨頭を後下方に滑らせて外転すると無痛であった。また、触診により筋スパズムは損傷した棘上筋よりも肩甲下筋により強く、外旋ROMを制限していた。そこで、骨頭が後下方に軽く牽引されるようにテーピングをして、肩甲骨と骨頭の位置関係を常に意識して、インピンジメントを起こさないような挙上運動の学習に重点を置いた。同時にセラバンドで骨頭を正しい位置に保持する運動を継続してもらった。最終的には軽い重りを持ったMWM挙上運動とPNFにより、インピンジメンとを起こさないような運動パターンを学習させた。コーチも肩関節に負担がかからない演技のパターンを工夫し、好成績に結びつけることが出来た。医師、PT、コーチが連携し、選手が意欲を持ってアスレチックリハとトレーニングに取り組んだ成果と考える。<BR>【理学療法研究としての意義】<BR>アスレチックリハにおいて、PTは運動機能を適切に評価し、適切な時期に最良のプログラムを実施することで、スポーツ現場で貢献できるエビデンスを本報告は提示している。<BR>
著者
廣瀬 圭 土岐 仁 近藤 亜希子
出版者
日本スポーツ産業学会
雑誌
スポーツ産業学研究 (ISSN:13430688)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.255-262, 2012
被引用文献数
10

&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;This paper proposes a measurement system and computation method for 3D motion analysis in sports. The measurement system that consists of inertial and magnetic field sensors is able to measure 3-axis angular velocity, 3-axis acceleration and 3-axis magnetic field. We can easily perform the experiment in sports because this system is directly attached to the body. Introducing the sensor fusion algorithm using Kalman filter, we can avoid storage error by the drift of the gyro sensor. The computation method provides the angles by compensation of centrifugal and tangential acceleration and sensor fusion. <BR>&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;In order to confirm the accuracy of this proposed system and computation method, we compared the value obtained by this system with the value obtained by a rotary encoder. It was found that the measurement system and computation method provided the accurate value. It is shown that the proposed method can be used for motion analysis in sports.
著者
廣瀬 圭 岩渕 琢磨 千葉 遥 近藤 亜希子
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 2017 (ISSN:24329509)
巻号頁・発行日
pp.A-33, 2017 (Released:2018-05-25)

This paper proposes the estimation method of seating face geometry using belt-shaped inertial sensors system. This method uses the sensor fusion for posture estimation and the forward kinematics for position calculation. The sensor fusion estimates the Roll and Pitch angles using gyro sensor and acceleration sensor outputs, and the effect of drift error is reduced. The estimated geometry information is validated using the calibration device designed by CAD, the results indicated the effective accuracy. Furthermore, we conducted the measurement experiment using three sensor systems in dynamic condition. The results indicated the face geometry in settling and floating conditions. This system can be used to represent the face geometry in static and dynamic conditions.
著者
山中 一朗 仁科 健 三和 千里 阪口 仁寿 廣瀬 圭一 水野 明宏 吉田 幸代 矢田 匡 恩賀 陽平
出版者
日本脈管学会
雑誌
脈管学 (ISSN:03871126)
巻号頁・発行日
vol.56, no.5, pp.59-64, 2016 (Released:2016-06-10)
参考文献数
11
被引用文献数
2

大動脈食道瘻(AEF)に対する治療戦略を示す。最近10 年に経験したAEF は5 例。1)食道抜去と頸部食道・胃瘻増設。2)感染大動脈に対する人工血管置換術。3)感染治癒,体力回復を待って食道再建という段階的手術を基本方針とした。80 歳以上の2 例が病院死した。死因は脳梗塞と感染再発。他の3 例は再発なく良好。AEF は早期に診断して可及的に治療介入し,段階的手術を行うことで予後の改善が期待できる。
著者
中島 賢治 廣瀬 圭
出版者
佐世保工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

ラグビーでは、ウェアラブル慣性センサを選手に装着、ゲームの中で戦略的かつコーチングに活用できる有用情報を取得する取り組みが行われている。本研究では、逆動力学理論に基づくMATLABコードを作成し、センサから得られる加速度・角速度・地磁気情報から体幹各部の関節トルクを算出する試みを行った。実験においては、選手がボールを持ってダミーバッグに当たる「ヒット動作」を試技として、慣性センサによる計測とビデオ撮影を行った。その結果、スキルトレーニングに有用な定性的情報を得ることができた。身体各部の関節トルクは、コーチングの際に選手に説明する上で理にかなったデータが定性的に得られていることがわかった。
著者
廣瀬 圭 土岐 仁 近藤 亜希子
出版者
日本スポーツ産業学会
雑誌
スポーツ産業学研究 (ISSN:13430688)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.255-262, 2012 (Released:2012-11-16)
参考文献数
12
被引用文献数
3 10

This paper proposes a measurement system and computation method for 3D motion analysis in sports. The measurement system that consists of inertial and magnetic field sensors is able to measure 3-axis angular velocity, 3-axis acceleration and 3-axis magnetic field. We can easily perform the experiment in sports because this system is directly attached to the body. Introducing the sensor fusion algorithm using Kalman filter, we can avoid storage error by the drift of the gyro sensor. The computation method provides the angles by compensation of centrifugal and tangential acceleration and sensor fusion.     In order to confirm the accuracy of this proposed system and computation method, we compared the value obtained by this system with the value obtained by a rotary encoder. It was found that the measurement system and computation method provided the accurate value. It is shown that the proposed method can be used for motion analysis in sports.
著者
土岐 仁 廣瀬 圭
出版者
秋田大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

本研究では実滑走におけるスノーボーダーの運動計測とターンのメカニズムを解明するためのシミュレーションモデル開発のために運動解析を行った.慣性センサ・地磁気センサを搭載した運動計測システムと6軸力センサを搭載した雪面反力計測システムを用いてスノーボーダーの運動計測と動力学的解析を行い,スノーボーダーが発揮している力について明らかにした.さらに,スノーボーダーの拘束感を軽減するために,小型力センサを搭載した新しい雪面反力計測システムの開発を行い,異なるスキル(初級者と上級者)のスノーボーダーによるターン中の雪面反力計測を行うことによりターンのシミュレーションモデルを開発するための重要な要素を得た.
著者
穂苅 真樹 土岐 仁 廣瀬 圭 齋藤 剛
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics
巻号頁・発行日
vol.2006, pp.23-26, 2006-11-08

This paper describes a new method to measure and analyze three-dimensional rotation and translation analysis of upper limb in basketball shot form. In general, the shot form is measured by taking the photograph of motion with the high-speed camera and/or video camera and analyzing the photograph with direct linear transformation method (DLT method). The suggesting measurement method was derived by the kinematic human body model analysis. The measurement system developed by using the three dimensional rate gyro sensors set at the several body positions can measure the three dimensional rotations and the three dimensional translations of various parts of body. By using this system, the motion of a thin part such as wrists and ankles can be measured easily. In addition, this system can measure the basketball shot forms of various players correctly.