著者
図子田 和典 岡村 太路 二村 康平 束田 和弘 竹内 誠
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.126, no.11, pp.645-654, 2020-11-15 (Released:2021-02-15)
参考文献数
23

Miocene dikes and sills are widely exposed in the eastern Shitara area, Aichi Prefecture, central Japan. Whole-rock chemical composition, grain size, lightness, and the alteration ratio of the intrusive rocks from three outcrops in the Shitara area are described in this paper. The central part of the intrusive rock bodies, commonly dark gray, gradually changes into grayish white toward its marginal part. The lightness of the polished surface of the rocks was measured using the hue, saturation, lightness (HSL) tool in the Inkscape graphics editor. At the white part, plagioclase crystals are fine-grained and severely replaced by secondary minerals such as calcite, whereas plagioclase, at the dark gray part, is much larger than that in the white part and less altered. Turning to chemical composition, common feature cannot be found among three outcrops.
著者
竹内 誠
出版者
尚美学園大学
雑誌
尚美学園大学芸術情報研究 (ISSN:18825370)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.25-41, 2009-03

音楽理論は経験と習慣からその多くは組み立てられており、それが音楽経験の少ない学習者の理解の妨げとなっている。理解の妨げとなる理由は、理論の論理的説明が不十分なためである。この様な伝統的音楽理論の問題点は、論理を数理的に組み立てることによって解消が可能と思い至り、音楽理論の数理的考察を試みた。その結果、音楽理論を数理的な思考により再構築することは、音楽経験の少ない学習者の理解に有用なだけではなく、音楽の新たな表現の発見に繋がる可能性があることも確認できた。今回は、コード上のスケール(available note scale)を、コードの構成音から数理的に導き出すことを考察した。これにより、既成のスケールの他に、既成の枠以外のスケールを作り出せることから、実際の音楽に柔軟に対応が可能な理論であることが確認された。
著者
竹内 誠 Makoto TAKEUCHI 尚美学園大学芸術情報学部
雑誌
尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University (ISSN:18825370)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.83-106, 2010-11-01

ソルフェージュとハーモニーの能力は、音楽を専門とするには不可欠であり、音楽大学の専門科目では根幹となる授業である。従って、ソルフェージュ教育とハーモニー教育の現状と問題点は、音楽大学の現状と問題点をそのまま映し出している。今回の研究ノートは、芸術情報研究第16号に鳴海史生教授が書かれた、"「固定ド・移動ド」をめぐって"への私の回答であり、現在すすめている新規ハーモニーテキスト内容の一部である。また、工学系大学の音楽への取り組みを紹介して、音楽大学の現在置かれている社会的立場を考察する。
著者
竹内 誠
出版者
一般社団法人日本土壌肥料学会
雑誌
日本土壌肥料學雜誌 (ISSN:00290610)
巻号頁・発行日
vol.68, no.6, pp.708-715, 1997-12-05
被引用文献数
26
著者
苗代 弘 和田 孝次郎 魚住 洋一 小林 弘明 竹内 誠 長谷 公洋 川内 聡子 佐藤 俊一
出版者
一般社団法人 レーザー学会
雑誌
レーザー研究 (ISSN:03870200)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.265, 2012 (Released:2020-07-16)
参考文献数
17

Positive behavioral improvement has been observed following transcranial near-infrared light therapy in humans with chronic traumatic brain injury and acute stroke. We first examined the effect of 808 nm laser diode irradiation on regional cerebral blood flow (rCBF) in mice. An 808 nm CW diode laser was applied to the hemisphere transcranially. Transcranial near-infrared laser irradiation increased rCBF by 30% compared to control value in mice. Near-infrared laser irradiation also provoked a significant increase in cerebral nitric oxide concentration. In the clinical setting, transcranial near-infrared lightemitting diode irradiation to the forehead in a patient with persistent vegetative state following head injury was done. rCBF showed focal increase of 20%, compared to the pre-treatment value. The patient showed some improvement in his neurological condition after light-emitting diode therapy. Transcranial near-infrared irradiation might increase rCBF with some improvement of neurological condition in patients. Further study is warranted.
著者
伊藤 豊 竹内 誠人 見上 柊人 川村 洋平
出版者
一般社団法人 資源・素材学会
雑誌
Journal of MMIJ (ISSN:18816118)
巻号頁・発行日
vol.136, no.5, pp.33-39, 2020-05-31 (Released:2020-05-27)
参考文献数
34

Productivity, safety and its improvement is also an integral part of a good mining operation. In recent times, due to constraints on time and cost, it has become increasingly harder to conduct training and safety inductions at mine sites. For the purpose of overcoming these limitations, the use of virtual reality (VR) is proposed for mining education and training. VR has already been introduced in the education and training of miners overseas, and quantitative studies on the effects of using VR for miner's education and training have been made. However, Japan has only one such application of VR for mining education, namely, “Virtual Mining Practice System” which was produced by Akita University, and there are relatively few cases where VR has been introduced in the Japanese mining industry. Furthermore, there has been no quantitative study to date on the effects of education using VR for mining education. Therefore, the objective of this study is to investigate the effects of a class that utilizes a VR application developed for mining education (Mining VR), as well as evaluate its learning outcomes. In this study, a method called randomized controlled trial (RCT) is used for evaluating Mining VR's effectiveness. Study participants are divided two groups randomly where one class makes use of Mining VR and another class using other non-VR material. After the classes are completed, a test is conducted and the average results of each group are compared by T-test. The results of this experiment showed that there were no statistically significant differences in skill of “understanding” and “knowledge retention” comparing two groups. On the other hand, results suggested that Mining VR has improved students'“ motivation” for class when using Mining VR.
著者
香西 伸彦 冨高 晶子 曽和 順子 赤松 浩彦 竹内 誠 松永 佳世子 鈴木 加余子 大竹 直樹
出版者
日本皮膚科学会西部支部
雑誌
西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology (ISSN:03869784)
巻号頁・発行日
vol.65, no.3, pp.234-236, 2003-06-01
参考文献数
7
被引用文献数
1

土木作業中に200V電圧の電流で感電し受傷した42歳男性の電撃傷を報告した。両前腕,右手背に電流斑を認め,右側は手背より流入し前腕より流出し,左側はスイッチより流入し前腕より流出したと考えた。局所的な筋組織の損傷程度,範囲の確定には,MRIが有用であった。減張切開術,デブリードマンおよび人工真皮貼付と全層植皮術を二期的に施行した。術後リハビリを施行し,軽度手指関節の拘縮を認めるが運動機能はほぼ改善した。
著者
竹内 誠一 岡本 達幸
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.852, pp.17-00041-17-00041, 2017 (Released:2017-08-25)
参考文献数
29
被引用文献数
1

Theoretical examinations based on absorption line databases were carried out about the influence of turbulence-radiation interaction on the radiative heat transfer arriving at the wall of large-scale industrial furnaces, where the re-absorption of radiative energy by combustion gas on its path toward objects to be heated cannot be neglected. In this study, the efficient and accurate calculation method for non-gray analysis and the effective method for handling turbulent fluctuations of radiation and absorption proposed in our previous paper were coupled. Combining the above coupled method and a governing equation solver for obtaining the spatial distribution of time-averaged values of temperature, concentration, velocity and so on, the heat transfer including radiation in large-scale industrial furnaces enveloping turbulent flames was able to be evaluated with sufficient accuracy equivalent to Line-by-Line analysis and with feasible calculation load. By applying this calculation technique to large-scale furnaces, it was found that negligence of turbulent fluctuation in numerical simulation gives rise to obvious change in heat flux distribution on the side wall and in the spatial distribution of time averaged temperature. In addition, change in the total amount of radiative energy arriving at side wall caused by negligence of turbulent fluctuations is fairly small compared with change observed in the case of a typical optical path indicated in our previous report.
著者
竹内 誠 Makoto TAKEUCHI 尚美学園大学芸術情報学部
雑誌
尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University (ISSN:18825370)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.51-70, 2015-03-31

音楽を専門とする大学は、クラシック音楽だけではなく、ポピュラー音楽や、音源などの音楽機材を使用する音楽制作など、様々な学生を受け入れるようになった。 その結果として今では、音楽の経験が少なく、楽典の知識も乏しい学生も、入学を許されることとなっている。 音楽理論の学習には、音程の理解と聴き取る能力が不可欠である。 しかし、音楽経験の少ない学生の多くは、音程の理解が不十分であり、音程を聴き取る能力も無い。 この問題に対処するために、音階のナンバリングを用いて、音感教育を行う教育手法を考案した。 英語圏の国々では、ナッシュビルナンバリングシステムという、音階のナンバリングによる音感訓練を行っているが、 階名の習慣と言語の問題から、これをそのまま日本で行うには問題がある。 今回考案した教育手法は、ナッシュビルナンバリングシステムを基本としているが、日本の音楽習慣に合わせた変更を行い、 私の経験による工夫を加えたものである。 ナンバリングによる音感訓練は、子供への音感教育には当然として、大人の音感訓練に特に効果的な教育システムである。 この論文により、多くの方の意見をいただき、さらなる工夫を重ねてゆきたいと考えている。
著者
竹内 誠
出版者
[歴史学会] ; 1976-
雑誌
史潮 (ISSN:0385762X)
巻号頁・発行日
no.80, pp.162-165, 2016-12
著者
中谷 充 川口 務 竹内 誠
出版者
一般社団法人 日本脳卒中の外科学会
雑誌
脳卒中の外科 (ISSN:09145508)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.119-123, 2007 (Released:2008-08-26)
参考文献数
17

When dural arteriovenous fistula (DAVF) is associated with leptomeningeal venous drainage (LMVD), most cases have venous hypertension and concomitant venous congestion in the same areas due to reduced venous circulation. On the other hand, some cases in the DAVF with LMVD have no low-perfusion area. We studied this phenomenon. The subjects were 25 patients with DAVF. Of them, 16 cases had LMVD. Eleven had a low-perfusion area but 5 had no low-perfusion area. We analyzed this phenomenon in 5 cases. Two cases had anterior cranial fossa DAVF, 2 had tentorium DAVF, and 1 had transverse-sigmoid sinus DAVF. The characteristics of these DAVF are: 1) extra-sinusal type or pure leptomeningeal venous drainage, 2) low shunt flow, 3) existence of accessory route.
著者
竹内 誠 河合 政岐 野田 篤 杉本 憲彦 横田 秀晴 小嶋 智 大野 研也 丹羽 正和 大場 穂高
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.110, no.11, pp.715-730, 2004 (Released:2005-02-18)
参考文献数
44
被引用文献数
3 3

飛騨外縁帯北東部の白馬岳地域にはペルム系白馬岳層が分布する. 白馬岳層は従来から言われていたようなメランジュやオリストストロームからなる付加体ではなく, 火山弧周辺の浅海で堆積した珪長質火砕岩類を主とする整然層である. 白馬岳層下部層形成時では珪長質火砕岩の堆積を主とするが, 下部層の上部形成時には玄武岩の水中噴火が生じ, バイモーダルな火山活動がみられる. 中部層形成時では, 火山活動が沈静化し頁岩や砂岩が堆積した. 上部層形成時では再びバイモーダルな火山活動が始まり, かつスランピング又は斜面崩壊によって石灰岩角礫や岩塊が珪長質凝灰角礫岩とともに堆積した.白馬岳層は角閃岩岩塊を含む蛇紋岩に衝上断層で覆われ, 蛇紋岩の構造的下位に位置する. その後NW-SE方向とNE-SW方向の高角度断層の形成に伴って, 古生界岩塊を含む蛇紋岩メランジュが形成された.
著者
束田 和弘 竹内 誠 小嶋 智
出版者
日本地質学会
雑誌
地質學雜誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.110, no.10, pp.640-658, 2004-10-15
被引用文献数
7 22

従来,飛騨外縁帯の分布・区分などには多くの混乱と問題があったため,その発達史を議論する上で大きな障害となっていた,従来飛騨外縁帯として扱われてきた地層・岩体は,岩相とその占める空間的位置により,(1)中〜上部古生界浅海成層を主体とする地層群(宇奈月帯構成岩類を含む),(2)300Ma以前の変成岩を含み,苦鉄質〜超苦鉄質岩を主体とするもの,(3)後期古生代の石灰岩・チャート・砕屑岩主体層,(4)苦鉄質岩とペルム系砕屑岩,の4つに大別される.後三者は,それぞれ三郡-蓮華帯,秋吉帯および舞鶴帯に帰属を求めることができ,本論では(1)の分布域を飛騨外縁帯として再定義することを提案し,その模式地は福地・本郷・古川地域とする.本論の飛騨外縁帯構成岩類は,宇奈月,白馬岳,福地・本郷・古川,楢谷,石徹白,朝日,伊勢・大野の各地域に分布し,それらは各地域内で断層もしくは剪断帯で寸断されてブロック化している.
著者
足立 守 吉田 英一 山口 靖 鈴木 和博 志知 龍一 山本 明彦 竹内 誠 束田 和弘
出版者
名古屋大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2002

数多くの断層により"破砕帯列島"となっている日本列島において、人口密集地の都市部は、家屋、道路、田畑等で覆われているため、地下構造を推定することは容易ではなく、地下構造に応じた地震動対策を立てることは難しい。こうした問題をクリアするために、稠密な重力探査結果に地表地質データ、ボーリングデータ、および地質リモートセンシングデータを組み合わせて地下構造解析を行い、断層のずれの量や破砕帯の規模を推定する研究を行った。主要な成果は以下の通りである。・従来の西南日本重力データベースに新たな重力データを加えて、国土基礎情報としての「日本列島重力アトラス-西南日本および中央日本」(山本明彦・志知龍一編、2004、東京大学出版会)を出版した。・人口密集地の名古屋市とその周辺地域において、1328の地点において新たな重力測定を行い、既存の温泉ボーリングデータ等と組み合わせて、詳細な地下構造解析を行った。その結果、北北西-南南東の枇杷島-熱田断層および東西の熱田-日進断層による基盤岩の垂直変位量が、それぞれ、約550mおよび約350mであることを明らかにした。・岐阜県高山南方の宮盆地において稠密な重力測定、地質調査、リニアメント解析を行った結果、宮盆地には北東-南西方向に延びる著しい負の重力異常域が存在し、2本の横ずれ断層に挟まれたプルアパート・ベイスンとして形成されたことを明らかにした。・阿寺断層地域の花崗岩中に発達する破砕帯の詳細な調査を行い、破砕帯の生成環境と形成プロセスについて明らかにした。
著者
竹内 誠
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア (ISSN:13426907)
巻号頁・発行日
vol.55, no.6, pp.846-852, 2001-06-20

海外文献集録・海外文献紹介欄では, これまで海外で発表された最新の情報を会員の皆様に提供するため, 発刊されて間もない海外文献誌や開催されて間もない国際学会のプロシーディング等から論文を選び, 前者では数行で, 後者ではそれよりも詳細な抄訳をして紹介してきた.しかし, これらの集録・紹介の記事の中には, 専門分野以外の方にとっては多少わかりにくかったり, 日本国内ではあまりなじみのないキーワード・用語が含まれていることがあった.海外文献の中には優れたチュートリアル論文が多数ある.そうした論文を抄訳し紹介することによって, 技術のアウトラインをつかむとともに, 原典に触れていただくきっかけになることを期待して, 発表の時期が多少古いものも含め, 海外文献紹介の1つとして年に何回か取上げて紹介していくことにした.初回は, 最近の海外文献集録に何回か登場し, 応用分野も広い技術である「遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithm)」を取上げた.なお, これまで海外文献集録・紹介欄で取上げた抄訳の中に出てきたキーワード・用語で, この欄で取上げたら良いと思われるものがあれば, 当学会のホームページにある「会誌アンケート(学会誌読者アンケート)」ページ(URLは以下)等を利用してご提案していただきたい.