著者
佐々木 長市 江成 敬二郎 小関 恭 伊藤 豊彰 中山 正与
出版者
社団法人 農業農村工学会
雑誌
農業土木学会論文集 (ISSN:03872335)
巻号頁・発行日
vol.1999, no.200, pp.233-241,a2, 1999-04-25 (Released:2011-08-11)
参考文献数
9

農業用水の水質浄化 (特に親水公園に使用を想定) に, 産業廃棄物としてその処理対策に苦慮しているカキ殻を用い試験をした。実験は水質の悪化している農業用水を循環させ水質の経日変化を調査した。その結果, 以下のような知見が得られた。1) pHの値は全観測期間8前後, 同じく溶存酸素濃度は5mg/L以上となった。浮遊物質濃度は数日で20mg/Lから2mg/Lへと低下した。生物化学的酸素要求量の値も8mg/Lから1週間ほどで4mg/L前後まで低下し, 30日で1mg/Lまで低下した。電気伝導度の改善効果は認められなかった。2) 大腸菌群数は, 5,000MPN/100mLの値が実験開始後数日で1,000MPN/100mLまで低下し, その後もさらに低下する傾向を示した。3) 全窒素濃度は, 1.4mg/Lの値から10日ほどで半分以下の濃度の0.6mg/Lとなり, その後も減少していく傾向となった。特に, NH4-Nの減少が大きかった。全リン濃度は, 初期にカキ殻からの溶出がみられ濃度が上昇し, 10日程で0.20mg/Lになったが, その後は低下し20日目で0.1mg/L, 30日目では0.05mg/L前後まで低下した。4) 大腸菌の減少傾向がみられ衛生面からの浄化が期待される。なお, 事例調査により, カキ殻の溶出による体積減少は, 年5%程度で機能維持のためには7年ほどで新しいカキ殻の補充が必要と判断された。以上の結果より, カキ殻は農業用水の浄化に有用であると判断された。
著者
庄子 貞雄 伊藤 豊彰 中村 茂雄 三枝 正彦
出版者
一般社団法人日本土壌肥料学会
雑誌
日本土壌肥料學雜誌 (ISSN:00290610)
巻号頁・発行日
vol.58, no.4, pp.473-479, 1987-08-05
被引用文献数
3

ニュージーランド, チリ, エクアドルの代表的火山倍土の腐植の形態と, Al/Fe-腐植複合体について明らかにすることを目的として, 計32断面の火山灰土について弘法・大羽法に準じた腐植の形態分析と選択溶解を行った. 得られた結果を要約すると以下のようである. 1. 腐植層の全炭素含量は平均 (±標準偏差) で, ニュージーランド9.9%, (±4.8), 地理11.0% (±5.4), であり, わが国の火山灰土 (黒ボク土) とほぼ同程度の高い腐植含量であった. 一方, エクアドルは3.6% (±1.5) とわが国より低い値であった. 2. 腐植の形態については, 腐植抽出率およびPQはチリでPQがいくらか低い値であることを除いて, わが国の火山灰土と同程度に高い値を示し, 腐植の大部分が0.5%水酸化ナトリウムで抽出され, その抽出腐植のうち大半が腐植酸であった. 3. ニュージーランド, チリ, エクアドルの火山灰土の腐植層は褐色を呈するものが大部分であり, わが国の火山灰土と著しく異なっていた. 腐食層の土色の黒味は腐植酸型とよく対応しており, 腐植含量の多少にかかわらず黒色を呈する火山灰土はA型腐植酸を主体としていた. 4. ニュージーランドの火山灰土は腐植層が薄く, B型, P型腐植酸を主体としているが, これは過去において長い間森林植生下にあったためと推測された. 5. ニュージーランド, チリ, エクアドルの火山灰土は大部分アロフェン質であるが, 全炭素含量はピロリン酸可溶Alと最も強い正の相関関係を示したが, 酸性シュウ酸塩化可溶Siより近似的に求められるアロフェン含量とは〃腐植の集積には, アロフェン質, 非アロフェン質を問わず, 腐植と複合体を形成しているAl, 次いでFeが重要な役割を果たしていることが明らかとなった.
著者
原 晃一 岡野 栄之 伊藤 豊志雄 疋島 啓吾 井上 賢 澤本 和延 金子 奈穂子 豊田 史香 小牧 裕司 牛場 潤一 武見 充亮 塚田 秀夫 岩田 祐士
出版者
慶應義塾大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

コモンマーモセットを用いた、開頭を必要としない低侵襲脳梗塞モデル作成法が確立された。統一した手技によって信頼度の高い確率でモデル作成が可能となった。本モデルは大脳基底核を中心とした広範囲な脳梗塞を呈し、病巣と反対側の半身運動麻痺を来たす。本モデルにおいてはこのような神経学的異常所見を客観的に評価するための行動学的解析や、MRI、PETを含めた放射線学的解析が可能であり、げっ歯類に比べ、よりヒトに近い脳梗塞モデルであると考えられる。さらに神経新生などの評価のための組織学的検討のみならず、定位的脳手術による細胞移植も可能であり、今後の脳梗塞治療研究に非常に有用なモデルであると考えられる。
著者
伊藤 豊 竹内 誠人 見上 柊人 川村 洋平
出版者
一般社団法人 資源・素材学会
雑誌
Journal of MMIJ (ISSN:18816118)
巻号頁・発行日
vol.136, no.5, pp.33-39, 2020-05-31 (Released:2020-05-27)
参考文献数
34

Productivity, safety and its improvement is also an integral part of a good mining operation. In recent times, due to constraints on time and cost, it has become increasingly harder to conduct training and safety inductions at mine sites. For the purpose of overcoming these limitations, the use of virtual reality (VR) is proposed for mining education and training. VR has already been introduced in the education and training of miners overseas, and quantitative studies on the effects of using VR for miner's education and training have been made. However, Japan has only one such application of VR for mining education, namely, “Virtual Mining Practice System” which was produced by Akita University, and there are relatively few cases where VR has been introduced in the Japanese mining industry. Furthermore, there has been no quantitative study to date on the effects of education using VR for mining education. Therefore, the objective of this study is to investigate the effects of a class that utilizes a VR application developed for mining education (Mining VR), as well as evaluate its learning outcomes. In this study, a method called randomized controlled trial (RCT) is used for evaluating Mining VR's effectiveness. Study participants are divided two groups randomly where one class makes use of Mining VR and another class using other non-VR material. After the classes are completed, a test is conducted and the average results of each group are compared by T-test. The results of this experiment showed that there were no statistically significant differences in skill of “understanding” and “knowledge retention” comparing two groups. On the other hand, results suggested that Mining VR has improved students'“ motivation” for class when using Mining VR.
著者
後藤 一雄 伊藤 豊志雄
出版者
Japanese Association for Laboratory Animal Science
雑誌
Experimental Animals (ISSN:00075124)
巻号頁・発行日
vol.43, no.3, pp.389-394, 1994
被引用文献数
2

ティザー菌をPCR法を用いて, 高感度かつ特異的に検出する目的で, マウス由来ティザー菌 (MSK株) の16SリボゾームDNA (rDNA) の塩基配列を決定し, その配列をRJ株 (ラット由来) の配列と比較した。決定された配列はMSK株およびRJ株で相同性が高かったが (97%以上) , 他の菌種との相同性は低かった (70~83%) ことからティザー菌種に特異的配列を含んでいると考えられた。そこで, PCR法でTyzzer菌種を特異的に検出するプライマーをこれらの塩基配列をもとに選択した。選択されたプライマーを用いたPCR法では, ティザー菌2株 (MSK株およびRJ株) の他, ハムスター由来のHN株を検出できたが, ティザー菌以外の細菌は検出されず, ティザー菌種に対して高い特異性を示した。また, 1個以上のティザー菌 (RJ株) が検出可能であった。さらに, 9匹のJc1: Wistarラットに2×10<SUP>4</SUP>の菌を経口的に実験感染させ, 接種後1, 3および5日目にそれぞれ3匹ずつ肝臓, 心臓, 盲腸, 脾臓および腸間膜リンパ節を採材しPCR法および蛍光抗体法を用いて菌検索を行った。接種後1および3日目の材料からはいずれの方法においても菌は検出されなかった。しかし, 接種後5日目のラットのうち1匹は肝臓および心臓から, 他1匹は盲腸からそれぞれ両方法によって菌が検出された。これらの結果から, 今回明らかにされたMSK株16SrDNAの塩基配列はティザー菌種間でよく保存されていること, さらに選択されたプライマーを用いたPCR法が高感度かつ特異的なティザー菌診断法として有用であることが示唆された。
著者
伊藤 豊 矢野 真吾 渡辺 和夫 山中 悦二 相見 則郎 坂井 進一郎
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.38, no.6, pp.1702-1706, 1990-06-25 (Released:2008-03-31)
参考文献数
16
被引用文献数
10 15

We investigated the selectivities and structure requirements for alpha-1 and alpha-2 adrenoceptor blocking activities of yohimbine (YO) and its 12 related analogs, such as β-yohimbine (β-YO), dihydrocorynantheine (DHC) and (-)indoloquinolizidine ((-)IQ). The affinity of YO analogs to alpha-adrenoceptor was assessed by measuring their blockade of pressor responses to epinephrine in pithed rats. Among YO structure groups, the potency order was YO>DHC=β-YO>geissoschizine methylether>14β-hydroxy YO>14β-benzoyloxy YO (inactive). (-)IQ was slightly less potent than YO, but much stronger than (+)IQ. Among (±)IQ structure groups, the potency order was (±)IQ>(±)1, 12b-trans-1-hydroxy IQ»(±)1, 12b-cis-1-hydroxy IQ (imactive). (±)Borrerine was active, but (±)desmethylborrerine was inactive. The alpha-1 blocking activities of the four compounds YO, β-YO, DHC and (-)IQ, were assessed in experiments of pressor responses to methoxamine in pithed rats and contractile responses to methoxamine in the rat vas deferens. The potency order was (-)IQ>YO>DHC>β-YO. Furthermore, the alpha-2 blocking activities of the four analogs were assessed in experiments of pressor responses to clonidine and inhibition of electrically driven cardioacceleration by clonidine, in pithed rats. The potency order was YO>β-YO>(-)IQ>DHC. Based on the potency ratio between alpha-1 and alpha-2 blocking activities, DHC or YO was most selective for alpha-1 or alpha-2 subtype, respectively, among the four YO analogs. These results suggest that the A, B, C and D rings of YO analogs and their planarity are necessary for the affinity to alpha-adrenoceptors and that the predominant conformation of the carboxymethyl or hydroxy group on the E ring of YO structure determines the selectivity for alpha-1 and alpha-2 blocking activities.
著者
伊藤 豊 矢野 真吾 渡辺 和夫 山中 悦二 相見 則郎 坂井 進一郎
出版者
公益社団法人日本薬学会
雑誌
Chem Pharm Bull (Tokyo) (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.38, pp.1702-1706, 1990
被引用文献数
2

We investigated the selectivities and structure requirements for alpha-1 and alpha-2 adrenoceptor blocking activities of yohimbine (YO) and its 12 related analogs, such as β-yohimbine (β-YO), dihydrocorynantheine (DHC) and (-)indoloquinolizidine ((-)IQ). The affinity of YO analogs to alpha-adrenoceptor was assessed by measuring their blockade of pressor responses to epinephrine in pithed rats. Among YO structure groups, the potency order was YO>DHC=β-YO>geissoschizine methylether>14β-hydroxy YO>14β-benzoyloxy YO (inactive). (-)IQ was slightly less potent than YO, but much stronger than (+)IQ. Among (±)IQ structure groups, the potency order was (±)IQ>(±)1,12b-trans-1-hydroxy IQ≫(±)1,12b-cis-1-hydroxy IQ (imactive). (±)Borrerine was active, but (±)desmethylborrerine was inactive. The alpha-1 blocking activities of the four compounds YO, β-YO, DHC and (-)IQ, were assessed in experiments of pressor responses to methoxamine in pithed rats and contractile responses to methoxamine in the rat vas deferens. The potency order was (-)IQ>YO>DHC>β-YO. Furthermore, the alpha-2 blocking activities of the four analogs were assessed in experiments of pressor responses to clonidine and inhibition of electrically driven cardioacceleration by clonidine, in pithed rats. The potency order was YO>β-YO>(-)IQ>DHC. Based on the potency ratio between alpha-1 and alpha-2 blocking activities, DHC or YO was most selective for alpha-1 or alpha-2 subtype, respectively, among the four YO analogs. These results suggest that the A, B, C and D rings of YO analogs and their planarity are necessary for the affinity to alpha-adrenoceptors and that the predominant conformation of the carboxymethyl or hydroxy group on the E ring of YO structure determines the selectivity for alpha-1 and alpha-2 blocking activities.
著者
伊藤 豊 矢野 真吾 渡辺 和夫 山中 悦二 相見 則郎 坂井 進一郎
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.38, no.6, pp.1702-1706, 1990
被引用文献数
15

We investigated the selectivities and structure requirements for alpha-1 and alpha-2 adrenoceptor blocking activities of yohimbine (YO) and its 12 related analogs, such as &beta;-yohimbine (&beta;-YO), dihydrocorynantheine (DHC) and (-)indoloquinolizidine ((-)IQ). The affinity of YO analogs to alpha-adrenoceptor was assessed by measuring their blockade of pressor responses to epinephrine in pithed rats. Among YO structure groups, the potency order was YO>DHC=&beta;-YO>geissoschizine methylether>14&beta;-hydroxy YO>14&beta;-benzoyloxy YO (inactive). (-)IQ was slightly less potent than YO, but much stronger than (+)IQ. Among (&plusmn;)IQ structure groups, the potency order was (&plusmn;)IQ>(&plusmn;)1, 12b-trans-1-hydroxy IQ&raquo;(&plusmn;)1, 12b-cis-1-hydroxy IQ (imactive). (&plusmn;)Borrerine was active, but (&plusmn;)desmethylborrerine was inactive. The alpha-1 blocking activities of the four compounds YO, &beta;-YO, DHC and (-)IQ, were assessed in experiments of pressor responses to methoxamine in pithed rats and contractile responses to methoxamine in the rat vas deferens. The potency order was (-)IQ>YO>DHC>&beta;-YO. Furthermore, the alpha-2 blocking activities of the four analogs were assessed in experiments of pressor responses to clonidine and inhibition of electrically driven cardioacceleration by clonidine, in pithed rats. The potency order was YO>&beta;-YO>(-)IQ>DHC. Based on the potency ratio between alpha-1 and alpha-2 blocking activities, DHC or YO was most selective for alpha-1 or alpha-2 subtype, respectively, among the four YO analogs. These results suggest that the A, B, C and D rings of YO analogs and their planarity are necessary for the affinity to alpha-adrenoceptors and that the predominant conformation of the carboxymethyl or hydroxy group on the E ring of YO structure determines the selectivity for alpha-1 and alpha-2 blocking activities.
著者
伊藤 豊 加藤 熈 久保木 芳徳
出版者
特定非営利活動法人日本歯周病学会
雑誌
日本歯周病学会会誌 (ISSN:03850110)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.56-66, 1994-03-28
被引用文献数
19 4

本研究は,リコンビナントヒトBMP-2(rhBMP-2)を歯周治療に応用するため,担体としてウシ真皮より抽出しテロペプチドを除去したコラーゲンより作製した強化コラーゲン線維膜(FCM3)を用いた場合の有効性を検討する目的で,12週齢成体ラットの背部皮下と口蓋部に移植実験を行い,病理組織学的に評価した。その結果,移植3週後背部皮下では骨形成はみられなかったが,口蓋部ではrhBMP-2を1.0μgと2.0μg配合した群で骨形成が観察された。またその骨形成の過程は,1週目頃担体の外側部で盛んになり,3週目には母骨と連続し担体周囲を覆い,その後は担体内部へと向かい6週後には母骨とほぼ一体化していた。炎症反応はほとんどみられなかった。以上の結果より,FCM3を担体としてrhBMP-2を歯周治療へ応用できる可能性が高いと考えられた。
著者
伊藤 豊彰 田島 亮介
出版者
東北大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010

有機栽培体系において、未利用廃棄物であるポリシリカ鉄浄水発生土と他のケイ酸資材は、水稲の収量、外観品質を向上させ、斑点米被害を低下させ、ケイ酸施用は根の量と活性を増加させた。さらに、ポリシリカ鉄浄水発生土は酸化鉄供給によって、水田からのメタン放出量を低下させる可能性を示めした。これらの結果より、PSI浄水発生土およびケイ酸資材の施用が環境保全型水稲生産体系の重要な要素技術になりうると結論した。
著者
松本 敦至 伊藤 豊 齋藤 彰 川浪 雅光 加藤 〓 久保木 芳徳
出版者
特定非営利活動法人日本歯周病学会
雑誌
日本歯周病学会会誌 (ISSN:03850110)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.149-161, 1994-03-28
被引用文献数
14 1

第1報で,Bone morphogenetic protein(BMP)の担体として強化コラーゲン線維膜(FCM)が有効であることを報告した。しかし,FCMは吸湿すると強度が低下し,操作が難しいという欠点があったため,この点を改良した強化コラーゲン線維膜第3号(FCM3)を新たに開発した。まず,FCM3のBMP担体としての有効性について検討する目的で,成体ラットの背部皮下と口蓋部骨膜下に移植した結果,背部皮下で異所性骨形成が,口蓋部骨膜下で母床骨に連続し,隆起した骨形成が観察された。次に,BMP配合FCM3が歯周組織再生に及ぼす影響について検討する目的で,成体ラットの人工的歯槽骨欠損に移植した結果,移植してない群に比べて早期(1週)から骨芽細胞様細胞の増殖が見られ,3週では移植材をとり囲むように骨が新生し,6週では移植していない群に比べて歯槽骨頂が高く,幅も広い傾向が見られた。このことから,BMP配合FCM3は歯周組織の再建に有効である可能性が示唆された。