るっと (@MeRTcooking)

投稿一覧(最新100件)

[297]深層学習を用いたロボットアームのピックアップ作業に関する研究 https://t.co/dqdk9OiOAb
[296]神経回路モデルによるロボットの行動と言語の統合学習 https://t.co/Ku53k7ILVE
[295]深層学習とマニピュレーション https://t.co/hpMwMuNKEg
[294]深層予測学習によるロボット動作学習—エクスペリエンス・ベースド・ロボティクス— https://t.co/WZgxrXCWiJ
[292]開かれた知能と機構 https://t.co/Zw2xPCEYwa
[290]双腕ロボットによる食材の串刺し操作に関する研究 https://t.co/hAuKUrDvgn
[285]「さがみロボット産業特区」における生活支援ロボット普及促進の取り組みについて https://t.co/TqOybHlcmS
[281]社会的距離とモビリティ・ロボティクス・IoT https://t.co/5fthb4uiT3
[279]ソフト-リジッド複合構造を持つマイクロゲルロボットの作製 https://t.co/ASVziuYNvD
[278]新しい国際会議IEEE International Conference on Soft Robotics の参加報告 https://t.co/eKRsa1hdAw
[277]火山防災に求められるロボット技術 https://t.co/7a7rPzJuMV
[276]多視点ステレオと移動する単一カメラによる点群生成 —核融合炉ITER保守ロボットの遠隔操作補助 https://t.co/MZI5wQHhi8
[274]回転の皮膚せん断変形に基づく分布型触覚ディスプレイの設計 https://t.co/Hi3ocR7MDN
[272]なにもできないロボットBabyloidの開発 https://t.co/46WZDVqIm5
[271]ロボット技術の国際標準化—サービスロボット安全を中心に https://t.co/1Q2nlipz19
[270]Classifying the Cause and Effect System of “Kawaii” https://t.co/M4VXzpjDry
[269]未来のロボット開発へ九工大のロボティクス教育 ~ 高度専門技術とマネジメントによる新たな価値創造 ~ https://t.co/yXGvPmDzx8
[268]VRを用いたヒューマノイドロボットの遠隔操作 https://t.co/rj66P1rJZs
[267]動的環境下におけるロボットの動作生成 https://t.co/Ue7X5NkvVB
[265]測量地図情報に基づく移動ロボットの自己位置推定法 #MeRT論文リスト https://t.co/b6Lsh2AwQ0
[264]ポテトチップス中の抗酸化成分について https://t.co/pwlK14fbsr
[248]四足壁面移動ロボットNINJA-1の開発 https://t.co/KFxhsUyxOA
[246]車いす型全方向移動支援ロボット用簡易力検出機構を用いた3自由度HMIの開発 https://t.co/3iDA7RMrZU
[245]子どもたちはときどきモノ忘れするロボット〈Talking-Bones〉とどのように関わるのか? https://t.co/lQ5uDUwpHi
[244]水圧ロボットの空気–液圧サーボ増圧器による遠隔トルク制御 https://t.co/RdclxfN3GS
[243]プロジェクタロボットの投影適正領域への経路計画方法 https://t.co/n6Mtn04QtW
[242]クロマグロの遊泳解析に基づく魚型ロボットの開発 -実験による理論検証- https://t.co/PmOmuxMabs
[241]イルカ型ロボットから水泳ヒューマノイドロボット https://t.co/vGFaSEfk84
[240]ダイバーロボットの実現に向けて https://t.co/IY09G7H6Am
[239]水泳ヒューマノイドロボットを用いたクロール泳時の推進力測定(バイオミメティクス・バイオメカトロニクス) https://t.co/nTJUsVukc5
[238]強化学習を用いたヒューマノイドロボットによる転倒回避ステップ動作の学習 https://t.co/37qTT4SPX1
[235]文理融合のヒューマンロボットインタラクション研究 https://t.co/kaIkVlrsqE
[234]背後に配置したロボットによる社会的促進と抑制 https://t.co/b9LSBkMfHz
[233]米国における自律移動ロボット研究の動向(1987) https://t.co/tpl7D22NUX
[232]CONSTRUCTION OF A HIGH-ACCURACY POINT CLOUD MAP FOR THE AUTOMATIC DRIVING OF AN ELECTRIC WHEELCHAIR https://t.co/LRmFKI4tv7
[230]CoSAM: Co-Simulation Framework for ROS-based Self-driving Systems and MATLAB/Simulink https://t.co/DIIGZPR7Ds
[229]World Robot Summit(WRS)の意義とWRS2018(東京大会) https://t.co/I3eMxSnJr7
[224]ロボットやAIを用いた産学連携リハビリテーション https://t.co/AlvmSF6MSg
[223]Episodes of the Robot Olympics https://t.co/7tG2IP4hni
[221]ロボット技術を活用した資源化施設における手選別作業支援システムの開発 https://t.co/ULK8fz80IV
[220]曲率分布が制御可能な自由曲線の生成手法の提案 https://t.co/CKrZpLt9O3
[219]仮想的な機械要素を有するヘビ型ロボットの動力学的経路追従フィードバック制御法 https://t.co/fBhxB06BsV
[218]掃除ロボットが持つ課題と将来 https://t.co/xhUgL2Su9E
[217]ソフトロボティクスと身体知 チャットが新鮮だ笑 https://t.co/zesKN2QWkQ
[216]ロボット工学の開拓者 https://t.co/VUcfnJuMDv
[215]海外のロボット競技会と日本チームの動向 https://t.co/xkCamamRPF
[213]産業用ドローン市場の展望 自律制御技術による業務効率化・無人化 引用"DJI が世界トップと言われているが、それに対抗し て何ができるのか。日本のドローンの技術力はどの 程度なのか。" https://t.co/yn61lf33po
[212]ロボット工学を取り巻くメディア・コミュニケーションの動向 https://t.co/CXNut4fcGi
[211]ホビーロボットとマイクロマウス マイクロマウスも結構歴史長いんだなぁ https://t.co/uYLsh62YPp
[210]ホビーロボットを用いた高齢者介護施設における「笑い」の定量的評価方法 https://t.co/YfEpBLtjKZ
[209] 産学官連携による草刈りロボットの開発 https://t.co/cmJ4a7j4uC
[201]ロボット法をめぐる法領域別課題の鳥瞰 https://t.co/hWNlrbFsXM
[198]人の心に似た機械を設計できるか https://t.co/XGgOJ9Dc2R
[195]遠隔保育ロボットを用いた Toddler層乳幼児の言語発達支援システムの提案 https://t.co/3sC0Xl1iXs
[194]AIやロボットに対する小学生の意識調査 https://t.co/SBVr2z27gd
[192]農業用ロボットの研究 (第1報) マイコン制御による果実収穫用マニピュレータ(1984) https://t.co/EVcxBRDYsb
[190]10種のロボット動作画像想起時の脳波判別 -ロボットPalmiの動作制御- https://t.co/ISfHZN77PH
[187]宇宙機関における探査ロボットの国際動向 https://t.co/DglDjE0PUF
[186]情報収集ロボットのための鉄道レール走行機構 https://t.co/KT6z9bErEY
[184]ヒューマノイドロボットの着衣の色が対人距離に及ぼす影響 "色の進出現象とは逆の結果" https://t.co/RBBYiFjHTY
[183]メカナムホイールを使用したロボットの段差踏破 https://t.co/mVjumSmv7P
[182]画像処理技術を用いた牛のモニタリングシステム https://t.co/KhC7OUFi3e
[181]移動ロボットの脳動制御 https://t.co/g5NspJZBFA
[177]PID制御システムの設計論 https://t.co/R1RqD9CkLD

1 0 0 0 OA 筋肉ロボット

[175]筋肉ロボット https://t.co/TAt7o1UYtP
[174]安川電機のロボット開発の歩み https://t.co/WXFalzj7qh
[170]ヒューマノイドV: 日常活動型ロボット「ロボビー」の開発 https://t.co/LZwC6VDL6z
[168]吸引機構を搭載した水中ロボットによる海洋ゴミ回収システム https://t.co/ThCwgJJeFx
[166]複数のロボット機構による協調的あやつりの力学 https://t.co/5IHRrMgXWU
[165]ラーメンスープの旨味成分に関する研究(I) : イノシン酸の追求 気分転換にラーメン。 https://t.co/m3f5vtwkfD
[164]寿司ロボット : 職人の技を使う機械(食をつくる,<メカライフ特集>食をつくる) https://t.co/GNkE0Q5P7f
[162] Development of Tremor Suppression Control System Using Adaptive Filter and Its Application to Meal-assist Robot https://t.co/49q6oPPs6D
[161]箸を用いた食事介助ロボットの試作と食べ物の把持制御 https://t.co/dI1pFW7xGW

1 0 0 0 OA JST Front Line

[160]JST Front Line https://t.co/GQXMZdymSD
[159]ロボットのセンサフユージョン https://t.co/DFdt0ocAdY
[158]ヒトのバランス操作の確率動的モデル構築に向けて(OS12 ロボットおよび人間のダイナミクスと制御2) https://t.co/DPApyFH51a
[157]日本におけるロボット工学の研究者ネットワークの分析 https://t.co/MYqu8DHMkF
[156]高齢者用福祉ロボットの現状と将来 https://t.co/bkqkbvfwEk
[155]空圧駆動海洋探査クラゲ型ロボットの作製 https://t.co/ee6GGXJOle
[152]初期設計段階における多関節ロボットアームの最適な関節数,リンク長,軌道に関する研究 https://t.co/OsPDjvatnF
[151]自動車の自動運転におけるデジタル地図の活用 https://t.co/B42lDZvSHZ
[150]倒立振子から始めた動的2脚ロボットの開発 https://t.co/zg8s3RDJVP
[149]マニピュレータを搭載した車輪型倒立振子ロボットの制御 : 拡張状態オブザーバを用いたマニピュレータによる物体受け渡し制御 https://t.co/g0mBsc5erG
[148]自律移動ロボットによる未知環境の位相構造獲得と目標物への経路学習https://t.co/3f1dS9D7zV
[146]AUVのドッキング及び水中充電技術の開発について https://t.co/0rQyqAn5Gx
[139]ロボットコントローラの歴史と展望 https://t.co/R2lKOlO9JV
[137]ROSを利用した宇宙機ミドルウェアの構築 色々あるんだなあ~ https://t.co/0fPlV1PmEH
[136]自律型宇宙ロボット地上実験装置ASROTの開発 https://t.co/52Quk2QNWG
[135]宇宙ロボティクスの世界 (1989) https://t.co/xf7hV8sTFJ
[134]宇宙ロボットのターゲット捕捉時の衝撃力評価 https://t.co/VOLQVUK8HT
[133]ロボット聴覚オープンソースソフトウエアHARK https://t.co/kpRw8drRE1
[130]歩行機械の脚形態と移動特性 https://t.co/xl1equoKxT
[129]非線形カルマンフィルタの基礎 https://t.co/BUuFwpcwfC
[128]移動ロボットの環境認識と行動生成 https://t.co/SriTaOjJsC
[124]ドローン技術の現状と課題およびビジネス最前線(2017) https://t.co/CNrAoCtxTy
[121]ACモータのベクトル制御 https://t.co/Z2vwSSeYp5
[116]線形カルマンフィルタの基礎 https://t.co/MpG95AqMEu
[115]遠隔操作型コミュニケーションロボットとのインタラクションにおける印象評価 https://t.co/JwhmkP5mXn
[114]脚車輪型ジャンプロボットAirHopperの開発 : 第2報:車輪推進型跳躍動作の実現 https://t.co/m9p96OAV3L

お気に入り一覧(最新100件)

「学会」単位だと腰が重たいのかもしれないですが,ローカルな単位では,最近になって,両学会の会長が対談した記事が出たり https://t.co/v27js7eOYP それが派生して,両学生編集委員会の合同の企画が始まったりしました「ドラえもんから紐解く人工知能・ロボット」 https://t.co/Sw78zqbzpc https://t.co/UXF4jPli03
「学会」単位だと腰が重たいのかもしれないですが,ローカルな単位では,最近になって,両学会の会長が対談した記事が出たり https://t.co/v27js7eOYP それが派生して,両学生編集委員会の合同の企画が始まったりしました「ドラえもんから紐解く人工知能・ロボット」 https://t.co/Sw78zqbzpc https://t.co/UXF4jPli03
今更ながらに読んでる。やっぱり上の先生が考えていることに触れるというのは大事 https://t.co/2VnEYhUTPM
コロナ禍中は特に、国内リモート勤務に対応しております。研究員も含めて、南は九州から北は北海道まで。沖縄はまだ居ないですが
アシモでは、重心だけでなく足も質点としてモデル化した「3質点モデル」+慣性力を考慮したモデルを提案されているようなので、真面目にやろうとするならこちらで勉強させて頂くべきか。 https://t.co/uHfQoyGdr0
PFNの丸山先生の論文、『人の心に似た機械を設計できるか』という挑発的なタイトルで、かつ、出だしもかっこよい https://t.co/e3cWdg5pC5 https://t.co/Mv1XkeqDrK
“修士の2回生になって,把握系のポテンシャル理論をまとめて,計測自動制御学会の論文集に投稿した.結果はさんざんで,一人の査読者にこっぴどく酷評され,他の査読者は消極的に採択という判断.したがって,論文としては却下されてしまった” 若き日のMIT浅田春比古先生 https://t.co/X0T9jf4wDM (PDF) https://t.co/5TQbK2BUgQ
松本先生のD論「新しい数学モデルを用いた永久磁石同期モータの 位置センサレス制御系のロバスト化に関する研究」が読みやすい。私みたいなアマチュアでも、容易に拡張磁束モデルの気分が理解できた。 https://t.co/Xj1Ny2PsBg
J-STAGE Articles - ロボットミドルウェアの実時間処理・排他処理の比較 https://t.co/pHp7D1oDEa
mROS論文ようやっとジャーナル掲載まで漕ぎ着けられたぽい.長かったぁ. https://t.co/fCsHOgIyEd
4足歩行、なかなか最近の論文無いなぁ 広瀬先生という方が有名らしい 他にどの方の論文や書籍を読めば良いのやら 4足歩行機械の間欠トロット歩容 全方向歩行の動的制御 米田 完, 飯山 浩幸, 広瀬 茂男 1996 https://t.co/IfJB9IJJus
センサフュージョンによる移動体の自己位置推定 カルマンゲインの構造解析 https://t.co/R6adHgkxRC
制御エンジニアよりむしろ制御屋と呼ばれたい、と思うのはこの論文の影響だろう。ニコンの制御屋さんが書いた、本当に素敵な文章。 https://t.co/BL6edksVRF
制振制御の論文でいいのがあったので紹介、対象は加工機の台。何がいいって文章がいい。ぜひ原文を読んでほしい。「権威が出来ないと思ってたことを、現場が熱意でやっちゃって噴飯(意訳)」「制振装置にいたずらされたら、マイホームのお値段の加工機が台無しに(意訳)」 https://t.co/sb9isHIEjN

5 0 0 0 OA 次世代の制御

H∞制御(ロバスト制御)と外乱オブザーバ(外乱ロバスト)の違いがいまいち分からないのでこのあたり読む https://t.co/GJxEgacDOw https://t.co/N23TlwDr8Q
H∞制御(ロバスト制御)と外乱オブザーバ(外乱ロバスト)の違いがいまいち分からないのでこのあたり読む https://t.co/GJxEgacDOw https://t.co/N23TlwDr8Q
コンデンサで思い出したので、電解コンデンサレスインバータ(ダイキン)というのがあることをつぶやいておく。PFCレスでもある。 https://t.co/y1MA3l2UZa https://t.co/XXtnmzEX62
三平先生の論文をもとに、2輪台車の非線形方程式がなんとなく理解できた&MATLAB実装できた。分かってしまえば何ということはない、微分方程式の数値積分(ODE45=4次精度ルンゲクッタ)使うだけなのだけど、それを明確に言ってくれる文献がなくて迷子になった。 https://t.co/td2wUDWdPc
これもめちゃくちゃ面白い。「現代制御理論は1950年代に芽があった」1982年、伊藤正美先生。 https://t.co/yfUWuCQxNd
#ロボット工学の未解決問題 千葉工大の上田@ryuichiueda先生が昔書かれたこの記事は、ロボット工学のブレークスルーの方向性として今も有効だと思っている。(注:上級者向け) https://t.co/8UlG6pkjEs

フォロー(1312ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

中田節也. (2015). 火山爆発指数 (VEI) から見た噴火の規則性 (< 特集> 火山噴火史解明のための露頭データベース構築の検討 (2)). 火山, 60(2), 143-150. https://t.co/5EfWnbOI4Z
@dariodiegodio これはいいですね!!!! 知り合いの先生が,家電などに目などを貼り付けると,家電をそのまま擬人化できて,機器操作の学習が促進する,という研究をやっています! https://t.co/FPOJpdOmWD
南半球の噴火って日本(北半球)にどれくらい直接的な影響を与えるのかって気になったけど斜め読みした感じだと、灰が降るとかそういう直接的なのはあんま無い感じなのかな。対流の影響でこないんだろか? https://t.co/IBKuwdQjWX
RT @gengo6com: アメリカザリガニの厄介さは、一回侵入するとほぼ根絶不可能なことで、希少種生息地では継続的に捕獲圧をかけて低密度管理しますが、ある池では2年で4万匹捕獲しても減っていません(増える速度がそれ以上...) https://t.co/D28iivXt7h
RT @active_galactic: ヒトは他の種にない能力によって空前の繁栄を謳歌しているが、獲得した能力の代償は大きい。直立二足歩行と巨大な脳のために無理をしており、難産や誤嚥、膝の痛みや肩こりなどを抱え込んだ。 https://t.co/SkU7cdjAvQ htt…
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
RT @Nabe_RMC: 弱電から強電まで、いろいろな情報が入る面白い職場なのかもしれない。 EVのような電圧のモータ屋さんにとっては常識の話のようで 「高地における絶縁設計 山岳地帯のような高標高地点 においては,気 圧の減 少 に伴 って空気の絶縁耐力が低下する。 ht…
RT @Book_Committee: 『戦略ゲームAI解体新書』 Hearts of IronやRailroad Tycoonも登場! 「大規模デジタルゲームにおける人工知能の一般的体系と実装 : FINAL FANTASY XVの実例を基に」で人工知能学会論文賞を受賞した…
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
#ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
こんな綺麗に加速度外乱推定できないんだが...。カルマンフィルタ側のパラメータはどのくらいなんだろう。そもそも入力行列は本当にこれで良いのか? JSME-JT - 77_3386.pdf https://t.co/eBRJCRTh17
RT @Nabe_RMC: 弱電から強電まで、いろいろな情報が入る面白い職場なのかもしれない。 EVのような電圧のモータ屋さんにとっては常識の話のようで 「高地における絶縁設計 山岳地帯のような高標高地点 においては,気 圧の減 少 に伴 って空気の絶縁耐力が低下する。 ht…
RT @hideman2009: たぐれおん君 @TagLeon611  のアンドロイド観音の論文がバーチャルリアリティ学会論文誌でているが,共著者が僧侶なのが面白い(謝辞のメンツもすごそうw) アンドロイド観音:アンドロイドとプロジェクションマッピングを統合することによる…
そういえば紀要論文ですが、オフラインティーチングについてざっとまとめました。 「ロボットのオフライン・ティーチングにおける直接教示手法」 https://t.co/O5ML5uX9eZ
RT @tkouya: 積年の問題があっという間に解けちまったでよ。MPLAPACK恐るべし。 https://t.co/MNMQPosBtU https://t.co/LOPQRgVJ0u
RT @shima__shima: 人工知能学会の会誌に, @usait0 さんと共に執筆した推薦システムの国際会議 RecSys2021 の会議報告が掲載されました 無料で閲覧できますので,ご関心のある方はご覧ください https://t.co/6MPs8zWhAF
RT @shima__shima: 人工知能学会の会誌に, @usait0 さんと共に執筆した推薦システムの国際会議 RecSys2021 の会議報告が掲載されました 無料で閲覧できますので,ご関心のある方はご覧ください https://t.co/6MPs8zWhAF
RT @weihua916: 人工知能学会誌のグローバルアイに寄稿しましたので,興味があればぜひ.「コンピュータ科学の本場!アメリカPh. D. への挑戦とそこで学んだこと」 https://t.co/6d2TWjFdoC
RT @weihua916: 人工知能学会誌のグローバルアイに寄稿しましたので,興味があればぜひ.「コンピュータ科学の本場!アメリカPh. D. への挑戦とそこで学んだこと」 https://t.co/6d2TWjFdoC
人工知能学会誌のグローバルアイに寄稿しましたので,興味があればぜひ.「コンピュータ科学の本場!アメリカPh. D. への挑戦とそこで学んだこと」 https://t.co/6d2TWjFdoC
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第四回が無料オンライン公開されました! https://t.co/ZHmNHVe3S6
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第四回が無料オンライン公開されました! https://t.co/ZHmNHVe3S6
RT @stepney141: (準)公共財としてのOSSにフリーライダーと過少供給が発生せず、むしろ開発者による自発的供給が観察されるのはなぜか、という理論経済学的研究 https://t.co/G1LbVrONT0 ただ、「OSSとコンピュータに強い補完性がある」という前…

フォロワー(1915ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

中田節也. (2015). 火山爆発指数 (VEI) から見た噴火の規則性 (< 特集> 火山噴火史解明のための露頭データベース構築の検討 (2)). 火山, 60(2), 143-150. https://t.co/5EfWnbOI4Z
南半球の噴火って日本(北半球)にどれくらい直接的な影響を与えるのかって気になったけど斜め読みした感じだと、灰が降るとかそういう直接的なのはあんま無い感じなのかな。対流の影響でこないんだろか? https://t.co/IBKuwdQjWX
RT @gengo6com: アメリカザリガニの厄介さは、一回侵入するとほぼ根絶不可能なことで、希少種生息地では継続的に捕獲圧をかけて低密度管理しますが、ある池では2年で4万匹捕獲しても減っていません(増える速度がそれ以上...) https://t.co/D28iivXt7h
RT @active_galactic: ヒトは他の種にない能力によって空前の繁栄を謳歌しているが、獲得した能力の代償は大きい。直立二足歩行と巨大な脳のために無理をしており、難産や誤嚥、膝の痛みや肩こりなどを抱え込んだ。 https://t.co/SkU7cdjAvQ htt…
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
RT @Nabe_RMC: 弱電から強電まで、いろいろな情報が入る面白い職場なのかもしれない。 EVのような電圧のモータ屋さんにとっては常識の話のようで 「高地における絶縁設計 山岳地帯のような高標高地点 においては,気 圧の減 少 に伴 って空気の絶縁耐力が低下する。 ht…
RT @Book_Committee: 『戦略ゲームAI解体新書』 Hearts of IronやRailroad Tycoonも登場! 「大規模デジタルゲームにおける人工知能の一般的体系と実装 : FINAL FANTASY XVの実例を基に」で人工知能学会論文賞を受賞した…
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
RT @s_kajita: #ロボット工学概論 システム工学の「さしすせそ」 さ:最適化 し:信号処理 す:数理的手法 せ:制御 そ:ソフトウェア 潮俊光「システム工学と向き合った40年余りを振り返って」 https://t.co/JMuswItMqN
こんな綺麗に加速度外乱推定できないんだが...。カルマンフィルタ側のパラメータはどのくらいなんだろう。そもそも入力行列は本当にこれで良いのか? JSME-JT - 77_3386.pdf https://t.co/eBRJCRTh17
そういえば紀要論文ですが、オフラインティーチングについてざっとまとめました。 「ロボットのオフライン・ティーチングにおける直接教示手法」 https://t.co/O5ML5uX9eZ
RT @tkouya: 積年の問題があっという間に解けちまったでよ。MPLAPACK恐るべし。 https://t.co/MNMQPosBtU https://t.co/LOPQRgVJ0u
RT @shima__shima: 人工知能学会の会誌に, @usait0 さんと共に執筆した推薦システムの国際会議 RecSys2021 の会議報告が掲載されました 無料で閲覧できますので,ご関心のある方はご覧ください https://t.co/6MPs8zWhAF
RT @stepney141: (準)公共財としてのOSSにフリーライダーと過少供給が発生せず、むしろ開発者による自発的供給が観察されるのはなぜか、という理論経済学的研究 https://t.co/G1LbVrONT0 ただ、「OSSとコンピュータに強い補完性がある」という前…