Shuuji Kajita (@s_kajita)

投稿一覧(最新100件)

「高速大出力ヒューマノイドの研究用プラットフォームJAXONの開発」 https://t.co/V6fGitKDHC https://t.co/7Pl3TcYTSI
RT @drinami: “修士の2回生になって,把握系のポテンシャル理論をまとめて,計測自動制御学会の論文集に投稿した.結果はさんざんで,一人の査読者にこっぴどく酷評され,他の査読者は消極的に採択という判断.したがって,論文としては却下されてしまった” 若き日のMIT浅田春比…

19 1 0 0 OA 摩擦の物理

(緩募)「負の摩擦係数」を示すシステムってどこかにないものでしょうか? J-STAGE Articles - 摩擦の物理 https://t.co/kHlHxhOrFY
出典:竹中幸彦「N-Iロケット開発の歩み」 https://t.co/iYAk03uEqJ
RT @nas_alpha: このまえ書いた特集記事がオンライン公開されました。 RSJ会員は無料で読めます。 J-STAGE Articles - 無脳歩行現象:「弱い」モータや筋肉から発現する運動パターン https://t.co/6ZL4ZOFZOz
RT @arakencloud: まさか積乱雲の研究してる自分が,アニメ映画のなかでも積乱雲の研究することになるとは思いもしなかったです.#天気の子 https://t.co/KsZG0v1g8P https://t.co/MG6th0HtvR
RT @enodon: 我々世代の報われなさは、国会図書館のシンポジウムで(挑発的に)吐露しました。 まだ人生は何十年か続くんです。この世代と共に生き抜くことが今の私の最大の課題です。 地べたからみた若手研究者問題四半世紀―何が変わり何が 変わらないのか― https://…
杉原さんの解説だと「Newton-Raphson法を原型とする勾配法」とぼかして表現されてるな・・・。 杉原知道「逆運動学の数値解法」 日本ロボット学会誌 Vol.34, No.3, 2016 https://t.co/KRcRP1ouAV
RT @blessingyuki: これおもしろかった J-STAGE Articles - 呪われた孤児としての現存せざるロボット https://t.co/hmH137NQCU
RT @kkakinuma: 半導体のシリコン単結晶を作る実験をバケツでやったという、よくも悪くも当時の日本の実力を示すと散々言われた話がここにある > 電子立国日本の自叙伝 ・草創期編 - J-Stage https://t.co/6rd9XUnl2I
RT @ystk_hara: 原 祥尭, 坪内 孝司, 大島 章, "確率的に蓄積したスキャン形状により過去を考慮した Rao-Blackwellized Particle Filter SLAM", 2016. https://t.co/135tngMOpn 熊田 大輔,…
RT @ystk_hara: 原 祥尭, 坪内 孝司, 大島 章, "確率的に蓄積したスキャン形状により過去を考慮した Rao-Blackwellized Particle Filter SLAM", 2016. https://t.co/135tngMOpn 熊田 大輔,…
RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @tanichu: 10年前にこんな記事書いてた。当時としては相当マニアックだな。今でもマニアックかもだけど。システム制御情報学会は懐が深い。 >>記号創発の意味がわからなくて困っています.(アイ・サイ問答教室) 谷口 忠大 https://t.co/5121hOfJlr
ロボット学会誌の解説記事。こちらは無料で読めます。 https://t.co/D2WjAiFsNe
@ATRocket こちらからPDF全文をダウンロードできます。 https://t.co/Xfdm8rWxUC
RT @rei_nari: @niseyousui はい、ご指摘の通りです!光が当たると、結合している色素のピロール環が回転し、それに伴って、タンパク質と色素の相互作用が変化し、吸収波長が変わるという原理です。 興味をお持ちいただけたら、こちらの日本語総説をお読みいただけると…
@Sukuitohananika 制御工学の源流は19世紀に遡ります。サーボシステムのオーバーシュート現象の改善は重要な課題の一つで、恐らく1930年代には基本的な理論が確立しています。 https://t.co/jOwLksd0WR
@kumarobo @zaklab 浅間先生ホイールってこの論文に出てくるものですよね? https://t.co/8Sked0fxfP
RT @oshio_at: 何年か前にこの論文で「自尊感情の低下が社会的弱者の排除や政治的保守化,周辺諸国との対立などに結びつくことを示唆する」と書いたのですがどんどん実現されつつある印象 J-STAGE Articles - 日本における自尊感情の時間横断的メタ分析 htt…
RT @norionakatsuji: 日本の科学の状況報告書:惨憺たる現状及び原因の失策が明瞭。「特定分野・特定グループへの集中が進んで」「社会ニーズを満たす(役に立 つ)研究や成果がすぐに見える研究に偏って」「選択と集中が過度」「日本の基礎研究は全ての分野・レベルにおいて急…
小松左京「ロボット社会学の構想」 第3回日本ロボット学会学術講演会での特別講演 1985年 https://t.co/yIOCgOWxMl
RT @Carex_minima: 車で走ってて「冬でもないのに竹が枯れてるやん。強烈な除草剤でもぶっかけたか?」と思ったけどピンときた。「開花だ!」 竹の開花は100年に1度らしいけど、有性生殖の機構はどうなってるんやろかと調べたら、超面白かった。和文落ちてるのホント有難い…
RT @drinami: 質疑でロボット系で美しい研究は無いかと問われてロボットというより機構だけど広瀬茂男先生の「IBマグネット」 https://t.co/zc7SZApurZ と「ソフトグリッパ」 https://t.co/HzoyZx7R04 を紹介。ソフトグリッパ…
RT @SciCafeShizuoka: 「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」西田幾多郎『哲學のアポロジー』、1916、智山学報、3、11-14. https://t.co/HjUsR1Dtsg 百年一日のごとし… 元はカントの言葉…
RT @ModeErrorComp: 計測自動制御学会の4月号に、外れ値やデータ欠落の影響を完全除去できる状態推定オブザーバの論文が掲載された。これまで提案されている様々な手法では完全除去は不能だった。 J-STAGE Articles - メディアンを用いた外れ値やデータ欠…
バズったら宣伝。私が開発指揮をとった人間型ロボット サイバネティックヒューマンHRP-4C、通称「未夢」について学会誌に書いた随想を貼っときます。 https://t.co/d5eGxUVkFT
昨年掲載された解説記事、やっとフリーアクセスになった。 梶田「DRC決勝戦における歩行安定化制御」 日本ロボット学会誌 vol.36, no.2, pp.140-143, 2018 https://t.co/Ft0qZZjsBT
江尻正員「拝啓、同志ロボット研究者・技術者諸君!」 日本ロボット学会誌 vol.33, no.4, 2015 https://t.co/REuJJAmysn
「実用化を考える場合には、常にシステム思考のアプローチが重要で、一般の自動機器でも、平常時の正常な動作を行わせるプログラム量に対し、異常事態に対処するプログラム量は少なくともその10倍は必要となる」 https://t.co/REuJJAmysn
有本 卓「ロボット産業の広がりを阻む未踏の研究課題」日本ロボット学会誌 vol.33, no.4, 2015. https://t.co/BH8sYMaDeG
吉川恒夫先生「ロボット学という学問の成長曲線の成熟の度合いが高まってきたと感じますね。そうするとどうしても基本的なところというのはかなりはっきりしてきて、(以下略)」 ここは同意できなくて「ロボット学はまるで未成熟」というのが僕の主張。 https://t.co/mdci3oegct
吉川恒夫「制御理論とロボット工学の面白さ」日本ロボット学会誌 vol.30, no.9, 2012 https://t.co/mdci3oegct
RT @motorcontrolman: 制御と機械学習の関わり、足立先生の「制御工学と人工知能の近くて遠い関係」が非常に参考になります。制御工学と機械学習が補完的な存在になるとであろうという見解も各所で見られますが、個人的にはごく自然なことであると思います。 https://…
@ka_ken_wa 放射線によるハードウェア損傷の議論が大半だと思います(例↓)。 大西他「原子力災害対応ロボットの設計と開発」日本ロボット学会誌 vol.32, no.9 https://t.co/ProWMCjIui
RT @motorcontrolman: これもめちゃくちゃ面白い。「現代制御理論は1950年代に芽があった」1982年、伊藤正美先生。 https://t.co/yfUWuCQxNd
@import_godiva さっきお話した、HRP-4C「未夢」について以前書いた記事です。 J-STAGE Articles - ヒューマノイドロボットはただの機械ですが? https://t.co/fSc34ueYWr
人生の最適制御の話題ならこれ。 J-STAGE Articles - 自然法則と最適制御 https://t.co/ITP1MYj6OV
HJB方程式からリッカチ方程式を導出する話は以下に書きました。 梶田「DRC決勝戦における歩行安定化制御」 2018 年 36 巻 2 号 p. 140-143 https://t.co/QWgfIgzvXI
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/ibe10YMSR2 h…
RT @tatsuva: @s_kajita 確かに,まだこれから飛躍が期待できる領域ですね.私が研究していた1990年代後半は人の手の動きを参考にして戦略を抽出する方向でした. https://t.co/cGZtZ5cIel それと長谷川先生や小俣先生の理論的な研究が並行して…
RT @enshot: 特許庁で働く間に特許に精通したアインシュタインは、冷蔵庫の特許を45件以上取得し、その出願書類をすべて自分で作成しました。 また、その特許を元に企業と契約し、多額の特許料を得ました。 アインシュタインは社会ニーズを把握し、解決策を見出そうとしていました。…
RT @drinami: 3Dプリンタに関する第1論文 小玉秀男「3次元情報の表示法としての立体形状自動作成法」電子情報通信学会論文誌 C, Vol.J64-C, No.4, pp.237-241, 1981/04/2 https://t.co/m55wm9LsQr http…
@blue_standard2 こちらです。 梶田 「DRC決勝戦における歩行安定化制御」  日本ロボット学会誌 36 巻 (2018) 2 号 p. 140-143 https://t.co/26TbtMNPnY
梶田、森澤、中岡他 「DARPAロボティクスチャレンジ決勝戦でのロボットシステム開発と教訓」 日本ロボット学会誌、vol.34, no.6, pp.360-365, 2016. https://t.co/4a9AiXn1Za
@AXION_CAVOK それは、銅谷賢治先生が1987年に発表されたこのロボットですね。愛称「てんちゃん」♪ https://t.co/Kb7eOui9OM
RT @chikurin_8th: 日本思想は論理的一貫性を軽蔑する。典型は鈴木大拙の禅思想で「山は山で、山でない。水は水で、水でない(「東洋思想の不二性」)」てなことを言う。実はこれがサンスクリット語の誤読に由来する疑いが濃厚なのです。下から短い論文がDLできます。外国語おそ…
「最適制御の理論は最大原理という大きな枠で、これに特殊な対象に適用すると力学をはじめとする自然法則が出てきます」 最適制御理論こそが宇宙を統べる根本原理♪ https://t.co/dfWTEXzdEL
#ロボット工学の未解決問題 千葉工大の上田@ryuichiueda先生が昔書かれたこの記事は、ロボット工学のブレークスルーの方向性として今も有効だと思っている。(注:上級者向け) https://t.co/8UlG6pkjEs
RT @kmoriyama: BD社のAtlasの動画を見てると https://t.co/xN09FSpxJR 梶田さん @s_kajita と杉原さんが2008年に「未来のヒューマノイド」 https://t.co/xrlQoNxvFR で予言した2025年、2050年の姿…
RT @genkuroki: #統計 11/5にGoogleのロゴが赤池弘次さんになっていたので、赤池さんが書いたものをググって読んでみました。次の2つ(どちらも1980年の論説): https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変遷について ht…
去年書いたこの記事、そろそろPDFが一般にアクセス可能になる筈なんだけど・・・。 「DARPAロボティクスチャレンジ決勝戦でのロボットシステム開発と教訓」 日本ロボット学会誌 vol.34,no.6, 2016. https://t.co/qRAWS4y0lf
RT @ootoriraku: 「ヤマガカシ毒に対する抗血清。日本蛇族研究所が試作したものしかないですよ。」って聞いていたけれど、まさか科研費を申請してまで作っておられたとは!https://t.co/0ceQzzYMSm
@nojiri_h 着地できるロボットはパッと思い出せませんが、「猫ひねり」のできるロボットの制御は1990年代にちょっとはやりました。 https://t.co/SNRIuBKqYt
RT @KoichiroEto: 【告知】「情報処理」2017年6月号に、「信念の受賞 ~Tim Berners-Lee氏のチューリング賞受賞に寄せて~」という記事を書きました。ぜひお読みください! https://t.co/1lqiHYdsD2 https://t.co/GV…
RT @drinami: "東京大学工学部に計数工学科が設立されたのは 1962 年であるが,このとき情報工学科という名前は教授会で一笑にふされて全然問題にされなかったという(高橋秀 俊,東京大学公開講座『情報』)." https://t.co/xF4NeIBo9x
@erishibata 女性型ロボットHRP-4C「未夢」の開発者の一人です。我々の開発の目的を解説した記事が公開されていますので、ご参考までにどうぞ。 「ヒューマノイドロボットはただの機械ですが?」日本ロボット学会誌 https://t.co/7bALm8qsd5
RT @masanork: 地域におけるアジャイル開発の事例、ちゃんと論文になってたのね / “浪江町におけるタブレットを利用したきずな再生・強化事業─住民参加型の課題定義から開発プロセスまで─” https://t.co/BADg2PUb2g
RT @kumarobo: @duo6750 @zaklab @ShinozakiK 恩師先生が姿勢センサから手作り。1974年頃 https://t.co/mhGHXbjBpY https://t.co/NUwun5TBQO
「R.E.Kalman教授(元フロリダ大学教授、スイス国立工科大学教授)は去る2016年7月2日、フロリダ州、ゲインズヴィルの自宅で、胃ガンとの数ヶ月の闘病の末に永眠された。」 https://t.co/tziSC6zjd0
山本裕 「現代制御理論の父 Rudolf Kalman教授の訃報に接し」 「計測と制御」 vol.55, no.11, 2016. https://t.co/ybjcCpyDqN
RT @moccos_lab: カルマンフィルタを使っている人は多いと思うが,ぜひ読んで欲しい. 「現代制御理論の父Rudolf Kalman教授の訃報に接し」山本裕 https://t.co/zqTzL5mW67 いまのところ計測自動制御学会の会員のみダウンロード出来るの…
座談会「鉄腕アトムの世界とロボット技術」 手塚治虫、加藤一郎、内山勝、広瀬茂男、細田祐司、大島正毅、下山直子 日本ロボット学会誌、vol.4. no.3, pp.306-311, 1986. https://t.co/L09FmE8Gag
RT @shima_usa96: 私たちの国の象徴が「生物学者として地道な研究をなさっている」って、誇らしいし、嬉しい。>CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/MlSabRdOMt #CiNii
@ryuichiueda @Atsushi_twi これですか? 上田隆一、新井民生「パーティクルフィルタとQ-MDP法による状態推定の不確かさを考慮した自律ロボットの実時間行動決定」日本ロボット学会誌, 2007. https://t.co/aeVtoOjL8c
@AXION_CAVOK 少し問題意識は違いますが、昔「SFロボットのメカ学:パ トレイバー巨大2足歩行の不可思議」という解説を書いたことがあります。ご参考までに(こちらのPDFの4ページ目より) https://t.co/AnQ9EZVNMp
@AXION_CAVOK この名エッセイがまさにそれですね! 川合敏雄「自然法則と最適制御」日本物理学会誌 https://t.co/qnaCDFlp4K
@AXION_CAVOK この名エッセイがまさにそれですね! 川合敏雄「自然法則と最適制御」日本物理学会誌 https://t.co/qnaCDFlp4K
これを思い出した。河合敏雄「自然法則と最適制御」 https://t.co/OG1gljWRwm https://t.co/Qp9xcGHRx8
これを思い出した。河合敏雄「自然法則と最適制御」 https://t.co/OG1gljWRwm https://t.co/Qp9xcGHRx8
梶田「ヒューマノイドロボットはただの機械ですが?」 日本ロボット学会誌 vol.31, No.9, 2013 https://t.co/7bALm8qsd5
RT @Cernobyl: @s_kajita 興味深いです。。 / "Lovotics:ロボットとの愛と性" https://t.co/l6U06b3pCE

256 0 0 0 OA 目次・表紙

RT @Cernobyl: 情報処理学会誌、かわいい特集だ https://t.co/Goh74MjdYj https://t.co/0wiE5tXTBP
この神エッセイにあと付け加えるべきなのは、ベルマンの動的計画法&強化学習との関連性。 https://t.co/EswhbWGka2
中央大学の木下源一郎先生から伺った話。「R.E.カルマンの最適制御理論が登場した1960年前後、多くの人はむしろポントリャーギンの最大原理のほうが凄いと思っていた」 => 川合 敏雄「自然法則と最適制御」 https://t.co/VW2MXilIpG
“最大原理を日常の言葉で理解しながら、物理法則を制御の目で眺めなおしてみます”  河合敏夫「自然法則と最適制御」日本物理学会誌 vol.41,no.3, 1986 https://t.co/9HhAAz1LBF
RT @pletwobine: 昔甥っ子と盛り上がった「インスタントコーヒー混ぜてるとスプーンとカップがぶつかる音がどんどん高くなる不思議」を急に思い出しぐぐったら何と論文が!アイツが犯人だったかぁぁぁぁ! https://t.co/M7chjEOWPp https://t.c…
RT @AmadeusSVX: @AmadeusSVX 91年当時、実時間画像認識なんてPCでは到底無理でした。なので、この先生は画像認識LSI自体から開発されています(!) https://t.co/iABIKd9f2g 先人の論文は、知見以上に技術力とパワーにぶん殴られるの…
RT @cinii_jp: 梶田先生が昨日の会見で,ご存命であれば共同受賞だったと思う,とおっしゃった戸塚先生。研究そのものだけでなく,生き方も引き継がれていくのですね。 戸塚洋二先生を偲ぶ http://t.co/Qwx3pQpHRD #CiNii
@tatsuva ご存知かと思いますが一応。 岡田慧「ROS (ロボット・オペレーティング・システム)」 日本ロボット学会誌vol.30, no.9, 2012. https://t.co/XWrrie07P0
RT @hiroosa: AIBOのアーキテクチャはかなり真面目にSubsumption Architectureを真似ている。首・尻尾・各手足ごとに動機を持たせ統合するなど/CiNii 論文 -  ペット型ロボットの感性表現 http://t.co/gpwhHwENsv #C…
RT @kumarobo: 命日でしたか。あの衝撃のニュースが流れた日からもう2年ですか…。RT @s_kajita "優秀な研究者であり,開発チーム唯一の女性スタッフであった彼女の貢献なくしてHRP-4Cが現在の形になることは決してなかった." https://t.co/K…
"さらに今後彼女がなし得たであろう貢献を考えるとき,彼女の死は我々だけではなく,全世界のロボット研究者コミュニティーにとって取り返しのつかない損失であった." https://t.co/7bALm8qsd5
"優秀な研究者であり,開発チーム唯一の女性スタッフであった彼女の貢献なくしてHRP-4Cが現在の形になることは決してなかった." https://t.co/7bALm8qsd5
HRP-4C開発メンバーの一人である三浦郁奈子氏は2013年5月19日3:34pm(現地時間),米国ボストンにて交通事故で亡くなられた.マサチューセッツ工科大学の客員研究員として,一年間の予定で滞在中の事故であった.https://t.co/7bALm8qsd5
「ヒューマノイドロボットはただの機械ですが」日本ロボット学会誌 vol.31,no.9, 2013  https://t.co/7bALm8qsd5
RT @AmadeusSVX: @AmadeusSVX もちろん距離計算可能な画素のみの数値ではあるのですが、多視点でのDepth From Focus:https://t.co/jZewdY1NEHと呼ばれる決して軽くない処理を、毎フレームがしがしカメラ上で計算させているのに…
RT @AmadeusSVX: .>RT 赤ちゃんが歩くなどの各種スキルを獲得していく過程について、こういう論文:https://t.co/Y7ish5tlBv があるのを思い出しました。ただ、モデル化の範囲・規模が自分の想像を遥かに超えていて、結果が妥当なのかどうかすら正直理…
ROSを使うことで世界は一変する、か。Kei Okadaさんの解説はほんと熱いな! https://t.co/bV0Gj8eoFZ
“ROSの特徴は、通信や並列分散といったソフトウェアのフレームワークよりも、開発者・利用者の立場に立ったツール群とコミュニティの存在にある。” https://t.co/bV0Gj8eoFZ
“正直な感想としては,これほど有用なソフトウェアは存在せず,ROSを使う前と使う後では世界が一変したと感じている.” ROS(ロボット・オペレーティングシステム)by 岡田 慧  https://t.co/bV0Gj8eoFZ
IITのiCubで使われているミドルウェアの解説: 渡辺哲陽「Yarpによるアプリケーション連携」日本ロボット学会誌 vol.30, no.9, 2012 https://t.co/ivQI0mYFML
RT @kumarobo: こういう感じのロボット。 参考:https://t.co/f0KhKZJa5h http://t.co/UAbxD1AQWW
RT @tinouye: これが、イグノーベル賞受賞した北里大学馬渕教授の、バナナの皮の滑りやすさ、の論文か…(英文PDF https://t.co/sN2ou9FSK1
RT @norionakatsuji: これ日本だけの不思議な信仰の一例だと思っていたが、真偽を研究した方がいたんだ!"@fohtake: 広く知られて欲しい研究結果です。RT @dankogai: 血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠 htt…
RT @dankogai: Read: 血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―― https://t.co/21ExQpNvfF
RT @HirokiMori: ロボット学会学会誌第一巻の森政弘先生の論文は圧倒的にニヤニヤしてしまう。こういう前のめりで突拍子もないことを書きたくて学会を作ったんだろうなぁ→「ロボット制御への身体図の導入」Vol. 1 (1983) No. 1 P 13-16 https:/…
RT @kumarobo: お知らせ: 以前、英語でJRM誌に発表した、玉乗りロボットの主要論文の日本語翻訳版が機関リポジトリでオンライン公開されました: https://t.co/TAHrF8XuGg ※富士技術出版さんにご許可頂いての同一内容の全文翻訳版です
若手パネル企画討論「SFのロボットを科学する」日本ロボット学会誌 vol. 12 no.3 / https://t.co/AnQ9F0dX0x

お気に入り一覧(最新100件)

@tom_shibata 実は,以前に切断者の診断に使えるかという話をPOさんに聞いたところ,この数センチの段差を上がることさえ難しい(これが必要なレベルの人は)ので,やはりKinectが良いと言われました. ↓ 自分の作ったシステム:https://t.co/Mt19MWLsUW
ベースの内容は、昨年度の統計数理研究所オープンハウスでのチュートリアル講演です。 https://t.co/HaeOLO88t4 なお類似の内容が日本統計学会誌に掲載されています。 https://t.co/Dw4h0VQE0g
こんな論文どうですか? 人工知能を用いた「プリキュア」分析(植田 康孝ほか),2020 https://t.co/tdWinDng2U 人工知能を基盤としたデータサイエンス領域の発達は,自然科学分野に留まらず,経営学,社会学,歴史学,文学など文系分…
“修士の2回生になって,把握系のポテンシャル理論をまとめて,計測自動制御学会の論文集に投稿した.結果はさんざんで,一人の査読者にこっぴどく酷評され,他の査読者は消極的に採択という判断.したがって,論文としては却下されてしまった” 若き日のMIT浅田春比古先生 https://t.co/X0T9jf4wDM (PDF) https://t.co/5TQbK2BUgQ
ローティーンのころ雑誌「ムー」の愛読者だったことは、黒歴史というわけではないけど、そのころ「トワイライトゾーン」とか「不可思議」とか、類似の雑誌があったことを知る人は今や少ないかな。 なおその頃科学雑誌ブームの時期でもあったのは何かの関係があるのか…。 https://t.co/3tWQQ6klcz

63 0 0 0 OA 北斎漫画

NDL所蔵は色が無いので少しさみしいが、北斎漫画は見ているだけでも楽しい。 https://t.co/pz4ada8oMU https://t.co/Ol9JnNtfTE
2020年度 計測自動制御学会 論文賞をいただいた論文がオープンアクセスになりました。 内容は、ピョンピョン跳ねる無脳ロボットの非線形力学解析です。 解説とあわせてどうぞ。 アクチュエータの弱さによる跳躍安定化メカニズム https://t.co/WX0d1jJyVR https://t.co/giT2Clhk4C
このまえ書いた特集記事がオンライン公開されました。 RSJ会員は無料で読めます。 J-STAGE Articles - 無脳歩行現象:「弱い」モータや筋肉から発現する運動パターン https://t.co/6ZL4ZOFZOz
軍事研究とデュアルユースの混同が中国に渡った基礎科学研究者への非難につながっています…。なんでも軍事研究という誤解…。 このままいくと日本で出る基礎科学論文も政府の許可なく出せなくなるのでは…。 https://t.co/bYI5XJN7oZ
数十倍からことによると千倍は速くなっている。しかし、集めた文献を読み解いて理解し、特徴を抽出して適切に引用する人的な作業の時間はほとんど短縮されていない。ところが2019年一冊の画期的な本が出版された。 表題は"Lithium-Ion Batteries"と言う。解説はこちらに譲る。 https://t.co/9jZ5AC7gLu
#統計 Sanovの定理については、赤池弘次さんによる解説(添付画像) https://t.co/foCDt7FZBK または私による詳しい解説 https://t.co/wSDIgaOAqf を参照せよ。 * 大数の法則 * 中心極限定理 * Sanovの定理 は統計学における確率論の「三種の神器」である。基本中の基本! https://t.co/y04ewnwLYv
我々世代の報われなさは、国会図書館のシンポジウムで(挑発的に)吐露しました。 まだ人生は何十年か続くんです。この世代と共に生き抜くことが今の私の最大の課題です。 地べたからみた若手研究者問題四半世紀―何が変わり何が 変わらないのか― https://t.co/wcNezh88BM https://t.co/gn33Irog12
はやぶさ2からサンプルが無事に届いたけど、オーストラリア税関は宇宙からの着陸は輸入だから、関税を課すみたい。前回のはやぶさではS型隕石の 一般 的な市場価格 (数百円から数于円程度)から1g1円と算定して、「無税」として税関に受理されたんだって。 https://t.co/QAefdDIyiV
これおもしろかった J-STAGE Articles - 呪われた孤児としての現存せざるロボット https://t.co/hmH137NQCU
こちらにヒゲタ醤油の研究者による論文が https://t.co/liNwKT0R2L
近年、人為環境に対して様々な生物が”急速に”進化すことが一般的だと分かってきました。この知見を生物の保全に役に立たせようと議論した総説が公開されました。 門脇ら(2020) 進化を考慮した保全生態学の確立と生態系管理に向けて. 保全生態学研究(オープンアクセス) https://t.co/qZPEtBsbZg
スーパーマン J-STAGE Articles - 運動知能 —運動から迫る実世界に開かれた知能 https://t.co/wmojka0MJP https://t.co/KoR7RSxBxA
#統計 「黒木とか言う嫌な奴に絡まれるのが嫌だな」と思っている人は赤池弘次さんによる1980年の2つの論説を読んで理解しておけば心配せずに済むようになります(笑) https://t.co/rVEPngIsM6 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度
……というのが、とりあえず次の文献などを参照した上での自分の解釈。 https://t.co/sTYy8kOGTX https://t.co/bU0vb9v8AY

12 0 0 0 OA 自動運転と法

今、第三部の部長が、自動運転についてアドバイスしてくれていて、任命拒否されて困っている、という形ででてきた一部の先生は松宮さん。 https://t.co/zBx4neaRSO
NHKもこの頃はまだマトモだったわなぁ。プロジェクトXとかやりだしたあたりからオカシくなってった気がする。コイツは実家で見てたよ。 https://t.co/y0dEo8utur
半導体のシリコン単結晶を作る実験をバケツでやったという、よくも悪くも当時の日本の実力を示すと散々言われた話がここにある > 電子立国日本の自叙伝 ・草創期編 - J-Stage https://t.co/6rd9XUnl2I
まだまだ理系研究者の側もデュアルユースの議論を表層的にしか捉えていない感があるので、入門に「科学技術コミュニケーション」Vol.19 (2016)の特集をオススメさせて頂きたい: https://t.co/HIslblGVPx 下の方にある「パネルディスカッション」から読んで、関連する記事を読むのがわかりやすいです。
p. 115「アトランティス人たちは、原子を分裂させる方法を知っており、その際放出されるエネルギーは、地上の科学者の予想するほど大きくはないにしても、偉大な動力源を供するに足るほど強力である」1927年作ですが核分裂発見は12年後。参考:https://t.co/9TsFFPutDs https://t.co/pZdloQ6H1a https://t.co/CxWj9reRSK
動物にヘリウムと言えば、伊福部先生らが1982年に発表した、九官鳥はヘリウム中でも声変わりしないという研究はサプライズがあって好き https://t.co/iw2WPdSUu9 https://t.co/VHbVxDVFM0 > RT
濃尾震災の件、もう一つ書いておきたい。それは震災救援の医療ボランティアの端緒も、この濃尾震災にあったという事実。当時の窮状から医療救護支援が行われた。阪神淡路大震災の後、西宮YMCA館長の山口氏からYMCAが駆けつけたと聞いた。「今とおんなじや」と言っておられた。https://t.co/2WJMe33EpE
産総研AIセンターの尾崎さんのサーベイ論文「機械学習におけるハイパパラメータ最適化手法:概要と特徴」が信学誌に掲載されました.研究のグローバル化が進む中での和文誌のあり方の一つがサーベイ論文だと思っているのですがこの分野は進歩が速いのでサーベイも大変です. https://t.co/zX7XVsNW8a
原 祥尭, 坪内 孝司, 大島 章, "確率的に蓄積したスキャン形状により過去を考慮した Rao-Blackwellized Particle Filter SLAM", 2016. https://t.co/135tngMOpn 熊田 大輔, 原 祥尭+, "レーザスキャナの受光強度と局所形状に基づく特徴量を用いた路面属性の認識", 2015. https://t.co/oVcOvd6eLO
原 祥尭, 坪内 孝司, 大島 章, "確率的に蓄積したスキャン形状により過去を考慮した Rao-Blackwellized Particle Filter SLAM", 2016. https://t.co/135tngMOpn 熊田 大輔, 原 祥尭+, "レーザスキャナの受光強度と局所形状に基づく特徴量を用いた路面属性の認識", 2015. https://t.co/oVcOvd6eLO
以前書いた SLAM 解説論文が、J-STAGE のオープンアクセスで公開されました! https://t.co/kIi4XH10Eu https://t.co/xtlOjQYCJP
阪大の池田先生が、「ファジィ制御への過大な期待に対する疑問」という記事を1990年に書かれていて、 https://t.co/O5elb51XvS 同じ論調で行くと「ディープラーニングへの過大な期待に対する疑問」という側面からのは提示は重要ですね。自分はディープラーニングに期待する面もありますが。 https://t.co/ILazEZv2mv
カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たしているそうです。 https://t.co/DNb6lCxsAu https://t.co/KsVVM5urYc
10年前にこんな記事書いてた。当時としては相当マニアックだな。今でもマニアックかもだけど。システム制御情報学会は懐が深い。 >>記号創発の意味がわからなくて困っています.(アイ・サイ問答教室) 谷口 忠大 https://t.co/5121hOfJlr
#超算数 昭和2年(1927年)の尋常小学算術科指導書には掛け算の順序固定指導が書いてある。 https://t.co/o9EtoCBazn https://t.co/NFFDPxc5XL
ツイートが拡散するときって、時間遅れがあってあるとき急激に増えて急激に減るのでSIRモデルみたいだなーと思っていたら、そんな研究がありました:https://t.co/FAQ7fHdiY0
2自由度制御、内部モデル制御、モデル誤差抑制補償器、外乱オブザーバ、スミス法をまとめた解説記事書いてから4年も経過していた。 https://t.co/NDMZSO4FRl
違うだろー!このハゲーー!貞観津波の論文なら女川2号機の建設を手がけた阿部壽さんの論文を取り上げろよ、このハゲーー! 阿部壽・菅野喜貞・千釜章(1990): 仙台平野における貞観11年 (869年)三陸津波の痕跡高の推定 https://t.co/ICmGKlpfj8
なお、情報系学会オンサイトでのチャットの利活用は1994年のソフトウェア科学会大会のパネルと1997年からのWISSでの本格運用などが草分け。だからニコ動が出てきたとき、関係者は「体験がWISSっぽい」と一瞬で腑に落ちた https://t.co/shU8ZyLLwv (PDF)
およよ。科研費でてるじゃん。600万円だけど。 まあ出しても良いネタかもね。 ----- 雷撃の衝撃波による椎茸発生メカニズム解明と栽培促進技術の確立 https://t.co/MiliS86huO
投票率の相関を検索したらいい論文ありました。 https://t.co/Ed1bp63pIV 結論から言えば、景気が悪化すると投票率が悪くなります。高度経済成長もとい国民所得倍増計画が終わった1975と1990のバブル崩壊で顕著に悪化。 ちなみに都道府県の投票率って50-60%多いんですね。それ以下の市は平均以下
こちら、今泉先生の吃音に於ける脳の活動とその原因に関する論考です。 ブローカ野と運動野の作動順序が逆転したり、ドーパミン過剰になったりと、複雑な機構を有する脳の中でも「発話」が如何に複雑な仕事かと。 発話中枢機構 と吃音のメカニズム|今泉 敏 https://t.co/m6nwFCkekg https://t.co/jGTDPf5L5N https://t.co/heqhVNFj30
大脳基底核と強化学習の話は、昔バイオメカニズム学会に解説をかいた。 https://t.co/Fcnrg9IEdy
1959年に音声合成を行う装置があったなんて驚きだわあ... しかも真空管式だし... 初音ミクの先祖...真空管式の... https://t.co/DZHbaiewg5 https://t.co/0xS9ANpHGH
「人類初の人工衛星,スプートニク1号が爆発力によって成形加工されたものであったというニュースは,すでに旧聞に属すことであって…」 そうだったのか! 爆発成形法による球形ロケット用半球殻の成形(PDF) https://t.co/16nhQ2EZB3
ロボット学会誌に解説記事を書かせて頂きました。少し事業寄りの視点で書いてみたので、どれくらい受け入れられるかわかりませんが。。。 自律移動ロボットのIoT化と新規市場創出 https://t.co/TNFwww0ELE
ACM Multimedia オープンソースコンペティションについてはOSX牛久先生と東大松井先生の過去の会議レポートがありましたので、そちらをご参照ください。 https://t.co/mhaConv8mj https://t.co/dQqn7KcDhd
ACM Multimedia オープンソースコンペティションについてはOSX牛久先生と東大松井先生の過去の会議レポートがありましたので、そちらをご参照ください。 https://t.co/mhaConv8mj https://t.co/dQqn7KcDhd
センサフュージョンによる移動体の自己位置推定 カルマンゲインの構造解析 https://t.co/R6adHgkxRC
(ROBO) Jetson Nanoを背負って足踏み&微小歩行ができたので、歩行モーション生成の改善に進むべく、梶田先生の解説記事を読んで、モチベーションを高めているところ。(PDF版を無料で観られる) > J-STAGE - 日本ロボット学会誌 - 2009年 4号 - 倒立振子から2足歩行へ https://t.co/9V1TpwQTNB

1412 27 26 3 OA 殖民地要覧

お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 https://t.co/SLQJddkb4r
大先生のおかげで幾何学と機械学習の接点も作られてしまっているので、幾何学といっても広い話ではある。 > 情報幾何の生い立ち - J-Stage https://t.co/mjkD5j8MXY
oh... 摩擦はエネルギーロスがでかいですし、親指は酷使されるので。 うちの元ボスの論文はスマートフォンのUI設計に関連するかもです。 母指の関節可動域と姿勢不快度の計測・解析 米岡 裕矢, 宮田 なつき, 前田 雄介 https://t.co/Ke6iUXe5Q7 https://t.co/t2sTRXtM2y
@TaniYoko 水運の便のためにあえて木津川の流域を選んだという古典的研究もあるようですが低湿地には違いありませんからね https://t.co/zcJdgATwjR https://t.co/9tndl0d3JL
@TaniYoko 水運の便のためにあえて木津川の流域を選んだという古典的研究もあるようですが低湿地には違いありませんからね https://t.co/zcJdgATwjR https://t.co/9tndl0d3JL
科研費で検索して出てきました。 『ロボットをいかにして災害現場に搬送するかといった重要な問題についてはほとんど議論がなされていない.』 https://t.co/JifimE5oWV
閉ループ弾性体による瞬発力発生機構 https://t.co/u5gp8kK0CA https://t.co/KRLK8zKGjM #inrof
読んだ。 掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛白書―』を中心に―(愛知大学リポジトリ) https://t.co/8a7TeSVNBM 2017年の段階で、専門家から防衛省の地理感覚がここまでダメと指摘されていたとは。安全保障官庁として致命的じゃないか。
マムシに噛まれたら 日臨救医誌(JJSEM)2014:17:753-60 1:走ってでも30分以内に受診! 2:応急処置は吸引や駆血を行い、切らない、刺さない この時期マムシに噛まれる人が多いから気をつけて マムシに噛まれての死亡率は0.8% 蛇マニアのお医者さんより https://t.co/euMAI9WsjM
公開されました.東大での最後のお仕事になります. J-STAGE Articles - 汎用ロボットプラットフォームAEROの競技会を通じた継続的開発評価 https://t.co/DTV21m6ta5
『三体』が待ち遠しい方にお勧めします。 文革に関する文献はたくさんありますが,たいてい文系の人が書いたものなので物理に言及されることはありません。 下記の文献は『三体』の予習としてぴったりです。 文化大革命期中国におけるアインシュタイン批判 https://t.co/zDa4PT7G6i #日本SF読者クラブ
まぁ連休明けにいくつか問題が出るのだろうと思います。役所の帳票類あたり訂正漏れが見つかったり。あとWindows 10のパッチの影響もありそう。例えば.NET FrameworkのJapaneseCalendar.GetEra()の値が5になることを考えていないために落ちる例をここ↓で挙げておきましたが。 https://t.co/Z0usP4tSjq
質疑でロボット系で美しい研究は無いかと問われてロボットというより機構だけど広瀬茂男先生の「IBマグネット」 https://t.co/zc7SZApurZ と「ソフトグリッパ」 https://t.co/HzoyZx7R04 を紹介。ソフトグリッパの美しさは https://t.co/6wpHK68k57 の解説が秀逸

80 0 0 0 OA 光学的音響計測

レーザー光で空中の音を録音・録画する「光学的音響計測」の解説論文が電子情報通信学会Fundamentals Review誌で出版されました!誰でもPDF無料で読めます!(画像はシンバルの放射音) https://t.co/xcMvO5R2ft https://t.co/eux22PkN12
前のツィートの遊星歯車機構の名前は「不思議遊星歯車機構」と言うらしい。効率が悪いのが欠点だったのが、近年大きく改善する発見があったのだとか。英語で書くとMechanical Paradox Planetary Gear。「Paradox」を「不思議」と訳す翻訳センスは好きだな。 https://t.co/GIFR8PJvyF
オントロジーというと、ふつうは「錦帯橋」は「橋」、「ナポレオン」は「人物」、のような集合を指します。が、東ロボ世界史オントロジーは、「戦争を起こせるのは、人間か国のいずれか」等、高度なオントロジーが編まれました。https://t.co/4PxP5oGV6f
”甲状腺発がんを発症した45人の平均甲状腺等価線量は約2,000 mSv,発症していない人の平均線量は約750 mSv(ウクライナ)” ”甲状腺被曝線量は中央値97 mSv,平均174 mSv,最高値2,800 mSvであったが,甲状腺がんと被曝線量には有意な相関はみられなかった(ハンフォード)” https://t.co/f4V8Jh9gG0
クジラの体表に吸着して移動するローバー(山形大学) https://t.co/DzH9RtVjPF 深海での生態を観察するのに背中に貼り付けたりしてるけど、適した位置まで移動できるものを開発中。 スクリューは水流から動力を取り出す(機器電源のほか吸盤の陰圧作る)ものらしい https://t.co/YuuWx5FmrN https://t.co/GmQ2HpPlYg
「なんだこれは?」感たっぷりのものを見つけた。 https://t.co/Ufwt7Jg6O1 https://t.co/rxu8FbnYj9
“制御系に埋め込まれた陰的制御則が適応機能の鍵を握る!?” https://t.co/3SDV3HSUx4
慶應足立先生の「古くて新しいカルマンフィルタ」がいい。カルマンがIEEEに投稿した論文はリジェクトされていたんだ… https://t.co/LbZTp0jgna (PDF) > RT
お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.co/CnqT2pJy9b
従軍慰安婦は高給取りだった? 実態は悲惨で、支払いを前借金返済で強制徴収されたり、後の戦局悪化の物資不足でハイパーインフレを招いて紙屑同然になる軍票を支給されてたりしたのよ、お兄ちゃん https://t.co/8whpW4TuPc https://t.co/54HBjet2jy
「AI 分野のディープラーニングにおける難題「次元の呪い」を克服する新技術を開発」https://t.co/KhrODiVwaD これ,投稿先がおかしい,投稿先の評価がおかしい,https://t.co/cHSAXfuSVR 等の文章がおかしい.https://t.co/nm3PwupDPZ ,でアウトと判断するべきでは……
3Dプリンタに関する第1論文 小玉秀男「3次元情報の表示法としての立体形状自動作成法」電子情報通信学会論文誌 C, Vol.J64-C, No.4, pp.237-241, 1981/04/2 https://t.co/m55wm9LsQr https://t.co/yBIolrlsCf
HONDAさんから出ている論文とかも次の2つの論文がベースとなっているっぽい.これ https://t.co/SROYfewMAG と これ https://t.co/VqtNi63S41
HONDAさんから出ている論文とかも次の2つの論文がベースとなっているっぽい.これ https://t.co/SROYfewMAG と これ https://t.co/VqtNi63S41
【論文】女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/ulb2E3igD9|「好意的性差別発言「女の子なのにすごいね(BS条件)」(vs.「すごいね(統制条件)」)が女子生徒の数学に対する意欲を低下させることを実証的に検討した。」この論文の知見、興味深い。
川合先生の「自然法則と最適制御」日本物理学会誌 41巻 3号 pp.227-235 1986 より引用 https://t.co/9D68zAlkCQ
有限単純群の分類の歴史は、鈴木群を発見した鈴木氏の解説(https://t.co/bPj7kdXtfb)に詳しいですが、非常に多くの数学者で分業が行われ、膨大な量の論文の積み重ねで達成された完全な分類は、まさに人類の英知の結集と呼ぶにふさわしいものです。
BD社のAtlasの動画を見てると https://t.co/xN09FSpxJR 梶田さん @s_kajita と杉原さんが2008年に「未来のヒューマノイド」 https://t.co/xrlQoNxvFR で予言した2025年、2050年の姿もやっぱり夢ではない、という感じがしてくる。
カズオ イシグロ氏の御父上は、石黒鎮雄氏という「エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法」という題目で理学博士号を東京大学から取得した研究者で、気象研究所、長崎県気象台を経て渡英されたそうです。 https://t.co/Bkp7xLY0hU
【告知】「情報処理」2017年6月号に、「信念の受賞 ~Tim Berners-Lee氏のチューリング賞受賞に寄せて~」という記事を書きました。ぜひお読みください! https://t.co/1lqiHYdsD2 https://t.co/GVc6G2ZJgF
こんなときだから古い資料をツイートしてみる。 RT 我が国の科学雑誌に関する調査 2003 年 5 月 文部科学省 科学技術政策研究所 https://t.co/08NSD3sFGU
@s_kajita @OokuboTact 図形の方はよくわかったのですが、数式の方がわからないということがありました。 ④中学校における「2次方程式の解の公式」の取扱い:2001年10月 https://t.co/iprY6C9TnU
地域におけるアジャイル開発の事例、ちゃんと論文になってたのね / “浪江町におけるタブレットを利用したきずな再生・強化事業─住民参加型の課題定義から開発プロセスまで─” https://t.co/BADg2PUb2g
@duo6750 @zaklab @ShinozakiK 恩師先生が姿勢センサから手作り。1974年頃 https://t.co/mhGHXbjBpY https://t.co/NUwun5TBQO
【日本の雪上車の歩み】 国立極地研究所学術情報によれば、ネット上にて全文公開中とのこと。 この本、古書だと1万弱だし収蔵館も少ないんだが無料で全文公開されてるとは。 https://t.co/KO7QkT3Gbl https://t.co/ToBnzbJOCu
皆さん,人工知能研究の主要な国際会議はAAAI, IJCAI, AAMAS, KDD, ICML, NIPSです.https://t.co/lQp8bqyF5p
カルマンフィルタを使っている人は多いと思うが,ぜひ読んで欲しい. 「現代制御理論の父Rudolf Kalman教授の訃報に接し」山本裕 https://t.co/zqTzL5mW67 いまのところ計測自動制御学会の会員のみダウンロード出来るので,この機会に入会してください
ロボットの研究者は現代のからくり師か? 日本ロボット学会誌 Vol. 11 (1993) No. 1 P 2-6 https://t.co/LXuEOx2EXB かれらのハイテク技術は,確かに遊びの世界と芸能文化を潤したが,産業に応用され物質文明を豊かにすることはなかった.
@AmadeusSVX 91年当時、実時間画像認識なんてPCでは到底無理でした。なので、この先生は画像認識LSI自体から開発されています(!) https://t.co/iABIKd9f2g 先人の論文は、知見以上に技術力とパワーにぶん殴られるので、目を覚ます意味でもいいですね…
梶田先生が昨日の会見で,ご存命であれば共同受賞だったと思う,とおっしゃった戸塚先生。研究そのものだけでなく,生き方も引き継がれていくのですね。 戸塚洋二先生を偲ぶ http://t.co/Qwx3pQpHRD #CiNii
AIBOのアーキテクチャはかなり真面目にSubsumption Architectureを真似ている。首・尻尾・各手足ごとに動機を持たせ統合するなど/CiNii 論文 -  ペット型ロボットの感性表現 http://t.co/gpwhHwENsv #CiNii

フォロー(3014ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こんな論文どうですか? 統治なきレガシー五輪 維持費に民間感覚を : 小池都知事が語る五輪3施設"迷走"の理由 (統治なきレガシー五輪 維持費に民間感覚を : 小池(小池 百合子),2016 https://t.co/Bs50lr2pd7  ボートと…
こんな論文どうですか? マナス(こころ)の原風景〈下〉 ――『リグ・ヴェーダ』・トリックスターの誕生――(久保田 力),1993 https://t.co/C7bma1bniX
こんな論文どうですか? 全体動向 業界を越えた"大競争時代",MEMS技術で勝負 (Cover Story 異種デバイス融合時代 勝者の条件はMEMS),2008 https://t.co/6Pu8DKUU2a 半導体や電子部品といった業界の垣根を…
こんな論文どうですか? 映像メディアの世紀--ビデオ・男たちの産業史(31)虚々実々の駆け引き(佐藤 正明),1998 https://t.co/jXbnHVnrGh ビクターのVHSとソニーのベータマックス。家庭用ビデオの主導権争いは、いかに多く…
こんな論文どうですか? 勝負の行方 あらゆる機器へ搭載狙うUSB,HDMIは携帯機器に再挑戦 (特集 HDMI対USB3.0--モバイルを舞台に激突),2009 https://t.co/wY7IeuncQJ  インタフェースにとって,規格争いは宿命…
RT @twmaks: 昆虫の歩容形態についてちょっと調べることがあったのでメモ。 Wilson (1966) によれば、昆虫の歩容は大きく5種類に分けることができる。 https://t.co/lCpAYwUnw9 日本語では西井 (2005) がオープンアクセスで読めます。…
こんな論文どうですか? ミューズの病跡学(58)聖コスマスと聖ダミアン:フラ・アンジェリコと移植医療(早川 智ほか),2003 https://t.co/AfTo5g2UNq
こんな論文どうですか? プラハ司教の叙任--「いわゆるダリミル年代記」と「コスマス年代記」との関連について(勝部 裕),2005 https://t.co/up4QRgc2IP Woher die feudalistische Nationalit…
こんな論文どうですか? 『寫眞雜誌(脱影夜話)』全3冊に関する検証と考察(宮﨑 真二),2017 https://t.co/Jz7O55IpMM <p>日本カメラ博物館が2012年に寄贈を受けた『寫眞雜誌(脱影夜話)』は,以前から「日本最古の写真雑…
昆虫の歩容形態についてちょっと調べることがあったのでメモ。 Wilson (1966) によれば、昆虫の歩容は大きく5種類に分けることができる。 https://t.co/lCpAYwUnw9 日本語では西井 (2005) がオープンアクセスで読めます。 https://t.co/GAgIqDt2LV
こんな論文どうですか? 仮名による語頭文字cueの呼称促進機序:語頭音cue効果の乏しい失語例による検討(若松 千裕ほか),2018 https://t.co/Pz2KNFrwGB <p>名称の通常表記が仮名の物体について,語頭文字cue(通常文字…
こんな論文どうですか? 福祉における情報の壁:―一自治体の事例調査に基づく考察―(後藤 玲子),2017 https://t.co/br0OP4sizX <p> 本稿の目的は,福祉における「情報の壁」,すなわち,知らされないことによる制度へのアクセ…
こんな論文どうですか? 一部のカテゴリーを除き意味記憶が保たれていた語義失語の1症例(船山 道隆ほか),2008 https://t.co/eNJlNNX49R &nbsp; 症例は56 歳右利きの男性である。50 歳から英語が読みづらくなり,52 …
"西田亀久夫 (元文部省官房審議官) オーラル・ヒストリー" / “WEKO - 政策研究大学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/7VarUJKVvi #文部科学省 #官僚 #高等教育研究
こんな論文どうですか? 第四アンモニウム塩基および関連化合物のイオン交換ペーパークロマトグラフィー-2-(竹友 一成),1974 https://t.co/h2kh0ZnI8F 有機塩基のライネッケートを試料とするイオン交換ぺ一パークロマトグラフィ…
こんな論文どうですか? 第四アンモニウム塩基および関連化合物のイオン交換ペーパークロマトグラフィー(2)(竹友 一成),1974 https://t.co/hqgscj4SkT 有機塩基のライネッケートを試料とするイオン交換ぺ一パークロマトグラフィ…
こんな論文どうですか? 月例コンテスト, 最近の傾向(間島 英之),2005 https://t.co/NxIGEDF9yx カラーインクジェットプリンターとデジタルカメラの台頭によって, カメラ雑誌への投稿も大きく変化してきている. 家庭で手軽にプ…
RT @sandman9791: ちなみにこちらは一昨年の論文。倫理観が高い人は、マインドフルネスが高いほど無執着(物事にとらわれない幸福感)が高いという結果です。 https://t.co/TvHjKKTdoL
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 緊急メンテナンスと保存開発への提案 : プレ・アンコール期クメール建築の研究(VI)(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集)(土屋 武ほか),2002 https://t.co/3TtwpewyxS
こんな論文どうですか? 現代トルコにおけるフェトゥッラー・ギュレンの思想および運動の志向性とその変容(中東研究博士論文要旨)(幸加木 文),2015 https://t.co/eMFeks9vF5
RT @sandman9791: ちなみにこちらは一昨年の論文。倫理観が高い人は、マインドフルネスが高いほど無執着(物事にとらわれない幸福感)が高いという結果です。 https://t.co/TvHjKKTdoL
こんな論文どうですか? 習慣化されたコトバとシグサが、その人をつくる : 保育表現技術・総合表現の教授活動を通して(金田一 仁志ほか),2016 https://t.co/PWlIRmP4hG
RT @sandman9791: ちなみにこちらは一昨年の論文。倫理観が高い人は、マインドフルネスが高いほど無執着(物事にとらわれない幸福感)が高いという結果です。 https://t.co/TvHjKKTdoL
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? Twitterを用いたイベント検索サービス(酒井大地ほか),2012 https://t.co/kKrj6wl7lk Twitterに投稿された情報から、イベントと思われる情報を抽出し、イベント開催地やイベント開催日時を利用…
こんな論文どうですか? 国内地方都市における音楽の産業化週程-福岡市の場合(増淵 敏之),2005 https://t.co/oWNmpd8x0X 近年、ようやく国内においてもインディーズの台頭により、地方都市でも産業化の可能性が見えてきた。まず沖…
こんな論文どうですか? 動画を活用した英語学習教材と学習事例(生田 和重ほか),2003 https://t.co/tKVPp1OSMJ インターネット上の英語オンラインニュースの活用,海外の学生とのオンラインミーティングなど,英語リスニング力を必…
こんな論文どうですか? 奄美大島における在来ネギ属野菜の識別と呼称(松尾 英輔),1982 https://t.co/VpeifBgw2G 本稿は,奄美大島における在来ネギ属野菜の伝統的な識別と呼称,ならびにそれらの変容の実態を明らかにし,主として…
こんな論文どうですか? 炭酸カルシウム・タルク複合(ハイブリッド)フィラー充填プロピレンの力学特性(永田 員也ほか),2001 https://t.co/EATPUDdaJo ヘンシェルミキサーを用い重質炭酸カルシウム(平均粒子径1.4mm)とタルク…
こんな論文どうですか? 実写画像ベースの手話映像合成技術を利用した情報提供システム(視覚障害/聴覚障害/一般)(竹内 晃一ほか),2005 https://t.co/Cp0ihwh1g0 手話映像による情報提供を行うための方法として、コンピュータグラ…
こんな論文どうですか? 言語的思考と外国語の学習と発達 (特集 第二言語習得の問題)(西口 光一ほか),2006 https://t.co/i8ORVe9cnS In recent years Vygotskian theory on the de…
RT @wxxw_stot: @Dimetrodon_ @NazologyInfo https://t.co/oeLaz40cNJ 赤芽球前駆細胞から(赤)血球へ分化する過程でミトコンドリア減少→脱核、の流れだそうで、ミトコンドリアが極めて少なくて核が残るってことはあり得そうで…
こんな論文どうですか? [B33] 「阪神淡路大震災取材映像アーカイブ」の取り組み:四半世紀を経てのアーカイブ公開 その目的と課題(木戸 崇之),2020 https://t.co/sCTYxSuLFd <p>2020年1月、朝日放送グループは阪神…
「1996年にローレンスは発光ダイオード(LED)を使用したプランク定数測定実験」を提案した」「プランク定数の値を正確に測定できることも重要であるが,その大きさのオーダーを測定することだけでも量子現象の理解に繋がる」 大学基礎課程における量子物理学実験 国士舘大学 https://t.co/hrfAYzvDwQ
RT @toubennbenn: Ciniiでも。 さすがにこのタイトルですから、時期が違うとはいえ記事を読んでみたいけども。。。はてさて。 https://t.co/7ai3GI2mEl https://t.co/rCa6p9r0gB
こんな論文どうですか? <論考> 「来街者アンケート及び消費者モニター調査」結果から析出される現状と課題 (2)--JR吹田駅周辺商店街の調査事例-- (経済学部特(吉野 忠男),2012 https://t.co/B05mM1atYi
こんな論文どうですか? テレビ番組における[東京のまなざし] : 関西ローカルの葛藤(東浦 陸夫ほか),2001 https://t.co/8KmWbILx8z
こんな論文どうですか? 1-1 Offshore リソースを利用するプロジェクトに関するチーム・ビルディング(賈 縉),2002 https://t.co/xY5blKzZ37 本論文は, Offshoreリソースを利用するプロジェクトのチームビル…
こんな論文どうですか? 5452 JR神戸線・京都線駅舎におけるバリアフリーの現状(バリアフリー・ユニバーサルデザイン(2),建築計画I)(高田 真実ほか),2004 https://t.co/GS8NP2bV3A
RT @kosuke_yasukawa: 「古事記の神話 : 医学的視点から」 https://t.co/xnY5waI80w イザナミの産褥熱に関する早川智先生の論文 https://t.co/pO9lA8yYsw
こんな論文どうですか? 黄冶唐三彩窯跡出土陶片の熱ルミネッセンス(TL)年代測定(青木 智史ほか),2008 https://t.co/4lB6II4MmW It is essentially and indispensably important…
こんな論文どうですか? 相互乗り入れ路線内の遅延損失最小化に向けた折り返し運転開始の決定法(竹木 祥太ほか),2017 https://t.co/zu6zExYi0l <p>相互乗り入れによる他路線への遅延拡大抑制策の一つである折り返し運転を対象と…
こんな論文どうですか? 激戦エリアの攻防 大阪府JR茨木駅周辺--ニッショー、万代、ライフが1位のマイカル・サティに肉薄,2003 https://t.co/6hputfA9re 広い店舗を生かした品揃えで高い評価を受けたマイカル・サティが消費者満…
こんな論文どうですか? EC サイトにおける購買履歴データとアンケートデータを融合した顧客の購買行動分析モデルの提案(清水 良太郎ほか),2017 https://t.co/YU1LiSzqA0
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 低たんぱく炊飯米の保存条件が飯のにおいに与える影響(城田 直子ほか),2015 https://t.co/U5WClhHCdv <b>目的 </b>慢性腎不全患者の食事管理では,低たんぱく米が利用されている.長期に食べるには…
こんな論文どうですか? 24-6 土壌中の塩類および水分条件が亜酸化窒素生成と窒素代謝に及ぼす影響(24.地球環境)(アセンシオン マリアほか),1998 https://t.co/JAcwo5bL0a
こんな論文どうですか? ヴィゴツキーの文化歴史的心理学:その回顧と展望(ウラジーミル ジンチェンコ),2003 https://t.co/C2EYGAHdcu
こんな論文どうですか? [126]ハーランドウオルフ2行程式機關用ピストン弁機構(8.内燃機關)(田村 民平),1933 https://t.co/SOoFl840xL
こんな論文どうですか? 大豆加工品を使用した給食献立への応用(能井 さとみほか),2016 https://t.co/pVgQYT3QOG 【目的】大豆は、古来より様々な形で加工され日常の食生活になくてはならない食品である。また含まれる栄養成分など…
こんな論文どうですか? 翻訳 現代スペインにおける国家と宗教 : 1978年憲法における国家と宗派の関係の一断面(アセンシオ・サンチェス ミゲル・アンヘルほか),2012 https://t.co/pcWbmBEeDb
こんな論文どうですか? ボールと袋を用いた秘密計算(宮原 大輝ほか),2019 https://t.co/factOZcGfa …
こんな論文どうですか? 12) バルベルデ人体構造解剖図説再考(日本歯科医史学会第20回(平成4年度)学術大会講演抄録)("西大條 文一"),1992 https://t.co/Xv46Gm2YNw
こんな論文どうですか? D.アンティセリ編「マルクス主義と精神分析の認識論的分析」(Dario Antiseri:Analisis epistemologico d(Silonis R.Lopezほか https://t.co/GDv885yUWY
こんな論文どうですか? 福祉の現場から 福祉のまちづくりを目指した身障者支援システムの開発(古賀 元也ほか),2018 https://t.co/QFGAaqU9tv
こんな論文どうですか? 7337 車いす使用者から見た通りと建物のアクセシビリティに関する基礎調査 熊本中心市街地におけるケーススタディ(永田 章太郎ほか),2018 https://t.co/3IuhLa5Kvh
こんな論文どうですか? コインを用いる新たなマルチパーティ計算(駒野 雄一ほか),2018 https://t.co/u5BKDzJQPV …
こんな論文どうですか? メッセージ交換における優先度逆転とその対策(三浦 真ほか),1992 https://t.co/rVBOw8p7US 並行プログラムにおいては,複数のプロセス(タスク)が,共有変数を通して,あるいはメッセージの交換によって,…
こんな論文どうですか? デザインプロセス特徴からみるデザイナーの役割と能力の検討 2(井田 志乃ほか),2013 https://t.co/H540SV1vQ1 本研究では、製品開発のデザインプロセスにおけるデザイナーの役割や必要とされる能力を探る…
こんな論文どうですか? 遠隔機器による格納容器内アクセスタスクのための試験場の開発(川端 邦明ほか),2018 https://t.co/kGihmJgrup <p>This paper describes the development of a…
こんな論文どうですか? ビデオコーパスにおける「おつかれ系」表現の実証的研究(于 亮ほか),2015 https://t.co/X3baMBgZba 「おつかれ系」のあいさつ表現は時代と共に変化し続けている。その使用実態を明らかにするために、ビデオ…
こんな論文どうですか? マルウェア検知のためのシステム管理手法に関する検討(杉井 俊也ほか),2018 https://t.co/WyfDiY4XYx マルウェアの感染は継続的な脅威である今、企業に侵入したマルウェアを早期に検出することは重要である…
こんな論文どうですか? 数種花卉における苗の成長および開花に及ぼすキトサン土壌混和処理の影響(太田 勝巳ほか),2004 https://t.co/VqeFeboGGY 8種の花卉(トレニア,エキザカム,ベゴニア,グロキシニア,ロベリア,ミムラス,…
こんな論文どうですか? アヴィータ論の展開:因の三相の観点から(岡崎 康浩),2006 https://t.co/MffEk6QW6C 本論は, アヴィータ論のシャスティタントラからウッドヨータカラにいたる展開を因の三相の観点から論じ, ウッドヨー…
Ciniiでも。 さすがにこのタイトルですから、時期が違うとはいえ記事を読んでみたいけども。。。はてさて。 https://t.co/7ai3GI2mEl https://t.co/rCa6p9r0gB
こんな論文どうですか? 23459 SEISMIC PERFORMANCE OF NONSTRUCTURAL BRICK WALLS USED IN INDONES(スェジン ウンほか),2011 https://t.co/xKeuqxpIph
こんな論文どうですか? ロベリアソウ毛状根の生育およびポリアセチレン類生産に及ぼす培地の影響(石丸 幹二ほか),1993 https://t.co/ZBONRyOyxh
こんな論文どうですか? 布設工事直後のコンクリート下水管に係る劣化保有率の統計的推定(藤生 和也),2017 https://t.co/J4R4Z6f3kY <p>日本の下水道整備は漸く高普及段階に到達し,劣化データも蓄積されつつある.本研究はテレ…
こんな論文どうですか? 高校生に対する分光光度計を用いた授業の試み : 一条高等学校数理科学科課題研究を通して(増井 壮太ほか),2020 https://t.co/ILWH14Q3AD 一条高等学校の数理科学科では、2年生を対象に課題研究を行って…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? ラブコメの恋愛観(日下 みどり),1998 https://t.co/OJLVAYlPlu
こんな論文どうですか? 元眼鏡士の視能訓練士が教える! 眼鏡のカラーレンズ処方(第6回)ブルーライトカットレンズの特徴とポイント(関戸 昌諭),2017 https://t.co/dqqW8G2i3e
文献を教えていただいた。ひとまず流し読んだところ、戦後、さまざまな運動などの経緯も踏まえつつ、男女の定員が等しくなることを指向してきたものらしい。現在は「男女別入学定員比率は,すべての学校において都内公立中学校卒業生の男女比にそった形で設定」とのこと。 / https://t.co/YtSJylHmT6
RT @nobaok: @nennpa すみません 先程一度リプライしたのですが不適切な内容を含みましたので再度 興味深くツイート読ませていただきました ありがとうございます https://t.co/mrlKpydV70 こんなレポートを見つけましたので 男女比1:1に…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 水中プラズマ源によるUV殺菌力の検討(三谷 友倫ほか),2016 https://t.co/bpbvDF5bZR 現在、日本の下水道普及率は77.6 %となっており、他の先進国と比べると低い水準となっている。排出される生活…
こんな論文どうですか? 水中プラズマ源によるUV殺菌力の検討(三谷 友倫ほか),2016 https://t.co/bpbvDF5bZR 現在、日本の下水道普及率は77.6 %となっており、他の先進国と比べると低い水準となっている。排出される生活排…
こんな論文どうですか? 2D1-2 ブルーライトカットアイテムの光学特性のモニターによる再現(北村 有希ほか),2013 https://t.co/3NXut9eqkG
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 特集2 100万ユーザー時代の新常識 光+IP電話で広がる世界(原 隆ほか),2004 https://t.co/roMc6gDjTl  「大ちゃんのママと同じコンテンツ料払って、なんで大ちゃんのウチはなめらかなヨン様で、ウ…
こんな論文どうですか? 新・悩み解決クリニック 敵はチェーン店じゃなかった 不眠で挑んだ14年目の40日改革(お好み焼き店、静岡県浜松市)(蓬莱 明子),2003 https://t.co/W27uclA7R6  静岡県浜松市で広島風お好み焼き店を経…
こんな論文どうですか? 測定方法とコントロール技術(伊東 祐輝ほか),1981 https://t.co/wbRHQzQqMc IFAT'81において, 測定方法とコントロール技術, いわゆる計装技術に関する出品会社数は全体の約20%, 140社程…
こんな論文どうですか? 見せかけの等身大 : 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』におけるキャラクターの力学(佐野 一将),2019 https://t.co/Q0oVfVkH7s
こんな論文どうですか? センジェル・ディヴィッチオウル著「アジア的生産様式とオスマン朝社会」(永田 雄三),1972 https://t.co/zGXNYuAQtg
RT @shinichi_8o2: @ksasao こちらの資料が実例をまじえて説明してあってわかりやすいかもしれません https://t.co/ZgEvZfF93E
こんな論文どうですか? 社員の能力が米経済誌「フォーチュン」No.1のP&Gが大事にしている「相手を動かす」極意 (特集 提案・交渉・依頼・拒否・先送り… なぜか意(黒木 博子),2014 https://t.co/GZolhjNYtA  前述のポイ…
こんな論文どうですか? 18年ぶりの阪神優勝 もう一つの真実 進化した星野仙一の「人を見る目」 (特集 「人を見る目」の磨き方--儲からない時代の最後の一手)(島村 俊治),2004 https://t.co/dwrqChnJZw  万年Bクラスだっ…
こんな論文どうですか? 240 非駆動関節を有する3リンク剛体アームの軌道制御(ロボットの制御II)(OS ロボットの制御)(フェリペ・デ・ラ ロサほか),2001 https://t.co/VOOSQGe2wp This paper develo…
こんな論文どうですか? 店舗活性化 ブックオフコーポレーション(古本チェーン)--簡単ルール、素人フル活用で躍進,2000 https://t.co/a9Mx92vEMH  4月17日夕方、神奈川県・新横浜駅近くのホテルに古本チェーン最大手ブックオフ…
こんな論文どうですか? 社員の能力が米経済誌「フォーチュン」No.1のP&Gが大事にしている「相手を動かす」極意 (特集 提案・交渉・依頼・拒否・先送り… なぜか意(黒木 博子),2014 https://t.co/GZolhk5zSa  前述のポイ…
こんな論文どうですか? 11Sグロブリン変異大豆における豆腐加工適性とジスルフィド結合蛍光標識(門間 美千子ほか),2006 https://t.co/fvu0RJ159z 豆腐ゲルの形成においてタンパク質ジスルフィド結合の解裂再会合は重要な役割を…
こんな論文どうですか? 中山間地域の放棄棚田における森林の成立要因(佐藤 輝明ほか),2008 https://t.co/LYMbt6rDTL 耕作放棄後約40年が経過し、現在は森林になっている新潟県佐渡島の中山間地にある放棄棚田において、森林の成…
こんな論文どうですか? 文在寅政権が徴用工裁判で"無理筋"の「条件付き協議」を突きつけてきた理由とは(木村 幹),2019 https://t.co/sTl6fP24j3 文春オンライン(2019年6月26日)…
こんな論文どうですか? 開発ストーリー/携帯電話 ポケットボードの開発(3)コニーちゃんってなんだ?,1999 https://t.co/1sJqEacDYB ポケベルへの文字メッセージ送信用だったはずの「メッセージボード」。急きょ電子メールへの対応…
こんな論文どうですか? 韓国政府はなぜ「日韓関係」の深刻な状況を認識していないのか(木村 幹),2019 https://t.co/9xLKMmqLnH 文春オンライン(2019年1月3日)…
こんな論文どうですか? 2000年度立教英米文学会 講演会より 砂漠の遺跡を見た「旅人」--P.B.シェリー「オジマンディアス」寸感(田村 英之助),2002 https://t.co/2bG3IYIbcL
こんな論文どうですか? TOMOSHIBI-地震が来たら-(サンプラザ中野くん),2011 https://t.co/7VvkwrWfqo
こんな論文どうですか? 1930年代女スパイ映画 : 『間諜X27』と『マタ・ハリ』にみるハニー・トラップの効用(清水 純子),2014 https://t.co/QN7OqBBBpP "Spy" is a person whose job inv…
こんな論文どうですか? 「本屋大賞」仕掛け人が指南! 最強の書店活用法 (忙しくても読める! 学べる! 超実践 読書術) -- (書店を賢く使いこなそう!)(嶋 浩一郎),2011 https://t.co/f0riKkDrIZ  忙しい人こそ、書店…
こんな論文どうですか? 日本医師会小史-54-側近が語る日医会長・北里の横顔,1988 https://t.co/Xonrplm1EO

フォロワー(13643ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @twmaks: 昆虫の歩容形態についてちょっと調べることがあったのでメモ。 Wilson (1966) によれば、昆虫の歩容は大きく5種類に分けることができる。 https://t.co/lCpAYwUnw9 日本語では西井 (2005) がオープンアクセスで読めます。…
昆虫の歩容形態についてちょっと調べることがあったのでメモ。 Wilson (1966) によれば、昆虫の歩容は大きく5種類に分けることができる。 https://t.co/lCpAYwUnw9 日本語では西井 (2005) がオープンアクセスで読めます。 https://t.co/GAgIqDt2LV
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
"西田亀久夫 (元文部省官房審議官) オーラル・ヒストリー" / “WEKO - 政策研究大学院大学学術機関リポジトリ” https://t.co/7VarUJKVvi #文部科学省 #官僚 #高等教育研究

5 3 3 3 OA 青い目の人形

RT @NDLJP: ♪青い目をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド 現在れきおんHPでは、野口雨情作詞の『青い目の人形』を紹介しています。海を渡った人形の心細さを歌った本曲は、国境を超えて愛される名曲となりました。 #ndldigital https://t.co/MR…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒砂田安秀,杉浦義典 「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?――マインドフルネスと能動的攻撃の関連に対する危害/ケアの調整効果」 『パーソナリティ研究』30巻1号(2021) https://t.co/XIBorFzVSk
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @wxxw_stot: @Dimetrodon_ @NazologyInfo https://t.co/oeLaz40cNJ 赤芽球前駆細胞から(赤)血球へ分化する過程でミトコンドリア減少→脱核、の流れだそうで、ミトコンドリアが極めて少なくて核が残るってことはあり得そうで…
「1996年にローレンスは発光ダイオード(LED)を使用したプランク定数測定実験」を提案した」「プランク定数の値を正確に測定できることも重要であるが,その大きさのオーダーを測定することだけでも量子現象の理解に繋がる」 大学基礎課程における量子物理学実験 国士舘大学 https://t.co/hrfAYzvDwQ
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: ちなみにこちらは一昨年の論文。倫理観が高い人は、マインドフルネスが高いほど無執着(物事にとらわれない幸福感)が高いという結果です。 https://t.co/TvHjKKTdoL
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @kosuke_yasukawa: 「古事記の神話 : 医学的視点から」 https://t.co/xnY5waI80w イザナミの産褥熱に関する早川智先生の論文 https://t.co/pO9lA8yYsw
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
重水素およびトリチウム分離技術の現状 (参考) https://t.co/LvB0fyvI24
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
電気学会誌123 巻 (2003) 9 号 畑 雅恭 電磁波による地震予知は可能か? https://t.co/qpGf5ZMUA1
1997年 早川 正士 HAYAKAWA Masashi 電気通信大学 電子工学科 CiNii 論文 -  地震前兆電磁気現象と地震予知 https://t.co/v4oTdg9k0E
文献を教えていただいた。ひとまず流し読んだところ、戦後、さまざまな運動などの経緯も踏まえつつ、男女の定員が等しくなることを指向してきたものらしい。現在は「男女別入学定員比率は,すべての学校において都内公立中学校卒業生の男女比にそった形で設定」とのこと。 / https://t.co/YtSJylHmT6
RT @nobaok: @nennpa すみません 先程一度リプライしたのですが不適切な内容を含みましたので再度 興味深くツイート読ませていただきました ありがとうございます https://t.co/mrlKpydV70 こんなレポートを見つけましたので 男女比1:1に…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 水中プラズマ源によるUV殺菌力の検討(三谷 友倫ほか),2016 https://t.co/bpbvDF5bZR 現在、日本の下水道普及率は77.6 %となっており、他の先進国と比べると低い水準となっている。排出される生活…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @shinichi_8o2: @ksasao こちらの資料が実例をまじえて説明してあってわかりやすいかもしれません https://t.co/ZgEvZfF93E
RT @shinichi_8o2: @ksasao こちらの資料が実例をまじえて説明してあってわかりやすいかもしれません https://t.co/ZgEvZfF93E
@ksasao こちらの資料が実例をまじえて説明してあってわかりやすいかもしれません https://t.co/ZgEvZfF93E
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y 「大多数は学んでいない、時間ができても学... #NewsPicks https://t.co/SKD9O3JRw0
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @HomareZuki: 生物物理学会誌 「表現型システムの生物物理」 https://t.co/A8MDduTpHY 生物の複雑な形態がもつ普遍的な原理をどのように目指すべきか? ・多要素構造 ・表現型の要素とは? ・要素間ネットワーク ・要素群の進化組立順序 蝶の擬態…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @VoQn: ロマンティックラブイデオロギー自体は衰退したのに、結婚に関しては未だにロマンティックマリッジイデオロギーが強い、みたいな2016年の論文も紹介しておきます https://t.co/aYGylvHrYE
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @ishikoro_geo: 今日付で早期公開。 栗林(2021)茨城県日立市日立鉱山から発見された新鉱物・日立鉱.岩石鉱物科学,210115. https://t.co/LFC7898gzZ
@eurasino @nkowne63 CH₃T の T がベータ崩壊を起こすと、電子と反電子ニュートリノを放出して CH₃He⁺ になって、そいつはすぐに CH₃⁺ と He に分解するっぽいですね https://t.co/y6KhqzjyMo
マインドフルネスで心の余裕を取り戻した人が攻撃性を復活させるのわかるけど最悪だな https://t.co/ZdTxqRuSoG
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  現代語における動詞の移り変わりについて https://t.co/wprxb6YDZH
RT @VoQn: ロマンティックラブイデオロギー自体は衰退したのに、結婚に関しては未だにロマンティックマリッジイデオロギーが強い、みたいな2016年の論文も紹介しておきます https://t.co/aYGylvHrYE
RT @wxxw_stot: @Dimetrodon_ @NazologyInfo https://t.co/oeLaz40cNJ 赤芽球前駆細胞から(赤)血球へ分化する過程でミトコンドリア減少→脱核、の流れだそうで、ミトコンドリアが極めて少なくて核が残るってことはあり得そうで…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
重水素の分離法。トリチウムの分離法もこの分類に含まれる様だ。しかし、トリチウムは含有量少な過ぎて、蒸留しても中々貯められないだろうな。 https://t.co/kwg0KXgxU8
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @VoQn: ロマンティックラブイデオロギー自体は衰退したのに、結婚に関しては未だにロマンティックマリッジイデオロギーが強い、みたいな2016年の論文も紹介しておきます https://t.co/aYGylvHrYE
RT @o_ob: VR学会誌Vol.24-4に掲載された #IVRC2019 開催報告がJ-Stageにて公開されました。 第27回 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト、つまり「国際学生対抗」になって最後の報告書です。#IVRC と #LavalVirtual の提携…
RT @VoQn: ロマンティックラブイデオロギー自体は衰退したのに、結婚に関しては未だにロマンティックマリッジイデオロギーが強い、みたいな2016年の論文も紹介しておきます https://t.co/aYGylvHrYE
@iina_kobe @kazutomi そうとはいえないらしい。 https://t.co/FeM4Cv5Amo ※まあ、普通、生物濃縮っていうと、DDTみたいな数万倍オーダーの話題だとは思いますが。
RT @o_ob: VR学会誌Vol.24-4に掲載された #IVRC2019 開催報告がJ-Stageにて公開されました。 第27回 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト、つまり「国際学生対抗」になって最後の報告書です。#IVRC と #LavalVirtual の提携…

11 11 11 0 OA 大日本仏教全書

RT @HisadomeK: 今更ですが、国会図書館デジタルコレクションで《大日本仏教全書》が読める事に気付きました。 台密の『阿娑縛抄』はこちら。 https://t.co/wB0vceTamV
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
[121]ACモータのベクトル制御 https://t.co/Z2vwSSeYp5
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
本業率を80%に上げたことが論文になるくらい、 本業以外が多い。 教師ってそういう仕事。 校内組織のスリム化を目指す… 「校務分掌一役一人制」他--神奈川県茅ヶ崎市立浜之郷小学校 「ひとり屋台方式」の一役一人制で、子どもへの対応などの本業率を80%に https://t.co/unHVZpGvM4 #教師のバトン
RT @tetsugaku_arai: ②【文献・目次】 <文献> 松田克進「哲学史研究の哲学的意義――哲学史との間合いの取り方」、『哲学』、2017 年 2017 巻 68 号 p. 9-27 https://t.co/yaurkTIOFM <目次> ③―⑦導入 ⑧―⑨影響論…
RT @wakarige075: あとで読む|CiNii 論文 -  スピノザ解釈史における「属性」論争(松田克進) http://t.co/2VWhgiBhy9 #CiNii
RT @takuyak56: 『千のプラトー』でCsOをスピノザの図式(属性、実体、様相)で論じる部分の参考資料として。→松田克進「スピノザ解釈史における「属性」論争」(http://t.co/vxAumawcY5)
RT @Puku_Pukuro_: 松田克進(龍谷大学)「哲学史研究の哲学的意義─哲学史との間合いの取り方」 https://t.co/qe88J6mO5c
渋谷区による社会的排除、論文にされてて悪名が「永遠」と化していた CiNii 論文 -  〈共(コモンズ)〉の私有化と抵抗 : 渋谷におけるジェントリフィケーション過程と野宿者運動 (翻訳特集 プラネタリー・ジェントリフィケーション) https://t.co/FwnCFt8X5q
螺旋を描くのが一般で、他はその特殊な状態ってことかな? タンパク質の二次構造αヘリックスが螺旋を描くのも、 https://t.co/woD3ZibWCj 切削加工により生じる切り屑が螺旋形状になるのも、 https://t.co/CbAMYHDoyT 全部同じ原理なんだろうな。 https://t.co/jQBi5n2140 https://t.co/6UD3CKKVy1
RT @ekesete1: 日本では明治時代から誘拐が多発していた。 それが昭和の従軍慰安婦でも繰り返された、と考えると分かりやすい 戦前外交官 「(明治29・30年頃のシンガポールで)在留日本人は約千人にして、内九百余人は女子にして其九割九分は醜業婦なり、其多くは誘拐された…
間篠剛留(日本大学文理学部准教授):広田照幸著『大学論を組み替える-新たな議論のために』(名古屋大学出版会、2019年) / “https://t.co/WXffYA8452” https://t.co/aWq6CFFizR #高等教育研究 #書評
やっぱり全然違うじゃん。あの手の記事は当てにならんな。 https://t.co/tsvk1zzwUn
RT @rz733375: もちろんトリチウム自体の危険性も冷静に分析した論文も多数 古い順に 低レベル・トリチ ムの遺伝的効果について https://t.co/phv920nOVb ヒトリンパ球および骨髄細胞の染色体に対するトリチウム水の相対的な生物学的有効性および線量率の…
RT @rz733375: もちろんトリチウム自体の危険性も冷静に分析した論文も多数 古い順に 低レベル・トリチ ムの遺伝的効果について https://t.co/phv920nOVb ヒトリンパ球および骨髄細胞の染色体に対するトリチウム水の相対的な生物学的有効性および線量率の…
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
@larrylurero @togetter_jp 『戦争責任研究』をカウントしないならば、2006年の『大阪大学大学院人間科学研究科紀要』のこれだと思います。 「大学院生対象情報教育コンテンツの開発と評価」 https://t.co/2dKH8NXf57
@larrylurero @togetter_jp ちなみに能川さんの最新の業績は 2015年、『戦争責任研究』の 「千田夏光『従軍慰安婦』は『帝国の慰安婦』においてどのように援用されたか」 でしょうか。 https://t.co/B3atI8vDVN
そんな寒剤があるとは ref)「氷+硫酸」は冷える : 寒剤の物理化学 /化学と教育 46 巻 (1998) 3 号 https://t.co/UCXKY3Swkh https://t.co/ffLNgZ9zB0
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
30nmクロマチン繊維は存在しません!! って聞いて驚いてる。 https://t.co/2Y6SRL4JD1
茶浸出液中のシュウ酸量のデータが載ってる論文を見つけたのでメモ。浸出条件が現実に即しててイケてる(ちょっと濃いめかなーくらい)。 https://t.co/o0ud5Qbl6S
https://t.co/LTLDtNBCKg https://t.co/PRhdFUUfux https://t.co/0OC92JvOJa
https://t.co/LTLDtNBCKg https://t.co/PRhdFUUfux https://t.co/0OC92JvOJa
https://t.co/LTLDtNBCKg https://t.co/PRhdFUUfux https://t.co/0OC92JvOJa
RT @hi_masai: 小林昭七先生による「数学論文の書き方(英語編)」 https://t.co/MOwFglbsGQ 冠詞の使い方など、勉強になりました。辞書を引く大切さも。 学生の頃、検索ヒット数で英語を調べていたら 「辞書を引きなさい。多数決で正しさを決めるのは科…
RT @ceekz: IF の誤解に対する解説は、この文献がコンパクトにまとまっていてわかりやすいです。 / インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み http://t.co/sOABnCVuK0
RT @KogaSense: @Dynyanko @TomiyaAkio 私のこの論文のプログラム(数値計算)をJuliaでできるか?です。乱数発生はソフト的に行っていてc++のコードを付録に付けています。Numerical Recepieのパクリ(転記)ですが。https:/…
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
RT @Gekkou_Mashu: @tom_shibata 実は,以前に切断者の診断に使えるかという話をPOさんに聞いたところ,この数センチの段差を上がることさえ難しい(これが必要なレベルの人は)ので,やはりKinectが良いと言われました. ↓ 自分の作ったシステム:htt…
RT @hT5KhKjwAvEtuUV: 【性的有害情報に関する実証的研究の系譜 ~従来メディアからネットまで】渡辺真由子(2012) https://t.co/0lkB2PV18E https://t.co/xVWlX45dKW
「生物物理」刊行60周年記念 連続座談会Ⅰ 生物物理学を牽引する新技術 安藤 敏夫, 伊藤 隆, 杉田 有治, 南後 恵理子, 安永 卓生, 岡田 康志, 神田 元紀https://t.co/tuzb6tQMzI
RT @Gekkou_Mashu: @tom_shibata 実は,以前に切断者の診断に使えるかという話をPOさんに聞いたところ,この数センチの段差を上がることさえ難しい(これが必要なレベルの人は)ので,やはりKinectが良いと言われました. ↓ 自分の作ったシステム:htt…