kouteika (@kouteika)

投稿一覧(最新100件)

3 0 0 0 OA 市場政策原理

RT @livresque2: @kouteika 福田敬太郎『市場政策原理』p.31f「最も重要なる點は異なれる原始團體に屬してゐたところの「異人」もしくは「非同人」が如何にして新しき市場團體を形成し、それを維持し得たか」。その答が「固有の原始團體を結合せしめてゐたと殆ど同樣…
同じ先生のこれも面白そう。 https://t.co/lYROM7br3L https://t.co/yrBmtRpfqS
同じ先生のこれも面白そう。 https://t.co/lYROM7br3L https://t.co/yrBmtRpfqS
「中二階」の論理を比較的よく描いているように思える論文がウェブ上にあったので,メモ。 https://t.co/uPhZKNAOOJ
RT @nekonoizumi: 成文堂から、荒邦啓介『明治憲法における「国務」と「統帥」 統帥権の憲法史的研究』が刊行。 https://t.co/LWwSciBmv9 こちらの博論の書籍化かな。「明治憲法における「国務」と「統帥」――統帥権の歴史的・理論史的研究」(2013…
RT @tomonodokusho: 「Thoukydidesはしかし一体何を捉えたのだろうか。… 圧巻であるのが、外交上の政治的決定を左右する要因として、デマゴーグとその支持者の心理が分析され、むしろこれが国際関係を決定付けていると喝破されている点である」 https://…
RT @odg1967: これも気になるネタであります。樋口陽一「法学における歴史的思考の意味:法学における歴史的思考の意味――憲法学の場合」 https://t.co/rbE6ZDjF80
山辺春彦先生の陸羯南「交際論」論文,「下」のみだけれどもウェブ上で閲読できることに気づき,読み返していた。 https://t.co/BXxsS1lqPs

2 0 0 0 OA 時局問題批判

『時局問題批判』は,国会図書館デジタルコレクションで読むことができる。 https://t.co/ivD0AvNuIm

1 0 0 0 OA 憲法提要

@hukuroulaw 国会図書館の担当者が私たちのやり取りを見て,慌ててコレクションに加えたなどということはあり得ないでしょうからww,二人とも見逃していたのでしょうね。/こちらです: https://t.co/YHgJOYNTgb
メモ: https://t.co/6R0lKpD7jn https://t.co/7F2wyotm9h
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
RT @nekonoizumi: CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  帝国議会で追及された兵器商社泰平組合 https://t.co/FX2tK74zma #CiNii 思いのほか陸軍が不況だったw

18 0 0 0 OA 経済学全集

RT @TAMA6SI: ちなみに「言論自由の発達」は福田徳三の『経済学全集』第5集 社会政策研究 第五分冊 (同文館 1928年)2185〜2261ページで読める。 https://t.co/Cluq6NXdqI (国立国会図書館デジタル・コレクション)

5 0 0 0 OA 憲法撮要

@hukuroulaw つまり,佐々木はほとんど違憲論なのですね。この点,同じ合憲論とはいっても,西周の軍人勅諭や憲法義解を引いて,そもそも明治憲法が統帥独立慣習を前提にしていたとする美濃部達吉とはまったく違います(引用資料pp.… https://t.co/q78qYY23UL

45 0 0 0 OA 日本憲法要論

@hukuroulaw 吉野はこの作品で帷幄上奏ひいては統帥権の独立が違憲だとしているのですが,面白いのは,親交のあった佐々木惣一(彼自身は合憲論)が,『日本憲法要論』の中で,吉野とほとんど同じ筋立ての議論をしているのです(引用の… https://t.co/kfNjARnoRx
@hukuroulaw 中野著で引用されていない作品で,とても参考になるのが,吉野作造『二重政府と帷幄上奏』です。 https://t.co/VKjz1elB4t

1 0 0 0 OA 統帥権の独立

@hukuroulaw 帷幄上奏の件は資料(『統帥権の独立』)を頼んでいるので,それが届いてからでお許しください。/むしろ,学説の網羅的な紹介と丁寧な批判もありますので,直接中野著や引用学説に当たって頂くほうがよいかもしれません。 https://t.co/enY7adtMYQ
RT @makotosaito0724: 粗野な議論で熊野系,八坂系,稲荷系…に説得されないが,沿岸部の神社が高いところに建っている事実は結構重要に思う。東北電力が女川でポンプや復水に負荷がかかるにもかかわらず高い位置に原子炉を設置した理由の一つが沿岸神社の設置標高。 http…
RT @hyperwizard: https://t.co/LPzBAt7wcO 左記の著作に関する事項も盛り込むと良いかも...。秦郁彦『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』のような印象。 https://t.co/ZBxaonx7M4
その牧野に『最後の一人の生存権』という著作がある。今回,検索してみたら,国会図書館デジタルコレクションに入っていたので,読んでみた。https://t.co/CfolIopILz
RT @hyperwizard: https://t.co/DzXm5WqQPz ⇒はやりのmaritime domain awareness についての言及が明確に薄い。宇宙空間同士の監視重視で、T大大気海洋研究所の道田教授あたりのご意見を取り入れておくべきだった。

3 0 0 0 OA 1 国際宇宙法

RT @hyperwizard: https://t.co/B3tlkdUDGY→国際宇宙法って基本国際公法で、宇宙資産議定書や新種保険など金融応用の話を網羅できれば、ビジネスベースで、もっと興味をひき、よいものになったと思います。とくに国家責任集中原則と打上げ主体の民間移行化…
@hukuroulaw なかなか的確に説明するだけの力量がありませんので,最近読んだ木庭先生の次の論考(ともの読書日記さんにご紹介いただきました。)に頼りつつ,できるだけの範囲でお話ししてみようと思います。 https://t.co/Yotuni4TFc

1 0 0 0 OA 独逸法律書

@kouteika 面白いところでは,1888年内務省総務局編の『独逸法律書第八冊』に,「一揆ノ際ニ生スル損害ヲ団結ヨリ償却スル規則 千八百五十年三月十一日」なる法令の訳出が掲載されている。/https://t.co/TMy0pAepn1
「一揆」用例メモ。 https://t.co/SI4dfWyEny 1919 https://t.co/z8TNXVaeZQ 1925 https://t.co/27cxzOHUGM 1931 https://t.co/Ml4wKjMxOH 1940
「一揆」用例メモ。 https://t.co/SI4dfWyEny 1919 https://t.co/z8TNXVaeZQ 1925 https://t.co/27cxzOHUGM 1931 https://t.co/Ml4wKjMxOH 1940
「一揆」用例メモ。 https://t.co/SI4dfWyEny 1919 https://t.co/z8TNXVaeZQ 1925 https://t.co/27cxzOHUGM 1931 https://t.co/Ml4wKjMxOH 1940
「一揆」用例メモ。 https://t.co/SI4dfWyEny 1919 https://t.co/z8TNXVaeZQ 1925 https://t.co/27cxzOHUGM 1931 https://t.co/Ml4wKjMxOH 1940

2 0 0 0 OA 地割の進展

(農村における)「地割」イメージ→https://t.co/tNcajO9GyY
@kouteika 参照:『民法に於けるローマ思想とゲルマン思想』/https://t.co/a9WIUH6hGC
RT @camomille0206: CiNii Articles -  吉川幸次郎「読書の学」--フランス文学の一読者による紹介と感想 中川久定論文。やはり。 https://t.co/emT9hOuhoh
ちなみに,本書では引用されていないけれども,帝国議会の弁論という点を考えるには,『帝国議会雄弁史』が有益である。近代デジタルライブラリーで読み返してみて,「永井柳太郎型」と「原敬型」の比較にも便利かと感じた。https://t.co/EdnLEHpIzv
なお,『電燈争議の新戦術』は,ゆまに書房の布施著作集に収録されているが,国会図書館の近代デジタルライブラリーでも読める。これはこれで,-農夫の共有観を健全に発展させる方向とはずれがあるように感じられるものの-非常に面白い書である。https://t.co/fNVJeyOUKf
RT @hayakawa2600: 何が怖いって、自民党院外団が怖い。議会政治における公然暴力部隊だもの。高橋彦博氏が、聞き取り調査をもとにこんな「院外団史」を書いていた。 http://t.co/SottVvQS

25 0 0 0 OA 議会乱闘史

RT @hayakawa2600: 院外団必携ともいうべき、第1議会からの紛争・乱闘を網羅した珍史。個人的には、佐々木蒙古王が出てきて「ほほう」と思った。:千田理示造『議会乱闘史』森田書房、1937年。http://t.co/9qUIkJVTD1

お気に入り一覧(最新100件)

まだ公刊した研究成果はこれ(https://t.co/PwGuzaS9ug)のみだけど、冷戦期の外務省については手許にある史料+αで書ける。国内官庁の国際部門と冷戦後が課題……いや、出してくれる版元を探す方が先ですね。なお巻末資料… https://t.co/24BlmEDA4x
日本思想は論理的一貫性を軽蔑する。典型は鈴木大拙の禅思想で「山は山で、山でない。水は水で、水でない(「東洋思想の不二性」)」てなことを言う。実はこれがサンスクリット語の誤読に由来する疑いが濃厚なのです。下から短い論文がDLできます… https://t.co/r9KDpt6xX1
@go2hitoh 今回は定免法vs検見取法にフォーカスでしたが、徳川期の村落秩序と課徴税の仕組みとでいうと、有本さんのご業績が良質な参考文献ですね https://t.co/xne5cgCHk6

1 0 0 0 IR 市場の意義

@kouteika Market placeとmarket areaとの識別に相同、と解していいのかしらん。福田敬太郎 「市場の意義」『國民經濟雜誌』45卷4號1928年p.582・584參照… https://t.co/HIyA0twiPj

3 0 0 0 OA 市場政策原理

@kouteika 福田敬太郎『市場政策原理』p.31f「最も重要なる點は異なれる原始團體に屬してゐたところの「異人」もしくは「非同人」が如何にして新しき市場團體を形成し、それを維持し得たか」。その答が「固有の原始團體を結合せしめ… https://t.co/VvzwurejzN
高橋力也「戦間期日本の国際法実務と立作太郎―1930 年ハーグ国際法典編纂会議における領海幅員問題を事例として―」https://t.co/YqVKRgyppW
CiNii 論文 -  室町時代初期に於ける商業の発達について https://t.co/OcPply34lr #CiNii
CiNii 論文 -  近代日本植民地における「憲兵警察制度」に見る「統治様式の遷移」--朝鮮から関東州・「満洲国」へ https://t.co/3hzZFu8Ap0 #CiNii

5 0 0 0 OA 広長舌

丙午出版社創業者で鷄聲堂書店も經營した高島米峰の曰く「發行以前に發賣禁止されたといふのは、殆んどない。多くは發行以後三日以上一週間位たつてからのやうである。」「從つて、初版の大部分は「賣れた形」になるのである。」――「發賣禁止と原… https://t.co/mHJAL12pVq
@shomotsubugyo 和田洋一「検閲とは何か――検定の問題をも含めて――」中「二、日本の検閲の特殊性」( 同志社大學『人文學』87、pp.3-8)參照https://t.co/51o95cQ0sz。「検閲は本来事前検閲を意… https://t.co/EBZjSNPEzD
成文堂から、荒邦啓介『明治憲法における「国務」と「統帥」 統帥権の憲法史的研究』が刊行。 https://t.co/LWwSciBmv9 こちらの博論の書籍化かな。「明治憲法における「国務」と「統帥」――統帥権の歴史的・理論史的研… https://t.co/huSAxXrjm7
91年当時は批判者かもしれません。駒場期の論文をよく読むと、長尾龍一名誉教授にかなり引っ張られたものをお書きという印象です。こういうものの脚注62番など拝見すると。https://t.co/jCffOwAqDP ヒデミスガナミは読みますが実地の潰し感が感じられない。
この博論の書籍化だな。要旨PDFあり。 丸亀裕司「公職選挙に見るローマ帝政成立」(2015) https://t.co/HpPT0i1Y39
宋鍾昊「村井章介の「境界人」の概念および<倭寇=境界人>説の立論についての批判的検討」 (コリア研究 (8), 2017-03) https://t.co/4QNVqZcFM0 こんな論文が出ていたようだ。どんな攻め口なんだろ?ワクワク
「Thoukydidesはしかし一体何を捉えたのだろうか。… 圧巻であるのが、外交上の政治的決定を左右する要因として、デマゴーグとその支持者の心理が分析され、むしろこれが国際関係を決定付けていると喝破されている点である」 https://t.co/YKQuFtpbyy
これも気になるネタであります。樋口陽一「法学における歴史的思考の意味:法学における歴史的思考の意味――憲法学の場合」 https://t.co/rbE6ZDjF80
CiNii 論文 -  鎌倉時代の婦人財産權 https://t.co/JvhxPJ3xpE #CiNii
このあいだ見つけたんだけど、憲法学の樋口陽一が法制史学会のシンポジウムで、敗戦後の歴史学、なかでも大塚・高橋的な発展段階説に基づく経済史を「「諸学の王」といってよい」と評してたのが印象深かった。詳細は以下の論文(2001)。 https://t.co/wbpY2xEpMQ
滝口剛「満州事変後における自由通商運動の軌跡―『大東亜共栄圏』への道」『甲南法学』57:3・4(2017年) https://t.co/LwRwoSyUHj あとこれはおもしろそうです。
松浦正孝「財界人たちの政治とアジア主義―村田省蔵・藤山愛一郎・水野成夫」『立教法学』95号(2017年)https://t.co/59F7d7XuCB やばい匂いがしていた論文がリポジトリ登録されていたのに気づきました。
水林彪「マグナ・カルタと六角氏式目 : 日本国憲法の歴史的起源を訪ねて」(早稲田法学92(3), 2017) https://t.co/RTRqD2tvEQ pdfで本文公開中。家臣が当主に突きつけた六角氏式目なら確かに共通点はあるが…
PDFあり。  久野康彦「革命前のロシアにおける探偵小説の歴史から」  https://t.co/HjXIBwr3yP 「スピリチュアリズム・神智学と19世紀末~20世紀初頭のロシア文学」 https://t.co/7PkayhYJ1p
PDFあり。  久野康彦「革命前のロシアにおける探偵小説の歴史から」  https://t.co/HjXIBwr3yP 「スピリチュアリズム・神智学と19世紀末~20世紀初頭のロシア文学」 https://t.co/7PkayhYJ1p
今回のロシア篇の編訳者の久野康彦氏、これの方か。PDFあり。 CiNii 論文 -  ロシアのホームズたち (革命前のロシアの探偵小説について) : アレクサンドル・シクリャレフスキーとその他の作家たち https://t.co/HYEdgX0tB5
川口朋子「戦時下建物疎開の執行目的と経過の変容 京都の疎開事業に関する考察」先ほど挙げた本の著者による論文。こちらが発展したのが本にあたるのかなと。 https://t.co/CMEf8QwFOq
レヴィ=ストロース「構造と形態」は邦譯が豫定の儘未だに出ず、プロップの反論は『口承文芸と現実』所收。兩者の論爭に關しては、上村忠男『歴史家と母たち カルロ・ギンズブルグ論』中「後記 プラトンとカントのあいだで」が興味深い。Cf.谷口勇https://t.co/8g8CGeIKdW
永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8

18 0 0 0 OA 経済学全集

ちなみに「言論自由の発達」は福田徳三の『経済学全集』第5集 社会政策研究 第五分冊 (同文館 1928年)2185〜2261ページで読める。 https://t.co/Cluq6NXdqI (国立国会図書館デジタル・コレクション)
CiNii 論文 -  帝国議会で追及された兵器商社泰平組合 https://t.co/FX2tK74zma #CiNii 思いのほか陸軍が不況だったw
【メモ】杵淵文夫(2017)「世紀転換期における中欧経済圏構想の思想的背景」『ヨーロッパ文化史研究(東北学院大学)』18: 159-180. ドイツの経済学者ヴァルタースハウゼンとヴォルフの構想を検討し、両者を比較した論文。 https://t.co/qZwQ4K9Gp8
岡垣知子 「アメリカ的『知』の覇権下におけるフランスの国際政治学」『獨協法学』101号(2016年)https://t.co/FUWtU9uN20 こんなものが出ていたのですね。
大原 俊一郎「ウィーン体制期国際秩序への普遍史的理解の深化―19世紀国際政治史における自由主義の影響」『亜細亜法学』51巻2号(2017年)https://t.co/J7PfXK3ZPP

16 0 0 0 OA 明治大正史

「浮世を茶にするといふことは(略)昔から失意の人々の良い隱れ處」…「現代に於ては(略)彼等の社會評論といふものは可なりの重みを以て傾聽せられて居る」https://t.co/bi7oVOsEAx これを柳田國男の杉村楚人冠評「無意… https://t.co/tMrrgLCceN
粗野な議論で熊野系,八坂系,稲荷系…に説得されないが,沿岸部の神社が高いところに建っている事実は結構重要に思う。東北電力が女川でポンプや復水に負荷がかかるにもかかわらず高い位置に原子炉を設置した理由の一つが沿岸神社の設置標高。 https://t.co/PwzQVAhdYy
TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
https://t.co/LPzBAt7wcO 左記の著作に関する事項も盛り込むと良いかも...。秦郁彦『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』のような印象。 https://t.co/ZBxaonx7M4
CiNii 論文 -  石川淳「八幡縁起」考 https://t.co/GH7tCMSQmA #CiNii
@kanbunyomi https://t.co/jqXR91IzIm 論文「漢代絹の一名「鮮支」に就いて」(1938年) ここで読めます。 鮮支は漢代になると、取引されやすいふつうの平絹(縞)を指す言葉として、『説文解字』に記録されたそうです。
CiNii 論文 -  室町期興福寺における罪科免除について https://t.co/ovWHNBihvd #CiNii

3 0 0 0 OA 1 国際宇宙法

https://t.co/B3tlkdUDGY→国際宇宙法って基本国際公法で、宇宙資産議定書や新種保険など金融応用の話を網羅できれば、ビジネスベースで、もっと興味をひき、よいものになったと思います。とくに国家責任集中原則と打上げ主体の民間移行化はどのように紐づけするか等記述が。
https://t.co/DzXm5WqQPz ⇒はやりのmaritime domain awareness についての言及が明確に薄い。宇宙空間同士の監視重視で、T大大気海洋研究所の道田教授あたりのご意見を取り入れておくべきだった。
https://t.co/GyQJyIdMhn ⇒ 具体的にMIL規格準拠とか仕様とかへの言及が今一つ薄く、要求仕様や実現仕様の話が分析でいるともっと良くなるが、ちょっと総花的すぎて、現実味にかける。T自動車のピックアップトラックを例に説明したほうがよかったのかもしれない。
https://t.co/PZJ4ztm37Z 斜め読みして、わかりやすかった。ただ、支持政党が違うと飲みに行く酒場が違うという政治文化だから、そこは表現しておいたほうがいいように感じるところである。
高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsRf3G
フォーテースキューの二重大権論を掘り下げたら、深澤民司(2016). 「国民国家の始原─ジョン・フォーテスキューの政治理論についての一考察」https://t.co/3hq8VZbX6c にたどり着き、D.W.ハンソンによる二重大権論のゲルマン的起源説を知る。

16 0 0 0 OA 明治大正史

「落選者の行方」https://t.co/PU8kzDgSzS。要は、明治以來の教育と出版の隆盛下で讀書熱を煽られながら、遂に成功青年たり得ず指導者ともなれず向學心をクール・アウト(竹内洋)し損ひ、良く言って在野の遺賢、多くは世の拗ね者となった半端なインテリである讀者どもの歴史。

16 0 0 0 OA 明治大正史

「やゝ卓越した者が日本では非常に迷うたのであつた」https://t.co/Hqcsi8hjWg「最も大きな不幸は時を失つた者の、改めて凡庸の道を踏み得ないことであつた。」「明治の教育は何の目途も無しに、たゞ斯ういふ人物を澤山に産出して居た」――『明治大正史世相篇』「群を拔く力」

5 0 0 0 OA 退読書歴

「讀書と理解だけには調練を經てゐる人間を、言はゞ反故にしてしまつたのが明治の文化である。」「彼等は盛にいろいろのことに氣がつく。」「そのヴイヴアシアスな人は皆をかしな人になつてゐる」『退讀書歴』https://t.co/6vQyLsQ9vM「讀書懺悔」@shomotsubugyo

46 0 0 0 OA 教育勅語衍義

そういえば重野安繹『教育勅語衍義』 https://t.co/Dv4GirIgoV 97コマ目の、「皇運」の字義に日本書紀に云う「寳祚」と同義であると言ってるけど、漢籍では「皇運」よりも「寳祚」・「國祚」・「皇祚」の形で出てくる方が常套表現ではあるのか。

12 0 0 0 OA 謹読勅語

@usoki3 ちょうど出てきたんで眠いんで巻号だけリンクしますからあとは自分で読んで下さい https://t.co/ee3ovoIuf5
「簡堂松平伯爵文抄」教育勅語の奉行に就てhttps://t.co/APKIttW0hH これもおもしろいぞ。森友学園がいかに戦前と違うか分かる

7 0 0 0 OA 阿部宇之八伝

これが「阿部宇之八伝」コマ番号366の「敎育勅語に對する卑見/568」はなかなかおもしろい。はじめは官僚の作文でつまんないけど。 https://t.co/bh56ilyB5e
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https://t.co/CnBUYBXdia
リポジトリ登録のリンクはこちら。https://t.co/ZVLakJULwv その後まさに欧州時代のモーゲンソーに着目した「連盟期の国際秩序構想におけるモーゲンソー政治的紛争論の意義(全4回)」も連載しています。以下リンクは1回目 https://t.co/CnBUYBXdia
以前も言及したけど、これは必読。>仲野武志『内閣法制局の印象と公法学の課題』(北大法学論集61(6):183-199) https://t.co/1ZB6SCBPK3
@ryojikaneko こちらでございます。まああまりきちんとした向き合い方ではないのですが。https://t.co/mDFjUOe5oB あと、丹羽さんの後期の仕事は『土地問題の起源』と『地租改正法』を合わせ考えなくては、とわたしは思っており…
小林友彦「「国際法と国内法の関係」を論じる意義ー日本の学説の展開過程に照らしてー」https://t.co/sV4ey6Dx6k
伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。
「おおよその貨幣論は、単一の貨幣を想定することからはじめている。しかしそれは太陽系や銀河系といった上位の構造をぬきにして個々の天体の存在を論ずるのと同様なことなのかもしれない。」黒田明伸:「貨幣の非対称性、補完性、離散性」https://t.co/YBX0wq8eDH
西平等「ドイツ反実証主義者の知的伝統 : 祖川武夫国際法学の歴史的位置に関する試論」 https://t.co/D14z1srU4m
やはり防衛政策の決定をめぐって「『軍事的合理性』って何」という渋い指摘がされたのがこの書評でした。https://t.co/bbruKAnCBA 安全保障政策の形成において、テクノロジーや物理的要因以外に、少なからぬ部分が認識をめぐる問題であることを思い起こさせますね。

3 0 0 0 大漢和辞典

ははぁ… もうデジデジになっとるけど https://t.co/VdYpVzZdyb 1982年に諸橋が死んどるから、2033年の元旦から、見られるといふわけね あと17年しかお金とれないもののために、ネット版をつくるわけにゃいかんといふわけかしら @shomotsubugyo

2 0 0 0 OA 国法汎論

ブルンチュリ『国法汎論』という、19世紀の世界的法学者による大著に、君主の退位につき、非常に興味深い記述がある。 加藤弘之の手による翻訳が、国会図書館HPで公開されているが、それ自体大変解読には苦労する。 コマ番号60頁以下 https://t.co/THBdiuZ4GI
先行して、高橋裕「明治中期の法律雑誌と大阪攻法会――梅謙次郎「日本民法和解論」に導かれて――」https://t.co/7oC9hh8elC。主題そのものより前置きや註が興味惹く。p.175「「雑誌」と自らを呼びつつも,実のところほぼ講義録に徹しており」、未だ學校から獨立できず。
經濟・教育・女性雜誌論は蓄積あるが、法律雜誌論は珍。 郭薇「法と情報空間(2)――近代日本における法情報の構築と変容――」https://t.co/FLtktCbQjQ「仝(3)」https://t.co/kjJ3YMCJPY博士論文https://t.co/aI0iuiek1i
經濟・教育・女性雜誌論は蓄積あるが、法律雜誌論は珍。 郭薇「法と情報空間(2)――近代日本における法情報の構築と変容――」https://t.co/FLtktCbQjQ「仝(3)」https://t.co/kjJ3YMCJPY博士論文https://t.co/aI0iuiek1i
經濟・教育・女性雜誌論は蓄積あるが、法律雜誌論は珍。 郭薇「法と情報空間(2)――近代日本における法情報の構築と変容――」https://t.co/FLtktCbQjQ「仝(3)」https://t.co/kjJ3YMCJPY博士論文https://t.co/aI0iuiek1i
#お前らの本棚にある一番ぶ厚い本を晒せ あと、日本經濟史研究所編『日本經濟史辭典』(日本評論社、1938、1865p)は、積み本の裏の本棚の奧底にあって、すぐ出せない。 https://t.co/9ElLbC6gOw いづれにせよ、分册發行ののち合本されたものが特に厚くなるわけ。
「士農工商」がえらく話題になっていたので,大島真理夫「「士農工商」論ノート」(『経済史研究』(大阪経済大)2号,1998年)を読み直してみた。その中で大島氏は,早くは西川如見が「士農工商」という言葉を用いていることを指摘する。→ https://t.co/2O8wrJ1X8g
アグリコラ著 ; 三枝博音訳著 ; 山崎俊雄編『近世技術の集大成 : デ・レ・メタリカー全訳とその研究』岩崎学術出版社, 1968年 https://t.co/rVBBz2n694
【メモ】 小川知幸「15・16世紀における中央ヨーロッパの鉱山業--ゲオルク・アグリコラ『デ・レ・メタリカ』(1556年)にみる-- (ヤマから見る歴史)」『ヨーロッパ文化史研究』6 (2005), 93-111頁 https://t.co/HsIfjEoyKA
【メモ】瀬原義生「中世末期・近世初頭のドイツ鉱山業と領邦国家」『立命館文学』585 (2004), 137-196頁 https://t.co/MgW90P0QfA
竹中 佳彦「国際法学者の“戦後構想”-「大東亜国際法」から“国連信仰”へ- 終戦外交と戦後構想」 https://t.co/4kPCaEO8Ym

5 0 0 0 OA 漢學の成立

島田虔次は章炳麟の「國學」を、皖派の音韻訓詁の學と浙東史學とを結合した清朝學術の集成と。 經學から史學へ、とは井上進『明清学術変遷史』(https://t.co/TzKgc8eNCm)の言(Cf.「漢学の成立」末https://t.co/GY8tg9q79j)。 史學史は如何に。
どん兵衛のコレ、筧克彦先生の『大日本帝国憲法の根本義』の「第五図」(159頁)しか想起し得ないのが、普通の法学者だよな。 ちな、近代デジタルライブラリーで読めます。→ https://t.co/wE5rcszWnW https://t.co/SsdDPo7bkw
世耕弘一『自由主義か?共産主義か?』 https://t.co/DWEnMlP2PU  林逸郎(五・一五事件海軍側弁護人)『血涙を以って守るべきは陛下の赤子の命也』 https://t.co/Pi209k683i
世耕弘一『自由主義か?共産主義か?』 https://t.co/DWEnMlP2PU  林逸郎(五・一五事件海軍側弁護人)『血涙を以って守るべきは陛下の赤子の命也』 https://t.co/Pi209k683i

24 0 0 0 OA 広告税に就て

久原房之助『久原一家言』 https://t.co/0XhvhKSCY0 河野一郎『大東亜共栄圏と日本畜産人の覚悟』 https://t.co/YTPZIHGrki 池田勇人『広告税に就て』 https://t.co/9sh5dGjtpV

7 0 0 0 OA 久原一家言

久原房之助『久原一家言』 https://t.co/0XhvhKSCY0 河野一郎『大東亜共栄圏と日本畜産人の覚悟』 https://t.co/YTPZIHGrki 池田勇人『広告税に就て』 https://t.co/9sh5dGjtpV
久原房之助『久原一家言』 https://t.co/0XhvhKSCY0 河野一郎『大東亜共栄圏と日本畜産人の覚悟』 https://t.co/YTPZIHGrki 池田勇人『広告税に就て』 https://t.co/9sh5dGjtpV
なんと清末に『吾妻鏡(ウチジン)』という性科学書があったらしい。鎌倉幕府史書の『吾妻鏡』は清代には海外異書として受容されてて、男女の性愛の隠喩にもなったとか。いろいろ衝撃…。 唐権「『吾妻鏡』の謎 : 清朝へ渡った明治の性科学」 https://t.co/eFWONIznkd
統治行為論を論じておられるんですよね。金子先生のデビュー論文は。 CiNii 論文 -  独逸における統治行為論の動向 https://t.co/Vxpe5zbxXg #CiNii
うわ。これ J-Stage で読めたのか。 / “丸山眞男(1950)「H・D・ラスウェル「權力と人格」」 - J-Stage” https://t.co/bX7JrplKy6 #PoliticalStudies #行動科学
“笹倉秀夫(1998)「戦後日本の法哲学—その一断面—」 - J-Stage” https://t.co/hdCtCUIy4g #新カント派
本文あり。 / “赤間 聡(1995)「新カント派西南学派法哲学研究II : エーミール・ラスクにおける「法現実」」 - JAIRO” https://t.co/D92OWny4qf #新カント派 #Lask
本文あり。 / “赤間 聡(1994)「新カント派西南学派法哲学研究I : リッケルトの学問論と文化科学としての法律学」 - JAIRO” https://t.co/zjJc9kIcpN #新カント派 #Rickert
本文あり。 / “大橋容一郎(1992)「<展望>新カント派再考」 - JAIRO” https://t.co/XiIsSF0sqO #新カント派 #philosophy
江藤裕之や佐野晴夫https://t.co/mbo0XdM099に參照されなかったのは無理もないが、夙に由良君美「ベックーと文献学の問題」(外山滋比古編輯『英語文学世界』1969年9月號「特集 文学の理論」英潮社)が、芳賀矢一の「新國學」についても短評ながら鋭い批判を插んでゐた。
CiNii Articles -  吉川幸次郎「読書の学」--フランス文学の一読者による紹介と感想 中川久定論文。やはり。 https://t.co/emT9hOuhoh
文獻學の東西比較は竹村英二・伊東貴之・江藤裕之らの共同研究も進行中。 https://t.co/gvCwWRtKxW だが『徳川社会と日本の近代化』(2015)の竹村・伊東論文を讀む限り期待薄。http://t.co/ZVxWfH4pJC 『日本研究』46卷のは面白かったのに。
鈴木貞美「江戸川乱歩、眼の戦慄 : 小説表現のヴィジュアリティーをめぐって」『日本研究』第42集、2010年☞http://t.co/BVHPsxYjPM (下部リンクよりPDF無料閲覧・DL可能)
[文献メモ]高橋和之「法秩序形成における国会と裁判所の役割-松下理論の理解を中心に-」 http://t.co/syxZdBw9Ev 松下圭一『市民自治の憲法理論』に憲法学者が検討を加えた珍しい文献

フォロー(1162ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  天文法華一揆と「町人」組織 : 惣町の展開を中心に https://t.co/BImAsFn0Wj #CiNii
RT @yadanetnagano: 金足農業の校歌を作詞した近藤忠義さんは、日体大の校歌も作詞されているそうです。治安維持法によって拘留されているときの日本体操学校の学生とのくだり、阪神淡路大震災の年の甲子園のくだりが感動的。教え子の塩谷郁夫さんという方の随想です。 http…
CiNii 論文 -  唐船奉行の成立 : 足利義教による飯尾貞連の登用 https://t.co/wu4epqJFMt #CiNii
RT @miakiza20100906: 論文(無料、日本語): 福島第一原子力発電所事故から5年を経過して農業面で何が分かってきたのか ― 東大大学院農学生命科学研究科の放射能汚染調査を中心に https://t.co/4vhHYtoj31  2017年、中西友子(東大)。
CiNii 論文 -  考古学データベースからの情報の抽出 https://t.co/sUZ97DWnJH #CiNii
後で読む RT @yskmas_k_66 【メモ】 堀井健一「新学習指導要領における中学校社会科歴史的分野の「ギリシャ・ローマの文明」と民主政治の来歴の観点に関する一考察」『長崎大学教育学部教育実践研究紀要』(17) 77-91… https://t.co/eSaaVyk3Rc
CiNii 論文 -  「平泉文化圈」の問題 : 藤原氏關係の諸堂宇に對する一考察(慶應義塾創立百年記念論文集) https://t.co/xyxQNn0hY5 #CiNii
CiNii 論文 -  榊原忠次の文事 (一) https://t.co/xvsBXi1kQy #CiNii
RT @onoyuji_daye: ぜんぜん全訳じゃないけどこんなんあります。 伊東倫厚「日知録集釋卷一譯注」 https://t.co/K5cDu67lDO
ぜんぜん全訳じゃないけどこんなんあります。 伊東倫厚「日知録集釋卷一譯注」 https://t.co/K5cDu67lDO
CiNii 論文 -  南北朝期東国守護の存在形態に関する一考察 : 下野国の場合を中心に https://t.co/DUvU99L03N #CiNii
CiNii 論文 -  南朝における源氏物語研究の伝承 https://t.co/2pu0Yl085b #CiNii
RT @IichiroJingu: 188p(井上章一)ちょっとけんかを売る格好になるといかんのやけれども、申し上げましょう。学会との接点を持たない日文研に研究の自由はないと言われた吉田〔伸之〕氏へ、こう言い返してやりたいと思ったことがあります。「歴研に本当の意味の自由はあるの…
CiNii 論文 -  "ばさら"と"かぶき" (I)(B. 生活科学) https://t.co/jkOwpZz8FW #CiNii
「飼いならす」ことは、「儀礼」がわれわれに意味や方向性をもたらしてくれるのと同様に、あるものを特別なものにする。前者はものを、後者は時間を、ほかの無数の同じようなものから区別させるのである。 / “「飼いならす」から読み解く『小…” https://t.co/9UfQ7Tih62
『星の王子さま』は、子供の目で見る大切さを訴えるだけのものではない。問題は子供の目で見るとはどのように見ることか、を理解することである。そして、その方法とはまさに「飼いならす」ことにあるといえる。 / “木谷 吉克 「飼いならす…” https://t.co/JMDuwNHjef
トランプ政権一年経過時の世論調査。地域支持率、都市部での低さが目立つ。 https://t.co/SxKV5T7Aur https://t.co/glzd8FqdyL
CiNii 論文 -  北条氏忠の下野佐野支配 https://t.co/nYV8PgTGnf #CiNii
『星の王子さま』内藤訳の「飼いならす」ことへの無関心に対し、この論文は、まさに「飼いならす」ことこそ時間をかけること、すなわち真に知ることであると論じ 、その書の後半のテーマであったことを提示する。 / “「飼いならす」から読み…” https://t.co/LePUsYMH1s

26 2 2 2 OA 院政期興福寺考

CiNii 論文 -  院政期興福寺考 https://t.co/sqfvSYvkIA #CiNii
そういえば、こういう調査を行った方がいらっしゃった。キルタイムコミュニケーションの納本ぶりが光る。 https://t.co/TmU2TgI1XI https://t.co/JlpT10ny1X
CiNii 論文 -  永禄十二年の越相一和に関する一考察 : 太田資正(三楽齋道譽)の動向を中心として(戦国大名論集I,杉山博先生古希記念号) https://t.co/iWYq2yaF9X #CiNii
CiNii 論文 -  中世における粽伝承と年中行事 : 室町期食文化の周辺 https://t.co/hjPkyUN34C #CiNii
CiNii 論文 -  中世民衆芸能における呪能的芸術性 https://t.co/t7pdb3oWjF #CiNii

94 4 4 4 OA 官職要解 : 修訂

RT @quiriu_pino: 国史・国文必携の和田英松『官職要解』は講談社学術文庫版がてごろだから古本で見つけたら買いなさいと指導されたけど、おしいことに文庫版は索引が一部落ちている。NDLのデジコレなら、詳細な「官職唐名索引」まで見れるのでとても便利。 https://t…
CiNii 論文 -  宝剣喪失、密教と神話の間の王権論(中)『愚管抄』と延慶本平家物語の関係をめぐって https://t.co/n1U77aRhCY #CiNii
RT @nariyuki_hanyu: 中村草田男のいとこだった夭折の哲学者・三土興三についてはこの論文(https://t.co/8Uacdzv2KQ)がいちばん詳しい情報かな。日独キルケゴール受容史を研究している方による、三土の生涯の紹介と、その卒論以外で唯一の著作となった…
RT @TR_727: @tcv2catnap 太平洋戦史研究部会報告(4) 太平洋戦史研究部会第4回セッション トラック空襲その二https://t.co/ABwb0zrEtH 情報元→https://t.co/iUXv509e8e
CiNii 論文 -  将軍専制下における管領細川氏の動向 https://t.co/pSW9KmBP8I #CiNii
岡崎勝世「日本における世界史教育の歴史(I - 1) : 「普遍史型万国史」の時代」https://t.co/YnmLTVnAB7 (I - 2) : 「文明史型万国史」の時代 1.… https://t.co/siTNSe1gde
岡崎勝世「日本における世界史教育の歴史(I - 1) : 「普遍史型万国史」の時代」https://t.co/YnmLTVnAB7 (I - 2) : 「文明史型万国史」の時代 1.… https://t.co/siTNSe1gde
昭和21年から22年にかけての日本各地のカラー写真  モージャー氏撮影写真資料 https://t.co/NYtna8XyOc
太湯好子ら(2008)「認知症高齢者に対するイヌによる動物介在療法の有用性」 https://t.co/b1RaOSoSWs 認知症高齢者に週1回AATを実施したら半年後にうつ状態が改善したよ、という論文。
CiNii 論文 -  戰記物語にあらはれた中世武士と戰爭(占部博士古稀記念號) https://t.co/fTTeQiPdK5 #CiNii
CiNii 論文 -  戦国大名武田氏の寺社支配(修士論文要旨) https://t.co/Tb76yBq7NW #CiNii
CiNii 論文 -  戦国大名家在京雑掌を巡って : 大内氏の場合(戦国大名論集III,杉山博先生古希記念号) https://t.co/6SjTCCfg39 #CiNii
CiNii 論文 -  宝剣喪失、密教と神話の間の王権論(中)『愚管抄』と延慶本平家物語の関係をめぐって https://t.co/n1U77aRhCY #CiNii
社会心理学研究 Online ISSN : 2189-1338 Print ISSN : 0916-1503 「人はなぜモノを溜め込むのか ホーディング傾向尺度の作成とアニミズムとの関連性の検討」 池内 裕美 2014 年 30… https://t.co/0BfwgLEY4z
CiNii 論文 -  刀匠と法華信仰 : 法華一乗派を中心として https://t.co/4Sjoh0K6HK #CiNii
嶋田喜昭(2011)「犬の飼育を考慮した都市環境改善に関する住民意識」 https://t.co/LSuFWsS6H1 #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉由比ヶ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究(第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告,第2部) https://t.co/nThM8Uew6T #CiNii
CiNii 論文 -  室町時代の祝言と食文化 : 幸若舞曲にみる https://t.co/nQM42i4giX #CiNii
CiNii 論文 -  後深草時代の女性 https://t.co/5gwHEePe81 #CiNii
CiNii 論文 -  細川氏内衆の存在形態〔小特集 : 宝珠院文書から見る中世後期の尼崎〕 https://t.co/2Z7L0GO1fA #CiNii
CiNii 論文 -  1935年の楠木正成をめぐるいくつかの出来事--ナショナル・ローカル・資本 https://t.co/EqaZozlIhk #CiNii
RT @TR_727: 原宿歩行者天国で流行ったダンス「ロックンロール」が数年後に水戸市に渡り、毎週踊る場所もなく『黄門祭り』の臨時歩行者天国の恒例行事に。やがて暴走族が参戦。先輩からの口伝で文化は進化し続け呼び名も「ロック」に。今やEDMや初音ミクで踊るチームまで。茨城スゴい…
CiNii 論文 -  鎮西探題の所在地について(人文・社会科学編) https://t.co/EX1D0uMPrr #CiNii
CiNii 論文 -  『太平記』にみる舎弟・小考 : 第一部世界を中心に https://t.co/DrS9PqCpxu #CiNii
RT @notremames: 学術的な言説における「宗教」の気持ち悪さの原因は、中田先生の論文で大体わかりますね。 --- 宗教学とイスラーム研究 : 規範的アプローチの構築のための準備作業(<特集>イスラームと宗教研究) 中田 考 https://t.co/Wr8jkif…
CiNii 論文 -  中世における粽伝承と年中行事 : 室町期食文化の周辺 https://t.co/hjPkyUN34C #CiNii
CiNii 論文 -  二条為明の生涯 https://t.co/xTSXo0VObX #CiNii
@bachelor_keaton 課題論文これにしてほしい。読めないの自分以外もそうだって確かめたい。 https://t.co/ii4AUREQQJ
CiNii 論文 -  得宗被官による禅院寄進の背景 : 宿屋氏の筑前国芦屋寺の場合(葉貫磨哉先生追悼号) https://t.co/3x2UW9DDEZ #CiNii
CiNii 論文 -  鶴岡八幡宮別当頼仲と二人の弟子について(葉貫磨哉先生追悼号) https://t.co/J6oo3NGx6x #CiNii
CiNii 論文 -  フォーラム パブリック・ヒストリ : 社会の歴史意識・知識とアカデミックな歴史 https://t.co/IMLJUfVIyD #CiNii
CiNii 論文 -  英学史の中の『忠臣蔵』 https://t.co/6WPzSWjx6a #CiNii
RT @TakahitoYamada: 「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」を読んだ。 https://t.co/e7uKEtBh4q 「歴研は自由か?」という井上先生の皮肉がなかなかよい。
CiNii 論文 -  室町期摂津国西成郡における細川氏の在地掌握 : 嘉吉・文安年間の崇禅寺との関係を通して https://t.co/BX35UzCgRr #CiNii
CiNii 論文 -  絶海中津の仏儒一致の思想と道家思想の受容 : 詩集『蕉堅稿』を中心に https://t.co/dkaEhn6Fjh #CiNii
規格上はISDB-Tでサマータイムもタイムゾーンも規定されているのね。個々のテレビやHDレコーダーで実装・テストされてるのかが気になるところで / “ブラジルのデジタル放送方式” https://t.co/m9gUdnavVh
RT @shibuya1972: WANによる配信があるようですが、澁谷の個人報告は配信されません。ご関心のある方は会場においで下さい。来れない方は、おおむね以下の論文と同じような話をするのでご覧下さい。 →「「フェミニスト男性研究」の視点と構想――日本の男性学および男性研究…
CiNii 論文 -  月舟寿桂と医学 -『幻雲文集』に見る五山と医家の接点- https://t.co/zhzKgZmn18 #CiNii
CiNii 論文 -  『太平記』にみる舎弟・小考 : 第一部世界を中心に https://t.co/DrS9PqCpxu #CiNii
CiNii 論文 -  青砥藤綱像の形成 : 『太平記評判秘伝理尽鈔』と『北条九代記』の解釈を中心に https://t.co/8E6fdsBxnR #CiNii
CiNii 論文 -  「竹むきが記」の翻刻(全) https://t.co/ZoOIixY3BZ #CiNii
@masyu_han 2012年に出た別の研究者の論文P56によると「熊野のカルデラで噴火して、大阪や奈良に火砕流が到達した」説と「熊野の北の大台ヶ原のカルデラで(同」(2008)の両論併記してまして、「決め手を欠く」になってまし… https://t.co/AuaKOgzMFb
@masyu_han 結構、重たい話なんですよね。地質学の最新研究(2008年当時)の論文なのですが、「コールドロン(カルデラ火山のこと)だった可能性がある」が論旨で、素人なので、どの程度に確信を持てばよいのか、悩みました。 https://t.co/C58Mfr2495
CiNii 論文 -  中世曹洞禅の一考察 https://t.co/DwBa3tcSRB #CiNii
CiNii 論文 -  『大塔物語』雑考 https://t.co/M5NaGbfD4s #CiNii
CiNii 論文 -  南北朝期上杉氏の上野国支配の特質 https://t.co/8nfRpXGYTZ #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の宗教政策 : 将軍と得宗の宗教権威の相剋(平成16年度文学研究科修士論文要旨) https://t.co/WbqnyywNjs #CiNii
CiNii 論文 -  英学史の中の『忠臣蔵』 https://t.co/6WPzSWjx6a #CiNii
フェレルと日本絡みのエピソードはあまりないかもですが、思いつくのは彼の名をつけたSHAFRの賞が、彼が全く支持していない原爆外交説を唱える長谷川毅のRacing the Enemy(邦語題暗闘)に与えられたことに苦笑していたことが… https://t.co/FbXFCiEYKH
CiNii 論文 -  鎌倉期悪党禁令中に現われる「傍輩」の語義の再検討 https://t.co/4rYgYkH7uI #CiNii
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
RT @contractio: おや篠木さんがこんな論文を。 / “篠木 涼(2017)「『時計じかけのオレンジ』によって引き起こされた行動主義をめぐる「イメージ」への影響:1960-70年代における行動主義心理学と行動療…” https://t.co/4R4NYsTUI7 #…
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
RT @kumakuma1967_o: 譲渡価格6兆円だったそうで。 https://t.co/aav5giB7cs
(書評)木庭 顯,吉村忠典著「支配の天才ローマ人」 https://t.co/DJTtUB5j4p 久々に読んだがネットにもあったのか。
おや篠木さんがこんな論文を。 / “篠木 涼(2017)「『時計じかけのオレンジ』によって引き起こされた行動主義をめぐる「イメージ」への影響:1960-70年代における行動主義心理学と行動療…” https://t.co/4R4NYsTUI7 #あとで読む #行動主義 #行動科学
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
188p(井上章一)ちょっとけんかを売る格好になるといかんのやけれども、申し上げましょう。学会との接点を持たない日文研に研究の自由はないと言われた吉田〔伸之〕氏へ、こう言い返してやりたいと思ったことがあります。「歴研に本当の意味の… https://t.co/hkziIge90a
『読心術極意皆伝書 : 人心観破』https://t.co/UESTG6tavJ 著作兼発行者は大阪(木村荘六)、発行所は東京(帝国変態心理学会)はいいとして(支部・本部だから)、印刷が三重県宇治山田市尾上町。 国会のは初版で、先… https://t.co/Bc2OOkv1xL
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言… https://t.co/8MaC9afxTc
CiNii 論文 -  歴史家の見た御伽草子『猫のさうし』と禁制 https://t.co/QLVfHh3jwo #CiNii
RT @Beriya: https://t.co/vFcp8Zwlz4 前も読んだけど「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」、どうしても笑ってしまうし、こういうのを読んだ後で「歴史学」における「左派」の影響についてカマトトぶる論をみると苦笑しか出てこないんだよな。
田嶋センセの、靴に足が合わない(逆じゃないのよ)エッセイは、すばらしく世間なるものの問題点をえぐりだしているので、好き嫌い関係なく読んでみたらいいと思うよ。靴はかない人は、ほぼいないでしょ? https://t.co/ZOw0qCOzHl
RT @KoichiTaniguchi: 先ほどの「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」最後まで読んだが、メチャクチャに面白かった。学会とは何か、研究とは何か、色々なことを考えさせられながら読んだ。山崎正和オーラルなどと併せ読むと更に滋味深いのではないか。以下、PDFのあるトコ。…
RT @minoruno: 日文研発足に纏わる当時のゴタゴタについて知る。 パネラーの先生方の回想に出てくる研究者が学生時代参考文献によく出てきたあの先生とかこの先生とかそんな有名人ばかりで昭和のプロレス回顧録読んでるみたいだった(;ω;) 馬場が!猪木だ!長州だぁ! http…
あとで読む。 / “工藤安代(2006)「ニューディールの芸術文化政策:財務省絵画・彫刻部 (セクション) の芸術プログラムの特性」 文化経済学 5(1), 27-37, 200…” https://t.co/f2ItPE3gSo #あとで読む #アートさん #美学 #AMSEA
CiNii 論文 -  足利家時置文再考 https://t.co/OVogn9FbRa #CiNii
RT @minoruno: 日文研発足に纏わる当時のゴタゴタについて知る。 パネラーの先生方の回想に出てくる研究者が学生時代参考文献によく出てきたあの先生とかこの先生とかそんな有名人ばかりで昭和のプロレス回顧録読んでるみたいだった(;ω;) 馬場が!猪木だ!長州だぁ! http…
CiNii 論文 -  平治の乱における藤原信頼の謀叛 : 再評価と動機形成をめぐって https://t.co/3pmxrZ6na9 #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  戦記文学における剣技の推移についての考察 https://t.co/FAGHqHZ20b #CiNii

フォロワー(430ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @fjtn8703: @saram_taka 批准書関連ではありませんが幕末期に大日本帝国という呼称が生まれた経緯はこちらの論文にありますね。 https://t.co/705OETQNUR
ぜんぜん全訳じゃないけどこんなんあります。 伊東倫厚「日知録集釋卷一譯注」 https://t.co/K5cDu67lDO

94 4 4 4 OA 官職要解 : 修訂

RT @quiriu_pino: 国史・国文必携の和田英松『官職要解』は講談社学術文庫版がてごろだから古本で見つけたら買いなさいと指導されたけど、おしいことに文庫版は索引が一部落ちている。NDLのデジコレなら、詳細な「官職唐名索引」まで見れるのでとても便利。 https://t…
RT @nariyuki_hanyu: 中村草田男のいとこだった夭折の哲学者・三土興三についてはこの論文(https://t.co/8Uacdzv2KQ)がいちばん詳しい情報かな。日独キルケゴール受容史を研究している方による、三土の生涯の紹介と、その卒論以外で唯一の著作となった…
太湯好子ら(2008)「認知症高齢者に対するイヌによる動物介在療法の有用性」 https://t.co/b1RaOSoSWs 認知症高齢者に週1回AATを実施したら半年後にうつ状態が改善したよ、という論文。
嶋田喜昭(2011)「犬の飼育を考慮した都市環境改善に関する住民意識」 https://t.co/LSuFWsS6H1 #CiNii
論文 幼児の気質が母親の行動特徴と養育態度に及ぼす影響 https://t.co/7zoqhclrfl https://t.co/Hk7LVnfTsT 「同じ親から生まれて、躾もきちんとしているつもりだけれど兄弟にも個人差がある… https://t.co/HMFydWCm9b
@bachelor_keaton 課題論文これにしてほしい。読めないの自分以外もそうだって確かめたい。 https://t.co/ii4AUREQQJ
(書評)木庭 顯,吉村忠典著「支配の天才ローマ人」 https://t.co/DJTtUB5j4p 久々に読んだがネットにもあったのか。
おや篠木さんがこんな論文を。 / “篠木 涼(2017)「『時計じかけのオレンジ』によって引き起こされた行動主義をめぐる「イメージ」への影響:1960-70年代における行動主義心理学と行動療…” https://t.co/4R4NYsTUI7 #あとで読む #行動主義 #行動科学
RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
188p(井上章一)ちょっとけんかを売る格好になるといかんのやけれども、申し上げましょう。学会との接点を持たない日文研に研究の自由はないと言われた吉田〔伸之〕氏へ、こう言い返してやりたいと思ったことがあります。「歴研に本当の意味の… https://t.co/hkziIge90a
RT @KoichiTaniguchi: 先ほどの「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」最後まで読んだが、メチャクチャに面白かった。学会とは何か、研究とは何か、色々なことを考えさせられながら読んだ。山崎正和オーラルなどと併せ読むと更に滋味深いのではないか。以下、PDFのあるトコ。…
RT @minoruno: 日文研発足に纏わる当時のゴタゴタについて知る。 パネラーの先生方の回想に出てくる研究者が学生時代参考文献によく出てきたあの先生とかこの先生とかそんな有名人ばかりで昭和のプロレス回顧録読んでるみたいだった(;ω;) 馬場が!猪木だ!長州だぁ! http…
あとで読む。 / “工藤安代(2006)「ニューディールの芸術文化政策:財務省絵画・彫刻部 (セクション) の芸術プログラムの特性」 文化経済学 5(1), 27-37, 200…” https://t.co/f2ItPE3gSo #あとで読む #アートさん #美学 #AMSEA
@glasscatfish リンク先論文によれば初出は慶応四年で、秋田藩を「東北の雄鎮」と呼んでいるそうです。 https://t.co/6ZgkUPlfWV
CiNii 論文 -  概念史における言語と言語以前の存在 : コーゼレックを手がかりにして https://t.co/2X79lau4pK #CiNii
CiNii 論文 -  思想史・概念史・ゼマンティーク研究の射程 : ヨーロッパ近代社会成立期の公共概念をめぐって https://t.co/2x0fj9mNkB #CiNii
RT @_6kaku_: 学級(ひとクラスの生徒数)が大きくなるほど生徒の成績は低下、教師からのサポートは低下、生徒同士のサポートは低下、生徒の抑うつを高めるとのこと。 / クラスサイズと学業成績および情緒的・行動的問題の因果関係 https://t.co/WccofsoLjI…
RT @ke_1sato: 京都舎密局で醸造されたビールのラベル。明治11年頃か。吉田元「明治初年の京都のビール」(https://t.co/gyzNQnG80H)によると、当時のビールのラベルは一切確認されていないとのことなので、これが現存、初確認のラベルであろう。『捃拾帖』…
RT @shunsukekosaka: 井上先生、フランツ=キュモン伝より先にこちらを出版されるとは思わなんだ。以前にキュモンについてノートを書かれているので。 https://t.co/plRzhXlycp https://t.co/cyP9kvr9XU
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/ibe10YMSR2 h…
RT @aihadure_chan: 昔、天神真楊流の先生から「手解」を習った時は、合気道のような技もあると言われました。 あの手解は基本稽古として素晴らしい技だと思います。 地味な基本形で演武されることが少ないようですが、国会図書館で天神真楊流柔術極意教授図解が閲覧できます。…
RT @FumitakeKajio: >RT 論文はこちら。「阪神近代文学研究」にもご注目いただければと。 CiNii 論文 -  少年の想像力 : 中上健次「一番はじめの出来事」論 https://t.co/I9Gn9aWGBZ #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  ノモンハン事件発生原因と「国境線不明」論 https://t.co/ToFIlYbdCa #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  ノモンハン事件(ハルハ河戦争)の歴史的研究 : 共同研究の経緯 https://t.co/62ODCLsmVN #CiNii 国境線紛争までの日ソの経緯という視点から書かれている。珍しいアプローチ。
RT @marxindo: @a334 高野陽太郎先生のこういう論文があります。 https://t.co/ZxvczTKS2U
RT @hiroyuki_in: ちなみに『法の原理』は翻訳が三種類出ていて、ブックフェアで紹介した行路社版の訳者による岩波文庫版の書評論文も合わせて読むとよりいっそう面白いです。https://t.co/mDw6NbiIfT