しねはさん@がんばらない (@r_shineha)

投稿一覧(最新100件)

大学のファンディングとパフォーマンス評価についてはとりあえずこちらなどを。小林信一(2011) 「研究開発におけるファンディングと評価─総論─」  https://t.co/vhE3k1vxbV
JRECINの分析例としてはこちら/ 川島ほか 2016 「大学における研究関連求人の推移:JREC-IN Portal掲載の求人票に基づく分析」 https://t.co/jfEaklnN4A
小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレ… https://t.co/S88G3hfaBo
前任校の総研大時代に副論文指導を担当していた秋山さんの成果が論文として公開されました。非常に嬉しい限り。/ 秋山辰穂, 水島希, 標葉隆馬. (2018) 生物多様性国家戦略の定量分析:内容の変遷と施策の偏り. 保全生態学研究 2… https://t.co/G5785YrFOB
論文が公開されました。JST-RISTEXのプロジェクト間共同の論文で東工大の小長谷先生のグループとご一緒させていただいたものになります。”Responsible innovation in molecular robotics… https://t.co/WLx0RzcS6V
研究者の専攻分野別のジェンダー分析については、例えば小川眞里子先生らのこちらがある。「東アジアの女性学生・研究者の専攻分野に関するジェンダー分析 : EU・日本・韓国・台湾の比較をとおして」 https://t.co/4fF6HckViO
インパクト評価とかインパクトアセスの話については、こんなん書いている。ご参考までに。 「「インパクト」を評価する-科学技術政策・研究評価-」https://t.co/B2YpPDprLe …
なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報… https://t.co/RVaqQuBAlG
@a_krk ツイが流れてきたので、いきなりすみません。ご参考になるかわかりませんが、こんなんあります。 https://t.co/B2YpPDprLe
辰井聡子(2014)「再生医療等安全性確保法の成立ー医療・医学研究規制を考えるための覚書」立教法務研究 (7), 151-177 https://t.co/VwJMw2IIBE
小川眞里子(2012)「EUにおける女性研究者政策の10年」人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要 https://t.co/FgrwNDrIT9
小川ほか(2015)「東アジアの女性学生・研究者の専攻分野に関するジェンダー分析 : EU・日本・韓国・台湾の比較をとおして」人文論叢 : 三重大学人文学部文化学科研究紀要 https://t.co/4fF6HckViO …
RT @ikejiriryohei: 【論文】女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/ulb2E3igD9|「好意的性差別発言「女の子なのにすごいね(BS条件)」(vs.「すごいね(統制条件)」)が女子生徒の数学に対する意欲を低下させることを実証…
小川( 2012) 「EUにおける女性研究者政策の10年」 https://t.co/FgrwNDrIT9
国内の政策関連だと、三重大学の小川眞里子先生らが、継続的に調査されている。ネット上で手に入る文献としてはこちらなど。 小川ほか(2015) 「東アジアの女性学生・研究者の専攻分野に関するジェンダー分析 : EU・日本・韓国・台湾の… https://t.co/MOEZxXP2kr
とりあえず、去年出たこちらが国内では一番まとまっていると思う。https://t.co/G56JUvdbAQ
そういやこんなん出してます。ざっくりとした経緯の素描として/「政策的議論の経緯から見る科学コミュニケーションのこれまでとその課題」『コミュニケーション紀要』vol.27, pp13-29. https://t.co/Od4EkiClUO
実務家教員、地方大、G型・L型論などの話、基本的には通底する論点と奇妙な経緯があると思うが、例えばこの論考の情報と議論は押さえてから見るのが必要かなあとは思う。小林信一『大学教育の境界―新しい高等職業教育機関をめぐって―』 https://t.co/eVmNZya7RR
とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
なんだかやむにやまれぬ事情から、標葉も「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」てものを寄稿しています。https://t.co/B2YpPDprLe
デュアルユースとかの話を今後する際にはこのあたりの情報と視点は必須/ 小林信一(2017)『CIA In-Q-Tel モデルとは何か―IT 時代の両用技術開発とイノベーション制作―』国立国会図書館リファレンス,793, 25-42. https://t.co/G56JUvdbAQ
@hitokage あとこれも。 https://t.co/vhE3k1vxbV
小林信一「大学教育の境界―新しい高等職業教育機関をめぐって―」『レファレンス』(国立国会図書館), Vol.785, pp.23-52, 2016. https://t.co/suMONdsywH
総研大いた時にやった報告書。消費者直結型サービスについても少し。とはいえ少しアップデートせなああかんのやけど。「ヒトゲノム解読の現状とELSIに関する検討報告: 今後のテクノロジーアセスメントに向けて」https://t.co/8XNzDee45W
また、総研大の学融合研究推進センター助成によるプロジェクト(代表:遺伝学研究所・井ノ上逸郎教授)にて、こちらのレポートが公開されています。 「ヒトゲノム解読の現状とELSIに関する検討報告:今後のテクノロジーアセスメントに向けて」 http://t.co/nl4YDwZLuC
国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 767(2013. 1.29.)  「原発立地自治体の財政・経済問題」 (小池拓自) http://t.co/EzRWdItPda
横内ほか(2012)「東日本大震災に関する海外四カ国の新聞報道の特性:発生後1ヶ月間の記事を対象に」社会技術研究論文集 9 https://t.co/Ceww9vn6Un
RT @contractio: 熟練の力技。「この対立の一層の先鋭化が宇宙規模で深刻な戦争を生み出す状況、ならびにそこで生じうる倫理問題を劇的に描いている作晶は、日本のモビルスーツアニメ『機動戦士 ガンダムSEED』(…)である。」 / “住吉雅美(2007)「…” ht ...
[NISTEPレポート] 博士課程修了者の状況把握のシステム設計 -博士人材データベースの構築背景および海外の博士課程修了者調査- http://t.co/54Pq3WV8
RT @ariga_prdgmmkr: 【お知らせ】次の本の書評が公開されています。石岡学『「教育」としての職業指導の成立――戦前日本の学校と移行問題』(勁草書房、2011)。門外漢ですが、著者からの依頼で書かせていただきました。http://t.co/eeBF2XXI
報道される地域の格差については東大の目黒先生が速報的なデータを出されている。要するに被害の規模と報道される回数に偏りがあるというもの。こちらから読める http://t.co/hCz26BBG
(承前)震災報道で取り上げられた地域についての分析としては、例えば次のものがある。 沼田ほか(2011) 「効果的な災害対応に貢献する報道モデルの構築に向けた2011年東日本大震災直後のテレビ報道の基礎的分析」 生産研究63(4) http://t.co/7edptCoB
一応、不肖わたくしめも、「公共空間」って言葉は使ったことがあるなあ。適当に使うなボケって言われるならわかるんだけどw(でも、広い意味で公共の言論に資すると思っている。むしろ、倫理的側面の議論の周辺化に警鐘を鳴らしているわけで) http://t.co/tCPN1MB
@hirakawah ちょっと違うかもしれませんが、こちらなども参考になるかと http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/bitstream/2241/103230/1/%E8%96%AC%E5%9B%B3_54-2.pdf
もう一つは、バイオ関連特の評価の話。研究・技術・計画の以前の号には、田中秀穂・青野友親「国立大学法人から出願される医薬関連特許の排他性に関する研究」23(3)2009てのもある。こちらはWebで読める http://ci.nii.ac.jp/naid/110007114531
RT @naripp: Reading : コンドーム購入行動に及ぼす羞恥感情およびその発生因の影響 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007358066
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 高齢痴呆患者の不眠への睡眠薬を用いないかかわり--「青空緑芝Outdoorアクティビティケア・プログラム」の意義と有用性 (焦点 夜,眠れない患者への看護) -(山崎 幸子ほか),1998 http://id.CiN ...
@Keaton43 フォロワーさんから紹介していただいたのは、この二つかなあ。http://www.jstage.jst.go.jp/article/transjtmsj/58/4/58_T41/_article/-char/ja
@Keaton43 フォロワーさんから紹介していただいたのは、この二つかなあ。http://www.jstage.jst.go.jp/article/transjtmsj/58/4/58_T41/_article/-char/ja 、 http://bit.ly/colCJU 
@Keaton43 フォロワーさんから紹介していただいたのは、この二つかなあ。http://www.jstage.jst.go.jp/article/transjtmsj/58/4/58_T41/_article/-char/ja 、 http://bit.ly/colCJU 

お気に入り一覧(最新100件)

人新世に関して、自分の見解というか感想は、以前こちらで書いたとおり。|CiNii 論文 -  地質学的時空間における科学技術史の変容 : あるシンポジウムと展示の経験から (特集 人新世 : 地質年代が示す人類と地球の未来) https://t.co/BnkIJmrS3y
『ポスト情報メディア論』(岡本健・松井広志編、ナカニシヤ出版)が全国133の大学附属図書館に配架されています!! 人、モノ、場所とメディアに注目した論考が目白押し。授業の教科書としてもご好評をいただいています(^^) CiNi… https://t.co/AMi67aKXAM
以前に『日本物理学会誌』に書いたこの記事が、現役の物理屋さんに激賞されていたのを知った。心の底から嬉しい。|CiNii 論文 -  歴史の小径 誌上展示・理化学研究所の歩み1917~48年 https://t.co/iACdgwjtTt
デザイン学会で今年卒業した植田さんが発表!昨年の富田の取組をもとに、自分なりのやり方を模索し、それを記述し、発表してくれたのは本当に嬉しい。これからも後に続いて欲しいな。 https://t.co/NilhvgjqsS https://t.co/8preVP2bBW
CiNii 論文 -  格差社会と小・中学受験:—受験を通じた社会的閉鎖,リスク回避,異質な他者への寛容性— https://t.co/Je8JEGwyEf

フォロー(1068ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 松島・林・荒川(2019) 「キリスト教信者におけるキリスト教的宗教意識と主観的幸福感との関連:ローマ・カトリック教会とホーリネス系A教団を対象にして」 https://t.co/DvVVslCmXO
「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 林(2019) 「観光写真調査法による観光地の魅力評価」 https://t.co/IguXS3x8Z4
柿の起源と品種分化 https://t.co/fmilUkWh0u 「アセトアルデヒド」か。 "渋柿にも果肉の褐斑の程度で 2 つのタイプが存在する.果肉 の褐斑は,種子で生産されるアセトアルデヒドにより可溶 性タンニンが不溶化… https://t.co/VUrS78rNvB
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
Data Sharing at the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience https://t.co/eV3oJK3GDS
J-STAGE Articles - 書評:石井紫郎著『日本国制史研究III 日本人の法生活』(評者:新田一郎)法制史研究63巻(2013年) https://t.co/MHqmmW2zEk
前田建一郎「ニュージーランド・チャタム諸島における部族の境界生成 : 原住民土地法廷の裁判記録を手がかりに」 https://t.co/0TpM5gDGMd
RT @TAMA6SI: 京都帝国大学文科大学 編『朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡』 https://t.co/U5QtNvHW0m かつて朝鮮で通訳官のために刊行された外国語学習書(日本語、満州語、モンゴル語)の版木の残欠を、大正7年に新刷して出版したもの。解説は新村出。日本語の…
RT @ryusukematsuo: 白崎護「カウンターデモクラシーとソーシャルメディア――2016年参議院選挙の分析」関西外国語大学『研究論集』110号,117-134頁,2019年9月 https://t.co/Nz3BmlL9sj
RT @nakagawa09: メモ:基盤研究B「ロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音」 https://t.co/6jCxJ9CHnc https://t.co/6jCxJ9CHncロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音
RT @uuhiroi: ちなみに大都市の避難所満杯問題は、私が名古屋大学にいたときに指導していた学生の卒論で扱いました。垂直避難はないものと強い仮定をおいてボロノイ分割で計算したんですが、水害時はかなりの人数が避難所に殺到するという結果が得られたのを覚えています。これも問題。…
RT @moroshigeki: (19) 師茂樹『論理と歴史―東アジア仏教論理学の形成と展開』(ナカニシヤ出版、2015年) https://t.co/S7UuNq5wYe (20) 師茂樹「お坊さんが伝記を書くということ: 宗教行為としての伝記叙述」(『仏教史学研究』59/…
リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https://t.co/bN7wkWmSRc
OPECSTと原子力政策の関係については次が詳しい。木村 謙仁・ 木村 浩「原子力政策変化の過程にみる,フランス議会内組織の役割」『日本原子力学会誌』2018. https://t.co/6TTdaauaCg

910 154 147 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @JSSunofficial: 書評 古賀正義・石川良子編『ひきこもりと家族の社会学』 https://t.co/omQk1cVp9o
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。
@rinkyo21 この論文です。https://t.co/BRYQt33i5e
「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.co/bN7wkWmSRc
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A
RT @khargush1969: 尾崎貴久子(2006)「元代の日用類書 『居家必用事類』 にみえる回回食品」『東洋学報』88(3): 336-364. https://t.co/C4tQxVDNOl クリップし忘れてた。モンゴル帝国の東西文化交流の中で中国へ伝わった西アジア…

13 13 13 0 OA 謡曲:鞍馬天狗(一)

れきおんHPでは、源義経の伝承を題材にした謡曲の音源『謡曲:鞍馬天狗(一)』を紹介しています。大天狗が幼い義経に漢の張良の故事を語る場面が、東京音楽学校邦楽科の生徒によって演じられています。#ndldigital… https://t.co/3x2QzZpTfB

11 2 2 0 OA 科学史と科学者

RT @isnki: 科学史と科学者 —— 林知己夫氏公開インタビュー —— / 高橋 正樹 編 https://t.co/vsUlRBAJVX
RT @SUAsianHistory: 岡本健「資料のえじき:ゾンビな文献収集」(同『ゾンビ学』(人文書院、2017年)の付録として、株式会社人文書院のウェブページで発表された論考。先行研究や資料のリサーチ方法を解説したもの。) https://t.co/lGlFx60KTS
【社会心理学研究・掲載論文】横井・中谷内(2018) 「治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響」 https://t.co/zxBRi5fzcC
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…
RT @MinatoNakazawa: The Ohsaki Cohort 2006 Studyという大規模なコホート研究があって,そのデータを解析した結果らしい。 https://t.co/OauaD1SYlg
RT @yabukiya03: 量的調査の比重が大きい社会調査の教科書では全然実感できなかった調査・研究のプロセスがすごくわかりやすく理解できてめちゃめちゃ勉強になった。 J-STAGE Articles - 計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と展望 https…
【社会心理学研究・掲載論文】原田・土屋(2019) 「社会性と集団パフォーマンス:他者の感情理解と自己制御に着目したマルチレベル分析による検討」 https://t.co/uVbtS1TwkZ
RT @shoemaker_levy: ん、アクセスできない感じですか? https://t.co/oJsD0BDnyH
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…

フォロワー(2130ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  法廷の相互行為における素人の対抗 : ある映画製作者の応答技法について https://t.co/CD56Tdw7Nh
柿の起源と品種分化 https://t.co/fmilUkWh0u 「アセトアルデヒド」か。 "渋柿にも果肉の褐斑の程度で 2 つのタイプが存在する.果肉 の褐斑は,種子で生産されるアセトアルデヒドにより可溶 性タンニンが不溶化… https://t.co/VUrS78rNvB
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
J-STAGE Articles - 書評:石井紫郎著『日本国制史研究III 日本人の法生活』(評者:新田一郎)法制史研究63巻(2013年) https://t.co/MHqmmW2zEk
前田建一郎「ニュージーランド・チャタム諸島における部族の境界生成 : 原住民土地法廷の裁判記録を手がかりに」 https://t.co/0TpM5gDGMd
RT @yashoku_nikki: 「分子調理学」という言葉が初めて世に出たのは、おそらく1982年に川端晶子先生が書かれたこの文だと思います。 “「……多くの学問分野が辿った道と同じように、調理科学も、マクロに見ていく学問から分子レベルで考える分子調理学にまで発展してもい…
RT @TAMA6SI: 京都帝国大学文科大学 編『朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡』 https://t.co/U5QtNvHW0m かつて朝鮮で通訳官のために刊行された外国語学習書(日本語、満州語、モンゴル語)の版木の残欠を、大正7年に新刷して出版したもの。解説は新村出。日本語の…

1 1 1 0 OA 反省と漂泊

RT @katouyujin: 講演内容はまとめないので先程挙げた本を読まれるか発表者の下記論文でも読んでください。https://t.co/AqC3P54qGQ 研究者の概要。 https://t.co/Zuw4JllLOP

1 1 1 0 OA 反省と漂泊

講演内容はまとめないので先程挙げた本を読まれるか発表者の下記論文でも読んでください。https://t.co/AqC3P54qGQ 研究者の概要。 https://t.co/Zuw4JllLOP
RT @ryusukematsuo: 白崎護「カウンターデモクラシーとソーシャルメディア――2016年参議院選挙の分析」関西外国語大学『研究論集』110号,117-134頁,2019年9月 https://t.co/Nz3BmlL9sj
RT @nakagawa09: メモ:基盤研究B「ロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音」 https://t.co/6jCxJ9CHnc https://t.co/6jCxJ9CHncロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音
RT @uuhiroi: ちなみに大都市の避難所満杯問題は、私が名古屋大学にいたときに指導していた学生の卒論で扱いました。垂直避難はないものと強い仮定をおいてボロノイ分割で計算したんですが、水害時はかなりの人数が避難所に殺到するという結果が得られたのを覚えています。これも問題。…
RT @moroshigeki: (19) 師茂樹『論理と歴史―東アジア仏教論理学の形成と展開』(ナカニシヤ出版、2015年) https://t.co/S7UuNq5wYe (20) 師茂樹「お坊さんが伝記を書くということ: 宗教行為としての伝記叙述」(『仏教史学研究』59/…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
OPECSTと原子力政策の関係については次が詳しい。木村 謙仁・ 木村 浩「原子力政策変化の過程にみる,フランス議会内組織の役割」『日本原子力学会誌』2018. https://t.co/6TTdaauaCg

910 154 147 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。
@rinkyo21 この論文です。https://t.co/BRYQt33i5e
RT @nakaharajun: 「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.c…
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A
RT @khargush1969: 尾崎貴久子(2006)「元代の日用類書 『居家必用事類』 にみえる回回食品」『東洋学報』88(3): 336-364. https://t.co/C4tQxVDNOl クリップし忘れてた。モンゴル帝国の東西文化交流の中で中国へ伝わった西アジア…

11 2 2 0 OA 科学史と科学者

RT @isnki: 科学史と科学者 —— 林知己夫氏公開インタビュー —— / 高橋 正樹 編 https://t.co/vsUlRBAJVX
RT @zumix30contacts: @simaji02 ツナ缶から失礼します 実はカツオの身に電気を流すと余分な脂が落ち、美味しいカツオ節ができます 論文もあります https://t.co/CN4vs7Gppj https://t.co/Yo76K7rtXk
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…
割と最近の大学生のモラトリアム研究。CiNii 論文 -  大学生活の重点からみた現代青年のモラトリアムの様相:「リスク回避型モラトリアム」の概念提起 https://t.co/vMVlKP92Cg #CiNii
RT @sunbaiman: 大雨と六価クロム漏洩の関係性はこのような論文にまとめました。何度も何度も現場に通いつめて、降水量50ミリ以上で漏れだすことを明らかにしました。https://t.co/XuFX9KhSNd
RT @MinatoNakazawa: The Ohsaki Cohort 2006 Studyという大規模なコホート研究があって,そのデータを解析した結果らしい。 https://t.co/OauaD1SYlg
RT @shoemaker_levy: ん、アクセスできない感じですか? https://t.co/oJsD0BDnyH
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…