Toshiyasu Oba (@tsysoba)

投稿一覧(最新100件)

RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @KogachiRyuichi: 拙著より、はるかに問題なのは、尾崎康先生の『正史宋元版之研究』(中国語版)が、現状、わずか4館しかCiNiiの所蔵のないことです。 日本語版をアップデートしたものですから、漢学を研究するには必備の書だと思います。 CiNii 図書 - 正…
RT @kaerusan: 「いだてん」見てなかったら、嘉納治五郎が永田秀次郎に宛てた書簡を国会図書館資料で見つけたり、その封筒に五輪のマークが入ってるのに気づいてぐっときたり、ということはなかっただろうなあ。https://t.co/SHVF7LVtiC
RT @shoemaker_levy: ちなみにこの記事に出てくる近世京都の癩者(ハンセン病者)については横田則子「「物吉」考:近世京都の癩者について」『日本史研究』352号(1991年)が元ネタで、これを超える近世日本のハンセン病史の事例研究は未だにでておりません。 http…
RT @SendaiHisCafe: 明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか? (其一) : 古典文献の基本的な使い方からの考察」『中京大学教養論叢』42巻4号、2002年5月、888-854頁( https://t.co/sgRdF6ZWiV )  #SendaiHisC…
「決戦作戦準備としての航空教育の梗概」 https://t.co/7HoGEUxryk では、燃料も優秀な教官も作戦に投入、訓練用の機体も足りず「操縦者に於ては大半は特攻攻撃以外戦力化の方途を見出し得ず」… https://t.co/dNh8lGyuUY
「決戦作戦準備としての航空教育の梗概」 https://t.co/7HoGEUxryk では、燃料も優秀な教官も作戦に投入、訓練用の機体も足りず「操縦者に於ては大半は特攻攻撃以外戦力化の方途を見出し得ず」… https://t.co/dNh8lGyuUY
例えば「航空総軍兵站計画と其の推移の概況」 https://t.co/wRLxVNeYmm では、「全機特攻装備たらしむる如く生産機は固より概成機も全部改修し全軍特攻の戦法に即応す」とあり。上段が計画、下段が進捗の模様。終戦にな… https://t.co/KYFo1wmVyV
この本土航空作戦記録、冒頭 https://t.co/sNGASmCvsl の記載によれば、戦後になってから、戦争記録の編纂のために作成された作戦記録とのこと。どのくらい研究に使われているのかは、自分には分からないけど、色々興味深い。
本土航空作戦記録 https://t.co/zy4z2aLZsX における「三木飛行場」に関する記載に基づく記事。 / “神戸新聞NEXT|総合|播磨に幻の巨大軍事拠点計画 太平洋戦争末期” https://t.co/2k12ZCVcoB

56 0 0 0 OA 白い子猫

RT @NIJL_collectors: 中島菊夫(文・画)『白い子猫』(昭和17) 国会デジコレhttps://t.co/NlSVakXiVi 白猫家族との心温まる絵物語。絵も文も、とても良い。 例えば、衰弱する猫「シロ」のため、病院に行く場面 「イツチ ニツ イツチ ニツ…
著作権をフランス革命で勝ち取ったことになってるがそんな単純な話ではないかと。石井大輔「音楽著作権についての歴史的研究—革命期から19 世紀のフランスを中心に—」 https://t.co/64AG8TsAVY 参照。 / “JAS… https://t.co/dznvRYJ6fC
今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心… https://t.co/906uVhKp4I
手元メモだと松方正義と島田翰の両方の印が押されている資料が複数あった(『南華真経注疏』(南宋本)、『文選』(室町時代写))のだけど、島田→松方の順かなあ。印の位置関係メモしてない…。島田翰については書評だけど簡単な紹介が… https://t.co/0TTrSGdFfQ
RT @hone_moon: 隠岐国産物絵図註書、国立国会図書館のデジタルアーカイブで全ページ閲覧可能。高解像度データのダウンロードや欲しいページだけPDF化したりとやりたい放題。 https://t.co/vKZxoq7DfR シュモクザメは30pあたりに。となりはネコザメ…
RT @hone_moon: 隠岐国産物絵図註書、国立国会図書館のデジタルアーカイブで全ページ閲覧可能。高解像度データのダウンロードや欲しいページだけPDF化したりとやりたい放題。 https://t.co/vKZxoq7DfR シュモクザメは30pあたりに。となりはネコザメ…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について」『電気通信大学紀要』2019-02-01 https://t.co/9HbRlDynO1 はじめに 東京大学総合図書館には現在、約1300タイトルほどの和算関…
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
RT @negadaikon: あと、校正刷を含む「帝国図書館設立案」の複数バージョンもデジタル画像が今日から公開されているぞーーーーーー!!!!https://t.co/0l9He6lJvS
RT @negadaikon: 長野県に疎開させた図書の目録も出ているぞー!!!https://t.co/IJV2DCoTmq
RT @negadaikon: 先日『国立国会図書館月報』に載ってた帝国図書館の「第四次図書地方疎開ニ関スル覚書」のデジタル画像が今日から公開されているぞォォォ https://t.co/breZrsDJHf
オープンアクセス推進・擁護に関する論集の翻訳。緒言はロバート・ダーントン先生。人文学分野におけるオープンアクセスや、図書館についての話もあり。本文は https://t.co/Q3fEQHHDyO から。 https://t.co/wFYMseMPax
これは興味深い。奈良の鹿は、すっかり国際的な観光資源になっているけど、その保護は一筋縄ではいかないんだなあ。 / 渡辺 伸一, 奈良のシカ保護管理の歩みとこれから―その社会学的検討―, 生物学史研究, 2017, 96 巻, p.… https://t.co/58ZmnieKmB

12 0 0 0 OA 漂流奇談全集

大窪昌章による物産ノ蘭名(64)には、シーボルトの書簡の貼り込みあり。オランダに嫁いだ「ふみ」なる女性からの手紙の写し、おらんだ文(65)は、石井研堂『漂流奇談全集』紹介のもの https://t.co/VK3lQ7HpHM とは文言が一部異なるとのこと。
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]石渡裕子「国立国会図書館所蔵戦前期美術展覧会関係資料目録」(参考書誌研究. (50)1999-02-26)https://t.co/0mHfxY9jEl PDFにして257頁! https://t.co/IriSrL…
RT @ogawab: @tsysoba 前に「図書」に関連する小論文が分載されてましたね。東農大が深く関与していたようです。https://t.co/xPWMOyVwU4

7 0 0 0 OA 水練ノ大意

RT @NIJL_collectors: 明治の水泳解説書 国会デジコレ『水練ノ大意』https://t.co/DrhykUIT3B 「第十一章 書画 水上にて扇子に書画を為すの方法……水中に立游し空手の一人扇子を持て筆を採りて詩歌又は俳諧を書き或は花鳥草木等を画く者とす」…
RT @NIJL_collectors: 長井道明の東京女子高等師範学校での教授は、明治41年7月10日付とうことかな。 https://t.co/Hwx0Apb70l 職員一覧の冒頭には「明治四十一年五月末調」とあるので40年の着任ともとれそうだが、奥付の印刷・発行が明治41…
RT @NIJL_collectors: 国会デジコレ『東京女子高等師範学校一覧』(明治44,45年)の職員一覧に、「体操」の科目担当として、長井道明と二階堂トクヨの名前あり https://t.co/uo2TtCArkn https://t.co/eNiU1pa2ZU 明治4…
RT @NIJL_collectors: 国会デジコレ『東京女子高等師範学校一覧』(明治44,45年)の職員一覧に、「体操」の科目担当として、長井道明と二階堂トクヨの名前あり https://t.co/uo2TtCArkn https://t.co/eNiU1pa2ZU 明治4…
RT @NIJL_collectors: 国会デジコレ『東京女子高等師範学校一覧』(明治44,45年)の職員一覧に、「体操」の科目担当として、長井道明と二階堂トクヨの名前あり https://t.co/uo2TtCArkn https://t.co/eNiU1pa2ZU 明治4…
RT @NIJL_collectors: 国会デジコレ『東京女子高等師範学校一覧』(明治44,45年)の職員一覧に、「体操」の科目担当として、長井道明と二階堂トクヨの名前あり https://t.co/uo2TtCArkn https://t.co/eNiU1pa2ZU 明治4…
RT @oldpicture1900: 戦前の東京の美味しい店に関する本では、昭和5年(1930年)の『東京名物食べある記』があります。写真は再掲。 なお、元の本は国会図書館でデジタル化されてますのでこちらで見られます。 https://t.co/3ehDg4mq6k http…

3 0 0 0 OA 續共古日録

続共古日録 https://t.co/J63lX32rN8 の煎餅拓本画像も紹介。こんなのも集めてたのか… / “山中共古と煎餅の拓本 | 菓子資料室 虎屋文庫 | 株式会社 虎屋” https://t.co/xpZxCvTXGF
山本義隆「カッシーラーと二〇世紀科学史学」みすず no.679 [2019年3月] p.2-14. https://t.co/CynQHyBwJj 読んだ。カッシーラーの著作が、様々な形で20世紀における科学史研究に影響を与えたこ… https://t.co/txg3GAkFFV

32 0 0 0 OA 後漢書 120卷

こんな「痕跡本」があったとは。画像は https://t.co/3GXGorPIqF で確認可。 / “400年前の本に幼児の足跡? 国会図書館の所蔵品に:朝日新聞デジタル” https://t.co/6GIWmrcU3Q
RT @enumura: 宇野亮一「机の上の戦争:近代日本の「ウォーゲーム」」国立国会図書館月報,694号,2019/02,p12. https://t.co/Fn5mKesqol 所蔵資料の『兵棊教範』から始まる黎明期のウォーゲーム話。
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1037「ドイツの議会質問制度」(PDF:546KB)を掲載しました。 https://t.co/ePqc4qfmiB

41 0 0 0 OA 國體の本義

「しきしまの」の歌は、『國體の本義』では、「海行かば」と組み合わせて言及されていることは、記憶に留めておいてよいと思う。 https://t.co/IpIZBf5rcQ
RT @hrhtm2011: この時期のマンガ論については以前論文を書いているけれど、『花咲く…』はうまく消化しきれなかったという思いがあります。 「昭和50年代のマンガ批評,その仕事と場所」 https://t.co/Attk2zRYyv
それにしても、宇田川榕庵の植学啓原を本草学と紹介するのは微妙な感じが。西洋植物学の概説書なんだけど… https://t.co/IzfBMDcWTV
牧野富太郎については、大場秀章「牧野富太郎伝に向けた覚書き」分類 9巻1号[2009] https://t.co/txcTDNYxxQ とか、「古本夜話254 村越三千男『大植物図鑑』と河野書店版『全植物図鑑』の謎」(出版・読書メ… https://t.co/jRZwLfYV5r

45 0 0 0 OA 御伽草紙

RT @camelletgo: 京都大学貴重資料デジタルアーカイブの玉水物語現代語訳はあらすじなので、短歌と長歌はカットされているのだな。 https://t.co/TaLP32H2XY なので精髄を味わうなら国会図書館デジタルアーカイブの御伽草子(有朋堂書店〈大正11年〉)…
RT @hayakawa2600: 国立国会図書館の中の人によるククリット・プラモード発言探究の過程が、専門誌の記事になっていた。アジア情報室通報第16巻第3号、新谷扶美子「タイの新聞コラム」(PDF)https://t.co/ZVtH5UmNYV

2 0 0 0 OA 逓信事業史

@Zhang_Mao @egamiday 第三種郵便物ですが、杉山伸也「明治前期における郵便ネットワーク : 〈情報〉の経済史I」三田学会雑誌. Vol.79, No.3 (1986. 8)… https://t.co/2aBALxP1nu

6 0 0 0 OA 地方文芸史

RT @egamiday: #関西文脈35 これはインターネット公開で、許諾がとれたやつらしい。すばらしいじゃないですか。 / “地方文芸史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/bKDsmsZerX

6 0 0 0 OA 地方文芸史

RT @egamiday: #関西文脈35 / “地方文芸史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/bKDsmsZerX
RT @akabishi2: ここで想起すべきはこれだろー。 ぶっちゃけ大嘗祭の何が問題かさえ伝わってないんだから…。 声明とその後の右翼テロも含め、今こそ広く知られるべき。 明日からの報道でこれに触れるのがあったら「あっぱれ」だね。 四学長声明」(1990) 一 人権教育の…
RT @Ryosuke_Nishida: 厳しい数字…→「60年代から70年代の頃は博士課程修了後1~2年で大学教員になれたということである。90年代の初頭にはもうすでに3人に2人は大学教員のポストに就けない状況であった(中略)(引用者補足、09年度)人文科学系の博士課程生は約…
図書館史的には宇喜田小十郎輯『開化節用集』明治8年 の京都集書院の彩色図版が印象的。 https://t.co/Lvnb3b3MR2 の右図と構図は同じだが、展示資料は勿論色付き。あと見開き左側。展示会チラシ裏に図版があるのでご参… https://t.co/19vm8UHFFK
ちなみに、復刻の際に省かれた序文は、よく見たら和田萬吉と、新村出のものだった。NDLデジコレで読むべし。印刷半ばまで進んだ段階でまだ京大図書館で序文書いてる新村出とかなかなか味わい深い。 https://t.co/70l9ASASmo
後は、井上和雄『慶長以来書賈集覧』言論社, 1978を。大正5年版 https://t.co/70l9ASASmo を元に著者の33回忌に出された復刻。自序以外の序文が削られているが、娘による思い出(普段は真面目だが酒癖が悪かった… https://t.co/C645Uts4oM
RT @NIJL_collectors: 印文を確定したのは、CiNiiの天理図書館作成の書誌情報https://t.co/qqUdL3LXk3 と国会デジタルの画像https://t.co/ytwlfTAxGS 天理の書誌に「識語「大正三年四月十五日大阪/だるま屋書店より求む…
RT @NIJL_collectors: 印文を確定したのは、CiNiiの天理図書館作成の書誌情報https://t.co/qqUdL3LXk3 と国会デジタルの画像https://t.co/ytwlfTAxGS 天理の書誌に「識語「大正三年四月十五日大阪/だるま屋書店より求む…

5 0 0 0 OA 毛利梅園考

第4節「錦絵と博物誌」は選ぶのが難しいが江戸時代の植物図譜『梅園草木花譜』(62)を。なお、著者の毛利梅園については、それまでの通説を覆した参考書誌研究30号の中田吉信氏の論考(当時の国会図書館の展示会の副産物でもあり)をぜひ。… https://t.co/wANxPU5Mg5
紙片も集めてまとめることで、図書館で扱う資料になりうる、という意味では、第3節「珍本さまざま」の『張交帖』(45)の乗車券や割引券も面白い。旧蔵者の根岸武香については国立国会図書館月報2012年11月号に解説記事があるので必読。… https://t.co/rK8zSE6ad5
『諸名流美羅集』(41)については、梅素翁の豪華人脈についての山本野理子氏の論文 https://t.co/uEUI77kafs で予習してから見るとまた味わいぶかいかと。 #国立国会図書館70周年
RT @shoemaker_levy: ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MT…
RT @digirekiten: 1975年の和文タイプライターに関する論文 https://t.co/g2oJXG9lE1 東芝がワードプロセッサーJW-10を発表したのは1978年 https://t.co/MtQB3M37Nr 歴博にもあったよと着任当時聞きましたが後継機…
cinii booksで大学図書館の状況を見ると、地方史文献年鑑は書誌が https://t.co/IpBwAbhwOG https://t.co/ndV7ciOuzw の二つに割れてい。一見所蔵館はたくさんあるが、2016年版を持っているのは、ざっくり50館くらいか。
cinii booksで大学図書館の状況を見ると、地方史文献年鑑は書誌が https://t.co/IpBwAbhwOG https://t.co/ndV7ciOuzw の二つに割れてい。一見所蔵館はたくさんあるが、2016年版を持っているのは、ざっくり50館くらいか。
RT @ceekz: きわどい解説論文がでてキタ━(・∀・)━!!!! / 日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/zyuHPhYtA6
井上円了が考案した、哲学占いの筮木とかもあり。詳しくは、哲学うらなひ https://t.co/NLe1PKedo6 を参照のこと。これまでの「古人の妄想」に基づく占いを退治するために、近代的な知識に基づく占いを新たに作って普及さ… https://t.co/XJ3tii1IVk
RT @kst853: 「吉田正廣(1895-1972)は,朝鮮総督府の殖産局農務課や農林局農政課などに勤務していた農林官吏である。(略) かつ吉田正廣が著名なミュージシャンで「若者のカリスマ」と呼ばれた吉田拓郎氏の父親である」 坂根嘉弘「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績…
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
RT @yash_san: ちょっと調べたところ、国会図書館のデジタルコレクションに『非常日本への直言』があり、こちら( https://t.co/uZUL9dwAR2 )から全文が読めました。また、岩波文庫の『清沢洌評論集』にも同書が抄録されており、そこでもこの序言が読めます。
RT @tzhaya: 情報知識学会誌 https://t.co/FJhZTJx8qL や学位論文で検討した、研究業績を紹介する「研究成果情報」についても今回LOD化を行いました。結局、掲載様式は補記するなど多少見直し、担当者の科研費研究者番号や論文のDOIなどは外部にリンクで…
30年史は、高知県立大の前身、高知女子大の30年史 https://t.co/8Gmeez99m1 のことでした。 @Kamo2s3u さんのご指摘で判明(というか高知新聞の記事見たら分かる話でした。赤面)。こちらも高知県立大に所蔵複数あり。
そういえば、高知短大の20年史、NDLオンラインで出てこないな。納本漏れかなあ。なお、高知県立大には所蔵が複数あり。 https://t.co/pNl6W5EzjD

9 4 0 0 OA 出版年鑑

RT @cityheim: 『出版年鑑』昭和6年版の「読書出版界1年誌」に東京市立京橋図書館に全国で初めて「実業部」を設けて各種名簿等商人に早速役立つ資料を収集して区民の利用を測ったところ、大阪綿糸市場の暴落を察知して大儲けしたという実例が出たという記事が!https://t.…
RT @nekonoizumi: 第二次大戦期のイギリスの主に「中産階級のスクールガール」向けの雑誌『ガールズ・オウン・ペーパー』で1940年10月に連載が始まった、空軍の後方支援の女性部隊の隊員が主人公の冒険小説『女性空軍補助隊のウォーラルズ』についての分析・考察論文のようだ…
RT @NDLJP: 応急仮設住宅制度の現状と課題『ISSUE BRIEF』966号, 2017.06.08. https://t.co/BIrei4rfbB #NDL調査局今月のトピック #地震 #防災
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
メモ。植月献二「EU わが国の死刑執行に対しEU議長国が声明」外国の立法 : 立法情報・翻訳・解説. (月刊版. 241-1). 2009. https://t.co/6QgidnXg4Z
メモ。間柴泰治「死刑をめぐる論点 : 死刑存置論と死刑廃止論」調査と情報. (651). 2009. https://t.co/CtzALktwcW
RT @negadaikon: 参考 有泉貞夫「田中稲城と帝国図書館の設立」 https://t.co/FSLHZfSjCj
RT @uakira2: この『探偵奇談新ジゴマ』第29節「月冴ゆるセーヌの上流」https://t.co/aLffijtu6R(月〓るセーヌの上流)のゲタ(〓)はOradano明朝GSRRフォントに収録されている「〓」字形の典拠となりました。 https://t.co/4pS…
RT @uakira2: ゲタで刷るのは基本的に校正刷りまでで、公刊された図書に(意図しない)ゲタが見つかることは稀ですが、その稀な例が放浪山人『探偵奇談新ジゴマ』第29節「月冴ゆるセーヌの上流」(月〓るセーヌの上流)https://t.co/aLffijtu6R https:…
RT @NIJL_collectors: 国会にまた別の版があった 「新板狐媛佐連双六」https://t.co/bEqcahlBDL 楽家のしたく 「これで丸まげに見へるだらふ」 「イヽかつこうになりました」 気がつゐた 「なんだか かたいはだゝと思たら大こんだわへ」 「…
RT @NIJL_collectors: 今だから言える、展示初日の朝(?)3時か5時頃に出来上がった図録。今もあの頃も変わらず猫好きなのでこんな仕上がり(一太郎で作成)。原稿が書けてない人を含めて、確か5人くらいで泊まり込みしたなー。 高精細PDFは、こちらからDLできます!…
RT @BungakuReport: 国文学研究資料館学術情報リポジトリ - 展示図録「書物で見る 日本古典文学史」を公開しました。 https://t.co/Lv6GbXw2Wn
RT @shima_mossa: 『国立国会図書館年報』昭和23年度 https://t.co/Yq1E8cFivI 「附録第13国立国会図書館分課内規(昭和23年8月26日施行)」第8章に「国会分館」とあり、また、本編の第3章3節「国立国会図書館分館の国会に対する奉仕」で「国…
何これ、こんなのあったの。福島恵「国立国会図書館蔵「無慮山荘旧蔵拓本」」学習院大学国際研究教育機構研究年報 4[2018] p.47-69 https://t.co/a1GYjaOcsk 金森徳次郎が東亜研究所旧蔵資料購入に絡んだ… https://t.co/E9qBH9hogH
RT @yashimaru: これは灯台下暗案件>福島恵「国立国会図書館蔵「無慮山荘旧蔵拓本」」 https://t.co/RoBeW9EJr5 そして先ほど西の方から「見に行くから」とメールが来たので背筋を伸ばして返信、と。

1 0 0 0 OA 蕪村画集

鷗外が死の直前に一見したいと思った『蕪村画集』は、刊行年と寄贈者から見て、審美書院が出版したこれ https://t.co/8WKSRniuhD だろう。今の私たちは、インターネットを通じて容易にその内容を見ることができる。
ちなみに、講演会の内容に関心のある方は、田良島 哲「森鷗外『帝室博物館書目解題』再考」美術フォーラム21 35[2017] https://t.co/wAiJQ3Q90Z 、同「大正期の正倉院拝観資格の拡大と帝室博物館総長森鷗外」… https://t.co/GKtrPE5Uq3
ちなみに、講演会の内容に関心のある方は、田良島 哲「森鷗外『帝室博物館書目解題』再考」美術フォーラム21 35[2017] https://t.co/wAiJQ3Q90Z 、同「大正期の正倉院拝観資格の拡大と帝室博物館総長森鷗外」… https://t.co/GKtrPE5Uq3

235 0 0 0 OA 伊勢物語

RT @knagasaki: National Diet Library of Japan has officially adopted #IIIF for its digital collection!! An example: https://t.co/o8aDKEXqfP…

235 0 0 0 OA 伊勢物語

RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクションの古典籍資料がついにIIIF対応! これによりNDLデジコレの古典籍資料はお好みのIIIFビューワで閲覧できるようになった。例えば、嵯峨本『伊勢物語』第一種本 https://t.co/nrAnCqw0Na を外部の…
任正爀「和田雄治『朝鮮古代観測記録調査報告』刊行100周年に際して」科学史研究 Vol.57 No.285[2018.4] p.58-62 を斜め読み。これ https://t.co/5TuBtRgzEY って、日本における科学史研究の先駆的業績だったのか。
『情報メディア研究』16(1)[2018.3]眺めてた。山西(増井)史子「日本文学・日本語学研究における学会発表と雑誌論文の関連性-雑誌論文は学会発表を経ているか-」 https://t.co/7Yzzw9Koyr は、人文系の学… https://t.co/SVTOtZmG2M
安江明夫「「蘭書」発見記補遺」参考書誌研究 79[2018.3] p91-115 https://t.co/gPjU07pJVF 同口絵 https://t.co/AGNMaVa0fE が読み応えあり。国立国会図書館の幕府旧蔵オラ… https://t.co/x7FwmrVcZg

1 0 0 0 OA 口絵

安江明夫「「蘭書」発見記補遺」参考書誌研究 79[2018.3] p91-115 https://t.co/gPjU07pJVF 同口絵 https://t.co/AGNMaVa0fE が読み応えあり。国立国会図書館の幕府旧蔵オラ… https://t.co/x7FwmrVcZg

311 0 0 0 OA 落書の東京

RT @SaltyDog_wow: 大正元年『落書の東京』という本が面白い。「鵜の眼鷹の眼生」というペンネームの著者が東京中の便所を巡り歩いて、落書きを書き溜めた、という内容。100年以上前にもやっぱりこういう人がいたんだなあ。国立国会図書館デジタルコレクションで読めます。 h…
これは読まねば。小林 浩「人文書出版と業界再編 : 出版社と書店は生き残れるか」人文学報, フランス文学,514(15),63-85 (2018-03-23) https://t.co/2aItD0gLAb 「人文書」出版であって… https://t.co/y1dRtN3dVb

お気に入り一覧(最新100件)

しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本… https://t.co/T0meuK2mEs
嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本… https://t.co/0mlUALRrw2
拙著より、はるかに問題なのは、尾崎康先生の『正史宋元版之研究』(中国語版)が、現状、わずか4館しかCiNiiの所蔵のないことです。 日本語版をアップデートしたものですから、漢学を研究するには必備の書だと思います。 CiNii 図書… https://t.co/xQGZ5fCbP0
感謝 CiNii 図書 - ネット文化資源の読み方・作り方 : 図書館・自治体・研究者必携ガイド https://t.co/UfmstVSaYe
「いだてん」見てなかったら、嘉納治五郎が永田秀次郎に宛てた書簡を国会図書館資料で見つけたり、その封筒に五輪のマークが入ってるのに気づいてぐっときたり、ということはなかっただろうなあ。https://t.co/SHVF7LVtiC
人新世に関して、自分の見解というか感想は、以前こちらで書いたとおり。|CiNii 論文 -  地質学的時空間における科学技術史の変容 : あるシンポジウムと展示の経験から (特集 人新世 : 地質年代が示す人類と地球の未来) https://t.co/BnkIJmrS3y
ちなみにこの記事に出てくる近世京都の癩者(ハンセン病者)については横田則子「「物吉」考:近世京都の癩者について」『日本史研究』352号(1991年)が元ネタで、これを超える近世日本のハンセン病史の事例研究は未だにでておりません。 https://t.co/qbWVO4IY67
大学史ってどうしても大きなところ中心になるですが、例えば京都だと花園とか府大と、今話題の瓜生山とかの動向が実は面白かったりします。なんつうか勢いのある座談会 / “花園大学学術リポジトリ” https://t.co/0pmjSuEKPS #大学 #京都
明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか? (其五) 古典文献の基本的な使い方からの考察」『文化科学研究』28巻1号、2017年3月、101-118頁( https://t.co/vvJm1UEWr0 ) #SendaiHisCafe
明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか?(其四) : 古典文献の基本的な使い方からの考察(研究)」『文化科学研究』17巻2号、2006年1月、49-70頁( https://t.co/7xoQhfaCCV ) #SendaiHisCafe
明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか? (其三) : 古典文献の基本的な使い方からの考察」『文化科学研究』16巻1号、2004年12月、24-44頁(https://t.co/6345hIwg5b ) #SendaiHisCafe
明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか? (其二) : 古典文献の基本的な使い方からの考察」『文化科学研究』13巻2号、2002年3月、46-32頁(https://t.co/R1ZPjgiXrs )  #SendaiHisCafe
明木茂夫「古代中国にUFOは飛来していたか? (其一) : 古典文献の基本的な使い方からの考察」『中京大学教養論叢』42巻4号、2002年5月、888-854頁( https://t.co/sgRdF6ZWiV )  #SendaiHisCafe

7 7 0 0 OA 印篆貫珠 12巻

国会デジコレ、挟み込み紙片等がある場合は「あり」状態とそれを除けた「なし」状態で2カット撮影するのが通常だけど、見過ごされたのか、本文に被ってないからよしとされたのか、1カットの丁を発見。しかも、裏返った状態で撮影されているっぽい… https://t.co/336kKVDDye

56 0 0 0 OA 白い子猫

中島菊夫(文・画)『白い子猫』(昭和17) 国会デジコレhttps://t.co/NlSVakXiVi 白猫家族との心温まる絵物語。絵も文も、とても良い。 例えば、衰弱する猫「シロ」のため、病院に行く場面 「イツチ ニツ イツチ… https://t.co/fe8VlOPnD7
2冊とも札幌図書館にあり。 『各国植民史~』は、朝鮮人労働者を雇用していた北海道企業からの寄贈。 『英国の植民地統治方式』(1942年)は国会図書館デジタルコレクションで読めます。https://t.co/EhsWINUssU… https://t.co/MJFAUuCAAU
〈また,短命大臣の答弁には,国会の場にふさわしくない砕けた表現が多用されるほか,高い理想や自身の頑張りを主張する発言が多い傾向が見出された.〉 ⇒原著論文 国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析 https://t.co/eFiwfVnAV1
国立国会図書館デジタルコレクションで卒業者氏名が見れます (*´∀`*) 『東京帝国大学一覧』 從大正2年 至大正3年 https://t.co/xLIFHZewdn 『東京帝国大学卒業生氏名録』… https://t.co/cIcgnl74iu
2018年の史学雑誌の本文データが粛々と公開されているんですね。 村井 章介「明代「冊封」の古文書学的検討:日中関係史の画期はいつか」 史学雑誌 127(2), 1-41, 2018 https://t.co/ZyZ3IWwWxO
先日『国立国会図書館月報』に載ってた帝国図書館の「第四次図書地方疎開ニ関スル覚書」のデジタル画像が今日から公開されているぞォォォ https://t.co/breZrsDJHf
『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書… https://t.co/JCrt884QRd
拙稿「詩学と解釈の通路―芥川龍之介の小説を視座として」『テクスト分析入門 実践編』(2018年6月)がリポジトリでも公開されました。物語分析の一般理論を目指すナラトロジーと個別作品を解釈する作品論の関心をどのように交わらせていける… https://t.co/Dzlm72ZaO0
@hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。… https://t.co/iddO8XCQ46
@hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。… https://t.co/iddO8XCQ46
@hirokim21 差し当たり、ここで念頭に置いてる書評は↓。とはいえ、一般書を読む際にその分野の学会誌に掲載されたその著者の書評までちゃんと目を通さないといけないなんてわけはないし、色々と考えてしまいます。… https://t.co/iddO8XCQ46
こんな論文が出ていたもよう。#史学史 佐藤 大悟「明治太政官期の修史部局における記録管理 : 「修史局・修史館史料」の分析から」 国文学研究資料館紀要. アーカイブズ研究篇 (15), 53-70, 2019-03 https://t.co/jUdw63yimd
こ、これは...どんな成果が出てくるのかとても楽しみです!! https://t.co/xJwKs1fBsK
[きょうのPDF]掛野 剛史「00年代の近代出版史研究」 https://t.co/hsH9xUzoX3 抄録:本稿では2000年以降に発表された,明治期からおおよそ戦前,戦中期にいたるまでを対象とした出版に関する書籍,論文を概観… https://t.co/fNIwkDNsmd
「汎編集論」が意味するところについては、拙文「人文書出版と業界再編 : 出版社と書店は生き残れるか」(2018年)をご参照いただけたら幸いです。https://t.co/2fWgh8JgY1
加島卓「メディア史とメディアの歴史社会学」 https://t.co/2pzoqgKhFr
ここでいちおうマンガ研究の宣伝。私がむかしマンガ学会で発表した戦前少女漫画の歴史の研究です。2008年ってもう10年前…? CiNii 論文 -  戦前少女漫画の誕生と消長 [含 座長コメント] (日本マンガ学会第8回大会特集号)… https://t.co/iI6ab0ivFM
北大論文 CCS やシェールガス採掘は深刻な地震活動を誘発する可能性がある - 資源・素材学会春季大会講演集, 2014 - https://t.co/I5Yn4WM1NB 新しい地下利用に伴う誘発地震リスク - 資源・素材学会北… https://t.co/MPAqSISYvk
北大論文 CCS やシェールガス採掘は深刻な地震活動を誘発する可能性がある - 資源・素材学会春季大会講演集, 2014 - https://t.co/I5Yn4WM1NB 新しい地下利用に伴う誘発地震リスク - 資源・素材学会北… https://t.co/MPAqSISYvk
宇野亮一「机の上の戦争:近代日本の「ウォーゲーム」」国立国会図書館月報,694号,2019/02,p12. https://t.co/Fn5mKesqol 所蔵資料の『兵棊教範』から始まる黎明期のウォーゲーム話。
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1037「ドイツの議会質問制度」(PDF:546KB)を掲載しました。 https://t.co/ePqc4qfmiB
日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいよう… https://t.co/nksbl8JnYb
この時期のマンガ論については以前論文を書いているけれど、『花咲く…』はうまく消化しきれなかったという思いがあります。 「昭和50年代のマンガ批評,その仕事と場所」 https://t.co/Attk2zRYyv

45 0 0 0 OA 御伽草紙

京都大学貴重資料デジタルアーカイブの玉水物語現代語訳はあらすじなので、短歌と長歌はカットされているのだな。 https://t.co/TaLP32H2XY なので精髄を味わうなら国会図書館デジタルアーカイブの御伽草子(有朋堂書店… https://t.co/RE4OfoQgSq

12 0 0 0 OA 自然と人生

岩波文庫版、徳富蘆花『自然と人生』の編集方針がすごく細かい件。 (最後の一文、それでも「解決し難き例外」あるときは、蘆花の「夫人の裁断を俟つて決定する」もスゴい) https://t.co/MJ3fQDbFv3 https://t.co/dETvm0kjKR
国立国会図書館の中の人によるククリット・プラモード発言探究の過程が、専門誌の記事になっていた。アジア情報室通報第16巻第3号、新谷扶美子「タイの新聞コラム」(PDF)https://t.co/ZVtH5UmNYV
次の論文は、国立国会図書館 調査及び立法考査局外交防衛課の山本健太郎氏がまとめたものです。 ◯山本健太郎. (2013). 従軍慰安婦問題の経緯: 河野談話をめぐる動きを中心に. レファレンス, 63(9), 65-78. https://t.co/TWRHcgek7J
次の小論は日本学術会議が発行している『学術の動向』に掲載されたものです。 ◯安丸良夫. (2009). 「従軍慰安婦」 問題と歴史認識. 学術の動向, 14(3), 3_76-3_78. https://t.co/MmCzL7Q1wP
ここで想起すべきはこれだろー。 ぶっちゃけ大嘗祭の何が問題かさえ伝わってないんだから…。 声明とその後の右翼テロも含め、今こそ広く知られるべき。 明日からの報道でこれに触れるのがあったら「あっぱれ」だね。 四学長声明」(1990… https://t.co/eTbJWAM2K5
PDの宣言という方法もあるのか。Rights Statements(https://t.co/JmaVlGmLU9 )を適用するのもよさそう。 参考:時実 (2017) デジタルアーカイブの公開に関わる問題点:権利の表記 https://t.co/5KCeq5FQ3w
日本政治思想史についても同様の座談会が。「座談会 : 日本における日本政治思想研究の現状と課題」 https://t.co/tfurDUq6Qg
後日談。「2000年度政治思想学会研究会の報告と議論の要旨、創刊号掲載座談会に関する批判と応答」 https://t.co/E1hGM4INOb
昔、ごく一部で話題になった座談会「日本における西洋政治思想研究の現状と課題」。 https://t.co/GZXynkmT4b
大ウソですね。ざっさくプラスによると1994年から日本の大学で研究されてます。/CiNii 論文 -  ポリティカル・コレクトネス論争に関する研究ノート https://t.co/WAWFg8v6sk #CiNii https://t.co/AlOyGXSO4I
連載「オープンサイエンスのいま」の第3回目を書きました。非OAなので、本文はこちらで公開してます。→https://t.co/H5htVMkW6T / ““Access Broker”と呼ばれても” https://t.co/vuZxmm0S15
1975年の和文タイプライターに関する論文 https://t.co/g2oJXG9lE1 東芝がワードプロセッサーJW-10を発表したのは1978年 https://t.co/MtQB3M37Nr 歴博にもあったよと着任当時聞き… https://t.co/9c79sMYUsE
きわどい解説論文がでてキタ━(・∀・)━!!!! / 日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/zyuHPhYtA6
筒井 大祐「翻刻 石清水八幡宮本『八幡宮寺巡拝記』前」 佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇 46, 197-212, 2018-03-01 https://t.co/GiVfwknV9P その再発見した一本の翻刻はこちら。こちらもpdfでウェブ公開中。
筒井 大祐「石清水八幡宮本『八幡宮寺巡拝記』考」 仏教大学総合研究所紀要 (25), 1-13, 2018-03 https://t.co/Xblyr9ZI8o 燃えちゃった!と思われてた『八幡宮寺巡拝記』(13c成立?)の一本が… https://t.co/bM6jGMI11n
「吉田正廣(1895-1972)は,朝鮮総督府の殖産局農務課や農林局農政課などに勤務していた農林官吏である。(略) かつ吉田正廣が著名なミュージシャンで「若者のカリスマ」と呼ばれた吉田拓郎氏の父親である」 坂根嘉弘「朝鮮総督府官… https://t.co/Dv4QBHEmKi
ちょっと調べたところ、国会図書館のデジタルコレクションに『非常日本への直言』があり、こちら( https://t.co/uZUL9dwAR2 )から全文が読めました。また、岩波文庫の『清沢洌評論集』にも同書が抄録されており、そこでもこの序言が読めます。
以前に『日本物理学会誌』に書いたこの記事が、現役の物理屋さんに激賞されていたのを知った。心の底から嬉しい。|CiNii 論文 -  歴史の小径 誌上展示・理化学研究所の歩み1917~48年 https://t.co/iACdgwjtTt
会誌「情報の科学と技術」2018年8月号 連載:オープンサイエンスのいま:異版にまつわるエトセトラ…林   豊 https://t.co/CR2qB0LmUg
今年度、新規採択された挑戦的研究(開拓)が、KAKEN DBに収録されていました。 研究課題名「蔵書印データベースの高次利用に向けた情報拡充と篆字学習インターフェイスの開発」https://t.co/AioH6xOoKQ 4年間で… https://t.co/17iB8Yc8jJ
第二次大戦期のイギリスの主に「中産階級のスクールガール」向けの雑誌『ガールズ・オウン・ペーパー』で1940年10月に連載が始まった、空軍の後方支援の女性部隊の隊員が主人公の冒険小説『女性空軍補助隊のウォーラルズ』についての分析・考… https://t.co/HPB6NhvXRI
分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。… https://t.co/HxXw148fnf
分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。… https://t.co/HxXw148fnf
参考 有泉貞夫「田中稲城と帝国図書館の設立」 https://t.co/FSLHZfSjCj
総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/0ZszXpZxYi

14 0 0 0 OA 安保文書

安保文書、実は戦中期の写真&翻刻がNDLデジコレで公開されてたりする。北畠顕家卿奉賛会という謎の団体の編だが、翻刻と解説は史料編纂所の松本周二(第六篇担当)。のち戦没したので蔵書が佐藤進一に渡り、室町期に研究を広げるきっかけになっ… https://t.co/oIVkC7ZCbK
昨日のマンガ学会での「ニューウェーブ」をめぐるラウンドテーブルの話題が盛り上がってますが、この頃のマンガ論の状況の概要については以前論文を書いていますので未読の方はぜひ。 「昭和50年代のマンガ批評,その仕事と場所」 https://t.co/Attk2zRYyv #CiNii
国会にまた別の版があった 「新板狐媛佐連双六」https://t.co/bEqcahlBDL 楽家のしたく 「これで丸まげに見へるだらふ」 「イヽかつこうになりました」 気がつゐた 「なんだか かたいはだゝと思たら大こんだわへ… https://t.co/k7c4kanDlt
国文学研究資料館学術情報リポジトリ - 展示図録「書物で見る 日本古典文学史」を公開しました。 https://t.co/Lv6GbXw2Wn
今だから言える、展示初日の朝(?)3時か5時頃に出来上がった図録。今もあの頃も変わらず猫好きなのでこんな仕上がり(一太郎で作成)。原稿が書けてない人を含めて、確か5人くらいで泊まり込みしたなー。 高精細PDFは、こちらからDLでき… https://t.co/m1Foa5cSPd

46 0 0 0 OA 黄金花猫目鬘

さらに新しく加わった機能(すごい!)で ◆左フレームのIIIFアイコンをクリック、表示中のコマを外部ビューワ(IIIF Curation Viewer)で開く ◆気になる画像を切り抜いてキュレーション 黄金花猫目鬘… https://t.co/YsmQ8XoVgi

18 0 0 0 OA 官報

国立国会図書館のブックポケットにある「貸出期間は二十日以内」との文言、今なら「貸出?」と思ってしまうけれど、かつては保証金を納めた上で貸し出しがあったことを官報で知った。昭和26年1月5日制定 国立国会図書館規則第一号(国立国会図… https://t.co/bl9TqQOzWL
よく読んだらすごい表現出てくるな…… 「いわば「足利将軍家一本足打法」ともいえる方法論で室町期に栄華を極めた二条家には、将軍家に依存する以外の方策を持たなかった。」 石原 比伊呂「室町後期における二条家の停滞」 https://t.co/YK8C3jRTIm

37 0 0 0 OA 正チャンの其後

国立国会図書館デジタルコレクションのIIIF対応、古典籍資料に限らず著作権保護期間満了なら対象なのか! 例えば『正チャンの其後』https://t.co/RtqJwIanOf を各種IIIFビューワで開くと、Mirador… https://t.co/aQVhGubqWb

235 0 0 0 OA 伊勢物語

National Diet Library of Japan has officially adopted #IIIF for its digital collection!! An example:… https://t.co/xNPz01GLnt

6 0 0 0 OA 歴史哲学概論

@NIJL_collectors 今月のブログ記事は、久し振りに「今月の蔵書印」コーナー復活です https://t.co/krSAqTVvU6 。「能勢文庫」のなまず蔵書票が貼付された資料、別のコマ… https://t.co/dVB6AJsIoH

6 0 0 0 OA 塵荊抄

室町時代のナゾの雑纂書『塵荊抄』、この国会図書館本しかない天下の孤本らしい。興味深い。 https://t.co/VsqhSLQgat
ちなみに、『日本新聞広告史』は、全748頁が一気にDLできる国会デジコレさまhttps://t.co/96A01CFA74 がオススメ! https://t.co/L10bsRIltE
拙文「人文書出版と業界再編」のダウンロード数が666回に達したとのことでぎょっとしております。https://t.co/T0oxXeV8YW 抜刷はもはや手元に残りそうにありません。多数の方々にご高覧いただき、恐縮しております。 https://t.co/Ue7elEQZcx
国立国会図書館デジタルコレクションで感心した新機能。書誌情報が削除された場合、旧URLにアクセスすると、例えば https://t.co/6tXz1YKXAk であれば「ご指定の資料に変更が生じました。新永続的識別子:~のデジタル… https://t.co/d9pasoLRqr
特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー https://t.co/Ooblz2NnS5 大塚英志が良い事書いてる。アカデミックな研究者たちが今しなきゃいけないのは、在野の研究者へのリスペクトとその仕事の再評価だよなぁ。
順番が逆になってしまったが、研究者が現状を把握するうえでは、こちらを最初にお勧めしたい: 川本思心「デュアルユース研究とRRI〜現代日本における概念整理の試み」, 科学技術社会論研究, 14, pp134-156. https://t.co/9TvphIgIrv
U-PARLが漢籍・碑帖拓本資料のFlickr公開 https://t.co/HJK1iFjiBe 実現のために取り組んだメタデータ研究に基づいて、特任研究員の成田健太郎さんが執筆された論文「碑帖拓本資料のデジタル公開における書誌… https://t.co/5gyBCikyRz
次回の京文博修理展ぼちぼち始動。テーマは「古社寺保存法」です。さきほど文博M君が配ってくれた参考資料を読了。 水漉あまな・藤岡洋保「古社寺保存法成立に果たした京都の役割」https://t.co/uzyx2XVccJ
じゃあ、具体的に何かというところだけど、本を今、段ボールで送ってしまったので、とりあえず論文から。一つは何といっても「戦後日本の「内閣官僚」の形成」だと思う。https://t.co/XcJ6CnPoes

48 0 0 0 OA 西鶴置土産

国会デジコレの新規追加資料に、「尾崎紅葉, 幸田露伴各自筆書入あり」の『西鶴置土産』https://t.co/tECmsC5dAq があった。 https://t.co/1lRK4Lrfyl
NDLデジコレに新規追加された曲亭馬琴『近世流行商人狂哥絵図』より「狐飴売」https://t.co/QDTbeHAcLS 。子ども「オイ こんこんよ あめを くんねえ」「あのざまを見ろ だれがこはがるものか」。子どものギャングぶ… https://t.co/y1eWCtruhZ

7 0 0 0 OA 熱化学

国立国会図書館デジタルコレクションで「国立図書館 昭和24.3.29 納本」の受入印を持つ資料があった https://t.co/v8XpoxlEA1 。昭和23年5月25日からは、国立国会図書館で納本受付が開始されているのに、国… https://t.co/0sV3mqYnUW
犬笛政治という言葉があるが、本邦では「露探」とその名指しがひきおこした悲劇を最近何度も思い出す。「露探」刺殺事件もあった。:奥武則「「露探」の時代:日露戦争期のメディアと国民意識」https://t.co/caJAN6MLA4

39 0 0 0 OA 日本擬人名辞書

「出歯亀」という言葉は、明治41年3月に起こった事件の犯人のあだ名から取られたとされるが、同年6月に描かれた事件と関係ないマンガに、早くも登場している。 https://t.co/JoEBzngx1w https://t.co/8DpwsqUFPc
極めつけは雁金紋ズ https://t.co/qwqReJEI1o 家紋DBのと比べても、かなりイケてるhttps://t.co/5gZgZXj4DM https://t.co/I3jRsrobyB
ふふふw https://t.co/jen91mW4Tx https://t.co/H04QeXFqJV https://t.co/s4HAs2wz0B https://t.co/bgg2MCCgdE https://t.co/iy81RdBRD1
ふふふw https://t.co/jen91mW4Tx https://t.co/H04QeXFqJV https://t.co/s4HAs2wz0B https://t.co/bgg2MCCgdE https://t.co/iy81RdBRD1
ふふふw https://t.co/jen91mW4Tx https://t.co/H04QeXFqJV https://t.co/s4HAs2wz0B https://t.co/bgg2MCCgdE https://t.co/iy81RdBRD1
ふふふw https://t.co/jen91mW4Tx https://t.co/H04QeXFqJV https://t.co/s4HAs2wz0B https://t.co/bgg2MCCgdE https://t.co/iy81RdBRD1
鳩紋もカワイイ https://t.co/S6c3MG62F3 家紋DBにもいくつか載ってるhttps://t.co/uAHmXlunzt https://t.co/zDTGROEMAR
すずめ可愛や https://t.co/adkUz8pE8O https://t.co/rVruOHQ57B
この紐みたいなのが何なのか気になる… https://t.co/TuQlDA2lVR 古代模様広益紋帳大全. 下 大正7 https://t.co/gE8dr1wQjW
鍵RT CiNii 論文 - 伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/BF5Dj1Wul3 #CiNii ( https://t.co/OWXsviUwFb )
ちなみに出版広告や予約募集から、書かれざる叢書の可能性を探るという論文もあります。戦死した若い歴史家が名を連ねてるのも面白いです。いつかブログで書こうかと。 今井修「西岡虎之助と『新日本史叢書』」 https://t.co/VvjzNbrshp

フォロー(727ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @danrenjaouyo: 伊東史朗「愛知・西光寺地蔵菩薩像(水落地蔵)の新知見」 https://t.co/Pyx3UyMM9i 一心寺の一行一筆阿弥陀経・般若心経と西光寺地蔵菩薩立像の納入品、一行一筆結縁経は本来一具のものと指摘。 名古屋市立博物館の常設展「西光寺地…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
RT @miakiza20100906: @MinetaChizuru https://t.co/5AgNm9lTYK の図3。 https://t.co/lOAyJwnDqF

1 1 1 0 OA 逍遥選集

なほ盛行した一九三〇年代以前の匿名批評の歴史(むしろ前史)は、新居格「匿名批評史の一斷面」(『都新聞』一九三四年四月廿五日から四回連載)が嚆矢。匿名の問題化は漸く一九〇一年頃からでhttps://t.co/hqQ6GFuB6v雅號… https://t.co/EVcXl3MkJI
RT @BungakuReportRS: 高尾曜 -  尾張徳川家御用蒔絵師・吉村寸斎とその作品について https://t.co/LlFE9j5w2k
RT @BungakuReportRS: 今野 真二 -  『節用集』と『日葡辞書』 https://t.co/juhO01DEHI
RT @BungakuReportRS: 溝渕 園子 -  翻訳文学史から見る『赤い鳥』と海外作品の〈再話〉 https://t.co/PNgnM1MTyd
RT @BungakuReportRS: 神戸 雅史 -  古今伝授における書風の享受 : 東常縁から宗祇への伝授を中心に https://t.co/2zN6eTlMko
RT @nacos_jp: @kurumibudo 組版の時点でtableタグを使い、HTMLの方にも吐き出せるようにしております。掲載するプラットフォームによって体裁が少し変わりますが、例えば以下のような感じです。 https://t.co/AVKA6ygix0 https:…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
Alcohol has been a great favorite in Japan. Find out the passion for good-tasting liquor: https://t.co/IYt7JVZTMV… https://t.co/PMk6RCVEms
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @tetsugaku_arai: ②【文献・目次】 <文献> ・大竹晋『大乗起信論成立問題の研究―『大乗起信論』は漢文仏教文献からのパッチワーク―』、国書刊行会、2017年 ・石井公成「【書評】『大乗起信論…以下略』」、2018年 https://t.co/8TmtC4M…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @Sasa_Jim: 梅原 宏司, 2018, 「〈研究ノート〉文化勲章の制定についての一考察 ― その「社会的」背景について ―」『渾沌 : 近畿大学大学院総合文化研究科紀要』, 15: 27-37. https://t.co/Mxjf2YN6Yp
RT @BungakuReportRS: 佐藤 雅代 -  歌ことばとしての「心の闇」 https://t.co/C0IlugF1es
朝倉 治彦 -  仮名草子年表(試稿五):延宝より享保(2009年)https://t.co/ZddwydqbD9
RT @BungakuReportRS: 田﨑 公司 -  『新編 会津風土記』と由緒 : 大槻太郎左衛門の乱を事例に (谷岡学園創立九十周年 大阪商業大学開学七十周年記念号) https://t.co/rTJNnGY309
RT @BungakuReportRS: 山家 優理子ほか -  口遊みやすいフレーズの生成手法の検討 https://t.co/hqFNZkXHRK
RT @BungakuReportRS: 黒野 伸子・大友 達也 -  奈良時代における疾病観、医療観の重層性-山上憶良、大伴家持の作品にあらわれる病の記述から- https://t.co/sTTSKw8dB5
RT @BungakuReportRS: 須田 哲夫 -  浜松中納言物語研究への遺言 https://t.co/plHoT78dNU
山家 優理子ほか -  口遊みやすいフレーズの生成手法の検討 https://t.co/SBzM5Ge1bH
RT @BungakuReportRS: ヴァラー モリー -  天龍寺における後醍醐天皇の供養とその政治的背景―夢窓疎石を中心に https://t.co/xwYAeGFnrm
RT @BungakuReportRS: 李 章姫 -  天正本『太平記』の記事構成と霊剣 https://t.co/F3ckZDj1Qz
RT @miakiza20100906: 田中俊一 氏までが嘘を書いている:  「保健物理学会が見えない!」 https://t.co/4lsOPqodUW “…2013年の UNSCEAR による福島事故報告書では,…将来の確率的な影響については,甲状腺がんを含めて被ばく…
The months of the year are hidden in the picture. Can you find them? The answer is here: https://t.co/D5gVXdt5og… https://t.co/0VBTfP4l9p

37 6 5 0 OA 大東京寫眞帖

RT @darbyz80: 添付画像は発行年・版元不明の大東京寫眞帖https://t.co/cSzTCdB8R4から キャプションに「浅草から万世橋」とあるので発行は1930年1月1日以降で1931年11月21日前のものと推定、撮影もそれほど離れているとは思えないので1930…

9 4 4 0 OA 雅俗山荘漫筆

RT @darbyz80: 早川が読んだら激怒しそうと云えば、逸翁も思いっきり地下鉄のことをディスっててhttps://t.co/XBdZGtxrWN …鉄道経営の神様の様に言われていても此の人も結局此の程度の読みしか出来なかった人だったんだなあと思ったもんだ。
呉 衛峰 -  書評『華文俳句選』──瞬間を詠む中国短詩型の実験 https://t.co/9z5OjWSxMH
RT @jack19998: レヴィ=ストロースの料理の三角形や、分子料理というジャンルがあることも初めて知った。 レヴィ=ストロースの料理構造論―料理の三角形から料理の四面体へ―川 端 晶 子 https://t.co/VFK4V8jB1L 分子ガストロノミー https…
越智秀明「『寛容論』の戦略」は、ヴォルテールをかたる(語る/騙る)全ての人が読むべきではないですか ヴォルテールにとって「寛容」は目的ではない、換言すれば、言いたいことをただ言い合う(あるいは口汚く罵倒し合う)空間を終局的理想と… https://t.co/6YrCwOJAMS
RT @NIJL_collectors: >RT EE通EE 渋い! 国会デジコレ『内国通運株式会社発達史』(大正7) https://t.co/E5r3Ja5HOS によると、社章の制定は明治8年。 「日章中に「通」の一字を白文にて表はし、其左右に Express の頭字な…
プリムツァール會員の印象「彼には多分カッシーラーがどの哲学者よりも模範となっていたと私は思う。カッシーラーは極めて精神史的であり,下村と波長が合う。下村は基本的にカッシーラー派であり続けた」角田幸彦「ブルクハルトとハイデガー(3)… https://t.co/XqLnruLbVn
「研究史への謙虚な目配りが下村には全くなかった。沢山の書物と論文を出してそれらへの批判と同感も入れるべきなのが学問的な語りであるのに,それが20年間に及ぶ研究会では全く為されなかった」角田幸彦「ブルクハルトとハイデガー(その1)」… https://t.co/aHmF1zueJm
記紀は世界各地の神話の影響を受けてるの。例えば両目から日月を生む中国盤古神と伊弉諾。今お兄ちゃんが楽しめてるのも世界の人達のおかげだね♪ https://t.co/LFMyy94Mm8 https://t.co/ClIV9ipWPj https://t.co/ULD86d8uOc
RT @NIJL_collectors: 扶桑文庫が出品している絵葉書「東京名所 靖国神社境内噴水」https://t.co/04CSHkGqfw とも違うような… こちらは、「近代日本における庭園噴水の歴史的展開」https://t.co/ptwVQTTzXK の絵葉書と同一…
扶桑文庫が出品している絵葉書「東京名所 靖国神社境内噴水」https://t.co/04CSHkGqfw とも違うような… こちらは、「近代日本における庭園噴水の歴史的展開」https://t.co/ptwVQTTzXK の絵葉書… https://t.co/nY9AaaV4pW
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
RT @BungakuReportRS: 牧野 淳司 -  『平家物語』 と唱導文化との関わりについての綜合的研究 -後白河法皇をめぐる唱導の観点から- https://t.co/4Dj5QkycV3
RT @monogragh: 筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
RT @monogragh: 筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
@jyunku 重ね重ね感謝です! CiNii でタイトル検索すると 石川県図書館協会報 https://t.co/G7ok5l8QjZ がヒットし金沢大が80号所蔵してるようなので、連休明けに複写依頼を出そうと思っていた所でした… https://t.co/k9yVLxdop3
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  室町後期の能と能面 -能作者別に見る能面用法の変遷- https://t.co/YrTr8DMxRn #CiNii
CiNii 論文 -  即身仏の背景を探る (〔東北公益文科大学〕卒業論文集) https://t.co/nOGj1rFUV4
CiNii 論文 -  土中入定遺跡と村おこし : 長野県辰野町天龍海喜法印遺跡をめぐって https://t.co/KRqvZWREBk
CiNii 論文 -  補陀落渡海と入定 : 薩摩における日秀上人 https://t.co/MuOSLELLDH
CiNii 論文 -  江戸時代の湯殿山信仰と一世行人の即身仏 https://t.co/DqkEMd7tCJ
CiNii 論文 -  木食行者鐵門海 : 出羽三山の即身仏と仙台藩領の信仰 https://t.co/eQR0S3XRDv
CiNii 論文 -  生祀となった即身仏と義民 (特集 生祠・生祀) https://t.co/cvIzmFf6Jq

フォロワー(1933ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

PDF公開。ありがたい。「院宣は院司奉書、綸旨は蔵人奉書という形式が、いずれも原則であるが、本稿に紹介する「御奉行所候也」の院宣・綸旨は、かかる普通の院宣・綸旨をさらに下位の庁務主典代や蔵人所出納がもう一度奉じて、宛所に伝達すると… https://t.co/ENJ05UIaxL
RT @mongkeke_tarikh: >岡本敬二「元代の交通事故」 もしやと思ったらやっぱりそうだった(^^; この論文は(先年図書館の放出本からお救い申し上げた)『山崎先生退官記念 東洋史学論集』(S.42年12月、109-120頁)掲載の一編で、同論集では海老沢哲雄「モ…
RT @tsundokulib: わりと前の本だがこんなのが人文系翻訳大国ちうごくをイメージするにはよいのではないかと思う https://t.co/OovYhKcdJs
RT @tsundokulib: わりと前の本だがこんなのが人文系翻訳大国ちうごくをイメージするにはよいのではないかと思う https://t.co/OovYhKcdJs
CiNii 論文 -  「教員の資質低下」という幻想(<特集>教師教育改革) https://t.co/D6OioJTFG4
RT @danrenjaouyo: 伊東史朗「愛知・西光寺地蔵菩薩像(水落地蔵)の新知見」 https://t.co/Pyx3UyMM9i 一心寺の一行一筆阿弥陀経・般若心経と西光寺地蔵菩薩立像の納入品、一行一筆結縁経は本来一具のものと指摘。 名古屋市立博物館の常設展「西光寺地…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @catsummer: 生田長江は新感覚派批評でも有名なはるおの師匠……『文壇の新時代に与ふ』なんてはるおも形無しなんである https://t.co/9oSBcG4Qlg https://t.co/fuhvFWQ272
RT @LindenMesicku: @tankyudou @KazuhiroSoda @nasukoB エビデンスは、https://t.co/wZhhJgVSOe この中に書いてあるようなんですが、どうすれば中身が読めるのでしょう?
RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
RT @nekonoizumi: 『法の原理』の翻訳問題については、こちら。 岩波文庫版『法の原理』書評。PDFあり。 ⇒高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8I…
RT @seihinnosho: @mmww 辻昌宏訳では 「途方もなく  照らされる」 土肥秀行訳では、 「わたしはかがやく  広大さに」 となっていました。原意を伝えるのはやはり難しそうですね…… https://t.co/t83MlfMXMV https://t.co…
“立山カルデラの形成と深層崩壊の歴史 -鳶泥と国見泥-” https://t.co/B4evNiNdFM
“https://t.co/QO3BqaB9uc” https://t.co/Nu5dFZhvjv
RT @harukosakaedani: https://t.co/pNGTCwyfoW この拙稿と酷似した記述があったら、出版年を確かめてください。絶対、私の方が年単位で先だから! (ToT)
RT @miakiza20100906: @MinetaChizuru https://t.co/5AgNm9lTYK の図3。 https://t.co/lOAyJwnDqF

1 1 1 0 OA 逍遥選集

なほ盛行した一九三〇年代以前の匿名批評の歴史(むしろ前史)は、新居格「匿名批評史の一斷面」(『都新聞』一九三四年四月廿五日から四回連載)が嚆矢。匿名の問題化は漸く一九〇一年頃からでhttps://t.co/hqQ6GFuB6v雅號… https://t.co/EVcXl3MkJI
J-STAGE Articles - 世紀転換期ウィーンの芸術における「神経」の射程 : グスタフ・クリムトの作品とその批評を通して(第六十六回美学会全国大会発表要旨) https://t.co/2qwHjfIGoe ヘルマン・バーグ
J-STAGE Articles - ヘルマン・バールの現代性からの転換 https://t.co/N4iq5cG3L6 オーストリア文学/8 巻 (1992)/書誌
NDLで“民度”を検索して一番古いものは 福田久松『東洋之立憲政治 : 附・三大論策』だけど、その中の「第十章 我が今日の民度は果して其立憲制度を運用するの力ありや否や」を読むと、未だに当時と変わって無いような……。… https://t.co/WMWEV1iDTz
“民度 出典”で検索したら一番に出てきたので、もうご覧になったかもしれませんが、↓のような論文がありました。 『「民度」――和製漢語としての可能性』 陳贇 関西大学学術リポジトリ https://t.co/ukJEECuQ5t https://t.co/cbsq8xVEgF

19 2 2 0 OA 新しき朝鮮

RT @ekesete1: @Venom76392163 @akisumitomo 資源> 重工業の二大要素として地下資源と電力が挙げられるが、半島に於てその何れも万点の折紙がついている。 (朝鮮総督府情報課 編「新しき朝鮮」 https://t.co/7ZNIXKbdQC
RT @tetsugaku_arai: おもしろい論文を見つけてしまったのだ。古代哲学の自殺論を縦断しつつわかりやすく論じてるのだ。 小島和男 「 ソクラテスの死についての小論 : プラトン 『パイドン』 における自殺禁止論をめぐって」 https://t.co/CVBwEA…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @yoshiful_saney: CiNii 論文 -  アフォーダンス理論による姿勢と動作(<特集>高齢者居住研究部会特集) https://t.co/dYDVDS3sUh #nhk #チコちゃん #チコちゃんに叱られる
RT @nacos_jp: @kurumibudo 組版の時点でtableタグを使い、HTMLの方にも吐き出せるようにしております。掲載するプラットフォームによって体裁が少し変わりますが、例えば以下のような感じです。 https://t.co/AVKA6ygix0 https:…
RT @nacos_jp: @kurumibudo 組版の時点でtableタグを使い、HTMLの方にも吐き出せるようにしております。掲載するプラットフォームによって体裁が少し変わりますが、例えば以下のような感じです。 https://t.co/AVKA6ygix0 https:…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @GRFmail: 「氷島」収録の「乃木坂倶楽部」「火」は、晩年の本人朗読が歴音で聞けます。 https://t.co/EvinF653Jb 声がかなりおじいちゃんぽいので、若い頃の三上博史みたいなビジュアルにとらわれてると衝撃がすごい。でも娘さん曰く「いつもの声とかなり…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @tetsugaku_arai: ②【文献・目次】 <文献> ・大竹晋『大乗起信論成立問題の研究―『大乗起信論』は漢文仏教文献からのパッチワーク―』、国書刊行会、2017年 ・石井公成「【書評】『大乗起信論…以下略』」、2018年 https://t.co/8TmtC4M…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
RT @Sasa_Jim: 梅原 宏司, 2018, 「〈研究ノート〉文化勲章の制定についての一考察 ― その「社会的」背景について ―」『渾沌 : 近畿大学大学院総合文化研究科紀要』, 15: 27-37. https://t.co/Mxjf2YN6Yp
おう。山梨県図書館協会の、読書感想文集の目次コピーを県立図書館にお願いしようと思っていたが、ふとNDLデジコレを掘ってみたらあった。甲府市のまではさすがにない https://t.co/cw0HJpzF0i
RT @sadashifukuda: その文献は、福田安志著、「湾岸地域でのアメリカ軍の縮小とイラン戦力の拡充 ―サウジアラビアの安全保障をめぐって―」です。pdfで日本語の文章が見られます。 https://t.co/ja2qsM6SmL
朝倉 治彦 -  仮名草子年表(試稿五):延宝より享保(2009年)https://t.co/ZddwydqbD9
山家 優理子ほか -  口遊みやすいフレーズの生成手法の検討 https://t.co/SBzM5Ge1bH
RT @khargush1969: 日本オリエント学会編(2019)『古代オリエント事典 前付・総論・付編』岩波書店 https://t.co/iNr04y081l 「古代オリエントに関する日本人による世界で初の総合的事典.日本オリエント学会が総力を挙げて編集」 えっ,2004…

46 2 2 0 OA 公家茶道の系譜

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  公家茶道の系譜 https://t.co/afu3Sq8Dws #CiNii
“CiNii 図書 - Cooking for Geeks : 料理の科学と実践レシピ” https://t.co/zgAp9gPMsA 第2版 2016
RT @ekesete1: @hikanel @111g0 当時の世代は植民地と呼んでいた また例えばあのパール判事は英国が作ったカルカッタ大学を卒業して弁護士になった、つまり英国がインドに近代的教育を与えた。 日本は真似ただけ 英領インド1935年の小学校数 20万373…
RT @zasetsushirazu: 明治2年8月13日(1869年9月18日)、土肥典膳が死去。岡山藩重臣で、文久2年に京都で国事周旋を開始。中川和明「平田塾と地方国学の展開」(『書物・出版と社会変容』11)曰く、「岡山藩の幕末維新史を語るうえでたいへん重要な人物」。その家…

1 1 1 0 OA 学制

https://t.co/KCqukJuNaU https://t.co/nM91iREeD5

11 10 10 0 OA 史籍集覧

RT @HisadomeK: 天狗の正体は不明ですが、『神明鏡』によると、応永32年9月8日に鎌倉御所が炎上し、鶴岡八幡宮で狐が鳴き、今宮の傍に天狗が大木を以て家を作ったそうです。 https://t.co/nLDGnoiTE2 https://t.co/JGDchWfiCa
呉 衛峰 -  書評『華文俳句選』──瞬間を詠む中国短詩型の実験 https://t.co/9z5OjWSxMH
RT @NichibunS: 国際日本文化研究センターにおける目録・ILLの海外対応 OCLC WorldCat・WorldShare ILLによる新サービスと課題 https://t.co/vJXMkbYpS3
RT @holy_sengoku: 先の論文で使われている蛸地蔵伝承関連の史料紹介。『天性寺聖地蔵尊縁起』絵巻からの翻刻あり。「天正年中に、松浦肥前守殿此城主たる時、紀州根来雑賀の逆党にはかに軍を起して、当国に馳入城に押寄たり、城主元来軍謀を究め」と、松浦肥前守を称える言葉は一…
RT @zasetsushirazu: 昭和54年9月18日、木村毅が死去。『明治天皇』、『日米文学交流史の研究』など、文化史、伝記、小説など200冊を超える著作がある文筆家。藤井哲「木村毅と英文学」(『福岡大学人文論叢』48-4)曰く、「学界の権威に向かって在野から歯に衣を着…
RT @jack19998: レヴィ=ストロースの料理の三角形や、分子料理というジャンルがあることも初めて知った。 レヴィ=ストロースの料理構造論―料理の三角形から料理の四面体へ―川 端 晶 子 https://t.co/VFK4V8jB1L 分子ガストロノミー https…
@tadagon18 @konobayashi 参考文献 CD-ROMによるデータベース (16)CD-ROMによる目録情報サービスJ-BISC 田村貴代子 1988 年 30 巻 11 号 p. 1083-1095 https://t.co/LG9nihzLUk
越智秀明「『寛容論』の戦略」は、ヴォルテールをかたる(語る/騙る)全ての人が読むべきではないですか ヴォルテールにとって「寛容」は目的ではない、換言すれば、言いたいことをただ言い合う(あるいは口汚く罵倒し合う)空間を終局的理想と… https://t.co/6YrCwOJAMS
RT @demauyo_tadaimo: 記紀は世界各地の神話の影響を受けてるの。例えば両目から日月を生む中国盤古神と伊弉諾。今お兄ちゃんが楽しめてるのも世界の人達のおかげだね♪ https://t.co/LFMyy94Mm8 https://t.co/ClIV9ipWPj h…
RT @Friedrich0124: これほんとすき 今野元「『教皇ベネディクトゥス一六世』を巡る三島憲一氏との対話:日本のドイツ研究に関する八十箇条の論題(1)」 https://t.co/G1jyHD8PHk
RT @NIJL_collectors: >RT EE通EE 渋い! 国会デジコレ『内国通運株式会社発達史』(大正7) https://t.co/E5r3Ja5HOS によると、社章の制定は明治8年。 「日章中に「通」の一字を白文にて表はし、其左右に Express の頭字な…
プリムツァール會員の印象「彼には多分カッシーラーがどの哲学者よりも模範となっていたと私は思う。カッシーラーは極めて精神史的であり,下村と波長が合う。下村は基本的にカッシーラー派であり続けた」角田幸彦「ブルクハルトとハイデガー(3)… https://t.co/XqLnruLbVn
「研究史への謙虚な目配りが下村には全くなかった。沢山の書物と論文を出してそれらへの批判と同感も入れるべきなのが学問的な語りであるのに,それが20年間に及ぶ研究会では全く為されなかった」角田幸彦「ブルクハルトとハイデガー(その1)」… https://t.co/aHmF1zueJm

797 31 19 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @NIJL_collectors: 扶桑文庫が出品している絵葉書「東京名所 靖国神社境内噴水」https://t.co/04CSHkGqfw とも違うような… こちらは、「近代日本における庭園噴水の歴史的展開」https://t.co/ptwVQTTzXK の絵葉書と同一…
J-STAGE Articles - オリンピックとパラリンピックの 「結合」についての一試論 https://t.co/irZNzdMPXX
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
RT @KanoYasuyuki: 特別セッションS23「オープンデータと地震学」で,歴史地震史料や歴史記録に関連した史料や資料(主として紙のもの)をどううまく利用するか(したいか)という話をします. 日本地震学会2019年度秋季大会/オープンデータと歴史地震・歴史記録 ht…
RT @KanoYasuyuki: 特別セッションS23「オープンデータと地震学」で,歴史地震史料や歴史記録に関連した史料や資料(主として紙のもの)をどううまく利用するか(したいか)という話をします. 日本地震学会2019年度秋季大会/オープンデータと歴史地震・歴史記録 ht…
RT @minaokukita: 山口尚さんの論文「リチャード・ダブル、あるいは自由意志の概念工学のしかるべき限界について」がNagoya Journal of Philosophyで公開されました。 https://t.co/30T14sRPoX
扶桑文庫が出品している絵葉書「東京名所 靖国神社境内噴水」https://t.co/04CSHkGqfw とも違うような… こちらは、「近代日本における庭園噴水の歴史的展開」https://t.co/ptwVQTTzXK の絵葉書… https://t.co/nY9AaaV4pW
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
論文:平野大「映画『プレステージ』に見るシルクハットの役割と意味:奇術師たちとシルクハットの距離感」 あくまで映像学の論文ながら、登場人物の奇術スタイルやシルクハットと奇術の歴史にも言及している。 こういう試み自体が重要だし面… https://t.co/9Z84taKUrs
RT @monogragh: 筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
RT @monogragh: 筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
日本機関紙出版センター『細字レタリング』1980年、を借りてきた。シリーズ名が「21世紀技術ブックス」…… https://t.co/CJoRoQbDUQ
@jyunku 重ね重ね感謝です! CiNii でタイトル検索すると 石川県図書館協会報 https://t.co/G7ok5l8QjZ がヒットし金沢大が80号所蔵してるようなので、連休明けに複写依頼を出そうと思っていた所でした… https://t.co/k9yVLxdop3
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
RT @clarakeene: 前RT参照 鳥取砂丘におけるエリザハンミョウの個体数推定(2015年) https://t.co/u22fCnUq00 砂丘全体に分布するカワラハンミョウ(こっちも絶滅危惧II類)に対し、エリザハンミョウは砂丘内オアシスにしかおらんらしい。
『まぼろしの東洋大学朝鮮分校』 東洋大学学術情報リポジトリ https://t.co/OiNBXRp1zS
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  室町後期の能と能面 -能作者別に見る能面用法の変遷- https://t.co/YrTr8DMxRn #CiNii
CiNii 論文 -  即身仏の背景を探る (〔東北公益文科大学〕卒業論文集) https://t.co/nOGj1rFUV4
CiNii 論文 -  土中入定遺跡と村おこし : 長野県辰野町天龍海喜法印遺跡をめぐって https://t.co/KRqvZWREBk
CiNii 論文 -  補陀落渡海と入定 : 薩摩における日秀上人 https://t.co/MuOSLELLDH
CiNii 論文 -  江戸時代の湯殿山信仰と一世行人の即身仏 https://t.co/DqkEMd7tCJ
CiNii 論文 -  木食行者鐵門海 : 出羽三山の即身仏と仙台藩領の信仰 https://t.co/eQR0S3XRDv
CiNii 論文 -  生祀となった即身仏と義民 (特集 生祠・生祀) https://t.co/cvIzmFf6Jq