著者
外村 大 宮本 正明 猪股 祐介 坂田 美奈子 伊地知 紀子 菅野 敦志 岡田 泰平 松田 ヒロ子 加藤 恵美 中山 大将
出版者
東京大学
雑誌
新学術領域研究(研究領域提案型)
巻号頁・発行日
2017-06-30

本年度は、それぞれ分担研究者が担当する、過去の紛争、戦争、植民地支配等に起因する対立、葛藤の「和解」に関わる市民の活動についての、資料収集と整理、関係者からの聞取りを進めた。それぞれの研究内容については、適宜、報告を行い、その内容を相互に把握し、比較検討して各自の研究のうえでも参照している。整理に着手した資料のうちには、1970年代以降現在まで、戦後補償運動の各種市民運動、訴訟等に関わってきた市民活動家兼研究者が所蔵する大量の資料があり、これについては、2017年度中に、予備調査を行うとともにデータベース作成の準備を進めた。また、いくつかの重要な市民活動の担い手については、研究分担者全員ないし一般市民にも公開でヒアリングを行った(市民の活動についての関係者からの聞取りとしては、戦時動員の対象となり、死亡した朝鮮人の遺骨返還の活動を行う僧侶や「満蒙開拓」の史実を語り継ぐ活動に取り組むNPO法人理事などからの聞取りなど)。このほか、2018年4月に、脱植民地化と冷戦激化を背景に起きた大規模な住民に対する過剰弾圧、虐殺事件である、済州4・3事件が70周年を迎えるということもあり、それをどのように遺族らが記念し、「和解」を導き出そうとしているか等についても実情把握を進めた。その一環として、3月28~30日には分担研究者ら7名が済州島を訪れて、地元研究者との交流、遺族からの証言の聴取などを進めた。さらに「和解学」の創成をかかげて行なわれている、シンポジウム等にも、分担研究者は積極的に参加し、企画されている「和解学」の研究叢書の執筆の準備を進めている。
著者
中山 大将
出版者
京都大学
巻号頁・発行日
2010-03-23

新制・課程博士 甲第15417号 農博第1802号
著者
中山 大将
出版者
日本村落研究学会
雑誌
村落社会研究ジャーナル (ISSN:18824560)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.1-12, 2009 (Released:2012-12-24)
参考文献数
58
被引用文献数
1

The imperial Constitution of Japan was established in 1889 and this meant that the modern Japanese imperial institution was also established. The imperial institution in this updated form remained influential throughout the Japanese Empire. In 1928, the Showa Emperor succeeded to the throne and a series of the ceremonies were held to recognize the transition called “Showa-no-Tairei.” Concurrently, in the imperial colony of “Karafuto,” the exemplary farmer campaign was launched by the colonial government of Karafuto. First, this study clarifies the facts on how the colonial agricultural administration of Karafuto utilized the modern imperial institution through the exemplary farmer campaign for its own particular aims. Second, this study discusses the logic for the linkage between Karafuto farmers and the Emperor within the campaign. The colonial government needed to use imperial ideology to make farmers of Karafuto adopt the ideal farming style it had planned, which differed from that of mainland Japan. The colonial government exposed the farmers to Imperial linkages via the ceremony of “Showa-no-Tairei,” in which the farmers were honored, and attempted to legitimize these linkages through the campaign. The logic behind these steps depended on three facts. First, the Showa Emperor toured Karafuto and granted an audience with some of the exemplary farmers when he was the prince. Second, he planted rice on a paddy field in the palace after the demise the Taisho Emperor. Third he made honorable recognition of some of the farmers and used and ate crops dedicated by the farmers at the ceremony of accession, “Showa-no-Tairei.” The colonial government hoped that the farmers and agriculture of Karafuto would become linked with the Emperor and the Empire itself by these facts, and that this linkage would familiarize farmers with an ideology of hard work in order to attain the farming style planned by the colonial government.
著者
宇山 智彦 平野 千果子 秋田 茂 前川 一郎 河西 晃祐 小沼 孝博 水谷 智 長縄 宣博 天野 尚樹 中山 大将
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2013-10-21

近代帝国の植民地および脱植民地化の歴史を、比較と関係性の視角から研究した。帝国権力と周縁・植民地社会を結ぶ媒介者・協力者の役割、植民地の知識人による近代化の試み、諸帝国の競存体制と植民地同士の関係、帝国・植民地における移民の位置づけ、帝国の暴力と反乱、第一次世界大戦とロシア革命のインパクト、脱植民地化をめぐる国際関係などを研究し、帝国論・植民地論の知見を現在の国際問題の分析にも応用した。全体として、帝国権力が国内外に作り出す格差構造と、植民地の被統治者の主体性の両方に目を配りながら、植民地史の多面性と今日的意義を明らかにした。