"最前線にマスクと防護具を"実行委員会 (@covid19maskjp)

投稿一覧(最新100件)

RT @bizarreID: 当科からpicture コロナワクチン接種後の大血管炎(PETで光りました)。 接種から30日後発症で関連性は不明です。ナプロキセン2週間投与で軽快し,今のところ再発もしていません。 J-STAGE Articles - Transient La…
RT @kojima_aponet: 必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の…
RT @kojima_aponet: 必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の…
RT @francescodamil6: 日本医学会連盟エキスパートオピニオンの英語版が出ました。現在の第4波で重症者、死亡者とも増えてはいますが、これだけのレベルで済んでいるのは大多数の国民のご協力と各科臨床現場の大変な努力です。これは世界で評価されています。https://…
@O_flavescens 広い会場なので大丈夫かなと思いますが、やはり空調が気になっていました。  https://t.co/eOvLTUhrTe ま、大きな会場なのであまり気にしなくてもよいかもしれません。 あとは入口で混みすぎないことなどを含め、大きすぎて会場整理等は大変かも。 https://t.co/8XEF9ySzqG
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…
RT @EARL_Med_Tw: 新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019, COVID-19)流行に際しての医療資源配分の観点からの治療の差し控え・中止についての提言.日本集中治療医学会臨床倫理委員会(日集中医誌 2020;27:509-10…
RT @S96405539: インフルエンサーのデマに騙されると本当に命を落とします。日本国内に限っても、亜鉛/カリウム/カルシウムなどのサプリによる死亡報告は既に有ります。インフルエンサーの影響を受けて自己判断でサプリメントを飲んで良いことなど有りません。適切な治療にも悪影響…
RT @orientis312: 山形県衛生研究所による季節性コロナウイルス4型の周年変化に関する貴重な研究。こちらが原著にある図。陽性者は冬に圧倒的に多い。 doi: https://t.co/KEkfsGcPdK https://t.co/yR5RIqlCDP
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…

お気に入り一覧(最新100件)

@anesthe_man @honjio69 機序はたぶん解明困難で難しいですが、化学物質による刺激→神経痛かもしれませんね。 偏頭痛も血管ではなく神経が原因かも?というのが優勢になってきているみたいです。 https://t.co/m8nr2n3HIy
当科からpicture コロナワクチン接種後の大血管炎(PETで光りました)。 接種から30日後発症で関連性は不明です。ナプロキセン2週間投与で軽快し,今のところ再発もしていません。 J-STAGE Articles - Transient Large-vessel Vasculitis after Covid-19 mRNA Vaccination https://t.co/f6xbUbes09
大きくなればなるほど正確にはなりますが、1歳以降であればおおよそ大丈夫だと言われております。 オモテ検査とウラ検査の一致率: 生後カ月未満:56.6% 生後4カ月〜1歳:76.5% 1歳〜2歳:92.2% 2歳〜3歳:97.6% (参考)新生児・乳幼児におけるABO血液型の一致率の解析 https://t.co/1OTVxzJjcU
MDA5, CNS lupus, Neuro-BD, SRC, CAPS, TMA, SjS-myelitis, PcPあたりはお茶を飲み終えたら早足で向かう感じ。PANの腹腔動脈破綻、RA頚椎病変からの麻痺などはダッシュと同時に援護を確保。 https://t.co/1jGEzVM1jr
もう読む気を無くす >これまでに手術された中には過剰診断とされた症例は1例も含まれていない。 過剰診断(overdiagnosis)の定義と過剰手術(oversurgery)/過剰治療(overtreatment)の用法:病理医と疫学者の見解の差異 https://t.co/PADnYCWjQy
日本の論文あった。大学病院一施設で医療従事者への暴力を調査した記述研究。精神的暴力(暴言など)、身体的暴力、性的暴力のいずれかを過去1年間に受けた医療従事者の割合は56.4%で、看護師、女性に多かった。 https://t.co/GBKQNiAD1b
【妊娠中の関節リウマチ治療】 https://t.co/YojLWBOJl4 https://t.co/OzwUWjPxRO
メトトレキサートは1ヶ月以上前に使用中止 妊娠中は、アザチオプリン、シクロスポリン、タクロリムスは使用できる。重症ではエタネルセプト https://t.co/YojLWBOJl4 https://t.co/POk4zYfV3T

12 0 0 0 OA 死体血輸血

興味のある方は、こちら。 (古い文献です、写真などは掲載されていません) 死体血輸血 https://t.co/7tN7chmPMu
私自身、東日本大震災時のSNSでの教訓から、今回のコロナ禍でもデマッターは1年経ったらもう後戻りもできない人が大半なので見切りつけると決めてました。デマッターによるデマ拡散を防ぐ方法は、デマッターの説得ではなくデマより早い正確な情報の拡散の方がよさげです https://t.co/R14dg9Ntk9
必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の一般用医薬品による急性薬物中毒の現状 https://t.co/xLTUS8AgP8 https://t.co/b5qsCDXwga
必見です 藤田医科大学病院・救命救急センターに、2011年~2020年に搬送された一般用医薬品の過量服薬による急性薬物中毒患者120例のうち20歳未満36事例を検討 【薬学雑誌 141(12) p1389-1392,2021】 若年者の一般用医薬品による急性薬物中毒の現状 https://t.co/xLTUS8AgP8 https://t.co/b5qsCDXwga
@nbs0115 先生が紹介くださってた 八戸市立市民病院救急救命センター箕輪啓太先生の症例報告論文。 めちゃくちゃにカッコいいですね… 感動を覚える症例報告 https://t.co/G14KuQCgKd
これはすごい、最後まで諦めてはいけない。 J-STAGE Articles - 病院前蘇生的開胸術で救命した重症多発外傷の一例 https://t.co/G44r8yqOXH
@sunchang00451 未分化転化しないなら、結果としてそうなります。未分化がんは今でも成績が良くありません。 https://t.co/Y1WJ9afFaq
@nanoe_blog 単純に言うと、腸閉塞を疑ってCTするなら動脈相が大事です。https://t.co/rjYhd7mQTU
日本医学会連盟エキスパートオピニオンの英語版が出ました。現在の第4波で重症者、死亡者とも増えてはいますが、これだけのレベルで済んでいるのは大多数の国民のご協力と各科臨床現場の大変な努力です。これは世界で評価されています。https://t.co/6OQJtCmKcn

147 0 0 0 OA 急性GVHDとTMA

下血の原因を調べるため、午後から大腸内視鏡検査と生検が入りました。原因は2通り考えられて、ひとつはGVHDによる消化管障害、もうひとつはTMAによる出血です。 複数回移植の現場においてはこの2つは鑑別が困難で、僕の場合はおそらく両者ともに原因であると考えられます。 https://t.co/ifm71VmLPp
クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街がわるい 〇 やっぱり、そこへの対策が効果的かも(もちろん補償は大事)
@covid19maskjp 10年前の新型インフルの頃に「陸上自衛隊員を対象に検討してみた」ってなPDF資料見つけた。「検討」ぢゃなくて「実験」ぢゃないかな
【切迫早産の治療薬】 ”先進国”でこれだけ治療内容が違うこともめずらしい。。。。 https://t.co/wa56sEgOJi https://t.co/WClnEzumgt
新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019, COVID-19)流行に際しての医療資源配分の観点からの治療の差し控え・中止についての提言.日本集中治療医学会臨床倫理委員会(日集中医誌 2020;27:509-10) https://t.co/IFtNS0ne8G
<参考文献> https://t.co/RLfIl4gVFz https://t.co/KqbGOsHMbq ※引用したツイートツリーや、ブログ記事などの参考文献も併せてご参照下さい。
インフルエンサーのデマに騙されると本当に命を落とします。日本国内に限っても、亜鉛/カリウム/カルシウムなどのサプリによる死亡報告は既に有ります。インフルエンサーの影響を受けて自己判断でサプリメントを飲んで良いことなど有りません。適切な治療にも悪影響です。 https://t.co/RLfIl4gVFz
研修医の頃、芍薬甘草湯による低K血症の入院患者を診たことあとがあったので尺薬甘草湯 3包分3 90日とか他の医者が出しているのみると減量か切ってるんですけど、みなさんどうされていますか。https://t.co/ZXb9OLsxMQ
セレコキシブ(セレコックス)のアスピリン喘息に対する禁忌は早くなくなってほしいなあ、、
山形県衛生研究所による季節性コロナウイルス4型の周年変化に関する貴重な研究。こちらが原著にある図。陽性者は冬に圧倒的に多い。 doi: https://t.co/KEkfsGcPdK https://t.co/sXm0L3WION https://t.co/yR5RIqlCDP
@codeblueflower 血清中サイトカイン濃度についてはすんげぇ過去にちょっとだけ弄って「これはイマイチやな」と思ったので、今回も薄目で見ていました
お年寄りで身体中に湿布を何枚も貼っている人はいませんか?過去の忘れられないケースとして胃潰瘍を発症した患者さんがいました。鎮痛薬の飲みすぎは有名ですが湿布の貼りすぎも危険なのです。予防的な使い方で全身に10枚近く貼るようなことは避けましょう。 参考例: https://t.co/76E6VeWjr0

フォロー(12751ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(14063ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)