izuph (@izuph)

投稿一覧(最新100件)

@nrmkx ヒルシュとか長期のHPNが必要な人用の微量元素製剤です。 小児の中心静脈栄養と微量元素 https://t.co/ugKxrnJ1wR セレン欠乏症の診療指針 https://t.co/OHGVwmib29
memo. クリオプレシピテート https://t.co/QDu402K94v https://t.co/yfGLaEwJnK
このJASDI掲載の研究(https://t.co/oHkOTm54xL) 2016年2月22日で、医薬品リスク管理計画(RMP) 177品目 今日調べたら、286品目。一年半で100ちょい増えてる。 新薬それくらい出てるかな?少ないかな?
この科研費の研究でもアプリ配布できなくなったっていう成果報告になってるしなぁ。→ 小児1型糖尿病患者のカーボカウントを支援する携帯情報端末アプリの開発と効果の検討 https://t.co/r963qj0tpz
あとはお薬手帳は、本来はPHRということ。「患者中心の思想設計」が考慮されていないとPHRとは言えないので、そういった意味でどのアプリもダメだってことなんだね。ちょっと手帳の話じゃないけどPHRの概念⇒https://t.co/7VY8TjSTLA
優秀演題ポスターの候補になってたイナビルと牛乳アレルギー、主治医の先生のほうがもう論文にしてるのか。https://t.co/VBahYxa4Dd
@sarannka セレン欠乏症の診療指針2015 日本臨床栄養学会雑誌https://t.co/v4olP1kIpFとか、https://t.co/ugKxrnJ1wRとか参考になるかも。
最近のJSPEN雑誌の特集でも、引用文献がひとつもないでござる。 https://t.co/vExvFhT4Ap
臓器移植後の妊娠へ指針 学会、秋にも:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) http://t.co/BINCXqSO27 https://t.co/ovHJu7XdXn
確かに犬のデータしかない。でも気になって、鎮咳活性評価法の「咳嗽犬法」って調べてみてら結構ダイレクトな試験だった。人間では出来ないだろな、これ。 https://t.co/lThDjbTz04
メモ:パロノセトロン:日本での用量(0.75mg)におけるDay1,3投与の薬物動態と安全性 http://t.co/0tgO2lUhMo ESMOでのポスター:http://t.co/WpsR4LqyxZ 日本での発表:http://t.co/6v6C4gsPyO
@kadsho 大学図書館でも全部揃ってるのは、九大くらいですね。 → http://t.co/3Ga3MR2yB9
大豆油はアレルギーをひきおこすのか? http://t.co/RlE63iYFOv https://t.co/kMSsFqtP7p
日本におけるレセプトデータの利用は、結局6施設で試用中ということなのね。JASDIでも発表がちょこっとあったけど→「薬剤疫学」Vol. 17 (2012) No. 2 p. 155-162 データベース活用事例の紹介;(1)(https://t.co/OvJwa8pA2Q)
酢ロックの問題をうけて、重曹水ロックを試してみることに。こっちのほうが安全か?→https://t.co/MM5IEYowDY
RT @hayano: ↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj
RT @hayano: 早野坪倉宮崎論文(英文 http://t.co/qCmBoNod10 )日本語抄訳( http://t.co/7OCOXt1rOj )は,この夏に取りまとめられる国連科学委員会 UNSCEAR の福島原発事故報告書に採録されることが決まっています.

お気に入り一覧(最新100件)

全国 6 年制薬学部・薬科大学における Evidence-Based Medicine(EBM) 教育に関する質問紙調査 https://t.co/oYJoZ1z8cu
日本版重症患者の栄養療法ガイドライン:病態別栄養療法(日集中医誌 2017;24:569-91) ようやく各論出ました https://t.co/38h25dmbS5
Effect of Antifungal Drugs on CYP2C9, 2C19, 3A4 Activities in Human Liver Microsomes https://t.co/3bkYr67y3N ミコナゾールは,強いのだ
初めて見ました。 国立病院機構における持参薬鑑別報告マニュアルの作成(社会薬学) https://t.co/6nbWs04Ps4
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
同じくJJSPEN最新号の片山寛次先生の「がん悪液質の病態と管理」論文です。日本語論文でこれだけ優れたがん悪液質のレビュー論文は、あまり読んだ記憶がありません。多くの方に読んでほしい論文ですね。 https://t.co/OxX8qFSNIH
一昔前の論文ですが、今も変わっていないところも。 若い人は知らないだろうが「第二薬局」という言葉がなつかしい。 でも今やろうとしていることは、新たな「第二薬局」そのものではないだろうか? 【薬学雑誌 2003.3】 医薬分業の問題点 https://t.co/3N0XuMdDB7
慶応大の報告。興味深い。薬剤師と信頼関係を構築していない患者にとって、薬局薬剤師のマスク着用が服薬指導時に患者の相談行動を妨げる要因となり得ることが示唆された。 【薬学雑誌】 薬剤師のマスク着用が患者の相談行動心理に及ぼす影響 https://t.co/GtIGDJRI8K
早野坪倉宮崎論文,本日公開(英文) http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳もどうぞ http://t.co/7OCOXt1rOj @nhk_news: 福島の内部被ばく 食品からはほぼなし http://t.co/YRn2wnXGdN #nhk_news

フォロー(176ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

おいおい 全国で2018年に新規指定の保険薬局1,766軒のうち、124軒(7.0%)がタバコ販売許可を受けていた。 地方別では関東、東北地方が多かった。 【日本公衆衛生雑誌 67(5) p327-333,2020】 本邦の新設およびコンビニ併設保険薬局におけるタバコ販売の実態調査 https://t.co/egbyGdLOOc
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
【レギュラトリーサイエンス学会誌 9(3)165-174,2019】 スイッチOTC医薬品の添付文書理解度調査に関するパイロットスタディ https://t.co/2MuIVGTrdl
オープンアクセスに 日本保険薬局協会の会員薬局2,667薬局で実施 各薬局における変更不可処方せんの割合の平均値は10.22%だが5%以下の薬局が46.38%で、ばらつきは大きい 【レギュラトリーサイエンス学会誌 9(3)141-150,2019】 後発医薬品への変更不可に関する薬局実態調査 https://t.co/sa6zUTZTUG
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study https://t.co/UKxYQXH4gU
今月からフリーで読めるようになりました 【ファルマシア 2019 年 55 巻 6 号 p. 545-548】 薬剤師っていらなくない? 「アンサングシンデレラ〜病院薬剤師 葵みどり」医療原案担当から https://t.co/1iT8YkWIuW https://t.co/lh7st6QOY8
今月からフリーで読めるようになりました 【ファルマシア 2019 年 55 巻 6 号 p. 545-548】 薬剤師っていらなくない? 「アンサングシンデレラ〜病院薬剤師 葵みどり」医療原案担当から https://t.co/1iT8YkWIuW https://t.co/lh7st6QOY8
もちろん,廣瀬先生たちの論文にも目を通されることを強くお勧めしております。 https://t.co/9t5Ug26nJv
面白そうな論文があった。まだ読んでないけど。1997年なんだなあ。 "行動経済学と選択理論(<特集>選択行動研究の現在)" https://t.co/ymzt9ofDq3
J-STAGE Articles - 感染管理の視点に基づく注射剤調製 https://t.co/fpclZDkmgG

フォロワー(348ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
J-STAGE Articles - 感染管理の視点に基づく注射剤調製 https://t.co/fpclZDkmgG