kuriedits (@kuriedits)

投稿一覧(最新100件)

@ph_lelouch 『小児感冒に対する抗生物質使用の価値』なんて1959年の論文ですからね(笑)!そのころから、感冒に対する抗菌薬の是非はあったわけで、エモすぎます。とても丁寧に検討されているとは思います。 https://t.co/J1J4ic2UOa
ネオシーダーですね。懐かしい・・・。 日本禁煙学会から製造販売中止の要請が出されたことがありました(2014年) https://t.co/ee1qtIGgdV ネオシーダーのニコチン含有状況から見た医薬品としての妥当性の検討… https://t.co/0fkm8LySP0
【医療関係者向け参考情報】 ‘I can't be an addict. I am.’ Over-the-counter medicine abuse: a qualitative study… https://t.co/tJL50hHDdu
@Fizz_DI 市販薬はむかーしの研究に基づいて承認されてる印象なので、この年代(1989)あたりの研究がヒントになるかもです。b6はしりません(^O^;) https://t.co/LmTEwghEdv
吃逆(しゃっくり)に効果があるかもしれない、市販薬ならではの薬「柿蒂湯」。病院では処方されません。難治性吃逆に対して一応効果があるという報告があります。私も過去に販売したことがあります。ただ、反応はイマイチ・・・。煎じ薬はよく効く… https://t.co/iFHBYZGbb8
良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステ… https://t.co/kWGBNjzoaJ
爪白癬に対する旧来の抗真菌外用剤の効果についてシェアします。クレナフィンとルコナックが登場するまでは爪白癬は経口薬一択だと思ってましたが、経口薬が使えない患者さんもいたわけですから当然の試みですね。患者による自己流治療は厳禁です。 https://t.co/yKZyzqCoFw
市販薬依存に関する大変有意義な研究があったのでシェアします。めちゃくちゃ貴重です。平さんの論文(@hayamichou)も引用されてました。 一般用医薬品の乱用による副作用の実態と患者背景との関連性に関する研究 https://t.co/kO4BLyzz6R
ちなみに、交差感作の可能性はあるものの、パッチテストにおいてプロピレングリコール陰性、ブチレングリコール陽性の報告があるので、溶剤で薬剤変更するのは選択肢の一つになります。添加物は時々大事。リアップで溶剤変えたらカブレなくなったと… https://t.co/RUHHSAx4VO
@ken_instaph そのようなデータは見つけられてませんが、PG(-)BG(+)の報告がありますので、交差感作の可能性を考えつつも、リアップがダメだった方には試してみてもよいと思います。https://t.co/KMiWpJ6hEo
RT @kuriedits: ”培養ウサギ角膜上皮細胞を用いた細胞毒性の比較検討では,亜塩素酸ナトリウムはベンザルコニウム塩化物と比較して細胞毒性が低いことが示されている” ”点眼後の眼表面において亜塩素酸ナトリウムは Na+イオン,Cl-イオン,酸素,水に分解されるとの報告も…
”培養ウサギ角膜上皮細胞を用いた細胞毒性の比較検討では,亜塩素酸ナトリウムはベンザルコニウム塩化物と比較して細胞毒性が低いことが示されている” ”点眼後の眼表面において亜塩素酸ナトリウムは Na+イオン,Cl-イオン,酸素,水に分… https://t.co/u9hYl2WkaR
市販薬ではチョコラBBが50mg/dです。 “その結果,ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた./”J-STAGE Articles - レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6… https://t.co/o43axXf1lb
RT @kojima_aponet: 症例報告 【日本臨床救急医学会雑誌】 一般用医薬品の竜胆瀉肝湯による劇症肝炎が疑われた1例 https://t.co/WwPh3yYhhG
RT @kojima_aponet: おなじみ永井恒司先生の主張 これからの日本の薬剤師は,完全分業のもとでの真の「かかりつけの薬剤師」―OTC によるセルフメディケーションのキーパーソン 【薬剤学 Vol. 73, No. 3 (2013)】 目指すは国際標準の医薬完全分…
RT @kojima_aponet: 日本OTC医薬品協会顧問の西沢元仁氏の投稿 制度部会では、こういう議論も必要だったのではないか 【薬剤学Vol. 73, No. 6 (2013)】 セルフメディケーションから医薬分業を考える https://t.co/MaiGm2awbc
使用者は好んでカフェイン摂取してるわけではないということです。24時間営業、ネット社会、ネット通販社会になり、昼夜逆転生活者は増えているのかもしれません。実際、深夜労働者が増えているとの統計もあります。”カフェイン危ない”の掛声だ… https://t.co/eFj0ySXkcn

47 0 0 0 OA 5.CONSORT声明

RT @NakayamaYujiro: 日本語で読める、医学論文を読む(書く)人は必ず知っておいたほうが良いもの: CONSORT声明→RCTの書き方https://t.co/myOW3rHGgV STROBE宣言→観察研究の書き方 https://t.co/oJ8mJUcte…
RT @syuichiao89: こういうの注意。 J-STAGE Articles - ニコチンガムの不適切な使用により生じたと考えられた口腔粘膜潰瘍の1例 https://t.co/3CvgQ6jl6E
RT @yakkyoku1950: ところで、日本人女性の水分摂取量はどのくらいでしょうか コレといったものが見つけられませんでしたが 看護系女子学生の調査によれば 1日1.5±0.4Lくらいとのこと おおよそ半分くらいは<1.5L/日なんでしょうね https://t.co/…
RT @kojima_aponet: やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Patient…
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
ありがとうございますっっ<(_ _)>。全く初耳でした。原理としては神経ブロックに近いようですね(レセ通るのかしら…)。https://t.co/2j9NMivcsc 調べたらカプサイシン軟膏を使うという手もありました。脱分極から… https://t.co/kyKKtTeRzQ
RT 治療は薬剤の中止でほぼ改善するが, ときに短期間のステロイド剤投与が必要。これらの措置によりほぼ全例が完治すると考えられているとあるけど96年(H8年)時点の情報だし、その後もフツーに死亡例あるからそこは要考慮。 https://t.co/EyK3tvnAgY
小柴胡湯による間質性肺炎の特長 ①50~70歳の免疫力が低下したと思われる高齢者に多い②投与1~5ヵ 月後に発症しやすい③最初の症状は発熱・乾性咳漱・息切れ https://t.co/EyK3tvnAgY
RT @kudo_ganka: 先日、VRで疲れるのはなぜか?と問われたので、少し文献検索しました。 分かりやすいのを選んでみましたが参考までにご覧ください。 https://t.co/bj55cPa5az
RT @kojima_aponet: 【耳鼻咽喉科免疫アレルギー】 アレルギー性鼻炎の鼻閉に対するpseudoephedrineの有効性 https://t.co/BeULTKJxCo https://t.co/p4kf3XJALr
RT @kojima_aponet: 【耳鼻咽喉科免疫アレルギー】 アレルギー性鼻炎の鼻閉に対するpseudoephedrineの有効性 https://t.co/BeULTKJxCo https://t.co/p4kf3XJALr
RT @kojima_aponet: 【日本環境感染学会誌】 ウイルス不活化効果を標榜する二酸化塩素ガス放散製剤の実用性の有無の検証―冬季室内相当の温湿度での空中浮遊インフルエンザウイルスの不活化について― https://t.co/PMo6S5VuUZ https://t.c…
RT @hayamichou: 今日は、ブロマワレリル尿素を含む解熱鎮痛薬によるブロム中毒の学習 市販鎮痛薬の長期服用により偽性高クロール血症を認めた1例 https://t.co/W9rAdRxMH4 市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例 https://t.…
RT @mircea_morning: 皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/yXgVJbH8Bu 天皇の論文これかー! 共著者の最後の人苗字ないー!
RT @kojima_aponet: 【薬学雑誌】 一般用医薬品とセルフメディケーションに関する薬学教育の特徴と課題 https://t.co/Yt3CljuHn6 https://t.co/YahrPz4RD7
RT @kojima_aponet: 【薬学雑誌】 一般用医薬品とセルフメディケーションに関する薬学教育の特徴と課題 https://t.co/Yt3CljuHn6 https://t.co/YahrPz4RD7
RT @kojima_aponet: スイッチ OTC 薬を理解する上では,「生活者が自己認識でき,管理可能な症状」「短期の使用」の 2 次元の枠組みでは足りず,「生活者の症状や薬物への理解・認識」という軸を加えた 3 次元での位置づけを考慮することが適切 【薬学雑誌】 htt…
RT @kojima_aponet: 【薬学雑誌】 製薬業界からの要指導医薬品・一般用医薬品についての薬学教育への期待と課題 https://t.co/e34LXhxZhN https://t.co/q7u7wDYypw
RT @kojima_aponet: 【薬学雑誌】 製薬業界からの要指導医薬品・一般用医薬品についての薬学教育への期待と課題 https://t.co/e34LXhxZhN https://t.co/q7u7wDYypw
RT @kojima_aponet: 日本はこれが難しいな 当該 OTC医薬品を使用する生活者の認識,いわばヘルス・リテラシーを考慮に入れることで,新たな判断軸が形成されるに至ったと考えることができる(英国の話) 【薬学雑誌】 https://t.co/q7u7wDYypw
RT @kojima_aponet: 慶応大(共立薬大)の社会薬学研究室の取組を紹介 福島先生はもう退職されていたんだ 【薬学雑誌】 社会薬学の成果と期待 https://t.co/TISDjtTFlV https://t.co/Zgea6LSvhs
RT @kojima_aponet: 慶応大(共立薬大)の社会薬学研究室の取組を紹介 福島先生はもう退職されていたんだ 【薬学雑誌】 社会薬学の成果と期待 https://t.co/TISDjtTFlV https://t.co/Zgea6LSvhs
RT @kojima_aponet: こちらも東京薬大の取組を紹介 在学中はこういった講座はなかったからな 宮本先生もか 【薬学雑誌】 国民に対するくすり教育の法的変遷とその重要性 https://t.co/43DBCRgAUo https://t.co/XYLb5o06KW
RT @kojima_aponet: こちらも東京薬大の取組を紹介 在学中はこういった講座はなかったからな 宮本先生もか 【薬学雑誌】 国民に対するくすり教育の法的変遷とその重要性 https://t.co/43DBCRgAUo https://t.co/XYLb5o06KW
RT @hayamichou: 医療用医薬品と一般医薬品の併用による問題点 https://t.co/6ds1BeqZUT 受診した患者の約半数が市販薬を処方薬以外に購入。50歳以上の患者で併用している点が注目される、と
ちなみにこんなのも。ツムラは証をこう研究するんだ。なるほどね。おもしろいなあ。https://t.co/XCUoo9ZmdS RT
RT @kojima_aponet: ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://…
RT @kojima_aponet: ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://…
JCEJの赤倉さんの論考「データジャーナリズム概論 ニュースを変革する新たな報道手法 」https://t.co/Qy9uXIYUN5

お気に入り一覧(最新100件)

【国立国会図書館・レファレンス】 https://t.co/lJS3uv4pgd 薬局薬剤師に求められる役割の変遷と現在の議論 (No.820(2019年5月)) https://t.co/sFTpoVYEyG
医薬分業開始の歴史がわかる。これは背景知識として知っておきたい https://t.co/cW9ZYBrdwI
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「199… https://t.co/dMxqw6wsSB
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「199… https://t.co/dMxqw6wsSB
フェキソフェナジン、ロラタジンは日米ともにパイロットの内服直後の飛行が認められているが、管轄する組織により細部基準が異なる。 【航空医学実験隊報告】 パイロットの花粉症治療における規制 https://t.co/y7JzDGTwzu
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Pa… https://t.co/75LjSAso13
J-stage は調べるといろいろあるな 【膵臓 2017】 我が国で処方可能な各種消化酵素製剤の特長とそれに応じた製剤の使い分け https://t.co/ZkSb3OWXVU
せっかく調べたしツイートしとこ。 ロキソプロフェンは海外でのシェアが低くてほとんど報告が見当たらない 2011年のこの報告ぐらい。 ロキソプロフェン60錠 https://t.co/RZkZYhUf4c
点鼻用血管収縮剤の長期使用(2ヶ月~7年6ヶ月)で生じた薬剤性鼻閉を、当該薬剤の中止とステロイド点鼻薬で治療した報告。 問診時に「血管収縮剤を使用している」と自己申告した患者は3分の1しか居ない。 アレルギー.62(12):1… https://t.co/IaFXnf0ct9
「EBM」Evidence based medicineが日本に来たのが1990年代で、その前の医療は「GOBSAT」という呼ばれ方。Good old boys sitting around the tableだって。これはこれで… https://t.co/xKkBEMpOtZ
自分も薬を慢性的に使用していてその状態を脱することがなかなかできなかったのだけれどもけっこう問題になってるお話。/「点鼻用血管収縮薬による薬剤性鼻閉 33 例の検討」 https://t.co/L8ueV2NDPf
咽頭の診察所見(インフルエンザ濾胞)の意味と価値の考察(日大医誌 2013;72:11-8) インフルエンザ疑いの患者を診察する時は必ず喉を見ましょう。感度特異度は非常に高いです https://t.co/GGNuTp5aXd https://t.co/vvkD5JdBQM
亀田総合病院の報告 ロキソプロフェンテープの後発品採用で実践 【医薬品情報学】 臨床的有用性を考慮した局所皮膚適用製剤(貼付剤)の 後発医薬品評価 https://t.co/2daApXLhRn
先日、VRで疲れるのはなぜか?と問われたので、少し文献検索しました。 分かりやすいのを選んでみましたが参考までにご覧ください。 https://t.co/bj55cPa5az
防風通聖散を始めとするオウゴン配合方剤と葛根湯は今後の販売等に適切な改善を期待したい。 【日本東洋医学雑誌】 厚生労働省副作用情報に基づく一般用漢方製剤の副作用の件数と内容の調査 https://t.co/UQO5iF7w7Y
ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://t.co/mTlQ8wJhwy
ネットでカフェイン含有OTCが大量に購入できないように規制しないと次の事例も出てくるぞ。 【日本臨床救急医学会雑誌】 眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例 https://t.co/IDkGaM4pfz https://t.co/mTlQ8wJhwy
事実関係にいくつか間違いがある。 JST(科学技術振興機構)の雑誌なのに。 / ゴーストライター,そしてゴーストオーサー http://t.co/RHZZ6JNwGC

フォロー(477ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_aponet: 日本の頻回配送の現状は,医薬分業が不完全で卸の取引先の多さが原因 医療機関及び保険薬局における余剰の配送回数を極力減少させる努力をしていく必要がある 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関する…
論点が広範囲ですが 根本的な問題として市民の自己判断によって向精神薬の備蓄が行われている可能性が示唆された 【日本医療経営学会誌】 向精神薬を服用している市民を対象とした災害時用の医薬品備蓄に関する意識調査 https://t.co/CPfGGekdsd
日本の頻回配送の現状は,医薬分業が不完全で卸の取引先の多さが原因 医療機関及び保険薬局における余剰の配送回数を極力減少させる努力をしていく必要がある 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直… https://t.co/qXdCLn5muI
@_vol_de_nuit ご参考になるか分かりませんが、僕たちの取り組みはいくつか文献化されています。フリーでアクセスできるものとして、https://t.co/i8xmvRAsTI やhttps://t.co/fCdp960yC4 があります。
岐阜大木島先生が #VR学会 論文賞を取られた総説論文『仮想空間における視力』 https://t.co/4tUsFt4xU8 これは必読

フォロワー(2307ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_aponet: 日本の頻回配送の現状は,医薬分業が不完全で卸の取引先の多さが原因 医療機関及び保険薬局における余剰の配送回数を極力減少させる努力をしていく必要がある 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関する…
論点が広範囲ですが 根本的な問題として市民の自己判断によって向精神薬の備蓄が行われている可能性が示唆された 【日本医療経営学会誌】 向精神薬を服用している市民を対象とした災害時用の医薬品備蓄に関する意識調査 https://t.co/CPfGGekdsd
日本の頻回配送の現状は,医薬分業が不完全で卸の取引先の多さが原因 医療機関及び保険薬局における余剰の配送回数を極力減少させる努力をしていく必要がある 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直… https://t.co/qXdCLn5muI
@_vol_de_nuit ご参考になるか分かりませんが、僕たちの取り組みはいくつか文献化されています。フリーでアクセスできるものとして、https://t.co/i8xmvRAsTI やhttps://t.co/fCdp960yC4 があります。
RT @Naga_Kyoto: 三橋 浩志「「地理系社会人」による地理学界支援機能のあり方―公務員有志による活動を事例として―」 https://t.co/fxxj38SgTO >地理系社会人がまとまりなく分散して活躍しているため,「隠れ地理シタン」として社会から見えにくい状況…
@hiyo_unnatural とりあえず、この人恨むわ…() https://t.co/flWGTSDAlu https://t.co/FGO4k72yx8
RT @ent_univ_: 2群に分けるなら、片方は紅茶エキスで、片方は水道水でうがいさせたらよかったのでは? 紅茶エキスでうがいしてた人はうがいしてなかった人よりもインフルエンザ感染が少なかったって当たり前でしょ!https://t.co/Hez4ptJDYt
@ruruuuuwn https://t.co/l6TbAEoxHC ミダゾラムのAUC変動データで補完しようとすると、大野先生のデータと合わせるとRFPと同等かそれ以上に誘導してそうですね。 やはり自分ならエドキサバンか、ワーファリンの管理も確認してみると思います。
RT @kikuo1005: 面白そうな論文見っけ☺ CiNii 論文 -  <論考> チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 (経済学部特集号:細川大輔教授退職記念号) https://t.co/TFFGJgcIyb #CiNii
面白そうな論文見っけ☺ CiNii 論文 -  <論考> チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 (経済学部特集号:細川大輔教授退職記念号) https://t.co/TFFGJgcIyb #CiNii
【お勉強】 Scrだけでも全ての処方箋に記載して欲しいと思った。 J-STAGE Articles - 院外処方せんに表示した臨床検査値に関する疑義照会内容の解析 https://t.co/aIYZz9YhTa