Katsumi (@planet__blue)

投稿一覧(最新100件)

約1500年前に起きたとされる雁ノ穴の割れ目噴火も、こんな光景だったのかもしれませんね
@yyousuke1109 @okoshikumi 私も調べてみましたが、Ryuichi Kawamura and Takuya Ogasawara(2006)によると、台風の対流熱源がトリガーとなってロスビー波(PJパターン)を励起するようです。https://t.co/01WaQ2XKwh
RT @JMSJ_metsoc: 東京に接近する台風数5割増 気象研が解析:日本経済新聞 https://t.co/8qgBB7gX8Z Yamaguchi, M., and S. Maeda, 2020: Increase in the number of tropica…
もしかしたら多重渦の竜巻(multiple-vortex tornado)かもしれません。このタイプの竜巻は室内実験でも再現されており、竜巻に見られる形態の中でも強いものに多く恐れられています。https://t.co/nOwBrxhSDY https://t.co/7xOaUJv8zn
今更かもしれませんが、2015年以前の気象学会の予稿集を以外URLから見る事ができるのですね。https://t.co/YDgJUeyGJ8
噴煙柱の高さHは熱エネルギー放出率Qの1/4乗に比例し、定常状態の噴煙の場合はH=8.2Q^1/4の関係が成り立つらしい。タール火山の噴煙柱の高さは約17kmとの事なので熱エネルギー放出率は1.8^13W。これは広島型原爆の1/3ものエネルギーを毎秒放出しているのに等しいので火山は凄いhttps://t.co/Zmmo1mMKXl https://t.co/tDmlc2Z5gn
RT @rivhiro: 台風9号の動きを延長。フォロアーの専門家に教えてもらったトロコイダル運動が、さらによく見える。 @itokosk @TSUJINO_SATOKI @micchi1205 台風8019の眼のトロコイダル運動(論文) https://t.co/Nax0e…
6月21日にフランスのパリで撮影された夜光雲の写真です。夜光雲は高度約85kmの非常に低温な高層大気中で形成され、凝結核としては流星起源のエアロゾル粒子や硫黄成分のエアロゾルなどが考えられています。大気重力波による縞状(波状)構造が見られ、不気味ながら美しい。https://t.co/3e7a595WEo https://t.co/1Ess0Vz8zw
RT @ShoMinobe: 以前桜の開花日と大気循環の関係を,とある先生の退職の大学の紀要の特別号に書いたことがあります.開花と北極振動が関係するという結果でした.興味のある方はこちらで全文読めます. https://t.co/zx6HonOvjE
@volcano_tan @L0k1_p0y0 3ページ目に純粋横ずれ断層でも上下変位が表れ、隆起と沈降が対で断層の端に表れ、極性は両端で互いに反対になるとの記述があります。参考にして頂ければ幸いです。https://t.co/6e9a54rX62
そして、火山の本を読み漁っていた小学生の時にクラカタウ火山のことを知ったのだけど、1883年の噴火で爆発音が約4800km離れたインド洋のロドリゲス諸島まで聞こえたことを知ったときは、この火山まじでキチガイだと思ったし震えました。https://t.co/PAIpybGMGO
@storm_tan RTありがとうございます!私もまだまだ勉強不足なのですが、参考になりそうな論文を紹介しときます→http://t.co/H5qU7UVf7C

お気に入り一覧(最新100件)

Sola new paper: Kanada et al., Future Changes of a Slow-Moving Intense Typhoon with Global Warming: A Case Study Using a Regional 1-km-mesh Atmosphere–Ocean Coupled Model, SOLA, 2021, VOL.17A, 14-20, doi: 10.2151/sola.17A-003, https://t.co/267lX0mcQH https://t.co/PPJNPUdPy6
Sola new paper: Kawase et al., Enhancement of Extremely Heavy Precipitation Induced by Typhoon Hagibis (2019) due to Historical Warming, SOLA, 2021, VOL.17A, 7-13, doi:10.2151/sola.17A-002, https://t.co/df3KeXExiV https://t.co/CzS5rDei6z
令和2年7月豪雨で九州に記録的大雨をもたらした線状降水帯の要因についての論文が本公開になりました. Araki et al. 2021: Characteristics of Atmospheric Environments of Quasi-Stationary Convective Bands in Kyushu, Japan during the July 2020 Heavy Rainfall Event. https://t.co/KsZG0v1g8P https://t.co/OZW0fYsWOe
New Graphical Abstract is now available online! https://t.co/sAnoJ42KPw Li, T.-H., and Y. Wang, 2021: The role of boundary layer dynamics in tropical cyclone intensification. Part II: Sensitivity to initial vortex structure. J. Meteor. Soc. Japan, 99, https://t.co/eCO5eNPJkC https://t.co/1EdUJ4v4tv
北畠先生の良い解説。この方面に興味がある方は、中村先生・高薮先生の解説と合わせて読まれることをお勧めします。中村・高薮, 1997, Shapiroの新しい前線・低気圧モデル、天気. https://t.co/Ws5UQeT4k8 https://t.co/GI3E6HgMt7
私も共著者に加わった論文が出ました。昨年の台風19号の東北の大雨には親潮域の暖水渦が関わっていました。 Iizuka et al: Influence of Warm SST in the Oyashio Region on Rainfall Distribution of Typhoon Hagibis (2019) https://t.co/NvjanhZmvf
令和2年7月豪雨における九州の記録的大雨の要因について報道発表しました. 気象庁気象研究所「令和2年7月豪雨における九州の記録的大雨の要因を調査 ~小低気圧による極めて多量の水蒸気流入で球磨川流域の線状降水帯が発生~」:https://t.co/7b4yOaWPNx 論文:https://t.co/KsZG0v1g8P https://t.co/uNmYDzw1bq
令和2年7月豪雨論文の概要を解説した動画を公開しました.ご覧ください⛈ https://t.co/JXrqXabQRs Araki et al., Characteristics of atmospheric environments of quasi-stationary convective bands in Kyushu, Japan during the July 2020 heavy rainfall event. SOLA. https://t.co/KsZG0v1g8P https://t.co/ofh0tKBiKP
令和2年7月豪雨の論文を書きました.豪雨時に発生した線状降水帯9事例の多くで梅雨前線上のメソ低気圧が大気下層の水蒸気流入を強化し,短時間の大雨を多発させていたことがわかりました.線状降水帯の高精度予測にメソ低気圧の監視・予測が有効である可能性を示唆しています.https://t.co/KsZG0v1g8P https://t.co/458TQHC8VE
New article just published online! https://t.co/nh7b7dvcQa Harada, Y., H. Endo, and K. Takemura, 2020: Characteristics of large-scale atmospheric fields during heavy rainfall events in western Japan: Comparison with an extreme event in early July 2018. JMSJ, 98, 1207-1229. https://t.co/MGhTHSjz7J
New article has been just published online! https://t.co/CBJnaJBEa1 Kawai, H., and S. Shige, 2020: Marine low clouds and their parameterization in climate models. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 1097-1127. https://t.co/KgaGHrsjYC
New Graphical Abstract now available online! https://t.co/3dXT7rB6XT Takemura, K., T. Enomoto, and H. Mukougawa, 2021: Predictability of enhanced monsoon trough related to the meandered Asian jet and consequent Rossby wave breaking in late August 2016. https://t.co/14M1rC7BaH. https://t.co/IQfqp6asPW
元研究室の先輩が書かれたサブメソ渦に関するレビュー記事を読んだ。同分野のレビューで有名なMcWilliams (2016) よりも実際的で、観測寄りに書かれているのが有難い。南極海での今後の展開に妄想が膨らみます…
ありそうでなかった論文。台風の強度予報(発表予報)の相互比較(気象庁、中国気象局、JTWC)。1年あたり1-2 %(進路予報と比べると半分程度)で予報精度が改善していますね。https://t.co/u8OwlgsXQW
今回のオンライン発表で(他発表者のコメント欄から)教えてもらった文献 2: 台風ー寒冷渦相互作用による日本海での低気圧発達(潜熱解放による渦度移流の促進) https://t.co/wFPuOXm0mh
ブラタモリ伊豆大島の参考文献2つあげとく。テフラとレスからみたカルデラ形成以降の伊豆大島火山の噴火史(口絵写真解説)https://t.co/5GMK0J8iOy 伊豆大島火山カルデラ形成以降の噴火史 https://t.co/mImZ9YlkM0
ブラタモリ伊豆大島の参考文献2つあげとく。テフラとレスからみたカルデラ形成以降の伊豆大島火山の噴火史(口絵写真解説)https://t.co/5GMK0J8iOy 伊豆大島火山カルデラ形成以降の噴火史 https://t.co/mImZ9YlkM0
東工大の丸山先生と理化学研究所の戎崎先生というと、地球温暖化懐疑論では悩ましいところがありますが、本業の地球史では最近も素晴らしい研究成果を発表しています。生命誕生についての「自然原子炉間欠泉モデル」はとても魅力的。 https://t.co/z6NPWnbaTe
Ito and Ichikawa (2021, SOLA)速報版。昨年の東日本台風の南では海面水温が高かったのですが、大雨や強度・サイズだけでなく、台風の移動速度にも影響したのでは?という研究。偏西風帯への接近により、台風の北側に上空発散場が偏在し、気圧が低下する効果が強いからか。 https://t.co/fDHVu5DVWX
A new graphical abstract! https://t.co/zEBsMaQuLM Iwakiri, T., and M. Watanabe, 2020: Multiyear La Niña impact on summer temperature over Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/vuLvbJW6OX https://t.co/orr3xJkI2X
ラニーニャと日本の夏の天候について再検証したIwakiri and Watanabe (2020) https://t.co/c8czr7eiSF によると、ラニーニャが発達し出した年の秋には全国的に高温、さらにラニーニャが翌年まで持続した場合には、北日本で猛暑になることが、観測およびモデル実験から確認されました。
Just published! Tsuji, H., C. Yokoyama, and Y. N. Takayabu, 2020: Contrasting features of the July 2018 heavy rainfall event and the 2017 Northern Kyushu rainfall event in Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 859-876. https://t.co/L6Pa3rXlyn https://t.co/6C3fO14x3u https://t.co/vaS8LFMX7I
Just published! Kawano, T., and R. Kawamura, 2020: Genesis and maintenance processes of a quasi-stationary convective band that produced record-breaking precipitation in northern Kyushu, Japan on 5 July 2017. JMSJ, 98, 673-690. https://t.co/8nxGMbEmLB https://t.co/Xv4IUA2ldH https://t.co/uI2eHHMQF6
台風、過去40年で変化 多く、強く、遅くなった… 気象庁が分析(毎日新聞) #Yahooニュース https://t.co/JFrS9E6xVV Yamaguchi, M., and S. Maeda, 2020: Increase in the number of tropical cyclones approaching Tokyo since 1980. J. Meteor. Soc. Japan https://t.co/xNcbSnQsU6.
東京など太平洋側に接近する台風、過去40年で増加傾向|TBS NEWS https://t.co/3MB8Rqn34A JMSJ掲載論文の結果です。 Yamaguchi, M., and S. Maeda, 2020: Increase in the number of tropical cyclones approaching Tokyo since 1980. https://t.co/xNcbSnQsU6. https://t.co/B9EADAPpVl
J. Meteor. Soc. Japan 掲載論文のプレスリリース: 過去40年で太平洋側に接近する台風が増えている 気象研究所 2020年8月25日 https://t.co/1bAGka1Uxf Yamaguchi and Maeda, 2020: Increase in the number of tropical cyclones approaching Tokyo since 1980. https://t.co/J8N3AUyYKg
A new graphical abstract! https://t.co/OPCbLp40ON Takemura, K., and H. Mukougawa, 2020: Maintenance mechanism of Rossby wave breaking and Pacific-Japan pattern in boreal summer. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/BEK8qTku3I. https://t.co/R2T8ysJvcU
【論文メモ】地球史を通じた大陸の成長パターンとその変遷 https://t.co/KGOOSof5ul
Just published! Naoi, M., Y. Kamae, H. Ueda, and W. Mei, 2020: Impacts of seasonal transitions of ENSO on atmospheric river activity over East Asia. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 655-668. https://t.co/Jx1L9q10iC https://t.co/wi9R7nS00c https://t.co/Yhx61e4Rtb
多分これの点線部分の話(回転しながら浮き上がった)だと思うんですが、てっきり、浮き上がりつつも侵食されたので、今と姿は対して変わらないのかと勝手に思ってたら・・・? https://t.co/0cbPm7Bphd https://t.co/8vzsUhOK9V https://t.co/04l8nAX9Wd
A new graphical abstract: https://t.co/cG5CX8smo6 Tsuji, H., C. Yokoyama, and Y. N. Takayabu, 2020: Contrasting features of the July 2018 heavy rainfall event and the 2017 Northern Kyushu rainfall event in Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/L6Pa3rXlyn. https://t.co/Bccta10JdY
A new graphical abstract: https://t.co/fwOAbXSD0P Song, H.-J., S. Kim, S. Roh, and H. Lee, 2020: Difference between Cloud Top Height and Storm Height for heavy rainfall using TRMM measurements. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/KY4rfgRhOe. https://t.co/aLe7ZELozn
札幌管区気象台によるオホーツク海高気圧の発生要因。 左が夏、右が春の終わり(5月頃)。 https://t.co/j1yIreDJMm 元論文 https://t.co/7axp87dttd 夏は北極海方面のブロッキング高気圧による寒気移流の持続、春は直上の偏西風波動が重要で、 まだ春だけど、今回のは両者合わせ技に見えるなぁ。 https://t.co/Vgwlp9xwv2
New Graphical Abstract! https://t.co/wyQCycuzWk Kawano, T., and R. Kawamura, 2020: Genesis and maintenance processes of a quasi-stationary convective band that produced record-breaking precipitation in northern Kyushu, Japan on 5 July 2017. JMSJ, 98, https://t.co/8nxGMbEmLB. https://t.co/YnhefuWSku
Just published! Jayalakshmi et al., 2020: Raindrop size distribution characteristics of Indian and Pacific Ocean tropical cyclones observed at India and Taiwan sites. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 299-317. https://t.co/oaE5jksWNf https://t.co/CrAZHMfoXP https://t.co/yI1b8pk5vS
Just published! Miyamoto, Y., S. Nishizawa, and H. Tomita, 2020: Impacts of number of cloud condensation nuclei on two-dimensional moist Rayleigh convection. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 437-453. https://t.co/7A4bi3y0ra https://t.co/0sTwdMLL1N https://t.co/MmY1an8aiA
Just published! Tomita, T., and T. Yamaura, 2020: Interannual variability of Baiu frontal activity in May and its connectivity with June. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 329-351. https://t.co/mRp7O8WIG0 https://t.co/w1cC5sTaVB https://t.co/8t9KdK9UVp
Just published! Geng, B., M. Katsumata, and K. Taniguchi, 2020: Modulation of the diurnal cycle of precipitation near the southwestern coast of Sumatra by mixed Rossby-gravity waves. JMSJ, 98, 463-480. https://t.co/fVOkKNCu20 https://t.co/iRtEMyVb7J https://t.co/MoImO8ao9v
Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific stratified by large-scale flow patterns. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 61-72. https://t.co/owNL9caeCN https://t.co/k1ryYLNVz2 https://t.co/GGd0CYkBlI
Just published! Ito, K., C.-C. Wu, K. T. F. Chan, R. Toumi, and C. Davis, 2020: Recent progress in the fundamental understanding of tropical cyclone motion. J. Meteor. Soc. Japan, 98, 5-17. https://t.co/g7OKDKSd2S https://t.co/zJwH8bHMeQ https://t.co/rFrguHTAqW
SOLA New paper: Sugimoto, S., Heavy Precipitation over Southwestern Japan during the Baiu Season due to Abundant Moisture Transport from Synoptic-Scale Atmospheric Conditions, SOLA, 2020, VOL.16, 17-22, doi:10.2151/sola.2020-004, https://t.co/mBJOp2NYHJ https://t.co/b9sqInVPJN
Kamae et al. 2017 https://t.co/yJvGWSkc8V が、過去1年間の引用回数で5位にランクインしました。 https://t.co/fcRDoRzeMc https://t.co/LvxiMXUcQD
The SOLA Award in 2019 is awarded to the following papers: Imada et al., The July 2018 high temperature event in Japan could not have happened without human-induced global warming, SOLA, 2019, VOL.15A, 8-12, doi:10.2151/sola.15A-002, https://t.co/0An9S7lHFr
SOLA New paper: Shiozaki and Enomoto, Comparison of the 2015/16 El Niño with the Two Previous Strongest Events, SOLA, 2020, VOL.16, 12-16, doi:10.2151/sola.2020-003, https://t.co/mxVsfgrJgj https://t.co/7HMsrzlePu
Graphical Abstract of new article! https://t.co/QS1BUenC6G Aono, K., T. Iwasaki, and T. Sasai, 2020: Wind-evaporation feedback effects in outer regions on tropical cyclone development. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/IL9FbjyqSv https://t.co/TNKqYLcWxU
Yokoyama, C., H. Tsuji, and Y. N. Takayabu, 2020: The effects of an upper-tropospheric trough on the heavy rainfall event in July 2018 over Japan. J.Meteor.Soc.Japan, 98, Special Edition on Extreme Rainfall Events in 2017 and 2018, https://t.co/dHc8YIDUQo https://t.co/ZkAeBGtRh9 https://t.co/hgSlFSJDYt
Takemura, K.,and H. Mukougawa, 2020: Dynamical relationship between quasi-stationary Rossby wave propagation along the Asian jet and Pacific-Japan pattern in boreal summer. J. Meteor. Soc. Japan, 98, https://t.co/fYSOutOrSP. https://t.co/cjPxlv1udU https://t.co/vOsv7Rjkh3
Yasunaga et al., An Increasing Trend in the Early-Winter Precipitation around Japan and Its Relationship with Enhanced Heating over the Tropical Eastern Indian Ocean, SOLA, 2019, VOL.15, 238-243, doi:10.2151/sola.2019-043, https://t.co/cfsXc0F4mA https://t.co/aS5jGEXXRE
Fudeyasu, H., R. Yoshida, M. Yamaguchi, H. Eito, C. Muroi, S. Nishimura, K. Bessho, Y. Oikawa, and N. Koide, 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific stratified by large-scale flow patterns. https://t.co/owNL9caeCN https://t.co/r4JP7aSyLE https://t.co/biBjVcpzYM
西日本豪雨 上空湿度は熱帯並み80% 水蒸気量から豪雨予測も - 毎日新聞 https://t.co/6syF8tAG0b 原著論文 Diagnosing Environmental Properties of the July 2018 Heavy Rainfall Event in Japan Tetsuya Takemi, Takashi Unuma https://t.co/BtsKEtjD5S https://t.co/xys8HnZp9j
台風9号の動きを延長。フォロアーの専門家に教えてもらったトロコイダル運動が、さらによく見える。 @itokosk @TSUJINO_SATOKI @micchi1205 台風8019の眼のトロコイダル運動(論文) https://t.co/Nax0ewMQsx https://t.co/gD5Jq0fFJT
SOLA New paper: Shimpo et al., Primary Factors behind the Heavy Rain Event of July 2018 and the Subsequent Heat Wave in Japan, SOLA, 2019, VOL.15A, 13-18, doi:10.2151/sola.15A-003, https://t.co/ZBa5FPIniO https://t.co/bTLT7ifNDu
大陸ガー!生命ガー!とかいう人が多くて、大陸地殻と大陸は違うっつう説得するためだけに大陸成長曲線戦国時代論文を全部読むみたいな事をなんでワシがやらなあかんの?と思っていたら、とても纏まった日本語の総説があって感動した!てるてる博士(@iwkrterter)ないす〜。 https://t.co/M3c09cBL54
JMSJ New paper: Yamazaki, A., M. Honda, and H. Kawase, 2019: Regional snowfall distributions in a Japan-Sea side area of Japan associated with jet variability and blocking. J. Meteor. Soc. Japan, 97, https://t.co/Yxa6uiKW5T https://t.co/F9FESyUvgd https://t.co/iPFgbUt00C
1990年2月20日の伊豆大島近海の地震Mw6.4は、横ずれ型だが津波が発生(大島町と南伊豆町で最大30cm)した。純粋横ずれでも、ずれの端で行き場を失った部分が隆起し、反対側はそれをうめる形で沈降して、海底に上下変位が生じる。 「横ずれ断層地震による津波の励起」 https://t.co/dugnu3EVAy
局地的大雨の雲解像数値シミュレーションについての共著論文,Early Online Release出てます→Saito, K., M. Kunii, and K. Araki, 2018: Cloud resolving simulation of a local heavy rainfall event on 26 August 2011 observed in TOMACS. J. Meteor. Soc. Japan, 96: https://t.co/BCS0boyJjU
Murazaki等の領域大気モデルの結果では、黒潮大蛇行による冷水域の広がりで気温が下降するにしろ同時に降水頻度を減らす効果がある。したがって南岸低気圧の進路に関する大蛇行の効果を除けば、雪が増えるだろうという結論はおいそれとは出せない。https://t.co/3sc1pz5McI https://t.co/wBfEICzzku
この引用先の論文は 大和 夏季日中における首都圏のヒートアイランド現象に海風が与える影響, 地学雑誌, 2011年 https://t.co/KyndDQD408

フォロー(817ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @toshiitoh: 網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
「日本の歴史学にマルクス主義が与えた影響について多面的に検討する英文論集(共著)を英米圏で刊行する企画」があるのか。https://t.co/JL2im1u3pk
網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
この北の芙蓉台にも二次爆発のテフラを見つけたことがあって論文に書いた。うろ覚えだったので論文みたらTPflではなくもっと古いTB1flowの層位(24万年前)だった。440ページ。https://t.co/Jys9bXIRJ3
RT @_____renji: 松原宏「経済地理学方法論の軌跡と展望」『経済地理学年報』59(4), 419-437, 2013 - https://t.co/y55yrFCX6s 経済地理学史について 主に50-60年代の経済地理学と地域構造論について書かれている 地域構造…
〈国立国会図書館〉2021年4月8日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載|https://t.co/6codPhAZn7《情報紹介:計量計測データバンク》
付近の角閃岩からは鉱物組合せ滑石+藍晶石が見出され、ウサガラン帯の高圧変成が示された。 Mori, K., Tsujimori, T., and Boniface, N. (2018) Finding of talc- and kyanite-bearing amphibolite from the Paleoproterozoic Usagaran Belt, Tanzania. JMPS, 113, 316–321. https://t.co/K30m4fFKy0 https://t.co/nCiVKG23dS

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
RT @twremcat: #厚生労働省 の出してくる「統計」がどれくらい無茶苦茶かは https://t.co/eTkX0OsB0m 「毎月勤労統計調査の諸問題」 参照
New Graphical Abstract of JMSJ now available online! https://t.co/5u6HyqMwLb Kikuchi, K., 2021: The Boreal summer intraseasonal oscillation: A review. J. Meteor. Soc. Japan, 99, https://t.co/kIbvSbp3c0. https://t.co/dSOr9NgnIc
RT @831245leg: アオキの花。 確かにクロバネキノコバエぽいのが多数きてた。 参考: アオキの花粉媒介様式 -訪花者排除実験と訪花昆虫の観察による推定- https://t.co/qFivpIHFnH https://t.co/2gOYULvPmb
RT @sakumad2003: 昨日食した白カビのサラミ。カツオブシなどと同様、水分を抜き熟成させる手法としてカビが用いられる。乾燥耐性の高いコウジカビやアオカビの仲間が使われるのだが、しくじるとカビ毒中毒を起こす危険もあるらしく、検索するといろんな論文が出てくる。とりあえず…
RT @SOLA_metsoc: Sola new paper: Shiogama et al., Selecting CMIP6-Based Future Climate Scenarios for Impact and Adaptation Studies, SOLA, 2…
Sola new paper: Shiogama et al., Selecting CMIP6-Based Future Climate Scenarios for Impact and Adaptation Studies, SOLA, 2021, VOL.17, 57-62, doi:10.2151/sola.2021-009, https://t.co/LfAw8Nfe3h https://t.co/WVvig76Tvi

フォロワー(1117ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @toshiitoh: 網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
「日本の歴史学にマルクス主義が与えた影響について多面的に検討する英文論集(共著)を英米圏で刊行する企画」があるのか。https://t.co/JL2im1u3pk
網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @_____renji: 松原宏「経済地理学方法論の軌跡と展望」『経済地理学年報』59(4), 419-437, 2013 - https://t.co/y55yrFCX6s 経済地理学史について 主に50-60年代の経済地理学と地域構造論について書かれている 地域構造…
〈国立国会図書館〉2021年4月8日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載|https://t.co/6codPhAZn7《情報紹介:計量計測データバンク》
付近の角閃岩からは鉱物組合せ滑石+藍晶石が見出され、ウサガラン帯の高圧変成が示された。 Mori, K., Tsujimori, T., and Boniface, N. (2018) Finding of talc- and kyanite-bearing amphibolite from the Paleoproterozoic Usagaran Belt, Tanzania. JMPS, 113, 316–321. https://t.co/K30m4fFKy0 https://t.co/nCiVKG23dS

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
RT @twremcat: #厚生労働省 の出してくる「統計」がどれくらい無茶苦茶かは https://t.co/eTkX0OsB0m 「毎月勤労統計調査の諸問題」 参照
New Graphical Abstract of JMSJ now available online! https://t.co/5u6HyqMwLb Kikuchi, K., 2021: The Boreal summer intraseasonal oscillation: A review. J. Meteor. Soc. Japan, 99, https://t.co/kIbvSbp3c0. https://t.co/dSOr9NgnIc
RT @831245leg: アオキの花。 確かにクロバネキノコバエぽいのが多数きてた。 参考: アオキの花粉媒介様式 -訪花者排除実験と訪花昆虫の観察による推定- https://t.co/qFivpIHFnH https://t.co/2gOYULvPmb
RT @sakumad2003: 昨日食した白カビのサラミ。カツオブシなどと同様、水分を抜き熟成させる手法としてカビが用いられる。乾燥耐性の高いコウジカビやアオカビの仲間が使われるのだが、しくじるとカビ毒中毒を起こす危険もあるらしく、検索するといろんな論文が出てくる。とりあえず…
RT @SOLA_metsoc: Sola new paper: Shiogama et al., Selecting CMIP6-Based Future Climate Scenarios for Impact and Adaptation Studies, SOLA, 2…