Katsumi (@planet__blue)

投稿一覧(最新100件)

噴煙柱の高さHは熱エネルギー放出率Qの1/4乗に比例し、定常状態の噴煙の場合はH=8.2Q^1/4の関係が成り立つらしい。タール火山の噴煙柱の高さは約17kmとの事なので熱エネルギー放出率は1.8^13W。これは広島型原爆の1/3… https://t.co/RFjs0i0JrL
RT @rivhiro: 台風9号の動きを延長。フォロアーの専門家に教えてもらったトロコイダル運動が、さらによく見える。 @itokosk @TSUJINO_SATOKI @micchi1205 台風8019の眼のトロコイダル運動(論文) https://t.co/Nax0e…
6月21日にフランスのパリで撮影された夜光雲の写真です。夜光雲は高度約85kmの非常に低温な高層大気中で形成され、凝結核としては流星起源のエアロゾル粒子や硫黄成分のエアロゾルなどが考えられています。大気重力波による縞状(波状)構造… https://t.co/Pqcd80SdTK
RT @ShoMinobe: 以前桜の開花日と大気循環の関係を,とある先生の退職の大学の紀要の特別号に書いたことがあります.開花と北極振動が関係するという結果でした.興味のある方はこちらで全文読めます. https://t.co/zx6HonOvjE
@volcano_tan @L0k1_p0y0 3ページ目に純粋横ずれ断層でも上下変位が表れ、隆起と沈降が対で断層の端に表れ、極性は両端で互いに反対になるとの記述があります。参考にして頂ければ幸いです。https://t.co/6e9a54rX62
そして、火山の本を読み漁っていた小学生の時にクラカタウ火山のことを知ったのだけど、1883年の噴火で爆発音が約4800km離れたインド洋のロドリゲス諸島まで聞こえたことを知ったときは、この火山まじでキチガイだと思ったし震えました。https://t.co/PAIpybGMGO
@storm_tan RTありがとうございます!私もまだまだ勉強不足なのですが、参考になりそうな論文を紹介しときます→http://t.co/H5qU7UVf7C

お気に入り一覧(最新100件)

Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific s… https://t.co/IK54Mjesix
Just published! Ito, K., C.-C. Wu, K. T. F. Chan, R. Toumi, and C. Davis, 2020: Recent progress in the fundamental… https://t.co/eM3VYsuBQg
Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds (Sugi SOLA) https://t.co/E3w0mPDT8r 熱帯低気圧の「種」を数えると… https://t.co/kSc4XeIMwN
SOLA New paper: Sugimoto, S., Heavy Precipitation over Southwestern Japan during the Baiu Season due to Abundant Mo… https://t.co/Ji86VtIWp5
The SOLA Award in 2019 is awarded to the following papers: Imada et al., The July 2018 high temperature event in Ja… https://t.co/obebkUsV14
SOLA New paper: Shiozaki and Enomoto, Comparison of the 2015/16 El Niño with the Two Previous Strongest Events, SOL… https://t.co/eW4CbElgbd
Fudeyasu, H., R. Yoshida, M. Yamaguchi, H. Eito, C. Muroi, S. Nishimura, K. Bessho, Y. Oikawa, and N. Koide, 2020:… https://t.co/L13aZk8LVf
西日本豪雨 上空湿度は熱帯並み80% 水蒸気量から豪雨予測も - 毎日新聞 https://t.co/6syF8tAG0b 原著論文 Diagnosing Environmental Properties of the July… https://t.co/eKPbHs8qwi
台風9号の動きを延長。フォロアーの専門家に教えてもらったトロコイダル運動が、さらによく見える。 @itokosk @TSUJINO_SATOKI @micchi1205 台風8019の眼のトロコイダル運動(論文)… https://t.co/tOAEX26Fc8
SOLA New paper: Shimpo et al., Primary Factors behind the Heavy Rain Event of July 2018 and the Subsequent Heat Wav… https://t.co/pMXKdy1yyo
大陸ガー!生命ガー!とかいう人が多くて、大陸地殻と大陸は違うっつう説得するためだけに大陸成長曲線戦国時代論文を全部読むみたいな事をなんでワシがやらなあかんの?と思っていたら、とても纏まった日本語の総説があって感動した!てるてる博士… https://t.co/xR0bHCngV0
JMSJ New paper: Yamazaki, A., M. Honda, and H. Kawase, 2019: Regional snowfall distributions in a Japan-Sea side a… https://t.co/PQPZuN4T0U
1990年2月20日の伊豆大島近海の地震Mw6.4は、横ずれ型だが津波が発生(大島町と南伊豆町で最大30cm)した。純粋横ずれでも、ずれの端で行き場を失った部分が隆起し、反対側はそれをうめる形で沈降して、海底に上下変位が生じる。… https://t.co/SnLFPtIdgD
局地的大雨の雲解像数値シミュレーションについての共著論文,Early Online Release出てます→Saito, K., M. Kunii, and K. Araki, 2018: Cloud resolving simu… https://t.co/e8pUXNAyMC

フォロー(738ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

Just published! Hohenegger, C., L. Kornblueh, D. Klocke, T. Becker, G. Cioni, J. F. Engels, U. Schulzweida, and B.… https://t.co/wuijPLqjsa
Just published! Fudeyasu et al., 2020: Development conditions for tropical storms over the western North Pacific s… https://t.co/IK54Mjesix
Just published! Luo, Y., R. Xia, and J. C. L. Chan, 2020: Characteristics, physical mechanisms, and prediction of… https://t.co/8GJ0thdnVe
Just published! Ito, K., C.-C. Wu, K. T. F. Chan, R. Toumi, and C. Davis, 2020: Recent progress in the fundamental… https://t.co/eM3VYsuBQg
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
New Graphical Abstract! https://t.co/8erFr2waAr Dueben, P. D., N. Wedi, S. Saarinen, and C. Zeman, 2020: Global si… https://t.co/1wP9vmceb6
New Graphical Abstract! https://t.co/YChFt8jhAZ Radhakrishna et al.,2020: Regional differences in raindrop size dis… https://t.co/mNJFqPAmgY
New Graphical Abstract! https://t.co/e7ocRTmY4X Kato, T., 2020: Quasi-stationary band-shaped precipitation systems… https://t.co/BpbpYeqpQy
四国中央部・三波川変成帯に産する瀬場谷エクロジャイト。こんな岩塊が欲しい…。 青矢ほか(2001)第6回国際エクロジャイト会議の記念碑とその材料となったエクロジャイトの転石. https://t.co/Ve3ZiRicnb https://t.co/ThfWgKP0sR
吉村石, Yoshimuraite [Ys] Ba₄MnII₄Ti₂(Si₂O₇)₂(PO₄)₂O₂(OH)₂ 産地: 岩手県 田野畑鉱山 Locality: Tanohata mine, Japan 一方向完全の劈開は肉眼・鏡… https://t.co/4z3N4a7eT9
RT @naoyukinkhm: シカの排除がマダニ類へ及ぼす影響—シカ密度を操作した野外実験による検証—。松山ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/3Dz2nvP4l9 防鹿柵の設置などによりシカの侵入を排除すると、柵の内部ではマダニ類の生息…
RT @sepak_bird: ケリの基本的な繁殖生態はこの論文が詳しい。https://t.co/AEPNTVvXIh
RT @hroyoichikado: 近代北海道における鰊漁業の歴史地理学的研究 : 衰退期に注目して 服部, 亜由未 名古屋大学博士学位論文 : 博士(地理学)(課程) 学位授与年月日:平成25年3月25日 https://t.co/zP3CY30pSA 名古屋大学学術機…
RT @naoyukinkhm: 干潟のアカミミガメは何を食べているのか?~干潟と周辺淡水域における外来種ミシシッピアカミミガメの食性比較。吉岡・木村 2018(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/GHw8Ezh78p 本文中に、アカミミガメが食べていた生物…
RT @SOLA_metsoc: SOLA Early Online Release: Sugi et al., Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds, SOLA, 2020, VOL…
RT @gokuunookobore: @cockatielpika この行動は以前からよく知られているぞ。 ただ、気まぐれで行動を変えるのか、遺伝性があるのか調べた研究はないかもしれん。 スズメの盗蜜によるサクラへの害を定量化する方法(三上 修ら 2010) https:/…
We are pleased to announce the new JMSJ Editor's Highlight in 2020! https://t.co/6o1Kz3o2YR Stevens et al., 2020:… https://t.co/R3st6DzZ46
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @nomikaishiyouze: J-STAGE Articles - 社会運動論の系譜と地理学におけるその展開 https://t.co/lBoBrsRSyq
RT @inconvenient_an: 日本の研究でも... ”保護鳥獣の10%はネコに襲われたものであり,キジバトやスズメなど地上採餌性の種,あるいはヒヨドリなどの都市鳥が多かった。育雛期である5-7月には鳥類の巣内ヒナが半数以上を占め,ネコの襲いやすい位置に営巣するツバ…
SOLA Early Online Release: Sugi et al., Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds, SOLA, 20… https://t.co/jRxJpfJqDy
〈国立国会図書館〉2020年3月19日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1093「あおり運転に対する諸外国の法制度等」(PDF:493KB)を掲載|https://t.co/E8qgaeJYFO《情報紹介:計量計測データバンク》
RT @sawagani550cc: シデコブシは東海丘陵要素のひとつ。東海丘陵要素とは、伊勢湾を取り囲む地域の湿地に固有・準固有、または隔離分布する分類群。シデコブシのほか、ハナノキ、ヒトツバタゴ、シラタマホシクサ、ミカワバイケイソウ、ヘビノボラズなど。東海丘陵要素は萌え要素…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  「ええじゃないか」の民衆運動(II) https://t.co/igxEpC1MTn #CiNii

フォロワー(1079ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
四国中央部・三波川変成帯に産する瀬場谷エクロジャイト。こんな岩塊が欲しい…。 青矢ほか(2001)第6回国際エクロジャイト会議の記念碑とその材料となったエクロジャイトの転石. https://t.co/Ve3ZiRicnb https://t.co/ThfWgKP0sR
吉村石, Yoshimuraite [Ys] Ba₄MnII₄Ti₂(Si₂O₇)₂(PO₄)₂O₂(OH)₂ 産地: 岩手県 田野畑鉱山 Locality: Tanohata mine, Japan 一方向完全の劈開は肉眼・鏡… https://t.co/4z3N4a7eT9
RT @naoyukinkhm: シカの排除がマダニ類へ及ぼす影響—シカ密度を操作した野外実験による検証—。松山ほか 2019(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/3Dz2nvP4l9 防鹿柵の設置などによりシカの侵入を排除すると、柵の内部ではマダニ類の生息…
RT @sepak_bird: ケリの基本的な繁殖生態はこの論文が詳しい。https://t.co/AEPNTVvXIh
RT @hroyoichikado: 近代北海道における鰊漁業の歴史地理学的研究 : 衰退期に注目して 服部, 亜由未 名古屋大学博士学位論文 : 博士(地理学)(課程) 学位授与年月日:平成25年3月25日 https://t.co/zP3CY30pSA 名古屋大学学術機…
RT @naoyukinkhm: 干潟のアカミミガメは何を食べているのか?~干潟と周辺淡水域における外来種ミシシッピアカミミガメの食性比較。吉岡・木村 2018(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/GHw8Ezh78p 本文中に、アカミミガメが食べていた生物…
RT @SOLA_metsoc: SOLA Early Online Release: Sugi et al., Future changes in the global frequency of tropical cyclone seeds, SOLA, 2020, VOL…
RT @gokuunookobore: @cockatielpika この行動は以前からよく知られているぞ。 ただ、気まぐれで行動を変えるのか、遺伝性があるのか調べた研究はないかもしれん。 スズメの盗蜜によるサクラへの害を定量化する方法(三上 修ら 2010) https:/…
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
RT @nomikaishiyouze: J-STAGE Articles - 社会運動論の系譜と地理学におけるその展開 https://t.co/lBoBrsRSyq
RT @inconvenient_an: 日本の研究でも... ”保護鳥獣の10%はネコに襲われたものであり,キジバトやスズメなど地上採餌性の種,あるいはヒヨドリなどの都市鳥が多かった。育雛期である5-7月には鳥類の巣内ヒナが半数以上を占め,ネコの襲いやすい位置に営巣するツバ…
〈国立国会図書館〉2020年3月19日|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1093「あおり運転に対する諸外国の法制度等」(PDF:493KB)を掲載|https://t.co/E8qgaeJYFO《情報紹介:計量計測データバンク》
RT @sawagani550cc: シデコブシは東海丘陵要素のひとつ。東海丘陵要素とは、伊勢湾を取り囲む地域の湿地に固有・準固有、または隔離分布する分類群。シデコブシのほか、ハナノキ、ヒトツバタゴ、シラタマホシクサ、ミカワバイケイソウ、ヘビノボラズなど。東海丘陵要素は萌え要素…