著者
出口 弘
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.64, no.4, pp.122-132, 2014

本稿では日本の漫画を広く絵物語のコンテクストの中で位置づけ,その文化史的な意義と可能性を明らかにする。日本の絵巻や浮世絵,絵草紙,漫画などの諸コンテンツは社会階級に依存せず創作され,また複製や二次創作を積極的に是認する文化を持つ。これは欧州型の,オリジナル作品にオーラがあるとみなし二次創作を是認せず,権威による作品の評価を基軸とするアートの文化とは大きく異なる。本稿では,絵物語の歴史を概観しながら,あらゆる社会の場から表出され,異なる立ち位置の人々の世界観を混淆循環させる力と多様性を持つメディアとしての絵物語空間に着目する。その上で,漫画の様な絵物語を日本のサブカルチャーではなくメインカルチャーとして位置づけその可能性を論じる。
著者
出口 弘
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.64, no.4, pp.122-132, 2014-04-01 (Released:2017-04-13)

本稿では日本の漫画を広く絵物語のコンテクストの中で位置づけ,その文化史的な意義と可能性を明らかにする。日本の絵巻や浮世絵,絵草紙,漫画などの諸コンテンツは社会階級に依存せず創作され,また複製や二次創作を積極的に是認する文化を持つ。これは欧州型の,オリジナル作品にオーラがあるとみなし二次創作を是認せず,権威による作品の評価を基軸とするアートの文化とは大きく異なる。本稿では,絵物語の歴史を概観しながら,あらゆる社会の場から表出され,異なる立ち位置の人々の世界観を混淆循環させる力と多様性を持つメディアとしての絵物語空間に着目する。その上で,漫画の様な絵物語を日本のサブカルチャーではなくメインカルチャーとして位置づけその可能性を論じる。
著者
石西 正幸 市川 学 田沼 英樹 出口 弘 金谷 泰宏
出版者
一般社団法人 システム制御情報学会
雑誌
システム制御情報学会論文誌 (ISSN:13425668)
巻号頁・発行日
vol.27, no.7, pp.319-325, 2014-07-15 (Released:2014-10-15)
参考文献数
13
被引用文献数
1

This paper aims to propose a risk assessment method on countermeasure against infectious disease with high fatality rate using social simulation. We constructed a novel model which are able to visualize social vulnerability against outbreak of infectious disease such as smallpox. In this model, disease state transition of smallpox, infection process, social structure, human activity, social countermeasure, simulation condition that include parameters, and simulation results are described. We evaluate the social protection policies by an agent-based model using Spot Oriented Agent Role Simulator (SOARS). This model is able to visualize the risk of social vulnerability against smallpox and social vulnerability is different among generations.
著者
辰巳 桂子 出口 弘 長尾 ひろみ 杉浦 元亮 ジョン ヒョンジョン 生田 奈穂 橋爪 寛 松縄 順子 川島 隆太
出版者
神戸女学院大学
雑誌
論集 (ISSN:03891658)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.89-104, 2008-06

One of human-being specific activities, interpreting (oral translation), has been adopted as a popular method to enhance second language acquisition lately. The question, however, how interpreting is executed in human brains, remains largely unknown. In this paper, we present our fMRI (functional Magnetic Resonance Imaging) experimental results to investigate how cerebral cortices are activated when subjects are engaged in interpreting exercises. Twenty-one healthy, right-handed university student subjects participated in this study. We directly compared English to Japanese consecutive interpreting (EJ) to Japanese to English consecutive interpreting (JE) using subtraction method, as well as with sentence reconstruction tasks in Japanese (JJ) and English (EE), and with resting condition (Rest, or baseline). The direct subtraction analysis between EJ and JE left only a limited area: left superior temporal gyrus remained. In JE minus EJ (masked by EJ-Rest: P<0.05image), right and left precentral gyri, left thalamus, left and right superior temporal gyri, and left middle temporal gyrus are left, suggesting that JE recruited more extensive regions in comparison with EJ, despite that all sources of sentence recorded and used as stimuli were constructed to be at the same level of difficulty, either directly taken from MEXT (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology) -authorized popular textbooks used in Japanese public junior high schools, or translation of such sources. The conditions EJ, EE, and JJ showed very similar patterns of cortical activation, indicating that the conditions recruited similar brain regions: left and right superior temporal gyri, mainly left middle temporal gyrus,, left inferior frontal gyrus (opercular part and triangular part), left temporal lobe's lateral surface, and mainly left supplementary motor areas. EJ and JE commonly activated Inferior frontal gyri (opercular part and triangular part) and supplementary motor areas in both hemispheres. Kawashima (2004) reports that even a different-activity-related cortical activation serves as a preparatory activity for the individuals' following activity and enhances learning or delays development of dementia in older subjects. From the results, we infer that EE and JJ sentence reconstruction exercises that activated similar regions to those activated in consecutive interpreting might fit the purpose of consecutive interpreting training preparation.
著者
出口 弘直
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.136, no.7, pp.973-979, 2016 (Released:2016-07-01)
参考文献数
5

A major difference in medical flow between acute and nonacute medical care is the urgency of diagnosis and treatment. In the acute medical setting, diagnosis and treatment sometimes must be done almost simultaneously. Learning clinical management in the acute-care setting can be the basis of drug therapy in other clinical settings. When infusion is performed in emergency medicine, stabilization of blood pH is achieved through kidney and lung functions. At the same time, the oxygen transport capacity is monitored using blood gas analysis. One medical intervention can lead to multiple diagnostic and treatment processes in the emergency medical field. Most pharmacists rarely have the opportunity to learn about the reasoning process in which different body functions are linked together such as heart, lung, and kidney functions when performing infusions in emergency medicine before starting to work in the clinical setting. Learning from emergency medicine can be applied to drug therapy in other clinical settings as it teaches how to link different body functions and understand the relationships between those functions and the results of medical tests. These are considered to be necessary reasoning skills to understand patients' conditions in various clinical situations, including management in intensive care and the treatment of chronic disease. Knowledge of emergency medicine can be the foundation of drug therapy in other clinical settings, for example, the meanings of vital signs.
著者
出口 弘
出版者
公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会
雑誌
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 (ISSN:00303674)
巻号頁・発行日
vol.56, no.10, pp.598-604, 2011-10-01

本稿では,エージェントベースのモデリング&シミュレーションに関する認識論的課題を扱う.そこでは方法論的なモデルの展開(Unfolding)と畳込み(Folding)という概念を鍵に,エージェントベースのモデル作法について論じる.従来のマクロな微分方程式モデルを中心としたモデル化技法は,マクロな変数の増減を定める動的プロセスを定式化するものである.しかしそのマクロ変数がマイクロなエージェントの状態変数から得られるシステムでは,個々のエージェントの状態変数からなるモデルへとモデルを展開することで,より微細な境界条件をモデルに組込むことが可能となる.本稿ではこうした異なる粒度や視点を持ったモデル間の相互関係をモデル化の認識論として分析する.
著者
出口 弘 西村 仁志 吉村 浩 河田 亨 白川 功 大村皓一
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.25, no.6, pp.944-952, 1984-11-15

コンピュータグラフィックスで動画制作を行うには 画像生成速度の飛躍的向上と画像の生成・合成・編集が効率的に行えるトータルシステムが必要である.そこでわれわれは物体の三次元形状や材質感をリアルに表現できる陰影表示による動画制作システムLINKS-1を開発した.そのサブシステムである高速画像生成システムは マルチマイクロコンピュータによる分散型並列処理システムである.高品質な三次元画像を生成するためには 影・反射・透過・屈折の処理が必要不可欠であり これらを一貫して処理できるアルゴリズムとしては視線探索法があり 並列処理に適しているのでこれを生成アルゴリズムとした.視線探索法を実現するうえで問題となる交差判定の高速化のために マルチコンピュータシステムによる並列処理・パイプライン処理のほか 物体データの階屈化 各種コヒーレンスの応用 非屈折透過処理などを行った.本論文では システムの概要と これらの高速化手法とその評価を報告する.

1 0 0 0 OA 知識の構造論

著者
出口 弘
出版者
科学基礎論学会
雑誌
科学基礎論研究 (ISSN:00227668)
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.17-23, 1984-03-30 (Released:2009-07-23)
参考文献数
13
被引用文献数
1
著者
森 毅 出口 弘
出版者
一般社団法人 経営情報学会
雑誌
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2019年秋季全国研究発表大会
巻号頁・発行日
pp.152-154, 2019-12-25 (Released:2019-12-23)

多品種少量生産が主流になっている日本の製造業で、原価計算における正確な間接費の配賦は深刻な問題となっている。賃借対照表を作成する際に行う標準原価計算よりも正確な間接費の配賦を行うための原価計算手法としては、活動基準原価計算などが提案されているものの、計測コストなどの関係で普及には至っていない。今日IoTの普及によって計測コストの問題が解決される中で、IoT時代に適する新たな原価計算の手法とそれを用いた原価計画のフレームワークが求められている。そこで本研究では人の作業のブレからいかに原価のブレが発生するかをシミュレーションを用いて示し、IoT時代に考えられる新たな原価計算手法の提案とその精度の検証を行う。
著者
市川 学 出口 弘
出版者
公益社団法人 計測自動制御学会
雑誌
計測自動制御学会論文集 (ISSN:04534654)
巻号頁・発行日
vol.49, no.11, pp.1012-1019, 2013 (Released:2013-11-27)
参考文献数
11

This paper describes specific points of simulation models in the urban simulation domain. Most of the agent-based models in this domain are made with using the cellular automaton methodology, but lack of considering life spaces, such as houses, offices, schools and so on. In this paper, we make two similar infection models. One is based on the cellular automaton and the geographic information system without considering life spaces, while the other is with life spaces considered. From simulation results, we find that simulation results become significantly different due to the differences between ways of model construction, and realize that life spaces are very important for some social phenomena that focus on interactions between human and human, and human and spaces, such as a spreading infection phenomenon.
著者
田沼 英樹 出口 弘
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 D (ISSN:18804535)
巻号頁・発行日
vol.J90-D, no.9, pp.2415-2422, 2007-09-01

SOARS(Spot Oriented Agent Role Simulator)は,社会システムをマルチエージェントシステムとしてボトムアップにモデル化するために開発された新しいシミュレーション言語である.SOARSは当初,伝染病の感染シミュレーションの記述言語として開発された.社会生活を営む人々の行動を記述するためSOARSにいくつかの独自なモデル概念が導入されたが,それらがより一般的な社会シミュレーションの記述にも有用であることが分かった.SOARSは三階層のモデリングフレームワークをもつ.下位層はJava言語であり,中位層が,我々のモデリングフレームワークの核となるSOARSスクリプト言語とその開発実行環境であるモデルビルダーである.本論文ではSOARSの中核となるモデリングフレームワークにつき,その特質と設計,実装について明らかにする.そこではエージェントの役割行為を記述する宣言型のスクリプト言語と,因果的に順序関係をもつ複数のステージという概念に基づいた手続き型の実行順序制御が導入される.上位層は,プログラミングの知識のないユーザがモデルを開発するための開発実験GUI環境である.