著者
桑江 朝比呂 三戸 勇吾 有川 太郎 石川 洋一 木所 英昭 澁谷 容子 志村 智也 清野 聡子 羽角 華奈子 茂木 博匡 山北 剛久 李 漢洙 金 洙列 久保田 真一 倉原 義之介 辻尾 大樹 二宮 順一 伴野 雅之 古市 尚基 安田 誠宏 森 信人 武若 聡
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集B2(海岸工学) (ISSN:18842399)
巻号頁・発行日
vol.77, no.1, pp.1-17, 2021 (Released:2021-02-20)
参考文献数
67

今後の我が国の沿岸分野における気候変動対応で取り組むべき課題について,どのような内容に研究者が関心を抱いているのか検討された例はない.そこで,気候変動に関連する様々な学会に対してアンケートを実施した.その結果,「気温・海水温」,「生物多様性の減少」,「海面上昇」,「極端気象・気候」,「温室効果ガス」,「生態系サービスの劣化」,「台風・低気圧」,「水産物の減少」,「国土減少・海岸侵食」,そして,「漁業管理」が優先すべき課題の上位10キーワードとして選択された.すなわち,自然現象や人間活動への影響に関する課題解決の優先度が高く,緩和・適応策の優先度は低かった.これらのキーワードの選択理由について考察するとともに,我が国における現状と今後の課題や展望について,キーワードごとにとりまとめた.
著者
石川 洋一
出版者
一般社団法人 日本臓器保存生物医学会
雑誌
Organ Biology (ISSN:13405152)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.51-55, 2018 (Released:2018-03-14)
参考文献数
6

Children needs the dosage forms suitable for pediatric use. A surface body area and weight change rapidly by the age. Therefore the dosage flexibility for pediatric formulation is needed. Moreover, oral medication has to be good taste. Development of age-appropriate medicine is important, because it usually influences children’s treatment adherence. Recently, improved technology of the orally disintegrating tablet (ODT) in Japan and the active development of mini-tablets formulation in foreign countries is attracting attention. The pediatric medicine manufacturing laboratory started by our center facilitates support the promotion of development of pediatric formulation.
著者
齊藤 順平 歌野 智之 倉富 未来 廣川 太士朗 小村 誠 赤羽 三貴 牧山 稔 石川 洋一
出版者
一般社団法人日本医療薬学会
雑誌
医療薬学 (ISSN:1346342X)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.1-7, 2018-01-10 (Released:2019-01-10)
参考文献数
12

The methods for the preparation of hospital drugs (i.e., powder dilution, opening the capsule shells and tablet crushing) are not validated and vary among medical facilities. In order to explore a quick and effective preparation method for dantrolene sodium diluted powder from capsule formulation without any weight loss and to maintain acceptability in pediatric patients, the uniformity test, particle size distribution analysis, pass efficiency test (the feeding tubes patency) and sensory evaluation of the mouth feel were examined.The diluted powder prepared by the capsule opening method has uniformity, although the recovery rate was slightly low compared to the crushing method. The crushing of whole capsules using the mill provided non-uniformity of content and variable particle size distribution. The contamination of capsule shell debris is probably part of the explanation for the non-uniformity of the contents. The powder sieved through a 100-micron screen following capsule crushing provided uniformity of contents without any loss. The results of passing tests, and administration via a feeding tube including gastrostomy were acceptable in both capsule opening and capsule crushed powder formulation. In the sensory test, the products that were screened using a 100-micron screen filter after capsule crushing had a less gritty mouth feel. These results suggest that capsule crushing and screening are validated as an alternative preparation method for dantrolene sodium diluted powder.In this study, we succeeded in developing effective methods for dantrolene sodium diluted powder. Most hospital preparations were not validated for pediatric patients and further tests in practical use are required.
著者
坪井 誠司 園田 朗 華房 康憲 石川 洋一 長谷 英昭 齋藤 秀亮 佐藤 孝子 福田 和代 田中 克彦 五十嵐 弘道 丸山 正 今脇 資郎
出版者
国立研究開発法人海洋研究開発機構
雑誌
JAMSTEC Report of Research and Development (ISSN:18801153)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.43-51, 2014 (Released:2014-11-18)
参考文献数
13
被引用文献数
1

2009年の海洋研究開発機構第2期中期計画開始に伴って新設された地球情報研究センター(DrC)は,海洋研究開発機構の研究調査船等で取得された様々な海洋地球観測データおよび生物や岩石試料等のサンプルの公開・流通を実施してきた.これらのデータ・サンプルについては,2007年に制定された「データ・サンプルの取り扱いに関する基本方針」が,その取り扱いの基本となっている.本稿では,データ・サンプルの公開状況を概観し,第2期中期計画期間に構築されてきた,これらのデータ・サンプルを管理・公開するためのDrCのデータベースシステムの中から,JAMSTEC航海・潜航データ探索システム,深海映像・画像アーカイブス,および海洋生物多様性情報システム(BISMaL)を紹介する.さらに,教育・社会経済分野等のニーズに対応するための取り組みについて解説する.