著者
岡崎 清市 砂村 継夫
出版者
The Tohoku Geographical Association
雑誌
季刊地理学 (ISSN:09167889)
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, pp.160-166, 2001-09-01 (Released:2010-04-30)
参考文献数
17

九十九里浜平野において, 完新世における砂質微高地列 (strandplain ridges) の形成過程が議論されて来たが, これら微高地列の区分を明治中期 (1883年頃) の迅速測図の土地利用区分を手懸かりに再検討した。その結果, 従来の区分と異なる6区分をすることができた。海岸寄りの2群は従来通り, 内陸側は4群に区分することができた。
著者
竹内 常行
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:00167444)
巻号頁・発行日
vol.48, no.7, pp.445-458, 1975-07-01 (Released:2008-12-24)
参考文献数
13
被引用文献数
1 or 0

九十九里平野では,いく列かの砂堤(あるいは浜堤,砂堆)と砂堤間の低湿地が,海岸線にほぼ平行しているという地形的特色に対応して,砂堤は集落・畑・山林などの場所,低湿地は水田になっているというのが,従来の通念であった.しかし,砂堤の大部分は島畑区域となっているので,水田は砂堤の区域にも広く分布しているという事実によって,従来の通念を修正し,ついで九十九里平野に島畑のできた理由について.従来発表された意見の誤りを指摘し,地形に由来する水利上の不利を克服しながら,砂堤区域に水田を拡張して行なった結果,島畑景観が生れたものであることを明らかにした. ついで本稿の大部分を椿海干拓地の島畑地域の記述にあてて,まずその島畑の分布図を作成し,特色ある島畑景観地域について,いかなる地形,いかなる水利条件の地域に,島畑景観が生れたかを明らかにする.
著者
松田 和之
出版者
福井大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

本研究の最終年度にあたる平成28年度には、(1)平成26年度及び27年度の研究成果の取りまとめを行うとともに、(2)コクトーから最大限の信頼と賛辞を寄せられた文筆家でありながら、従来、学術的な研究対象とされることがほとんどなかったエメ・ミシェルに関する研究を進展させるために、フランスにおける資料閲覧・収集に取り組む予定であった。(2)に関しては、諸般の事情が重なり、出張の機会が持てなかったため、同年度中は、(1)に専念し、これまでの研究の成果を2本の学術論文を通じて公表することができた。(2)の課題については、補助事業期間の延長を申請し、その取り組みを翌年度に繰り越すことにした。(1)の成果として、まず、コクトーが残した大部の日記集『定過去』で取り上げられた数々のオカルト的な話題の中でも、記述内容の質量両面において双璧を成す「前衛考古学」と「空飛ぶ円盤」に焦点を当て、それらに関するコクトーの知見を把握する作業を通じて、現代物理学に代表されるアカデミックな科学に反旗を翻した「超科学」の考え方に彼が共鳴していたことを論証した。ちなみに、コクトーと「超科学」の連関をより深く掘り下げて理解するためのキーパーソンとなるのが、上述したエメ・ミシェルである。加えて、平成23年度から26年度にかけて行った科研費による研究の成果に本研究の成果を加味し、コクトーが晩年に制作したカトリックの礼拝堂の装飾に古代エジプトに特有の表象が密かに盛り込まれていたことを明らかにするとともに、彼の宗教観や死生観を理解する上で、その鍵を握るのがサンクレティスム(宗教的習合)という考え方であることを論証した。
著者
Shin-Jun Park Joong-San Wang
出版者
The Society of Physical Therapy Science
雑誌
Journal of Physical Therapy Science (ISSN:09155287)
巻号頁・発行日
vol.29, no.12, pp.2212-2214, 2017 (Released:2017-12-13)
参考文献数
12

[Purpose] This study was conducted to compare the immediate effects of different electrotherapies on the gait parameters for stroke patients. [Subjects and Methods] Thirty patients with stroke were randomly assigned either to the functional electrical stimulation group or the transcutaneous electrical nerve stimulation group, with 15 patients in each group. Each electrotherapy was performed for 30 minutes simultaneously with the therapeutic exercise, and the changes in the spatial and temporal parameters of gait were measured. [Results] After the intervention, a significant, immediate improvement in cadence and speed was observed only in the functional electrical stimulation group. [Conclusion] Based on this study, functional electrical stimulation that stimulates motor nerves of the dorsiflexor muscles on the paretic side is recommended to achieve immediate improvement in the gait ability of stroke patients.
著者
松谷 容作 水野 勝仁 秋吉 康晴 増田 展大
出版者
同志社女子大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

平成28年度の研究は具体的に以下の5つの項目からなされた。ⅰ. 現在のアートにかかわる国内外の施設や人への調査した。具体的には、InterCommunication Center(東京都新宿区)や山口情報芸術センター(山口県山口市)、国立現代美術館(大韓民国ソウル市)などにて文献・映像音響資料の収集、アート実践の視察を行った。また、アート研究者(林田新氏など)やアート制作者(山城知佳子氏、渡邉朋也氏、伊東宣明氏など)、キュレーター(Pill Joo Jung氏など)へのインタビューなどを実施した。つぎにⅱ. 文献・映像音響資料の整理と精査(Samuel Bianchini and Erik Verhagen, Practicable: From Participation to Interaction in Contemporary Artなどの精読を行った。上記ⅰで収集した資料の精査を行い、ポストインターネットおよびポストインターネットアートの基礎的な理論整備や緒言説の整理を行った。またⅲ. レビューを受けた。美学者である秋庭史典氏と渡邉朋也氏からレビューを受けた。そしてⅳ. フォーラムを開催した。そこでは、研究グループで上記ⅰからⅲの報告と、グループ以外の参加者と意見交換を行った。また本年度の最終回の会に秋庭史典氏と渡邉朋也氏を招聘し、意見交換を行った。さいごにⅴ. 成果発表を行った。ⅰ~ⅳの成果として研究グループ各人による口頭発表や論文発表、さらにはMEDIA SHOP | gallery(京都府京都市)にて山城知佳子氏の展覧会「山城知佳子作品展」と、ARTZONE(京都府京都市)にて渡邉朋也氏の展覧会「信頼と実績」を共催した。
著者
鳥居 吉治
出版者
日本社会情報学会
雑誌
日本社会情報学会学会誌 (ISSN:13440896)
巻号頁・発行日
no.10, pp.59-73, 1998
被引用文献数
1 or 0

ケーブルテレビは、1980年代から地域情報化を促進するメディアとして期待されてきた。現在ケーブルテレビ事業者は通信など高度なサービスも行えるネットワークを有しており、多彩なサービスを行うことを期待されているが、産業は未成熟であり個々の事業者の力も現段階では弱いのが実状である。一方、1990年代前半まで、変革的な環境の変化はなくケーブルテレビと競合する他の業界はなかったが、過去数年間の規制緩和、技術革新、グローバル化の結果、ケーブルテレビを取り巻く環境が変化し、ケーブルテレビ事業者、通信事業者及びデジタル衛星放送事業者の間での競争が出現しつつある。筆者は、ケーブルテレビがマルチメディア社会の実現に貢献すると期待するもののひとりであるが、この論文においては、以上のようなケーブルテレビ事業者の現状と、通信事業者およびデジタル衛星放送事業者の問の競争の背景と状況を分析的に把握した上で、今後のケーブルテレビ事業の運営に関して三つの課題を導いた。第一はマーケッティングにおける4Pの要素の改善、第二は技術力の向上、第三に地域の情報提供能力の維持開発である。特に、地域社会における地域情報化の重要性とケーブルテレビのもつメディアの特性を考えると、第三の点が最も重要であるとの結論を得た。
著者
内藤 まりこ
出版者
日本文学協会
雑誌
日本文学 (ISSN:03869903)
巻号頁・発行日
vol.60, no.7, pp.14-24, 2011

<p>「和歌」という詩的言語には、「叙景」と呼ばれる表現方法があるとされる。「叙景」の方法は古代にまで遡るとされるが、「叙景」という言葉は明治二〇年代に初めて登場した。本稿では、まず、「叙景」の成立を明らかにし、「叙景」の方法が古典詩歌の解釈の枠組みとなるまでの過程を考察する。次に、中世の「叙景歌」と呼ばれる歌について、「叙景」の枠組みでは捉えきれない歌の構造を、人称を手がかりに解き明かす。</p>
著者
井手 康仁
出版者
JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS
雑誌
国際政治 (ISSN:04542215)
巻号頁・発行日
no.136, pp.18-32,L6, 2004

Nowadays, foreign policy appears not only to be carried out by governments but also by civilian activists. Nishihara Masashi has developed a profound classification of unofficial contact-makers which includes civilian activists. Upon dividing unofficial contact-makers into the following three groups; (1) Official=unnanounced contact-makers, (2) Unofficial=unnanounced contact-makers, (3) Unofficial=pre-announced contact-makers, Nishihara highlights the limited role of the 3rd type contact makers, indicating that serious negotiations can only progress at unannounced negotiations. There is however a case in Japanese-Soviet relations which is not applicable to his conclusion.<br>According to the Japanese history of civilian diplomacy with the Soviet Union, civilian activities carried out by either leftists or pro-Soviet activists had attracted much attention. Matsumae Shigeyoshi who Nishihara refers to as a type 3 activist, acted as the head of the Japan Cultural Association. The Japan Cultural Association was established in 1966 upon accepting the USSR's proposal, having the Japan Socialist Party play its central role. Since Matsumae was personally close to Ivan Kovalenko, the deputy chief of the Central Committee's International Department, the Japanese-Soviet round table conference (<i>Entaku-kaigi</i>) was further established through their efforts in 1979. The round table conference was successful to a certain extent since the Japanese Ministry of Foreign Affairs started attending the round table conference as an observer. The Japanese public, however, considered Matsumae's activities highly influenced by Socialist ideology. For this reason, Matsumae's activities didn't receive sufficient support to have made a significant influence within the country.<br>Suetsugu Ichiro, on the other hand, also referred to as a type 3 contact-maker, is said to have had an enormous impact on Japanese-Soviet relations. Upon participating in various social movements, he established a lobbyist status, which was very rare in Japan then. The Soviet Ambassador in Japan suggested Suetsugu to partake in promoting academic exchange with Soviet scholars. Suetsugu thus took and realized this opportunity by bringing the Council of National Security lead by Suetsugu, and scholars from the USSR together, whereby establishing the Japanese-Soviet Joint Symposium.<br>So why was Suetsugu, being a type 3 unofficial=pre-announced contactmaker able to act so effectively? In my opinion, one of the reasons was that Suetsugu had strong connections with Japanese political leaders. Another reason is that he was a well-known nationalist within the country. In this way, he was completely different from Matsumae and the other leftists and pro-Soviet activists. As a result, having established close relations with Soviet scholars who in time turned to play leading roles within the Soviet office during Gorbachev's rule, he maintained a trustworthy channel in the center of the Soviet regime. He had managed to act as an activist trusted both by Japanese and Soviet counterparts.
著者
錦織 大介 溝田 武人 久羽 浩之
出版者
一般社団法人 日本風工学会
雑誌
日本風工学会年次研究発表会・梗概集
巻号頁・発行日
vol.2004, pp.38-38, 2004

野球の投手が投げる球種の中に,大リーグ・ボストンレッドソックスのTim Wakefield投手が投球する事で有名なナックルボールがある.これまで,本研究室で行われてきたナックルボールの研究で,Wakefield投手が投球するナックルボールは1[rps]以下のゆっくりとしたサイドスピンをしている事が確認されている.しかし,近年のWakefield投手が投球するナックルボールは,ジャイロ回転をする新型のナックルボールである事が確認された.本研究では,先ず理論によるフラッタ方程式を導き,その後,フラッタ実験を行う事で,方程式が成立する事を証明する.その結果から,新型ナックルボールのメカニズムの解明を試みる.
著者
蔭山 雅洋 岩本 峰明 杉山 敬 水谷 未来 金久 博昭 前田 明
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.189-201, 2014 (Released:2014-06-13)
参考文献数
31
被引用文献数
4 or 0

The present study measured isometric muscular strength and mean power elicited by trunk twisting and trunk rotation during pitching in 28 university baseball pitchers aged 18-22 years. Based on the correlations among these measurements, the purpose of the study was to clarify 1) the influence of ball velocity on isometric muscular strength, trunk power output during the stretch-shortening cycle (SSC) and trunk rotation during pitching and 2) the influence of augmentation which is an index of SSC elicited by trunk rotation on trunk rotation during pitching. We also determined mean power and augmentation during concentric (CT) and SSC rebound (RT) throws of medicine balls weighing 5 kg while twisting the trunk. Augmentation while throwing the medicine ball was positively correlated with ball velocity (r=0.619, p<0.01), and augmentation of the medicine ball was positively correlated with torso rotation velocity at 18-27% and at 46-75% (r=0.398-0.542, p<0.05), and trunk twist velocity at 60-66% (r=0.378-0.395, p<0.05) of the second phase (from stride foot contact to instant release of the ball) during the pitching motion. In addition, pitched ball velocity was positively correlated with the velocities of pelvic rotation at 37-78% (r=0.378-0.488, p<0.05), torso rotation at 46-87% (r=0.391-0.711, p<0.05) and trunk twist at 63-83% (r=0.375-0.499, p<0.05) during the second phase of the pitching motion. These results indicate that pitchers with a larger ball velocity can use SSC movement generated by twisting the trunk, which effectively increases trunk rotation from the first half to middle of the second phase, and they can also increase trunk rotation during the second phase.
著者
蔭山 雅洋 鈴木 智晴 藤井 雅文 中本 浩揮 和田 智仁 前田 明
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.61, no.2, pp.517-535, 2016 (Released:2016-12-14)
参考文献数
37
被引用文献数
1 or 0

The purpose of this study was to clarify the profiles of lower limb and trunk motion during baseball pitching in relation to differences between the mound and the flat ground, and to determine the motion characteristics while pitching from the 2 locations.  The subjects were 12 baseball pitchers (age 18.6±2.5 yr, height 173.4±6.5 cm, weight 74.7±11.0 kg) who belonged to high school or university baseball teams. Three-dimensional positions of 36 reflective markers attached to each subject were tracked by an optical motion capture system (Mac3D System) with 12 cameras. The ground-reaction forces (GRF) of the pivot and stride legs during pitching were determined using 2 multicomponent force plates. Pitching motion was divided into two phases: phase 1 was defined as the period from when the knee of the stride leg reached maximal height (MKH: 0%time) until the point when the stride foot made contact with the ground (SFC: 100%time), while phase 2 was defined as the period from the SFC until the point when the ball was released (REL: 200%time). Ball velocity was measured using a radar gun.  The results were as follows: 1) The maximum and average ball velocities were significantly higher when pitching was performed from the mound than from the flat ground (p<0.05). 2) Hip/knee flexion angles and hip abduction/extension angular velocities on the pivot leg were significantly greater for mound pitching than for flat ground pitching, and the hip/knee extension angle and hip adduction/internal rotation/flexion angular velocities on the stride leg were significantly greater for the former (p<0.05). 3) The GRF of the stride leg was significantly greater for mound pitching than for flat ground pitching (p<0.01). 4) Upper torso and pelvis angle/angular velocities at SFC and the maximum pelvis, upper torso and trunk tilt angular velocities were significantly greater for mound pitching than for flat ground pitching (p<0.05).  The present results indicate that baseball pitchers show biomechanical differences in the kinematic and kinetic profiles of the trunk and lower limbs when pitching from the mound in comparison with the flat ground, and that high school or collegiate baseball pitchers can increase their pitched ball velocity by using the height of the mound.
著者
海沼 亮 櫻井 茂男
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.42-53, 2018-03-30 (Released:2018-04-18)
参考文献数
38

本研究の目的は,社会的達成目標尺度を作成し,信頼性と妥当性を検討すること,社会的達成目標と向社会的行動および攻撃行動との関連を検討すること,社会的遂行接近目標と攻撃行動との関連を調整する要因について検討することであった。中学生965名に対して調査を行った。因子分析の結果,社会的達成目標尺度は,社会的熟達接近目標,社会的熟達回避目標,社会的遂行接近目標,社会的遂行回避目標の4因子から構成された。また,社会的達成目標と向社会的行動および攻撃行動との関連を検討した結果,社会的熟達接近目標は,向社会的行動と正の関連を有し,攻撃行動と負の関連を有していた。社会的熟達回避目標は,向社会的行動と正の関連を有し,関係性攻撃と負の関連を有していた。社会的遂行接近目標は,向社会的行動および身体的攻撃と正の関連を有していた。社会的遂行回避目標は,向社会的行動と負の関連を有し,関係性攻撃と正の関連を有していた。さらに,社会的遂行接近目標と攻撃行動との関連は,社会的熟達接近目標の程度によって調整されるという結果も得られた。
著者
佐々木 温子 西澤 美幸 佐野 あゆみ 佐藤 等 阪本 要一 池田 義雄
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
人間ドック (Ningen Dock) (ISSN:18801021)
巻号頁・発行日
vol.32, no.3, pp.530-536, 2017 (Released:2017-12-22)
参考文献数
14

目的:東京衛生病院の減量ステップアップ講座参加者に対して呼気アセトン濃度を測定し,減量の補助的指標としての有用性について検討した.方法:対象は2011年1月から2014年7月の期間中,東京衛生病院の減量講座(週1回,計6回)を受講した45名である.食事内容,体重変化,歩数,活動量を記録させ,毎回体重,体組成およびセンサガスクロSGEA-P1による呼気アセトン濃度を測定し,初日と最終日に血液生化学検査を施行した.結果:減量講座終了時には,行動変容の改善に伴い,肥満関連検査項目である身体計測値,血圧,糖・脂質代謝,肝機能の検査値の有意な改善がみられ,血中総ケトン体,呼気アセトン濃度は有意に増加した(血中総ケトン体:開始時73.6±59.2 μmol/L ,終了時240.5±193.8 μmol/L,p<0.001,呼気アセトン濃度:開始時529.2±150.8 ppb,終了時1,156.6±590.9 ppb,p<0.001).体重と体脂肪量は講座の回数を重ねるほど有意に減少し,呼気アセトン濃度は有意に増加し,特に5週目以降で著明な増加を示した.結論:減量経過において呼気アセトン濃度測定は脂肪燃焼を示唆する補助的指標として有用であると考えられた.
著者
Chen ZHOU Toshimasa YAMANAKA
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
International Journal of Affective Engineering (ISSN:21875413)
巻号頁・発行日
(Released:2018-04-12)
参考文献数
26

It is widely believed that there is a relationship between scent and music. For example, there is congruence among certain scent, music, and consumers' buying behaviors according to previous study. However, only limited number of scents and music have been analyzed, which is not sufficient to conclude common characteristics of congruence between scent and music in arousal dimension. Consequently, we investigated the effect of scent on the mood evaluation of music by using four kinds of scents and two music samples. Overall, our results showed the arousal quality of scent would effectively modify the perceived arousal level of music, and scent which was congruent with music on arousal could also increase the affirmation of music. These results therefore underline the potential of scent to enhance listening experience, and those working in the music industry may feel progressively further optimistic in adopting appropriate scent to achieve advanced listening experience.