著者
Yoshitsugu Higashi Shigeki Nakamura Yasuhiro Tsuji Chika Ogami Kaoru Matsumoto Koyomi Kawago Kotaro Tokui Ryuji Hayashi Ippei Sakamaki Yoshihiro Yamamoto
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
Internal Medicine (ISSN:09182918)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.253-258, 2018-01-15 (Released:2018-01-15)
参考文献数
31

A 53-year-old man was admitted to the hospital with a diagnosis of cellulitis and osteomyelitis. Twenty-four days after the initiation of daptomycin and sulbactam/ampicillin, he developed a fever and pulmonary infiltration. Bronchoalveolar lavage revealed a high number of eosinophils, while an intracutaneous test revealed positivity for daptomycin. The patient improved after discontinuing antimicrobial therapy. The plasma daptomycin minimum concentration (Cmin) was elevated (27.4 μg/mL), but plasma protein binding of daptomycin was low (87.8%). Although the pathophysiology of eosinophilic pneumonia remains unclear, antigenic stimulation due to daptomycin accumulation in the alveoli may have caused continuous immune activation.
著者
新藤 慶
出版者
新見公立大学
雑誌
新見公立大学紀要 (ISSN:21858489)
巻号頁・発行日
vol.31, pp.103-115, 2010

本研究は,地域社会研究会の発足時に興隆しはじめた住民運動論の展開を振り返ることで,その方法的な見直しが迫られている地域社会学の課題と克服の方途について考察することを目的とする。その第一報として,ここでは1970年代後半~1990年代の住民運動論の検討を中心とする。ここで指摘したことは,以下の諸点である。 第1に,住民運動論を振り返るうえでは,問題設定の変遷と,研究から切り出した住民運動の様相の変遷を明らかにすることが重要である。第2に,この時期の住民運動論では,住民運動に肯定的な姿勢が主流であるが,否定的な姿勢を持つものも見られた。第3に,住民運動の発生に関わる生成過程の分析は豊富だが,運動生成後の展開過程の分析は不十分であった。第4に,さまざまな地域の多様な住民運動を扱いながら,基本的な方法論は共通していた。 I tried to clarify the trends and the problems in sociology of region by analyzing of studies of residential movements. As a result, the following points became clear. First, it is important to notice the transitions of problem and the aspects of movements for analyzing of studies of residential movements. Second, there are two types of study ── positive movement studies and negative movement studies. Third, analyses of formation are sufficient, but analyses of change are insufficient. Fourth, these studies have common method.
著者
中嶋 省志 SADR Alireza 田上 順次
出版者
特定非営利活動法人 日本歯科保存学会
雑誌
日本歯科保存学雑誌 (ISSN:03872343)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.111-120, 2014 (Released:2014-05-07)
参考文献数
24

過去, エナメル質の溶解現象を説明するうえで臨界pHという考え方が強調され, そのためpHにのみに多くの関心が払われてきた. しかし, この溶解現象がpHにだけ依存するものではないことは, 以前から知られている. 本稿ではまず臨界pHについて, 過去の文献を引用してその歴史を簡単に振り返る. そのなかで, 臨界pHはエナメル質に固有の特性ではなく, 酸性液に含まれるCa2+とリン酸イオンの濃度に依存して決定され, 「一定の値をとらないこと」を述べる. この考え方は, すでに1950年代にみられる. この臨界pHが今日話題となっている酸蝕とも関連することから, そのことについても言及する. 一方, 臨界pHを決定する要因には, 前述のCa2+とリン酸イオンの濃度以外にも, エナメル質の熱力学的溶解度 (酸溶解性の指標) がある. この指標の程度はエナメル質によってかなり異なり, この違いが臨界pHに大きな影響を与えることを解説する. 具体的には, 飽和度という概念を基に臨界pHに及ぼすCa2+とリン酸イオンの濃度の影響を計算し, 臨界pHの値を推定した. すなわち, プラーク液にて検出される平均的なCa2+とリン酸イオン濃度を用い, そこで酸が産生されpHが低下したとして, 臨界pHを計算した. その結果, この場合の臨界pHは5.15であった. 同様にエナメル質の酸溶解性の違いから, 最も溶けにくいエナメル質の場合の臨界pHは5.02, 最も溶けやすい場合は5.81となり, 大きな違いが認められた.
著者
Tadashi Suzuki
出版者
Hattori Botanical Laboratory
雑誌
Hattoria (ISSN:21858241)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.9-223, 2016 (Released:2016-08-29)

New catalog of the Mosses of Japan prepared by Dr. Zennoske Iwatsuki (2004) is revised. This revised catalog lists all names of genera and species of mosses described or reported from Japan, based on literature available to the author up to the end of January 2016. The catalog is now comprised of 1270 species of mosses belonging to 342 genera. These taxa are listed in alphabetical order. Each valid epithet is followed by author citation, literature, distributional area in Japan, and Japanese name.
著者
秋山 博志
出版者
佛教大学大学院
雑誌
佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇 (ISSN:18833985)
巻号頁・発行日
vol.45, pp.83-100, 2017-03-01

表題にある中原尚雄とは、その言動が西郷隆盛暗殺という密命を帯びたものと見做され、西南戦争開戦のきっかけとなる人物であり、「西南戦争」や「西郷隆盛」を語るときには必ずと言っていいほどに登場する。中原は、西南戦争後に警視庁から高知県へ転出して警察署長となり、その後同県、山梨県、福岡県警部長を歴任することから、その官職が鹿児島での活動に対する褒賞であるとの説も巷間に存在する。本稿においては、中原の経歴を本人の辞令、官報、地誌、墓碑等から追跡し、その上で警部長の身分が褒賞に値するのかという点について、俸給や位階、官等の点から検証し、陸軍憲兵への転出の可能性があったことをも明らかにした。さらには、周辺の群像を洗い出すことにより、鹿児島県人が縁故を辿って立身出世していく、俗に「(薩摩の)芋蔓」と譬えられる人事システムにも着目し、中原の警部長就任との関わりについても併せて考察を行った。中原尚雄西南戦争西郷隆盛暗殺警部長憲兵
著者
角田 亘 安保 雅博
出版者
一般社団法人 日本脳卒中学会
雑誌
脳卒中 (ISSN:09120726)
巻号頁・発行日
vol.38, no.5, pp.340-345, 2016 (Released:2016-09-23)
参考文献数
11

我々は,反復性経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation; rTMS)を,脳の可塑性を高めるための介入(neural plasticity enhancer)と位置づけ,低頻度rTMS と集中的作業療法の併用療法(NEURO プロトコール)を脳卒中後上肢麻痺に対して行ってきた.2015 年3 月の時点で,すでに1,700 人以上の患者が15 日間の併用療法を施行されているが,結果として,本併用療法は安全に導入され,これにより麻痺側上肢運動機能が改善することが確認されている.さらに我々は,治療成績を向上させるためにtheta burst stimulation,レボドパ,アトモキセチン,ボツリヌス毒素注射などもプロトコールに応用している.今後は,rTMS によるneural plasticity enhancement が脳卒中リハの中核になるものと期待される.
著者
与沢 松作 仙田 国晃 野原 弘 高橋 正行
出版者
日本養豚学会
雑誌
日本養豚研究会誌 (ISSN:03888460)
巻号頁・発行日
vol.2, no.2, pp.56-65, 1965-12-28 (Released:2011-06-08)
参考文献数
8

1 当試験場及び富山県経済連滑川種豚場産の子豚517頭 (Y. Y331頭, Y. L70頭, L. L116頭) の椎骨数を調査したところY. Yは20型4.5%, 21型71.6%, 22型23.6%, 23型0.3%, Y. Lは21型40.0%, 22型60%, L. Lは21型2.6%, 22型85.3%, 23型12.1%で品種による椎骨数の違いが認められた。2 F1では椎骨型の変異の巾は小さくなり, またヨークシャーとランドレースの中間的数値よりランドレースに近い椎骨の増加が認められた。3 種雄豚の系統別の胸・腰椎数変異の発現率は系統的に異なる傾向が認められた。4 胸腰椎数の heritability 推定値は高く, 高い遺伝力を期待できることが判明した。5 胸・腰椎数21型および22型各20頭 (ヨークシャー) を用いて飼養試験を行ったところ発育, 飼料要求率には差は認められなかった。6 屠体成績は22型が21型より背腰長I, II, IIIは長く有意な差が認められた。大割肉片ではロース・バラは22型が21型より割合が多くなるが, 逆にハムは小さくなることが認められ2%水準で有意であった。7 ロース長は22型が21型より長く1%で有意であり逆にロース面積は21型が22型より大きくなる傾向が認められたが有意ではなかった。8 背脂肪は22型が21型より薄くなる傾向が認められた。9 椎骨1個あたりの長さは22型が21型より長くなる傾向が認められた。
著者
吉田 欣吾
出版者
東海大学
雑誌
東海大学紀要. 文学部 (ISSN:05636760)
巻号頁・発行日
vol.75, pp.67-86, 2001

Language rights can be protected in two levels, namely, under national and international law. This paper deals with linguistic minorities and language legislation in Finland, which has language legislation providing relatively high level of support for minority languages. Finland has two national languages, Finnish and Swedish. Swedish is at the same time a minority language in Finland. In addition to Swedish, Finland has Saami, Romany and Finnish sign language as its minority languages. We should also make a distinction between Swedish speakers of the Åland islands and mainland Swedish-speaking population. The province of Åland has a extremely high level of autonomy, and the only official language there is Swedish. So Finland has five minority groups, Swedish speakers of Åland, mainland Swedish-speaking population, the Saami people, the Roma and the users of Finnish sign language. We can divide language legislation concerning linguistic minorities into three groups, on the basis of principles of territoriality and personality. Language legislation for Swedish speakers of Åland and the Saami people is based on the territorial principle, while that for the Roma and the users of sign language has to be based on the personality principle. Language legislation for mainland Swedish-speaking population is based principally on the principle of personality, but has some features of the principle of territoriality at the same time. The most important one of those features is linguistic classification of each commune. Communes are to be bilingual if the Swedish-speaking or Finnish-speaking minority reaches or exceeds 8 per cent or 3,000 persons of the population. Otherwise communes are to be unilingual. There are only 21 Swedish unilingual and 43 bilingual communes of all 453 communes in Finland. Language rights based on the principle of territoriality are generally supposed to reach a higher level than those based on the principle of personality. This assumption holds good also in the case of Finland except the case for mainland Swedish-speaking population. They are granted extremely high linguistic rights, though language policy for them is based principally on the principle of personality.
著者
金子 与止男
出版者
森林野生動物研究会
雑誌
森林野生動物研究会誌 (ISSN:09168265)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.7-15, 2012-03-29 (Released:2017-10-03)

冬季に多量の降雪のある新潟県の低山帯で越冬鳥類の個体数調査を実施した.得られたデータを用い,食性・採食場所にもとつくニッチ占有タイプ,群れで生活するか単独で生活するかといった社会構造との関連を分析した.3冬季間に47種の鳥類が観察された.1977/78年の冬季は出現鳥類の個体数が少なかったが,1978/79年と1979/80年は個体数が多かった.個体数の多かった種は,シジュウカラ,カシラダカ,エナガ,アトリ,ホオジロ,スズメ,マヒワであった.積雪の多い1月と2月には,ホオジロのように地面で採食する鳥は調査地からいなくなった.多雪地の低山帯で冬季に見られる鳥類で個体数の多い優占種はシジュウカラやエナガなどの混群形成種であり,アトリやマヒワなど放浪性のあるアトリ科の鳥が多数飛来するときには前者を上回り優占種になると考えられた.
著者
山森 宙史
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.87, pp.197-216, 2015-07-31 (Released:2017-10-06)
参考文献数
55

This study aims to consider the historical process of establishing of Manga by focusing on Comic Book Sections in Japanese bookstores from the early 1970s to 1980s. Prior studies on Manga tend to focus on trades outside of regular distribution channels to emphasize peculiar characteristics of the emerging media. Consequently, the social process during the 1970s and 1980s to pervade Manga almost all of the retail bookstores through wholesalers has not been clarified. The article shows how Manga to be recognized as one of the established genre in bookstores by concentrating on the particular standard of shinshoban (pocket paperback edition) comics which became one of the best sellers in retail bookstores after the 1970s. The early spread of permanent section of shinshoban comics during the 1970s can be understood as a conflict between Manga and other genre of books, mostly literal arts, and through industrial change surrounding book business as a background. In the late 1970s, sale structure of the small and medium-sized retail bookstores became more dependent on the shinshoban comics. The situation forced booksellers to redefine the identity of their bookstore represented in the composition of sections. Accordingly, most booksellers decided to redefine the identity of their bookstores as a space for consumption from a space of cultural excellence. Booksellers defined Manga merely as a commodity and accepted shinshoban comics to make up a permanent section in their bookstores to compromise their ideals. However, constructing Manga sections in bookstores was nothing less than legitimizing Manga as one of the established genres of printed books. Therefore, the establishment of Manga in the 1970s and 1980s can be seen as a process of reconsidering the publication culture for the Japanese publication industry in a transitional period.
著者
山森 宙史
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.82, pp.153-172, 2013-01-31 (Released:2017-10-06)
参考文献数
51

This study aims to reexamine the historical perceptions of the Japanese comic book medium, particularly the "magazine culture" which began in the late I960s, by tracing the historical process of creating "Shinshoban comics" during the 1960s and 1970s. Prior historical studies of postwar manga have not fully examined manga comic magazines, and manga has usually been defined as one type of comic magazine, not as its own independent form of media. Accordingly, in this article, I focus on the "Shinshoban comics" that predated present-day manga comics in order to understand the transformations in the comic industry during the late 1960s and early 1970s. Unlike the manga comics of today, due to the lack of modern industry and marketing systems, Shinshoban comics were very marginalized and crossed over various manga publishing borders. However, as series of Shinshoban comics based on particular comic magazines became the dominant publication style of manga comics, they were gradually perceived to be one type of comic magazine in the comic industry. Moreover, in the political and cultural climate of that time, the publication of some Shinshoban comics was delayed while others were screened out. Some of the works filtered out of the major public companies were published by small publishers as well as Kashihon publishers, which published for book-lending shops. As a result, though Shinshoban comics were subsumed by the comic publishing industry as a part of magazine culture, they were also relatively independent and established themselves as an original publishing medium. Therefore, an investigation of the historical process of creating Shinshoban comics clarifies that the industrialization centering around comic magazines produced by the major publishers beginning in the late 1960s contained within it a complexity that gave rise to an "independent" or "derivative" media culture.
著者
小松由加子著
出版者
集英社
巻号頁・発行日
1998

4 4 0 0 OA 朝日年鑑

著者
朝日新聞社 [編]
出版者
朝日新聞社
巻号頁・発行日
vol.昭和5年, 1933
著者
竹村 和久 吉川 肇子 藤井 聡
出版者
Sociotechnology Research Network
雑誌
社会技術研究論文集 (ISSN:13490184)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.12-20, 2004
被引用文献数
3 or 0

本論文では, 種々の社会的リスクについて議論するための意思決定論的枠組を提供する. 筆者らには, これまでの伝統的リスク解析研究者, リスク社会学者, 予防原則を擁護する人々の間では, 社会的リスクに関連する環境の不確実性をどのように把握して, 考察するかということに関して, 共通の認識枠組がないように思われる. 本論文では, 不確実性を, 意思決定主体の環境の構造によって分類して, これらの社会的リスクに関わる問題がどのようなものであるかを, 不確実性下の意思決定問題として検討する. また, 本論文で提案する理論枠組が, 今後の社会的安全のための技術の一過程としてのリスク評価にどのような応用的含意があり得るのか考察を行う.
著者
吉田 葵
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.182-185, 2018-01-15

プログラミング教育への関心の高まりを受け,情報処理学会では,ジュニア会員を対象とした「Exciting Coding! Junior」を昨年度より開催している.本稿では,2017年9月16日に開催された「Exciting Coding! Junior 2017」のワークショップ設計方針及び内容と,併せて実施したファシリテーション講習について報告する.