著者
満鉄調査課 編
出版者
南満洲鉄道
巻号頁・発行日
vol.第48号, 1928

6 6 6 0 OA 失業問題

著者
安部磯雄 著
出版者
日本評論社
巻号頁・発行日
1929
著者
山口 恭弘 吉田 保志子
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.1-6, 2006 (Released:2007-07-06)
参考文献数
17
被引用文献数
1 or 0

近年, 農作業の省力化のために, 水稲の直播栽培が各地で行われているが, 播種期の鳥害が問題となっている. 入水前の田にモミを播く乾田直播ではキジバトStreptopelia orientalisが播種後に集団でモミを採餌するために, 地域によっては大きな被害を出している. そこで本研究では野外大網室内の実験水田において, 大麦を用いた代替餌場を設置することにより, キジバトの水稲への被害を軽減できるかどうかを実験した. 実験は代替餌設置区と非設置区とを設け, キジバトの導入時期は前期 (播種直後から出芽揃い) と後期 (出芽揃い以降に前期と同じ期間) に分けた, 代替餌の有無と導入時期の組み合わせの2×2の4処理を1セットとし, 2000年5月1日から9月12日にかけて5セット繰り返した. 苗立ち数を処理区とキジバトが入れないようにしたエクスクロージャーとの間で比較したところ, 前期では代替餌設置区で有意差がなく, 代替餌非設置区で有意に少なかった. 一方, 後期の苗立ち数は代替餌のあるなしに関わらず, エクスクロージャーとの間に有意差はなく, 出芽揃い以降には被害が生じないことが示された. これらのことより被害の時期は播種から出芽揃いの時期であること, 代替餌の設置により被害が軽減されることが明らかとなった.
著者
德元 裕子 豊里 竹彦 眞榮城 千夏子 平安名 由美子 遠藤 由美子 照屋 典子 玉城 陽子 髙原 美鈴 與古田 孝夫
出版者
日本健康学会
雑誌
日本健康学会誌 (ISSN:24326712)
巻号頁・発行日
vol.84, no.1, pp.3-11, 2018-01-31 (Released:2018-02-16)
参考文献数
40

Objective: This study aimed to clarify the association between sense of filial responsibility, local residents’ subjective economic status, and attachment to the local community, and to contribute to local community policies and measures including support systems for elderly in need of care and family.Methods: We conducted in-home interviews in 2015 in Okinawa, Japan. A total of 2,663 local residents were selected, and after invalid responses were excluded, 1,656 responses (62.2%) were analyzed. Participants were asked about demographic variables (sex, age, marital status, birth order, subjective health, living arrangement), subjective economic status, attachment to the local community, and sense of filial responsibility (such as caring for and supporting their elderly parents).Results: Age, marital status, birth order, and attachment to the local community were positively associated with sense of filial responsibility. Participants with low subjective economic status had low sense of filial responsibility. Even if subjective economic status was low, participants with high attachment to the local community had significantly high sense of filial responsibility. Moreover, participants with high attachment to the local community provided and received more instrumental support than participants with low attachment to the local community.Conclusions: Our findings suggest that high attachment to the local community can form a support system in local areas, and that support systems in turn help local residents when they support their parents. In light of these findings, measures for creating networks between local residents, as well as improvement of the physical environment, are necessary for local community planning.
著者
織田 肇
出版者
環境技術学会
雑誌
環境技術 (ISSN:03889459)
巻号頁・発行日
vol.7, no.10, pp.934-940, 1978-10-18 (Released:2010-03-18)
参考文献数
7

2 2 2 0 OA 女浪人行進曲

著者
北村兼子 著
出版者
婦人毎日新聞社
巻号頁・発行日
1929
著者
笈田光吉著
出版者
大空社
巻号頁・発行日
1992
著者
中野 哲平
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.28, 2014

医療ミスというのはヒューマンエラーであり、更に多くのミスは単純な確認ミスである。例えば動脈の位置や患者情報の誤認、1桁違いの薬物投与量などがミスの原因である。このような問題に対して異常検知という意味で機械学習というのは非常に有効である。高齢化社会になるにつれ、ますます医師への負担は増えるだろう。その状況下でも絶対にミスが起こらない医療を提供できるようなシステムを構築したい。
著者
加來 洋子 枝並 宏治 福本 雅文 山口 雅巳 渋谷 鉱
出版者
JAPANESE SOCIETY OF ORAL THERAPEUTICS AND PHARMACOLOGY
雑誌
歯科薬物療法 (ISSN:02881012)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.116-124, 2008-08-01 (Released:2010-06-08)
参考文献数
27

We conducted a study of judicial decisions on medical accidents covered between 1994 and 2000 by the Japanese press and Hanrei Times, a Japanese magazine specializing in judicial precedents, to obtain information on drug package inserts, and the extent to which these inserts are used as criteria for the judicial decisions.During the period studied, judicial decisions were issued regarding 514 cases of medical accidents, and a total of 1, 238 articles covering the decisions were published in the media referred to above. Looking at the changes in the number of cases by year, there were between 51 and 81 cases yearly from 1994 through 1999, while this number significantly increased in 2000, to 121.Out of the 514 cases, 34 (6.6%) were associated with drugs; drug package inserts were used as criteria for the decisions in four of the 34 cases, and 19 articles covering these four cases were carried in the media. Meanwhile, in 374 of the 514 cases (72.8%), it was judged that medical care personnel were to blame for the accidents, and these cases were covered in 1, 010 of the 1, 238 articles (81.6%) in the media.Common cases of malpractice pointed out to doctors and other medical personnel included violation of due care in terms of drug package inserts. Furthermore, a link between medical practice and the level of medical care was also indicated, as well as a link between package inserts and the level of medical care. The level of medical care varies due both to differences in medical services and the individual circumstances surrounding medical care providers, and negligence in collecting the latest information for medical findings is also included among the various types of malpractice.Other cases of malpractice included violations of accountability, in which medical care personnel neglected to inform patients of items mentioned in drug package inserts.Doctors, dentists, and other medical personnel must fully understand the descriptious given in drug package inserts.
著者
湯田 厚司 小川 由起子
出版者
一般社団法人 日本アレルギー学会
雑誌
アレルギー (ISSN:00214884)
巻号頁・発行日
vol.62, no.12, pp.1623-1630, 2013-12-30 (Released:2017-02-10)

点鼻用血管収縮(α交感神経刺激)薬の長期使用による薬剤性鼻閉の臨床検討をおこなった.【対象背景と治療法】2011年10月から15カ月間に治療した33例(男性23例,女性10例,平均44.4±15.6歳)の背景因子と追跡し得た31例の治療成績を解析した.薬剤使用期間は最長7.5年で,1年未満が7例のみ,2年以上が16例(48.5%),5年以上が6例であった.原因疾患は,急性炎症6例,慢性副鼻腔炎2例,アレルギー性鼻炎20例(うち10例スギ花粉症)であった.治療は,点鼻液を中止して代替薬にステロイド鼻噴霧液を使用した.【結果】全例で点鼻用血管収縮薬から完全離脱して鼻閉が改善した.19例(61.3%)が3日以内で,25例(80.6%)が1週間以内で改善し,早期改善例が多かった.背景因子および薬剤使用期間と改善までの期間に関連が無く,長期使用例でも早期に改善した.問診での本薬の使用申告は36.4%であり,注意深い診察が必要であった.【結論】本薬による薬剤性鼻閉は可逆的な病態であり,適切な指導により改善しやすい.
著者
木下 訓光
出版者
公益財団法人 日本心臓財団
雑誌
心臓 (ISSN:05864488)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.122-126, 2016 (Released:2017-02-15)
参考文献数
30
著者
田崎 慎治 今田 純雄
出版者
広島修道大学
雑誌
広島修大論集. 人文編 (ISSN:03875873)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.17-37, 2004-09-30
被引用文献数
1 or 0

本研究では,健常な大学生男女を対象に,自尊感情と痩身願望の関係について調査を行い,また,特性不安,BMI,体重変動,主観的健康感尺度の下位尺度である心理的安定感,意欲,体調および生活行動習慣,日本語版DEBQ(短縮版)の下位尺度である抑制的摂食傾向,情動的摂食傾向,外発的摂食傾向の各変数間の関係についても同時に調査を行った。その結果,女性においてはこれまでの研究と同様に,自尊感情が低いほど痩身願望が高いという,負の相関関係がみられ,さらに男性についても同様に負の相関関係がみられた。また,自尊感情と特性不安との間に有意な相関がみられるなど,これまでの知見を支持する結果であった。男性において自尊感情と痩身願望との間に負の相関関係がみられたことは,これまでの研究とは逆の結果であった。これは,時代の変化によるものと,日本と欧米の文化の差による,理想とする体型の違いであるということが考えられる。本研究において,女性では痩身願望と抑制的摂食傾向との間に有意な相関がみられ,男性では痩身願望と食行動傾向との間に有意な相関はみられなかった。このことは,男性と女性ではダイエット行動に違いがあるということを示唆している。すなわち,女性はダイエットをするとき食事の摂取量を抑制するという方法をとるが,男性は例えば運動をするなど,別の方法をとるということが考えられる。また,女性において体重の変動と痩身願望や食行動傾向などとの間に相関関係はみられなかった。女性の体重や体型に対する関心は非常に高いものであると考えられるので,この結果は矛盾したものであると考えられる。この点については更なる研究が必要である。本研究では被調査者の数が男性21名,女性66名と少なかったので,男女間の直接的な比較は困難であると判断した。また,得られたデータの信頼性,安定性という点についても問題がある。今後は,より多くのサンプルを集め,男女間の直接的な比較を行い,さらに自尊感情と痩身願望との因果関係を明らかにすることが必要であろう。
著者
佐藤 さつき 芦野 祐樹 上原 哲太郎 佐々木良一
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2006, no.81, pp.67-73, 2006-07-20
参考文献数
9

PCリサイクル法に伴い,ネットオークションで個人や業者が中古PCを売る割合が増えていく中で,データの削除方法を知らないままにネットオークションにノートPCやHDDを売るという行為は個人情報漏えいなどにつながる大変危険な行為といえる.ここではオークションに実際に出品している業者を対象にアンケート調査し,復元ソフトで復元できないようにきちんと抹消するようにしているか確かめた.また実際にPCやHDDを購入し実験を行い,実際にデータが復元できるPCがあることを確認した.あわせて,オークションサイト運営者に対し,PC出品者にデータの抹消を指導するよう提言を行った.The PC recycle law leads increase of selling second hand PCs in Internet auction system. It is dangerous to sell note PCs or HDDs in the Internet auction system without understanding the proper method of deleting data, because there is the possibility of the leakage of individual information etc. We made the survey on the status of deleting data in PC exhibited by a company to sell the second hand PCs in the auction site. In addition, after buying the PCs from the auction site, we confirm actually that it is possible to recover the data from the PCs. Moreover, we proposed auction site manager to give the caution on the necessity to delete the data properly to the PC exhibitor of the auction site.