ῥ (@ryhrt)

投稿一覧(最新100件)

その後、とくに面白い結果でもないけど一応: 1887 幽霊。妖怪。鬼怪 https://t.co/r5cAWTnPGk 1890 幽霊、鬼怪 https://t.co/wXu03nRRo8 1898 幽霊、妖精、幻像、怪像 https://t.co/im8xnZ3I2K 1908 幽霊、幻像(gespensterartigで「妖怪の、幽霊の」https://t.co/sv4IutocvP

6 5 2 0 OA 独和字彙

その後、とくに面白い結果でもないけど一応: 1887 幽霊。妖怪。鬼怪 https://t.co/r5cAWTnPGk 1890 幽霊、鬼怪 https://t.co/wXu03nRRo8 1898 幽霊、妖精、幻像、怪像 https://t.co/im8xnZ3I2K 1908 幽霊、幻像(gespensterartigで「妖怪の、幽霊の」https://t.co/sv4IutocvP

18 5 2 0 OA 袖珍独和新辞林

その後、とくに面白い結果でもないけど一応: 1887 幽霊。妖怪。鬼怪 https://t.co/r5cAWTnPGk 1890 幽霊、鬼怪 https://t.co/wXu03nRRo8 1898 幽霊、妖精、幻像、怪像 https://t.co/im8xnZ3I2K 1908 幽霊、幻像(gespensterartigで「妖怪の、幽霊の」https://t.co/sv4IutocvP
その後、とくに面白い結果でもないけど一応: 1887 幽霊。妖怪。鬼怪 https://t.co/r5cAWTnPGk 1890 幽霊、鬼怪 https://t.co/wXu03nRRo8 1898 幽霊、妖精、幻像、怪像 https://t.co/im8xnZ3I2K 1908 幽霊、幻像(gespensterartigで「妖怪の、幽霊の」https://t.co/sv4IutocvP
「研究報告 : 東京大学総合図書館蔵『山海異形』について」というのがあるな https://t.co/cFtQeyAw5X

8 8 2 0 OA 孛和袖珍字書

最初のドイツ語辞典『孛和袖珍字書』(1872)では、Gespenstは「幽霊」「魑魅」「妖鬼」となっている https://t.co/iMuviYYqQy
同じく1919年の『最新社会問題十二講』でも「妖怪」となっていて(河上肇訳による)、こちらは国会デジコレで見られる https://t.co/VgxtqL3BGe
「霊のしわぎ」というタイトルで登録されているこの論文、「しわぎ」という言葉を見たことも聞いたこともなく、宗教に関わる特殊な和語かなにかと思ってとりあえず見てみたら「霊のしわざ」の誤植だった https://t.co/CiMaUAilTQ
少し前にニュースになっていた百鬼夜行絵巻の博士論文、公開されていたんですね(https://t.co/T2AZwpepfy): 名倉ミサ子「真珠庵本「百鬼夜行絵巻」研究--仏教を纏う妖怪」 https://t.co/VpRgTOqHqM

7 7 0 0 OA 妖怪名義小考

RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒久留島元 「妖怪名義小考」 『同志社国文学』92号(2020/3) https://t.co/bXMdojfaFb
RT @unio01: イタチの方言いっぱい載ってる文献あったよ! https://t.co/7J7MjwPKkN
今から40年近く前に福田アジオが書いた「日本民俗学研究史年表」(~1980年)というのをながめてみたのだが、今野圓輔をはじめとして妖怪・幽霊関係はだいぶ抜け落ちているんだなあという印象 https://t.co/xFzREF1B8U
@asazato4 日野は『動物妖怪譚』本編のほうですね(文庫版上巻29ページ、初版https://t.co/yFYbcfzrdV)妖怪変化語彙は有明書房版で追加
RT @morita11: 小栗宏太「ホラー映画と想像の地理:香港南洋邪術映画を題材に」 『言語・地域文化研究』26, 東京外国語大学大学院総合国際学研究科, 2020年1月 https://t.co/HSbe00uFMd
吉田宰「平賀源内『根南志具佐』のカッパ図」『近世文藝』112巻(2020) https://t.co/6I9VUA6jpX 『根南志具佐』のカッパ図の元ネタはこれ→https://t.co/UgB8GdXRFeだという論文(pdf内のリンクが不完全だったのでこで補足)
@asazato4 ご存じかもしれませんが、初期のコロポックルについてはこの論文が網羅してます(「PDF」のところ) https://t.co/2QXTew33cZ
RT @toyonaga_ma: 私が書いた一柳廣孝『怪異の表象空間』(2020,国書刊行会)の書評が、名古屋大学図書館のリポジトリで公開されました。8頁も書かせてもらったのですが、書評としては長いほうですよね。ありがたいことです。興味のある方はどうぞご確認ください。 htt…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 柗原久子 - 怪談・奇談における虚実のゆくえ : タテマエとしての〈真実〉 https://t.co/tWg7DBXrFb
日本の文脈でこういう論文があることを知った  小澤京子「1980 年代の日本のサブカルチャーに現れた「廃墟」や「遺棄された場所」のイメージ」 https://t.co/8bZfdEfn2r
@huruhongunma ブラジル移民の民俗学的研究ならいくつかありますよ https://t.co/1gDl9JXTQ1 ただ人類学や社会学のほうが研究が盛んですね
論文メモ:川野明正2020「漢語における「妖怪」概念 : 日・中・台の概念比較」 https://t.co/PBfnqoUI7w
ポーランド語訳のThe Book of Yōkai、所蔵は1館だけか‥‥(さすがTUFS) https://t.co/FjnpvQHgfd
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒羽鳥佑亮 「日本における貧乏神譚の研究 (学生懸賞論文発表)」 『國學院雜誌』120(7) (2019-7) https://t.co/BdXIh1j6QK
RT @bsbakery: 今のところ今年のノーベル文学賞受賞者 Louise Glück さんの解説・翻訳で、信頼できる文献は以上の通り。冒頭「ルイーズ・グリック:花の声、人の声」のリポジトリのリンクはこちら。 https://t.co/jy5JCL6feK
そういえば、『現代民俗学研究』第9号(2017)に載せた「神なき時代の妖怪学」がpdfで公開されております https://t.co/MusASyMCmL (英文タイトル、今見ると変だ)
RT @seken_banasi: 世間話研究会ツイッターのアイコンはケサランパサランです。 当会の例会・頒布担当である飯倉義之氏に「「名付け」と「知識」の妖怪現象 ケサランパサランあるいはテンサラバサラの一九七〇年代」(『口承文芸研究』)という論文があります。 https:/…
同じ概念が「腐女子の妄想と二次創作」にも使われていた https://t.co/B2EV2jEx4l
最近の認知科学では呪術的なものの信仰を「異投射」「虚投射」という概念でまとめている https://t.co/6rqYCE9iBW

20 0 0 0 OA 夏山雑談 5巻

『夏山雑談』には、宮島で死者が出たら広島に運ぶので「広島へ行く」というのだ、と書いてあるhttps://t.co/oIpHff0eYr
RT @anthrobotjp: 櫻井芳生って人のこの論文、謎の統計分析に女子学生の足の写真がベタベタ張り付けてあるんだけど……  図書新聞はだいぶヤバい人を発掘してしまったのではないのか。。。 https://t.co/QebIxtuBxS
栗原 健 2020「「夜、海へ行った時には、気をつけるんだよ。」:「キジムナーと友達」話の背景とその現代的展開」 https://t.co/U0F9lDSW7L キジムナーという「伝統的」妖怪について、ネット上の書き込みや怪談実話まで射程に入れて論じている
「科学的合理性に著しく反する図書を図書館はどう取り扱っているのか : 聞き取り調査を手がかりに」 https://t.co/nbE6ESOrzQ
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒ハインリヒ・クラーメル/野村仁子訳 「【翻訳】『魔女への鉄槌』第1部問1」 『共生の文化研究』14号 (2020-3) (愛知県立大学) https://t.co/lI14cU6DT6
https://t.co/D4oeptsDqN 「実況系ネットロア」がReal Condition System Netloreと訳されておる‥‥
RT @getoiletten: 早朝から震えながら読んだ。ものすごい「応答」だ…。 宮(2020):「応答 諫早庸一「書評 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』」に対する疑義」. https://t.co/RBCV88yrEV

1 0 0 0 OA 山の人生

国会図書館デジコレの柳田國男『山の人生』、冒頭のページがいきなり半分ほど破れてる https://t.co/Bj3G9Ws4Cf
畑銀鶏って『奇獣考カマイタチ』の著者じゃん https://t.co/tkWHinBhWA
日本ではいまだに同じ著者による(単行本よりも)20年近く前の論文が引かれているが(これhttps://t.co/MZWvctjhgu)、この論文で描かれた歴史的構図は単行本のほうでは否定されているので(p. 176など)、扱いには注意を要するのだ!
@asazato4 ご存じかもしれませんが366で探すとこういう論文もあります:https://t.co/bzhDmFggen
RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
「“ノンフィクションのすべての真面目な本が,その有用性 を最大限に発揮するには,索引が必要である”と『the Chicago Manual of Style』はいう」 https://t.co/JbBRwy0RnB
@shigeokahide もちろん「ゴリラ」ではないですが(「白猿」)、こちらの論文pdfの最初のほうに要約があります https://t.co/cfcoidcyDd
@karaisan123 また現在のドイツ語圏では、日本の民俗学に当たる分野を「ヨーロッパ民族学」(Europäische Ethnologie)とも呼んでおり、このあたりはhttps://t.co/vrIycBKgDwなどの論文でその理由や現況などがうかがえるかと思います
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…
RT @seken_banasi: 発表者である伊藤慈晃さんは、社会学のメディア論の観点から現代オカルトを扱っています。これまでの論文の中では、2ちゃんねるのいわゆる「洒落怖」について論じたもの(https://t.co/g0P4RiOqu0)、怪談実話作家の幽霊観について短く…

28 0 0 0 OA 霊界物語

まさか『霊界物語』にもゴリラ女房の話が存在していたとは‥‥ https://t.co/fnuDJFfr4V (『あらすじで読む霊界物語』によると、「この話自体は、当時の講談本から着想を得たようだ」[p. 504]とのこと)
これ:小林一枝「『海の老人』の図像成立をめぐって 「千夜一夜物語」の挿絵と人魚図像」『オリエント』 39(1) https://t.co/TUMRa79p7X (今読み直したらオランウータンが原型という説もあったらしく、#カッパはポセイドンである がここにも表れていることに感じ入っている)
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒呉 章娣 「『玉藻前物語』考 : 中国文学との関わりを中心に」 『青山語文』49, 2019-03 https://t.co/gqxVT2rT4Z
これ前も見つけて読もうと思っていて忘れたままだ https://t.co/pBVzZdEXAQ
めも;仏教漢語での「鬼神」「妖精」のこと書いてるのかな? https://t.co/QuNOu8woOi
RT @seken_banasi: 発表者の羽鳥氏による関連論文がありますので、ご参照ください。 日本における貧乏神譚の研究(学生懸賞論文発表)『國學院雑誌』120 巻7号、49–70頁。 https://t.co/g055r3jtlh
RT @yaaamamoto: 平倉圭『かたちは思考する』序章すごい。興奮しながら読んだ。 取り上げられているアルフレッド・ジェルに興味を持ったので註にある「芸術作品の仕事」(内山田康)読んでいる。以下からアクセスできる。 https://t.co/Mrcuw7QbbJ
山中由里子2019「「超自然」の再考」 https://t.co/m3WM6Zcyqy 「「超自然」は、妖怪研究においても、定義の根幹部分で使われてきた用語である。しかし、驚異や怪異をそれぞれの時代や文化圏における自然理解の中に位置づける考察を行ってきた結果、(続)
RT @lwrdhtw: 浅野光紀「汎心論と物理主義」を読んだ。 近年の汎心論を再評価する動向について、クリアに整理された論文。 https://t.co/bQN9RmIUWA
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒武居真穂 「玉藻前説話における王権―三種の宝物と歴史的背景から―」 国文目白第57号 (平成30年) https://t.co/usUuAktL59
https://t.co/PPBaIGlojf 「一五世紀後半の宮廷社会に、『付喪神絵』と名付けられた上下巻の絵巻が存在していた(‥‥)それ以後、器物の怪を付喪神と呼ぶ慣例が生じたことはやむを得ないことであるかもしれない」 いや、生じてないでしょ‥‥?
「ふぉるく叢書」というシリーズがあったんですね‥‥ 表紙に「人類学と民俗学の協力による画期的シリーズ」とある https://t.co/ce6BQrj2ml

7 1 0 0 OA 赤い糸の伝説

@mongamioko https://t.co/KeXZWT0jjT https://t.co/lD5xV2nte6 https://t.co/bCZ5eCKm7a https://t.co/EEhVpUucb1 これらの論文はいかがですか?
@mongamioko https://t.co/KeXZWT0jjT https://t.co/lD5xV2nte6 https://t.co/bCZ5eCKm7a https://t.co/EEhVpUucb1 これらの論文はいかがですか?
@mongamioko https://t.co/KeXZWT0jjT https://t.co/lD5xV2nte6 https://t.co/bCZ5eCKm7a https://t.co/EEhVpUucb1 これらの論文はいかがですか?
@mongamioko https://t.co/KeXZWT0jjT https://t.co/lD5xV2nte6 https://t.co/bCZ5eCKm7a https://t.co/EEhVpUucb1 これらの論文はいかがですか?
RT @mansai_gozaru: 「素晴らしい考察で興味深く拝読しました。正直そこまで意識して演じていない部分もあるのですが、そのように読み解くことも可能と思います。ゴジラも能・狂言も記憶の換気装置ですね!BY萬斎」平林一成氏『シン・ゴジラ』における狐と蛇―野村萬斎の「熱線…
RT @nekonoizumi: センターで話題になった『玉水物語』が平成31年度科研費の採択課題に。 KAKEN — 研究課題をさがす | 『玉水物語』にみる種と性の越境 (KAKENHI-PROJECT-19K13083) 安岡 佳穂子 (井黒佳穂子) https://…
RT @nekonoizumi: PDFあり。50頁超。喜左衛門狸伝説にまつわる諸々の事がまとめられていた。喜左衛門狸も日露戦争出征話があるのか。 久保裕愛 「伊予・喜左衛門狸伝説における口承/書承の問題・再考」 『言語文化研究』38巻1-2号(2018) https://t…
RT @2SC1815J: NDLラボ「次世代デジタルライブラリー」https://t.co/ln38PMe5SV じんもんこん2018「資料画像中の挿絵領域の自動抽出及び画像検索システムの実装」https://t.co/iqgh5sHFGA で「平成30年度内を目途に公開予…
これは読もう 山下 久夫「平田篤胤における怪異「実在」論の意味」 https://t.co/kFLrqmZ5ig
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察" https://t.co/GHYO54CKRK ※本文リンクあり
中世神話のヤマタノオロチはこの論文が詳しい(西脇 哲夫「八岐大蛇神話の変容と中世芸能 多武峯延年風流と能「大蛇」」『國學院雑誌』) https://t.co/shyZkUEHmP

1 0 0 0 悪魔の研究

@MotePyon 60年前の悪魔研究会の論集(https://t.co/vBg10FCX4p)みたいなのが今あったら面白いですね(民俗学者は呼ばれなさそうな気もするが‥‥)
かつて、妖怪の科学的根拠~といってわいわいする勢を「あなた方も妖怪を信じる人々と同じ程度に民俗学の対象ですぞ」と論じたことがある→ https://t.co/i47Kv5wO9s
いつもの通りCiNii検索で「異類婚姻譚」とある論文の英題を見てみたが、特にこれといった定訳はない感じである(潔くIrui Konin Tanとしてある論文もあったhttps://t.co/EEwF3JdLtK)
RT @kguhis: 妖怪文化論でおなじみ佐々木 高弘先生は、「そう、われわれは、神々と人々と星々と電子と原発と市場から同時になるハイブリッドな世界の中で生きている」と始まる刺激的な論文「生命としての景観」を載せておられます。 https://t.co/VSiOXEahtI
僕が読んだものではないがネット上で読めるのがあった 「狐の嫁入りとライオンの出産:日照り雨の比較民族学」 https://t.co/6fE8GEHxZb
https://t.co/KUM738jE3a 「『古事記』の研究 : 刀剣の記述を中心に」という博論なのだが、abstractのpdf、まだ編集中の部分がそのまま残ってるぞ‥‥ https://t.co/PDHNPNRkCv
RT @morita11: "CiNii 論文 -  現代ギリシャ幻想小説序説 : 後ビザンツ期から十九世紀末まで" https://t.co/kXVztytfu5 ※本文リンクあり

3 0 0 0 OA 梅園全集

@yaminonakanojei 「物の怪の弁」っていう小文がありますが、化物否定論(全面否定ではない)ですね https://t.co/dad3i3rNfY
物集高見、こういう著作があるのを見ると、少なくとも大正後期は幽冥界に関心があったとみるべきではないかな~ https://t.co/42Ay2MpIK3 (同書には序も跋もないので成立経緯不明、『日本奇書偽書異端書大鑑』でも紹介されているがやはり不明とのこと)
RT @Signal9J: @gishigaku @ryhrt 社会運動家の古川清治の『生命ニ関スル研究 : 惟神科学』(昭15)には「而して此の世界こそ、我々の云ふ霊界である。エーテルの世界である。四次元の世界である」 という文言が見えますね。 https://t.co/Hl…

8 0 0 0 OA 海録

RT @subject_hyosube: 「因に云、九十九神といふ妖怪の畫巻あり、是も土佐家の百鬼夜行には猶及ばで、たらぬといふ心なる柳べし、これも亭の同じ時の談なりき、乙未(天保六年)六月九日來話、」 山崎美成『海録』国書刊行会、1915(https://t.co/dg4zS…
なお、頭はネコというのは『看聞日記』応永23年4月25日の条だが、こちらは全体として鳥の姿をしており、よく知られているヌエとは異なる(さらに「鵺」とも書かれていない) https://t.co/xeUa1LxUkG
RT @morita11: "J-STAGE Articles - 霊のエイジェンシーについて" https://t.co/9VM5rQupTw

13 0 0 0 OA 輿地誌略

国会図書館デジタルコレクション版は画質が悪いのでお勧めできないが、しょうもない落書きがされている! https://t.co/ohFLqpGDpS 「豊関白ノ前生ナラン ヒヤ〳〵」
島村さんの論文「民俗学とは何か?」トム・ギルさんの英訳で公開されているけどhttps://t.co/xGuqV7hCzl 妖怪研究がthe study of fairiesとなっているのは「???」である(ついでに「根本的なところを全然考えていない」とディスられている)
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ネットロアの拡散と「愚か村」話 : 「キングカズは神だと思っている。」を中心に" https://t.co/d3FQDcoWMn
RT @morita11: "CiNii 論文 -  マンボウの現代民俗 : ネットロア化した「マンボウの死因」に関する考察" https://t.co/4Gh92ZHKXH
『日本妖怪考』、CiNiiで所蔵が100件越えていたのでめでたい https://t.co/iQkXcIkWbN
RT @ryhrt: 質問: 水木しげるの重要エッセイ「妖怪のかたち今昔」や「目に見えないものを見る」の初出雑誌であるという『め』ってどこで読めるのでしょうか? そもそもどこの雑誌でしょうか? https://t.co/7L1zoq69Laかなと思ったのですが一つは79年のエッ…
質問: 水木しげるの重要エッセイ「妖怪のかたち今昔」や「目に見えないものを見る」の初出雑誌であるという『め』ってどこで読めるのでしょうか? そもそもどこの雑誌でしょうか? https://t.co/7L1zoq69Laかなと思ったのですが一つは79年のエッセイなので微妙に違う‥‥
@machingirl2011 @AmazonJP 原書は1901年出版です https://t.co/Q9Ye67Pm9m
RT @KazumichiH: 1935(昭和10)年の「縫ひぐるみ」がなかなか味わい深い。https://t.co/rUUlEVZZTL https://t.co/JgvA5XermN
津城寛文先生の『鎮魂行法論』がpdfで読めるようになっている! 「絶版となって久しく……このたび、本務校の附属図書館のリポジトリに登録できることになった」 https://t.co/Khd0clN8cJ
RT @morita11: "CiNii 論文 -  喚起されるホモソーシャリティ : アダルトビデオの行為論、あるいは精液の社会的エージェンシー" https://t.co/XnjszZhJA0 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  「反直観的なもの」としての超自然 : パスカル・ボイヤーの宗教論の幻想文学への適用可能性 (嶋村誠教授記念号)" https://t.co/EbFVDQ1wtW ※本文リンクあり
https://t.co/rXexCOYQuc 「怪異「髪切り」の変遷」の英語タイトルが「ヘア・カッター・カミキリ」で忍殺っぽさ

1 0 0 0 妖怪

なにこれ https://t.co/vEhJPe9aUW
日本国内でのフィールドワークをもとに妖怪について論じた博士論文って今のところマッザロ・ヴェロニカさんのだけかな? https://t.co/R7o9rND6Ot
RT @yashiro_with_t: 「ピダハン論争をめぐって」(中井悟, 2014):https://t.co/TTKrFB1XVB PDF全96ページ。本人が言っていない「二次創作語録」が流通するメカニズムを言語学的観点から解明する手がかりとして(←超適当)読んでみた。…
『現代民俗学研究』6号(2014年)に投稿した妖怪論文が電子公開されていました https://t.co/Vi4vhgXQlM 今となっては全面的に書き直したい内容ではありますが・・・・

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 厚生労働省の「自助・共助・公助」の特異な新解釈 : 問われる研究者の理論的・政策的感度 https://t.co/XLOVJ4Bvpi 案外知られてないのか。っていうか、知っていると思う方がもうおかしいか。今や教科書では定着した定義だし、国試対策的にも批判は余計なことになっているから。
扉が「誌上討論:圏論的アプローチで意識は理解できるか」 編集にあたって(JAIST日高) https://t.co/93wkONSJfE ターゲット論文の「圏論による意識の理解」https://t.co/yYiSlWIG37 土谷さんと西郷さん。各論で布山さんの「土谷・西郷「圏論による意識の理解」へのコメント」
扉が「誌上討論:圏論的アプローチで意識は理解できるか」 編集にあたって(JAIST日高) https://t.co/93wkONSJfE ターゲット論文の「圏論による意識の理解」https://t.co/yYiSlWIG37 土谷さんと西郷さん。各論で布山さんの「土谷・西郷「圏論による意識の理解」へのコメント」
CiNii 論文 -  フィールドワークはどのように行われたか : 森岡清美の能登真宗教団研究調査の経験から https://t.co/hFVrlycGBE #CiNii
「珈啡磨[コーヒーうす]」https://t.co/yTBuy9kF3A 「猳
「珈啡磨[コーヒーうす]」https://t.co/yTBuy9kF3A 「猳
「珈啡磨[コーヒーうす]」https://t.co/yTBuy9kF3A 「猳

6 0 0 0 戦争と迷信

石川雅章には『戦争と迷信』(昭和16年)という書籍があり、目次を見ると『バケのかわ』の元となった本とわかります。でも、ほかにも「防諜と迷信」「戦争と邪教」「火焔を吐くのつぺらぽうの話」なんて項が。自分好みな内容。く~、いつか手に入れるぞ! https://t.co/U2NZCwVLyd

20 7 7 0 大言海

@IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi

フォロー(192ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @dripping_out: 鎌田大資(2021)「ジョージ・H・ミードの社会的自己論とドイツ観念論哲学 : 初期シカゴ学派社会学の忘れられた一側面をめぐって」『椙山女学園大学研究論集 社会科学篇』(52) https://t.co/wDeP51yxig
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…
RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47

5 5 5 0 OA 短信

『#外国の立法』No.287-1(短信)を掲載しました。 韓・国会法改正/公職選挙法改正等 中・予算法実施条例改正/統一戦線工作条例改正 フィリピン・代替学習システム https://t.co/RIcR4SGJPY

5 5 5 0 OA 短信

『#外国の立法』No.287-1(短信)を掲載しました。 米・母親に優しい空港法 EU・域内移動制限勧告改正/LGBTIQ戦略 仏・家庭内暴力 独・労働保護管理法/医療技術補助職改革法 露・核の輸出管理/個人情報保護 https://t.co/RIcR4SGJPY
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【韓国】軍艦島に関する国会決議 https://t.co/CxChPEuMDZ
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【アメリカ】中南米地域と米中関係に関する国務省高官の見解 https://t.co/E7fhY65AAC
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【アメリカ】アントニー・ブリンケン氏の国務長官への指名承認公聴会 https://t.co/3pc6XGv81h
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【フィリピン】過疎地の医師不足を解消するための医学奨学金制度の導入 https://t.co/Ut94jnOhLR
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【ニュージーランド】死のほう助及び大麻合法化に関する2020年国民投票 https://t.co/NxCPPh86E1
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【オーストラリア】2020年オーストラリア外交関係法の制定 https://t.co/lIyvSwIAZa
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【中国】アーカイブ法の改正 https://t.co/CwEwrVJmgz
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【韓国】重大な産業災害等の処罰及び防止に関する法律の制定 https://t.co/Kt5rRckiPP
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【ロシア】2021-2023年度連邦予算の概要 https://t.co/rdN20KiJqq
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【イタリア】ドラギ新政権の成立 https://t.co/4K73ICIbC8
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【ドイツ】GWB(競争制限禁止法)デジタル化法―デジタル・プラットフォーム企業への競争法上の規制強化等― https://t.co/mIMIh8sahT
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【イギリス】臓器提供に関する法律の改正 https://t.co/YIZQOKvcIO
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【イギリス】2021年医薬品及び医療機器法の制定 https://t.co/Eg7ULvXSqe
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 【アメリカ】インディアン地域の経済活性化のための改正法の成立 https://t.co/AErZt5oyA6
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【ドイツ】コロナパンデミック対策―倒産防止、税務申告の期限延長、現金給付拡充、医師支援、在宅勤務、入国規制、ウイルス解析― https://t.co/sszV5ra3BX
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【フランス】再度の公衆衛生上の緊急事態について定めるデクレと法律 https://t.co/EW12yfr0hO
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【 E U 】新型コロナウイルス復興基金設立規則の公布 https://t.co/PuKeQwP1bJ
『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【アメリカ】コロナ下における連邦議会下院の遠隔審議の継続 https://t.co/upbj30196D
フランスにおける尊厳死法制 ―患者の権利及び生の終末に関する2005年法を中心としてー https://t.co/ai4tDNpweG
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載しました https://t.co/H72gYFtQux
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1146「サンマの資源管理と持続的利用」(PDF:601KB)を掲載しました https://t.co/UrfGaVyl9f
【フランス】デジタル国家を推進する法律の制定『 #外国の立法 』270-1号, 2017.01.10. https://t.co/icXwNCLgLv #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
学校教育の情報化―現状と課題―『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』989号, 2018.01.09. https://t.co/EQaMNQsBni #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
マイナンバーカードに関する動向『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1042号, 2019.2.28. https://t.co/wVXo1OpIDj #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
農林水産業へのICTの活用―政府の取組と活用に向けての課題―『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1052号, 2019.04.02. https://t.co/HMptMoh5l9 #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
デジタル経済の課税をめぐる動向【第2版】『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1064号, 2019.07.02. https://t.co/nvGrAFOecz #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
地方公共団体による独自のマイナンバーカード普及促進策―中国・四国地方における取組事例―(現地調査報告)『 #レファレンス 』822号, 2019.7. https://t.co/jHOjgCGT60 #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
【EU】オンラインプラットフォームの公平性・透明性向上に関する規則『 #外国の立法 』281-1号, 2019.10.10. https://t.co/yhgL0Hsg9A #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
【EU】デジタル単一市場における著作権指令『 #外国の立法 』281-2号, 2019.11.10. https://t.co/VwByLETWI3 #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
デジタル・プラットフォーマーと競争政策『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1088号, 2020.02.25. https://t.co/PC7gFQSHzq #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
【イタリア】デジタル政策推進機関に関する法令『 #外国の立法 』285-2号, 2020.11.10. https://t.co/FcyBysMhUv #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
中央銀行デジタル通貨をめぐる議論『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1122号, 2020.11.10. https://t.co/Fp1UQqRIur #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン診療の規制緩和―日本及び米国の状況を中心に―『 #レファレンス 』839号, 2020.12.20. https://t.co/dHITf66RuS #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
【フランス】デジタル省庁間総局(DINUM)を設置するデクレの制定『 #外国の立法 』286-1号, 2021.01.10. https://t.co/Lq0Q8B8RjR #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
電子契約・電子署名の概要と課題『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1135号, 2021.02.04. https://t.co/dXKpGTAOKB #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
【フランス】国のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進計画『 #外国の立法 』286-2号, 2021.02.10. https://t.co/ptBHEpTxuD #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定―概要と論点―『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1142号, 2021.03.12. https://t.co/Af6HFUjkIN #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革
マイナンバー制度に関する最近の取組『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1143号, 2021.03.26. https://t.co/gJUbG4sfwL #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
RT @KairiShimabukur: 川口幸大,2019,「東北の関西人」『文化人類学』 https://t.co/jqpjFTun0z タイトルからして面白そう

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
鴻 浩介「アンスコムの実践的知識論:「それが理解するものの原因となるもの」」 『哲学』68 https://t.co/n7vMXzet9I

28 26 26 0 OA 内外野菜圖

RT @NDLJP_en: Looks delicious! A variety of #vegetables from a picture book published by a Japanese government-operated nursery company in…

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi
RT @ktaonmo: CiNii 論文 - 『神話論理』の解読に関する一考察 近藤宏https://t.co/LXn2f2ttSP #CiNii
@sunaaji デジコレに全文あるので、どうぞー https://t.co/9ybH8HdV0y
RT @okazakiyslab: 統計的因果推論の視点による重回帰分析 https://t.co/khhOqD3Lla

フォロワー(1677ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @dripping_out: 鎌田大資(2021)「ジョージ・H・ミードの社会的自己論とドイツ観念論哲学 : 初期シカゴ学派社会学の忘れられた一側面をめぐって」『椙山女学園大学研究論集 社会科学篇』(52) https://t.co/wDeP51yxig
RT @namaurako: カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/Hru7FjuMsQ
カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/Hru7FjuMsQ
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
#女性参政権75周年 後読→ CiNii 論文 -  権利の上に眠るな : 今振り返る市川房枝の取組とその現代的意義 (議員実力養成講座 女性と議会(第2回)) https://t.co/00xC3KBu2W
『神拝祭式加持祈祷神伝/柄沢照覚著』も捨てがたし。 https://t.co/IcrHYYZcHH

4 4 4 4 OA 肖像

RT @Deathbreaker666: 国立国会図書館で佐脇嵩之の肖像画を発見しました。 https://t.co/V2Deg0wPov https://t.co/pUMedckibe

4 4 4 4 OA 肖像

RT @Deathbreaker666: 国立国会図書館で佐脇嵩之の肖像画を発見しました。 https://t.co/V2Deg0wPov https://t.co/pUMedckibe

4 4 4 4 OA 肖像

国立国会図書館で佐脇嵩之の肖像画を発見しました。 https://t.co/V2Deg0wPov https://t.co/pUMedckibe
RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS

26 23 23 23 鷹司平通氏の死

RT @ShinHori1: → 昭和天皇の皇女の和子さんは、摂関家の子孫の名門・鷹司家の平通氏と結婚しましたが、1966年に鷹司平通氏は銀座のバーの女性と心中事件を起こして亡くなりました。 皇族女性は、名門と結婚すれば万事安心ということでもないのです。 https://t…

6 4 4 4 OA 翻車考

@japanfossil まん防はいざしらず、まんぼう、強そうですな(『翻車考』https://t.co/TtBE0sBVes https://t.co/N0MQG9tWRe
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…
RT @BungakuReportRS: 小島 雪子 - 平安時代文学における「よもぎ」「蓬」について(一)――平安初期までの漢詩文における「蓬」を中心に―― https://t.co/sEGMbKKPzJ
RT @ZibakuRei: リールに記された日付からしてリンク先の4.ドルビー放送で言及されてる特番と思われる https://t.co/aRTrG8RXn4
「日本原子力学会誌コラム」ってこれか。 "徳島文理高等学校3年 松本 杏奈" 東京のスダチ https://t.co/kMkp0sgnCA
RT @anegomarufu: @Zenz10Mousu 面白い情報ありがとうございます。機関リポジトリからDLしてきました。そうか、トンスラってのもありましたね。というところで2p目読書中。 https://t.co/bCvKeEL0w3
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】伊藤君男(2004) 被説得者の印象志向動機が内集団成員による説得的メッセージの処理に及ぼす効果 https://t.co/CykMbjd0xg
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @10ti3pin: #アジア研究図書館デジタルコレクション のデータを利用した研究を以下発表しております。厚く御礼申し上げます。 Linked Data化した典拠データとIIIFを用いた法帖の異版比較支援システムの開発 https://t.co/UWhuueeT8k…
RT @10ti3pin: #アジア研究図書館デジタルコレクション のデータを利用した研究を以下発表しております。厚く御礼申し上げます。 Linked Data化した典拠データとIIIFを用いた法帖の異版比較支援システムの開発 https://t.co/UWhuueeT8k…
RT @lucres971558: On the Interaction of Elementary Particles. I 湯川秀樹の博士論文があった めちゃくちゃシンプルやなぁ… https://t.co/wuBWgTz12W
RT @NDLJP_en: Do you know what a bento is? Find out by reading this article: #ndldigital https://t.co/DYdQ8HsrFo https://t.co/EpNWMNCVqv
RT @squid87res: 90年代の「モーニング」と「アフタヌーン」に掲載されてた海外マンガに関しては昔原さんが『マンガ研究』でまとめられてたけど、そこからさらに総括みたいなことはまだ誰もされてないので…誰か…お願いします…。 1990年代『モーニング』の海外マンガ紹介…
RT @archerknewsmit: 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの新しい研究紀要『アイヌ・先住民研究』第1号です。国際編集諮問委員会に私の師匠、リチャード・シドル先生がいます!https://t.co/Nd5ShXdmWu https://t.co/AOocn0f8…
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
RT @NDLJP: 農林水産業へのICTの活用―政府の取組と活用に向けての課題―『 #調査と情報 -ISSUE BRIEF-』1052号, 2019.04.02. https://t.co/HMptMoh5l9 #NDL調査局今月のトピック #デジタル改革

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
→民間の福祉運動にかかわった人々は、枠外に弾き出され、 行政のコントロールがきく組織に変質させられ、やがて福祉のまちづくりも、市民レベルからは遠い存 在になっていった」(同)として、一連の経験を「警鐘」としてもとらえている 。」 平川毅彦2006 https://t.co/4lxMwQs1Y6 https://t.co/eEyLYSIoOP
→ 「特に1970年代の東北新幹線導入を契機に、福祉のまちづくり運動がさかんになった。/民間の福祉運動として全国的に注目された」(田代、2002年a、p.519))と述べる。しかし、田代はこの運動が「間もなく行政サイドがこの分野に進出してくると同時に、→ 平川毅彦2006 https://t.co/4lxMwQs1Y6 https://t.co/Jvy8lc59hD
→さらに同年9月には「福祉のまちづくり、車いす市民交流集会」が開催、全国から車いす利用者が仙台を訪れ、そこでの経験は 日本全国へと広まり定着した。 当時、研究者としてこの運動に積極的に関わった田代は→ 平川毅彦『個人の発達・成長と「福祉のまちづくり」』2006 https://t.co/4lxMwQs1Y6 https://t.co/zOnm2hHLGU
→専門家と住民参加を旨とする当時の島野仙台市政/と結びつくことで拡がりを持ち、その活動成果はマスコミにより全国に紹介された。また、こうした活動成果が評価され1973/年7月には厚生省(当時)による身体障害者福祉モデル都市指定による整備が行われ、→ 平川毅彦2006 https://t.co/4lxMwQs1Y6 https://t.co/Fs4aEpFzgT
「日本社会における「福祉のまちづくり」 の源流は、高度成長期の仙台市にあるとされている。 施設のみで完結する生活に不満を持つ身体障害者と学生ボランティア、そして彼らを支援するソーシャルワーカーによる最初の一滴から始まり、→ 平川毅彦2006 https://t.co/4lxMwQs1Y6 https://t.co/lts9DLA6KD
→実は同年、福祉先進国スウェーデンでも障害者によるバス占拠事件が起きており、障害者の移動権獲得運動もほぼ同時代的に起きていることは興味深い。」 同上 髙橋儀平『日本におけるバリアフリーの歴史』2020 https://t.co/yan8DJVE6c https://t.co/Qc3itGYglb
「1976年12月、川崎市で60人の障害者がバス乗務員の差別的な対応に抗議して市バスの運行をストップさせる行動に出た。バス事業者が初めて障害者問題に直面した瞬間で/、障害者と交通問題にとってエポックメーキングとなった。→ 髙橋『日本におけるバリアフリーの歴史』2020 https://t.co/yan8DJVE6c https://t.co/yLaNw3sade
→ / 仙台で福祉のまちづくり運動を推進した市民、支援者は、1969年に世界リハビリテーション協会により制定されたばかりの国際アクセスシンボルマーク/の普及運動を活動の中心とした。」 髙橋儀平『日本におけるバリアフリーの歴史』2020 https://t.co/yan8DJVE6c https://t.co/lZ3PPMQKwf
→ その後69年末/街頭募金により車いすをデパートや商店街、公共施設に寄贈した市民活動が福祉のまちづくり運動へと発展する。 → 髙橋儀平『日本におけるバリアフリーの歴史』2020 https://t.co/yan8DJVE6c https://t.co/0pS9gFYful
「福祉のまちづくり、すなわち我が国におけるバリアフリーの発祥は、1967年で/宮城県肢体不自由協会の職員による重症心身障害児を外出させる運動会/が発端となり、/ボランティア/参加した車いす使用者と学生との出会いが福祉のまちづくり運動の契機となった。→ 髙橋儀平2020 https://t.co/yan8DJVE6c https://t.co/HAOkjfAO7z

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
RT @BungakuReportRS: 北海道大学文学研究院紀要 (162) : HUSCAP https://t.co/6H2b5HffTL
@tcv2catnap →以上、のべたように、懲罰として劣等、過酷な処遇内容とすることによって、労働者をして低賃金でかつ勤勉に働かしめるのとを目的としていたならば、現代においてこの二つの点がいかに変容したかを検討する/。」 川上昌子『現代の公的扶助制度と「劣等処遇の原則」』1976 https://t.co/UwFZVazuXW https://t.co/BTOdJWKRVN
@tcv2catnap →つまり、救貧法は極度に消極的であることによって、/要するに労働者をして、自らの労働力の販売なしには生存手段を獲得できないようにさせしめることに寄与するものであった。 → 川上昌子『現代の公的扶助制度と「劣等処遇の原則」』1976 https://t.co/UwFZVazuXW https://t.co/6T7BoMoeqX
@tcv2catnap →二つは、経済の自然法則を提乱しないという意味で/そのためには①上記の/過酷さにより、被救恤的貧民となることを自ら避忌させ、救済者の数を最少限に制限すること。②救済水準を現に稼働している低賃金労働者の賃金水準以下とすることが必要であった。/ → 川上昌子1976 https://t.co/UwFZVazuXW https://t.co/m1q6BFoER6
@tcv2catnap →具体的施策としては①救済基準を極度に劣悪な水準とする②ミーンズテストにより資格を厳しくチェックする。①すべて収容保護とし、救済の代償として過酷な労働を課す。③市民権を剥奪する等が行われた。/→ 川上昌子『現代の公的扶助制度と「劣等処遇の原則」』1976 https://t.co/UwFZVazuXW https://t.co/Niv3aU4l3g

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…

74 74 74 1 OA 柳田國男の交通論

RT @Naga_Kyoto: 田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https:/…
RT @marxindo: CiNiiはありがたいラジね。 土田耕司 2015 障害個性論の背景 ―「障害は個性である」という言葉の役割 ― 川崎医療短期大学紀要 https://t.co/hVSiuomfI2
@tsuco33 ご存知かもしれませんが、この論文の中盤にコヒマ戦の記録や気象についての記述が多くあるので貼っておきますね。 https://t.co/EvqASuazyI
RT @jpcoar: 情報の科学と技術71巻4号に、『日本における研究データ管理教材の開発経緯』が掲載されました。是非ご覧ください。 https://t.co/e8KRYAATup
メモ:以前フォロワーの方が「お前らがそれぞれが考えてるホモソーシャルやホモソ的って何だ?から始めないと、同じ言葉で全く違う事柄の話をするということになる…」と酔いながら言ってた。 東園子『女同士の絆の認識論 : 「女性のホモソーシャリティ」概念の可能性』2006 https://t.co/J7GN4a5deJ https://t.co/UpV0nSW2rt

17 8 8 0 OA 翻車考

RT @NDLJP_en: Ocean #sunfish attracted a lot of interest because of their unique looks. This book was created by KURIMOTO Tanshu, a Shoguna…
RT @BungakuReportRS: 古市 将樹 - 三筆三蹟はなぜ三筆三蹟なのか (1)三筆三蹟の語られ方について 【本論でおこないたいのは、「三筆」「三筆」という呼称ができ て、他の能書を三筆・三蹟から区別(分節)する記号として作用したという指摘である】 https…
RT @happymnt: https://t.co/70OeY1wmdn 神田外語大学学術情報リポジトリーに掲載された。
サーバとの回線が切れても生き続けられることが強さだと思ってた。 https://t.co/0EzRUFIrJN
RT @KairiShimabukur: 川口幸大,2019,「東北の関西人」『文化人類学』 https://t.co/jqpjFTun0z タイトルからして面白そう
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒野村育世 「有田焼の創始者 : 百婆仙についての基礎的研究」 『日本研究』第62集 https://t.co/KNnt0Knv5l
https://t.co/taGPmns05H:監視カメラの映像から「違和感」を検出する技術、特許出願へ https://t.co/6PQK6PiFMb 監視カメラにおける映像認識の動向 https://t.co/HBEf436KxV
RT @nekonoizumi: しかも、このシリーズの花澤香菜朗読の太宰治「女生徒」にいたっては論文化までされている。声優朗読コンテンツ研究である。 ⇒広瀬正浩 「声優が朗読する「女生徒」を聴く : 声と実在性の捉え方」 『昭和文学研究』71, 15-27, 2015-09…
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
“1億人の昭和史 (毎日新聞社): 1977|書誌詳細|国立国会図書館サーチ” https://t.co/ZNEDrHHR0O “CiNii 図書 - 不許可写真史” https://t.co/S4XIdK036p NDLサーチのキーワードの関連語展開が良さげ
鴻 浩介「アンスコムの実践的知識論:「それが理解するものの原因となるもの」」 『哲学』68 https://t.co/n7vMXzet9I
RT @Hokusui_T: 「水産学部学生便覧と女子学生の学科選択」 笠井久会・荒井克俊 北海道大学水産科学研究彙報 70(2), 113-118, 2020-12-23 https://t.co/0f491BcYaH
RT @Hokusui_T: 「水産って女子いたんだ」という新入生のツイートを見かけましたが、笠井久会先生の論文によると2020年5月現在の北海道大学水産学部在籍者のうち女子学生は25.2%だそうです。1953年から1964年は0~2名で推移していたのが、1965年度以降増え始…

21 1 1 0 OA 夭怪着到牒 2巻

国会図書館デジタルコレクション『夭怪着到牒』より。 https://t.co/LCQjghxDNT
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi
RT @ktaonmo: CiNii 論文 - 『神話論理』の解読に関する一考察 近藤宏https://t.co/LXn2f2ttSP #CiNii

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi

20 7 7 0 大言海

RT @subject_hyosube: @IaKoy13 滑瓢の表記は1935年の大槻文彦の『大言海』三巻にありました。 https://t.co/XCEdJOAfUo https://t.co/XpjzgUuUMi
CiNii 論文 - 『神話論理』の解読に関する一考察 近藤宏https://t.co/LXn2f2ttSP #CiNii
@sunaaji デジコレに全文あるので、どうぞー https://t.co/9ybH8HdV0y
伊藤達氏 「詠歌大概諸注釈書における情の解釈をめぐって : 心・意・識論を軸として」『駒澤國文』49、2012年2月。https://t.co/DDdxZB2yfD
RT @HidemoriYAZAKI: こうしたカンタリジンを巡る複雑な種間相互作用はさまざまな生物に広がっており、「カンタリジン・ワールド」と呼ばれています。その研究者である橋本晃生さん(研究室の先輩でもある)が2018年に日本語での総説を発表され、その魅力的な世界をわかりや…
RT @HidemoriYAZAKI: こうしたカンタリジンを巡る複雑な種間相互作用はさまざまな生物に広がっており、「カンタリジン・ワールド」と呼ばれています。その研究者である橋本晃生さん(研究室の先輩でもある)が2018年に日本語での総説を発表され、その魅力的な世界をわかりや…