永田 大輔@『アニメの社会学ーーアニメファンとア (@DN_networks)

投稿一覧(最新100件)

RT @Sasa_Jim: 松永 伸太朗, 2020, 「公共社会学における経験的研究に関する試論 マイケル・ブラウォイの「拡張事例研究法」に着目して」『長野大学紀要』42(1), 137-143 https://t.co/DctlMWPmDN
RT @medicineman: “CiNii 論文 -  高度経済成長期の階層帰属意識--戦後日本における階層帰属意識に関するノート(1)” https://t.co/QRFvjvhU3W
RT @DN_networks: 著者の雪村さんは戦争とアニメーション https://t.co/CV6gadQjr7 という業績やヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化 https://t.co/rcm64l8e4g (日仏社会学会奨励賞受賞)等のお仕事をされています。
RT @DN_networks: 著者の雪村さんは戦争とアニメーション https://t.co/CV6gadQjr7 という業績やヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化 https://t.co/rcm64l8e4g (日仏社会学会奨励賞受賞)等のお仕事をされています。
RT @DN_networks: 高艸さんはシュッツの研究をされており、アルフレート・シュッツの社会科学の基礎づけに おける生世界概念の導入の契機と意義https://t.co/he0Bbq2fzI やシュッツの社会科学基礎論における生の諸相:体験次元と意味次元の統一としての主…
RT @DN_networks: 高艸さんはシュッツの研究をされており、アルフレート・シュッツの社会科学の基礎づけに おける生世界概念の導入の契機と意義https://t.co/he0Bbq2fzI やシュッツの社会科学基礎論における生の諸相:体験次元と意味次元の統一としての主…
RT @DN_networks: 佐々木啓さんは「社会学におけるエスノメソドロジーの意義」という学位論文を書かれており、 https://t.co/MjS5KqdQvg 近刊では『「理解」することと「記述」すること : エスノメソドロジーの視点から 』https://t.co/…
RT @DN_networks: 佐々木啓さんは「社会学におけるエスノメソドロジーの意義」という学位論文を書かれており、 https://t.co/MjS5KqdQvg 近刊では『「理解」することと「記述」すること : エスノメソドロジーの視点から 』https://t.co/…
RT @dripping_out: 松永伸太朗(2020)「公共社会学における経験的研究に関する試論──マイケル・ブラウォイの「拡張事例研究法」に着目して」『長野大学紀要』42(1) https://t.co/KszJONaX5X
RT @HAT0406: 僕の初の査読論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの解釈――女性向けアダルトビデオを視聴するファンに着目して」含む、『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol.8がWebでも公開されたようです https://t.co/uPlhYNk…
RT @DN_networks: 著者の金泰龍さんは「「まんが世代」の少女マンガ言説の形成と変遷――『COM』から『迷宮』まで」https://t.co/xqpwCEWHke 等で日本国内のまんが言説の読み返しや、韓国での90年代以降の日本のゲーム文化受容やそれを前提とした韓国…
日本社会学会長講演 東日本大震災以降の社会学的実践の模索 家・ムラ論をふまえてのコモンズ論から https://t.co/qR5bb6oB4m
「問い」としての公害 環境社会学者・飯島伸子の思索https://t.co/RCf9BoMB14 環境社会学の研究動向 https://t.co/de6JXHdZMO
著者の金泰龍さんは「「まんが世代」の少女マンガ言説の形成と変遷――『COM』から『迷宮』まで」https://t.co/xqpwCEWHke 等で日本国内のまんが言説の読み返しや、韓国での90年代以降の日本のゲーム文化受容やそれを前提とした韓国のゲーム制作者についての調査も行っておられます。
@rero70 池上さんのこの論文にある「時代経験」 https://t.co/vEDZjUYk6j とも言われるくらいですからね ジャンプは長期連載が多いので看板と呼ばれる一番人気と時期ごとのナンバー3くらいまでの作品数がそう多くないのでそれとそれ比較できる?みたいになりやすい気が
RT @DN_networks: 著者の足立さんは「日本のマンガ・アニメにおける「戦いの表象」https://t.co/63SR9kkSYUで戦いの表象の分析を主要業績とされており、「五十嵐かおるにおける瞳の巨大化の過程」https://t.co/nkxSiQfvp3 で少女マ…
著者の足立さんは「日本のマンガ・アニメにおける「戦いの表象」https://t.co/63SR9kkSYUで戦いの表象の分析を主要業績とされており、「五十嵐かおるにおける瞳の巨大化の過程」https://t.co/nkxSiQfvp3 で少女マンガの瞳の分析をされています。他にひぐらしとゲーム性に関する論考等もあります。
永田の現時点での代表作はコンテンツ消費におけるオタク文化の独自性の形成過程 https://t.co/qIuc4xvtqM で、最もダイレクトに問題関心を書いたのはビデオをめぐるメディア経験の多層性(学振DC2申請と同タイトル)https://t.co/ge0K6FMVYG になっています。
著者の雪村さんは戦争とアニメーション https://t.co/CV6gadQjr7 という業績やヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化 https://t.co/rcm64l8e4g (日仏社会学会奨励賞受賞)等のお仕事をされています。
著者の雪村さんは戦争とアニメーション https://t.co/CV6gadQjr7 という業績やヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化 https://t.co/rcm64l8e4g (日仏社会学会奨励賞受賞)等のお仕事をされています。
RT @general_ikep: 奨励賞は新居池津子さん「昼休み時間を過ごす中学生から捉える学校図書館の機能―書架によって創出される場所における居方に着目して―」日本図書館情報学会誌. 66巻, 1 号, 2020, p.1-18. https://t.co/ELP5HDgR…
高艸さんはシュッツの研究をされており、アルフレート・シュッツの社会科学の基礎づけに おける生世界概念の導入の契機と意義https://t.co/he0Bbq2fzI やシュッツの社会科学基礎論における生の諸相:体験次元と意味次元の統一としての主観的意味https://t.co/QWXTUwZx6t といった仕事をされてます。
高艸さんはシュッツの研究をされており、アルフレート・シュッツの社会科学の基礎づけに おける生世界概念の導入の契機と意義https://t.co/he0Bbq2fzI やシュッツの社会科学基礎論における生の諸相:体験次元と意味次元の統一としての主観的意味https://t.co/QWXTUwZx6t といった仕事をされてます。
佐々木啓さんは「社会学におけるエスノメソドロジーの意義」という学位論文を書かれており、 https://t.co/MjS5KqdQvg 近刊では『「理解」することと「記述」すること : エスノメソドロジーの視点から 』https://t.co/kEvIWjHlwj #CiNii 等のお仕事をされています。
佐々木啓さんは「社会学におけるエスノメソドロジーの意義」という学位論文を書かれており、 https://t.co/MjS5KqdQvg 近刊では『「理解」することと「記述」すること : エスノメソドロジーの視点から 』https://t.co/kEvIWjHlwj #CiNii 等のお仕事をされています。
CiNii 論文 -  先端社会研究所 先端研セミナー 先端研セミナー記録 親密圏における自由と平等 : 見田宗介から、トッド、ブルデューを経由して https://t.co/zN1BrUcMpR #CiNii
CiNii 論文 -  フリーランスとライフキャリア : フリーアナウンサーを事例として https://t.co/I5OvUwhbTg #CiNii
CiNii 論文 -  ファン研究における理論の紹介 : 文化産業と大衆社会への批判から、ファン文化におけるナルシシズムへの批判まで https://t.co/NlsEwaO2g3 #CiNii
CiNii 論文 -  日仏社会学会奨励賞を受賞して(受賞の言葉,日仏社会学会奨励賞) https://t.co/46JqKUbRdx #CiNii
CiNii 論文 -  文化的実践としてのアニメ(文化的コミュニケーションの新たな様式,<特集>日仏学術シンポジウム社会学部門) https://t.co/u5dsIFLo29 #CiNii
CiNii 論文 -  ヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化 https://t.co/c8SxSipvoe #CiNii
CiNii 論文 -  <研究ノート>複数店舗経営者の仕事 https://t.co/rAoZf8jCE5 #CiNii
CiNii 論文 -  外食ファストフード店舗の経営社会学 https://t.co/Xc4ifxmbVW #CiNii
CiNii 論文 -  日系ブラジル人労働者のキャリア研究の射程と課題 https://t.co/0ijUFDPndS #CiNii
CiNii 論文 -  すし職人における技能養成と職業キャリア:—「脱技能化・内部労働市場化」仮説の検証— https://t.co/1chxlvIAkn #CiNii
CiNii 論文 -  書評論文 選択的離脱 : 女性はなぜキャリアを中断し家庭に入るのか Stone Pamela, Opting Out? Why Women Really Quit Careers and Head Home (伊藤公雄教授退職記念号) https://t.co/LJIDrcZ5RF #CiNii
CiNii 論文 -  Working as Hijōkin Kōshi : Contextualizing a Precarious Form of Employment in Japan https://t.co/p4EFbrC2Q6 #CiNii
CiNii 論文 -  職業芸術家はいかに専門技能を身につけるか : 海外在住芸術家のキャリア形成の教育社会学的分析 https://t.co/gZr3BMyV83 #CiNii
CiNii 論文 -  乾彰夫・本田由紀・中村高康[編]『危機のなかの若者たち:教育とキャリアに関する5年間の追跡調査』 https://t.co/XpH2argwfQ #CiNii
CiNii 論文 -  専門職大学の制度化過程に関する政策社会学的分析 https://t.co/BAp5k2O0FL #CiNii
CiNii 論文 -  キャリア教育に関連する海外文献レビュー (退官記念号) https://t.co/FHdUUYYYVE #CiNii
CiNii 論文 -  かれの流儀--エヴァレット・ヒューズとの対話(1) https://t.co/AXyXtsZyjq #CiNii
CiNii 論文 -  デュアル・ヴィジョンの社会学--エヴァレット・ヒューズとの対話のために https://t.co/G2jFP8pL9t #CiNii
CiNii 論文 -  労働社会学と職業社会学のはざまで--研究自分史の試み (シリーズ・戦後労働調査ヲ語る 第6回) https://t.co/Uhn7CSsGEJ #CiNii
CiNii 論文 -  近代日本における職業研究の展開--職業社会学の成立前史 https://t.co/uiAHUpKANm #CiNii
CiNii 論文 -  ヒューズ職業社会学におけるマクロ・シンボリック相互作用論 https://t.co/7ZN9wv3sNs #CiNii
CiNii 論文 -  栄養士の教育・職業社会学序説 https://t.co/A6IFvyF6eh #CiNii
CiNii 論文 -  日本の社会学における2000年以降のホワイトカラー研究経緯(1)尾高邦雄の職業社会学的視点の再確認と現代の傾向分析 https://t.co/kQZH94gAIC #CiNii
RT @eiji_kawano: リンク貼り直しときます。 https://t.co/JLXupwcOMQ
RT @DN_networks: 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUYk6j #CiNii そういう点で池上賢さんのこの仕事は非常にユニークな仕事で読んでない人にとっても雑誌って経験されるんだって…
『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUYk6j #CiNii そういう点で池上賢さんのこの仕事は非常にユニークな仕事で読んでない人にとっても雑誌って経験されるんだっていうことを鮮やかに描きだしている論文だと言えるわけです。
CiNii 論文 - 高橋俊「 労働と成長のユートピア : 深圳における「物語」をめぐって」 (奥村訓代先生退職記念号) https://t.co/BaZXWm5XaS #CiNii
CiNii 論文 -  パブリック・ソシオロジーをめぐる国際論争 https://t.co/YzibxbUfin #CiNii
CiNii 論文 -  ポスト・フォ-ディズム段階の労働過程論争--日本的労働過程のフレクシビリティとは何か https://t.co/YdkKocj0TW #CiNii
CiNii 論文 -  学習障害(LD)はいかにして「中枢神経系の機能障害」となったか : 障害の原因論選択の議論における生物医学モデルと障害の社会モデルのせめぎあい https://t.co/MWlzcL34Dn #CiNii
CiNii 論文 -  資本主義はいかにして始まるのか : 移行の「普遍性」を担保するもの https://t.co/ce7M8nT9GJ #CiNii
CiNii 論文 -  認知資本主義での労働と消費の併合によるイヴァン・イリイチのシャドウ・ワークの再評価 https://t.co/OullfZ9Uf9 #CiNii
CiNii 論文 -  投擲的な相互支援を組織する:香港・中国南部の東アフリカ系住民による組合活動を事例に https://t.co/hLM30p0V4S #CiNii
CiNii 論文 -  認知資本主義と資本主義の新たな精神 : 比較の試み https://t.co/jzYKzPlGB1 #CiNii
CiNii 論文 -  SNSで紡がれる集合的なオートエスノグラフィ:香港のタンザニア人を事例として https://t.co/uclIfohVdm #CiNii
J-STAGE Articles - 欧米におけるフェミニズム地理学の展開 https://t.co/31fKbkueSE
CiNii 論文 -  二つのポスト・フォーディズムへの途 : トヨタとボルボ https://t.co/1bsUjjUskc #CiNii
CiNii 論文 -  ポスト・フォーディズム論争再考 : その今日的含意を問う https://t.co/ukH4Xs7evi #CiNii
RT @dojin_tw: 先ほどググったら、この論文は主要文献が全部でてきていると感じた 神林博史(2012)「「総中流」と不平等をめぐる言説 」 https://t.co/xqQPHfMln1 これも読んでみたい。Kanbayashi(2019) "The Changi…
RT @kane_hisa: CiNii 論文 -  「MADムービー」にみる映像制作文化の一考察 https://t.co/mqlcL6D83V #CiNii
RT @DN_networks: 清原悠  住民運動の地政学的分析 https://t.co/fCRUMyZPV8 #CiNii #知り合いの論文を紹介する ある運動を事例として「住民運動」という言葉がいかなる連関の中で立ち上がり、選択され、誰によって用いられたのかに注目した論文
RT @DN_networks: 溝尻真也 日本におけるミュージックビデオ受容空間の生成過程 https://t.co/Bb7eR9NvCs #知り合いの論文を紹介する MVの受容空間の系譜の一つとしてのFMオーディオマニアの実践を描き出し、マニアとテクノロジーの関係について描…
RT @DN_networks: 佐々木啓・(田上大輔)  〈秩序〉と〈規範〉をめぐる一考察:——エスノメソドロジーとヴェーバー社会学の視点から—— https://t.co/wGC30BcWkM #CiNii #知り合いの論文を紹介する ウェーバーの社会学プロジェクトとエスノ…
RT @DN_networks: 宮地弘子ソフトウェア開発現場における自発的・没入的労働の相互行為論的考察:「人々の社会学」の視角から https://t.co/iJe2CPqOeT  #知り合いの論文を紹介する  管理・統制に回収されない形で、大手ソフトウェア開発現場における…
RT @DN_networks: 小川豊武  若者言説はいかにして可能になっているのか:——心理学的知としての「モラトリアム」の概念分析—— https://t.co/dTptIv2Rlm #CiNii #知り合いの論文を紹介する 心理学を起源とする「モラトリアム」という概念が…
RT @DN_networks: 中川宗人 -  祝辞における労働とジェンダー――鐘紡・武藤山治の女性労働者に対する認識の分析を通して―― https://t.co/CvSYFP5GfZ #CiNii #知り合いの論文を紹介する ある経営者の労働者に対する祝辞に表れるジェンダー…
RT @DN_networks: 松井広志 メディアの物質性と媒介性 : 模型史からの考察(<特集>メディアの物質性) https://t.co/E43yCkZVXX…  #CiNii  #知り合いの論文を紹介する 模型の物質性という観点から模型史を振り返った論文。とりわけ材料…
RT @yosh1n: 近間由幸(2019)「衣料品チェーンストアA社における非接客労働の重要性」 https://t.co/iXsyqrMk0M 衣料量販店における参与観察調査から、サービス業における「非接客労働」と過重労働の関係性を考察した論考 #知り合いの論文を紹介する
RT @DN_networks: 松山礼華 若者の地域参加に向けた組織構造に関する一考察:千葉県柏市のまちづくり団体を事例に https://t.co/v7SWYavRbW #CiNii #知り合いの論文を紹介する 若者の「地元志向」と「地域参加」の間の距離がある中での、市民団…
RT @DN_networks: 池上賢 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUYk6j #CiNii #知り合いの論文を紹介する  『週刊少年ジャンプ』という雑誌が(読者だけでなく様々な人に)どのよ…
RT @DN_networks: 木村智哉 残された人びと : 「それ以降」の東映動画 https://t.co/BtusVH5Cqf #CiNii #知り合いの論文を紹介する テレビアニメが中心になり「スター」がさり、「企画」が中心になるまでの過渡期(70年代前半)の東映動画…
RT @DN_networks: 上原健太郎  ネットワークの資源化と重層化:──沖縄のノンエリート青年の居酒屋経営を事例に── https://t.co/mn9LTgQDm5 #CiNii #知り合いの論文を紹介する 沖縄で居酒屋を切り盛りすることになった若者が色々な縁(ネッ…
RT @DN_networks: 桜井淳平「子どもの犯罪被害」に関する報道言説の通時的変化 : 〈被害防止対策〉拡大の源を探る https://t.co/LBZx6z2oK5 #CiNii #知り合いの論文を紹介する 子どもが犯罪被害にあった事件の記事を分析し、「被害防止対策」…
RT @DN_networks: 塚田修一 ポスト高度経済成長期の都市空間とサブカルチャー : 中野ブロードウェイの「サブカルチャー化」を事例として https://t.co/BmgEpy2rUW #CiNii #知り合いの論文を紹介する 中野ブロードウェイがサブカルチャーの聖…
RT @DN_networks: 田口裕介  「自然な」呼吸と未熟なハビトゥス : 県立高等学校吹奏楽部のフィールドワークに基づく考察(2) https://t.co/FgxCGDN9r3 #CiNii #知り合いの論文を紹介する 部活動吹奏楽における生徒の呼吸がどのように意味…
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 野村駿 バンドマンのフリーター選択・維持プロセスにおける積極性と合理性 : 若者文化の内部構造に着目して https://t.co/AYHwdwdOzg #CiNii #知り合いの論文を紹介する バンドマンがフリーターを選…
RT @DN_networks: CiNii 論文 -  アニメーターの過重労働・低賃金と職業規範:—「職人」的規範と「クリエーター」的規範がもたらす仕事の論理について— https://t.co/XLTvsLJXdW #知り合いの論文を紹介する アニメに携わる仕事において、…
RT @DN_networks: 松永伸太朗・永田大輔 フリーランスとして「キャリア」を積む アニメーターの二つの職業観から https://t.co/GEFOq248Us 松永さんとの共著論文が電子公開されました。フリーランス労働・キャリア・アニメーターに学術的関心がある方は…
RT @DN_networks: J-STAGE Articles - アニメ雑誌における「第三のメディア」としてのOVA https://t.co/HRw8ZPmAi7 電子公開されておりました。3年半前のものです。関心のある方はご笑覧ください。
J-STAGE Articles - アニメ雑誌における「第三のメディア」としてのOVA https://t.co/HRw8ZPmAi7 電子公開されておりました。3年半前のものです。関心のある方はご笑覧ください。
CiNii 論文 -  専門職カテゴリー化と信頼獲得プロジェクト:「専門職」カテゴリーを用いた実践を捉える視角 https://t.co/JL8CaDZsMs #CiNii
CiNii 論文 -  専門職論をめぐる展開と今日的課題 https://t.co/eDxtmMYz7w #CiNii
CiNii 論文 -  養護教諭専門職論の一考察 : 小倉学の専門職論の検討から https://t.co/n16jS4nA7g #CiNii
CiNii 論文 -  専門職論の限界と図書館職員の現状(特集:この困難な時代にあって図書館は何をすべきか) https://t.co/9S5ZhFMOqy #CiNii
CiNii 論文 -  なぜイノベーションは拡散しないのか?:専門家組織のもつ境界:経営学輪講 Ferlie, Fitzgerald, Wood, and Hawkins (2005) https://t.co/ieoRMrzXeH #CiNii
CiNii 論文 -  戦後日本における歯科衛生士の専門職化 : 口腔医療をめぐる支配管轄権の変容から https://t.co/andJrAVZGA #CiNii
CiNii 論文 -  ソーシャルワーカーの現代的専門職像に関する一考察 : 「参加」への協働的志向 https://t.co/LjWDjWbYfS #CiNii
CiNii 論文 -  日本の社会学における2000年以降のホワイトカラー研究経緯(1)尾高邦雄の職業社会学的視点の再確認と現代の傾向分析 https://t.co/kQZH94gAIC #CiNii
CiNii 論文 -  栄養士の教育・職業社会学序説 https://t.co/A6IFvyF6eh #CiNii
CiNii 論文 -  近代日本における職業研究の展開--職業社会学の成立前史 https://t.co/uiAHUpKANm #CiNii
CiNii 論文 -  ヒューズ職業社会学におけるマクロ・シンボリック相互作用論 https://t.co/7ZN9wv3sNs #CiNii
CiNii 論文 -  時間・労働規律・工業資本主義 : E.P.Thompson論文に寄せて https://t.co/knZQTw9MFZ #CiNii
CiNii 論文 -  「サブカルチャ-」再考 https://t.co/7GSKljWHtz #CiNii
CiNii 論文 -  階級文化をめぐって https://t.co/QK1jHX2WE1 #CiNii
清原悠  住民運動の地政学的分析 https://t.co/fCRUMyZPV8 #CiNii #知り合いの論文を紹介する ある運動を事例として「住民運動」という言葉がいかなる連関の中で立ち上がり、選択され、誰によって用いられたのかに注目した論文

お気に入り一覧(最新100件)

科研費で行った調査の報告書をリポジトリで公開しました(ダウンロードできます)。 「社会的養護の自治体間格差の実態と要因に関する調査報告書」 https://t.co/nMOix2RPlM
著者の金泰龍さんは「「まんが世代」の少女マンガ言説の形成と変遷――『COM』から『迷宮』まで」https://t.co/xqpwCEWHke 等で日本国内のまんが言説の読み返しや、韓国での90年代以降の日本のゲーム文化受容やそれを前提とした韓国のゲーム制作者についての調査も行っておられます。
同世代の社会学者の論文で衝撃的に面白かったのは 武藤正義さんの「相互行為における倫理規範の性能分析」 https://t.co/2XrTnOauWF 当時、調布あたりの京王線車内で立ったまま読んでて、スゴいと思ったのを覚えている。
渡邊隼, 2015, 「日本社会におけるコミュニティ問題の形成過程──国民生活審議会『コミュニティ』報告書を事例として」ソシオロゴス39:233-49. / “CiNii 論文 -  日本社会におけるコミュニティ問題の形成過程 : 国民生活審議会『コミュニティ』報告書を事例として” https://t.co/RMiFRP9Tjx
|小泉恭子. (2020). 音楽の聴取経験とライフヒストリー:レコード鑑賞会の参加者への聞き取り調査から. 人間生活文化研究, 2020(30), 233–244. https://t.co/MtPWe9FdhB
院生時代から時々見返すけど、東京大学出版会が1970年代前半に出した『戦後日本の教育改革』は本当に内容が分厚くて、濃い資料集だと思う。 https://t.co/kcC9dgUOx4
『映像学』102号に掲載された拙論「スクリーンの「ニコヨン」たち ― 失業対策事業日雇労働者の映像文化史」がオンラインで読めるようになりました。「ニコヨン」と呼ばれた失対日雇労働者が製作に関った映像作品を論じています。網羅的とはいきませんが、先例はない切り口かと https://t.co/UmNQg32xIq
CiNii 論文 -  『おそ松さん』にみるクィア性 : 性愛と「自立した男性」からの逸脱 https://t.co/VA8ijUNYFl 松読解のために極めて重要な論文が出てた。隠岐さや香さんによるもの。

6 0 0 0 OA 社会学と文学

井上俊先生のこの講演記録、日本の社会学の文章で一番好きなものの1つ。 「社会学と文学」https://t.co/rmb6bSS37E
3月に刊行した拙論の報告会が予定されてます。論文の方はhttps://t.co/WQw54npqzH にてダウンロード可能です。 いろいろと時間が限られてますので、発表というより皆さんのご意見を聞く機会にできればと思います。https://t.co/YU8Koz39CX
須永将史、2018、見ることについての論争──ウェス・シャロックとジェフ・クルターのJ.J.ギブソン批判について 立教大学学術リポジトリ - 立教大学学術リポジトリ https://t.co/1vxTnpX5fZ
南保輔、2018、「レイベリング論」から「相互作用論」へ(2)──レイベリング論の自己増幅過程 https://t.co/UxkaMAAOPN
昨日のマンガ学会での「ニューウェーブ」をめぐるラウンドテーブルの話題が盛り上がってますが、この頃のマンガ論の状況の概要については以前論文を書いていますので未読の方はぜひ。 「昭和50年代のマンガ批評,その仕事と場所」 https://t.co/Attk2zRYyv #CiNii
"CiNii 論文 -  「歩く」ことの復権 : ポケモンGOの社会学②" https://t.co/o9o7BmbM9A ※本文リンクあり
"CiNii 論文 -  ドラゴンクエストの呪文における音象徴―音声学の広がりを目指して―" https://t.co/qwRjtIoLXl ※本文リンクあり
"CiNii 論文 -  デジタルゲーム経験論再考 : AVG・RPGでの「消えない恐怖」を手がかりに" https://t.co/8b8jug2wi6
佐藤さん @min2fly との共著論文が、情報知識学会第15回論文賞(2018)を受賞しました。主に日本語の学術論文が、どの程度、ソーシャルメディアで言及されているのかを調査したものです。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyfP05x https://t.co/SSkQwcapki
昼食へ。 浜口恵俊(1971) 「日本社会の家族的構成・再考」 社会学研究会 ソシオロジ 17(1・2), 1-17, 1971-10 https://t.co/noLWcakNio
こちらがアートイベントの研究成果をコンテンツツーリズムに応用した論文です。CiNii 論文 -  コンテンツツーリズムの景観論 : アニメ聖地巡礼/拡張現実景観/オタクスケープ (特集 消費社会における観光と国土へのまなざし) https://t.co/EHBB5P3uqA #CiNii

フォロー(1360ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @_sotanaka: 画像は下記より。 春日政治『西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究 本文篇』斯道文庫紀要1、1942年、1頁 https://t.co/9qm7bIY0kL 『国宝 西大寺本 金光明最勝王経 天平宝字六年百済豊虫願経』勉誠出版、2013年、4頁
RT @manjimal_sakaki: 松本 健太郎「都市空間におけるモビリティとセキュリティ:ポケモンGOに随伴する移動と「統語論的関係の優位化」」『観光学評論』6(1)、2018年。https://t.co/4laCwuY7uZ
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「コンテンツツーリズムとインバウンド-現実空間・情報空間・虚構空間の移動を考える」『IATSS Review(国際交通安全学会誌)』45(1)、2020年。https://t.co/No2JcVBV7c
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「スマートフォンゲームの観光メディアコミュニケーション : 『Pokemon GO』のフィールドワークからの観光の再定義」『奈良県立大学研究季報』28(3)、2018年1月。https://t.co/z87Djzwk9a
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「メディア・コンテンツと観光―ゾンビ映画の社会学―」『武庫川女子大学生活美学研究所紀要』26、2016年12月。https://t.co/ipBWQLs8yS
RT @manjimal_sakaki: ビデオゲーム世界内観光というテーマに関わる関連文献。 ●岡本健「コンテンツツーリズムの現場からみる空間概念 : 現実・情報・虚構空間をめぐる観光旅行のあり方」『地理』60(6)、2015年6月。https://t.co/YeTH9AAu…
RT @manjimal_sakaki: 谷川嘉浩「ゲームはどのような移動を与えてくれるのか:マノヴィッチとインゴルドによる移動の感性論」『REPLAYING JAPAN』2、2020年3月、立命館大学ゲーム研究センター。「ゲーム世界の観光」としての「ゲーム内移動」に関する分析…
圓田浩二さんの1998年の論文。「オタク」達への聞き取り調査によって当時の「一方向的」コミュニケーションについて記述されている。大変貴重。参照できていなかったことを反省します CiNii 論文 -  オタク的コミュニケーション:「普通っぽい」アイドルと三つの距離 https://t.co/P4s4apZqPr #CiNii
RT @t_wak: たまたま見つけた本。飛び乗ってハッチを押さえつけろとか、ハッチを少し開け閉めすれば艦内に水が入って奴らは大騒ぎとか、「できるわけないだろ」という話がたくさん載っている。 ~海軍大佐 堀江亥之吉『漁船の対潜水艦攻勢防禦』(大日本警防協会、1944) http…
教養教育科目における授業選択理由とその関連要因 https://t.co/2NfXj7TmZa
『同調行動の心理学』がけっこう面白かったから、「現代社会心理学の動向」のシリーズの他の本も読んでみたいのだが、近くの図書館になさそう。 https://t.co/rW7SoNmIRg
RT @Tz_akgt: なんか第二次チムレンガ、すなわちジンバブエ独立運動を通じて、英国南アフリカ会社に対する反乱の指導者たちを人々への政治意識を啓蒙する解放軍の歌になったという背景があるようだ。 https://t.co/q4X1B3alZy
RT @moroshigeki: 先日の #上七軒文庫 のトークイベント「こころと身体:比較修行論の試み」では、玉城康四郎先生の論文「ブッダからブラフマンヘ -さらにその太初へ- 」 https://t.co/Eg6SV7q0PW を紹介した。読めばわかると思うが、たぶん多くの…

1 1 1 0 OA ペスト病実習

RT @sumidatomohisa: 坪井次郎 1900『ペスト病実習』81 「患者に接近する者は特別の服装を着け、レスピラートルを懸け鼻口を蔽うときは安全なるべし」 https://t.co/lMydYWfkk7 https://t.co/jLNVcXwo9P
村山功. (2011). 概念変化についての諸理論. 心理学評論, 54(3), 218–231. https://t.co/iv1q3usaDr
RT @tcv2catnap: 「日本陸軍の仏印駐留に係る諸問題」 -立川京一( 防衛研究所)https://t.co/I0rsAUzgEX こっちだ。
長塚隆 2020「特別講演「実録FACTFULNESS 大ヒットの舞台裏」から考えること」『情報の科学と技術』70(12) https://t.co/H5yX18pOu0 pdf ロスリングほか『FACTFULNESS』翻訳者の関美和氏の特別講演の報告。 「翻訳と出版の舞台裏ではどのような工夫と努力がなされていたのか」 https://t.co/KWdTDR1LNl
RT @possible_world: 栗原悠「島崎藤村「ある女の生涯」における信仰:森田正馬の〈患者〉認識との比較を中心に」『日本近代文学』101巻がリンク先から読めるように!森田のいた病院が描かれていることから、関連する精神科治療を綿密に調べた上で作品を考えた、医学史と文学…
実際のところ、森岡清美の研究は100年後も引用され続けてると思う。おれこれすき https://t.co/JtaKE7Tmyj
クラウドソーシングを認知科学研究に使うべきだろうか Cognitive Studies 26(2) https://t.co/9GYrhmc06d
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 -  日本の介護保険制度の導入過程 https://t.co/FZvHruATbA #CiNii
RT @setsuwa_hyakkei: CiNii 論文 -  「キツツキと獅子」説話の伝播と発展 (仏教の東漸(とうぜん)と西漸(せいぜん)) -- (経典と物語、その伝播) https://t.co/Iw891HyJM8 #CiNii
RT @twremcat: こないだ『統計』バックナンバーみてたら、椿広計がEBPMの源流はいわゆるPDCAとかであって、EBMあんまり関係ないぞ、みたいなこと書いてた https://t.co/LpwYgiVytB 企業経営の方法がいろんなものを侵食していて、それは「役に立つ…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @MaguroUmaumama: 八犬伝に関する記載は私が知ってる限り国会図書館デジタルアーカイブにある詳註刀剣名物帳 : 附・名物刀剣押形の55コマ目に一行あるとこしか知らないけどそこに「村雨丸のモデル」(意訳)って書いてあるです https://t.co/Aa74O…
RT @feel_felt_: 服部恵典さんの論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈」を(趣味で)読む。ポルノグラフィを消費する女性としてとても興味深く読んだ。 https://t.co/RFIIV9X81L
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa

30 30 30 0 OA 孝義録

RT @GenderHistoryJP: 「近世職人尽絵詞」を描かせた松平定信は、幕府老中として忠孝や貞節などの道徳を奨励。幕府はそうした事例を「官刻孝義録」(1801年 https://t.co/EHJWxjMegC)という大部の書物に記録し出版します。登場する男性には職業名…
RT @hata_kpu: "調べ学習という名のコピペ、現地調査という名の私的感想文執筆を教養ゼミ段階で根絶できないか、多くの社会科学系教員同様の問題意識は持つものの、与えられた制約条件の中でなにができるのか" 教養ゼミ実践報告 ─Data Visualization を中核…
山口の浮島という小さな島、長崎の佐世保市神崎地区というカトリックの集落、そして同じ長崎の雲仙市南串山という小さな町。そこでイワシ漁や煮干し(いりこ)加工にたずさわってきた3人の聞き書き、『いりこづくりの海辺から』を大学のリポジトリで公開しました。 https://t.co/HqIjUMA04v
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 -  大企業労使連合再訪--その持続と変容 (特集 政権移行期の圧力団体) https://t.co/njRMU8ZA3G
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
毎月勤労統計調査の母集団労働者数推定の問題は https://t.co/eTkX0OsB0m の pp. 205, 200-196, 186-180参照。 ここでは経済センサスのほうが正しい値だと考えて毎月勤労統計調査のほうのずれを追及したわけだけど、実は経済センサスのほうが実態をとらえていなかった可能性もあるのだということ。
RT @zasetsushirazu: 『アーカイブズ学研究』19(2013年)に掲載の、宮間純一氏による、箱石大編『戊辰戦争の史料学』(勉誠出版、2013年)の書評。複数の執筆者による多彩な切り口の論考が収録されたことを評価している。なお、宮間氏には著書『戊辰内乱期の社会』(…
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
RT @ahmadzakijp: この論文、すごくおもしろいですね。 「憑依儀礼では 、パーカッションを用いて患者に憑依した 精霊を呼び出してその要求を聞き、患者はそれに応えなくてはならない。精霊が要求するのは 、特定の食べ物や布だ ったり、ムスリムになることだったりする」 h…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 初期産業組合設立における自治村落論の検証:組合の区域と設立者の検討を通して(大栗 行昭),2020 https://t.co/vuCsy5P9Fi <p>初期の産業組合は,藩政期に成立した部落を区域とする,小農の商品経済対…
RT @hata_kpu: "調べ学習という名のコピペ、現地調査という名の私的感想文執筆を教養ゼミ段階で根絶できないか、多くの社会科学系教員同様の問題意識は持つものの、与えられた制約条件の中でなにができるのか" 教養ゼミ実践報告 ─Data Visualization を中核…
「愛」という語を口にするとき、この講演原稿を思い出しもします。坂本邦暢「愛は世界を動かす:前近代宇宙論における神、知性、天球」『史苑』76巻2号,2016年4月( https://t.co/5lltj1NThj )。ここでの話に加え、漢字の愛や和語においてこれに相当する語や観念など、学び先が沢山あるなと思います。
さっきの書評を紀要に載せてしまった後は、こんなことになってしまったわけだ。 「社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点 :剰余価値学説と唯物史観の批判的検討」 https://t.co/SRllZwkJte
RT @MValdegamas: 筒井正夫「〈エッセイ〉米中新冷戦時代 、日本こそ世界を救う:学生諸君へのメッセージ」『彦根論叢』424号(2020年7月) https://t.co/6cdADVi6fq 定年退職者のエッセイですが、これは…
これか。 菊地滋夫 「ケニヤ海岸地方後背地における緩やかなイスラーム化 : 改宗の社会・文化的諸条件をめぐって」 『民族學研究』64巻3号(1999,12) https://t.co/lv7HdJvSAL
RT @ahmadzakijp: この論文、すごくおもしろいですね。 「憑依儀礼では 、パーカッションを用いて患者に憑依した 精霊を呼び出してその要求を聞き、患者はそれに応えなくてはならない。精霊が要求するのは 、特定の食べ物や布だ ったり、ムスリムになることだったりする」 h…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 労働組合日本プロ野球選手会の労使交渉過程 : 「プロ野球構造改革協議会」を中心に-(阿部 武尊),2016 https://t.co/M2mw2Rp0gh
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
『首楞嚴義疏注經』(10巻、暦応2年〔1339〕) 南北朝時代のはじめに高師直によって刊行された、いわゆる師直版。国立国会図書館デジタルコレクションでも閲覧できたのね。 https://t.co/pXeFCzSkgt
RT @quiriu_pino: さらに同号には同著者の #こんな論文が出ていたようです  今井 雅晴「本願寺顕如・教如と織田信長「約束破り」の「皆殺し」」 東国真宗 (10), 4-17, 2020-05 https://t.co/EkjjF0Jh3l
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 今井 雅晴「北条時政の願成就院創立 : 新発見の『伊豆堂供養表白』をもとに」 東国真宗 (10), 54-71, 2020-05 https://t.co/wxKEBxO6nh
RT @BungakuReportRS: 国文学研究資料館概要(和文)2020 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/cIoiq5xfiw
「フェイクニュースに抗する学校教育──消費者教育の広告分析活動から学ぶ」上杉嘉見、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),92-97 (2019-07) https://t.co/iWj4lz9Vn2
「これまでのメディア・リテラシーは「ポスト真実」時代に機能するのか : バッキンガム氏の講演から」高橋恭子、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),90-91 (2019-07) https://t.co/9oSl8zTvca
「フェイクニュースに対する建設的な議論のために」村井明日香、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),84-89 (2019-07) https://t.co/3upzA52RXY
「変革のためのメディア・リテラシー教育 : バッキンガム氏の講義から学んだこと」村上 郷子、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),80-83 (2019-07) https://t.co/kXdVji0kYX
「バッキンガムにとって批判的思考(理解)とは何か」 時津 啓、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),75-79 (2019-07) https://t.co/JUXwFoERlu
「バッキンガム講演がもたらす日本のメディア・リテラシー教育研究への示唆」 坂本 旬、 法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),70-74 (2019-07) https://t.co/b9ZVyZOVPU
「デジタル資本主義時代のメディア・リテラシー教育」バッキンガム デイビット , 時津 啓[訳] , 砂川 誠司[訳]法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),4-19 (2019-07) https://t.co/BsCnTgJTzj
「Media education in the age of digital capitalism」BUCKINGHAM David、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),20-33 (2019-07) https://t.co/t30arEjQwL

フォロワー(913ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  農業分野における障がい者の就労継続― 岡山県内の就労継続支援A型事業所を対象とした質的調査 ― https://t.co/0XJmWrfQJb
CiNii 論文 - 認知症高齢者をケアする看護師の感情 https://t.co/SUUkcCDZlf
CiNii 論文 - 認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD)に対する支援のあり方〜PDFあり コンパクトで良い内容。 https://t.co/2u09e2g4Gx
RT @manjimal_sakaki: 松本 健太郎「都市空間におけるモビリティとセキュリティ:ポケモンGOに随伴する移動と「統語論的関係の優位化」」『観光学評論』6(1)、2018年。https://t.co/4laCwuY7uZ
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「コンテンツツーリズムとインバウンド-現実空間・情報空間・虚構空間の移動を考える」『IATSS Review(国際交通安全学会誌)』45(1)、2020年。https://t.co/No2JcVBV7c
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「スマートフォンゲームの観光メディアコミュニケーション : 『Pokemon GO』のフィールドワークからの観光の再定義」『奈良県立大学研究季報』28(3)、2018年1月。https://t.co/z87Djzwk9a
RT @manjimal_sakaki: 岡本健「メディア・コンテンツと観光―ゾンビ映画の社会学―」『武庫川女子大学生活美学研究所紀要』26、2016年12月。https://t.co/ipBWQLs8yS
RT @manjimal_sakaki: ビデオゲーム世界内観光というテーマに関わる関連文献。 ●岡本健「コンテンツツーリズムの現場からみる空間概念 : 現実・情報・虚構空間をめぐる観光旅行のあり方」『地理』60(6)、2015年6月。https://t.co/YeTH9AAu…
RT @manjimal_sakaki: 谷川嘉浩「ゲームはどのような移動を与えてくれるのか:マノヴィッチとインゴルドによる移動の感性論」『REPLAYING JAPAN』2、2020年3月、立命館大学ゲーム研究センター。「ゲーム世界の観光」としての「ゲーム内移動」に関する分析…
CiNii 論文 -  認知症介護における施設介護職員のコンピテンシーに関する文献研究 https://t.co/ix4mnV1V4U
圓田浩二さんの1998年の論文。「オタク」達への聞き取り調査によって当時の「一方向的」コミュニケーションについて記述されている。大変貴重。参照できていなかったことを反省します CiNii 論文 -  オタク的コミュニケーション:「普通っぽい」アイドルと三つの距離 https://t.co/P4s4apZqPr #CiNii
CiNii 論文 - 日本の統合失調症をもつ人の生活機能の評価に関する研究の動向と課題 : 2001年ICFモデル発表前後の尺度研究に焦点をあてて https://t.co/xA23HhqbXv
CiNii 論文 -  日本の地域包括ケアの事実・論点と最新の政策動向 https://t.co/pfChHXOENX
教養教育科目における授業選択理由とその関連要因 https://t.co/2NfXj7TmZa
『同調行動の心理学』がけっこう面白かったから、「現代社会心理学の動向」のシリーズの他の本も読んでみたいのだが、近くの図書館になさそう。 https://t.co/rW7SoNmIRg
CiNii 論文 -  日本の精神保健福祉関連法の変遷 : 精神障害者の「自己決定権」に焦点を当てて https://t.co/4v4spdXZ4B
CiNii 論文 - 日本の精神医療における「病院収容化(施設化)」と「地域で暮らすこと(脱施設化)」 : 北海道浦河赤十字病院精神科病棟の減床化と廃止の取り組みを中心に https://t.co/FB1vVgtXXX
CiNii 論文 - 日本の社会福祉士によるソーシャル・アクションの認識と実践 https://t.co/X7FDMvGZBy
CiNii 論文 - 日本の雇用,社会システムにおける性差別及び人権について https://t.co/Ao0NVP5tjT
CiNii 論文 - 日本における社会的排除の研究 : 現状と課題 https://t.co/Im4CVMpvHy
村山功. (2011). 概念変化についての諸理論. 心理学評論, 54(3), 218–231. https://t.co/iv1q3usaDr
CiNii 論文 - 日本における介護サービス業の現状と労働生産性 https://t.co/CFfEW3YvXK
CiNii 論文 - 日本におけるワーキングプア問題と社会的排除 : 連合・連合総研ワーキングプア調査から(特集;労働における差別と排除) 〜PDFあり 有料 https://t.co/YdYltdOV9c
CiNii 論文 - 日本におけるソーシャル・アクションの実践モデルの構築― 社会福祉士による実践事例の分析から― https://t.co/Ej9fay1faK
CiNii 論文 - 日中一時支援施設に通所する学童期の超重症の子どもを育てる母親の体験 https://t.co/aUxFMJ6A3E
CiNii 論文 - 二つの震災と市民セクターの再編:3.11被災者支援に刻まれた「統治の転換」の影をめぐって https://t.co/EG7J9BHO7q
RT @possible_world: 栗原悠「島崎藤村「ある女の生涯」における信仰:森田正馬の〈患者〉認識との比較を中心に」『日本近代文学』101巻がリンク先から読めるように!森田のいた病院が描かれていることから、関連する精神科治療を綿密に調べた上で作品を考えた、医学史と文学…
CiNii 論文 - 独立型社会福祉士によるソーシャルワーク実践の価値 : ホッとホーム『てのひら』の生活支援(ナイトケア)事業 https://t.co/MzLZ47z0o7
CiNii 論文 - 特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人の 地域での公益的な活動に関する文献的検討 https://t.co/E5bkEeDNO2
CiNii 論文 - 当事者の視点から考える成年後見制度 https://t.co/d4Xzo5K3Ef
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 - 当事者の意思決定支援と社会的責務 https://t.co/QcyA2Dk0yd
CiNii 論文 - 当事者との交流は養子・養親・実父母に対するイメージを変えるのか : 自由記述欄の量的分析による検討 https://t.co/LjRMzX9OWL
CiNii 論文 -  島嶼集落における地域支え合い活動の現状と課題 : 地域支え合い活動の代表者への聞き取り調査をもとに https://t.co/SjUODZaNG8
CiNii 論文 - 都道府県の地域福祉施策における共生型事業推進施策の意義 https://t.co/0S92UrDjP0
CiNii 論文 - 長期入院中の統合失調症患者の自己決定を支援する看護 https://t.co/gZEjZ8EnWV
RT @feel_felt_: 服部恵典さんの論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの視聴と解釈」を(趣味で)読む。ポルノグラフィを消費する女性としてとても興味深く読んだ。 https://t.co/RFIIV9X81L
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 - 長期入院精神障害者の退院支援における相談支援事業所に勤務する精神保健福祉士の「かかわり」のプロセス https://t.co/ccRS9mfsgA
CiNii 論文 - 朝日訴訟最高裁判決50周年における現代的意義と課題:朝日茂の手記「人間裁判」をもとに生存権の性格を再考する https://t.co/oan1pFw08q
CiNii 論文 -  注意欠如多動症(ADHD) をもつ母親の育児の特徴に関する文献検討 https://t.co/0Tw5XNYRM0
CiNii 論文 - 中国における貧困状態で暮らす子どもの就学と生活に関する考察 : 遼寧省S市調査から https://t.co/YfNG4Iidqz
CiNii 論文 - 中高年齢のひきこもりに伴う生活困難に関する一考察 -「狭間」概念による一事例の分析- https://t.co/2TYEtJYFlE
CiNii 論文 - 中高年化したニートを支える親の心配事 - 高齢者ケアに携わる専門職への実態調査 - https://t.co/dHMuPuPJnm
CiNii 論文 -  中堅介護職員の経験を通した学びと職場における支援関係 https://t.co/YRx2ynN1qL
CiNii 論文 -  痴呆症(認知症)高齢者介護現場の現状と課題 : 職員が認識するケアと仕事上の負担との関連から https://t.co/gt9oMPPXIN
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 -  地方自治体における地域包括ケアの取り組みについて -岐阜県大垣市の事例- https://t.co/2FlllP6jxQ
CiNii 論文 - 地方自治体における生活困窮者自立支援制度の実施状況と今後の課題 : 自立相談支援事業の直営・委託方式に関する事例観察を踏まえて〜PDFあり https://t.co/QEWiYoCrgB
CiNii 論文 -  地域連携教育におけるフィールドワークのモデル化 https://t.co/aKlF3bQLuR
普通名称性の立証とアンケート調査(井上由里子先生、2008年) https://t.co/ZNBlfJZpmo
CiNii 論文 - 地域連携協働事業の教育効果と地域貢献事業としての評価 https://t.co/cLEcfhSmhM
CiNii 論文 - 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/9TgD10z4l3
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 初期産業組合設立における自治村落論の検証:組合の区域と設立者の検討を通して(大栗 行昭),2020 https://t.co/vuCsy5P9Fi <p>初期の産業組合は,藩政期に成立した部落を区域とする,小農の商品経済対…
CiNii 論文 -  地域包括支援センターにおける介護者支援の課題 ──介護者支援の困難性に焦点をあてて https://t.co/6S7jL4OxKj
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ドイツにおける日本サブカルチャー受容の変遷 : 日本マンガ『新世紀エヴァンゲリオン』における呼称表現の翻訳(大塚 萌),2015 https://t.co/VcRZawazrq 近年海外から日本のサブカルチャーへの注目が高…
「愛」という語を口にするとき、この講演原稿を思い出しもします。坂本邦暢「愛は世界を動かす:前近代宇宙論における神、知性、天球」『史苑』76巻2号,2016年4月( https://t.co/5lltj1NThj )。ここでの話に加え、漢字の愛や和語においてこれに相当する語や観念など、学び先が沢山あるなと思います。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 荒川弘『鋼の錬金術師』における喪失と回復 : マンガ表現が描く主人公兄弟の成長 : 要旨(岡田 芽依),2017 https://t.co/yWjrvkIGSI 修士論文要旨…
CiNii 論文 -  地域福祉推進の組織整備における自治体職員のリーダーシップ -芦屋市での中間マネジャーの取り組みから- https://t.co/kyKSAIcKPF
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 労働組合日本プロ野球選手会の労使交渉過程 : 「プロ野球構造改革協議会」を中心に-(阿部 武尊),2016 https://t.co/M2mw2Rp0gh
CiNii 論文 -  地域福祉実践が内包する〈よりそう支援〉の構造分析―ドナルド・ショーンの省察的実践者を手がかりに― https://t.co/JKlOeyMyoj
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
CiNii 論文 - 地域生活を支援する福祉専門職の医療と介護の意識について -自由記述による連携の意識と共通認識の明確化- https://t.co/y2z0T3Zhk0
CiNii 論文 -  地域住民による地域福祉活動の推進意欲に関する仮説条件と構成要素に関する研究 https://t.co/Xu2zM8kK2b
CiNii 論文 -  地域住民が死を考え死生観を醸成していく過程 https://t.co/ZZvZlVTnZx
CiNii 論文 - 地域共生社会と自立した地域づくり https://t.co/TNFjYRIyyh
CiNii 論文 - 地域の資源と「二次的依存」 : 「転入型」の女性に焦点をあてて https://t.co/7eCIc3baq6
CiNii 論文 - 地域のストレングスに基づいた就労支援のデザイン : カフェHのエスノグラフィ https://t.co/UFaAaDRmjk
『首楞嚴義疏注經』(10巻、暦応2年〔1339〕) 南北朝時代のはじめに高師直によって刊行された、いわゆる師直版。国立国会図書館デジタルコレクションでも閲覧できたのね。 https://t.co/pXeFCzSkgt
CiNii 論文 - 地域におけるセーフティネット構築の現状と課題〜PDFあり やや詰め込みすぎな感もあるけれど,よく調べられている. https://t.co/NtEpLkOXcF
「フェイクニュースに抗する学校教育──消費者教育の広告分析活動から学ぶ」上杉嘉見、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),92-97 (2019-07) https://t.co/iWj4lz9Vn2
「これまでのメディア・リテラシーは「ポスト真実」時代に機能するのか : バッキンガム氏の講演から」高橋恭子、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),90-91 (2019-07) https://t.co/9oSl8zTvca
「フェイクニュースに対する建設的な議論のために」村井明日香、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),84-89 (2019-07) https://t.co/3upzA52RXY
「変革のためのメディア・リテラシー教育 : バッキンガム氏の講義から学んだこと」村上 郷子、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),80-83 (2019-07) https://t.co/kXdVji0kYX
「バッキンガムにとって批判的思考(理解)とは何か」 時津 啓、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),75-79 (2019-07) https://t.co/JUXwFoERlu
「バッキンガム講演がもたらす日本のメディア・リテラシー教育研究への示唆」 坂本 旬、 法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),70-74 (2019-07) https://t.co/b9ZVyZOVPU
「デジタル資本主義時代のメディア・リテラシー教育」バッキンガム デイビット , 時津 啓[訳] , 砂川 誠司[訳]法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),4-19 (2019-07) https://t.co/BsCnTgJTzj
「Media education in the age of digital capitalism」BUCKINGHAM David、法政大学図書館司書課程 , メディア情報リテラシー研究,1(1),20-33 (2019-07) https://t.co/t30arEjQwL
CiNii 論文 - 地域におけるセーフティネット構築の現状と課題 https://t.co/NtEpLkOXcF
CiNii 論文 - 知的障害者の脱施設化の論点に関する文献的研究 https://t.co/XRMCADv7Xg
CiNii 論文 - 知的障害者の主体性の形成の視点からみた障害者総合支援法(1)支給決定プロセスの検討 https://t.co/kj71opkQcS
CiNii 論文 - 知的障害者に対する「自立支援給付」についての考察 : 「生活問題」の特性を踏まえて https://t.co/OShhJOMK0W
CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 - 知的障害の理解についての新しい方向性(1) : 知的障害概念に影響を及ぼした福祉制度を中心に https://t.co/UuAfC2vIvT
CiNii 論文 - 知的障害のある人の「精神科的課題」への社会福祉機能のあり方検討 : 日中活動支援と医療機関の連携に焦点をあてて https://t.co/GhyMu8YKBq
CiNii 論文 - 男子急性期閉鎖病棟と訪問看護のはざまで : 精神科看護師へのインタビューによる現象学的な質的研究 https://t.co/fOGBmt9Zc4
CiNii 論文 - 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察 https://t.co/xj29hBWtLJ