著者
坂本 義光 多田 幸恵 福森 信隆 田山 邦昭 安藤 弘 高橋 博 久保 喜一 長澤 明道 矢野 範男 湯澤 勝廣 小縣 昭夫
出版者
公益社団法人 日本食品衛生学会
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.49, no.4, pp.272-282, 2008-08-30 (Released:2008-09-11)
参考文献数
27
被引用文献数
12 15

除草剤グリホサート耐性の性質を有する遺伝子組換え大豆(GM大豆)の安全性を確かめる目的で,ラットを用い,GM大豆および非遺伝子組換え大豆(Non-GM大豆)を30%の割合で添加した飼料による104週間摂取試験を行った.また大豆に特異的な作用を観察する目的で,一般飼料(CE-2)を大豆と同様の期間摂取させた.GMおよびNon-GM大豆群とCE-2群間には,検査項目の一部に差が見られたが,GM大豆群の体重,摂餌量,血液学的および血清生化学検査結果,臓器重量には,いずれもNon-GM大豆群と比べて顕著な差は認められなかった.組織学的にもGM大豆に特徴的な非腫瘍性病変や腫瘍性病変の発現や自然発生病変の発現率の増加は認められなかった.GM大豆の性状はNon-GM大豆と顕著な差はなく,飼料に30%まで添加し,104週間摂取させても障害作用はないものと考えられた.
著者
坂本 義光 多田 幸恵 福森 信隆 田山 邦昭 安藤 弘 高橋 博 久保 喜一 長澤 明道 矢野 範男 湯澤 勝廣 小縣 昭夫 上村 尚
出版者
公益社団法人 日本食品衛生学会
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.48, no.3, pp.41-50, 2007-06-25 (Released:2008-04-28)
参考文献数
13
被引用文献数
12 12

除草剤グリホサート耐性の性質を有する遺伝子組換え大豆(GM大豆)の安全性を確かめる目的で,ラットを用い,GM大豆および非遺伝子組換え大豆(Non-GM大豆)を30%の割合で添加した飼料による52週間摂取試験を行った.また大豆に特異的な作用を観察する目的で,一般飼料(CE-2)を大豆と同様の期間摂取させた.GM大豆群の投与期間中の体重,摂餌量はNon-GM群と比べて差はなかった.投与開始後26週目と終了時のGM大豆群の血液学的および血清生化学検査,臓器重量測定および組織学的検査結果は,いずれもNon-GM大豆群と比べて有意な差は認められなかった.GM大豆の性状はNon-GM大豆と同等であり,飼料に30%まで添加し,52週間摂取させても障害作用はないものと考えられた.
著者
安藤 弘道 小原 和博
雑誌
全国大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.第72回, no.コンピュータと人間社会, pp.843-844, 2010-03-08
著者
安藤 弘平 長谷川 光雄 豊原 富弘
出版者
一般社団法人 溶接学会
雑誌
鎔接協会誌 (ISSN:18837190)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.75-97, 1941 (Released:2011-08-05)
参考文献数
9

軟鋼の電弧熔接に於けるスパッターリング現象即ち第1圖の如く熔融小粒子が火花として多數飛散する現象を高速度寫眞によつて撮影研究し,スパッターリングの發生する原因機構を明かにしてゐる.外観的には同じく第1圖の火花として見受けられるスパッターリングもその發生原因は種々あるのであつて,大體目次III~VIIIに示す如くである.VIIIの特殊の場合は第II報に述べることゝして本文は一般の場合に就いて此の各の原因別に高速度寫眞を掲げて之を読明論議する.
著者
小野 くに子 安藤 弘行 村井 陽子
出版者
一般社団法人 日本食育学会
雑誌
日本食育学会誌 (ISSN:18824773)
巻号頁・発行日
vol.11, no.2, pp.181-188, 2017

<p>A questionnaire survey on dietary habits related to mastication was conducted, and masticatory strength was measured by chewing-gum method in 336 students (180 boys and 156 girls) of an elementary school in Osaka City in July 2016. Physical strength was measured in 148 students of the 4th to 6th grade. The relevance of masticatory strength to dietary habits and measurements of physical strength was examined based on the results.</p><p>The highest value for masticatory strength was obtained in the 6th grade students and the values were similar in boys and girls. Regarding dietary habits, awareness of mastication was high in the lower grades of elementary school, and intake of hard foods was high in the upper grades of elementary school. In the lower grades, there were significant correlations of masticatory strength with grade, speed of eating, and likes and dislikes. On the other hand, there were significant correlations of masticatory strength with grade, grip strength, anteflexion in a long sitting position, and 50m running time in the upper grades, but no correlation with dietary habits was observed. These results suggest the need for instructional direction emphasizing the development of good masticatory habits in daily meals in the lower grades and reconsideration of masticatory habits in the upper grades. The relevance between the measurements of physical strength and masticatory strength is expected to enhance the awareness of mastication in the upper grades.</p>
著者
安藤 弘行 小野 くに子 村井 陽子 山川 正信
出版者
一般社団法人 日本食育学会
雑誌
日本食育学会誌 (ISSN:18824773)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.249-259, 2017

<p>Dietary education about staple foods, main dishes and side dishes through the practice of making lunch boxes was provided to 154 sixth graders (76 boys and 78 girls) of four elementary schools in Osaka City. The education covered the following three things : 1) planning a favorite lunch box ; 2) learning about staple foods, main dishes and side dishes ; and 3) planning a nutritionally balanced lunch box. We examined the actual situation regarding children making lunch boxes from their plans for their lunch boxes and descriptions provided in worksheets.</p><p>In the favorite lunch boxes, boys and girls included insufficient amounts of staple foods and too much of main dishes. Particularly, the favorite lunch boxes of boys tended to include too much of main dishes and insufficient amounts of side dishes. Comparing the nutritionally balanced lunch boxes with their usual lunch boxes, the children's worksheets most frequently included descriptions about the difference in the quantities of staple foods, main dishes and side dishes. Analysis of their worksheets showed that most of the children made a positive comment about the nutritionally balanced lunch box and that more than 80% wanted to eat it. These results suggested that making lunch boxes was an effective means of guiding the children to an understanding of the appropriate combination of staple foods, main dishes and side dishes.</p>
著者
久保 和也 松本 純一 村田 健児 大橋 聡子 井澤 克也 山崎 知美 寺部 雄太 大平 吉夫 安藤 弘
出版者
日本下肢救済・足病学会
雑誌
日本下肢救済・足病学会誌 (ISSN:1883857X)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.81-84, 2013-06-28 (Released:2013-06-28)
参考文献数
13
被引用文献数
1

【目的】糖尿病・末梢動脈疾患患者における足底部創傷部位と足関節背屈可動域との関係を明らかにすることとした.【対象と方法】糖尿病・末梢動脈疾患患者15例27肢(男性18肢,女性9肢,平均年齢69.9±9.4歳)を対象とした.年齢,糖尿病・人工透析の有無,足関節可動域,膝関節可動域,足底部創傷部位,機能的自立度評価表(FIM)移動項目,足関節上腕血圧比,皮膚灌流圧をカルテより後方視的に抽出した.足底部創傷部位は横足根関節より遠位を前足部とし,前足部・後足部に分類した.足関節背屈可動域0°以下を制限あり群とし,なし群との2群間比較を行った.【結果】制限あり群に前足部創傷を有する者が有意に多かった(p<0.01).【結語】前足部に創傷を有する患者の足関節背屈可動域訓練の関連性が示唆され,創傷予防・治療の一貫として足関節背屈可動域拡大は十分な介入効果を認める可能性がある.