著者
山口 二郎 宮本 太郎 遠藤 乾 空井 護 高橋 伸彰 村上 信一郎 齋藤 純一 杉田 敦 中北 浩爾 小川 有美 小原 隆治 遠藤 誠治 野田 昌吾 宇野 重規 田村 哲樹 宇野 重規 田村 哲樹
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(S)
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

本研究はグローバル化した金融資本主義の矛盾が明らかになる一方、民主政治による政策決定が円滑に進まないという困難な状況において、民主政治をどう再生させるかという問いに取り組んだ。基礎的な再分配政策に加えて、雇用、生活支援などのサービスを市民社会の自発性を引き出す形で展開することで、新たな福祉国家モデルを追求するというのが21世紀的な危機に対する処方箋となることを明らかにした。
著者
田村 哲樹
出版者
日本政治学会
雑誌
年報政治学 (ISSN:05494192)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.1_37-1_60, 2015 (Released:2018-06-10)
参考文献数
37

Scholars of politics have been familiar with normative-empirical distinction. Yet this article reconsiders this divide through exploring another classification in terms of the “observable” and the “unobservable”. According to this new classification, we can assume two types of politics research. Firstly, there are researches which are based on the positivist epistemology and, therefore, deal with the observable. In these cases, the cooperation between positivist, empirical analyses and the normative political philosophy focusing on moral values such as justice, equality and freedom would be feasible. Secondly, there are researches which are based on the non-positivist epistemologies including both interpretivism and realism, and, therefore, deal with the unobservable in some senses. In these cases, the cooperation between non-positivist empirical analyses and the “politics-political” political theory focusing on topics about the nature and the role of politics and the political would be feasible. Consequently, this article contends that we can rethink the existing distinction between the normative and the empirical in political science; the distance either between normative political philosophy and “politics-political” political theory or between positivist empirical analysis and non-positivist one might be farther than what is ordinarily drawn between normative political theory and empirical analysis.
著者
畑農 鋭矢 水野 誠 田村 哲樹 水落 正明 堀江 孝司
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2013-05-21)

本研究の骨格として経済政策に関するアンケート調査(ネット調査)を企画した。調査票のテストを主眼においたプレ調査は2014年3月14日から19日にかけて実施され,日本全国の20~69歳男女を対象として2747の回答を得た。調査票の確定後,5回にわたるパネル調査が企図された。第1回は2014年12月9日から12月12日にかけて実施され,5992の回答を得た。第2回は2015年3月6日から3月13日にかけて実施され,3427の回答を得た。第3回は2015年7月31日から8月7日にかけて実施され,2622の回答を得た。第4回は2015年11月5日から11月13日にかけて実施され,2159の回答を得た。第5回は2016年2月16日から2月22日にかけて実施され,1888の回答を得た。蓄積されたパネルデータは各研究分担者の専門の観点から実証分析の対象となり,いくつかの重要な発見がなされ,多様な学会において報告された。消費税に関わる実証分析結果は日本財政学会において,イデオロギーに関する実証分析結果は日本マーケティング・サイエンス学会において,個人の意見の変容については日本家族社会学会において報告を行った。これら多岐にわたる研究成果のうち,とりわけ幸福度に関する知見が注目される。すなわち,経済学の世界でも幸福度の計測が注目され,さまざまな研究が進められているが,本調査の結果によると消費行動パターンによって幸福度が異なるらしいのである。より具体的には,幸福な人ほど消費税増税に無頓着で消費行動を変えず,幸福でない人ほど消費税増税にネガティブに反応する。つまり,消費税の影響も心の状態次第ということになる。残念ながら,消費行動パターンと幸福度の関係に関する定量的分析はまだ十分に進んでおらず,詳細な要因分析や因果関係の検証は今後の課題として残されている。
著者
田村 哲樹
出版者
JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION
雑誌
年報政治学 (ISSN:05494192)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.11-35,263, 2006 (Released:2010-04-30)
参考文献数
72

In this article, focusing upon the recent development in deliberative democracy studies, I clarify the current state of relationship between normative theory and empirical research and consider its future.Deliberative democracy had been discussed by normative theorists. But in recent years, some important empirical studies have emerged. There are two ways of inference among those studies: one is descriptive inference, and the other is causal inference.Some normative theorists also try to take some empirical moments into account. We can find two approaches. One is to suggest institutional design of deliberative democracy. The other is to use the empirical knowledge in order to develop normative theory.Some scholars insist that both normative and empirical can not be separated. But it is hard to conceive the dissolution of normative/empirical distinction. One of the most important differences between the two is the way to understand “reality”, while this does not mean that there is no point of intersection between the two.My conclusion is that: there are some points of intersection between normative theory and empirical analysis. Trying to engage in issue-oriented research, we may be able to close the gap between normative and empirical.
著者
田村 哲樹
出版者
社会政策学会
雑誌
社会政策学会誌
巻号頁・発行日
no.16, pp.51-65, 2006-09-30

Since the 1990s, there has been a discernable trend toward welfare reform in advanced democracies despite the difficulties associated with welfare retrenchment. Together with this movement toward welfare reform has emerged much debate on the concept of citizenship. This paper has two aims. First, I seek to classify some of the principles of contemporary welfare reform from the perspective of citizenship rights and obligations. There are at least two conceptions of citizenship: the right-centered conception and the obligation-centered conception. By adding a left-right nexus to this right-obligation nexus, I create four conceptions of citizenship as they relate to welfare reform. These are (1) the left-libertarian conception of citizenship (basic income), (2) the right-libertarian conception (negative income tax), (3) the right-communitarian conception (workfare), and (4) the left-communitarian conception (activation). Recent citizenship debates have exhibited a definite tendency to emphasize obligations rather than rights, especially the obligation to work. For this reason workfare and activation are more popular ideas for reform than basic income and negative income tax. There is an important difference between workfare and activation. However, it seems certain that the principles which emphasize work as an obligation have had a great influence on recent citizenship debates. My second aim is to explain why we should not regard the work obligation as the most important aspect of citizenship obligations. In doing so, I make two points. First, if we acknowledge that the significance of citizenship is in obligation, we should take into account not only work but also other obligations and activities. Referring to T. Fitzpatrick's concept of diverse reciprocity, I argue for recognizing the significance of both unpaid care work and active political citizenship. In recent feminist debates on citizenship, unpaid care work has come to be seen as one of the most important components of citizenship. By active political citizenship, I mean the political citizenship that goes beyond suffrage and is located in collective action. Some radical democrats such as J. Habermas and G. Delanty emphasize such active political citizenship. Today we cannot assume the boundaries of citizenship as given. The ability to define citizenship seems to have become increasingly important, and this will be possible only through political citizenship. Second, if it is the case that citizenship is more that just the work obligation, we must also think about the new principles and institutions necessary both for the democratization of welfare and for welfare that encourages diverse reciprocity. Regarding the former, I focus on 'deliberative welfare' (Fitzpatrick), and for the latter, I refer to public policy, such as parental leave for men, and basic income, which has the potential to increase the time spent engaging in social and political activities outside of work.
著者
田村 哲樹
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究課題は、「政治の重要性」の意義について、特に熟議システム概念に焦点を当てつつ、検討するものである。その際、①政治と規範の関係、②政治と経済の関係、③政治と家族の関係、という三つのサブ課題を設定している。まず研究課題全体に関する作業として、熟議システム論・熟議民主主義研究と「政治の重要性」に関する論文や文献の収集と読解を通じて、新たな研究動向の把握に努めた。また、熟議民主主義研究の一環として、「日本ミニ・パブリックス研究フォーラム」の設立に関わり、その設立大会において基調講演を行った。さらに、研究の国際的な発信を目指して、熟議民主主義に関する国際研究ワークショップ(英語で実施)を企画・開催し、自ら司会と、熟議文化(deliberative culture)論に関する研究報告も行った。その上で各サブ課題については、まずサブ課題①については、福祉研究や政治教育論を素材として、そこにおける「政治」や「政治的なるもの」とは何かという問題に取り組んだ。その成果の一端を、福祉社会学会の分科会や日本教育学会のラウンドテーブルにおいて報告した。サブ課題②については、その手がかりとして、利益団体と熟議民主主義というテーマに取り組み、熟議システムの視点を踏まえた論文を執筆し、論文集への寄稿を行った。サブ課題③については、熟議システム論における親密圏の位置づけ(の不十分性)に関する報告を、オーストラリア・キャンベラ大学の熟議民主主義とグローバル・ガバナンスセンターの研究セミナーで行った。
著者
宮本 太郎 坪郷 實 山口 二郎 篠田 徹 山崎 幹根 空井 護 田村 哲樹 田中 拓道 井手 英策 吉田 徹 城下 賢一
出版者
中央大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2010-04-01 (Released:2010-08-23)

本研究の主題は、福祉雇用レジームの変容が政治過程の転換をどう引き起こしたか、また政治過程の転換が、逆にいかに福祉雇用レジームの変容を促進したかを明らかにすることである。本研究は、国際比較の視点を交えた制度変容分析、世論調査、団体分析などをとおして、福祉雇用レジームの変容が建設業団体や労働組合の影響力の後退につながり、結果的にこうした団体の調整力に依拠してきた雇用レジームが不安定化していることを示した。同時にいくつかの地域では、NPOなどを交えた新たな集団政治が社会的包摂をすすめていく可能性を見出した。